ボローニャ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 ボローニャ 41 11 8 19 40 58 -18 38

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-08-20
27:45
セリエA
第1節
ボローニャ vs トリノ
2017-08-27
27:45
セリエA
第2節
ベネヴェント vs ボローニャ
2017-09-10
セリエA
第3節
ボローニャ vs ナポリ
2017-09-17
セリエA
第4節
フィオレンティーナ vs ボローニャ
2017-09-21
セリエA
第5節
ボローニャ vs インテル

基本データ

正式名称:ボローニャFC

原語表記:Bologna Football Club s.p.a

愛称:ロッソブル(赤と青)

創立:1909年

ホームタウン:ボローニャ

チームカラー:赤、青

関連ニュース

thumb

ボローニャ、インテル退団のFWパラシオが加入!

▽ボローニャは17日、昨季限りでインテルを退団した元アルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(35)の加入を発表した。契約期間などに関する詳細は明かされていない。 ▽5年間を過ごしたインテルを去り、ボローニャ加入を決めたパラシオは、クラブ公式チャンネルで新天地での意気込みを語った。 「ここに来ることができて幸せだよ。できれば、ここで素晴らしいシーズンを送りたい」 「正直、この街に関して多くのことを知らないけど、周りからは素晴らしいことばかりを聞いている。だけど、このトレーニング施設には本当に感動したよ」 「僕はちょうど7年前のジェノア時代にデストロと一緒にプレーしたことがあるんだ。当時はとても若く才能に溢れたイタリア人ストライカーだった。現在、彼はボローニャの中心選手だし、多くのゴールを決めてくれると信じている」 ▽母国の名門ボカ・ジュニアーズで台頭したパラシオは2009年にジェノアに加入し、イタリアでのキャリアをスタート。その後、2012年に加入したインテルでは、公式戦196試合に出場し60ゴールを記録した。昨シーズンは公式戦20試合に出場し、2ゴール3アシストの数字を残していた。 2017.08.18 01:23 Fri
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、MFセサール・ファレッティを獲得

▽ボローニャは19日、セリエBに所属するテルナーナからウルグアイ人MFセサール・ファレッティ(24)を獲得したことを発表した。なお、契約期間や移籍金などは明らかにされていない。 ▽ウルグアイの首都モンテビデオに本拠地を置くセロの下部組織で育ったファレッティ(写真左)は、2013年夏にテルナーナへ移籍。トップ下を本職としながらも、中盤から前線まで幅広くこなせるプレーヤーだ。昨シーズンは、リーグ戦40試合に出場し7ゴール9アシストをマーク。通算では公式戦128試合の出場で、17ゴール15アシストを記録していた。 2017.07.20 17:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ボローニャのU-21イタリア代表DFフェラーリ、昇格ヴェローナに引き続きレンタル

▽セリエAに昇格したヴェローナは12日、ボローニャのU-21イタリア代表DFアレックス・フェラーリ(23)を引き続きレンタルで獲得したことを発表した。契約期間は1年で買い取りオプションが付いている。 ▽ボローニャのプリマヴェーラで育ったセンターバックのフェラーリは、2013年12月にボローニャでプロデビュー。2015-16シーズンはセリエAで21試合に出場したが、2016-17シーズンは出場機会に恵まれず、2017年冬にヴェローナへレンタル移籍していた。そのヴェローナでは13試合に出場し、セリエA昇格に貢献していた。 ▽U-21イタリア代表としては先月開催されていたU-21欧州選手権のメンバーに選出されていた。 2017.07.13 04:13 Thu
twitterfacebook
thumb

ボローニャがドナドーニ監督と2019年まで契約延長

▽ボローニャは11日、ロベルト・ドナドーニ監督(53)との契約延長を発表した。新契約は2019年6月30日までとなる。 ▽ドナドーニ監督は、レッコやリヴォルノ、ジェノアの監督を務めると、2006年7月にイタリア代表監督に就任。2008年6月まで指揮を執ると、その後はナポリやカリアリ、パルマで指揮。2015年10月にボローニャの監督に就任し、2016-17シーズンは15位でセリエAを終えていた。 2017.07.11 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

SPAL1968年以来のセリエA昇格を掴んだSPAL、ボローニャから2選手を獲得

▽来季からセリエAに昇格するSPALは3日、ボローニャからギリシャ代表DFマリオス・オイコノム(24)とイタリア人MFルカ・リッツォ(25)をレンタル移籍で獲得した。 ▽なお、オイコノムは一定の条件を満たすと買取り義務が発生する契約になっており、リッツォは買い取りオプション付きの契約となっている。 ▽2014年の夏にボローニャへフリーで加入したオイコノムは、在籍3シーズンで公式戦74試合に出場。2016-17シーズンはリーグ戦17試合に出場するなど、準主力として活躍した。 ▽また、2016年3月にギリシャ代表に初招集されたオイコノムは、同年3月24日に行われたモンテネグロ代表戦で代表デビュー。これまで5試合に出場している。 ▽一方、サンプドリアユース出身のリッツォは、2011年にトップチームに昇格。しかし、トップチームでは思うように出場機会を得ることができず、ピサやモデナといった国内クラブへのレンタル移籍を繰り返していた。 ▽それでも2014-15シーズンに復帰したサンプドリアで遂にセリエAデビューを飾ると、2015年の夏にボローニャへレンタルで加入し、リーグ戦23試合に出場。翌年にはボローニャへ完全移籍したが、このシーズンはリーグ戦12試合の出場に留まった。 2017.07.04 00:01 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング