超ワールドサッカー

ザスパクサツ群馬

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
21 群馬 13 4 1 14 14 36 -22 19

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-06-25
19:30
明治安田生命J2リーグ
第20節
群馬 vs 大分
2017-07-01
18:00
明治安田生命J2リーグ
第21節
京都 vs 群馬
2017-07-08
18:00
明治安田生命J2リーグ
第22節
町田 vs 群馬
2017-07-16
19:00
明治安田生命J2リーグ
第23節
群馬 vs 福岡
2017-07-22
19:00
明治安田生命J2リーグ
第24節
群馬 vs 熊本

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.06.18
19:00
明治安田生命J2リーグ
第19節
群馬 0 - 2 松本
2017.06.11
14:00
明治安田生命J2リーグ
第18節
山形 1 - 0 群馬
2017.06.03
19:00
明治安田生命J2リーグ
第17節
群馬 0 - 2 徳島
2017.05.28
13:00
明治安田生命J2リーグ
第16節
福岡 1 - 3 群馬
2017.05.21
14:00
明治安田生命J2リーグ
第15節
讃岐 1 - 2 群馬

基本データ

正式名称:ザスパクサツ群馬

ホームタウン:群馬県/草津町、前橋市を中心とする全県

チームカラー:紺、黄

関連ニュース

thumb

高崎のJ2通算50ゴールなどで松本が3戦ぶり白星! 群馬は3戦連続無得点で3連敗…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節、ザスパクサツ群馬vs松本山雅FCが18日に正田醤油スタジアム群馬で行われ、アウェイの松本が2-0で勝利した。 ▽21位群馬と15位松本によるボトムハーフのチーム同士の一戦。徳島ヴォルティス、モンテディオ山形相手に2戦連続無得点で連敗の群馬は、カン・スイルがベンチ外となり、代わって松下が先発に復帰した。一方、前節水戸ホーリーホックに競り負けて2戦未勝利の松本は、後藤に代えて當間を3バックの一角で起用した以外、同じ先発の顔ぶれとなった。 ▽開始直後にセットプレーの流れから波状攻撃を仕掛けた松本は、石原がボックス外からミドルシュートを放つが、これはわずかに枠の上に外れた。 ▽その後は群馬も鋭いカウンターから岡田がフィニッシュに絡むなど、きっちり押し返して拮抗した展開が続く。だが、19分に左サイドからのクロスに反応した高崎がDFに倒され、松本にPKが与えられる。キッカーの高崎が右を狙ったシュートはGK清水の見事な反応に阻まれるが、跳ね返りが運良く高崎の足元にこぼれると、今度は左足で冷静に流し込んだ。なお、高崎はこの得点でJ2通算50ゴールを達成した。 ▽ホームで先制を許す厳しい状況となった群馬だが、失点前と同様に縦への推進力のある攻めで同点ゴールを目指す。しかし、岡庭や高井のシュートはあと一歩で及ばない。逆に、松本得意のセットプレーからあわや追加点というピンチを招くが、ここは粘り強い守備で凌いだ。 ▽松本の1点リードで迎えた後半も試合展開に大きな変化はなし。だが、60分に松本得意のセットプレーから2点目が生まれる。安川のロングスローを高崎が頭ですらすと、このボールは松下のクリアに遭う。だが、このクリアを拾った宮阪がペナルティアーク付近で放ったシュートがゴール右隅に決まった。 ▽ここ2戦無得点の中で2点のビハインドを負った群馬は、64分に岡田と阿部を下げて、出岡と石田を同時投入する2枚替えで試合の流れを変えにかかる。だが、石田や岡庭のシュートはなかなか枠を捉え切れない。80分にはボックス左で山岸が鋭いシュートを放つが、ここは相手GK鈴木の好守に防がれた。 ▽セーフティリードで危なげなく試合を運ぶ松本は、カウンターから効果的にチャンスを作る。しかし、高崎の鋭いシュートや宮阪の決定機は相手の守備に阻まれ、試合を決めることができない。それでも、最後まで安定した守備でリードを守り切った松本が2-0の快勝で3試合ぶりの白星を手にした。一方、試合終了後に主審への暴言で山岸が一発退場となるなど、後味の悪い幕切れとなった群馬は、3戦連続無得点の3連敗で降格圏脱出とはならなかった。 2017.06.18 21:33 Sun
twitterfacebook
thumb

開始3分で先制した山形が逃げ切り昇格PO圏へ前進《J2》

▽11日に明治安田生命J2リーグ第18節のモンテディオ山形vsザスパクサツ群馬がNDソフトスタジアム山形で行われ、1-0で山形が勝利した。 ▽暫定10位の山形(勝ち点26)は、7戦負けなしで昇格プレーオフ圏内の6位長崎(勝ち点28)まで勝ち点差2に迫っている。対する群馬(勝ち点13)は暫定20位に沈み、降格圏の21位讃岐(勝ち点10)との勝ち点差は3と崖っぷちの状態にある。 ▽試合は序盤から大きく動く。3分、山形がファーストチャンスを確実に決めた。瀬川のループパスを収めた阪野が、ボックス左手前から強烈なグラウンダーシュートを放つ。これが決まり、山形が先制に成功する。 ▽早めに追いつきたい群馬はカン・スイルをターゲットに長めのボールを入れるが、上手くチャンスに繋げられず。22分、右サイドでDFを独力で振り切り敵陣深くまで侵攻したカン・スイルが、角度のないところからシュートを放つも枠を捉えられない。 ▽28分、またしても阪野にチャンスが訪れる。右サイドからのクロスをボックス手前左で受けた山田が中央へ折り返す。これを阪野が胸で収め、振り向き様に右足でゴールを狙う。しかし、上手くミートできずに枠を外してしまう。人数をかけて攻める群馬に対して、ボランチの本田と最前線の阪野を起点にワイドなカウンターを狙う山形という構図が続く。 ▽43分、山形がPKを得る。CKから菅沼がヘディングシュートを放つと、これが出場停止明けのパク・ゴンの手に当たりハンドの判定となる。キッカーの阪野がゴール左下へ狙いすまして蹴り込むも、これをGK清水がストップする。気迫のセーブでチームを鼓舞した。 ▽折り返して55分、山形が追加点への意欲を見せる。CBの高木が沙汰とのワンツーでボックス内まで侵攻する。ボックス内左でラストパスを受けた高木がファーへグラウンダーのシュートを放つも、わずかに枠を外れる。群馬がボールを持つが、山形陣内へのパスをカットされショートカウンターとなる展開が目立つ。群馬はサイドを起点にチャンスを作ろうとするが、山形の人数をかけた守備がそれを許さない。 ▽膠着が続いている80分、群馬に久しぶりの得点機が訪れる。ボックス前でボールを奪った高井が細かいドリブルでDFを3人交わしエリア内へ侵入する。しかし、ボックス内右でフリーとなった高井のシュートはGKに阻まれた。群馬の攻撃は最後まで実らず。 ▽結局、試合は3分の阪野の得点を守り通した山形の勝利で幕を閉じる。山形(勝ち点29)は暫定6位となり、一時的に昇格プレーオフ圏内へ浮上した。対して、敗北した群馬(勝ち点13)は暫定21位となり、降格圏へ沈んだ。 2017.06.11 16:08 Sun
twitterfacebook
thumb

徳島が渡2戦連発弾などでドロー地獄抜け出す6戦ぶり白星! 群馬は連勝が3でストップ…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第17節のザスパクサツ群馬vs徳島ヴォルティスが3日に正田醤油スタジアム群馬で行われ、アウェイの徳島が2-0で勝利した。 ▽3連勝中の20位群馬と、4試合連続1-1のドローで5戦未勝利の9位徳島が対峙した一戦。前節、首位アビスパ福岡相手に完勝の群馬は、パク・ゴンに代えて市川を起用した以外、同じメンバーを起用。3戦連発中の高井はカン・スイル、岡田と共に前線に入った。一方、勝ち切れない試合が続く徳島は直近のカマタマーレ讃岐戦から3選手を変更。藤原、井筒、杉本に代わって、大崎玲と内田、大崎淳が起用された。 ▽強風が吹き荒れる中でスタートした試合は、前半風上を取ったアウェイの徳島が押し込む入りとなる。立ち上がりには山崎が強烈なシュートを放つが、GK清水の正面を突いた。 ▽時間の経過と共に押し返し始めた群馬は、20分に絶好機を迎える。右サイドで高橋が入れたクロスをニアに飛び込んだカン・スイルが豪快なヘディングで合わせるが、これはGK長谷川のビッグセーブに阻まれる。さらに、こぼれ球を高井がシュートするが、今度はゴール前でDFの決死のブロックに遭う。 ▽その後はややホームチームが攻め込む場面が目立つ中、35分には相手陣内中央で得たFKの場面でキッカーの高橋がGKの前でバウンドする嫌らしいボールを入れると、これにチェ・ジュンギが飛び込むが、GKの寸前で触ったボールは枠を捉え切れず、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、立ち上がりから勢いを持って入った徳島が主導権を掴む。56分、右サイドから山崎が入れたクロスをボックス内で受けた前川が右足でシュートするが、これはポストを叩いて先制点とはならない。 ▽それでも押し気味に試合を進める徳島は63分、中盤でキープした岩尾の浮き球のフィードに抜け出した渡が巧みなファーストタッチでスピードに乗り、DFを振り切ってボックス内に侵入。最後は冷静に右足のシュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽渡の2試合連続となる今季9点目で均衡が破れた中、両チームは後半半ばから終盤にかけて交代カードを切りながら、白熱の攻防を繰り広げていく。だが、互いに最後の場面で守備陣が粘り、なかなか次のゴールが生まれない。 ▽それでも、徳島の1点リードで終了かと思われた後半アディショナルタイム、相手GKのロングフィードをヴァシリェヴィッチが頭で跳ね返したボールに抜け出した山崎がそのままボックス内まで持ち上がり、最後はGKとの一対一を制し、試合を決定付ける2点目を奪った。2トップ揃い踏みで勝ち切った徳島が、ようやくドロー地獄を抜け出す6試合ぶりの勝利で昇格プレーオフ圏内の暫定6位に浮上した。一方、ホームで敗れた群馬は、連勝が「3」でストップした。 2017.06.03 21:36 Sat
twitterfacebook
thumb

最下位脱出の群馬が首位撃破!! 福岡は痛恨の敗戦で首位陥落《J2》

▽28日に明治安田生命J2リーグ第16節のアビスパ福岡vsザスパクサツ群馬がレベルファイブスタジアムで行われ、3-1で群馬が勝利した。 ▽前節のツエーゲン金沢戦で5-0で勝利してJ2リーグの首位に立った福岡(勝ち点30)が、カマタマーレ讃岐に勝利して今シーズン初の連勝で最下位を脱出した21位の群馬(勝ち点)をホームに迎えた。 ▽真夏日の中で迎えた一戦は、お互いに[3-4-2-1]を用いるミラーゲームとなった。立ち上がりからボールを保持して攻め込むのは福岡で、ウェリントンの高さを使いながら、シャドーに入る坂田とジウシーニョが流動的に動く。受ける形となった群馬も、トップのカン・スイルが激しいプレスをかけるなど、福岡のバックラインに楽にパスを繋がせない。 ▽迎えた13分、裏に抜け出したジウシーニョへ坂田からのボールが出る。相手がクリアし損なったところをジウシーニョが奪ってGKと一対一を迎えるが、ここはGK清水が好セーブで防いだ。すると14分、群馬は右サイドを突破した高橋が入れたグラウンダーのボールにカン・スイルが合わせる。これがネットを揺らして群馬がファーストチャンスをモノにした。 ▽5試合ぶりの失点を喫した福岡はそこから反撃に出ると、20分に左CKからファーサイドのウェリントンが頭で合わせるもGK清水が再び立ちはだかる。さらに右CKからこぼれたところに堤が詰めるが、このシュートはクロスバーを越えるなど得意のセットプレーでチャンスを作りながら点が奪えない。 ▽すると群馬は2つ目のチャンスで2点目を奪いきる。27分、セカンドボールを拾ってショートパスを繋ぐと、最後は高井がGK杉山の位置を見て、ふわりと浮かせたシュートを沈めた。 ▽福岡は31分、ゴール正面の絶好の位置でFKを獲得。これを駒野が右足で直接狙うが、ボールは惜しくもクロスバーを叩く。迎えた39分、カウンターから抜け出した高井が福岡の緩いプレスを尻目にボックス手前からシュートを沈め3点差に。 ▽しかし福岡も44分、右サイドのFKからウェリントンが得意のヘディングシュートでネットを揺らし、2点差に詰め寄って前半を終えた。 ▽後半も福岡が攻勢を仕掛ける中、53分には三門がボックス手前からミドルシュートを狙う。しかしここは枠を捉えきれない。56分には左サイドからのスローインでこの日誕生日を迎えた亀川が入れたロングスローをウェリントンがフリック。最後はジウシーニョがバイシクルで合わせたがGKの正面を突いた。 ▽すると福岡は60分、坂田とジウシーニョを下げて石津とウィリアン・ポッピのシャドーに入る2枚代えを敢行。すると62分には、右サイドの裏に抜け出したウィリアン・ポッピのクロスから石津がヘッドで合わせる。しかし再三、福岡の前に立ちはだかるGK清水が難なく処理した。 ▽終盤にかけても福岡が攻め続ける中、80分に前線のターゲットマンであるウェリントンが出血でピッチを出される。すると一時的に数的優位となった群馬が相手陣内でボールを繋いで時間を使っていく。 ▽83分にようやくウェリントンが戻ってくると、再び福岡が群馬を押し込む。しかし群馬が最後まで集中した守りを見せて終了のホイッスル。群馬が首位の福岡から金星を飾り3連勝とした。一方福岡は痛恨の敗戦で首位陥落となった。 2017.05.28 14:52 Sun
twitterfacebook
thumb

群馬が逆転勝利を収め2連勝で最下位脱出! 敗れた讃岐が最下位に…《J2》

▽21日、明治安田生命J2リーグ第15節のカマタマーレ讃岐vsザスパクサツ群馬がPikaraスタジアムで行われ、1-2でアウェイの群馬が勝利した。 ▽ここまで14試合を終えて1勝6分け7敗の勝ち点9で降格圏21位に位置する讃岐と、2勝1分け11敗の勝ち点7で最下位に位置する群馬の一戦。両者降格圏脱出のために勝利が欲しい試合は、讃岐の原が8試合ぶりに先発出場、一方の群馬は、前節決勝ゴールを決めた新加入のFWカン・スイルが3試合連続先発出場を果たした。 ▽最初にシュートを放ったのは讃岐。3分、ロングスローのクリアボールを武田がシュート。しかし、これは枠を外してしまう。群馬はサイドからのクロスでチャンスを窺うも、讃岐守備陣がうまく対応し決定機とはならない。12分には讃岐が再びロングスローからチャンス。こぼれ球を高木がシュートも、力なくGK清水慶がキャッチする。 ▽25分、讃岐は原がドリブルで中央突破。ボックス内に侵入しシュートを放とうとするも、DFが間一髪クリアする。これで得たCKの流れから、最後はクロスをエブソンがヘッド。しかし、これは枠を捉えられない。 ▽それでも押し込む讃岐はロングスローからゴールを奪う。31分、武田のロングスローはGK清水慶がキャッチにいくも、これをファンブル。こぼれ球を拾った李栄直がクロスを上げると、DFがクリアも、こぼれ球に反応した原がボックス内右でゴールを背にしたまま反転ボレー。これが右隅に決まり、讃岐が先制する。 ▽先制を許した群馬だったが、前半のうちに同点に追いつく。41分、高橋がFKからゴール前にクロスを供給。DFがクリアするも、こぼれ球をボックス手前で待ち構えた高井が右足一閃。GK清水健の手を弾いたシュートがネットを揺らし、群馬が同点に追いつく。 ▽迎えた後半讃岐が両サイドを使って攻勢をかけるも、得点を奪うことができない。群馬は56分に岡庭に代えて鈴木を投入。するとこの交代が得点に繋がる。60分、鈴木がライナー性のクロスを上げると、競り合いのボールを繋ぎ、最後は岡田がボックス中央で胸トラップからジャンピングボレー。これがネットを揺らし、群馬が逆転に成功する。 ▽勢いにのる群馬は63分、ボックス手前ゴール正面でFKを得ると、鈴木が左足で直接狙うも、シュートは枠を越えていく。69分にはボックス内でパスをつなぐと、最後は山岸がシュート。しかし、これは右ポストに嫌われゴールとはならない。 ▽その後も主導権を握り続ける群馬は、讃岐に決定機を作らせず。結局そのまま試合は終了し、群馬が逆転勝利で連勝。讃岐を抜き、降格圏ながら21位に浮上。敗れた讃岐は最下位に転落した。 2017.05.21 16:00 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング