アラベス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 アラベス 40 10 10 8 29 33 -4 28

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-02
リーガエスパニョーラ
第29節
レアル・マドリー vs アラベス
2017-04-05
リーガエスパニョーラ
第30節
アラベス vs オサスナ
2017-04-09
リーガエスパニョーラ
第31節
エスパニョール vs アラベス
2017-04-16
リーガエスパニョーラ
第32節
アラベス vs ビジャレアル
2017-04-23
リーガエスパニョーラ
第33節
ラス・パルマス vs アラベス

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.18
26:30
リーガエスパニョーラ
第28節
アラベス 1 - 0 ソシエダ
2017.03.11
26:30
リーガエスパニョーラ
第27節
マラガ 1 - 2 アラベス
2017.03.06
28:45
リーガエスパニョーラ
第26節
アラベス 1 - 1 セビージャ
2017.03.01
29:30
リーガエスパニョーラ
第25節
グラナダ 2 - 1 アラベス
2017.02.25
21:00
リーガエスパニョーラ
第24節
アラベス 2 - 1 バレンシア

基本データ

正式名称:デポルティボ・アラベス

原語表記:Deportivo Alaves

愛称:アラベス

ホームタウン:ヴィクトリア

チームカラー:白と青

関連ニュース

thumb

イェデル弾で先制も逃げ切り失敗のセビージャが痛恨ドロー…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第26節、アラベスvsセビージャが6日にエスタディオ・デ・メンディソローザで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽リーグ戦4連勝で首位バルセロナ(勝ち点60)、2位レアル・マドリー(勝ち点59)を追走する3位セビージャ(勝ち点55)は、月曜開催となった今節、2強の勝利という結果を知った中で11位アラベスとのアウェイゲームに臨んだ。サンパオリ監督は辛勝した前節のビルバオ戦から先発5人を変更。出場停止のナスリやビエット、ヨベティッチらが先発を外れ、イェデルやエンゾンジ、サラビアが先発に復帰した。 ▽アンカーにクラネビッテル、1トップにイェデルを配した[4-1-4-1]の布陣でスタートしたセビージャは、開始2分にクリアミスからマヌ・ガルシアにいきなり際どいシュートを許すが、ここはDFが何とか触りCKに逃げる。立ち上がりのピンチを凌いだアウェイチームは4分、イェデルからパスを受けたビトロがボックス左45度から右足のコントロールシュートを狙うが、このシュートは巻き切らず、枠の右に外れた。 ▽その後はボールを保持するセビージャ、堅守速攻のアラベスという構図の下で拮抗した展開が続く。14分にはFKの流れからデイベルソンに決定機も、ボックス左でフリーのブラジル人FWはヘディングシュートをふかしてしまい、アラベスの先制点とはならず。すると、このピンチを凌いだセビージャは、23分にサラビアの中央突破からイェデルにオフサイドラインぎりぎりでスルーパスが通る。最後はイェデルが冷静に左足のシュートをゴール右隅に流し込み、セビージャが先制に成功した。 ▽敵地で先行したセビージャだったが、失点後もアグレッシブさを失わないアラベスに反撃を受ける状況が続き、なかなか余裕のある試合運びとはならない。それでも、鋭いカウンターから2点目を目指すと、39分に決定機。エンゾンジのパスカットから相手陣内を持ち上がったイボーラが、イェデルとのパス交換でボックス内まで持ち込みシュートを狙う。だが、このシュートは枠の右に外れた。 ▽1点リードで後半に入ったセビージャは、50分にサラビアのパスに抜け出したイェデルに2点目のチャンスが訪れるなど、まずまずの入りを見せる。だが、前半から質の高い切り替えを見せるアラベスの反撃に手を焼く。55分過ぎには浮き球のスルーパスに抜け出したトケーロ、バイタルエリアでクラネビッテルを剥がしたカマラサに決定機を許すが、相手のシュート精度に助けられる。さらに61分には左サイドのテオ・エルナンデスの絶妙なアーリークロスに反応したファーサイドのトケーロに飛び込まれるが、これはわずかに届かなかった。 ▽後半に入ってから守勢が続くセビージャは、74分にビトロを下げてマリアーノを投入。この交代で3バックに布陣を変更し、守備を固める。だが、この選手交代直後の75分に左サイドを破られてクロスを許すと、ゴール前の混戦から途中出場のカタイに押し込まれて、痛恨の同点ゴールを奪われた。 ▽すぐに勝ち越し点を目指して攻勢を強めるセビージャは、76分にエンゾンジのアシストからゴール前のイボーラに決定機も、これを決め切れない。その後、コレア、ヨベティッチと攻撃的なカードを切ってゴールを目指すセビージャだったが、一度失った流れを引き戻すことができない。すると、試合終盤にかけてはカタイ、デイベルソンらに幾度も決定機を許すが、ここは守護神セルヒオ・リコの好守で何度か凌ぎ切って、試合は1-1のままタイムアップ。 ▽格下アラベス相手に逃げ切り失敗のセビージャは連勝が「4」でストップし、上位2チームとの勝ち点差が広がる結果となった。 2017.03.07 07:41 Tue
twitterfacebook
thumb

“MSN”揃い踏みのバルサがコパ決勝前哨戦に圧勝! PSG戦に大きな弾み《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは11日、エスタディオ・デ・メンディソローザで行われたリーガエスパニョーラ第22節でアラベスと対戦し、6-0で圧勝した。 ▽14日にパリ・サンジェルマン(PSG)とのチャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦1stレグを控える2位バルセロナは、今節で12位アラベスと対戦。今週ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ準決勝でアトレティコ・マドリーを破ったルイス・エンリケ率いるチームは、同じくセルタを破ったアラベスとコパ決勝の前哨戦に向けて、数名のメンバー変更を敢行。ブスケッツや“MSN”、ラキティッチが先発も両サイドバックにアレイシ・ビダル、ディーニュ、センターバックにはユムティティとマテューのフランス人コンビが起用された。 ▽開始4分にネイマールのパスからメッシがファーストシュートを放ったバルセロナは、いつも通りボールを保持して相手を押し込んでいくが、粘り強い相手の守備に苦戦してなかなかフィニッシュまで持ち込めない。逆に25分には相手のロングカウンターからテオ・エルナンデスに完全に抜け出され、ボックス内でGKとの一対一の決定機を許す。だが、ここはGKテア・シュテーゲンのビッグセーブで凌ぎ、事なきを得た。 ▽それでも、時間の経過と共にボックス付近での質の高いダイレクトプレーからチャンスを作り始めたバルセロナは、37分に鮮やかな連係プレーから先制点を奪う。左サイドからドリブルで中に切り込んだネイマールの斜めのパスをペナルティアーク付近でスアレス、ラキティッチと繋ぎ、右サイドをオーバーラップしたビダルに展開。そして、ビダルのダイレクトクロスをゴール前に飛び出したスアレスがワンタッチで仕留めた。 ▽スアレスの今季17点目で均衡を破ったバルセロナは、40分にもラキティッチの高い位置でのボール奪取から中央のメッシが浮き球で流したボールをボックス左ライン際でGKと競ったスアレスが頭で落とすと、ゴール前のネイマールが無人のゴールへ流し込んだ。 ▽2点リードで試合を折り返したバルセロナだが、開始2分に右サイドを簡単に破られてゴール前でフリーのクリスティアン・サントスに決定機を許すが、バウンドを合わせ損ねたC・サントスのシュートはクロスバーの上に外れた。 ▽冷や汗を欠いたバルセロナだったが、ここからエンジンをかけ直すと、圧巻のゴールショーの幕開けとなる。59分、高い位置でのボール奪取からボックス左に抜け出したメッシがGKパチェコの股間を抜き、今季17得点目を記録すると共に“MSN”揃い踏みとなった。 ▽その後、63分にはスアレスのスルーパスに抜け出したメッシが相手DFアレクシスのオウンゴールを誘うと、65分には相手のミスパスを奪ったスアレスのロングカウンターからボックス左でヒールの落としを受けたラキティッチが精度の高いミドルシュートを突き刺し、5点目を奪取。極めつけは67分にボックス左でボールを受けたネイマールの意表を突いたタイミングでのシュートのこぼれ球を、スアレスが見事な右足ボレーシュートで流し込み、ゴールショーを締めくくるこの試合6点目を奪った。 ▽その後、ブスケッツ、ユムティティ、アンドレ・ゴメスを下げてイニエスタ、ジョルディ・アルバ、セルジ・ロベルトを調整のために投入する余裕の采配を見せたバルセロナだったが、試合終了間際に相手と交錯したビダルが右足首に重傷を負い、担架に乗せられてピッチを後にするアクシデントに見舞われた。 ▽ビダルの負傷退場で大勝ムードに水を差したものの、“MSN”揃い踏みでアラベスとのコパ決勝前哨戦を圧勝で飾ったバルセロナが、14日のPSGとのCL決勝トーナメント1回戦に向けて大きな弾みを付けた。 2017.02.12 02:22 Sun
twitterfacebook
thumb

ペレス会長、バルサのベルナベウ使用をまたも拒否!! 「建設工事が行われる」

▽レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が、コパ・デル・レイ決勝の試合会場について言及した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽今シーズンのコパ・デル・レイ決勝は、3連覇を目指すバルセロナとクラブ史上初の決勝出場となったアラベスが激突する。スペインでは、決勝出場チームが決定してから、両クラブの意思を確認して開催地が決定される。バルセロナ側は今回、マドリーの本拠地であるサンチャゴ・ベルナベウでの開催を希望。一方のアラベスは、同じバスク地方にあるサン・マメスでの開催を希望していることが伝えられている。 ▽イベントに出席したペレス会長は、今回の開催地について「ベルナベウは建設工事を行う。そのためコパ・デル・レイの決勝では使用できない」とコメント。バルセロナの要請を拒否する考えを示した。 ▽この一見は今回が初めてではなく、2011-12シーズンのコパ・デル・レイ決勝でもバルセロナとビルバオがベルナベウの使用を求めるが、クラブ側はスタジアム内のトイレの改修工事のために拒否。さらに昨シーズンもバルセロナが使用を求めたが、コンサートを理由に拒否していた。 2017.02.10 14:10 Fri
twitterfacebook
thumb

アラベスで好パフォーマンスを見せるGKパチェコが契約延長!! 一方でマドリーの買い戻し条項は今夏まで有効…

▽アラベスは9日、スペイン人GKフェルナンド・パチェコ(24)との契約を2020年まで延長したことを発表した。 ▽レアル・マドリーの下部組織で育ったパチェコは、2015年の夏に3年契約でアラベスに加入。リーグ戦39試合に出場するなど守護神として活躍し、セグンダ・ディビシオ(スペイン2部相当)での優勝に貢献。今季からリーガエスパニョーラに昇格し、リーグ戦20試合に出場している。 ▽スペイン『アス』によれば、パチェコはセーブ率でリーグ6位、さらに7度のクリーンシートを達成するなど好成績を残している。チームを支える活躍を見せているパチェコに対して、クラブ側は2年間延長した2020年までの新契約を結んだ。 ▽しかしパチェコが移籍した際、マドリーは買い戻し状況を盛り込んでいる。報道によれば、400万ユーロを支払えばパチェコを買い戻すことが可能なようで、この契約の有効期間は2017年の夏までとなっているようだ。そのため、今夏にマドリーの決断次第では、パチェコが退団する可能性もあるという。 2017.02.10 13:44 Fri
twitterfacebook
thumb

クラブ史上初のコパ・デル・レイ決勝に進んだアラベス、開催地はサン・マメスを希望

▽コパ・デル・レイ決勝に進出したアラベスが、決勝開催地にビルバオの本拠地であるサン・マメスを希望しているようだ。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 ▽8日にコパ・デル・レイ準決勝の全日程が終了し、大会3連覇を目指すバルセロナとクラブ史上初となる決勝進出を果たしたアラベスが激突する。 ▽コパ・デル・レイの決勝開催地は、両チームの希望やスタジアムの収容人数などで決定される。バルセロナ側はすでにレアル・マドリーの本拠地であるサンチャゴ・ベルナベウでの開催を、スペインサッカー連盟(RFEF)に要望する構えを見せている。しかし2015年の同大会決勝では、マドリー側が難色を示してカンプ・ノウで開催されるなど、両チームの背景を考えると開催が難しく、アトレティコ・マドリーの本拠地であるビセンテ・カルデロンも候補の1つとなっている。 ▽一方でアラベスは、州都であるビトリアから62㎞と好位置にあるサン・マメスでの開催を望んでいるようだ。同スタジアムは、カルデロンより1000人少ないだけの5万3000人を収容できるため、決勝戦を開催することが可能なスタジアムの1つである。 ▽アラベスのケヘレタ会長は開催地の要望について次のようにコメントした。 「RFEFには、サン・マメスでの開催を希望する。このスタジアムはファンにとっても絶好の場所にある。我々の戦いを見るためにも、負担にならない程度に近いスタジアムだ。多くのサポーターが押しかけてくれるだろう。さらに近代的なつくりであることも評価している。バスクでは最高のスタジアムだ」 「それにサン・マメスの収容人数はカルデロンと変わらない。そしてサン・マメスのほうがより近代的なつくりだ。また、ビルバオのサポーターもバスクのチームがコパ・デル・レイの決勝をサン・マメスで戦う姿を見て興奮してくれるだろう。きっと何の問題も起こらないはずだ」 2017.02.10 12:20 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング