ペスカーラ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 ペスカーラ 12 2 6 18 27 57 -30 26

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-03-04
26:00
セリエA
第27節
サンプドリア vs ペスカーラ
2017-03-12
23:00
セリエA
第28節
ペスカーラ vs ウディネーゼ
2017-04-02
セリエA
第30節
ペスカーラ vs ミラン
2017-04-09
セリエA
第31節
エンポリ vs ペスカーラ
2017-04-15
セリエA
第32節
ペスカーラ vs ユベントス

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.02.26
23:00
セリエA
第26節
キエーボ 2 - 0 ペスカーラ
2017.02.19
23:00
セリエA
第25節
ペスカーラ 5 - 0 ジェノア
2017.02.12
23:00
セリエA
第24節
トリノ 5 - 3 ペスカーラ
2017.02.05
23:00
セリエA
第23節
ペスカーラ 2 - 6 ラツィオ
2017.02.01
28:45
セリエA
第19節
ペスカーラ 1 - 2 フィオレンティーナ

基本データ

正式名称:デルフィーノ・ペスカーラ1936

原語表記:Delfino Pescara 1936

愛称:デルフィーニ

創立:1936年

ホームタウン:ペスカーラ

チームカラー:水色、白

関連ニュース

thumb

ゼーマン・マジック炸裂! ゼーマン初陣の最下位ペスカーラが5発圧勝で“今季初勝利”!《セリエA》

▽セリエA第25節、ペスカーラvsジェノアが19日にスタディオ・アドリアティコで行われ、ホームのペスカーラが5-0で勝利した。 ▽選手登録違反で不戦勝となった第2節サッスオーロ戦を除き、17敗6分けと大苦戦を強いられていた最下位ペスカーラは、14日にオッド前監督を解任。2011-12シーズンにヴェッラッティ(現パリ・サンジェルマン)、インシーニェ(現ナポリ)、インモービレ(現ラツィオ)の“三銃士”を擁し、セリエB優勝に導いた名伯楽のゼーマン監督を6年ぶりに招へいした。 ▽鬼才ゼーマンの帰還で久々に熱狂を取り戻したアドリアティコでの一戦は、いきなり動く。開始6分、相手の最終ラインでのミスを突いたチェッリがGKをかわしてボックス左ライン際で折り返すと、これがDFオルバンのオウンゴールを誘い、ペスカーラに先制点が生まれた。 ▽この先制点で勢い付くペスカーラは20分、冷静な動き直しで左サイドのビラギからスルーパスを引き出したカプラーリがGKとの一対一を制し、追加点を奪取。さらに31分にはチェッリ、メムシャイのワンタッチプレーからメムシャイのスルーパスに抜け出したベナリが再びGKとの一対一を制して3点目を奪い、前半を望外の3-0で終えた。 ▽後半に入っても勢いが衰えないペスカーラは、リーグ8戦勝利がないジェノアを圧倒。81分にはゼーマン仕込みの高い位置でのプレッシャーからボックス右でボールを持ったカプラーリが得意のドリブルでDFをかわし、左足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。さらに87分には右サイドを突破したザンパーノからの折り返しを、強靭なフィジカルでDFを吹き飛ばしたチェッリが冷静に右足で流し込み、この日のゴールショーを締めくくる5点目を奪った。 ▽この5点目で相手の心を完全に折ったペスカーラは、第5節のトリノ戦以来となる無失点で試合をクローズし、圧巻の5-0の完勝。ゼーマン・マジックいきなり炸裂で連敗を「6」でストップしたペスカーラが、待望の“今季初勝利”を手にした。 2017.02.20 05:10 Mon
twitterfacebook
thumb

最下位ペスカーラがゼーマン氏を招へい…かつてセリエB優勝に導いた名将が6年ぶりに復帰

▽ペスカーラは16日、新監督にズデネク・ゼーマン氏(69)を招へいすることを発表した。ゼーマン氏は6年ぶりの復帰となる。 ▽14日に、マッシモ・オッド監督(40)の退任を発表していたペスカーラ。ルチアーノ・ザウリ氏(39)が暫定指揮官を務めることになるとされていたが、早期の新監督招へいとなった。 ▽オッド監督は、2015年5月からペスカーラの監督に就任。2015-16シーズンにペスカーラをセリエBで4位に導くと、プレーオフを制してセリエA昇格を達成。昨年7月には2019年までの長期契約を結んでいたものの、今シーズンのセリエAでは1勝6分17敗と大苦戦し最下位に位置。緊急の会談を開き、オッド監督の更迭を決定していた。 ▽ゼーマン氏はイタリアで長年にわたり多くのクラブで監督を務め、2011-12シーズンにペスカーラを指揮しセリエB優勝を達成していた。なお、17日にプレゼンテーションが行われるとのことだ。 2017.02.17 22:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマのスロバキア代表DFギョンベルがロシアのテレク・グロズヌイへレンタル…今季はペスカーラでプレー

▽ロシア・プレミアリーグのテレク・グロズヌイは16日、ローマのスロバキア代表DFノルベルト・ギョンベル(24)がレンタル移籍で加入することを発表した。レンタル期間はシーズン終了までとなる。 ▽ギョンベルは2015年8月にカターニャからローマへレンタル移籍で加入すると、2016年7月には完全移籍で加入。しかし、今シーズンはペスカーラへとレンタル移籍。セリエAで10試合、コッパ・イタリアで2試合に出場していた。また、スロバキア代表としても16試合に出場。昨年のユーロ2016にも出場していた。 ▽テレク・グロズヌイは2016-17シーズンのロシア・プレミアリーグで現在4位。チャンピオンズリーグ出場圏内の2位につけるゼニトとは勝ち点差7となっている。 2017.02.17 22:22 Fri
twitterfacebook
thumb

最下位ペスカーラ、オッド監督がついに退任…不戦勝を除き今季未勝利…

▽ペスカーラは14日、同クラブを率いるマッシモ・オッド監督(40)の退任を発表した。なお、後任人事が確定するまでは、ルチアーノ・ザウリ氏(39)が暫定指揮官を務めることになる。 ▽現役時代、ヴェローナやラツィオ、ミランで右サイドバックとして活躍したオッド監督は2012年に現役引退後、ペスカーラの下部組織を指導していた。そして、2015年5月にペスカーラの指揮官に就任したオッド監督は2015-16シーズン、セリエBでペスカーラを4位に導き、プレーオフの末にセリエA昇格に導いていた。 ▽そして、昨年7月に2019年までの長期契約を結んだオッド監督だが、昨夏に目立った補強を行えなかったチームは、選手登録違反で不戦勝となった第2節サッスオーロ戦を除き、17敗6分けと大苦戦を強いられていた。 ▽ペスカーラはこの成績不振を受けて、14日にオッド監督とダニエレ・セバスティアーニ会長、ルカ・レオーネSD(スポーツ・ディレクター)で緊急会談を開き、同監督の更迭を決断した。 2017.02.15 01:35 Wed
twitterfacebook
thumb

パローロ4発のラツィオが連敗を2でストップ《セリエA》

▽ラツィオは5日、セリエA第23節でペスカーラとのアウェイ戦に臨み、6-2で圧勝した。 ▽前節キエーボに0-1と惜敗してリーグ戦2連敗中の5位ラツィオ(勝ち点40)は、5日前に行われたコッパ・イタリア準々決勝のインテル戦では2-1と勝利し、準決勝進出を決めた。そのインテル戦のスタメンから4選手を変更。ミリンコビッチ=サビッチやケイタ、バスタらがスタメンに戻った。 ▽最下位ペスカーラ(勝ち点9)に対し、立ち上がりから仕掛けたラツィオが分厚い攻めを見せると、10分にあっさり先制する。ボックス右からのフェリペ・アンデルソンのクロスをパローロがヘディングでゴールへ流し込んだ。 ▽さらに14分、ビリアの左CKからパローロが再びヘディングシュートでネットを揺らし、追加点を奪いきる。その後も敵陣で試合を進めたラツィオは28分にインモービレがGKを強襲するシュートを浴びせるも、29分に失点した。 ▽カスタノスの鋭いシュートをGKマルケッティが弾いたところをベナリに詰められる。浮き足立つラツィオはさらに35分、PKを献上する。ボックス内に侵入したザンパーノをホードが倒してしまった。しかし、キッカーのカプラーリのシュートはGKマルケッティが正面でセーブし、リードを保つ。ところが41分、右CKの流れからボックス左のブルクマンに左足ボレーでネットを揺らされ、2-2とされて前半を終えた。 ▽迎えた後半開始4分、FKの流れからラツィオが勝ち越す。右サイドからフェリペ・アンデルソンの上げたクロスをファーサイドのミリンコビッチ=サビッチが胸トラップから左ポスト直撃のシュートを放つと、ルーズボールをパローロがヘディングで押し込んだ。 ▽直後、カプラーリのコントロールシュートをGKマルケッティが好守で凌ぐと、57分に突き放す。ムンタリからボールを奪ってショートカウンターに転じ、インモービレのラストパスを受けたケイタがネットを揺らした。 ▽そして69分、左CKの流れからインモービレが左足ボレーで蹴り込んで5-2としたラツィオは、77分に左クロスをパローロがボレーで蹴り込み6-2。パローロが4ゴールを奪う活躍を見せたラツィオが終わってみれば圧勝している。 2017.02.06 00:48 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング