ボローニャ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 ボローニャ 18 3 9 11 18 35 -17 23
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-02-18
28:30
セリエA
第24節
ローマ vs ボローニャ
2019-02-23
26:00
セリエA
第25節
ボローニャ vs ユベントス
2019-03-03
23:00
セリエA
第26節
ウディネーゼ vs ボローニャ
2019-03-10
20:30
セリエA
第27節
ボローニャ vs カリアリ
2019-03-16
28:30
セリエA
第28節
トリノ vs ボローニャ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.02.10
20:30
セリエA
第23節
ボローニャ 1 - 1 ジェノア
2019.02.03
26:00
セリエA
第22節
インテル 0 - 1 ボローニャ
2019.01.27
23:00
セリエA
第21節
ボローニャ 0 - 4 フロジノーネ
2019.01.20
23:00
セリエA
第20節
SPAL 1 - 1 ボローニャ
2019.01.12
28:45
コッパ・イタリア
ラウンド16
ボローニャ 0 - 2 ユベントス
基本データ

正式名称:ボローニャFC

原語表記:Bologna Football Club s.p.a

愛称:ロッソブル(赤と青)

創立:1909年

ホームタウン:ボローニャ

チームカラー:赤、青

関連ニュース
thumb

ボローニャのナイジェリア人FWオケウォンクウォがレンタルでモントリオールに移籍

メジャーリーグサッカー(MLS)のモントリオール・インパクトは12日、ボローニャのナイジェリア人FWオリジ・オケウォンクウォ(21)を2019年12月までのレンタルで獲得したことを発表した。 U-20ナイジェリア代表歴のあるウインガー兼ストライカーのオケウォンクウォは、2016年8月に母国のアブジャからボローニャに移籍。これまでボローニャでは公式戦30試合に出場して3ゴール2アシストを記録。今季はセリエAで8試合に出場していたが、ゴールはなかった。 2019.02.13 02:13 Wed
twitterfacebook
thumb

低調続くインテル、ホームで監督交代のボローニャに痛恨黒星で連敗《セリエA》

インテルは3日、セリエA第22節でボローニャをホームに迎え、0-1で敗れた。 前節サッスオーロ戦では3バックへのシステム変更が全く実らず攻撃陣が不発に終わってトリノに0-1と敗れた3位インテル(勝ち点40)は、3日前に行われたコッパ・イタリア準々決勝のラツィオ戦をPK戦の末に敗れた。そのインテルはナインゴランや、この冬の移籍市場でトランスファーリクエストを提出したペリシッチが先発となった。 F・インザーギ監督を解任した18位ボローニャ(勝ち点14)に対し、最前線にイカルディ、2列目に右からカンドレーバ、ナインゴラン、ペリシッチと並べる[4-2-3-1]を採用したインテルは開始1分に相手のバックパスをカットしたイカルディが決定的なシュートに持ち込んだ。 しかし8分にオルソリーニの強烈なボレーシュートでゴールを脅かされると、12分にもサンタンデールに際どいヘディングシュートを許してしまう。 イマイチ波に乗り切れないインテルはポゼッションしてサイドから打開を図るも、28分にもピンチ。ロベルト・ソリアーノのスルーパスをボックス中央で受けたサンタンデールに決定的なシュートを打たれた。だが、GKハンダノビッチがファインセーブを見せ凌ぐ。 しかし32分、左CKからニアサイドのサンタンデールに頭で合わせられたシュートがネットを揺らした。 まずい流れのまま失点したインテルは36分にビッグチャンス。だが、ダウベルトの左クロスをダイレクトで合わせたヴェシーノのシュートは枠を外してしまった。 低調な前半を1点ビハインドで終えて迎えた後半、カンドレーバに代えてL・マルティネスを投入したインテルは、51分に決定機。FKの流れからボックス手前のナインゴランが強烈なボレーシュートを放ったが、GKスコルプスキの好守に阻まれた。 その後も押し込むインテルだったがシュートに持ち込めずにいると、68分にナインゴランに代えてジョアン・マリオを投入。すると71分、イカルディがボックス内から左足ボレーでゴールに迫るも、その後はチャンスを生み出せない。 87分にようやくラノッキアのボレーシュートでオンターゲットを記録したが、1点が遠くそのまま0-1で敗戦。ボローニャに4カ月ぶりの白星を献上したインテルは、2戦連続での無得点敗戦となった。 2019.02.04 03:59 Mon
twitterfacebook
thumb

ボローニャがF・インザーギ監督を解任! 後任にはミハイロビッチ氏が復帰

ボローニャは28日、フィリッポ・インザーギ監督を解任し、後任にシニシャ・ミハイロビッチ氏(49)を招聘したことを発表した。契約は今季終了までとなっているが、1年間の契約延長オプションが付いている。 今シーズンのボローニャは、3シーズン連続でセリエA残留に導いたロベルト・ドナドーニ監督との契約満了を迎え、新たにインザーギ監督を招へい。2016-17シーズンには当時セリエCのヴェネツィアをセリエBに昇格させ、2017-18シーズンにはセリエA昇格プレーオフに導く手腕を見せていたが、ボローニャではリーグ第21節を終えた時点で2勝8分け11敗で降格圏の18位に落ち込んでいた。 昨年12月26日に行われたセリエA第18節では、弟のシモーネ率いるラツィオと対戦し、インザーギ兄弟初対決として注目を集めたが、0-2で敗北。弟に苦杯を嘗めさせられた形となった。 新しくボローニャを率いることになったミハイロビッチ氏は2008年11月から翌年4月までボローニャを率いた経歴がある。これまでにセルビア代表のほか、フィオレンティーナやミラン、トリノといったイタリアクラブで指揮棒を振るってきたセルビア人監督は、直近では昨夏にスポルティング・リスボンの監督に就任したものの、サポーターによる選手襲撃など混乱のさなかにある中で、就任から9日後に解任となることが発表されていた。 2019.01.29 05:33 Tue
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、ボローニャDFデ・マイオを買い取り義務付きレンタルで獲得

ウディネーゼは25日、ボローニャのフランス人DFセバスティアン・デ・マイオ(31)を買い取り義務付きレンタルで獲得したことを発表した。 ブレシアでプロデビューを飾ったセンターバックのデ・マイオは、ジェノアで主力として活躍後、アンデルレヒト、フィオレンティーナを経て昨季ボローニャへ移籍。そのボローニャでは昨季、セリエAで26試合に出場して準主力としてプレーしていたものの、今季はセリエAで6試合の出場に留まっていた。 2019.01.25 22:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、元インテルMFクリセティグをセリエBベネヴェントにレンタル

ボローニャは24日、フロジノーネにレンタル中のイタリア人MFロレンツォ・クリセティグ(26)がセリエBのベネヴェントに今シーズン終了までのレンタル移籍で加入することを発表した。なお、この契約には買い取り義務が付随している。 インテルのプリマヴェーラ出身であるクリセティグは、左利きのレジスタ。各世代のイタリア代表に招集されてきたが、インテルのトップチームでは出場機会に恵まれず。 2016年にレンタル先のボローニャに完全移籍で加入も思うように出場機会を得られず、今季はフロジノーネにレンタル移籍。ここまでセリエA3試合に出場していた。 2019.01.24 19:30 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング