トリノ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 トリノ 40 10 10 9 54 48 6 29

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-02
19:30
セリエA
第30節
トリノ vs ウディネーゼ
2017-04-09
22:00
セリエA
第31節
カリアリ vs トリノ
2017-04-15
22:00
セリエA
第32節
トリノ vs クロトーネ
2017-04-23
22:00
セリエA
第33節
キエーボ vs トリノ
2017-04-30
セリエA
第34節
トリノ vs サンプドリア

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.18
26:00
セリエA
第29節
トリノ 2 - 2 インテル
2017.03.13
28:45
セリエA
第28節
ラツィオ 3 - 1 トリノ
2017.03.05
23:00
セリエA
第27節
トリノ 3 - 1 パレルモ
2017.02.27
28:45
セリエA
第26節
フィオレンティーナ 2 - 2 トリノ
2017.02.19
26:00
セリエA
第25節
ローマ 4 - 1 トリノ

基本データ

正式名称:トリノFC

原語表記:Torino Football Club S.p.A

愛称:グラナータ、トロ

創立:1906年

ホームタウン:トリノ

チームカラー:えんじ色

関連ニュース

thumb

「ハートはイタリアでトップを目指すべき」元イングランド代表GKが後輩にエール

現在、1年間のレンタル契約で、トリノでプレーしているイングランド代表GKジョー・ハート。今夏、保有権のあるマンチェスター・シティにレンタルバックしても、ペップ・グアルディオラ監督の下では構想外となる可能性が高い。<br><br>元イングランド代表GKのデイヴィッド・ジェームズが、同胞の後輩GKハートについて、「ハートはユヴェントスを目指すべきだ」という自身の見解を『talkSPORT』で語っている。<br><br>「私がハートの立場だったら、ユヴェントスでのプレーを目指すだろう。イングランドに彼が戻っても、どこに居場所があると思う? 今のプレミアリーグには素晴らしいGKが多数いて、彼が正GKになれるチームは限られている」<br><br>「今のイングランド代表チームの中で、ハートは国外のリーグでうまくプレーしている唯一の選手だ。トリノは決してビッグクラブではないかもしれない。ただ、そこで自分の力を示すことには成功していると思う。だからこそ代表にも招集されているわけだしね」<br><br>ハートは3月下旬に行われるイングランド代表の試合に向けたメンバーに名を連ねたが、プレミアリーグ以外でプレーしている唯一の選手として招集された形になった。ジェームズはハートがプレミアリーグに戻ってきてプレーするよりも、セリエAで結果を残すことの重要性を説いている。<br><br>先日行われたインテル戦では2ゴールを許したが、そのゴールはいずれもハートのイージーミスからで、ハートの評価には賛否両論あるところ。果たしてハートは来シーズン、どのチームのゴールを守っているのか。ロシア・ワールドカップのイングランド代表守護神を目指すハートにとっても重要な選択となりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.22 15:22 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、GKハートのミスから2Gもトリノにドロー《セリエA》

▽インテルは18日、セリエA第29節でトリノとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節アタランタ戦をイカルディとバネガのダブルトリプレッタで7発圧勝した5位インテル(勝ち点54)は、アタランタ戦と同じスタメンを送り出して3連勝を目指した。 ▽前節ラツィオに1-3と敗れた10位トリノ(勝ち点39)に対し、ガリアルディーニがゴール前に顔を出してシュートに持ち込むなど、好調インテルが立ち上がりから圧力をかけていく。 ▽分厚い攻めを続けるインテルが引き続き主導権を握ると、19分にダンブロージオのボレーシュートでゴールに迫る。その後、バセッリのミドルシュートでゴールを脅かされるも、27分にインテルが順当に先制した。スローインを受けたコンドグビアがボックス右からカットインして左足でシュート。GKハートは守備範囲だったが、防ぎきれずゴールラインを割った。 ▽しかし33分、リャイッチの左CKからニアのモレッティにヘッドで逸らされると、中央のバセッリにヘッドで流し込まれた。この失点でリズムを崩したインテルはハーフタイムにかけてこう着状態を打破できず、1-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半もリズムに乗り切れずにいたインテルは56分にピンチ。ベロッティのミドルシュートがGKハンダノビッチを強襲した。すると59分、逆転を許す。ボックス右のイトゥルベの折り返しを、ペナルティアーク右のアックアーにダイレクトで打たれたシュートがゴール左隅に決まった。 ▽しかし62分、インテルがすかさず同点に持ち込む。アンサルディの左クロスをGKハートが触れずに被ると、ルーズボールを拾ったゴールエリア右のカンドレーバがシュートを蹴り込んだ。 ▽同点としたインテルだったが、67分に再びピンチ。直前に投入されていたボジェにドリブルでボックス左へ侵入される。シュートを打たれたが、GKハンダノビッチがセーブした。 ▽終盤にかけてはインテルが攻勢に転じると、82分にエデルの強烈なミドルシュートがGKハートを強襲。その後もインテルが3点目を目指して前に出たものの、決定打は生まれずに2-2でタイムアップ。痛み分けに終わった。 2017.03.19 04:03 Sun
twitterfacebook
thumb

インモービレの4戦連発弾と終盤の2ゴールでトリノを下したラツィオが4連勝《セリエA》

▽セリエA第28節ラツィオvsトリノが13日に行われ、3-1でラツィオが勝利した。 ▽前節ボローニャ戦をインモービレのドッピエッタでリーグ戦3連勝とした4位ラツィオ(勝ち点53)と、前節ベロッティのトリプレッタでパレルモを下した9位トリノ(勝ち点39)の一戦。 ▽立ち上がりから押し込んだラツィオは7分、ロングボールを受けたインモービレがミドルシュートでゴールに迫る。良い入りを見せたラツィオはその後も圧力をかけ続けると、29分にはフェリペ・アンデルソンのヒールパスに抜け出したインモービレに決定機。しかし、ボックス左から放ったシュートはやや威力を欠き、GKハートにセーブされた。 ▽ハーフタームにかけてもラツィオペースで推移した一戦は、33分にパローロがミドルシュートで、42分にインモービレがコントロールシュートでそれぞれゴールに近づいたが、均衡を破るには至らずゴールレスで前半を終了した。 ▽迎えた後半も攻勢に出たラツィオは55分に決定機。J・ルカクがボックス左深くまで侵入。クロスを送ってパローロが合わせたが、シュートはわずかに枠の左へ外れた。それでも直後、右サイドからのバスタのクロスがDFに当たってルーズになると、ファーサイドのインモービレが押し込んだ。 ▽先制後も攻め手を緩めないラツィオに対し、リャイッチに代えてマキシ・ロペスを投入してきたトリノは、1チャンスを生かして同点に持ち込む。72分、右サイドからのファルケのFKをマキシ・ロペスがヘディングシュートで左サイドネットへ流し込んだ。 ▽失点直後、ラツィオは右サイドからのクロスにインモービレがヘディングシュート。これはGKの正面を突くと、続く75分には右CKからパローロが強烈なヘディングシュートを浴びせるも、わずかに枠の上に外れた。 ▽勝ち越しを目指すラツィオはビリアに代えてケイタを投入し、アタッカーを増やす。その終盤はオープンな展開で推移する中、87分にラツィオが勝ち越した。ボックス手前左でパスを受けたケイタがゴール右上へコントロールシュートを流し込んだ。 ▽そして90分、ラツィオがとどめを刺す。ルリッチのスルーパスを受けたフェリペ・アンデルソンがボックス右へ侵入。GKハートとの一対一を制し、3-1で勝利。リーグ戦4連勝を飾っている。 2017.03.14 06:57 Tue
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾがセリエA得点王ベロッティと重ね合わせる選手は? ミランのレジェンドを挙げる

トリノのFWアンドレア・ベロッティが元ウクライナ代表のアンドリー・シェフチェンコを彷彿させると、ジェンナーロ・ガットゥーゾが発言していたようだ。元パレルモのスポーツディレクター、ジョルジョ・ペリネッティ氏がイタリアメディア『Mediagol.it』のインタビューで明かした。<br><br>現在セリエBのピサで指揮官を務めるガットゥーゾは、2013-14シーズンの3カ月間、パレルモを指揮していた。2013年から2年間、同クラブでプレーしていたベロッティについて、ガットゥーゾはペリネッティに持論を語っていた。<br><br>「頭でも右足でも左足でも決める。ベロッティのゴールへの嗅覚、スピード、決定力をみると、現役時代を通じて1人しか思い浮かばない。アンドリー・シェフチェンコだ」<br><br>ガットゥーゾは、どんな場所からも常にゴールへの意識を忘れないベロッティの特性を、「ウクライナの矢」と呼ばれ、ミランの黄金時代を支えたシェフチェンコに例えた。<br><br>ベロッティは今シーズン、トリノで19ゴールを決めた。ローマのFWエディン・ジェコ、ユベントスのFWゴンサロ・イグアインと肩を並べ、セリエA得点王のトップ争いを続けている。ベロッティがトリノで才能を開花させたことで、ペリネッティはパレルモからの放出を悔やんだ。<br><br>「パレルモではまだ成長過程の若手だった。あれほどのポテンシャルのある選手を手元に置きながら、過小評価していたことは間違いなく残念なことだ」<br><br>ペリネッティはその原因が、パレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長のサッカー哲学にあることを明かした。<br><br>「ザンパリーニはサッカー美学を大事にする。(パウロ)ディバラや(ハビエル)パストーレ、(エディンソン)カバーニのような南米の選手が好きなんだ。だが美しさに多少欠けても、中身のある選手には目を向けるべきだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.03 18:59 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー、コンテお気に入りの“1億ユーロ男”ベロッティ獲得へ始動か

▽チェルシーがトリノで躍動するイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(23)に関心を示しているようだ。イタリア『トゥットメルカート』が伝えている。 ▽2015年夏にパレルモから加入したベロッティは今シーズンのセリエAでここまで23試合19ゴールを記録。アーセナルやリバプールの関心が報道されるなど今夏の去就に注目が集まっているところだ。 ▽そんな中、伝えられたところによれば、チェルシーのアントニオ・コンテ監督はベロッティを高く評価。2月27日に行われたセリエA第26節のフィオレンティーナ戦にスカウトマンを派遣していたという。 ▽しかし、トリノはエースの流失阻止へ1億ユーロ(現在のレートで約119億4000万円)の違約金を設定。以前にはアーセナルから届いた移籍金6500万ユーロ(約77億6000万円)のオファーを拒否したことが明らかにされていた。 2017.03.01 12:15 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング