サンプドリア

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
13 サンプドリア 24 6 6 8 22 26 -4 20

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-01-22
26:00
セリエA
第21節
アタランタ vs サンプドリア
2017-01-29
23:00
セリエA
第22節
サンプドリア vs ローマ
2017-02-05
20:30
セリエA
第23節
ミラン vs サンプドリア
2017-02-12
26:00
セリエA
第24節
サンプドリア vs ボローニャ
2017-02-19
23:00
セリエA
第25節
サンプドリア vs カリアリ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.01.19
29:00
コッパ・イタリア
5回戦
ローマ 4 - 0 サンプドリア
2017.01.15
23:00
セリエA
第20節
サンプドリア 0 - 0 エンポリ
2017.01.07
28:45
セリエA
第19節
ナポリ 2 - 1 サンプドリア
2016.12.22
28:45
セリエA
第18節
サンプドリア 0 - 0 ウディネーゼ
2016.12.18
23:00
セリエA
第17節
キエーボ 2 - 1 サンプドリア

基本データ

正式名称:UCサンプドリア

原語表記:Unione Calcio Sampdoria s.p.a

愛称:サンプ、ドリア、ブルチェルキアーティ(ブルーリング)

創立:1946年

ホームタウン:ジェノバ

チームカラー:青

関連ニュース

thumb

中国行きが噂されたカッサーノ「なんのために行くんだい?」

▽サンプドリアの元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが、噂されている中国への移籍を否定している。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽カッサーノは昨夏、クラブのマッシモ・フェレロ会長との意見の食い違いによりチームの構想から外れており、選手登録もされていない状況が続いていた。現在は、クラブとの合意の下でサンプドリアのプリマヴェーラ(下部組織)の練習に参加することを許されており、今冬の移籍市場に向けてコンディション調整を行っている。 ▽そんな中、イタリア『スカイ・スポーツ・イタリア』はイタリア国内からカッサーノへのオファーはないと報道。一方で中国スーパーリーグのチームが獲得に興味を示しており、カッサーノ自身も現役続行のために中国行きを決断する可能性があるとしていた。 ▽しかしカッサーノ自身は中国でのプレーに興味を持っていないようだ。 「中国に行くかだって? なんのために行くんだい? 俺には家族とジェノヴァで生活している。とても気にっているし、幸せな日々だよ」 「去就についても話はしている。今は待つだけだ。今後どうなるかなんてわからない。コンディションは良いよ。そして子供と同じ時間を過ごせているし、とても幸せな気分だ」 2017.01.21 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

3トップ揃い踏みのローマがサンプに圧勝! 準々決勝進出8チームが出揃う!《コッパ・イタリア》

▽コッパ・イタリア5回戦のローマvsサンプドリアが19日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが4-0で勝利した。 ▽リーグ戦3連勝でセリエA2位に付けるローマは、リーグ戦で5試合勝利がない13位サンプドリアとの今シーズンのコッパ初戦に臨んだ。この一戦に向けてスパレッティ監督は、直近のウディネーゼ戦から先発4人を変更。リーグ戦出場停止明けのリュディガーとデ・ロッシが先発に復帰したほか、GKにアリソン、昨夏エンポリから加入も前十字じん帯断裂の重傷で戦列を離れていたマリオ・ルイがローマデビューを飾った。 ▽開始2分にロングフィードに抜け出したムリエルに左ポスト直撃のシュートを許すなど、慌ただしい入りとなったローマは、ボールを保持するものの不用意なロストが目立ち、相手の鋭いカウンターに晒され、幾度もピンチを招いた。 ▽その後も行ったり来たりの落ち着かない展開が続く中、25分と35分にはレアンドロ・パレデスの目の覚めるようなミドルシュートでローマがゴールに迫るも、クロスバーと相手GKプジョーニの好守に遭い、先制点とはならない。 ▽それでも、徐々に攻撃のリズムを作り出したローマは、39分に先制点を奪う。エル・シャーラウィのパスが相手DFにブロックされるも、ボックス手前でこの跳ね返りに反応したナインゴランが右足を一閃。強烈な縦回転がかかったドライブシュートがゴール右隅を射抜いた。ナインゴランの公式戦2試合連続ゴールで均衡を破ったローマは、40分過ぎにもエル・シャーラウィ、ナインゴランが続けて際どいシュートを放つが、相手GKの好守に阻まれ、1点リードのままハーフタイムを迎えた。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、ローマが開始2分に追加点を挙げる。ドリブルで持ち上がったエル・シャーラウィの右足アウトにかけたスルーパスに反応したゼコが、ボックス左に抜け出し、左足のシュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽最高の時間帯に追加点を奪って勢い付くローマは、その後もゼコがポスト直撃の惜しいヘディングシュートを放つなど、畳みかける攻めを見せる。すると61分、ゼコのロングフィードに抜け出したエル・シャーラウィがボックス左角から見事なループシュートを流し込み、3トップ揃い踏みとなる3点目を奪った。 ▽この3点目で勝利を確信したスパレッティ監督は、共に1ゴール1アシストを記録した殊勲のゼコとエル・シャーラウィを下げて、トッティとペロッティをピッチに送り出した。 ▽試合終盤にかけても完璧に試合をコントロールするローマは、トッティに2度のゴールチャンスが訪れるも決め切れない。それでも、試合終了間際の90分にペロッティの絶妙な左クロスをナインゴランが頭で合わせ、この試合2点目となるチーム4点目を奪い、試合はタイムアップ。3トップ揃い踏みのローマが、圧勝でコッパ準々決勝進出を決めた。 ▽なお、コッパ・イタリア準々決勝組み合わせおよび試合日程は以下の通り。 ◆コッパ・イタリア準々決勝組み合わせ ナポリ vs フィオレンティーナ(1/24) ユベントス vs ミラン(1/25) インテル vs ラツィオ(1/31) ローマ vs チェゼーナ(2/1) ※()内は試合開催日 2017.01.20 07:05 Fri
twitterfacebook
thumb

クアリアレッラがサンプドリアと2019年まで契約延長

▽サンプドリアは13日、元イタリア代表FWファビオ・クアリアレッラ(33)と2019年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽ナポリやユベントス、ウディネーゼなどで活躍したストライカーのクアリアレッラは、2016年夏にトリノからサンプドリアへ移籍。昨季はセリエAで16試合に出場して3ゴール、今季はここまで4ゴールを挙げている。生涯キャリアではこれまでセリエAで104ゴールをマークしている。 2017.01.14 00:37 Sat
twitterfacebook
thumb

伊クラブからオファーが届かないカッサーノ、現役続行のため中国移籍を検討か

今冬、サンプドリアの元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが中国スーパーリーグへ移籍する可能性があると、イタリアメディア『スカイ・スポルト』が報じている。<br><br>カッサーノは昨夏、サンプドリアのマッシモ・フェレロ会長との意見の食い違いなどからチームの構想から外れ、選手登録もされずに1人隔絶された状況が続いていた。11月末にようやく、クラブとの合意の下、サンプドリアのプリマヴェーラ(下部組織)の練習に参加することを許され、今冬の移籍市場に向けて、若手選手とともにコンディションの維持を続けていた。<br><br>カッサーノ本人は家族とともに暮らすジェノヴァでの生活が気に入っており、ジェノヴァ近郊のセリエBヴィルトゥス・エンテッラへの移籍を希望しているとの情報もあった。また12月には、ジェノヴァ市内のレストランで、同市に拠点を置くジェノアのイヴァン・ユリッチ監督とともに食事をする姿が目撃され、同クラブへの移籍が噂されたこともあった。<br><br>しかし実際のところ、イタリア国内のクラブからのオファーはセリエBを含めて届いていないと見られており、カッサーノの代理人であるベッペ・ボッツォ氏が現役続行のためにも、中国への移籍を検討するよう説得しているという。<br><br>移籍先としては、広州富力と元イタリア代表のFWグラツィアーノ・ペッレが所属する山東魯能泰山が挙がっている。山東魯能泰山からは年俸800万ユーロ(約10億円)のオファーが届いているとみられる。<br><br>だが、カッサーノ本人は家族とともに暮らすジェノヴァを離れることに難色を示しており、実現は難しいとみられるが、今後の動向は注目されるところだ。<br><br>提供:goal.com 2017.01.09 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

終了間際のトネッリの移籍後初ゴールでナポリが劇的逆転勝利《セリエA》

▽ナポリは7日、セリエA第19節でサンプドリアを本拠地サン・パオロに迎え、2-1でナポリが逆転勝利した。 ▽2016年最終戦となったフィオレンティーナ戦を打ち合いの末に3-3と引き分けて連勝が3で止まった3位ナポリ(勝ち点35)は、アフリカ・ネイションズカップの影響でクリバリとグラムが欠場となった中、トネッリとストリニッチのバックアッパーを起用。ジェノアから獲得したストライカーのパヴォレッティはベンチ入りした。 ▽ここ3試合勝利のない12位サンプドリア(勝ち点23)に対し、徐々にポゼッションを高めてリズムを生んだナポリは、9分にインシーニェのミドルシュートでGKを強襲。しかし、丁寧なビルドアップで応戦するサンプドリアを攻略できずにいると、28分にリカルド・アルバレスの直接FKでゴールを脅かされる。すると、30分に失点してしまった。 ▽キリケシュがシックに突破され、ボックス右への侵入を許す。そして、クロスボールをヒサイがクリアしきれず、オウンゴールを献上した。ハーフタイムにかけても流れを引き寄せきれなかったナポリは、前半を1点ビハインドのまま終えた。 ▽迎えた後半もアグレッシブな入りを見せたナポリだったが、決定機を生み出すには至らない。そこで59分、アランに代えてジエリンスキを投入。61分にはGKレイナへの遅延行為でシルベストレに2枚目のイエローカードが提示され、ナポリは数的優位となる。 ▽それでもゴールの遠いナポリはジョルジーニョに代えてガッビアディーニを投入。すると77分、試合を振り出しに戻す。左サイドのインシーニェのクロスをボックス右のカジェホンが折り返すと、最後はガッビアディーニが押し込んだ。 ▽勢い付くナポリは85分、インシーニェの丁寧なヘッドでの落としに反応したボックス左のガッビアディーニがダイレクトでシュート。しかし、GKプッジョーニの好守に阻まれる。さらに87分のハムシクの枠内シュートもプッジョーニに阻まれ、1-1のままタイムアップするかに思われた。しかし、終了間際の追加タイム5分、ボックス左ゴールライン際まで侵入したストリニッチの折り返しをトネッリが蹴り込んで劇的逆転。トネッリの移籍後初ゴールでナポリが貴重な勝ち点3を手にしている。 2017.01.08 06:49 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング