超ワールドサッカー

バスティア

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 バスティア 34 8 10 20 29 55 -26 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.20
28:00
リーグ・アン
第38節
マルセイユ 1 - 0 バスティア
2017.05.14
28:00
リーグ・アン
第37節
バスティア 2 - 0 ロリアン
2017.05.06
24:00
リーグ・アン
第36節
パリ・サンジェルマン 5 - 0 バスティア
2017.04.29
27:00
リーグ・アン
第35節
バスティア 1 - 0 レンヌ
2017.04.22
27:00
リーグ・アン
第34節
ボルドー 2 - 0 バスティア

基本データ

正式名称:SCバスティア

原語表記:Sporting Club de Bastia

創立:1965年

ホームタウン:バスティア

チームカラー:白/青

関連ニュース

thumb

一部観客の相手選手襲撃があったバスティアvsリヨンは再試合を行わず、リヨンの不戦勝に

▽LFP懲戒委員会は4日、バスティアサポーターのリヨン選手への襲撃事件によって中止になっていた先月16日のリーグ・アン第33節、バスティアvsリヨンに関して再試合を行わず、バスティアの不戦敗とすることを決定した。 ▽先月16日にバスティアホームで行われた同試合では、試合途中にピッチに乱入した一部バスティアサポーターが、リヨンGKアントニー・ロペスを襲撃する事件が発生し、試合途中で中止となっていた。 ▽この一件に関してLFP懲戒委員会は4日、再試合を行わずにバスティアの不戦敗とすることを決定。さらに、ホームで運営不備が生じたバスティアに対しては、今後のホームゲーム3試合を本拠地スタッド・アルマン・チェサーリではなく、中立地での開催を余儀なくされることになった。 ▽現在、リーグ戦で17位ディジョンと2ポイント差の最下位に低迷するバスティアにとって、今回の不戦敗の裁定は大きな痛手となりそうだ。 2017.05.06 14:54 Sat
twitterfacebook
thumb

バロテッリに暴言のバスティア監督が成績不振により解任…後任はアルメイダ氏

バスティアは成績不振を理由に、フランソワ・チッコリーニ監督を解任したと27日、公式ウェブサイトで発表した。後任はポルトガル人のルイ・アルメイダ氏に決まった。<br><br>チッコリーニ監督は2016年1月にバスティアの指揮官に就任したが、2017年に入ってからの成績は散々なものだった。1月7日に行われたフランス・カップ、パリ・サンジェルマン戦では、0-7という屈辱的な大敗を喫したほか、リーグ・アンでは1勝も挙げられず、降格圏の19位に低迷している。<br><br>さらに1-1の引き分けに終わった1月21日のニース戦では、指揮官らしからぬ行動も問題視された。この試合では、バスティアのサポーターから人種差別的なチャントを受けていたニースのバロテッリに対し、監督自らも暴言を吐いていたことが録画映像から明らかとなっている。<br><br>今シーズンのリーグ・アン全体では、チッコリーニ監督で7人目の監督解任となる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.28 15:11 Tue
twitterfacebook
thumb

バスティア、バロテッリへ人種差別チャントをした40歳男性を出入り禁止処分に

21日に行われたリーグ・アン第21 節バスティアvsニース戦(1-1)で人種差別的なチャントを行ったバスティアのサポーターに処分が科された。<br><br>この試合では、バスティアのサポーターからニースのFWマリオ・バロテッリに対し、猿を真似るようなチャントがあった。バロテッリ本人がインスタグラムで訴えたことで明らかになった。このためバスティアはフランス・プロサッカーリーグ(LFP)の調査に協力する旨を発表していたものの、外部からの処分に先んじて、クラブ内でも処分を科すことを決めた。<br><br>試合中継の録画映像から、差別的チャントをしていたサポーターをある程度特定した上で、テレビで名乗り出るよう呼びかけた。既にこのサポーターに対して、年間チケットを剥奪し、スタジアムへの出入り禁止処分を科した。<br><br>問題行為をしたサポーターは、数年前からバスティアの年間チケットを購入している40歳の男性サポーターであると、バスティアが発表している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.27 04:12 Fri
twitterfacebook
thumb

新生PSGがリーグ5連覇へ白星発進! モナコはホームでドロー《リーグ・アン》

▽12日にリーグ・アン開幕節が行われ、リーグ5連覇を目指すパリ・サンジェルマン(PSG)は、敵地でバスティアと対戦し、1-0で勝利した。 ▽今夏にセビージャからエメリ新監督を招へいしたPSGは、ダビド・ルイスやディ・マリア、ルーカス・モウラ、GKトラップなど昨季の主力を先発。[4-2-3-1]の最前線には新加入のベン・アルファが起用された。 ▽試合は立ち上がりから攻勢に出るPSGだったが、最初のチャンスはバスティアに生まれる。20分、右サイドを突破したサン=マクシマンのクロスをゴール前のクリヴェッリがフリーで合わせたが、これは枠の右に外れた。 ▽ピンチを凌いだPSGは29分に右サイドからカットインしたディ・マリアがシュート。38分にもディ・マリアがバスティアゴールに迫ったがスコアは動かず、前半はゴールレスで折り返した。 ▽後半に入っても試合の主導権を握るPSGは20分、ベン・アルファを下げて、8日に獲得が発表されたヘセ・ロドリゲスを投入。すると74分、ディ・マリアのスルーパスでゴール左に侵入したヘセ・ロドリゲスがシュート。これは飛び出したGKレカの右手に阻まれるも、こぼれ球に反応したクルザワがゴールに流し込んだ。 ▽その後、PSGは75分にパストーレやモッタを下げて試合を終わらせにかかる。結局、試合はそのまま1-0で終了。クルザワのゴールで逃げ切った新生PSGが、エメリ新監督のリーグ戦初陣を白星スタートで飾った。 ▽また、同日に行われたモナコvsギャンガンは、2-2の引き分けに終わった。試合はギャンガンの2点リードで後半に入ると、モナコは71分にボックス内でベルナルド・シウバが倒されPKを獲得。このPKをファビーニョが左隅に決めた。 ▽反撃の狼煙を上げたモナコは、80分にメンディを下げたモウチーニョを投入。すると84分、左クロスのクリアミスをボックス右で拾ったディラールの折り返しをベルナルド・シウバがゴールに流し込んだ。 ▽その後も逆転ゴールを狙ったモナコだが、追加点は生まれず。試合は2-2で終了した。 2016.08.13 06:02 Sat
twitterfacebook
thumb

バスティア、パレルモからモロッコ代表DFエル・カウタリを買取りOP付きのレンタルで獲得

▽バスティアは10日、パレルモからモロッコ代表DFアブデルアミド・エル・カウタリ(26)を買取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽故郷のモンペリエでプロキャリアをスタートしたエル・カウタリは、2011-12シーズンに同クラブのリーグ初優勝を経験。その後、2015年夏にパレルモに加入したものの、シーズン前半戦をリーグ戦7試合1ゴールという成績で終え、今年1月に半年間のレンタルでスタッド・ランスに加入していた。 2016.08.11 15:00 Thu
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング