バスティア

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 バスティア 34 8 10 20 29 55 -26 38

基本データ

正式名称:SCバスティア

原語表記:Sporting Club de Bastia

創立:1965年

ホームタウン:バスティア

チームカラー:白/青

関連ニュース

thumb

トゥールーズ、バスティア一筋の闘将MFカユザックを獲得!

▽トゥールーズは25日、バスティアからフランス人MFヤニク・カユザック(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年となる。 ▽バスティアの下部組織出身のカユザックは、2005年にトップチームに昇格した。以降は守備的MFやセンターバックとして主力に定着し、近年はキャプテンも務めて公式戦通算300試合以上に出場していた。だが、バスティアが昨シーズンのリーグ・アンを最下位で終えたうえ、財政問題によって3部への強制降格を強いられたことを受け、同選手は自身初の移籍を決断した。 ▽なお、カユザックの祖父である元フランス代表MFピエール・カユザックは、選手と監督の両方でトゥールーズに在籍していたレジェンドだ。 2017.07.26 03:15 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、バルサが獲得狙うヴェッラッティの放出を断固否定「1億ユーロでも売らない」

パリ・サンジェルマン(PSG)退団を希望しているとされるMFマルコ・ヴェッラッティだが、同クラブに売却の意思はないようだ。<br><br>バルセロナが獲得を狙っているとされるヴェッラッティは、先にPSGに対して退団の意思を伝えたとされる。だがスペイン『マルカ』によればPSGに同選手を売却する考えはないようだ。同紙はPSG関係者に同選手の移籍について問い合わせ、「8000万ユーロや1億ユーロという問題ではない。彼は市場に出ていないんだ」との返答を得たという。<br><br>PSGは契約内容を改善するなどして、ヴェッラッティの慰留に努める方針とされる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.13 00:47 Tue
twitterfacebook
thumb

一部観客の相手選手襲撃があったバスティアvsリヨンは再試合を行わず、リヨンの不戦勝に

▽LFP懲戒委員会は4日、バスティアサポーターのリヨン選手への襲撃事件によって中止になっていた先月16日のリーグ・アン第33節、バスティアvsリヨンに関して再試合を行わず、バスティアの不戦敗とすることを決定した。 ▽先月16日にバスティアホームで行われた同試合では、試合途中にピッチに乱入した一部バスティアサポーターが、リヨンGKアントニー・ロペスを襲撃する事件が発生し、試合途中で中止となっていた。 ▽この一件に関してLFP懲戒委員会は4日、再試合を行わずにバスティアの不戦敗とすることを決定。さらに、ホームで運営不備が生じたバスティアに対しては、今後のホームゲーム3試合を本拠地スタッド・アルマン・チェサーリではなく、中立地での開催を余儀なくされることになった。 ▽現在、リーグ戦で17位ディジョンと2ポイント差の最下位に低迷するバスティアにとって、今回の不戦敗の裁定は大きな痛手となりそうだ。 2017.05.06 14:54 Sat
twitterfacebook
thumb

バロテッリに暴言のバスティア監督が成績不振により解任…後任はアルメイダ氏

バスティアは成績不振を理由に、フランソワ・チッコリーニ監督を解任したと27日、公式ウェブサイトで発表した。後任はポルトガル人のルイ・アルメイダ氏に決まった。<br><br>チッコリーニ監督は2016年1月にバスティアの指揮官に就任したが、2017年に入ってからの成績は散々なものだった。1月7日に行われたフランス・カップ、パリ・サンジェルマン戦では、0-7という屈辱的な大敗を喫したほか、リーグ・アンでは1勝も挙げられず、降格圏の19位に低迷している。<br><br>さらに1-1の引き分けに終わった1月21日のニース戦では、指揮官らしからぬ行動も問題視された。この試合では、バスティアのサポーターから人種差別的なチャントを受けていたニースのバロテッリに対し、監督自らも暴言を吐いていたことが録画映像から明らかとなっている。<br><br>今シーズンのリーグ・アン全体では、チッコリーニ監督で7人目の監督解任となる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.28 15:11 Tue
twitterfacebook
thumb

バスティア、バロテッリへ人種差別チャントをした40歳男性を出入り禁止処分に

21日に行われたリーグ・アン第21 節バスティアvsニース戦(1-1)で人種差別的なチャントを行ったバスティアのサポーターに処分が科された。<br><br>この試合では、バスティアのサポーターからニースのFWマリオ・バロテッリに対し、猿を真似るようなチャントがあった。バロテッリ本人がインスタグラムで訴えたことで明らかになった。このためバスティアはフランス・プロサッカーリーグ(LFP)の調査に協力する旨を発表していたものの、外部からの処分に先んじて、クラブ内でも処分を科すことを決めた。<br><br>試合中継の録画映像から、差別的チャントをしていたサポーターをある程度特定した上で、テレビで名乗り出るよう呼びかけた。既にこのサポーターに対して、年間チケットを剥奪し、スタジアムへの出入り禁止処分を科した。<br><br>問題行為をしたサポーターは、数年前からバスティアの年間チケットを購入している40歳の男性サポーターであると、バスティアが発表している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.27 04:12 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング