超ワールドサッカー

ヴォルフスブルク

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 ヴォルフスブルク 37 10 7 17 34 52 -18 34

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.20
22:30
ブンデスリーガ
第34節
ハンブルガーSV 2 - 1 ヴォルフスブルク
2017.05.13
22:30
ブンデスリーガ
第33節
ヴォルフスブルク 1 - 1 ボルシアMG
2017.05.06
22:30
ブンデスリーガ
第32節
フランクフルト 0 - 2 ヴォルフスブルク
2017.04.29
25:30
ブンデスリーガ
第31節
ヴォルフスブルク 0 - 6 バイエルン
2017.04.22
22:30
ブンデスリーガ
第30節
ヘルタ・ベルリン 1 - 0 ヴォルフスブルク

基本データ

正式名称:VfLヴォルフスブルク

原語表記:VfL Wolfsburg Football Club

愛称:ヴォルフス

創立:1945年

ホームタウン:ヴォルフスブルク

チームカラー:緑

関連ニュース

thumb

酒井が決勝点の起点!! ハンブルガーSVがヴォルフスブルクとの残留争いを制して1部残留を決める!!《ブンデスリーガ》

▽20日にブンデスリーガ最終節のハンブルガーSVvsヴォルフスブルクが行われ、2-1でハンブルガーSVが勝利し逆転でブンデスリーガ残留を決めた。日本代表DF酒井高徳は右サイドバックとしてフル出場を果たし、決勝点の起点となった。 ▽最終節でブンデスリーガ残留を決めたい昇格・降格プレーオフ圏内の16位・ハンブルガーSVが、15位につけるヴォルフスブルクと対戦。勝ったほうが残留を決められる大事な一戦を迎えた。 ▽試合の入りは、順位で上に立つアウェイのヴォルフスブルクが攻勢に出る。10分には自陣からのロングボールを受けたゴメスがブワシュチコフスキのパスに抜け出してシュートを放つが、GKマゼニアが触って決めきれない。 ▽その後もヴォルフスブルクがハンブルガーSV陣内でボールを持つ場面が多く見られるが、単調な攻撃からフィニッシュの形を作れず。対するハンブルガーSVは、ビルドアップでのエラーが目立ち、パスを3本、4本と繋ぐことができずに相手陣内へ攻め込むことができない。 ▽22分には右CKのこぼれ球を拾ったブワシュチコフスキが右足を振り抜く。枠を捉えた強烈なシュートだったが、GKマゼニアが再び好セーブを見せた。しかし23分、右サイドからのクロスにクノッヘが頭で合わせると、これがゴールマウスに吸い込まれてヴォルフスブルクが勢いのままに先制した。 ▽しかし勝たなければいけないハンブルガーSVも32分、高い位置でボールを奪うと、ホルトビーが浮かせたボールにコスティッチが合わせる。最初のビッグチャンスでハンブルガーSVが同点とした。 ▽追いついた後のハンブルガーSVは、相手陣内で試合を進めていくがフィニッシュまで持ち込めず。結局前半は1-1のドローで終えた。 ▽ヴォルフスブルクは前半終了間際に負傷したブワシュチコフスキに変えてヴィエイリーニャを投入。すると47分にそのヴィエイリーニャが強烈なミドルシュートを放つが、この試合で当たっているGKマゼニアが止めた。 ▽その後はお互いに停滞していくも、63分にヴォルフスブルクはボックス内へのクロスボールをゴメスがバイシクルで合わせる。しかしハンブルガーSVも体を張ってこのシュートをブロックした。そのハンブルガーSVも73分にゴール正面からやや左のいちでFKを獲得。グレゴリッチュが直接狙うが、ボールは壁を越えるもGKの正面を突いてしまった。 ▽このまま引き分ければ残留が決まるヴォルフスブルクだが、76分にユングが太もも裏を痛めてプレー続行が不可能となるアクシデント。オシムヘンとの交代を余儀なくされた。 ▽試合終盤は勝たなければいけないハンブルガーSVが押し込んでいくも、シュートまで持ち込めない。ヴォルフスブルクもマイボール時にキープに入り時間を進める。しかし88分、酒井のロングフィードから左サイドのコスティッチがライン側でボールを納めてクロス。最後はワルドシュミットが頭で押し込んで逆転に成功した。 ▽こうなると攻守は入れ替わり、ヴォルフスブルクが前への圧力を強める。GKも上げてパワープレーに出たヴォルフスブルクだったが、残された時間でゴールを奪うことはできずに試合は終了。逆転勝利したハンブルガーSVがブンデスリーガ残留を決め、敗れたヴォルフスブルクが昇格・降格プレーオフに回った。 2017.05.21 00:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルクのゴメス「ユースがトップと戦うほどの差」大敗した古巣バイエルン戦を悔やむ

現地時間29日、ブンデスリーガ第31節でヴォルフスブルクはバイエルンに0-6で大敗を喫した。この結果、バイエルンはリーグ5連覇を達成した一方で、ヴォルフスブルクは勝ち点33に留まり14位。降格圏の16位まで暫定で勝ち点差1と、1部残留に向けて不安を残す状態となっている。<br><br>ヴォルフスブルクのマリオ・ゴメスにとっては、自らの古巣であるバイエルン戦での大敗は耐え難い結果だったようだ。試合後、「バイエルンが強いことは僕がよく知っている。ただ、その中で少しでも一矢報いることができるよう頑張っていたけど、先制ゴールを決められてから、一気に崩れてしまった」と発言。<br><br>ゴメスは「彼らは勢い付いたら手がつけられなくなり、僕らは降参するしかなかった。まるでユース選手がトップチームと戦うような感じだった」と続け、バイエルンとの力の差は、ユースチームとトップチームほどの差があったと語っている。<br><br>かつてリーグ得点王に輝いたこともあるゴメスは2009年から2013年まで、4シーズンバイエルンでプレー。フィオレンティーナ、ベジクタシュを渡り歩き、今シーズンはヴォルフスブルクに在籍し、ここまでリーグ戦14ゴールを記録していた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.30 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

今季限りで引退のラーム、自身9度目のブンデス制覇に「バイエルンは優勝に値する」

▽リーグ制覇を達成したバイエルンの元ドイツ代表DFフィリップ・ラームが、ヴォルフスブルク戦を振り返り、バイエルンが優勝に値すると主張している。 ▽バイエルンは29日、ブンデスリーガ第31節のヴォルフスブルク戦を6-0で大勝し、27度目のブンデスリーガ優勝、前人未到の5連覇を達成した。 ▽11才の頃からバイエルンの下部組織で育ち、2002-03シーズンにトップチームへ昇格して以降、2003-04シーズンからの2年間に渡るシュツットガルトへのレンタル移籍を除いて常にバイエルン一筋でプレーしてきたラーム。今シーズン限りでの引退を発表し、自身9度目のリーグ制覇で有終の美を飾った同選手は、クラブの公式サイトに以下のようにコメントした。 「このチームは優勝に値するよ。3試合を残してブンデスリーガを制覇することは当たり前のことではない。常に優勝を目指して突き進んできたから達成できたことなんだ」 「立ち上がりにヴォルフスブルクは強さを見せてきた。彼らは堅いディフェンスからカウンターを仕掛けて、僕たちにプレッシャーをかけてきたんだ。そして、彼らはいくつかのチャンスを作り出した」 「僕たちは獲るべき時にしっかりとゴールを奪った。このゴールがチームを勢いづかせたんだ。そうなった僕たちを止めることはとても難しいことだよ」 2017.04.30 06:21 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスを圧倒したバイエルンが27度目のリーグ制覇で前人未到の5連覇達成!!《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは29日、ブンデスリーガ第31節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、6-0で大勝した。 ▽前節のマインツ戦を2-2で引き分け、2戦連続ドローとなった首位バイエルン(勝ち点70)が残留争い中の14位ヴォルフスブルク(勝ち点33)の本拠地フォルクスワーゲン・アレーナに乗り込んだ。直近のDFBポカール準決勝でドルトムントに2-3で敗れ、決勝進出を逃したバイエルンは、その一戦から先発メンバーを3人変更。ビダルとシャビ・アロンソ、リベリに代えてキミッヒとコマン、ミュラーを起用した。 ▽直前に行われた2位RBライプツィヒ(勝ち点62)と17位インゴルシュタット(勝ち点28)の一戦が引き分けに終わったため、今節勝利すれば優勝が決定するバイエルンは、立ち上がりから積極的に敵陣へと迫る。9分、ボックス左外でパスを受けたレヴァンドフスキが切り返しから鋭いクロス。これにミュラーが飛び込むもわずかに右足は届かず。 ▽序盤から攻勢に出るバイエルンは前半半ばに差し掛かると、セットプレーから先制する。19分、ボックス手前やや右でFKを獲得すると、キッカーのアラバが左足を振り抜く。これがゴール右隅を捉えると、GKカスティールスの左手を弾いてゴールに吸い込まれた。 ▽リーグ制覇に向けて良い形で試合を進めるバイエルンは、ヴォルフスブルクを攻め立てる。21分、相手最終ラインでのチェイシングからボックス手前でレヴァンドフスキがボールを奪うと、右足でシュート。ボックス左へこぼれたボールをミュラーが左足でプッシュするも2度のシュートはGKカスティールスに阻まれる。 ▽追加点のチャンスを逃したバイエルンは、その後ヴォルフスブルクの反撃に遭う。31分、ボックス手前でゲルハルトがバズールを経由してアーノルドにつなぐと、ボックス右手前からシュートを許すも、ゴール左に外れる。 ▽ピンチを脱したバイエルンはカウンターから追加点。37分、左サイドを突破したアラバがボックス左にスルーパスを送ると、走り込んだミュラーがボックス手前に落とす。これを受けたレヴァンドフスキが右足を振り抜くと、ゴール右隅へ突き刺した。 ▽リードを広げたバイエルンは45分にも、左サイドでパスを受けたアラバが縦への仕掛けからクロスを供給すると、これをボックス中央で収めたレヴァンドフスキが左足でゴール右隅へ流し込んだ。 ▽前半だけで3得点を奪い優勝を大きく手繰り寄せたバイエルンは、とどめを刺しにかかる。48分、ボックス左でパスを受けたアラバが左足で放ったシュートはクロスバーを直撃。さらに55分には、敵陣中央でのリスタートからボックス左のコマンがシュートを放つなど、攻撃の手を緩めない。 ▽すると66分、右サイドでパスを受けたロッベンがドリブルから密集地帯を強引にカットイン。左足を振り抜いてニアサイドを射抜いた。 ▽78分にグスタボが2枚目のイエローカードで退場すると、数的優位になったバイエルンがプレー再開から一気に畳みかける。80分、リスタートからキミッヒがボックス右に浮き球のパスを送ると、走り込んだレヴァンドフスキがシュート。これが右ポストに直撃し、ボックス中央に転がると詰めていたミュラーが左足で押し込んだ。 ▽大量リードを奪ったバイエルンは85分にも、ロッベンのクロスからゴール前右に走り込んだキミッヒが冷静に沈めて6点目。最後まで攻勢を続けヴォルフスブルクを粉砕したバイエルンが27度目のブンデスリーガ優勝、前人未到の5連覇を達成した。また、バイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は、これでセリエA、プレミアリーグ、リーグ・アンに次ぐ4カ国目のリーグタイトルを獲得した。 2017.04.30 03:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルクがU-20ドイツ代表DFホルンとの契約を2021年まで延長

▽ヴォルフスブルクは4日、U-20ドイツ代表DFヤネス・ホルン(20)との契約を2021年6月30日まで更新したことを発表した。 ▽J・ホルンは、2008年にヴォルフスブルクに入団。ユースやU-17、U-19と着実にキャリアを積み、昨年7月にトップチームへと昇格。今シーズンは左サイドバックとして、すでにブンデスリーガで9試合に出場している。また、世代別のドイツ代表を経験し、U-20ドイツ代表として2試合に出場していた。 ▽今回の契約延長についてJ・ホルンは「チームの為にプレーし続けることはとても嬉しいよ。正しいレールに乗っていると思うけど、僕は我慢強いし、加速し続けなければいけないと思っている」とコメント。また、目標についても「もちろん目標はチームにとって不可欠な存在になることだ」と語り、今後もヴォルフスブルクでプレーし続けたいことを明かした。 2017.04.05 12:09 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング