ヴォルフスブルク

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 ヴォルフスブルク 35 10 5 7 35 30 5 22
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-02-23
23:30
ブンデスリーガ
第23節
ボルシアMG vs ヴォルフスブルク
2019-03-03
26:00
ブンデスリーガ
第24節
ヴォルフスブルク vs ブレーメン
2019-03-09
23:30
ブンデスリーガ
第25節
バイエルン vs ヴォルフスブルク
2019-03-16
23:30
ブンデスリーガ
第26節
ヴォルフスブルク vs デュッセルドルフ
2019-03-30
23:30
ブンデスリーガ
第27節
ドルトムント vs ヴォルフスブルク
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.02.16
23:30
ブンデスリーガ
第22節
ヴォルフスブルク 3 - 0 マインツ
2019.02.09
23:30
ブンデスリーガ
第21節
フライブルク 3 - 3 ヴォルフスブルク
2019.02.06
26:30
DFBポカール
3回戦
ライプツィヒ 1 - 0 ヴォルフスブルク
2019.02.02
23:30
ブンデスリーガ
第20節
ヘルタ・ベルリン 0 - 1 ヴォルフスブルク
2019.01.26
23:30
ブンデスリーガ
第19節
ヴォルフスブルク 0 - 3 レバークーゼン
基本データ

正式名称:VfLヴォルフスブルク

原語表記:VfL Wolfsburg Football Club

愛称:ヴォルフス

創立:1945年

ホームタウン:ヴォルフスブルク

チームカラー:緑

関連ニュース
thumb

香川真司とともにブンデス連覇を経験、ブワシュチコフスキが古巣のヴィスワ・クラクフへ加入

ヴォルフスブルクを退団したポーランド代表MFヤクブ・ブワシュチコフスキ(33)が、古巣のヴィスワ・クラクフへと復帰した。背番号は「16」。契約期間は今シーズン終了までとなっている。 “クバ”の相性で知られるブワシュチコフスキは、2005年1月から2007年7月までヴィスワ・クラクフでプレーすると、2007年7月にドルトムントへと完全移籍。右サイドのスペシャリストとして主力を担い、MF香川真司らとともに2010-11シーズン、2011-12シーズンのブンデスリーガ連覇に貢献していた。 ドルトムントでは公式戦通算253試合に出場し32得点を記録するなどチームを支えてきたが、トーマス・トゥヘル体制で構想外となると、2015年にフィオレンティーナへとレンタル移籍。そして、2016年夏には3年契約でヴォルフスブルクに完全移籍した。 ヴォルフスブルクでは加入1年目こそリーグ戦28試合に出場したが、以降は大幅に出場機会を減らし、今季はリーグ戦とDFBポカールの2試合にいずれも途中出場で10分ほどプレーしただけだった。 なお、ヴィスワ・クラクフでは、公式戦62試合に出場し2ゴールを記録していた。 2019.02.10 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

シャルケ、ヴォルフスブルクのオランダ代表DFブルマをレンタルで獲得

シャルケは1月31日、ヴォルフスブルクのオランダ代表DFジェフリー・ブルマ(27)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 屈強なフィジカルを武器とするセンターバックのブルマは、チェルシーでプロデビュー後、ハンブルガーSVやPSVで活躍。2016年6月にヴォルフスブルクに移籍し、在籍2シーズン半で公式戦35試合に出場していた。しかし、今季は出場機会がない状況だった。 シャルケでは昨季までの守備の要だったブラジル人DFナウドがこの冬にモナコへ移籍していた。 2019.02.01 02:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、ブワシュチコフスキとの契約解消を発表!

ヴォルフスブルクは3日、ポーランド代表MFヤクブ・ブワシュチコフスキ(33)と双方合意の下で契約を解消したことを発表した。 2007年に母国のヴィスワ・クラクフからドルトムントに加入したブワシュチコフスキは、右サイドのスペシャリストとして主力を担い、2010-11シーズン、2011-12シーズンのブンデスリーガ連覇に貢献していた。 ドルトムントでは公式戦通算253試合に出場し32得点を記録するなどチームを支えてきたが、トーマス・トゥヘル体制で構想外となると、2015年にフィオレンティーナへとレンタル移籍。そして、2016年夏には3年契約でヴォルフスブルクに完全移籍した。 ヴォルフスブルクでは加入1年目こそリーグ戦28試合に出場したが、以降は大幅に出場機会を減らし、今季はリーグ戦とDFBポカールの2試合にいずれも途中出場で10分ほどプレーしただけだった。 なお、同選手の新天地に関しては古巣ヴィスワ・クラクフの名前などが挙がっているものの、現時点で有力なものではないようだ。 2019.01.04 03:34 Fri
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、リーグ戦8試合ぶり黒星《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは2日、ブンデスリーガ第13節でヴォルフスブルクをホームに迎え、1-2で敗戦した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽前節アウグスブルク戦を3-1と快勝し、リーグ戦ここ7試合で6勝目を挙げた絶好調の3位フランクフルト(勝ち点23)は、長谷部が引き続き3バックの中央で先発となった。 ▽9位ヴォルフスブルク(勝ち点15)に対し、慎重な入りを見せたフランクフルトは9分にPKを獲得しかける。ボックス左に侵入しかけたレビッチがウィリアムに蹴られて倒されPKの判定となるも、VARによってボックス外と判定されFKに変更となった。 ▽先制のチャンスを逸したフランクフルトだったが、左サイドのコスティッチのドリブルを起点に打開を図ると14分、そのコスティッチの左クロスにデ・グズマンがダイレクトで合わせたシュートが右ポストを直撃した。 ▽チャンスを生かせなかったフランクフルトは27分、ディフェンスライン背後を取ってボックス左に侵入したヴェグホルストにバー直撃のシュートを許すと、31分に失点する。ギンチェクのパスを受けたボックス左のメーメディにシュートを決められた。 ▽ハーフタイムにかけてはフランクフルトがボールを持つ展開となったが、チャンスは生み出せずに前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半、思うように攻撃を仕掛けられないフランクフルトは55分、FKからブルックスに決定的なヘディングシュートを許してしまう。 ▽流れの悪いフランクフルトは63分に2枚代えを敢行。デ・グズマンとジェルソン・フェルナンデスに代えてガシノビッチとヴィレムスを投入した。 ▽すると67分にはアラーがネットを揺らすも、ラストパスを出したダ・コスタがオフサイドでノーゴールに。 ▽そして直後の68分、痛恨の追加点を献上する。ガシノビッチのボールロストから左サイドを侵攻され、ギンチェクにボレーシュートを決められた。 ▽終盤にかけて2点を追うフランクフルトが攻勢に出ると、87分に1点を返す。中央からのFKをボックス左のアラーがヘッドで中へ折り返すと、最後はヨビッチが蹴り込んだ。 ▽しかし、反撃はここまで。フランクフルトは1-2で敗戦し、リーグ戦8試合ぶりの黒星となっている。 2018.12.03 03:58 Mon
twitterfacebook
thumb

原口途中出場のハノーファーが今季2勝目!ヴォルフスブルクの猛攻受けるも逃げ切りに成功!《ブンデスリーガ》

▽ハノーファーは9日、ブンデスリーガ第11節でヴォルフスブルクと対戦し、2-1で勝利した。 ▽ここまで僅か1勝のハノーファー。順位は下から3番目の16位で苦しい状況が続いている。シャルケと対戦した前節は後半に一度追いついたものの、その後2失点を喫してリーグ3連敗となった。今節は公式戦4試合連続で先発出場していた原口はベンチスタート。浅野は太もものケガでベンチ外となった。 ▽守備から入ったハノーファー、12分にゴール正面からFKを獲得しベブが直接狙っていく。だが、それでも守勢を強いられるハノーファーは19分に、左サイドを突破されマリにゴールを許してしまう。ところが、その後のVARで、直前にヴォルフスブルクのゲルトハルトがハンドをしていたことが分かり、ゴールは取り消しになった。 ▽ほっとしたのも束の間、20分にはスルーパスからギンチェクにゴール前に迫られ危険なシーンに。しかし、ここはコルブがしっかり対応。シュートを打たせなかった。 ▽ピンチの後にはチャンスあり。31分に攻撃に転じたハノーファーはベブがボックス手前右から味方からのパスをワンタッチでクロスにつなげると、これをマイナが左足でボレーで合わせゴール。ハノーファーが先制に成功した。 ▽さらに35分にはドリブルでDFを躱したベブがGKと一対一のビッグチャンスを迎えるも、シュートはGKカスティールスが足に当てて枠の外に弾いた。 ▽迎えた後半、1点リードのハノーファーはヴォルフスブルクの猛攻に遭う。まずは51分、。ヴォルフスブルクはゴール正面からアーノルドがブレ球FKを放つ。GKエッサーが弾いたボールをさらに押し込みにかかるが、ハノーファーが何とかクリア。53分には左サイドバックのルシヨンが味方とのワンツーでシュートに持ち込むが、ここもGKエッサーが防ぐ。 ▽さらにピンチは続く。ヴォルフスブルクは55分にも、途中出場のブレカロがボックス左から切り込んでシュートに持ち込む。ピンチを乗り切ったハノーファーはワンチャンスをモノにする。 ▽63分、ロングボールで相手と入れ替わったウッドの横パスを受けたバカロルツがペナルティエリアでウィリアムに倒されPKを獲得これをベブが決めてリードを2点に広げた。 ▽これで余裕が出来たハノーファーだが82分、相手の右CKからヘディングシュートを許すとこれをGKがファインセーブ。しかし、こぼれ球にいち早く反応したウィリアムをバカロルツが倒してしまいPKを献上。これをェグホルストに決められ点差を縮められてしまった。 ▽すると87分、ハノーファーはウッドを下げて原口を投入。逃げ切りを図る。 ▽その後は互いにゴールに迫る場面があったものの、試合は2-1で終了。ハノーファーはリーグ戦2勝目手にした。 2018.11.10 06:28 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング