トリノ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 トリノ 22 5 7 3 19 16 3 15

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-12-15
28:30
セリエA
第16節
トリノ vs ユベントス
2018-12-22
23:00
セリエA
第17節
サッスオーロ vs トリノ
2018-12-26
26:00
セリエA
第18節
トリノ vs エンポリ
2018-12-29
23:00
セリエA
第19節
ラツィオ vs トリノ
2019-01-20
セリエA
第20節
ローマ vs トリノ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.12.09
28:30
セリエA
第15節
ミラン 0 - 0 トリノ
2018.12.02
23:00
セリエA
第14節
トリノ 2 - 1 ジェノア
2018.11.26
28:30
セリエA
第13節
カリアリ 0 - 0 トリノ
2018.11.10
23:00
セリエA
第12節
トリノ 1 - 2 パルマ
2018.11.04
23:00
セリエA
第11節
サンプドリア 1 - 4 トリノ

基本データ

正式名称:トリノFC

原語表記:Torino Football Club S.p.A

愛称:グラナータ、トロ

創立:1906年

ホームタウン:トリノ

チームカラー:えんじ色

関連ニュース

thumb

イグアイン出停から復帰のミラン、ドンナルンマ活躍もトリノにゴールレスドロー《セリエA》

▽ミランは9日、セリエA第15節でトリノをホームに迎え、0-0で引き分けた。 ▽前節パルマ戦を幸運なPK弾で逆転勝利した4位ミラン(勝ち点25)は、4日後にヨーロッパリーグ決勝トーナメント進出を懸けたオリンピアコス戦を控える中、イグアインが2試合の出場停止から復帰し、アバーテが引き続きセンターバックでの起用となった。 ▽6位トリノ(勝ち点21)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだミランは2トップにイグアインとクトローネ、中盤右にスソ、左にチャルハノールを配した。 ▽そのミランがトリノのハイプレスを受ける立ち上がりとなると、5分にピンチ。左クロスに合わせたファルケのゴール至近距離からのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKドンナルンマがビッグセーブで凌いだ。 ▽その後もハイプレスを受けるミランは17分にもピンチ。ボックス左まで侵入したリンコンのクロスをベロッティにボレーで合わせられ、ひやりとさせられた。 ▽序盤のピンチを凌いだミランがイグアインのポストプレーを起点に反撃を窺うと33分、イグアインとクトローネが立て続けにシュートを浴びせていったが、クトローネの枠を捉えたシュートはGKグリクにセーブされた。 ▽ハーフタイムにかけても主導権を握りきれなかったミランは41分にイグアインのボールロストからベロッティにコントロールシュートを許すも、ここもGKドンナルンマが好守で凌ぎ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半もペースを掴めず、膠着状態が続くミランは、71分にチャルハノールに代えてカスティジェホを投入。攻撃を活性化させると、終盤の81分にチャンス。カスティジェホのパスを受けたスソがボックス右に侵入して右足でシュートしたが、枠を捉えきれなかった。 ▽さらに87分、ビッグチャンス。FKの流れからゴール前で混戦となり、ボックス中央のクトローネがルーズボールを拾ってシュート。しかし、枠の右に外してしまった。結局、ミランはスコアを動かせずにゴールレスドロー。勝ち点1を積み上げるに留まった。 2018.12.10 06:31 Mon
twitterfacebook
thumb

トリノ、スペイン人FWイアゴ・ファルケと2022年まで契約延長

▽トリノは19日、スペイン人FWイアゴ・ファルケ(28)と2022年まで契約延長したことを発表した。 ▽レアル・マドリーやバルセロナの下部組織で育ったファルケはこれまでにユベントスやトッテナム、ジェノアやローマなど、レンタル移籍を含めると9つのクラブを渡り歩いている苦労人だ。 ▽そんな左利きのウインガーは、2016-17シーズンにローマからレンタルでトリノに移籍した後、半年後の2017年1月にトリノが買取りオプションを行使し完全移籍で獲得。トリノではこれまで公式戦85試合に出場。今季はリーグ戦9試合で2ゴール2アシストを記録している。 2018.11.20 04:30 Tue
twitterfacebook
thumb

トリノ、18歳FWミリコと2023年6月まで契約延長! 今季プリマヴェーラで8戦12発中

▽トリノは14日、U-19イタリア代表FWヴィンツェンツォ・ミリコ(18)と2023年6月まで契約を延長したことを発表した。 ▽2011年7月にユベントスアカデミーからトリノアカデミーに移籍したミリコ。左ウイングを主戦場とし、今シーズンのイタリアのプリマヴェーラ1部では、現在8試合12ゴール1アシストを記録している。チームは現在リーグ4位、自身は得点ランキング2位につけている。 2018.11.15 16:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ドッピエッタで復調のベロッティ、伊代表復帰へ期待「誰だって呼ばれたいと思う」

トリノに所属するFWアンドレア・ベロッティが6試合ぶりのゴールを決めた。イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューで復活を喜んだ。<br><br>トリノは4日、セリエA第11節において敵地でサンプドリアと対戦。エースのベロッティがPKを含むドッピエッタ(1試合2得点)を記録してチームをけん引し、4-1で大勝を収めた。1カ月以上にわたって不発が続いていたベロッティは久々のゴールに安堵した。<br><br>「僕のゴールをより渇望していたのは僕かそれともトリノか? もちろん、それはトリノだろう。自分がプレーするチームだからね。当然、僕自身もゴールを欲していた。だが皆でともにトレーニングし、適切な雰囲気の中、適度な意欲を持って取り組んでいれば、ゴールは生まれるものだよ。ただもっと改善していかなければならない」<br><br>2016-17シーズンにはセリエAで26ゴールを量産し、ビッグクラブから熱い視線を注がれていたベロッティ。だが昨シーズンはひざを負傷する不運にも見舞われ、前年のようなパフォーマンスを見せることができなかった。今年10月のイタリア代表戦ではついに落選の憂き目に遭ったトリノFWだが、サンプドリア戦で今シーズン4得点目をマークしたことで復調が期待されている。<br><br>「代表クラスに復帰したか? 誰だって代表に呼ばれたいと考えるし、願うものだよ。少しがっかりしたけどね。だがサッカーでは起こりうることだよ。それに僕はトリノの選手であり、今の仕事に集中し続けて行かなければならない。代表へ呼ばれるためにもトリノでのパフォーマンスが基準になるからね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.05 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

インシーニェの2Gにヴェルディ移籍後初ゴールのナポリがトリノに完勝!ハムシクセリエA400試合目を勝利で飾る!《セリエA》

▽ナポリは23日、セリエA第5節でトリノとアウェイで対戦し、3-1で勝利した。 ▽第4節終了時点で3勝1敗の4位ナポリと、1勝2分け1敗の12位トリノの対戦。前節、強敵フィオレンティーナを相手に1-0で逃げ切ったナポリは、その勢いのままチャンピオンズリーグ開幕節に臨んだ。しかし、死の組といわれる中で最も楽な相手と考えられていたツルヴェナ・ズヴェズダの堅い守備を崩せず、ゴールレスドロー。その苦みを払拭したい今節は、クリバリやハムシク、メルテンス、インシーニェなどの主力がスタメンに名を連ねた。ハムシクはセリエA通算400試合目の出場となった。 ▽試合は早々に動く。4分、敵陣でのFKから再開したナポリは左サイドのルペルトに展開。深くまで上がったルペルトはグラウンダーのクロスを上げると、相手に当たってボールはインシーニェの下へ。ボックス左のインシーニェはそこからGKの頭上を破る豪快なシュートを突き刺し、ナポリが先制した。 ▽さらにナポリは7分、今度はカウンターからチャンスを演出。後方からのスルーパスを受けたインシーニェはヴェルディにラストパスを送るも、GKが絶妙な飛び出しで距離を詰め、ヴェルディのシュートは阻まれた。攻勢続くナポリはさらに10分には、右に流れたメルテンスのクロスが、クリアを試みた相手DFに当たりあわやオウンゴールというシーンも。 ▽15分にはセットプレーの流れからゴール前に残っていたクリバリがヘディングで強烈なシュートを見舞うがGKの正面に。先制後も攻撃の手を緩めないナポリ。追加点はすぐに生まれた。20分、敵陣中央でヴェルディが左のメルテンスに預け自身はゴール前へ。すかさずメルテンスはクロスを供給。ドンピシャで入ってきたヴェルディは難しいハーフボレーを上手く沈めて、移籍後初ゴールを記録した。 ▽これで2点のリードを得たナポリ。守っては22分、バゼッリにゴール前からシュートを打たれるがオスピナがファインセーブ。その後はナポリの迫力も徐々に薄まっていったものの、危なげない試合運びでリードを守ったまま試合を折り返した。 ▽後半は前半とは違う形で試合が動く。51分、ナポリはボックス左に侵入を許したベレンゲルを止めに行ったルペルトが正面からぶつかりに行ってしまいPKを献上。これをベロッティに決められ、1点差に詰め寄られてしまった。 ▽それでもすぐに突き放す。59分、カウンターからボックス右でパスを受けたカジェホンがシュート。これは左ポストに弾かれたが、そのボールがゴール前のインシーニェへ繋がり、またラッキーな形でインシーニェはゴールを奪った。 ▽再び2点差としたナポリはそこからトーンダウン。相手の攻撃をいなしつつカウンターで応戦していく。だが65分にリンコンに決定機を迎えられるなどピンチの場面も。 ▽終盤には何度もカウンターでいとも簡単にトリノゴール前へ攻め込むがついアk店は奪えず試合終了。鑑賞のナポリが今季4勝目を手にした。 2018.09.23 21:33 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング