アストン・ビラ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 アストン・ビラ 17 3 8 27 27 76 -49 38

基本データ

正式名称:アストン・ビラFC

原語表記:Aston Villa Football Club

愛称:ビラ、ビランズ

創立:1874年

ホームタウン:ビラ・パーク

チームカラー:えんじ

関連ニュース

thumb

35歳“ジンジャー・ペレ”古巣アストン・ビラに復帰か

▽今夏にウェストハムを退団した元ウェールズ代表DFジェームズ・コリンズ(35)のアストン・ビラ復帰が近づいているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽今夏に、通算10年間過ごしたウェストハムを退団したコリンズ。ハマーズファンからは“ジンジャー・ペレ”という愛称で親しまれ、公式戦214試合に出場した。 ▽今年8月に35歳の誕生日を迎えたコリンズは現在フリーの身。そんな中で古巣アストン・ビラが単年契約で同選手の獲得を検討しているようだ。アストン・ビラには2009年から2012年の間在籍し通算108試合に出場。イングランド代表MFアシュリー・ヤング(現マンチェスター・ユナイテッド)や元イングランド代表FWダレン・ベントらとともにプレーした。 ▽アストン・ビラは、昨シーズン限りで元イングランド代表DFジョン・テリーが退団し、センターバックを募集しているところ。現在はコリンズの他に、チェルシーの元イングランド代表DFギャリー・ケイヒルにも注目。同選手はアストン・ビラ出身で、移籍となれば10年ぶりの復帰となる。 2018.09.22 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ランパード監督、無所属の盟友・テリー獲得を否定「ジョンはどこに行っても最高のリーダー」

現在、ダービー・カウンティで監督を務めるフランク・ランパードが、現役時代にチェルシーやイングランド代表で同僚だった盟友ジョン・テリーについて言及している。イギリス『エクスプレス』が報じた。<br><br>1980年生まれ、現在37歳のテリーは昨シーズン、アストン・ヴィラでプレーするも退団が決定。本人は現役続行の意思を示しており、先日はスパルタク・モスクワとの契約が間近と報じられていたが、正式契約に至らず。引き続き、無所属の状態となっている。<br><br>テリーのこの状況を受け、ダービーの指揮官ランパードは「ジョンは素晴らしいリーダーであり、優れた選手であることは疑いの余地がない。彼がどんな道を選んだとしても、彼にとって最良の選択肢となるだろう」と発言。<br><br>その一方で、ダービーがテリーと契約する可能性については「我々にはすでに十分なディフェンス陣がいるからね。それに、チームの若返りを図るためにオーナーとも話はしていた」と続け、ベテランでもあるテリー獲得の可能性を否定している。<br><br>ランパードは「彼は私が見てきた選手の中で、最も優れたキャプテンだ。ピッチやドレッシングルームで、常に模範的な姿を見せてくれる。そんなジョンだから、どのチームと契約したとしても最高のリーダーであり続けるはずだ」と述べ、かつての盟友にエールを贈っている。<br><br>テリーは現在、無所属のまま契約先を模索している状況だ。果たしてテリーはどのような進路を選ぶのか、引き続きその動向が注目される。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.09.16 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

スパルタク・モスクワ加入目前だったテリー、家族の都合で断念

▽アストン・ビラを退団してフリーとなっている元イングランド代表DFジョン・テリー(38)が12日、自身のインスタグラムで目前に迫っていたスパルタク・モスクワの加入を断念したことを明かした。 ▽昨夏に20年以上過ごしたチェルシーを離れ、アストン・ビラに加入して1年間プレーしたテリー。退団した今夏には、これまでマンチェスター・ユナイテッドへの加入やアストン・ビラとの再契約の可能性が囁かれ、直近ではスパルタク・モスクワと契約延長オプション付きの1年間契約でサインすることが濃厚と報じられていた。 ▽しかし、テリーはインスタグラムで次のようにコメントした。 「かなり考えたが、スパルタク・モスクワの契約を受けないことに決めた。彼らには感謝の気持ちを示したいし、彼らの成功を願っている。スパルタク・モスクワは野心的なクラブでプロフェッショナリズムにも感銘を受けた。ただ、家族と話し合った結果、この移籍が正しいものではないと判断した。スパルタク・モスクワの幸運を祈る」 2018.09.13 03:11 Thu
twitterfacebook
thumb

ジョン・テリー、スパルタク・モスクワ加入が目前に

▽今夏アストン・ビラを退団した元イングランド代表DFジョン・テリー(38)のスパルタク・モスクワ加入が目前に迫っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽昨夏に20年以上過ごしたチェルシーを離れ、アストン・ビラに加入して1年間プレーしたテリー。退団した今夏には、これまでマンチェスター・ユナイテッドへの加入やアストン・ビラとの再契約の可能性が囁かれていた。 ▽伝えるところによると、テリーはスパルタク・モスクワと契約延長オプション付きの1年間契約でサインすることが濃厚とのこと。土曜日の朝にローマですでに同クラブのメディカルチェックを済ませているという。 ▽スパルタク・モスクワは、現在ロシア・プレミアリーグ開幕6試合を終え、勝ち点2ポイント差で首位・ゼニトに次ぐ2位に位置。もし、テリーが加入することになれば、ヨーロッパリーグ(EL)で同組のレンジャーズ戦で、かつてイングランド代表として共に戦ったスティーブン・ジェラード監督との対決が実現する可能性がある。 2018.09.09 08:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ジョン・テリー、アストン・ビラ復帰を希望? 「やり残した仕事がある」

▽フリーになっている元イングランド代表DFジョン・テリー(37)が、今夏退団したアストン・ビラでの心残りを語っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽チェルシーで一時代を築くなど確かな実績を持つテリーには、ポルトガルの名門スポルティング・リスボンなど様々な新天地候補が浮上。しかし、先日伝えられたチェルシー時代の恩師・ジョゼ・モウリーニョ監督率いるマンチェスター・ユナイテッド行きは、マンチェスター地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』によって否定され、未だ行き先が定まらないのが現状だ。 ▽そんな中、テリー当人が自身の将来について触れ、アストン・ビラ復帰を希望していることを仄めかした。 「僕はアストン・ビラでの時間を愛している。昇格できなかったことにまだ酷くショックを受けているよ」 「監督、プレーヤーたち、そしてサポーターとはインクレディブルな関係だった。僕は負けることが嫌いだ。あそこにはやり残した仕事がある」 「僕を間違えないで。もし再びプレーしないのであれば信じられないほどのキャリアに満足しているはずだ。だが、僕はまだ飢えている。周囲全てが適切ならばプレーしたい。僕と僕の家族のために、それが正しいのならば」 ▽テリーは昨シーズン、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に属するアストン・ビラで主将としてリーグ32試合に出場。しかし、4位フィニッシュに貢献したものの昇格プレーオフでフルアムに敗れ、昇格を逃していた。 2018.09.08 15:40 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング