サンプドリア

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 サンプドリア 20 5 5 5 23 19 4 15

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-12-16
23:00
セリエA
第16節
サンプドリア vs パルマ
2018-12-22
23:00
セリエA
第17節
エンポリ vs サンプドリア
2018-12-26
23:00
セリエA
第18節
サンプドリア vs キエーボ
2018-12-29
20:30
セリエA
第19節
ユベントス vs サンプドリア
2019-01-20
セリエA
第20節
フィオレンティーナ vs サンプドリア

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.12.08
28:30
セリエA
第15節
ラツィオ 2 - 2 サンプドリア
2018.12.01
28:30
セリエA
第14節
サンプドリア 4 - 1 ボローニャ
2018.11.25
28:30
セリエA
第13節
ジェノア 1 - 1 サンプドリア
2018.11.11
23:00
セリエA
第12節
ローマ 4 - 1 サンプドリア
2018.11.04
23:00
セリエA
第11節
サンプドリア 1 - 4 トリノ

基本データ

正式名称:UCサンプドリア

原語表記:Unione Calcio Sampdoria s.p.a

愛称:サンプ、ドリア、ブルチェルキアーティ(ブルーリング)

創立:1946年

ホームタウン:ジェノバ

チームカラー:青

関連ニュース

thumb

終了間際の同点ゴールに喜び過ぎたサンプMFサポナーラ、ファンにパンツずらされ尻丸出しに…

▽8日に行われたセリエA第15節のラツィオvsサンプドリアで、サンプドリアMFリッカルド・サポナーラのゴールセレブレーションが話題となっている。 ▽1-1で迎えた後半アディショナルタイム。試合終了間際の追加タイム4分にラツィオがPKを獲得する。これをFWチーロ・インモビーレが決めてラツィオの勝利かに思われたのだが、PKを決める際のVARによりさらなる追加タイムが設けられていた。後半アディショナルタイムも10分になろうかというところで、サンプドリアは最終ラインからゴール前にロングボールを送ると、FWダヴィド・コフナツキが頭で逸らしたところをサポナーラがカンフーキックで劇的同点ゴールを決めた。 ▽話題となっているのはその後のこと。ゴールに大喜びしたサポナーラは上のユニフォームを脱ぎ、さらに下も脱いでファンのいるスタンドにダイブ。パンツ一丁になったサポナーラをファンは取り囲み、中には白いブリーフを下げようとする者も。もみくちゃにされたサポナーラは尻を丸出しにされるも、前方の大事な部分は守り抜いたようだ。 ▽当然サポナーラにはイエローカード。他になにか大切なものを失ったように思えるが、同選手は試合後に「素晴らしかった。ファンと喜びを分かち合えてよかったよ。誰かが僕のパンツをずらそうとしていたけど、あんなゴールを決めた後なんだ。こんなもんだよ」と意に介していない様子だった。 2018.12.10 04:34 Mon
twitterfacebook
thumb

インモービレの追加タイムPK弾もラツィオ、ラストプレー被弾浴びて10人のサンプに痛恨ドロー《セリエA》

▽ラツィオは8日、セリエA第15節でサンプドリアをホームに迎え、2-2で引き分けた。 ▽前節、最下位キエーボに痛恨の引き分けに終わってここ3試合ドローの5位ラツィオ(勝ち点24)が、10位サンプドリア(勝ち点19)をホームに迎えた一戦。 ▽立ち上がりから押し込んだラツィオの最初のシュートは16分。パトリックが左クロスにボレーで合わせたが枠の上に外れてしまった。 ▽すると21分に一瞬の隙を突かれて失点する。ムルルの左クロスをファーサイドのクアリアレッラに蹴り込まれた。 ▽その後は拙攻を続けたラツィオがサンプドリアの守備の前に全くチャンスを作れず、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽低調な前半を終えて迎えた後半、ラツィオが猛攻を仕掛けていく。まずは50分、スルーパスに反応してボックス右に走り込んだパトリックがダイレクトでシュート。しかし、GKの正面だった。 ▽直後にもボックス左で仕掛けたルリッチがGKを強襲するシュートを浴びせたラツィオが攻勢を強めると、2枚代えを敢行。カイセドとバデリに代えてコレアとカタルディを起用した。 ▽その直後にもインモービレのスルーパスを受けたボックス右のパローロが決定的なシュートを浴びせ、サンプドリアを自陣に張り付けていく。 ▽そして、71分には見事なロングカウンターを発動。インモービレとコレアの関係でゴール前までボールを持ち運び、コレアがボックス左へ侵入。しかし、シュートはGKアウデーロにセーブされてしまった。 ▽それでも79分に試合を振り出しに戻す。右CKをニアのパローロが逸らし、ゴール前のアチェルビが押し込んだ。 ▽押せ押せのラツィオは85分に逆転のチャンス。しかし、ルリッチの左クロスをファーサイドのミリンコビッチ=サビッチがヘッドで合わせるも枠の左に外してしまった。 ▽それでも、ベレシュインスキが退場して10人となったサンプドリアに対し、試合終了間際の追加タイム4分、ラツィオがPKを獲得する。ボックス手前左で得たFKをL・アルベルトが直接狙うと、壁に入っていたアンデルセンの手にボールが当たったとしてVARの末にPKとなった。 ▽このPKをインモービレが決めてラツィオが勝利するかに思われたが、VARの判定によって追加タイムが延長されていた同10分、ロングボールをゴール前に送られると、コフナツキにヘッドで逸らされ、最後はサポナーラにカンフーキックでゴールへ流し込まれた。 ▽直後にタイムアップとなり、ラツィオは痛恨のドロー。勝利目前で4試合連続引き分けに終わってしまった。 2018.12.09 06:43 Sun
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、ビッグクラブ関心の背番号10、プラートとの新契約締結!

▽サンプドリアは29日、ベルギー代表MFデニス・プラート(24)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽2011年にアンデルレヒトでプロデビューを飾ったプラートは、卓越したテクニックと創造性を武器に、若くしてベルギーの名門の司令塔として活躍。過去にバルセロナやアーセナルといったビッグクラブ行きが噂された中、2016年にサンプドリアに加入した。同クラブではここまで公式戦80試合に出場し2ゴールを記録している。 ▽今夏にはユベントスやローマ、アーセナルからの関心が伝えられたが、ジェノバの地でキャリアを継続する道を選択した。 2018.11.30 00:15 Fri
twitterfacebook
thumb

イタリアの名ストライカー、ジャンルカ・ヴィアッリ氏ががん闘病を告白

▽かつてサンプドリアやユベントス、チェルシーで活躍した元イタリア代表FWのジャンルカ・ヴィアッリ氏(54)が、先日までがん治療を行っていたことを明らかにした。同氏がイタリア『コリエーレ・デラ・セーラ』で告白した。 ▽現役時代に強靭なフィジカルと抜群の得点感覚を武器にゴールを量産してきた生粋のストライカーだったヴィアッリ氏。また、プレイングマネージャーとしてチェルシーを率いた経験もある同氏は現役引退後、イタリア、イングランドの両国でコメンテーターを務め、趣味のゴルフにも興じるアクティブな生活を続けている。 ▽しかし、今回『コリエーレ・デラ・セーラ』のインタビューに答えたヴィアッリ氏は、1年ほど前からがん闘病をしていたことを明かした。 「今は本当にかなり元気だ」 「(闘病は)1年ほどだった。ただ、今では獣のような体格が戻って来ているよ。ただ、この闘いがいつどういった形で終わるのか確信が持てないでいる」 「(痩せた身体を隠すため)これまで自分のシャツの下にセーターを着ていたんだ。だから、誰も私の病気に気付いていなかったと思う。私は未だに有名人だからね」 「(今回の告白を決断した理由について)自分の物語が人生の重要な分岐点に差し掛かっている人たちに対して、少しでも刺激を与えられればいいと思っている」 「治療中に浮かんだ重要なフレーズは壁にポストイットで張り付けていたんだ。『人間は思考の産物だ』なんてね」 「大事なことは勝つことじゃない。勝者のような思考を持つことだ。人生に関しては自分たちに降りかかる出来事が10パーセントを占め、それに対処することに90パーセントが当てられていると思う」 「だから、私の物語が誰かの助けになることを望んでいる。そして、多くのことが自分の身に起きていることに正しい対処ができることを願っている」 2018.11.26 19:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェノバ・ダービーは痛み分け、ピョンテク10ゴール到達一番乗り《セリエA》

▽セリエA第13節、ジェノアvsサンプドリアのジェノバ・ダービーが25日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽共に3連敗中の13位ジェノア(勝ち点14)と、12位サンプドリア(勝ち点15)によるダービー。 ▽試合は8分に早速動く。右サイドからのガストン・ラミレスの左足インスウィングのクロスをクアリアレッラがダイビングヘッドで押し込み、サンプドリアが先制した。 ▽それでも16分、ジャノアがすかさず同点に持ち込む。ピョンテクがボックス内に侵入したところで、GKアウデーロに倒されてPKを獲得した。このPKをピョンテク自ら決めて試合を振り出しに戻した。 ▽ピョンテクのセリエA10ゴール目で追いついたジェノアは33分、ボックス手前右で得たFKをヴェローゾが直接狙うも、シュートはわずかに枠の右上に外れた。ハーフタイムにかけてはジェノアの攻勢が強まったが、前半のうちに逆転することはできず、1-1で後半へ折り返した。 ▽迎えた後半もジェノアが圧力をかける展開で推移。しかし、シュートに持ち込むことはできずに時間が経過していった。 ▽そんな中62分、右クロスをクアメが頭で合わせたシュートがゴール左下に飛んだが、GKアウデーロのビッグセーブに阻まれてしまった。 ▽終盤にかけては互いにゴールに迫れず1-1で終了。不調同士のダービーは勝ち点1を分け合う結果となった。 2018.11.26 06:26 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング