パルマ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 パルマ 29 8 5 11 25 33 -8 24
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-02-24
26:00
セリエA
第25節
パルマ vs ナポリ
2019-03-02
23:00
セリエA
第26節
エンポリ vs パルマ
2019-03-09
26:00
セリエA
第27節
パルマ vs ジェノア
2019-03-17
26:00
セリエA
第28節
ラツィオ vs パルマ
2019-03-31
セリエA
第29節
パルマ vs アタランタ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.02.16
26:00
セリエA
第24節
カリアリ 2 - 1 パルマ
2019.02.09
28:30
セリエA
第23節
パルマ 0 - 1 インテル
2019.02.02
28:30
セリエA
第22節
ユベントス 3 - 3 パルマ
2019.01.27
23:00
セリエA
第21節
パルマ 2 - 3 SPAL
2019.01.19
26:00
セリエA
第20節
ウディネーゼ 1 - 2 パルマ
基本データ

正式名称:パルマFC

原語表記:Parma Football Club s.p.a.

愛称:ジャッロブルー(黄と青)、クロチャーティ(十字軍兵士)

創立:1913年

ホームタウン:パルマ

チームカラー:黄、青

関連ニュース
thumb

パルマ、今冬にインテル加入の“NEXTアリソン”をレンタルで獲得

パルマは19日、今冬にインテルへ加入したクルゼイロのブラジル代表GKガブリエウ・ブラゾン(18)をレンタル移籍で獲得した。なお、同選手との契約は1月31日までに完了しており、到着を待っている状態だった。 クルゼイロの下部組織出身のブラゾンは、2018年1月にクルゼイロBに昇格。トップチームでの出場はないものの、各年代のブラジル代表に選出されてきた逸材で2017年にインドで行われたU-17ワールドカップでは8試合に出場し、ブラジルを3位に導いた。 また、昨年11月にはウルグアイ代表とカメルーン代表との国際親善試合のメンバーとしてフル代表に初選出された。リバプールに所属するGKアリソンの後継者とも謳われる逸材には、マンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、ローマが獲得に興味を示していた。 なお、ブラゾンは今冬にクルゼイロからインテルへ5年契約で完全移籍したが、EU外選手枠の関係からパルマへのレンタル移籍が実現した。 2019.02.20 05:50 Wed
twitterfacebook
thumb

史上3人目、ブッフォンがCL通算50試合のクリーンシート達成! PSGでは初

偉大な守護神が、また1つ偉大な記録を達成した。パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(41)が、チャンピオンズリーグ(CL)通算50回目のクリーンシートを達成した。『UEFA.com』が伝えた。 ブッフォンは、12日に行われたCLラウンド16・1stレグのマンチェスター・ユナイテッド戦に先発出場。チームはアウェイ、オールド・トラッフォードでの試合となったが0-2で勝利を収めた。 ブッフォンは、この試合を無失点で終え、CL通算50回目のクリーンシートを達成。アヤックスやマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元オランダ代表GKエドウィン・ファン・デル・サール、ポルトの元スペイン代表GKイケル・カシージャスについでの達成となった。 これまで、パルマ、ユベントス、そしてPSGでプレーしてきたブッフォンは、パルマに所属していた1997-98シーズンにCL初出場。デビュー戦となったスパルタ・プラハ戦(0-0)でクリーンシートを達成。続く、ガラタサライ(2-0)、ドルトムント(1-0)とデビューから3試合連続で無失点に抑えてきた。 パルマ時代はこの3試合にとどまり、PSGとしてユナイテッド戦がCLで初のクリーンシート。つまり、ユベントス時代に46試合でクリーンシートを達成したこととなる。 2019.02.13 09:50 Wed
twitterfacebook
thumb

4戦ぶりゴールのインテル、パルマに苦戦も辛勝で新年初勝利《セリエA》

インテルは9日、セリエA第23節でパルマとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 前節ボローニャ戦をホームでまさかの黒星を喫し、痛恨の2連敗となった3位インテル(勝ち点40)は、スパレッティ監督の首が危うい中、[4-2-3-1]を採用。最前線にイカルディ、2列目に右からジョアン・マリオ、ナインゴラン、ペリシッチと並べた。 前節ユベントス相手に3-3の引き分けに持ち込んだ12位パルマ(勝ち点29)に対し、インテルは5分にピンチ。CKからクツカに際どいヘディングシュートを許した。 圧力をかけてくるパルマに対し、攻撃の形を作れないインテルは、21分にも大ピンチ。ボックス左に侵入したジェルビーニョにバー直撃のシュートを打たれた。 ボールを持つものの打開できないインテルの1stシュートは29分。ナインゴランが強引にミドルシュートを狙った。ハーフタイムにかけてもチャンスを生み出せなかった低調なインテルは、ゴールレスで前半を終えた。 後半も苦戦していたインテルは54分に先制しかけた。左CKからダンブロージオがヒジでねじ込んだが、VARの末にノーゴールに覆った。 続く62分にはFKからイカルディがボレーで合わせるも枠を捉えきれなかったインテルが徐々に攻勢を強める流れとなる中、77分にジョアン・マリオに代えてL・マルティネスを投入した。 すると79分、そのL・マルティネスが大仕事を果たす。ショートカウンターに転じた流れからナインゴランのパスを受けたL・マルティネスがボックス右からシュートをねじ込んだ。 4試合ぶりのゴールで先制したインテルは、84分にL・マルティネスの浮き球パスに抜け出したヴェシーノが決定的なシュートに持ち込めば、直後にもブロゾビッチのミドルシュートが右ポストに直撃する決定機を演出。 追加点こそ奪えなかったものの、1-0で試合を終わらせたインテルが2019年リーグ戦初勝利を挙げている。 2019.02.10 06:24 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーベ指揮官アッレグリ「プレーは切るべきだった」93分に失点、ドロー決着を悔やむ

セリエA第22節でユベントスはパルマと3-3のドローに終わった。試合後、マッシミリアーノ・アッレグリ監督が3-1から追いつかれ、勝ち点を取りこぼしたことを悔やんでいる。<br><br>アッレグリ監督は『RAI』に対して、試合後に次のように語った。<br><br>「最終ラインの4人(ジョアン・カンセロ、マルティン・カセレス、ダニエレ・ルガーニ、レオナルド・スピナッツォーラ)が一緒にプレーしたのは今回が初めてのことだった。組織的に防ぐことができず、一対一での対処が求められてしまった」<br><br>3-2で迎えた試合終了間際の93分、自陣深くのコーナーフラッグ近くでユーヴェはボールキープを狙うも、それをカットされてジェルヴィーニョに同点弾を許すという結果になってしまった。<br><br>アッレグリは「コーナーフラッグ付近で粘ったプレーは、結果的に正しくなかった。やはりこういう時はしっかりとキックアウトしてプレーを切るなど、セーフティーにするべきだった」と言及。3-3に追いつかれる呼び水のワンプレーを悔やんだ。<br><br>ユベントスはホームで勝ち点1を奪取したものの、勝利した2位ナポリとの勝ち点差が9に詰められている。<br><br> <br>提供:goal.com 2019.02.03 21:10 Sun
twitterfacebook
thumb

急造守備陣のユーベ、C・ロナウド2発もホームで痛恨3失点ドロー《セリエA》

ユベントスは2日、セリエA第22節で パルマをホームに迎え、3-3で引き分けた。 前節ラツィオ戦では大苦戦を強いられた中、2-1の劇的な逆転勝利を飾った首位ユベントス(勝ち点59)は、3日前に行われたコッパ・イタリア準々決勝のアタランタ戦では0-3と惨敗。3冠の可能性が潰え、ボヌッチに続いてキエッリーニも負傷した中、ケガ明けのマンジュキッチが先発となり、3度目の加入となったカセレスがスタメンとなった。 12位パルマ(勝ち点28)に対し、3トップに右からドグラス・コスタ、マンジュキッチ、C・ロナウドと並べ、中盤アンカーにピャニッチを配す[4-3-3]で臨んだユベントスが立ち上がりからボールを保持すると、17分にC・ロナウドがミドルシュートでGKを強襲した。 その後もカンセロとスピナッツォーラの両サイドバックを押し上げて圧力をかけるユベントスは、34分にボックス内からケディラの放った左足のシュートが左ポストに直撃した。そして37分、C・ロナウドがこじ開ける。 ボックス左でマテュイディのパスを受けたC・ロナウドが体勢を崩しながらゴール右にシュートを流し込んだ。 さらに45分、CKからカセレスが倒されたプレーがPKと判定されるも、VARの末にノーファウルと判定され、ユベントスが1点のリードで前半を終えた。 後半からドグラス・コスタに代えてベルナルデスキを投入したユベントスは、58分にC・ロナウドの左クロスからケディラのヘディングシュートが右ポストに直撃した。 続く61分にもケディラがミドルシュートでGKを強襲したユベントスは62分に加点する。分厚い攻めを見せ、マンジュキッチの左クロスからルガーニのボレーシュートが決まった。 その後、64分にバリッラにボレーシュートで1点差に詰め寄られたユベントスだったが、直後の66分、マンジュキッチの右クロスからC・ロナウドが打点の高いヘッドで押し込み、すかさずリードを広げた。 しかし74分、再び1点差に詰め寄られる。自陣左サイドを突かれ、ジェルビーニョにヒールシュートで流し込まれた。 終盤にかけてはピンチなく試合を進めたユベントスが3-2で逃げ切るかと思われたが、追加タイム3分に落とし穴。マンジュキッチのクリアミスをカットされた流れからジェルビーニョにこの試合2ゴール目を決められてしまった。 直後にタイムアップとなり、コッパ・イタリア敗退に続いてユベントスはまずい試合を演じてしまった。 2019.02.03 06:29 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング