ボローニャ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 ボローニャ 23 6 5 8 18 25 -7 19

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-01-22
23:00
セリエA
第21節
ボローニャ vs トリノ
2017-01-28
23:00
セリエA
第22節
カリアリ vs ボローニャ
2017-02-04
28:45
セリエA
第23節
ボローニャ vs ナポリ
2017-02-12
26:00
セリエA
第24節
サンプドリア vs ボローニャ
2017-02-19
20:30
セリエA
第25節
ボローニャ vs インテル

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.01.17
29:00
コッパ・イタリア
5回戦
インテル 3 - 2 ボローニャ
2017.01.14
26:00
セリエA
第20節
クロトーネ 0 - 1 ボローニャ
2017.01.08
28:45
セリエA
第19節
ユベントス 3 - 0 ボローニャ
2016.12.18
23:00
セリエA
第17節
ペスカーラ 0 - 3 ボローニャ
2016.12.11
23:00
セリエA
第16節
ボローニャ 0 - 0 エンポリ

基本データ

正式名称:ボローニャFC

原語表記:Bologna Football Club s.p.a

愛称:ロッソブル(赤と青)

創立:1909年

ホームタウン:ボローニャ

チームカラー:赤、青

関連ニュース

thumb

ガビゴル初先発のインテル、延長戦突入もムリージョの華麗バイシクル弾などでボローニャ撃破《コッパ・イタリア》

▽インテルは17日、コッパ・イタリア5回戦でボローニャを本拠地ジュゼッペ・メアッツァに迎え、延長戦の末3-2で勝利した。インテルのDF長友佑都はベンチ入りしたものの出場機会はなかった。 ▽3日前に行われたセリエA第20節のキエーボ戦を3-1で逆転勝利したインテルは、その試合のスタメンから5選手を変更。バックラインと中盤は大幅に入れ替えず、前線のイカルディやペリシッチ、カンドレーバらを温存し、ガブリエウ・バルボサが移籍後初スタメンを飾って、負傷していたメデルが約2カ月ぶりに戦列に復帰した。 ▽デストロを残して[4-5]の守備ブロックを形成するボローニャに対し、3トップに右からG・バルボサ、パラシオ、エデルと並べる[4-3-3]で臨んだインテルが、立ち上がりからボールを保持していく。 ▽しかし、最前線のパラシオに全くボールが入らず崩しきれずにいると、徐々にボローニャの反撃に遭う。なかなか攻撃のギアが上がらない中、23分に右サイドからカットインしたG・バルボサが枠内シュートをマーク。その後も攻めあぐねていたインテルだったが33分、ムリージョの華麗なゴールで先制する。右CKを得ると、クロスボールに反応したムリージョが美しいバイシクルシュートをゴール左に叩き込んだ。 ▽さらに39分、カウンターに転じたインテルは、右サイドからのジョアン・マリオの絶妙なアーリークロスを受けたパラシオがボックス右に侵入してゴール左へ冷静にシュートを流し込み、追加点を奪いきる。ところが43分、一瞬の隙を突かれてジェマイリに1点を返され、前半を2-1で終えた。 ▽迎えた後半、50分にジョアン・マリオが決定的なヘディングシュートを浴びせたインテルが良い入りを見せる。前半に思うようなプレーを見せられていなかったエデルが左サイドで起点となると、57分にそのエデルが左足で際どいミドルシュートを浴びせた。 ▽攻勢を続けるインテルは66分にショートカウンターからパラシオがGKを強襲するシュートを放つと、68分にもジョアン・マリオが決定的な枠内シュートを浴びせていく。ダメを押す3点目を奪いたいインテルは72分、G・バルボサとパラシオに代えてイカルディとカンドレーバを投入。 ▽しかし73分、ワンチャンスを決められる。左サイドからのマジーナの正確な鋭いクロスを、ドンサーにヘディングで合わせられ、2-2とされてしまった。 ▽圧倒しながらも痛恨の失点を喫したインテルはその後、動揺からか拙攻を続ける。結局、90分のうちに勝ち越しゴールを奪うことはできず、延長戦へ突入した。 ▽迎えた延長戦前半、インテルが押し込む流れが続くと、99分に勝ち越しゴールを奪う。イカルディの右サイドからのクロスをファーサイドで受けたカンドレーバが左足を振り抜くと、DFに当たったシュートがネットを揺らした。延長後半も危なげなく試合を進めたインテルが3-2で勝利。延長戦を制して準々決勝進出を決めた。 2017.01.18 07:33 Wed
twitterfacebook
thumb

イグアインとディバラ揃い踏みのユベントスがホーム戦26連勝のセリエA記録樹立 《セリエA》

▽ユベントスは8日、セリエA第19節でボローニャをホームに迎え、3-0で快勝した。 ▽2016年最終戦となったミランとのスーペル・コッパで痛恨のPK負けを喫した首位ユベントス(勝ち点42)は、2位ローマに暫定4ポイント差とされている。そのユベントスは15位ボローニャ(勝ち点20)に対し、イグアインとディバラが公式戦14試合ぶりに2トップを組み、コンディション不良のGKブッフォンが欠場となった。 ▽ここまで全勝を維持するホームでの新年初戦、中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]で臨んだユベントスは7分にあっさり先制する。バイタルエリア中央で仕掛けたピャニッチが浮き球パスを送ると、ボックス中央のイグアインが背後から来たボールをうまくボレーでミート。これがGKミランテの手を弾いてゴールネットを揺すった。 ▽その後も攻勢に出るユベントスは16分にイグアインのヘディングシュートで、23分にマルキジオの強烈なミドルシュートで追加点に迫っていく。前半半ば以降もユベントスが主導権を握ると、40分にPKを獲得する。ストゥラーロがボックス左でドリブルを仕掛けると、オイコノムに倒された。これをディバラが決めてリードを2点に広げ、前半を終えた。 ▽迎えた後半もボールを保持したユベントスは55分、右サイドを突破したリヒトシュタイナーのクロスをフリーのイグアインがヘッドで叩き込んで3点目を奪取。 ▽余裕の展開のユベントスは自陣に引きつつ、ボールホルダーへの鋭い寄せでボローニャに自由を与えない。そしてピャニッチやイグアインをお役御免としていく。さらに81分にはリンコンがユベントスデビューを飾った中、ボローニャに何もさせないままタイムアップ。新年初戦を快勝で飾ったユベントスが、ホーム戦26連勝のセリエA記録を樹立。2位ローマとの暫定4ポイント差を維持している。 2017.01.09 06:41 Mon
twitterfacebook
thumb

サラーのトリプレッタで快勝のローマが首位ユベントスを追走!《セリエA》

▽セリエA第12節、ローマvsボローニャが6日にスタディオ・オリンピコで行われ、ローマが3-0で快勝した。 ▽前節、エンポリ相手にゴールレスドローに終わり、連勝が「4」でストップした2位のローマ。2試合ぶりの勝利を目指す今節は、16位のボローニャをホームに迎えた。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグのオーストリア・ウィーン戦からのメンバー変更は3点。ファシオとサラー、シュチェスニーが先発に復帰した。 ▽急造の最終ラインでバタ付く入りとなったローマだが、序盤のピンチを凌ぐと一気に攻勢を強める。10分、左サイドからドリブルで切り込んだゼコが右足を振り抜くが、これはわずかに枠の右に外れる。それでも13分、ボックス左で仕掛けたペロッティからのマイナスの折り返しをサラーがダイレクトシュート。ゴール前のDFにディフレクトしたボールが、そのままゴールネットに吸い込まれた。 ▽幸先良く先制に成功したローマは、15分にサラーのクロスからペロッティが決定機に顔を出すなど、積極的に2点目を狙う。30分にはデ・ロッシのワンタッチパスに抜け出した右サイドのブルーノ・ペレスのマイナスの折り返しを、ボックス中央のナインゴランがダイレクトシュートも、わずかに枠の右に外れた。その後もペロッティのシュートなどでゴールに迫るローマだが、前半のうちに追加点を奪うまでには至らず。 ▽後半に入っても主導権を譲らないローマは、立ち上がりにボックス内で仕掛けたゼコが続けて際どいシュートを放つなど、前半同様に2点目を狙う。だが、再三の裏への抜け出しを見せるサラーが、ことごとくチャンスを決め切れない。 ▽流れを変えたいスパレッティ監督は、57分にリュディガーを下げてレアンドロ・パレデスを投入。この交代でデ・ロッシがセンターバックに下がり、パレデスが中盤に入る。これで攻勢を強めるローマは62分、中盤でボールを奪ったストロートマンからの絶妙なスルーパスに抜け出したサラーがGKとの一対一をモノにし、貴重な追加点を奪取した。 ▽この2点目で試合の流れを完全に掴んだローマは、71分にゼコのシュートのこぼれ球をサラーが難なく押し込み、ローマ移籍後初となるトリプレッタを達成。その後、ジェルソン、エル・シャーラウィを投入したローマは、2試合連続のクリーンシートで試合を締めくくり、首位ユベントスとの勝ち点4差をきっちりキープした。 2016.11.07 06:38 Mon
twitterfacebook
thumb

ボローニャの得点源デストロが2週間の離脱、今季は3ゴールをマーク

▽ボローニャは10日、元イタリア代表FWマッティア・デストロが2週間離脱することを発表した。 ▽昨季は8ゴールを挙げ、今季のセリエAでは6試合に出場して3ゴールをマークし、ボローニャのエースストライカーとして活躍するデストロだが、右足のふくらはぎを痛めていることがわかり、2週間の戦線離脱となった。 ▽そのため、16日に行われるセリエA第8節ラツィオ戦と、16日に行われるセリエA第9節サッスオーロ戦の欠場が濃厚となった。 2016.10.11 01:29 Tue
twitterfacebook
thumb

G・バルボサがデビューもインテル引き分けで4連勝ならず《セリエA》

▽インテルは25日、セリエA第6節でボローニャとのホーム戦に臨み、1-1で引き分けた。インテルの長友はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節エンポリ戦をイカルディの4戦連発弾で快勝して3連勝としたインテルは、エンポリ戦のスタメンから3選手を変更。ムリージョとジョアン・マリオが欠場となってダンブロージオがベンチスタートとなった一方、出場停止明けのバネガ、ラノッキアとミアングの両バックアッパーがスタメンとなった。 ▽ヴェルディが3試合連続ゴール中で3勝2敗スタートのボローニャが球際へ鋭く寄せてきたこともあってインテルは序盤、ボールが落ち着かない状況を強いられる。なかなか最前線のイカルディにボールが入らず、攻撃の形を作れずにいると14分、失点してしまう。バイタルエリア右でヴェルディに粘られてラストパスを送られると、ボックス左のデストロにシュートを決められてしまった。 ▽ポゼッションを高めてサイドから攻撃を仕掛けるインテルは、25分にバネガのミドルシュートでGKを強襲する。しかし、流れが悪いことからF・デ・ブール監督は28分にコンドグビアに代えてニュクリを投入する荒治療を施す。すると37分、カンドレーバのロングフィードに反応したボックス左のペリシッチが左足ボレーで一閃。完璧に捉えたシュートがゴール右に決まり、同点とすることに成功した。 ▽続く40分にはイカルディの浮き球パスをボックス中央のカンドレーバがボレーシュート。綺麗に捉えたシュートだったがGKダ・コスタの好守に阻まれ、前半を1-1で終えた。 ▽後半も前半終盤の流れを受け、インテルが圧力をかける入りとなると、49分にボックス右からカンドレーバが枠内シュートを浴びせた。しかし、徐々に停滞したことを受け、F・デ・ブール監督は2枚目のカードを切る。65分、バネガに代えてエデルを投入した。 ▽それでもシュートに持ち込めないインテルは、79分にカンドレーバに代えてインテルデビューとなるガブリエウ・バルボサを右ウイングに投入して打開にかかる。しかし、終盤にかけてオープンな攻防となる中、86分にピンチ。ボックス右からジェマイリの強烈なシュートがGKハンダノビッチを強襲した。 ▽追加タイム5分には右サイドからのペリシッチのクロスにフリーとなったラノッキアがヘディングシュートを放つ大チャンスを迎えるも、枠を捉えきれずに1-1でタイムアップ。連勝が3でストップした。 2016.09.26 00:15 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング