北海道コンサドーレ札幌

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 札幌 43 12 7 15 39 47 -8 34

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.12.02
14:00
明治安田生命J1リーグ
第34節
札幌 3 - 2 鳥栖
2017.11.26
13:00
明治安田生命J1リーグ
第33節
G大阪 0 - 1 札幌
2017.11.18
15:00
明治安田生命J1リーグ
第32節
清水 0 - 2 札幌
2017.10.29
16:00
明治安田生命J1リーグ
第31節
札幌 1 - 2 鹿島
2017.10.21
16:00
明治安田生命J1リーグ
第30節
FC東京 1 - 2 札幌

基本データ

正式名称:北海道コンサドーレ札幌

原語表記:Hokkaido Consadole Sapporo

ホームタウン:札幌市

チームカラー:レッド、ブラック、ブルーグレー

関連ニュース

thumb

札幌、MF菊地直哉を完全移籍で獲得 2016年夏に鳥栖より期限付き加入

▽北海道コンサドーレ札幌は13日、サガン鳥栖に所属する元日本代表MF菊地直哉(33)の完全移籍加入を発表した。 ▽菊地は、これまでジュビロ磐田、アルビレックス新潟、FCカールツァイス・イェーナ(ドイツ)、大分トリニータでプレー。2016年7月から期限付き移籍で札幌に加わり、2017シーズンは明治安田生命J1リーグ16試合に出場した。 ▽来シーズンも引き続き札幌でプレーすることになった菊池は、両クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆北海道コンサドーレ札幌 「北海道コンサドーレ札幌に関わる全ての皆様、2018年より完全移籍でお世話になります。プレーヤーとしてのレベルを上げ、良いプレー披露したいと思いますので宜しくお願いします」 ◆サガン鳥栖 「2018シーズン、札幌に完全移籍することを決めました。鳥栖でプレーした2013年から2016年はとてもいい時間でした。ありがとうございました。本当に全てが良い思い出です。熱い素晴らしい気持ちを持ったたくさんの選手とプレー出来た事は僕の財産です。チームは別々になってしまいますが、元鳥栖の選手の繋がりは様々な所にあり、助けられています。この繋がりをこれからのチームでも、引退した後も大切にしたいと思います。鳥栖サポーターのみなさん、3年間応援ありがとうございました。元鳥栖の選手として頑張ります!これからもよろしくお願いします!」 2017.12.13 15:55 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ通信簿】「北海道とともに、世界へ」16年ぶりの残留、J1定着&更なる飛躍を感じさせる《北海道コンサドーレ札幌》

▽歴史が動き、シーズンが閉幕した2017明治安田生命J1リーグ。最終節まで優勝争い、残留争いが繰り広げられ、最後まで目が離せない白熱したシーズンとなった。 ▽「DAZN」マネーにより、シーズンの成績で今後のクラブ強化に大きな影響を及ぼすこととなった2017シーズン。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブを総括。トピックやチームMVP、補強成功度、総合評価で振り返る。第8弾は悲願のJ1残留を果たした北海道コンサドーレ札幌を総括する。 <span style="font-weight:700;">◆シーズン振り返り</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171208sapporo_2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.</div> <hr><span style="font-weight:700;">【主なトピック】</span> ●昨季J2優勝を果たし5年ぶりにJ1リーグ参戦 ●主力選手の慰留に成功し意図の明確な補強を敢行 ●イングランド人FWジェイ、“タイのメッシ” MFチャナティップが7月に加入 ●2試合を残した時点で16年振り2度目の残留に成功 ●ミハイロ・ペトロヴィッチ氏の来季監督、現・四方田修平監督のヘッドコーチ就任が報道<hr>▽昨シーズンJ2リーグで優勝を果たした札幌は、クラブ20周年の節目で5年ぶりにJ1に参戦。MF堀米悠斗をアルビレックス新潟に放出した以外は、FWヘイスやFW都倉賢を慰留し、DF福森晃斗を完全移籍で継続して確保するなど主力の流出を回避する。さらに、MF兵藤慎剛、MF早坂良太、DF横山知伸などハードワーカーかつユーティリティ性のある選手を堅実に補強した。 ▽そして迎えた開幕戦。J1でも引き続き3バックを機軸としたハードワーク、カウンターからのチャンスメイクを基本として戦う札幌だったが、序盤から洗礼を浴びることに。開幕戦でベガルタ仙台に競り負けると、第2節の横浜F・マリノス戦では0-3で敗北と連敗を喫する。 ▽ホームでは上々な戦いを続けつつもアウェイでの敗北を重ねると、アウェイの連戦が2つ組まれた第11節~第16節の期間に6連敗とどん底に。しかし、第17節の昇格組対決である清水エスパルス戦に1-0で勝利すると、徐々に調子は上向いた。 ▽中断明け、第19節の浦和レッズをホームに迎えた試合では、夏加入のMFチャナティップ・ソングラシンとFWジェイが初出場して持ち味を発揮。ジェイの初弾を含む2発を浴びせて2-0で勝利することに成功した。 ▽そこからリーグ終了までは、最終順位の高かったチームとの試合こそ落としたものの、粘り強く勝ち星を積み上げていく。特に第29節で柏レイソルに3-0の快勝を収めた次の試合では、FC東京のホームに乗り込んでアウェイ初勝利を果たした。残留争いの壁を越えた印象の強い第29節から最終節までの6試合では5勝1敗で駆け抜け、アウェイでも3連勝。ジェイはその間8得点と躍動し、11位でシーズンを終えた。 <span style="font-weight:700;">◆チームMVP</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171208sapporo_3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>DF福森晃斗(24) 明治安田生命J1リーグ33試合出場(先発33試合)/3得点<hr>▽後半戦で決定的な活躍をみせたFWジェイも推したいが、シーズンを通しての貢献で選出。昨シーズンも主力として活躍した福森は、「札幌が自分を成長させてくれた。J1で結果を出して感謝の思いを示したい」と語り、浦和からのオファーを蹴って札幌に残留。そして、「J1で結果を出す」というその言葉を見事に成就してみせた。 ▽この選手を記述する上で第一に触れなくてはならないのは、その左足の精度だろう。3バックの左CBに入ることが多い福森は、最前線のFW都倉にピンポイントで高精度のフィードを供給。ワンステップで多彩なキックを蹴ることができるため、J1のプレッシャーの中で札幌の攻撃の多くは彼から始まる形となっていた。 ▽セットプレー時には、ジュビロ磐田のMF中村俊輔に近い期待感を抱かせる。第18節大宮アルディージャ戦での活躍は、特に印象的だ。残留に向けた直接対決と評されていたこの試合で、札幌は終盤まで2点のビハインドを追う展開を強いられてしまう。しかし、福森が81分、96分と立て続けにFKを沈める大車輪の働き。1試合で直接FKを2発決めたJ1史上7人目の選手となり、チームの最重要選手であることを改めて示した。 ▽さらに、守備面においても確かに向上している。昨シーズンは、チェックに行く余り失点に絡む場面も少々みられた。しかし、今シーズンは相手を追い込むような形の冷静な対応も目立ち、J1の舞台に適応してみせた。リーグ屈指のディフェンダーでありながら、成長を続けている選手だ。 <span style="font-weight:700;">◆補強成功度「B」</span>(評価:S~E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171208sapporo_4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽明確なプランを持って実行した補強が的中している。中盤の中央ではMF兵藤慎剛が複数ポジションをこなしつつ経験を与え、MF早坂良太、FW菅大輝、DF石川直樹はウィングバックで規律に沿ったプレーを実行。DF横山知伸はディフェンスラインに欠かせない選手となり、DF菊地直哉、DFキム・ミンテも選手層に厚みを与えた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171208sapporo_6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽そして、金脈を掘り当てたとも表現できるのが夏に加入したFWジェイとMFチャナティップだ。ジェイは加入後の14試合(10試合に先発)に出場して10得点を記録。この選手のゴールで勝ち点を得ることも多く、期待値を上回る活躍を披露し、残留に多大なる貢献をした。 ▽また、チャナティップは華のある巧みなボールコントロールで、堅守速攻だった札幌の戦術に深みを作った。出始めの数試合こそ、やや守備面で適応に苦しんだものの、経験を重ねるごとに向上。どのチームも彼への対応は簡単ではなかったはず。 ▽一方で、FW金園英学やDF田中雄大はあまり出場機会を確保できず。金園に関しては、開幕時点で危惧されていたとおり、FW都倉やFWヘイス、FWジュリーニョら昨シーズンからの主力組に割って入ることは叶わなかった。田中もシーズン途中の負傷離脱が大きく、離脱後は出場がなかった。 <span style="font-weight:700;">◆総合評価 「B」</span>(評価:S~E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171208sapporo_5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽札幌の今シーズンの目標が残留であったことは明白だ。そして、着実にチームのレベルを向上させることで目標を達成。実に2001年以来16年ぶりに残留を果たしていることは、それ1つでこのクラブにとって非常に大きなトピックだろう。 ▽2001年には当時の16チーム中で年間11位、翌シーズンは最下位で降格となった。次にJ1に昇格した2008年には現在と同じ18チームで戦い、4勝6分け24敗の勝ち点18で最下位に沈み降格。2012年にも4勝2分け28敗の勝ち点14に終えて降格を喫したが、11位で終えた今シーズンは12勝7分け15敗で勝ち点を「34」積み上げた。この数字を見比べると、クラブ史上最高成績のシーズンになったとも評価できる。 ▽シーズン序盤は苦しい戦いを強いられたが、あまり大敗することはなく虎視眈々と力を付け、中盤ごろから徐々に開花。順位の近い相手との試合を落とすことが減少し、戦術に幅を持たせ始めていく。そして、リーグ最終盤には苦手としたアウェイ戦も克服した。 ▽目に見える形で向上した札幌は、最終節のサガン鳥栖戦に3-2で勝利した後、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の招へいが報じられた。功労者たる四方田監督はヘッドコーチとしてクラブに残ることが濃厚で、更なる飛躍へ基盤を固めている。「北海道とともに、世界へ」このスローガンの実現に向けて、札幌は今シーズン大きな一歩を踏み出した。 2017.12.08 22:10 Fri
twitterfacebook
thumb

札幌、ブラジル人MFマセードとの契約満了を発表「皆さんには本当に感謝しています。本当にありがとうございました」

▽北海道コンサドーレ札幌は4日、ブラジル人MFマセード(30)の契約満了に伴い、契約を更新しないことを発表した。 ▽ブラジルのアトレティコ・ミネイロやコリンチャンスと言ったブラジルの名門クラブでのプレー経験を持つマセードは2016年に札幌に加入。加入2年目となった今シーズンは明治安田生命J1リーグで15試合に出場。JリーグYBCルヴァンカップでは3試合に出場し1ゴールを挙げていた。 ▽退団が決まったマセードはクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「札幌に来てから2年間で、J1昇格と残留という大きな目標をチームメイトと共に達成できた事をとても嬉しく思います。チーム加入から今日に至るまで、チームメイトやスタッフ、そして多くのサポーターの支えがあったからこそ、僕は常に100%以上の力でプレーが出来ました。皆さんには本当に感謝しています。本当にありがとうございました」 2017.12.04 19:02 Mon
twitterfacebook
thumb

札幌、2点差を追いつかれるも終盤の横山弾! 3連勝でシーズンを締めくくる《J1》

▽2日に明治安田生命J1リーグ第34節のコンサドーレ札幌vsサガン鳥栖が札幌ドームで行われ、3-2で札幌が勝利した。 ▽Jリーグも最終節を迎えた。ここまで11勝7分け15敗で12位につける札幌(勝ち点40)と、13勝8分け12敗で8位につける鳥栖(勝ち点47)の対戦。前節のガンバ大阪戦を1-0で勝利してすでに16年ぶりとなるJ1残留を確定させている札幌はその一戦から先発メンバーを2人変更。早坂と荒野に代えて菅と都倉を起用した。 ▽一方、前節のジュビロ磐田戦を0-2で敗れて連勝を飾ることができなかった鳥栖は、その一戦から先発メンバーを3人変更。小林と青木、原川に代えて三丸とキム・ミンヒョク、藤田を起用した。 ▽試合は開始早々に動く。札幌は6分、後方からのロングフィードを都倉が頭でポストプレー。これをボックス手前で受けたジェイが左足を振り抜くと、豪快なシュートはゴール左へと吸い込まれた。 ▽先制に成功した札幌はさらに16分、ジェイのパスを受けた都倉がドリブルを開始。敵陣中央から強引にボックス右に侵攻してそのまま冷静にゴール左へと流し込んだ。 ▽2点差を追う鳥栖は40分、敵陣中央右でボールを持った小野がボックス内へロングボールを供給。これをファーサイドの池田が頭で折り返し、中央に走り込んだ田川がダイレクトで左足を合わせてゴールネットを揺らした。 ▽2-1で試合を折り返すと1点を追いかける鳥栖が試合を振り出しに戻す。52分、三丸からの右CKをボックス中央のキム・ミンヒョクがヘディングシュート。ゴールネットに突き刺して試合を振り出しに戻す。 ▽その後試合は2-2のまま終盤に。するとホーム最終戦を勝利で飾りたい札幌が待望の勝ち越しゴールを奪う。88分、ボックス右外でFKを獲得すると、キッカーの福森がニアサイドへのクロスを選択。これを横山が頭で合わせると、ボールはGK権田の手を弾いてゴールに吸い込まれた。 ▽勝ち越しに成功した札幌はその後、兵藤に代えて稲本を投入して試合をクローズ。3-2で逆転勝利を収めた札幌が3連勝でシーズンを終えた。 2017.12.02 16:27 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌GK杉山哲が東京ユナイテッドFCへ完全移籍「6年間本当にありがとうございました!」

▽北海道コンサドーレ札幌は12月1日、GK杉山哲(36)が東京ユナイテッドFCに完全移籍したことを発表した。 ▽2004年に鹿島アントラーズに加入した杉山は出場機会を求めて2012年に札幌に移籍。加入2年目で正GKの座を掴んだが、以降は出場機会に恵まれず、今シーズンの明治安田生命J1リーグでも出場はなかった。 ▽東京ユナイテッドへの移籍が決まった杉山は、札幌の公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、東京ユナイテッドFCに移籍することになりました。北海道での6年間、J2降格と優勝、そしてJ1昇格と残留を経験する事ができました。良い時もそうでない時も常に温かく、時には厳しく支えてくださったサポーター、ファンの皆様には本当に感謝しています」 「熊本地震の際に頂いた励ましの言葉や温かいご支援は一生忘れません!北海道で出会った全てのチームメイト、スタッフ、関係者の皆様、6年間本当にありがとうございました!」 2017.12.01 20:46 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング