北海道コンサドーレ札幌

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 札幌 8 2 2 4 8 13 -5 8

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-26
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第3節
札幌 vs 大宮
2017-04-30
15:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
磐田 vs 札幌
2017-05-03
15:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第4節
FC東京 vs 札幌
2017-05-06
13:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
札幌 vs 大宮
2017-05-14
19:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
札幌 vs G大阪

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.22
14:00
明治安田生命J1リーグ
第8節
浦和 3 - 2 札幌
2017.04.16
13:05
明治安田生命J1リーグ
第7節
札幌 1 - 1 川崎F
2017.04.12
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第2節
清水 0 - 1 札幌
2017.04.08
19:00
明治安田生命J1リーグ
第6節
札幌 2 - 1 FC東京
2017.04.02
17:00
明治安田生命J1リーグ
第5節
甲府 2 - 0 札幌

基本データ

正式名称:北海道コンサドーレ札幌

原語表記:Hokkaido Consadole Sapporo

ホームタウン:札幌市

チームカラー:レッド、ブラック、ブルーグレー

関連ニュース

thumb

札幌が粘りを見せるも浦和が“疑惑”のPKで逃げ切りに成功し首位キープ《J1》

▽22日、明治安田生命J1リーグ第8節の浦和レッズvs北海道コンサドーレ札幌が埼玉スタジアム2002で行われ、3-2で浦和が勝利した。 ▽現在5勝1分け1敗の勝ち点16で首位に立つ浦和は、前節のFC東京戦からスタメンを1名変更。菊池に変えて関根を右のワイドに配置し、興梠が1トップの位置に入る[3-4-2-1]のフォーメーションで臨んだ。一方の札幌はここまで2勝2分け1敗の勝ち点8で15位。前節の川崎フロンターレ戦からこちらも1名スタメンを変更し、内村に変えて菅を起用。[3-3-2-2]で試合に臨んだ。 ▽立ち上がりから主導権を握ったのは浦和。3分、武藤からのパスを右サイドで受けた関根がドリブル突破。クロスを上げるも、GKク・ソンユンがキャッチする。6分には、ボックス手前中央から宇賀神がミドルシュートを放つも、再びGKク・ソンユンが正面でキャッチする。 ▽札幌は11分に左CKを得ると、福森のクロスにニアサイドへ飛び込んだ宮澤がヘッド。シュートは枠に飛ぶも、GK西川がしっかりとキャッチする。 ▽14分、札幌が自陣でパスミス。これを拾った宇賀神が早めにクロスを入れると、ファーに流れたボールをフリーで関根が受け、ボックス内右からシュート。しかし、これもGKク・ソンユンがセーブする。 ▽立ち上がりから攻め立てる浦和の攻勢は止まらない。16分、柏木からのロングフィードに反応した興梠がオフサイドラインぎりぎりで抜け出すと、ボックス内で胸トラップからループシュート。前に出たGKク・ソンユンの頭上を越えていくも、これはわずかに大きく枠を捉えられない。 ▽さらに19分、遠藤のフィードをボックス内でパスを受けた関根がGKク・ソンユンと一対一に。しかし、シュートを選択せずに上がってきた興梠に戻してしまい、DFにクリアされる。それでも、これで得たCKからゴールが生まれる。柏木がゴール前にクロスを送ると、ボックス中央でラファエル・シルバが競り合うと、こぼれ球にいち早く反応し倒れ込みながらシュート。これがネットを揺らし、浦和が先制する。 ▽先制した浦和は25分にカウンターから決定機。武藤がドリブルで持ち出し、ラファエル・シルバへパス。ボックス内中央からラファエル・シルバがシュートを放つも、GKク・ソンユンにセーブされる。 ▽攻め立てる浦和だったが27分にミスからピンチを迎える。宇賀神のバックパスのズレを突き、スペースに流れたボールを都倉が追いかけるも、GK西川が大きくボックスを飛び出して何とかクリアする。 ▽徐々に攻撃のリズムが出てきた札幌は34分、一瞬の隙を突いて同点ゴールを奪う。左サイドでボールを持った田中が中央にボールを送ると、都倉の落としが浮き球になると菅がヘッド。これをオフサイドラインぎりぎりで抜けた兵藤がGK西川との一対一を冷静に沈め、同点に追いつく。 ▽追いつかれた浦和だったが、40分に勝ち越しに成功する。左サイドを仕掛けた宇賀神がクロス。これをボックス中央で興梠がどんぴしゃヘッドで合わせるも、GKク・ソンユンが素晴らしいセーブ。しかし、こぼれ球をボックス内で関根が豪快に蹴り込み、浦和が勝ち越しに成功する。 ▽浦和が1点リードで迎えた後半、最初にチャンスを作ったのは札幌。50分、都倉がボックス右でパスを受けると、対峙したDF2人の間を強引に突破。ボックス内右から左足でシュートを狙うも、枠を外れる。 ▽浦和は58分、ボックス手前でFKを得ると、柏木が直接狙うも、壁がわずかに触れて枠を外れる。60分には、ボックス内でGKク・ソンユンをかわしたラファエル・シルバが倒れ込みながらもシュート。しかし、力なくDFが処理する。 ▽73分には興梠がビッグチャンス。ラファエル・シルバのスルーパスに反応し、そのままシュート。これはGKク・ソンユンにセーブされるも、こぼれ球を拾いに行ったところで倒れるとPKの判定に。興梠自身の足がかかって倒れたように見えたが、荒木主審はPKスポットを指し、興梠がこのPKを落ち着いて決めてリードを2点とする。 ▽反撃に出たい札幌は小野を投入。小野は清水エスパルス時代以来6年ぶりの埼玉スタジアム凱旋となった。札幌は小野の投入により攻撃を活性化させると87分、ボックス手前でFKを獲得。これを福森が直接狙うと、鋭いシュートがゴール右下に決まり、札幌が1点差に迫る。 ▽同点を目指す札幌だったが、浦和がボールを握って時間を与えず。結局そのまま試合が終了し、3-2で浦和が勝利し、首位をキープした。 2017.04.22 15:56 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌MFジュリーニョが左ハムストリング肉離れで戦線離脱

▽北海道コンサドーレ札幌は16日、MFジュリーニョの負傷を発表した。 ▽クラブの発表によると、ジュリーニョは8日に行われた明治安田生命J1リーグ第6節のFC東京戦で負傷。左ハムストリング肉離れと診断された。なお、全治は明かされていない。 ▽2016年に札幌に加入したジュリーニョは、昨シーズン明治安田生命J2リーグで34試合に出場し12得点をマーク。今シーズンもここまでJ1リーグで5試合に出場し1得点を記録していた。 2017.04.17 05:21 Mon
twitterfacebook
thumb

川崎Fが小林のPK弾で先制も、札幌が都倉の4戦連発となるヘディング弾で札幌ドーム無敗継続!!《J1》

▽16日に明治安田生命J1リーグ第7節の北海道コンサドーレ札幌vs川崎フロンターレが札幌ドームで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節のFC東京戦で2-1の勝利を飾った14位の札幌(勝ち点7)が、ヴァンフォーレ甲府戦で1-1のドローに終わった5位・川崎F(勝ち点11)を迎えた。ホームの札幌は[3-5-2]で試合に入り、アウェイの川崎Fは[4-4-2]で構えることとなった。 ▽試合は川崎Fがボールを持つ展開の中、高い位置からボールを奪いとりにかかる札幌が最初のチャンスを作った。2分、中央でボールを受けた荒野が豪快に右足を振り抜くが、GKチョン・ソンリョンの正面に蹴ってしまい決めきれず。しかしこのプレーを機に、札幌がボールをつなぎながら自分たちの時間を作っていく。6分には味方からのロングボールを受けた都倉が、ボックス左に走り込んだ内村へ落とす。内村はこれをダイレクトで叩くが、シュートは枠を外してしまった。 ▽一方の川崎Fは11分に右サイドで仕掛けたハイネルがファウルを受けて、ボックス右の深い位置からFKを獲得。中村はふわりとしたボールをニアサイドに入れるが、ここは早坂が頭でクリアした。18分には左サイドからボールを運んで中央にこぼれたところを田坂がダイレクトで狙うが、GKク・ソンユンがパンチングではじき出すなど、川崎Fはこのチャンスも決めきれない。 ▽22分にも中盤でルーズボールを奪ったエドゥアルド・ネットがそのまま中央を運んでいき左足でシュートを狙うが、ここもGKク・ソンユンが立ちはだかる。26分には川崎Fが得意の細かなパス回しから中村のスルーパスにエドゥアルド・ネットが反応。こぼれた所を長谷川が押し込むがオフサイドの判定でゴールは認められなかった。 ▽劣勢だった札幌も35分に都倉がボックス手前からシュートを放つ。これが谷口に当たってコースが変わるも、右ポストを叩いてしまう。ハーフタイムにかけては札幌が相手陣内に攻め込む場面が多く見られたが、決めきることはできずに前半をゴールレスで終えた。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半、札幌は48分に内村が足を痛めてピッチに倒れ込む。するとプレー続行が不可能となり、菅との交代でベンチへと下がった。嫌な流れの札幌だったが、56分に右CKの流れからこぼれ球を宮澤が狙うなど、要所でチャンスを作り出す。川崎Fはパス本数こそ多いものの、相手陣内で崩しのバリエーションが乏しくフィニッシュに持ち込めない。66分には押し込んだ状態からこぼれたボールを、車屋がミドルレンジから狙うなど外からの攻撃が目立った。 ▽しかし72分、川崎Fが得意の細かなパス回しで中央を突破。スルーパスに反応した中村が、ボックス内で福森に倒されてPKを獲得する。このチャンスを小林が決めきり、川崎Fが遂に試合の均衡を破った。ビハインドとなった札幌は79分に田中を下げて小野を投入する。すると87分、左サイドの荒野が入れたクロスボールにゴール前の都倉が頭で合わせると、これがネットを揺らす。都倉の4試合連続ゴールで札幌が同点とした。 ▽その後は決勝点が生まれることなく、終了のホイッスル。札幌は札幌ドームで開催された4試合で無敗を継続。一方、上位進出を目指す川崎Fに取っては土壇場の遺体ポイントロスとなった。 2017.04.16 15:12 Sun
twitterfacebook
thumb

札幌がU-18所属のU-17日本代表MF井川空を2種登録

▽北海道コンサドーレ札幌は14日、U-18所属のMF井川空(17)をトップチームに2種登録したことを発表した。 ▽井川はブログレッソ十勝U-12、U-15を経て、札幌U-18に加入。U-17日本代表やU-17Jリーグ選抜などに選出されている。 2017.04.14 18:34 Fri
twitterfacebook
thumb

互いに決定機を逃し続ける中、札幌がセットプレーから進藤のヘッドで連勝を飾る!!《YBCルヴァンカップ》

▽12日にYBCルヴァンカップ2017グループA第2節の清水エスパルスvs北海道コンサドーレ札幌がIAIスタジアム日本平で行われ、1-0で札幌が勝利した。 ▽開幕節ではアウェイで柏レイソルと対戦し0-1の敗戦となった清水が、ジュビロ磐田を相手にアウェイで2-0の勝利を飾った札幌を迎えた一戦。清水は[4-4-2]のフォーメーションを採用し、札幌は古巣との対戦となった小野が先発に名を連ね[3-3-2-2]のフォーメーションで試合に入った。 ▽試合は9分、高い位置でボールを奪った立田がボックス内に侵入しシュートを放つ。これは枠を捉えきれなかったが、清水が最初のチャンスを作り出した。札幌も13分委小野が右サイドへ送ったスルーパスから、石井がクロスを上げて上原が合わせる。しかしこちらも枠を捉えきれなかった。 ▽その後は札幌がボールフォルダーに対して素早いチェックを仕掛けて主導権を握りにかかる。劣勢の清水も、サイドに起点を作りながら攻め込んでいく。38分には右サイドの村田がアーリークロスを入れてミチェル・デュークが合わせるが決めきれず。結局前半はゴールレスで終えた。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半、先に仕掛けたのは札幌で、48分に右サイドの小野が入れたクロスに宮澤が頭で合わせる。しかしボールはファーポストを掠めて外れた。清水も50分に右サイドでFKを得ると、チアゴ・アウベスが壁の下を通すグラウンダーのシュートを狙うが、GKク・ソンユンが何とかはじき出した。清水は54分にも左CKの流れから折り返しの浮き球をビョン・ジュンボンが頭で合わせる。しかしライン上の札幌の選手に当ててしまい、このチャンスも活かせなかった。 ▽劣勢の札幌は57分に宮澤を下げて横山を投入して流れを変えにかかる。清水も61分にサイドで起点となっていた村田を下げて、枝村を送り出すなどお互いに選手を入れ替えながら先制点を目指す。すると67分に清水は、ボックス内でこぼれ球に反応した平墳がループで狙う。これはGKに止められ、こぼれ球をチアゴ・アウベスが狙うが、ここもブロックされた。 ▽札幌は71分、左CKからキム・ミンテが頭で合わせると、GK植草は内村と交錯してボールをはじき出せずそのままネットを揺らす。札幌の先制かと思われたが、内村は完全にGK植草をブロックしておりファウルの判定で得点は認められなかった。札幌は75分にもボックス右に運び出した上原がニアサイドを狙うが、GK植草がセーブする。 ▽しかし81分、左CKを獲得した札幌は進藤が頭で合わせると、ついにこれがネットを揺らして札幌が先制に成功する。追いかける展開となった清水は83分に立田を下げて松原を送り出す。札幌は86分に内村を下げて都倉を送り出した。 ▽試合終盤は追いかける清水が攻め込む時間が増えるも、札幌がうまく時間を使って終了のホイッスル。勝利した札幌は2連勝を飾り、敗れた清水は2連敗となった。 2017.04.12 20:57 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング