鹿島アントラーズ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 鹿島 15 5 0 3 10 8 2 8

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-30
16:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
鹿島 vs 鳥栖
2017-05-04
14:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
浦和 vs 鹿島
2017-05-10
19:00
ACL2017グループE
第6節
鹿島 vs ムアントン
2017-05-14
14:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
鹿島 vs 神戸
2017-05-19
19:00
明治安田生命J1リーグ
第12節
鹿島 vs 川崎F

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.26
19:30
ACL2017グループE
第5節
蔚山現代 0 - 4 鹿島
2017.04.22
15:00
明治安田生命J1リーグ
第8節
鹿島 0 - 3 磐田
2017.04.16
19:00
明治安田生命J1リーグ
第7節
仙台 1 - 4 鹿島
2017.04.12
18:00
ACL2017グループE
第4節
ブリスベン・ロアー 2 - 1 鹿島
2017.04.08
15:00
明治安田生命J1リーグ
第6節
鹿島 0 - 1 C大阪

基本データ

正式名称:鹿島アントラーズ

原語表記:KASHIMA Antlers

ホームタウン:鹿嶋市、神栖市、潮来市、鉾田市、行方市

チームカラー:ディープレッド

関連ニュース

thumb

7月にドルトムトとセビージャが来日!「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ」として鹿島、浦和と対戦!

▽Jリーグは27日、2016年の明治安田生命J1リーグ王者の鹿島アントラーズと、YBCルヴァンカップ王者の浦和レッズがヨーロッパの強豪クラブと対戦する「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」の開催を発表した。 ▽「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」はJリーグが海外の強豪クラブを招へいし、J1クラブと対戦する「Jリーグインターナショナルシリーズ」として開催。今回はドルトムントとセビージャが来日し、ドルトムントは浦和と、セビージャは鹿島と対戦する。 ▽浦和vsドルトムントは7月15日(土)に埼玉スタジアム2002にで開催。鹿島vsセビージャは7月22日(土)に県立カシマサッカースタジアムで行われる。キックオフ時間などは未定となっている。 2017.04.27 18:16 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島のACLラウンド16進出決定により、J1第12節の鹿島vs川崎F、第13節のG大阪vs鹿島の日程が決定《J1》

▽Jリーグは27日、明治安田生命J1リーグ第12節の鹿島アントラーズvs川崎フロンターレ、第13節のガンバ大阪vs鹿島アントラーズの試合開催日決定を発表した。 ▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場しているチーム同士の対戦カードだが、26日に鹿島のラウンド16進出が決定。これにより、試合開催日が決定した。 ▽第12節の鹿島vs川崎Fは当初の予定通り5月19日(金)の19時から県立カシマサッカースタジアムで行われる。また、第13節のG大阪vs鹿島は、日程が変更され7月5日(水)の19時から市立吹田サッカースタジアムで行われる。 2017.04.27 10:13 Thu
twitterfacebook
thumb

敵地で勝負強さ光った鹿島、後半4発で蔚山現代を撃破…他会場の結果次第で決勝T進出確定《ACL2017》

▽鹿島アントラーズは26日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のグループE第5節で蔚山現代(韓国)のホームに乗り込み、4-0の勝利を収めた。 ▽2勝2敗の勝ち点6で2位に位置する鹿島。他の結果次第も絡んでくるが、勝利した上で、他会場の結果次第で決勝トーナメント進出の可能性がある今節は、勝ち点4で3位の蔚山現代とのアウェイゲームに挑む。 ▽石井監督は、先週末に行われた明治安田生命J1リーグ第8節のジュビロ磐田戦でベンチスタートだったMFレオ・シルバらを先発起用。盤石のメンバーで6年ぶりの決勝トーナメント進出を目指した。 ▽敵地での一戦だけに、伝統の堅い守りから攻撃のリズムを作り出していきたい鹿島。しかし、今節敗れればグループステージ敗退の蔚山現代が立ち上がりから前に圧をかけてきたことで守勢の展開となる。 ▽半ば以降も攻守の切り替えの部分で相手を下回る鹿島。なかなか攻撃の形を作り出せない中、35分には永木がミドルレンジからシュートを放つが、GKに処理されてしまう。 ▽その後も苦しい展開を強いられた鹿島は、43分にセットプレーのチャンス。キッカーの永木が右足で送った鋭いクロスから山本が頭でゴールを狙うが、相手GKに阻まれた。 ▽ゴールレスで試合を折り返した鹿島は、その後半から反撃開始。すると、52分に均衡を破る。ボックス左から土居が放ったシュートはGKに弾かれたものの、金崎がこぼれ球に詰め切った。 ▽敵地でリードに成功した鹿島はわずか2分後、イ・キジェのミスを見逃さなかったペドロ・ジュニオールがボールを奪取。ドリブルでボックス内に侵攻したペドロ・ジュニオールのシュートが決まった。 ▽2点リードの鹿島は再び相手に押し込まれ始めるが、67分に相手GKのキックミス拾った金崎が豪快にゴールネットに蹴り込み、チーム3点目。勝利を大きく手繰り寄せた。 ▽さらに、試合終了間際には途中出場のレオ・シルバの強烈なミドルシュートがクロスバーの内側を叩きながらそのままゴールラインを割り、ダメ押しの4点目。鹿島が敵地で4発快勝を収めた。 ▽この結果、他会場で行われるムアントン・ユナイテッド(タイ)がブリスベン・ロアー(オーストラリア)に引き分け以上の結果を手にすれば、鹿島のグループステージ突破が決定する。 2017.04.26 21:33 Wed
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第7節】揃って500試合出場の曽ヶ端&小笠原に圧巻ゴールの西と鹿島から最多3名が選出

▽明治安田生命J1リーグ第7節の全9試合が16日に開催された。超WS編集部が第7節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第7節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:曽ヶ端準 DF:西大伍、中澤佑二、富澤清太郎、原輝綺 MF:江坂任、小笠原満男、ムサエフ、倉田秋 FW:杉本健勇、都倉賢 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">曽ヶ端準</span>(鹿島アントラーズ/初) ▽今季2試合目の出場でJ1通算500試合出場を達成。CKから1失点も、安定したプレーを披露した DF<span style="font-weight:700;">西大伍</span>(鹿島アントラーズ/初) ▽チームに落ち着きをもたらせるプレー、機を見たオーバーラップと攻守に活躍。ドリブル突破から沈めたゴールは圧巻 DF<span style="font-weight:700;">中澤佑二</span>(横浜F・マリノス/初) ▽FKをボレーで合わせて今季初ゴール。守備でもFW工藤壮人を封じ込め完封勝利に貢献 DF<span style="font-weight:700;">富澤清太郎</span>(アルビレックス新潟/初) ▽最終ラインを統率し、粘り強い守備で無失点に貢献。ルーキー原のゴールもアシスト DF<span style="font-weight:700;">原輝綺</span>(アルビレックス新潟/初) ▽高卒新人ながら開幕からスタメン出場を続け7節でプロ初ゴール。守備でも完封勝利を呼び込む MF<span style="font-weight:700;">江坂任</span>(大宮アルディージャ/初) ▽昨季8発とブレイクも今季は苦しみ7戦目で初ゴール。立ち上がりから積極的に攻撃陣を牽引し、初勝ち点獲得に貢献した MF<span style="font-weight:700;">小笠原満男</span>(鹿島アントラーズ/初) ▽同期の曽ヶ端と揃ってJ1通算500試合出場を達成。メモリアルゲームでも自身の持ち味である汚れ役に徹し、攻守でカギを握った MF<span style="font-weight:700;">ムサエフ</span>(ジュビロ磐田/初) ▽試合を通して攻守にわたって穴埋めを完遂し、土壇場での逆転勝利を呼び込む豪快ミドル弾を記録 MF<span style="font-weight:700;">倉田秋</span>(ガンバ大阪/初) ▽守備面で苦しむ場面も見られたが、古巣でもあるセレッソ大阪とのダービーで劇的同点弾を記録 FW<span style="font-weight:700;">杉本健勇</span>(セレッソ大阪/初) ▽得点を欲していたストライカーが3年ぶりの大阪ダービーで殊勲の2ゴール FW<span style="font-weight:700;">都倉賢</span>(北海道コンサドーレ札幌/2度目) ▽ホームで4戦連発とエースの仕事を果たす。都倉が決めれば負けない札幌の神話は続くか 2017.04.17 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿島のGK曽ヶ端準、MF小笠原満男の同期入団が揃って500試合出場を達成!

▽鹿島アントラーズのGK曽ヶ端準(37)、MF小笠原満男(38)がJ1通算500試合出場を達成した。 ▽曽ヶ端、小笠原は、16日に行われた明治安田生命J1リーグ第7節のベガルタ仙台戦に先発出場。同期の2選手が揃って500試合出場を達成している。 ▽曽ヶ端は地元・茨城県鹿嶋市出身で、鹿島ユースから1998年にトップチーム昇格。小笠原は岩手県盛岡市出身で、同じ1998年に大船渡高校から鹿島に加入した。 ▽曽ヶ端は1999年5月8日のJ1・1stステージ第12節のアビスパ福岡戦で初出場を記録。小笠原は曽ヶ端より約1年早い1998年4月15日のJ1・1stステージ第6節のガンバ大阪戦で初出場を果たした。 ▽曽ヶ端は鹿島一筋でプレーを続けているものの、小笠原は2006年8月から2007年6月までセリエAのメッシーナでプレー。鹿島の所属期間に差がありながらも、同時に500試合出場達成となった。 ▽なお、最多出場は名古屋グランパスのGK楢崎正剛で631試合出場となっている。 <span style="font-weight:700;">◆J1 500試合出場達成者</span> 1:楢崎正剛(名古屋グランパス)/631試合 2:遠藤保仁(ガンバ大阪)/544試合 2:中澤佑二(横浜F・マリノス)/544試合 4:伊東輝悦(アスルクラロ沼津)/517試合 5:阿部勇樹(浦和レッズ)/510試合 6:山田暢久(浦和レッズ)/501試合 7:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">小笠原満男</span>(鹿島アントラーズ)/500試合 7:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">曽ヶ端準</span>(鹿島アントラーズ)/500試合 2017.04.16 21:43 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング