超ワールドサッカー

ボローニャ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 ボローニャ 41 11 8 19 40 58 -18 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.27
25:00
セリエA
第38節
ボローニャ 1 - 2 ユベントス
2017.05.21
22:00
セリエA
第37節
ミラン 3 - 0 ボローニャ
2017.05.14
22:00
セリエA
第36節
ボローニャ 3 - 1 ペスカーラ
2017.05.07
22:00
セリエA
第35節
エンポリ 3 - 1 ボローニャ
2017.04.30
22:00
セリエA
第34節
ボローニャ 4 - 0 ウディネーゼ

基本データ

正式名称:ボローニャFC

原語表記:Bologna Football Club s.p.a

愛称:ロッソブル(赤と青)

創立:1909年

ホームタウン:ボローニャ

チームカラー:赤、青

関連ニュース

thumb

ボローニャ、パレルモからコスタリカ代表DFゴンサレスを獲得

▽ボローニャは22日、パレルモのコスタリカ代表DFジャンカルロ・ゴンサレス(29)を獲得したことを発表した。移籍金や契約期間は明かされていない。 ▽ブラジル・ワールドカップでベスト8進出に大きく貢献したセンターバックのG・ゴンサレスは、2014年夏にメジャーリーグサッカー(MLS)のコロンバス・クルーからパレルモへ移籍。パレルモでは準主力として活躍し、在籍3シーズンで公式戦71試合に出場して3ゴールをマークしていた。 ▽2016-17シーズンはセリエAで21試合に出場したが、チームを降格から救うことはできなかった。 2017.06.22 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ボローニャがアンデルレヒトのフランス人DFデ・マイオを完全移籍で獲得

▽ボローニャは21日、アンデルレヒトのフランス人DFセバスティアン・デ・マイオ(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は発表されていない。 ▽2016年夏にジェノアからアンデルレヒトへ完全移籍したセンターバックのデ・マイオだったが、監督との衝突により6週間でフィオレンティーナへレンタル移籍し、2016-17シーズンはセリエAで6試合に出場していた。買取りオプションが付いていたが、フィオレンティーナは行使せず、ボローニャへの移籍が決まる形となった。 2017.06.21 23:46 Wed
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、イタリア代表FWヴェルディと2021年までの新契約締結!

▽ボローニャは13日、イタリア代表FWシモーネ・ヴェルディ(24)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽ミランのプリマヴェーラ出身のヴェルディだが、トップチームに定着はできず。それでも、2013年から2年間在籍したエンポリで急成長を遂げると、2016年にミランから完全移籍で加入したボローニャでは、持ち味のスピードを活かした突破力を武器に今季セリエAで28試合に出場し、6ゴール5アシストを記録した。 ▽この活躍が評価され、今年3月に行われたオランダ代表との国際親善試合で待望のアッズーリデビューも飾っていた。 2017.06.14 03:20 Wed
twitterfacebook
thumb

17歳FWケアンのセリエA初ゴールでユベントスが最終戦を飾る《セリエA》

▽ユベントスは27日、セリエA最終節でボローニャとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。 ▽前節クロトーネ戦を3-0と快勝して史上初のセリエA6連覇を達成したユベントスは、1週間後にチャンピオンズリーグ決勝のレアル・マドリー戦を控える中、GKブッフォンのほかバックラインを中心に主力を温存。GKにはトップチーム初出場となる20歳のアウデーロを起用し、負傷明けのケディラがスタメンとなった。 ▽15位ボローニャに対し、立ち上がりから敵陣でプレーを続けたユベントスは、アタッキングサードでのディバラとクアドラードの仕掛けを起点にアクセントを付けていく。 ▽すると20分、ボックス中央のイグアインが反転から枠内シュートを浴びせてけん制。続く28分にはケディラのスルーパスを受けたボックス左のストゥラーロが決定的なシュートを浴びせるも、DFの好ブロックに阻まれた。 ▽前半半ば以降も敵陣でのプレーを続けたユベントスは45分、イグアインのミドルシュートでゴールに迫ったが枠を捉えきれず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半開始1分にイグアインのスルーパスからケディラが決定的なシュートを浴びせたユベントスだったが、52分に失点する。ボックス手前左からのタイデルの巻いたミドルシュートがゴール右上に吸い込まれた。 ▽ファインゴールで先手を取られたユベントスは、マルキジオに代えてピャニッチを、ケディラに代えてマンジュキッチを投入。選手交代で攻勢を強めていくと、69分にディバラがコントロールシュートでゴールに迫ったが、GKダ・コスタのビッグセーブに阻まれた。それでも直後の70分、CKの流れからイグアインのシュートのルーズボールをディバラが蹴り込んで試合を振り出しに戻した。 ▽同点後も押し込んだユベントスは、終盤の89分にヴィヴィアーニの直接FKでゴールを脅かされ、ひやりとする。そのまま1-1でタイムアップを迎えるかに思われたが、追加タイム4分にピャニッチのFKからケアンのヘディングシュートが決まって土壇場でユベントスが逆転勝利。 ▽17歳FWケアンのセリエA初ゴールが生まれたユベントスがセリエA最終戦を勝利で終え、レアル・マドリー戦に弾みを付けている。 2017.05.28 03:05 Sun
twitterfacebook
thumb

伊紙も本田圭佑のミラン退団を報道「別れのゴール、日陰の本田にとって栄光の日曜」

21日のボローニャ戦終了後、ミラン退団を表明した日本代表のMF本田圭佑について、イタリア紙も言及している。<br><br>本田は21日に行われたセリエA第37節ミラン対ボローニャ戦(3-0)に58分から途中出場した。ホームのサン・シーロでのラストマッチとなるこの試合では、73分にFKを左足で決め、今シーズン初得点を挙げた。またこの勝利により、ミランは6位以内を確保し、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)予選への出場権を獲得した。ボローニャ戦の本田の出来には、指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラのほか、チームメートやメディアからも称賛の声が上がった。しかし、本田はその後、イタリア語でツイッターにメッセージを投稿し、今シーズン終了後の退団を発表することを決断した。<br><br>■イタリア紙も本田の退団表明を報道本田の退団表明は、イタリア各紙にも取り上げられている。『ガゼッタ・デロ・スポルト』は「ホンダ、別れのゴール」とのタイトルで報じ、「何週間にもわたり日陰の身だったケイスケ・ホンダにとって、栄光の日曜日となった。シーズン終了後に移籍するため、サンシーロでの今シーズン最初で最後のゴールだった」として、ホームでの最終戦において思い出となる得点を挙げたことを伝えた。<br><br>また『コリエレ・デロ・スポルト』も同様に、「ケイスケ・ホンダはあと1週間で背番号10のユニフォームを完全に脱ぐことになる」と、ミラン退団を報じている。<br><br>メディア『メディアセット・プレミアム』は2014年冬にミランに加入した本田の経歴を振り返り、「(クラレンス・)セードルフ、(フィリッポ・)インザーギ、(シニシャ・)ミハイロビッチ、(クリスティアン・)ブロッキの下で好調もあれば不調の時もあったが、今シーズン、ホンダはミランの構想外となってしまった」と説明している。しかし、ボローニャ戦のゴールに触れ、「サッカー界のスカラ座との別れには最高の形だった」とコメントしている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.23 17:10 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング