超ワールドサッカー

アラベス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 アラベス 45 11 12 11 32 40 -8 34

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-30
23:15
リーガエスパニョーラ
第35節
ベティス vs アラベス
2017-05-07
19:00
リーガエスパニョーラ
第36節
アラベス vs ビルバオ
2017-05-14
リーガエスパニョーラ
第37節
アラベス vs セルタ
2017-05-21
リーガエスパニョーラ
第38節
レガネス vs アラベス
2017-05-27
27:00
コパ・デル・レイ
決勝
バルセロナ vs アラベス

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.27
26:30
リーガエスパニョーラ
第34節
アラベス 0 - 0 エイバル
2017.04.23
25:30
リーガエスパニョーラ
第33節
ラス・パルマス 1 - 1 アラベス
2017.04.17
27:45
リーガエスパニョーラ
第32節
アラベス 2 - 1 ビジャレアル
2017.04.08
20:00
リーガエスパニョーラ
第31節
エスパニョール 1 - 0 アラベス
2017.04.05
27:30
リーガエスパニョーラ
第30節
アラベス 0 - 1 オサスナ

基本データ

正式名称:デポルティボ・アラベス

原語表記:Deportivo Alaves

愛称:アラベス

ホームタウン:ヴィクトリア

チームカラー:白と青

関連ニュース

thumb

2試合連続10人となった乾フル出場のエイバル、アラベスとのバスク自治州ダービーを引き分けに持ち込む《リーガエスパニョーラ》

▽エイバルは27日、リーガエスパニョーラ第34節でアラベスとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。エイバルのMF乾貴士はフル出場している。 ▽前節ビルバオとのバスク自治州ダービーを10人となった中、ラストプレー被弾で惜敗して2連敗となり、ヨーロッパリーグ出場権獲得が遠のいた8位エイバル(勝ち点50)。主力のペドロ・レオン、エスカランテ、ラミスを出場停止で、ルナを負傷で欠く中、乾が2試合連続スタメンとなった。 ▽同じバスク自治州に本拠地を置く11位アラベス(勝ち点44)に対し、乾が[4-2-3-1]の左MFで先発となった一戦。共に堅守速攻を持ち味とするため、慎重な立ち上がりとなった中、まずはエイバルが9分に左CKからルジューヌがヘディングシュートを放つも、GKの正面を突いた。 ▽その後もこう着状態が続いた中、21分に大ピンチ。デイベルソンのスルーパスに抜け出したカマラサにGKと一対一の局面を作られる。しかし、シュートコースが甘く、リエスゴがセーブした。 ▽ところが26分、ルジューヌのヘディングでのバックパスをボックス外に飛び出していたGKリエスゴが手で処理し、一発レッドカードが提示されてしまった。GKを失ったエイバルはアドリアン・ゴンサレスを下げてGKジョエル・ロドリゲスを投入。セルジ・エンリクを1トップとする[4-4-1]で応対する。 ▽そして、リエスゴのハンドで与えたボックス手前中央からのFKをイバイに直接狙われると、バーを直撃。ヒヤリとしたエイバルだったが、ハーフタイムにかけて互角の攻防に持ち込むと、追加タイム3分にはルジューヌの鋭い直接FKが枠の右を捉えた。だが、GKのセーブに阻まれ、ゴールレスで後半へ折り返した。 ▽迎えた後半、自陣に引いてアラベスに攻撃の形を作らせないエイバルが0-0のまま試合を進めていく。しかし、64分にピンチ。キコのクロスに合わせたカマラサのヘディングシュートはバーの上を超えて助かった。 ▽その後、72分にカウンターからセルジ・エンリクがシュートに持ち込んで牽制したエイバルは、試合終了間際の90分にも大ピンチ。右クロスを胸トラップで処理したボックス左のデイベルソンにシュートを打たれ、枠を捉えられたがゴールライン前に戻っていたルジューヌがスーパークリアで阻み、0-0で終了。2試合連続10人となりながらも勝ち点1をもぎ取った。 2017.04.28 06:16 Fri
twitterfacebook
thumb

トップ4狙うビジャレアルが痛恨の敗戦…アラベスが連敗を「3」でストップ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第32節、アラベスvsビジャレアルが17日にエスタディオ・デ・メンディソローザで行われ、ホームのアラベスが2-1で勝利した。 ▽トップ4フィニッシュを目指す5位ビジャレアルと、11位アラベスの一戦。積極的な入りを見せたアラベスは、開始8分にイバイ・ゴメスのシュートで最初の決定機を作ると、その後も素早い攻守の切り替えを武器に優勢に試合を運ぶ。 ▽一方、思うように中盤でボールを動かせないビジャレアルだったが、20分にはボックス左でバカンブからパスを受けたソリアーノがニアポストへ強烈なシュートを放ち、ゴールに迫った。 ▽その後は拮抗した展開が続く中、35分に先制点が生まれる。ボックス手前でクリアボールに反応したイバイ・ゴメスが右足でダイレクトボレーで狙うと、抑えの利いたシュートがゴール左隅に決まり、アラベスがリードを奪う。さらに、前半終了間際の45分にはセットプレーの流れから右サイド深くでキコが上げたクロスをエリーが豪快なヘディングで合わせ、ホームチームが2点リードで試合を折り返した。 ▽迎えた後半、65分過ぎまでにトリゲロス、ボッレと2枚の交代カードを切って攻勢に出るビジャレアルは、70分にマリオ・ガスパールのスルーパスに抜け出したバカンブがボックス右からファーポストにシュートを流し込み、1点を返す。 ▽このゴールで勢いづくビジャレアルは、その後もトリゲロス、バカンブらが積極的にシュートを放ち、あわや同点という場面を演出するが、相手GKの好守に遭い、あと1点が遠い。後半アディショナルタイムには、トリゲロスのスルーパスに反応したバカンブがボックス内でDFを振り切ってGKと一対一になるが、シュートを枠の左に外してしまい、試合はタイムアップ。 ▽決定力不足が響き連勝がストップしたビジャレアルは、今節引き分けた4位セビージャとの勝ち点差が8ポイントに広がり、逆転でのトップ4フィニッシュが厳しくなった。一方、格上に競り勝ったアラベスは、連敗を「3」でストップした。 2017.04.18 06:18 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリーとアトレティコの間で禁断の移籍が実現か

▽レアル・マドリーがアラベスのU-20フランス代表DFテオ・エルナンデス(19)の獲得を検討しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽左サイドバックのテオ・エルナンデスは今季、アトレティコ・マドリーからアラベスにレンタル移籍。スピード豊かで攻撃力が高く、リーグ戦ではここまで24試合に出場し、4アシスト記録している。 ▽伝えられるところによれば、アトレティコはテオ・エルナンデスをDFフィリペ・ルイスの長期的な後継者にすることを希望しており、残留の説得を試みる構えだ。しかし、テオ・エルナンデスの代理人であるマヌエル・ガルシア氏が移籍を示唆する発言をしたとも伝えられており、残留に向けては悲観的な状況だという。 ▽そんな中、マドリーはテオ・エルナンデスをDFマルセロの理想的なバックアップ候補として考えているようだ。同選手の獲得に契約解除金の2400万ユーロ(約28億円)用意しているとみられており、地元のライバルであるマドリーとアトレティコ間における禁断の移籍が実現するのではないかと噂されている。 2017.04.04 21:35 Tue
twitterfacebook
thumb

首位レアル・マドリー、ベンゼマの2戦連発弾などで4連勝《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは2日、リーガエスパニョーラ第30節でアラベスを本拠地サンチャゴ・ベルナベウに迎え、3-0で勝利した。 ▽代表戦前に行われた前節ビルバオ戦を2-1と競り勝って3連勝とした首位レアル・マドリー(勝ち点65)は、1試合未消化ながら2位バルセロナ(勝ち点63)に2ポイント差を付ける中、セルヒオ・ラモスやマルセロ、カゼミロにGKケイロル・ナバスといった代表戦を戦った面々を温存。イスコやナチョ、ダニーロにGKカシージャといった控えメンバーを先発で起用した。 ▽5バックを敷いてきた2連勝中の10位アラベス(勝ち点40)に対し、3トップにBBCを起用したレアル・マドリーが立ち上がりから攻勢をかけていく。しかし、11分にアクシデント。ヴァランが負傷し、カルバハルの投入を余儀なくされた。この交代によって左サイドバックにダニーロを回し、ナチョをセンターバックに据えた。 ▽そのレアル・マドリーがベンゼマのミドルシュートやベイルの直接FKでゴールに迫ると、27分にはボックス左へ侵入したC・ロナウドがGKを強襲するシュートを浴びせる。すると31分、ボックス右深くまでえぐったカルバハルのマイナスの折り返しをベンゼマが左足でゴール左へ蹴り込み、レアル・マドリーが先制した。 ▽ハーフタイムにかけても一方的な展開としたレアル・マドリーは、前半追加タイム1分にダニーロのクロスに合わせたベイルのシュートで追加点に迫るも、わずかに枠の右へ外れ、1-0で前半を終えた。 ▽迎えた後半、アグレッシブな入りを見せてきたアラベスに開始3分、デイベルソンのヘディングシュートでゴールに迫られる。その後も主導権を握りきれずにいると、60分に大ピンチ。左サイドからのクロスにファーサイドのメンデスにボレーで合わせられたシュートがわずかに枠の左に外れた。 ▽流れを引き寄せきれないレアル・マドリーは、引き続きアラベスに押し込まれる状況が続く中、終盤の85分にようやく試合を決定付ける。C・ロナウドのスルーパスを受けたイスコがゴールエリア右へ侵入し、右足を一閃。これがGKのニア上を射抜いた。 ▽さらに88分、ベイルの直接FKはバーを直撃したものの、ルーズボールをナチョが頭で押し込み、3-0と突き放した。終わってみれば3-0としたレアル・マドリーが4連勝を飾り、首位の座をキープしている。 2017.04.03 01:09 Mon
twitterfacebook
thumb

イェデル弾で先制も逃げ切り失敗のセビージャが痛恨ドロー…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第26節、アラベスvsセビージャが6日にエスタディオ・デ・メンディソローザで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽リーグ戦4連勝で首位バルセロナ(勝ち点60)、2位レアル・マドリー(勝ち点59)を追走する3位セビージャ(勝ち点55)は、月曜開催となった今節、2強の勝利という結果を知った中で11位アラベスとのアウェイゲームに臨んだ。サンパオリ監督は辛勝した前節のビルバオ戦から先発5人を変更。出場停止のナスリやビエット、ヨベティッチらが先発を外れ、イェデルやエンゾンジ、サラビアが先発に復帰した。 ▽アンカーにクラネビッテル、1トップにイェデルを配した[4-1-4-1]の布陣でスタートしたセビージャは、開始2分にクリアミスからマヌ・ガルシアにいきなり際どいシュートを許すが、ここはDFが何とか触りCKに逃げる。立ち上がりのピンチを凌いだアウェイチームは4分、イェデルからパスを受けたビトロがボックス左45度から右足のコントロールシュートを狙うが、このシュートは巻き切らず、枠の右に外れた。 ▽その後はボールを保持するセビージャ、堅守速攻のアラベスという構図の下で拮抗した展開が続く。14分にはFKの流れからデイベルソンに決定機も、ボックス左でフリーのブラジル人FWはヘディングシュートをふかしてしまい、アラベスの先制点とはならず。すると、このピンチを凌いだセビージャは、23分にサラビアの中央突破からイェデルにオフサイドラインぎりぎりでスルーパスが通る。最後はイェデルが冷静に左足のシュートをゴール右隅に流し込み、セビージャが先制に成功した。 ▽敵地で先行したセビージャだったが、失点後もアグレッシブさを失わないアラベスに反撃を受ける状況が続き、なかなか余裕のある試合運びとはならない。それでも、鋭いカウンターから2点目を目指すと、39分に決定機。エンゾンジのパスカットから相手陣内を持ち上がったイボーラが、イェデルとのパス交換でボックス内まで持ち込みシュートを狙う。だが、このシュートは枠の右に外れた。 ▽1点リードで後半に入ったセビージャは、50分にサラビアのパスに抜け出したイェデルに2点目のチャンスが訪れるなど、まずまずの入りを見せる。だが、前半から質の高い切り替えを見せるアラベスの反撃に手を焼く。55分過ぎには浮き球のスルーパスに抜け出したトケーロ、バイタルエリアでクラネビッテルを剥がしたカマラサに決定機を許すが、相手のシュート精度に助けられる。さらに61分には左サイドのテオ・エルナンデスの絶妙なアーリークロスに反応したファーサイドのトケーロに飛び込まれるが、これはわずかに届かなかった。 ▽後半に入ってから守勢が続くセビージャは、74分にビトロを下げてマリアーノを投入。この交代で3バックに布陣を変更し、守備を固める。だが、この選手交代直後の75分に左サイドを破られてクロスを許すと、ゴール前の混戦から途中出場のカタイに押し込まれて、痛恨の同点ゴールを奪われた。 ▽すぐに勝ち越し点を目指して攻勢を強めるセビージャは、76分にエンゾンジのアシストからゴール前のイボーラに決定機も、これを決め切れない。その後、コレア、ヨベティッチと攻撃的なカードを切ってゴールを目指すセビージャだったが、一度失った流れを引き戻すことができない。すると、試合終盤にかけてはカタイ、デイベルソンらに幾度も決定機を許すが、ここは守護神セルヒオ・リコの好守で何度か凌ぎ切って、試合は1-1のままタイムアップ。 ▽格下アラベス相手に逃げ切り失敗のセビージャは連勝が「4」でストップし、上位2チームとの勝ち点差が広がる結果となった。 2017.03.07 07:41 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング