ボローニャ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 ボローニャ 39 11 6 17 37 44 -7 34

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-04-29
22:00
セリエA
第35節
ボローニャ vs ミラン
2018-05-05
27:45
セリエA
第36節
ユベントス vs ボローニャ
2018-05-13
22:00
セリエA
第37節
ボローニャ vs キエーボ
2018-05-21
27:45
セリエA
第38節
ウディネーゼ vs ボローニャ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.04.22
19:30
セリエA
第34節
カリアリ 0 - 0 ボローニャ
2018.04.18
27:45
セリエA
第33節
サンプドリア 1 - 0 ボローニャ
2018.04.15
22:00
セリエA
第32節
ボローニャ 2 - 0 ヴェローナ
2018.04.08
22:00
セリエA
第31節
クロトーネ 1 - 0 ボローニャ
2018.03.31
19:30
セリエA
第30節
ボローニャ 1 - 1 ローマ

基本データ

正式名称:ボローニャFC

原語表記:Bologna Football Club s.p.a

愛称:ロッソブル(赤と青)

創立:1909年

ホームタウン:ボローニャ

チームカラー:赤、青

関連ニュース

thumb

ゼコ弾で追いつくもローマが痛恨のドロー…負傷交代ナインゴランはCLバルサ戦欠場濃厚に《セリエA》

▽セリエA第30節、ボローニャvsローマが31日にスタディオ・レナート・ダッラーラで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽公式戦4連勝という最高の形でインターナショナルウィークの中断に入ったセリエA3位のローマは、中断明け初戦で11位のボローニャとのアウェイゲームに臨んだ。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのバルセロナ戦を控えるチームは、軽傷を抱えるジェンギズ・ユンデルに代えてエル・シャーラウィ、温存したゼコに代わってシックを起用した以外、主力を投入した。 ▽ローマ指揮官の父エウゼビオとボローニャFWフェデリコによるディ・フランチェスコ親子対決に注目が集まったこの試合。立ち上がりから主導権を握るローマは6分、相手陣内で入れ替わったナインゴランのスルーパスに反応したシックがボックス左から左足ダイレクトシュートもこれは正GKミランテの出場停止に伴い、起用された控えGKサントゥッロの好守に遭う。続く左CKの場面ではコラロフの左足クロスにゴール前のデ・ロッシがドンピシャのヘッドで合わすが、これもサントゥッロに阻まれた。 ▽その後も良い形で試合を進めるローマだったが、15分過ぎにアクシデントが発生。右ハムストリングを痛めたナインゴランが自ら交代を要求し、ジェルソンとの負傷交代を強いられる。すると18分にはボックス内でポーリにシュートを打たれた際、ディフレクトがポーリの手に当たり守備陣がハンドを要求しプレーを一瞬止める。この隙にディ・フランチェスコにこぼれ球をマイナスに落とされ、プルガルの右足がゴール左隅に決まった。 ▽ナインゴランの負傷に加えてビハインドまで背負う苦しい展開を強いられたローマだが、すぐさま反撃を開始。29分にはコラロフの左CKをニアでシックがフリック。これをファーに詰めたストロートマンが右足で押し込みにかかるが、ここは右ポストを叩く。その後もピッチをワイドに使いながら要所で相手の背後を突く形で再三の決定機を創出。しかし、最後の場面で粘る相手の守備を攻略できぬまま前半を終えた。 ▽後半に入ると、より攻めあぐねる場面が目立つローマは追加点こそ与えないものの厳しい状況が続く。何とか流れを変えたいローマベンチは61分、エル・シャーラウィを下げて切り札のゼコを投入。ゼコとシックを縦関係の2トップ気味に並べる布陣に変更し、ゴールを目指していく。 ▽その後、ストロートマンを下げてデフレルを投入しさらに前がかるローマは76分にようやく追いつく。コラロフとのパス交換でボックス左で縦に仕掛けたペロッティがゴールライン際でクロスを上げると、これをニアに飛び込んだゼコが頭でゴール右隅へ流し込んだ。 ▽15分を残して追いつくことに成功したローマはここから逆転を目指して攻勢を強める。屈強な3トップのフィジカルを生かして前線でタメを作りながら、フロレンツィとコラロフの両サイドバックも高い位置を取って相手を押し込める。試合最終盤にはボックス内でゼコの落としに反応したデフレルに絶好機も、ここは相手DFの決死のシュートブロックに阻まれた。そして、試合は1-1のままタイムアップ。格下相手に痛恨の取りこぼしとなったローマは来月4日に敵地でCLバルセロナ戦に臨む。 2018.03.31 21:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ボローニャに引き分け止まりのラツィオ、CL圏外の5位に転落《セリエA》

▽ラツィオは18日、セリエA第29節でボローニャをホームに迎え、1-1で引き分けた。 ▽前節カリアリ戦を試合終了間際のインモービレ弾で引き分けに持ち込んだものの2試合勝利のない4位ラツィオ(勝ち点53)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のディナモ・キエフ戦を2-0で勝利し、5シーズンぶりにベスト8進出を果たした。そのラツィオはディナモ・キエフ戦のスタメンから3選手を変更。ルリッチ、ラドゥ、パトリックに代えてマルシッチ、ナニ、ワラセを起用した。 ▽11位ボローニャ(勝ち点33)に対し、ラツィオは開始3分に失点する。ジェマイリの強烈なミドルシュートをGKストラコシャが弾いたルーズボールをヴェルディに押し込まれた。 ▽出鼻を挫かれたラツィオは、パローロやL・アルベルトのミドルシュートでゴールに迫ると、16分に追いついた。ボックス左でL・アルベルトのパスを受けたルーカス・レイバが落ち着いてDFを外しシュートを流し込んだ。 ▽ここから勢いに乗りたかったラツィオだったが、24分にヴェルディのミドルシュートで牽制されると、ハーフタイムにかけては一進一退の攻防を強いられ、1-1のままハーフタイムに入った。 ▽後半からナニとワラセに代えてJ・ルカクとバストスを投入したラツィオが攻勢に出る流れとなるも、決定機を生み出すには至らない。 ▽ハーフコートゲームを展開するラツィオは、後半半ばを過ぎても効果的な攻撃を繰り出せず、終盤の83分にカイセドを投入。 ▽それでも、集中した守備を続けるボローニャ相手にチャンスを生み出せず1-1でタイムアップ。インテルにかわされCL圏外の5位転落となっている。 2018.03.19 06:43 Mon
twitterfacebook
thumb

PK与えられずインテルに敗戦で判定に不満のボローニャ指揮官「腕が20cmも離れていたのに」

▽ボローニャを率いるロベルト・ドナドーニ監督が、11日に行われたセリエA第24節インテル戦の判定に不満を持っている。『プレミアム・スポルト』で語った。 ▽68分に退場者を出したボローニャは、1点ビハインドで終盤に突入。10人で諦めず攻め続けると、84分に敵陣のペナルティエリア付近で主審の笛が鳴った。右サイドからのクロスがインテルDFダニーロ・ダンブロージオの手に当たったためで、ボローニャ陣営は同点弾のチャンスがくることを喜んでいる。 ▽しかし、主審はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)で確認したのち、ノーファウルを宣言。試合が再開され、ボローニャが追いつくことはなかった。 ▽インテルに久々の勝利を献上してしまったドナドーニ監督は、「話してもしょうがないことだ」とダンブロージオのハンドを振り返り、「体から20センチ離れていた腕に当たった場合、体についていたとは言えないと思う。ただ、彼らが体についていると言うならどうしようもない。ダンブロージオの腕が体の後ろにあったわけでもない」と落胆の様子だ。 ▽シーズン序盤に好調だったボローニャは、13位まで順位を落としている。終盤戦に向けて、もう一度調子を上げていきたいところだ。 2018.02.12 07:01 Mon
twitterfacebook
thumb

カラモー移籍後初弾のインテルが9人のボローニャに競り勝ち9戦ぶり勝利《セリエA》

▽インテルは11日、セリエA第24節でボローニャを本拠地ジュゼッペ・メアッツァに迎え、2-1で勝利した。 ▽前節クロトーネ戦を1-1で引き分け、8試合勝利のない4位インテル(勝ち点45)は、イカルディが引き続き欠場となって前節ゴールを決めたエデルが再び代役を務めた。そして、カンドレーバがベンチスタートとなり、カラモーがリーグ戦初スタメンを飾った。 ▽2連敗中の12位ボローニャ(勝ち点27)に対し、インテルは開始2分に先発に抜擢されたカラモーを起点に先制する。U-21フランス代表FWのスルーパスに反応したブロゾビッチがボックス右ゴールライン際から折り返し、ニアに詰めたエデルが流し込んだ。 ▽先制後も中盤アンカーのボルハ・バレロを軸にボールを動かすインテルがハーフコートゲームを展開すると、11分にはカンセロの右クロスからブロゾビッチがヘディングシュート。決定的だったが、枠の上に外れた。 ▽一方的に試合を進めていた中23分、パラシオに際どいヘディングシュートを許したインテルは、GKハンダノビッチがファインセーブで凌いだものの、2分後に同点とされる。ミランダの軽率なキックミスをパラシオに拾われてゴールエリア右まで侵入され、GKハンダノビッチとの一対一を決められた。 ▽パラシオの古巣弾で試合を振り出しに戻されたインテルはペリシッチがシュートを浴びせていくも、ハーフタイムにかけては目立ったチャンスを作れず、前半を1-1で終えた。 ▽後半から失点に絡んだミランダに代えてインテルデビューとなるリサンドロ・ロペスを投入したインテルは、開始3分に決定機を演出。右CKをニアのヴェシーノがヘッドで逸らし、ファーサイドのダンブロージオがヘッド。しかし、叩きつけ過ぎたシュートはバーを直撃し、ルーズボールを頭で押し込みにかかったシュクリニアルのシュートは枠を超えてしまった。 ▽さらに54分、右サイドに流れたエデルの好クロスにペリシッチが頭で合わせる。しかし、シュートを枠の上に外してしまった。ゴールに近づきながらも決めきれないインテルは、ブロゾビッチに代えてラフィーニャを投入。 ▽すると63分、インテルが勝ち越しに成功する。ラフィーニャのパスをバイタルエリア右で受けたカラモーがドリブルでDF2人をかわして中へ切れ込み、ボックス手前から左足インサイドでシュート。完璧にコントロールされたミドルシュートがゴール左隅に決まった。 ▽カラモーのインテル加入後初ゴールでリードしたインテルは、68分に数的優位となる。ラフィーニャを削って2枚目のイエローカードを受けたエンバイェが退場となった。 ▽数的優位となったインテルは殊勲のカラモーに代えてガリアルディーニを投入し、逃げ切り態勢に入る。そんな中83分、ファレッティのクロスがボックス内のダンブロージオの手に当たってVARが適用される。しかし、意図的なハンドではないとのことだったのか、PKを免れた。 ▽さらに87分、パラシオにオンターゲットのシュートを浴びたインテルは、守護神ハンダノビッチが防ぐと、追加タイム5分にはリサンドロ・ロペスの足首にスパイクしたマジーナに一発レッドカードが提示され勝勢に。そのまま2-1で逃げ切ったインテルが9戦ぶりの勝利を飾っている。 2018.02.12 01:05 Mon
twitterfacebook
thumb

開始25秒被弾もメルテンスのドッピエッタで6連勝のナポリが首位キープ《セリエA》

▽ナポリは28日、セリエA第22節でボローニャをホームに迎え、3-1で逆転勝利した。 ▽前節アタランタ戦を1-0と競り勝って5連勝としたナポリ(勝ち点54)は、前日に勝利を収めたユベントスに2ポイント差を付けられ、暫定2位となっている。首位キープを目指すナポリは筋肉を痛めたアルビオルが欠場となってキリケシュが先発し、ハムシクがスタメンに復帰した。 ▽今冬の移籍市場でナポリへの移籍を拒否したヴェルディが先発となった12位ボローニャ(勝ち点27)に対し、ナポリは開始25秒に失点する。ジェマイリの持ち上がりを許して左サイドからディ・フランチェスコにクロスを上げられると、パラシオのヘディングシュートが右ポスト内側に当たってゴールに吸い込まれた。 ▽幸先良く先制したボローニャだったが、注目のヴェルディが左足ハムストリングを痛めてプレー続行不可能となり、クレイチが投入される。すると直後の左CKからナポリが同点に追いついた。5分、ショートコーナーを使ってマリオ・ルイがクロスを上げると、相手DFに当たったボールがゴール方向へ。ゴールライン上でクリアにかかったエムバイェだったが、クリアをミスして自陣ゴールに入れてしまった。 ▽あっさり試合を振り出しに戻したナポリがハーフコートゲームを展開すると、17分に決定機。メルテンスのスルーパスをボックス左で受けたカジェホンがダイレクトでシュート。しかし、枠の右に外してしまった。 ▽その後、22分にスルーパスを受けたパラシオに決定的なシュートを許したナポリは、27分にもパラシオにディフェンスライン裏を取られてシュートに持ち込まれたが、GKレイナがファインセーブで阻止した。 ▽守護神がチームを救ったナポリは35分、PKを獲得する。カジェホンがドリブルでボックス右に侵攻。対応したマジーナに後方から肩をかけられ、倒された。このPKをメルテンスが決めてナポリが逆転に成功した。 ▽迎えた後半、ナポリがポゼッションして立ち上がると、56分にはハムシクが枠内シュートを浴びせる。そして59分に3点目を奪いきった。左サイドでボールを持ったメルテンスがボックス左角付近から右足を一閃。完璧にコントロールされたシュートが右サイドネットに吸い込まれた。 ▽試合の大勢を決めたナポリはハムシクをお役御免とし、ジエリンスキを投入。終盤にかけてはボールを動かしながらボローニャをいなし、時間を消化。3-1のまま試合を終わらせ、6連勝として首位をキープした。 2018.01.29 00:55 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング