アタランタ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 アタランタ 55 17 4 8 46 33 13 29

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-02
セリエA
第30節
ジェノア vs アタランタ
2017-04-09
セリエA
第31節
アタランタ vs サッスオーロ
2017-04-15
セリエA
第32節
ローマ vs アタランタ
2017-04-23
セリエA
第33節
アタランタ vs ボローニャ
2017-04-30
セリエA
第34節
アタランタ vs ユベントス

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.19
23:00
セリエA
第29節
アタランタ 3 - 0 ペスカーラ
2017.03.12
23:00
セリエA
第28節
インテル 7 - 1 アタランタ
2017.03.05
20:30
セリエA
第27節
アタランタ 0 - 0 フィオレンティーナ
2017.02.25
26:00
セリエA
第26節
ナポリ 0 - 2 アタランタ
2017.02.18
26:00
セリエA
第25節
アタランタ 1 - 0 クロトーネ

基本データ

正式名称:アタランタ・ベルガマスカ・カルチョ

原語表記:Atalanta Bergamasca Calcio s.p.a.

愛称:オロビチ(ベルガモにある山岳の名前)、ネッラズーリ(黒と青)

ホームタウン:ベルガモ

チームカラー:青・黒

関連ニュース

thumb

イカルディ&バネガのWトリプレッタのインテルがアタランタを7発粉砕《セリエA》

▽セリエA第28節インテルvsアタランタが12日に行われ、7-1でインテルが圧勝した。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場はしなかった。 ▽前節カリアリ戦を5発圧勝して勝利を取り戻した6位インテル(勝ち点51)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位ナポリを6ポイント差で追走。そのインテルはカリアリ戦と同様のスタメンを送り出した。 ▽対する5位アタランタ(勝ち点52)は、前節フィオレンティーナ戦では優勢ながらも0-0に終わった。そのアタランタはA・マジエッロが出場停止となった一方、ケシエが出場停止から復帰した。 ▽立ち上がりから主導権争いが続いた中、ペターニャのポストプレーを起点に徐々に流れを引き寄せたアタランタは8分、アレハンドロ・ゴメスがミドルシュートでゴールに迫る。 ▽しかし17分、インテルが最初のチャンスを生かす。バネガの直接FKは壁に当たるも、ルーズボールをボックス中央のイカルディが蹴り込んで先制点をもたらした。 ▽さらに23分、イカルディがボックス内でスピナッツォーラとうまく入れ替わると、飛び出したGKベリシャに倒されてPKを獲得。これを自らイカルディがクッキアイオで決めて追加点を獲得した。 ▽そして26分、CKのショートコーナーを受けた右サイドゴールライン際のバネガのクロスをニアサイドのイカルディが頭で合わせてネットを揺らし、9分間でハットトリック達成。続く31分にはボックス右ゴールライン際からのカンドレーバの折り返しをバネガが合わせて4-0としたインテルは、34分にもカンドレーバの右サイドからの折り返しをバネガが合わせて5-0とした。 ▽その後、42分にフロイラーにドリブルシュートを決められたインテルだったが、5-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半開始7分、インテルがさらに1点を追加する。ボックス左のバネガの横パスをガリアルディーニがダイレクトでゴール左上へ叩き込んだ。 ▽ガリアルディーニの古巣への恩返し弾で6-1としたインテルは、アレハンドロ・ゴメスのミドルシュートでゴールを脅かされるも、GKハンダノビッチが好守で阻止する。すると68分、ゴール正面で得たFKをバネガがゴール右へ決めてイカルディと共にハットトリック達成。 ▽7-1としたインテルは終盤にかけてアタランタに何もさせずに圧勝。CL出場権争いに食らいついている。 2017.03.13 00:56 Mon
twitterfacebook
thumb

好調アタランタが猛攻見せるもフィオレンティーナとゴールレスドロー《セリエA》

▽5日にセリエA第27節のアタランタvsフィオレンティーナが行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽リーグ戦6戦未勝利の4連勝と勢いに乗る4位のアタランタ(勝ち点51)が、2戦未勝利となっている8位のフィオレンティーナ(勝ち点41)をホームに迎えた一戦。立ち上がりから両チームともに縦に素早く攻めるオープンな展開となる中、アタランタは3分に左サイドからのFKでゴール前のA・コンティがバックヘッドで狙うが、GKの正面に飛んでしまった。さらに5分にはボックス左のフロイラーがヒールで流したボールをペターニャが狙うも、逆サイドを狙ったシュートは枠を捉えきれなかった。 ▽勢いに乗るアタランタは6分にボックス右の深い位置まで侵入したペターニャの折り返しに、アレハンドロ・ゴメスが飛び込むが合わせられず。7分に左サイドで裏を取ったアレハンドロ・ゴメスが、カットインから右足を振り抜くも枠を捉えきれなかった。対するフィオレンティーナは、アグレッシブなアタランタに押し込まれ、ボールを奪ってもスタートポジションが低く、すぐにアタランタの網にかかってしまう。33分にはボックス左に侵入したテージョが右足で狙うなど攻撃の形を見せたが、ここはGKベリシャに止められた。 ▽結局前半はゴールレスで終えると、アタランタはハーフタイムでダレッサンドロを下げてグラッシを投入する。しかし最初のチャンスはフィオレンティーナで、50分にヴェシーノがドリブルでマークを剥がしてボックス手前から右足で狙う。しかしここは枠を捉えきれず、フィオレンティーナはチャンスを逸した。アタランタは55分、ボックス手前左の位置でFKを獲得。アレハンドロ・ゴメスがこれを狙うが、クロスバーを越えていった。 ▽迎えた57分、フィオレンティーナは味方選手が放ったシュートのこぼれ球をヴェシーノがバイシクルで合わせて、ついにゴールネットを揺らす。しかしヴェシーノのポジションはオフサイドで、このゴールは認められなかった。以降は再びアタランタが主導権を握る展開となるも、こちらも決定機を作りながら決めきれず。74分にはアレハンドロ・ゴメスのヒールパスがボックス内でこぼれるとフロイラーが狙うが、GKのセーブにあって得点とはならない。 ▽77分にも左サイドから切り崩したアタランタは、ペターニャがニアで合わせるも、ボールはGKに当たってラインを割る前にかき出される。再三再四の攻撃を見せるアタランタだったが、最後までゴールを奪うことはなく試合は終了。勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2017.03.05 22:23 Sun
twitterfacebook
thumb

インモービレのPK一発でラツィオ辛勝、上位陣を追走《セリエA》

▽ラツィオは26日、セリエA第26節でウディネーゼをホームに迎え、1-0で辛勝した。 ▽前節エンポリに2-1と逆転勝利した6位ラツィオ(勝ち点47)が、2連敗中の13位ウディネーゼ(勝ち点29)をホームに迎えた一戦。 ▽出場停止のビリアの代役にムルジャを中盤アンカーに据え、3トップに右からフェリペ・アンデルソン、インモービレ、ケイタと並べる[4-3-3]で臨んだラツィオが立ち上がりからボールを保持していく。そんな中7分、D・サパタにボックス左まで持ち運ばれてフィニッシュされ、GKストラコシャが強襲される。 ▽その後もラツィオが押し込む流れとなるものの、ウディネーゼの守備網を攻略するには至らない。結局、前半に目立ったチャンスは作れず、0-0でハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半も前がかるラツィオがウディネーゼを押し込んでいく展開とする。しかし、シュートに結びつかずにいると、59分にS・インザーギ監督が動く。パトリックとホードに代えてミリンコビッチ=サビッチとバスタの両主力を投入した。 ▽すると72分、左クロスをクリアにかかったボックス内のアリ・アドナンがハンドを犯し、ラツィオがPKを獲得。これをインモービレがゴール左に決めて待望の先制点を決めた。これが決勝点となってラツィオが辛勝。チャンピオンズリーグ圏内の3位ナポリとは4ポイント差に縮めている。 2017.02.27 01:04 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタがカルダーラのドッピエッタでナポリとの上位対決を制す《セリエA》

▽セリエA第26節ナポリvsアタランタが25日に行われ、0-2でアタランタが勝利した。 ▽前節キエーボ戦を3-1と快勝してリーグ戦3連勝とした3位ナポリ(勝ち点54)と、ここ5試合で4勝と絶好調の4位アタランタ(勝ち点48)による上位対決。 ▽両チーム、現状のほぼベストメンバーを送り込んだ一戦。立ち上がりから仕掛けたナポリは6分、インシーニェが得意の左45度から決定的なシュートを浴びせる。しかし、これ以降は自陣に引くアタランタを崩しきれない状況が続いた。 ▽すると28分、右CKの流れからカルダーラが頭で押し込み、アタランタが最初のチャンスを生かして先制する。 ▽追う展開となったナポリは39分に決定機。絶妙なトラップでカルダーラを突破したメルテンスがボックス中央へ侵入。しかし、シュートはわずかに枠の左へ外れてしまう。さらに前半終了間際、メルテンスの直接FKが枠を捉えたが、GKベリシャの好セーブに阻まれた。 ▽迎えた後半開始30秒、ロングボールに抜け出したペターニャがGKレイナを強襲するシュートを浴びせると、ひやりとしたナポリは59分にハムシクに代えてミリクを投入。すると67分、カウンターを止めにかかったケシエに2枚目のイエローカードが提示され、ナポリは数的優位となった。 ▽しかし70分、アタランタに追加点が生まれる。ボックス左のスピナッツォーラの右足アウトでの絶妙なクロスに流れの中で上がっていたカルダーラがボレーで叩き込んだ。カルダーラのドッピエッタでリードを広げたアタランタは、その後のナポリの反撃を許さずに上位対決を勝利。ナポリに3ポイント差に迫っている。 2017.02.26 04:11 Sun
twitterfacebook
thumb

インモービレ&ケイタ弾でラツィオが逆転勝利、上位を追走《セリエA》

▽ラツィオは18日、セリエA第25節でエンポリとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。 ▽前節ミランに引き分けに持ち込まれた6位ラツィオ(勝ち点44)が、残留圏内ぎりぎりの17位に位置するエンポリ(勝ち点22)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽試合は一進一退の序盤を経て、17分にインモービレがボックス左から強烈なシュートを浴びせる。だが、GKスコルプスキのセーブに阻まれ先制とはならない。さらに29分、ミリンコビッチ=サビッチの左クロスにパローロが合わせる決定機を迎えるも、枠の右に外れてしまう。 ▽ハーフタイムにかけて圧力を強めていったラツィオは39分、フェリペ・アンデルソンが枠内シュートを浴びせると、43分には中央からのパローロの強烈なミドルシュートが枠の右を捉えた。しかし、ここもGKスコルプスキの好守に阻まれ、前半のうちにスコアを動かすことはできなかった。 ▽迎えた後半、49分にエル・カドゥーリにゴールに迫られたラツィオだったが、徐々に圧力を強めていくと、56分にミリンコビッチ=サビッチがヘディングシュートでゴールに迫る。その後、ミリンコビッチ=サビッチに代えてケイタを投入したラツィオが一方的に押し込んでいたが、67分に失点する。中央からのクルニッチの強烈なミドルシュートがゴール左に突き刺さった。 ▽それでも直後、インモービレが浮き球のルーズボールにいち早く反応してゴールエリア中央から押し込み、試合を振り出しに戻した。さらに80分、フェリペ・アンデルソンのクロスのルーズボールをボレーで狙ったケイタのシュートがDFにディフレクトしてゴールに吸い込まれ、ラツィオが逆転に成功。ここからは危なげなく試合を進めて逆転勝利。同日、クロトーネに勝利した4位アタランタを1ポイント差で追走している。 2017.02.19 06:54 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング