ベガルタ仙台

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 仙台 15 4 3 1 8 5 3 8

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-04-21
14:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
仙台 vs 磐田
2018-04-25
19:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
C大阪 vs 仙台
2018-04-28
14:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
仙台 vs 札幌
2018-05-02
19:00
明治安田生命J1リーグ
第12節
G大阪 vs 仙台
2018-05-06
16:00
明治安田生命J1リーグ
第13節
湘南 vs 仙台

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.04.18
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第4節
新潟 3 - 1 仙台
2018.04.14
19:00
明治安田生命J1リーグ
第8節
仙台 0 - 0 川崎F
2018.04.11
19:00
明治安田生命J1リーグ
第7節
名古屋 2 - 3 仙台
2018.04.07
16:00
明治安田生命J1リーグ
第6節
浦和 1 - 0 仙台
2018.04.04
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第3節
仙台 3 - 0 FC東京

基本データ

正式名称:ベガルタ仙台

原語表記:VEGALTA Sendai

ホームタウン:仙台市

チームカラー:ゴールド、ブルー、レッド

関連ニュース

thumb

仙台vs川崎Fの上位対決、熱戦の末ゴールレス《J1》

▽14日にユアテックスタジアム仙台で行われた明治安田生命J1リーグ第8節のベガルタ仙台vs川崎フロンターレは、0-0のドローに終わった。 ▽仙台は、出場停止の大岩に代わり、常田がリーグ戦初出場で初先発。対する川崎Fは、エドゥアルド・ネットと小林が欠場となり、守田と知念をスタメン起用した。 ▽2位と5位の上位対決は、互いにボールの主導権を争い合う入りに。その中で、洗練されたコンビネーションサッカーでゴールに迫った川崎Fは、18分に右サイドのエウシーニョがクロスを送る。これに反応したボックス左の家長が頭で合わせるが、惜しくも左ポストの外側を叩く。 ▽続く25分にも、攻勢の川崎Fにビッグチャンス。GKチョン・ソンリョンのフィードキックに反応した知念のポストプレーから阿部のパスをボックス右のスペースに引き出した家長が右足でシュートを放つ。これがゴールの右隅に向かったが、右ポストに嫌われてしまう。 ▽運にも恵まれた仙台もパスサッカーを展開。平岡や金正也がゴールに迫ると、42分に右サイドで谷口の制止を振り切った梁勇基のクロスから野津田がヘディングシュートを放つ。さらに、44分に左サイドから切り込んだ古巣戦の中野が右足でゴールを狙うが、わずか右に外れた。 ▽Jリーグ王者を相手に臆することなくスタイルを貫く仙台は、ゴールレスで迎えた後半の頭にチャンス。後半開始から大久保を起用した川崎Fを尻目に、ドリブルでボックス右に抜け出したジャーメイン良がゴール前にパスを出す。だが、これに味方が合わせられず、不意にする。 ▽こう着状態が続く中、川崎Fは齋藤を途中起用。攻撃の活性化を試みるが、仙台の勢いに後手を踏む展開となり、なかなか厚みのある攻撃を仕掛けられない。結局、試合はゴールレスで終了。2連勝を目指した仙台と4試合ぶりの白星を狙った川崎Fの上位対決は痛み分けに終わった。 2018.04.14 20:55 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】昨季ルヴァンの激闘再び…覚醒匂わす若きストライカーに注目《仙台vs川崎F》

▽14日から15日に明治安田生命J1リーグ第8節が開催される。その中でも注目は、ユアテックスタジアム仙台で行われる2位・ベガルタ仙台(勝ち点14)と、5位・川崎フロンターレ(勝ち点11)の上位対決だ。 <span style="font-weight:700;">◆昨年10月の3連戦で激闘繰り広げた両者</span> ▽両者は昨年10月に3度激突し、激しい戦いを演じた。まずはYBCルヴァンカップ準決勝。1stレグでは仙台が前半だけで3得点。川崎Fも後半に2点を返したが、3-2で仙台が先勝した。迎えた2ndレグでは川崎Fが前半に2得点を奪って、2戦合計スコアで逆転。後半に仙台は1点を返して2戦合計スコアを同点としたが、そのままでもアウェイゴール数の差で決勝進出となった川崎Fが90分にトドメを差して3-1。2戦合計スコア5-4で川崎Fが決勝進出を決めた。 ▽さらに両者は、ルヴァンカップ準決勝の激闘から約1週間後、今度はリーグ戦で対戦。J1初優勝へ負けられない川崎Fと、ルヴァンカップのリベンジを企む仙台の一戦は、MF家長昭博の退場で1人少ない状況を強いられていた川崎Fに対して、仙台が2点を先行した。しかし、川崎Fが終盤に怒涛の3ゴールを決めて大逆転勝利。周知の通り、川崎Fはその後、J1初優勝へと加速していった。 <span style="font-weight:700;">◆昨季リベンジで再び連勝街道へ</span>~ベガルタ仙台~ ▽前節の名古屋グランパス戦を3-2で下した仙台は、2試合ぶり白星で2位浮上。2点を先取した前半には渡邉晋監督も「狙いを共有して、良いゲーム運びをできた」と両サイドからの攻撃に満足感を示した。反撃を許した後半に関しては「賢さ、したたかさは、まだまだ足りない」と反省を口にしたものの、メンバーを数人入れ替えた中でのアウェイ戦勝利に自信を得る戦いができたはずだ。 ▽しかし、今節に関しては不安もある。前節、DF大岩一貴が退場し、守備の要不在で川崎Fとの一戦に臨まなくてはならない。リーグで2番目に少ない失点数を誇るディフェンスをどこまで保つことができるか。川崎Fはここ数試合で結果が出ていないものの、得点チャンスは増加しているだけに調子に乗らせると怖い。それは昨季に思い知らされたはず。集中したディフェンスから川崎Fの隙を突き、再び連勝街道に乗りたい。 <span style="font-weight:700;">◆好相性な相手から復調の糸口を</span>~川崎フロンターレ~ ▽一方の川崎Fは、調子が上がらない。前節のセレッソ大阪戦では先制しながらも、逆転負けを喫してリーグ戦3試合未勝利。順位も5位に転落した。試合内容は良くなりつつあるだけに鬼木達監督が挙げる「2点目を取りにいく姿勢」「セットプレーでの守備」は修正したいところだ。 ▽それでも今節に向けてはポジティブな要素もある。前節のC大阪戦ではMF中村憲剛、MF阿部浩之が休養をとり、MF家長昭博も途中出場。DF車屋紳太郎も合流している。鬼木監督も「苦しい時期」と勝てない我慢の時期が続くが、昨年4戦3勝の仙台から4試合ぶり白星を飾り、復調への糸口を掴みたい。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆ベガルタ仙台</span>[3-5-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_31_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:関憲太郎 DF:平岡康裕、常田克人、金正也 MF:蜂須賀孝治、富田晋伍、永戸勝也 MF:野津田岳人、中野嘉大 FW:石原直樹、西村拓真 監督:渡邉晋 ▽前節から数人を変更。最終ラインにはDF平岡康裕とDF金正也が復帰し、出場停止の大岩のポジションにはDF常田克人がリーグ戦初出場&初先発を予想する。2シャドーには古巣対決となるMF中野嘉大と、前節2ゴールのFW西村拓真が。1トップは今季3ゴール中のFW石原直樹が務める。また、6年ぶり仙台復帰となったMF関口訓充がベンチ入り濃厚だ。 <span style="font-weight:700;">◆川崎フロンターレ</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_31_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:大島僚太、エドゥアルド・ネット MF:家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FW:知念慶 監督:鬼木達 ▽一方、川崎Fは上述通り、前節体調不良で欠場した車屋が復帰。2列目には名古屋戦で途中出場の家長、完全休養の中村と阿部が入る。また、C大阪戦で左足ふくらはぎを痛めたFW小林悠に代わり、知念が先発に入ることになりそうだ。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FW西村拓真</span>(ベガルタ仙台)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_31_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽今季2度目の連勝へカギを握るのは、ここまで3ゴールを記録している西村だ。上述通り、前節ではチームを助ける2ゴール。1点目はボレーシュート、2点目はハーフウェイライン付近からの単独突破から。ここ3試合3ゴールと昨季ルヴァンカップでニューヒーロー賞を獲得した21歳が飛躍を予感させている。ゴールパターンを増やしつつある貪欲なストライカー。川崎Fからゴールを奪い、さらなる自信を掴みたい。 <span style="font-weight:700;">◆FW知念慶</span>(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180413_31_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽一方の川崎Fは、23歳のFW知念慶を注目選手に挙げる。前節には今季リーグ戦初ゴール。身体能力を生かしたポストプレーと動き出しは光るものがあり、特に動き出しには中村も太鼓判を押すほど。シュート精度に課題を残すものの、ゴールを量産するだけのポテンシャルを秘めている。そして、今節は中村と同じピッチに立つ可能性が。さらに自身のプロ初ゴールは、昨季ユアスタで行われた仙台とのルヴァンカップ準決勝第1戦。川崎F期待のストライカーから目を離してはいけない。 2018.04.13 20:40 Fri
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】神戸FWポドルスキ、仙台DF大岩が次節出場停止

▽Jリーグは12日、明治安田生命J1リーグ第8節の出場停止選手を発表した。 ▽今回出場停止となるのは、ヴィッセル神戸のFWルーカス・ポドルスキとベガルタ仙台のDF大岩一貴の2名となっている。 ▽ポドルスキは、11日に行われた第7節の浦和レッズ戦で75分に今季4枚目のイエローカードを受け、累積警告のため1試合の出場停止。 ▽大岩は、同日に行われた第7節の名古屋グランパス戦で相手選手のシュートを腕でブロックし、得点機会を阻止したプレーが著しい反則行為に相当すると判断された。 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J1リーグ】</span> <span style="font-weight:700;"> DF大岩一貴</span>(ベガルタ仙台) 明治安田生命J1リーグ第8節 vs川崎フロンターレ(4/14) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWルーカス・ポドルスキ</span>(ヴィッセル神戸) 明治安田生命J1リーグ第8節 vs横浜F・マリノス(4/15) 今回の停止: 警告の累積による1試合停止 2018.04.12 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

西村2発の仙台が打ち合い制す! …名古屋はジョー2発も寿人のJ1通算400試合出場メモリアルを勝利で飾れず《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第7節の名古屋グランパスvsベガルタ仙台が11日にパロマ瑞穂スタジアムで行われ、3-2で仙台が勝利した。 ▽公式戦5連敗中と泥沼の中にある名古屋は、0-3で敗北した前節の北海道コンサドーレ札幌戦からスタメンを2名変更。ワシントン、ジョーに代えて、畑尾、深堀を起用した。 ▽前節浦和レッズに0-1で敗れ今シーズンの公式戦初黒星を喫した仙台は、その試合からスタメンを4名変更。関、平岡、金正也、中野に代えて、シュミット・ダニエル、菅井、蜂須賀、ジャーメイン良を起用した。 ▽攻撃時に上がる枚数をやや減らし、慎重な入りを見せた名古屋に対して、仙台は序盤から積極的にチャンスを作っていく。7分、右サイド深い位置から蜂須賀がクロスを供給すると、名古屋DFに当たったボールはボックス内の永戸の足元へ。しかし、シュートは枠を左に外れた。 ▽22分、仙台がスコアを動かす。大きなサイドチェンジに反応した永戸が左サイド深い位置まで侵攻し、クロスを入れる。ボックス内に混戦がもたらされると、最後は石原が押し込んだ。 ▽さらに37分にも仙台が名古屋を突き放す。推橋の左サイドからのクロスをボックス右の味方が頭で中央に落とし、走り込んだ西村が右足のボレーで合わせる。これが名古屋DFとGKランゲラックの股を抜き、ネットを揺らした。 ▽得点が欲しい名古屋は、直後の39分に深堀に代えてジョーを投入。早いタイミングで助っ人を送り出し、攻勢をかけていく。しかし、前半中に反撃に出ることはできず、勝負の行方は後半に持ち越された。 ▽折り返しを迎えた試合、名古屋のジョーが監督の起用に応える。53分、左サイド深い位置でボールを持った小林が、右足でクロスを供給。ボックス内のジョーが飛び上がり、高い打点のヘディングシュートを沈めて反撃の狼煙を上げた。 ▽勢いを引き戻したい仙台は、62分に積極的に名古屋ゴールに迫ろうとする。名古屋陣内中央でボールを持った野津田が、やや遠い位置から左足でシュートを放つ。しかし、枠を捉えることはできない。 ▽すると68分、仙台のショートカウンターが発動。西村がドリブルでボックス左に侵攻し、細かいタッチで中央に切り込む。そのまま流れるような動作でシュートを放ち、ゴール右隅を射抜いた。 ▽再び2点を追う展開となった名古屋は、72分に小林に代えて佐藤を送り出す。佐藤にとってはこれがJ1通算400試合目の出場となった。 ▽すると、試合終了間際の89分、宮原の右サイドからのクロスの処理をGKシュミット・ダニエルが誤ると、ボックス内は混戦に。ジョーの放ったシュートを手で防いだとして、大岩が一発退場。名古屋にPKが与えられ、キッカーのジョーが冷静に沈めた。 ▽しかし、名古屋の追い上げもここまで。2-3で仙台がリードしたまま試合が終了した。この結果、仙台は敵地での白星奪取に成功。対する名古屋は、ホームで手痛い公式戦6連敗を喫することとなった。 2018.04.11 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台、FW阿部拓馬の負傷を発表…全治まで約6週間

▽ベガルタ仙台は10日、FW阿部拓馬が左ハムストリングス肉離れにより全治まで約6週間を要する見込みと診断されたことを発表した。 ▽阿部は、0-1で敗北した7日の明治安田生命J1リーグ第6節浦和レッズ戦で負傷。9日に仙台市内の病院で精密検査を行った結果、今回の負傷内容が明らかとなった。 ▽鋭いドリブルを武器とする阿部は、法政大学、東京ヴェルディ、アーヘン(ドイツ)、ヴァンフォーレ甲府、FC東京、蔚山現代FC(Kリーグ・クラシック)を渡り歩き、2018シーズンから完全移籍で仙台に入団。今シーズンは、ここまで公式戦7試合に出場して1ゴールを記録していた。 2018.04.10 17:45 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング