ベガルタ仙台

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 仙台 45 13 6 15 44 54 -10 34

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.12.01
14:00
明治安田生命J1リーグ
第34節
神戸 3 - 2 仙台
2018.11.24
14:00
明治安田生命J1リーグ
第33節
仙台 0 - 3 鹿島
2018.11.10
14:00
明治安田生命J1リーグ
第32節
広島 0 - 1 仙台
2018.11.04
14:00
明治安田生命J1リーグ
第31節
札幌 1 - 0 仙台
2018.10.20
14:00
明治安田生命J1リーグ
第30節
仙台 2 - 3 鳥栖

基本データ

正式名称:ベガルタ仙台

原語表記:VEGALTA Sendai

ホームタウン:仙台市

チームカラー:ゴールド、ブルー、レッド

関連ニュース

thumb

自覚と責任を胸に…シュミット・ダニエル「アジアチャンピオンになるために全力を尽くします」《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12月12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督体制初の公式戦に引き続き招集されたベガルタ仙台のGKシュミット・ダニエルには、日本代表メンバーとしての自覚と責任が芽生えているようだ。 ◆GKシュミット・ダニエル 「AFC アジアカップのメンバーに選出いただき、大変うれしく思います。日本代表の自覚と責任を胸にチームに貢献し、アジアチャンピオンになるために全力を尽くします。応援よろしくお願いします」 2018.12.12 15:50 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台、DF蜂須賀孝治が全治2カ月のケガ…先の天皇杯決勝を欠場

▽ベガルタ仙台は11日、DF蜂須賀孝治の負傷を報告した。 ▽蜂須賀は11月24日の明治安田生命J1リーグ第33節の鹿島アントラーズ戦で負傷。左足関節外側じん帯損傷で全治約2カ月の見込みだ。 ▽その影響もあり、蜂須賀は9日に埼玉スタジアム2002で行われた天皇杯決勝の浦和レッズ戦を欠場。今シーズンはJ1リーグ28試合4得点を記録した。 2018.12.11 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

天皇杯準Vの仙台、渡邉晋監督の続投発表 「ともに熱く戦いましょう」

▽ベガルタ仙台は10日、渡邉晋監督(45)の来シーズン続投を発表した。 ▽渡邉監督は2014年4月から仙台を指揮。今シーズンは明治安田生命J1リーグで5位以上の目標に及ばなかったものの、就任以降最高位の11位でフィニッシュした。そして、天皇杯でもクラブ初の決勝に進出。惜しくもクラブ初タイトルとはならなかったが、1年を通じて一定の成果を残した。 ▽来シーズンが6年目の指揮となる渡邉晋監督は続投決定を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメント。来年のさらなる飛躍を誓った。 「2018シーズンも多くのご支援、ご声援をいただき、ありがとうございました。そして、来シーズンもチームを指揮するチャンスをいただいたことに心から感謝を申しあげます。今は選手とチームの確かな「成長」、同時に乗り越えなければならない「壁」を感じています。天皇杯準優勝の悔しさを胸に、その大きく分厚い壁に「挑戦」する覚悟です。ともに熱く戦いましょう。2019 Shine Together!」 2018.12.10 15:05 Mon
twitterfacebook
thumb

奥埜博亮が感じた仙台に足りなかったもの 「やっぱり…」《天皇杯》

▽今年最後の国内主要タイトルとなる第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝が9日に埼玉スタジアム2002で開催。1-0でベガルタ仙台を退けた浦和レッズが優勝で飾り、来シーズンのACL出場権を獲得した。 ▽準優勝に終わった仙台のMF奥埜博亮が試合後のミックスゾーンで取材陣に応対。チャンスがありながら無得点に終わった自身のプレーぶりや、勝敗を分けた浦和との差について語った。 ◆MF奥埜博亮(ベガルタ仙台)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181209_okuno_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>――自身のプレーについて 「最後はバテた。決勝という舞台で、シュートを打つチャンスがあったし、枠に飛ばしていかないといけなかった」 ――相手との差について 「やっぱりゴールの部分だと思う。相手は1点を獲って、僕らは無得点で負けた」 「チャンスは何回かあったので、ゴール前での落ち着きだったり、ゴールに流し込むところだったりをモノにしていかないと難しくなる」 2018.12.10 01:03 Mon
twitterfacebook
thumb

仙台守護神のシュミット・ダニエル、スーパーゴールを回想 「僕の準備次第で…」《天皇杯》

▽今年最後の国内主要タイトルとなる第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝が9日に埼玉スタジアム2002で開催。1-0でベガルタ仙台を退けた浦和レッズが優勝で飾り、来シーズンのACL出場権を獲得した。 ▽準優勝に終わった仙台の日本代表GKシュミット・ダニエルが試合後のミックスゾーンで取材陣に応対。結果的に勝敗を分けたDF宇賀神友弥のスーパーゴールを阻止できなかったことに悔しさを滲ませた。 ◆GKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台) ──試合を振り返って 「相手にあまりチャンスがない中で負けたので、すごく責任を感じている」 ──失点シーンについて 「少しだけだが、蹴る瞬間のところがブラインドになってしまって、その分、反応が遅れた。自分の中に『何かできたんじゃないかな』という思いがある。準備次第で止められたのかもしれないが、スーパーゴールに変わりはない」 ──見せ場は作れたが 「特にゴールを守るというシーンはなかったので、余計に責任を感じる」 ──試合が終わっての感想は 「率直に、チームメイトやスタッフ、チームに関わる全ての人たちに感謝の気持ちでいっぱい」 ──この経験をどう生かしていきたいか 「もう1回、天皇杯の決勝に立って、今度こそ勝ちたい。今年に関して言えば、リーグでもっともっとできたという思いがあって、良い順位で終わりたかった」 「もちろん、天皇杯を勝ち上がることも大事だが、リーグをどれだけ良い順位で終われるかがチームを作って行く上で大切になってくる」 2018.12.10 01:02 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング