ヴェローナ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 ヴェローナ 25 7 4 22 26 65 -39 33

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-04-23
27:45
セリエA
第34節
ジェノア vs ヴェローナ
2018-04-29
22:00
セリエA
第35節
ヴェローナ vs SPAL
2018-05-05
25:00
セリエA
第36節
ミラン vs ヴェローナ
2018-05-13
22:00
セリエA
第37節
ヴェローナ vs ウディネーゼ
2018-05-21
27:45
セリエA
第38節
ユベントス vs ヴェローナ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.04.18
27:45
セリエA
第33節
ヴェローナ 0 - 1 サッスオーロ
2018.04.15
22:00
セリエA
第32節
ボローニャ 2 - 0 ヴェローナ
2018.04.08
22:00
セリエA
第31節
ヴェローナ 1 - 0 カリアリ
2018.04.04
24:00
セリエA
第27節
ベネヴェント 3 - 0 ヴェローナ
2018.03.31
22:00
セリエA
第30節
インテル 3 - 0 ヴェローナ

基本データ

正式名称:エラス・ヴェローナ

原語表記:Hellas Verona

愛称:ジアロブル

ホームタウン:ヴェローナ

チームカラー:青と黄

関連ニュース

thumb

イカルディの電光石火弾含むドッピエッタなどでインテルが3発快勝! ダービーに弾み《セリエA》

▽インテルは3月31日、セリエA第30節でヴェローナをホームに迎え、3-0で快勝した。 ▽前節サンプドリア戦をイカルディの4発などで圧勝して4位に浮上したインテル(勝ち点55)は、来週水曜日にミランとのダービーを控える中、サンプドリア戦同様のスタメンを送り出した。 ▽19位ヴェローナ(勝ち点22)に対し、インテルは開始36秒に先制する。ペリシッチのスローインでディフェンスライン裏を取ったイカルディがボックス中央に侵入。難なくGKとの一対一を制した。 ▽先制後も攻勢に出るインテルは、12分に追加点のチャンス。ラフィーニャが左サイドを突破して送ったクロスにガリアルディーニが左足ダイレクトでシュート。しかし、枠の上に外してしまった。 ▽それでも13分、ブロゾビッチのロングフィードでボックス左に抜け出したペリシッチが胸トラップからシュート。左ポスト内側に当たったシュートがゴールに吸い込まれ、インテルが追加点を奪いきった。 ▽その後もハーフコートゲームを展開したインテルが2点をリードしたまま試合を進めると、後半開始4分に決定的な3点目を奪った。 ▽フェラーリからボールを奪ってショートカウンターに転じ、ボックス左深くまでえぐったペリシッチのクロスをファーサイドのイカルディがスライディングシュートで流し込んだ。 ▽イカルディのドッピエッタでリードを広げたインテルは、ミラノ・ダービーを見据えてイカルディをお役御免とし、エデルを投入する。 ▽そのインテルは72分にファレスに左ポスト直撃のシュートを浴びせられるも、終盤にかけてもガリアルディーニのヘディングシュートやカンドレーバのコントロールシュートでゴールに迫り、快勝ムードのまま3-0で終了。2連勝とし、ダービーに向けて勢いを付けている。 2018.04.01 00:03 Sun
twitterfacebook
thumb

セリエAの夢やぶれて転落人生…元ヴェローナユースの若手が国外追放

▽セリエAを夢見ていた少年が、テロ行為の疑いでイタリアから国外追放となった。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』などが伝えた。 ▽その若者はマメ・フィリー・サール。セネガル出身の21歳だ。彼は2014年から15年にかけてエラス・ヴェローナのプリマヴェーラでプレーしていた元選手。その若者が16日夜、警察に連れられてミラノ・マルペンサ空港からセネガルに強制送還となった。 ▽マメ・フィリー・サールはここ数週間、当局の監視対象だった。その結果、銃器や化学物質を所有していることが確認されたという。彼は過去にも問題を起こしていた。刃渡り30センチメートルのナイフを持ってヴィチェンツァの宝石店に押し入ったため告訴されている。 2018.03.17 22:27 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴェローナ、今季20試合に出場しているMFヴァロティと2021年まで契約延長

▽ヴェローナは21日、イタリア人MFマッティア・ヴァロティ(24)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽当時セリエBに所属したアルビーノレッフェでプロデビューしたヴァロティは、ミランへのレンタル移籍を経て、2014年にヴェローナへ完全移籍。加入後は、ペスカーラやリヴォルノへレンタルを繰り返したが、2016年の夏にヴェローナに復帰。 ▽復帰した2016-17シーズンは、セリエBに降格したヴェローナでポジションを確立し、リーグ戦22試合に出場し3ゴール8アシストを記録。1年でのセリエA復帰に貢献すると、今季もここまで公式戦20試合に出場している。 2018.02.22 03:50 Thu
twitterfacebook
thumb

約1カ月半ぶりのゴールを含むインモービレのドッピエッタでラツィオが公式戦6試合ぶりの白星!《セリエA》

▽セリエA第25節のラツィオvsヴェローナが19日に行われ、2-0でラツィオが勝利した。 ▽公式戦5試合未勝利の5位ラツィオ(勝ち点46)が、降格圏の19位に沈むヴェローナ(勝ち点16)をホームに迎えた一戦。試合は地力に勝るラツィオが徐々に主導権を握ると7分、J・ルカクのパスをボックス左手前で受けたL・アルベルトがダイレクトで繋ぎ、ボックス左に抜け出したインモービレがシュート。しかし、これは相手GKの好守に阻まれた。 ▽攻勢を続けるラツィオは33分、ボックス左でボールを受けたL・アルベルトがカットインからシュートを放つと、これはクロスバーに直撃。さらにセカンドボールをマルシッチがヘディングで狙ったが、相手GKの正面に飛んでしまい、前半はゴールレスで終了した。 ▽後半に入っても主導権を握るラツィオは56分、L・アルベルトのパスをボックス左で受けたインモービレがカットインから右足を振り抜くと、これがゴール左隅に突き刺さった。 ▽先制点で勢い付くラツィオは60分にも、中盤からのロングパスをボックス左で受けたインモービレが中央を駆け上がったミリンコビッチ=サビッチへパス。これをミリンコビッチ=サビッチがワンタッチでボックス右に流すと、走り込んだルリッチがダイレクトシュート。これは相手GKの左足に阻まれたが、こぼれ球に反応したインモービレが頭で押し込み、追加点を奪った。 ▽結局、試合は2-0で終了。約1カ月半ぶりのゴールを含むインモービレのドッピエッタでラツィオが、公式戦6試合ぶりの白星を飾った。 2018.02.20 06:37 Tue
twitterfacebook
thumb

10人のローマが苦しみながらも2018年初白星となる7戦ぶりの勝利! ジェンギズ圧巻の電光石火セリエA初弾で逃げ切る!《セリエA》

▽セリエA第23節、ヴェローナvsローマが4日にスタディオ・マルカントニオ・ベンテゴーディで行われ、アウェイのローマが1-0で勝利した。 ▽前節、ホームでサンプドリアに敗れて泥沼のリーグ戦6試合未勝利となった5位のローマだが、今冬の移籍市場最終盤にはエメルソン・パルミエリとホナタン・シルバの左サイドバックの入れ替え移籍こそあったものの懸念事項だったエースFWゼコの残留が決定。ここから仕切り直しを図るチームは19位のヴェローナとのアウェイゲームに臨んだ。サンプドリア戦からはファン・ジェズスに代えてファシオを復帰させた以外、同じメンバーが揃った。 ▽試合は開始40秒過ぎにローマがいきなり試合を動かす。ボックス手前右でペッレグリーニの競ったボールを拾ったジェンギズが巧みなステップワークから内に切り込んで左足を一閃。鋭いシュートがゴール右隅に突き刺さり、“トルコのディバラ”と評されるレフティーの鮮烈なセリエA初ゴールが決まった。 ▽ジェンギズの電光石火弾でリードを手にしたローマは、ナインゴランをトップ下に配した[4-2-3-1]の新布陣で前からアグレッシブにプレスをかける能動的なスタイルでリズムを掴む。 ▽この流れの中でゼコがうまく起点を作りながら、ナインゴランやコラロフ、ストロートマンが積極的にフィニッシュに顔を出すが、粘るヴェローナの守備を前になかなか追加点が奪えない。逆に31分には相手のカウンターからマトスに鋭いミドルシュートを浴びるが、これは枠の左に外れた。その後、前半終盤の37分と38分にはエル・シャーラウィとゼコのコンビで続けてゴールに迫るが、相手GKの好守などに遭い1-0のスコアで前半を終えた。 ▽後半も立ち上がりからボックス内のゼコが反転シュートでゴールに迫るなど、まずまずの入りを見せたローマ。しかし、51分には相手のカウンターの場面でマトスに対して後方からスライディングタックルを見舞ったペッレグリーニにレッドカードが掲示され、一発退場に。1点のリードがあるものの残り40分を10人で戦うことになった。 ▽それでも、ナインゴランやゼコを起点にボールをキープしながら押し込む展開を継続するローマは危なげない試合運びを見せる。時折、与える相手のカウンターチャンスもきっちり攻撃を遅らせて可能性のないミドルシュートやクロスで相手の攻撃を終わらせる。 ▽その後、疲れの見えたジェンギズ、エル・シャーラウィの両翼を下げてジェルソン、ペロッティと交代カードを切る中、73分には絶好の決定機が訪れる。ボックス手前で不用意な相手GKニコラスのパスをカットしたゼコがすかさず左足のシュート。しかし、このシュートはややコースが甘くニコラスのセーブに遭う。 ▽その後、相手の猛攻を凌ぎながら試合終盤にはコラロフとストロートマンのロングカウンターで絶好機を演出するも、試合はこのままタイムアップ。後半序盤の退場で10人の戦いを強いられながらも粘り強い戦いで逃げ切ったローマが待望の2018年公式戦初白星と共にリーグ7戦ぶりの勝利を手にした。 2018.02.04 22:32 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング