超ワールドサッカー

アラベス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
9 アラベス 55 14 13 11 41 43 -2 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.27
28:30
コパ・デル・レイ
決勝
バルセロナ 3 - 1 アラベス
2017.05.20
26:00
リーガエスパニョーラ
第38節
レガネス 1 - 1 アラベス
2017.05.14
23:00
リーガエスパニョーラ
第37節
アラベス 3 - 1 セルタ
2017.05.07
19:00
リーガエスパニョーラ
第36節
アラベス 1 - 0 ビルバオ
2017.04.30
23:15
リーガエスパニョーラ
第35節
ベティス 1 - 4 アラベス

基本データ

正式名称:デポルティボ・アラベス

原語表記:Deportivo Alaves

愛称:アラベス

ホームタウン:ヴィクトリア

チームカラー:白と青

関連ニュース

thumb

ジダンの息子エンツォ、昇格2年目アラベスにレンタルか...リーガエスパニョーラデビューに迫る

2017-18シーズン、リーガエスパニョーラでジダンのDNAが躍動する――。レアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)に所属するMFエンツォ・ジダンが、アラベスに移籍する可能性が浮上している。<br><br>マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督の長男であるエンツォは、2000年に同クラブの下部組織に入団。父親と同じく中盤の選手としてキャリアを歩み、今季開幕前のプレシーズンではトップチームに帯同した。<br><br>そのエンツォに、関心を抱いているクラブがある。昇格2年目のアラベスだ。アラベスは昨季、マドリーからMFマルコス・ジョレンテをレンタルしていた。両クラブの関係は良好で、新シーズンに向けてもカスティージャのMFアクラフ・ハキミのレンタル移籍が濃厚となっている。<br><br>M・ジョレンテは1年のレンタル期間を終え、マドリーに復帰する。来季に向けて中盤の補強を考えているアラベスは、エンツォ獲得に着手。すでに選手、マドリーとの接触はあった模様で、早ければ今週中に移籍が実現するとみられる。<br><br>ジダン監督がマドリーでラストシーズンを送ったのは、2005-06シーズンだ。そのDNAを持つ選手が、およそ11年の時を経て再びスペイン1部で輝きを放とうとしている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.27 22:20 Tue
twitterfacebook
thumb

吉田麻也所属のサウサンプトンがペジェグリーノ氏を新監督に招へい…かつてはリバプールでアシスタントコーチも務める

▽日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは23日、アルゼンチン人指揮官のマウリシオ・ペジェグリーノ氏(45)を新監督に招へいしたことを発表した。契約は3年間となる。 ▽ペジェグリーノ氏は、バルセロナやバレンシア、リバプールなどでプレー。現役引退後はバレンシアのユースチームの監督に就任。2008年7月から2010年6月まではラファエル・ベニテス監督の下でアシスタントコーチとしてリバプールに在籍。その後もベニテス監督と共にインテルでアシスタントコーチを務めていた。 ▽2012年6月からはバレンシアの監督に就任し、自身初のトップチームで指揮を執ることに。その後は母国に戻り、エストゥディアンテス、インデペンディエンテを指揮。2016年7月にリーガエスパニョーラに昇格したアラベスの監督に就任すると、第3節では敵地カンプ・ノウでバルセロナを2-1で撃破。リーグ戦を9位でフィニッシュさせ、さらにコパ・デル・レイ決勝に勝ち進むなどの手腕を発揮していた。しかし、シーズン終了後に退任し、フリーとなっていた。 ▽ベジェグリーノ氏は、クリスタル・パレスの指揮官就任の噂があったものの、ライアン・ギグス氏やフランク・デ・ブール氏、アルベルト・ザッケローニ氏らが候補に挙がっていたサウサンプトンの監督に就任した。 2017.06.24 01:23 Sat
twitterfacebook
thumb

アラベス、新監督にアルゼンチン人指揮官スベルディア氏を招へい

▽アラベスは16日、新監督としてアルゼンチン人監督ルイス・スベルディア氏(36)を招へいしたことを発表した。 ▽スベルディア新監督は現役時代、アルゼンチンのラヌースでプロデビューを果たすと、17歳の時にアルゼンチン代表に選出。将来が期待された若手だったが、ヒザのケガにより23歳の若さで引退を余儀なくされていた。しかし、その4年後の27歳でラヌースの監督としてサッカー界に復帰。アルゼンチンのプリメーラ・ディビジョンでは最年少での監督就任だった。 ▽母国アルゼンチンや、コロンビアで采配を振ったスベルディア監督は、今年1月にコロンビアのメデジンに就任。指揮を執ったのはわずか7試合だったが、コロンビアリーグでチームを準優勝に導いた。 ▽クラブは公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「デポルティーボ・アラベスはルイス・スベルディアを歓迎し、監督としての彼の新しいキャリアでの最大の幸運を祈っています。ようこそ、ルイス!」 2017.06.18 16:45 Sun
twitterfacebook
thumb

今季のアラベス躍進の立役者、ペジェグリーノ監督が勇退 バルサを破る大金星も

▽アラベスは29日、マウリシオ・ペジェグリーノ監督(45)の辞任を発表した。 ▽今シーズンいっぱいで契約満了を迎えるペジェグリーノ監督は、クラブとの契約延長を行わずにクラブを去るようだ。昨年7月にアラベスの監督に就任した同監督は、リーガエスパニョーラ第3節で、敵地カンプ・ノウでバルセロナを2-1で撃破するなど印象的なスタートを切った。 ▽昇格組ながらリーグ戦を9位でフィニッシュさせ、さらにコパ・デル・レイでは決勝に進出。その決勝ではバルセロナ相手に1-3で敗れはしたものの、今季は大成功と言ってもいいほどの成績を収めた。 ▽しかし、この度辞任を発表したペジェグリーノ監督は、本拠地メンディソローサで行われた記者会見で、以下のようなコメントを残した。 「私はここで監督をやれて本当に幸せだった。選手としてこのクラブを出てからずっと、戻ってくることを望んでいた」 「みんなが支えてくれたことに感謝したい。特に選手達。彼らは報われるべき成果を挙げたんだ。このチームは目的を達成し続けることが出来るチームだと自信を持って言えるよ」 2017.05.29 23:04 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:バルセロナ 3-1 アラベス《コパ・デル・レイ》

▽コパ・デル・レイ決勝、バルセロナvsアラベスが27日にビセンテ・カルデロンで行われ、バルセロナが3-1で勝利した。この結果、3年連続史上最多29度目の優勝を飾った。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽バルセロナ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170528_9_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 シレッセン 6.0 失点は相手のFKを褒めるべき。果敢な飛び出しや正確なキックで見せ場を作った DF 14 マスチェラーノ - 開始10分過ぎに頭部を負傷してピッチを後に… (→アンドレ・ゴメス 6.5) 緊急投入も決勝点をアシストするなど、右サイドバックでよく攻撃に絡んだ 3 ピケ 6.0 デイベルソンを冷静に抑え込み、流れの中では無失点 23 ユムティティ 6.0 相手のカウンターをきっちり潰し、球出しもスムーズだった 18 ジョルディ・アルバ 6.0 後半はややバランス重視のプレーとなったが、前半はネイマールと共に左サイドで攻め手となった MF 4 ラキティッチ 6.0 地味な働きながらきっちり攻守の潤滑油となった (→A・ビダル -) 因縁の相手との試合で3カ月ぶりの戦列復帰 5 ブスケッツ 6.0 的確なポジショニング、ミスのない繋ぎで存在感 8 イニエスタ 6.5 堅固な守備ブロックを敷く相手に対して、圧巻のスキルでメッシとネイマールと共に密集を攻略 FW 10 メッシ 7.0 圧巻の先制点を含め、チーム全ゴールに絡むエースの働き 17 アルカセル 6.5 らしい動き出しで3点目を奪うなど、相手の急所を突くフリーランが光った 11 ネイマール 6.5 1ゴール1アシストの活躍でタイトル獲得に大貢献 監督 ルイス・エンリケ 6.5 スアレスやセルジ・ロベルト不在も頼れるエースコンビの活躍で有終の美を飾った ▽アラベス採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170528_10_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 パチェコ 5.5 幾つか好守もあったが、3失点で敗戦 DF 21 キコ 5.5 献身的にサイドのスペースを埋めつつ、幾度か精度の高いクロスを供給 22 ビガライ 5.5 勤勉にスライドを繰り返して強力攻撃陣に対峙 2 エリー 5.5 味方とうまく連携して要の中央を締めていた 24 フェダル 5.0 ファジーなポジショニングのメッシに苦戦 15 テオ・エルナンデス 6.0 守備面ではメッシらの対応に苦慮も、圧巻の直接FKで一矢報いる (→ロメロ -) MF 17 メンデス 5.5 闘争心溢れる守備でチームを助けた (→カマラサ 5.0) 相手からボールを奪えず、仕掛ける場面は少なかった 6 M・ジョレンテ 5.5 闘争心と読みを利かせた守備で相手を苦しめた 19 マヌ・ガルシア・アロンソ 5.5 無理の利く守備で再三最終ラインを助けた 11 イバイ・ゴメス 5.5 守備のタスクをこなしつつ、ポスト直撃のシュートなど攻撃でも魅せた (→ソブリーノ 5.0) 気持ちが入り過ぎてあわや退場というプレーもあった FW 20 デイベルソン 5.5 前線でフィジカルの強さを発揮し、幾度か惜しい場面を演出 監督 ペジェグリーノ 5.5 粘り強い守備で善戦も最後はメッシらの個の力に屈す ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! メッシ(バルセロナ) ▽ネイマールと共に圧巻の個の力でアラベスの堅守攻略。在任期間に衝突もあった指揮官に手向けのタイトルをプレゼントし、良い形でシーズンを締めくくった。 バルセロナ 3-1 アラベス 【バルセロナ】 メッシ(前30) ネイマール(前45) アルカセル(前48) 【アラベス】 テオ・エルナンデス(前33) 2017.05.28 06:34 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング