アタランタ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 アタランタ 51 16 3 7 42 26 16 26

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-03-05
20:30
セリエA
第27節
アタランタ vs フィオレンティーナ
2017-03-12
23:00
セリエA
第28節
インテル vs アタランタ
2017-03-19
23:00
セリエA
第29節
アタランタ vs ジェノア
2017-04-02
セリエA
第30節
ジェノア vs アタランタ
2017-04-09
セリエA
第31節
アタランタ vs サッスオーロ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.02.25
26:00
セリエA
第26節
ナポリ 0 - 2 アタランタ
2017.02.18
26:00
セリエA
第25節
アタランタ 1 - 0 クロトーネ
2017.02.12
23:00
セリエA
第24節
パレルモ 1 - 3 アタランタ
2017.02.05
23:00
セリエA
第23節
アタランタ 2 - 0 カリアリ
2017.01.29
20:30
セリエA
第22節
トリノ 1 - 1 アタランタ

基本データ

正式名称:アタランタ・ベルガマスカ・カルチョ

原語表記:Atalanta Bergamasca Calcio s.p.a.

愛称:オロビチ(ベルガモにある山岳の名前)、ネッラズーリ(黒と青)

ホームタウン:ベルガモ

チームカラー:青・黒

関連ニュース

thumb

インモービレのPK一発でラツィオ辛勝、上位陣を追走《セリエA》

▽ラツィオは26日、セリエA第26節でウディネーゼをホームに迎え、1-0で辛勝した。 ▽前節エンポリに2-1と逆転勝利した6位ラツィオ(勝ち点47)が、2連敗中の13位ウディネーゼ(勝ち点29)をホームに迎えた一戦。 ▽出場停止のビリアの代役にムルジャを中盤アンカーに据え、3トップに右からフェリペ・アンデルソン、インモービレ、ケイタと並べる[4-3-3]で臨んだラツィオが立ち上がりからボールを保持していく。そんな中7分、D・サパタにボックス左まで持ち運ばれてフィニッシュされ、GKストラコシャが強襲される。 ▽その後もラツィオが押し込む流れとなるものの、ウディネーゼの守備網を攻略するには至らない。結局、前半に目立ったチャンスは作れず、0-0でハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半も前がかるラツィオがウディネーゼを押し込んでいく展開とする。しかし、シュートに結びつかずにいると、59分にS・インザーギ監督が動く。パトリックとホードに代えてミリンコビッチ=サビッチとバスタの両主力を投入した。 ▽すると72分、左クロスをクリアにかかったボックス内のアリ・アドナンがハンドを犯し、ラツィオがPKを獲得。これをインモービレがゴール左に決めて待望の先制点を決めた。これが決勝点となってラツィオが辛勝。チャンピオンズリーグ圏内の3位ナポリとは4ポイント差に縮めている。 2017.02.27 01:04 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタがカルダーラのドッピエッタでナポリとの上位対決を制す《セリエA》

▽セリエA第26節ナポリvsアタランタが25日に行われ、0-2でアタランタが勝利した。 ▽前節キエーボ戦を3-1と快勝してリーグ戦3連勝とした3位ナポリ(勝ち点54)と、ここ5試合で4勝と絶好調の4位アタランタ(勝ち点48)による上位対決。 ▽両チーム、現状のほぼベストメンバーを送り込んだ一戦。立ち上がりから仕掛けたナポリは6分、インシーニェが得意の左45度から決定的なシュートを浴びせる。しかし、これ以降は自陣に引くアタランタを崩しきれない状況が続いた。 ▽すると28分、右CKの流れからカルダーラが頭で押し込み、アタランタが最初のチャンスを生かして先制する。 ▽追う展開となったナポリは39分に決定機。絶妙なトラップでカルダーラを突破したメルテンスがボックス中央へ侵入。しかし、シュートはわずかに枠の左へ外れてしまう。さらに前半終了間際、メルテンスの直接FKが枠を捉えたが、GKベリシャの好セーブに阻まれた。 ▽迎えた後半開始30秒、ロングボールに抜け出したペターニャがGKレイナを強襲するシュートを浴びせると、ひやりとしたナポリは59分にハムシクに代えてミリクを投入。すると67分、カウンターを止めにかかったケシエに2枚目のイエローカードが提示され、ナポリは数的優位となった。 ▽しかし70分、アタランタに追加点が生まれる。ボックス左のスピナッツォーラの右足アウトでの絶妙なクロスに流れの中で上がっていたカルダーラがボレーで叩き込んだ。カルダーラのドッピエッタでリードを広げたアタランタは、その後のナポリの反撃を許さずに上位対決を勝利。ナポリに3ポイント差に迫っている。 2017.02.26 04:11 Sun
twitterfacebook
thumb

インモービレ&ケイタ弾でラツィオが逆転勝利、上位を追走《セリエA》

▽ラツィオは18日、セリエA第25節でエンポリとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。 ▽前節ミランに引き分けに持ち込まれた6位ラツィオ(勝ち点44)が、残留圏内ぎりぎりの17位に位置するエンポリ(勝ち点22)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽試合は一進一退の序盤を経て、17分にインモービレがボックス左から強烈なシュートを浴びせる。だが、GKスコルプスキのセーブに阻まれ先制とはならない。さらに29分、ミリンコビッチ=サビッチの左クロスにパローロが合わせる決定機を迎えるも、枠の右に外れてしまう。 ▽ハーフタイムにかけて圧力を強めていったラツィオは39分、フェリペ・アンデルソンが枠内シュートを浴びせると、43分には中央からのパローロの強烈なミドルシュートが枠の右を捉えた。しかし、ここもGKスコルプスキの好守に阻まれ、前半のうちにスコアを動かすことはできなかった。 ▽迎えた後半、49分にエル・カドゥーリにゴールに迫られたラツィオだったが、徐々に圧力を強めていくと、56分にミリンコビッチ=サビッチがヘディングシュートでゴールに迫る。その後、ミリンコビッチ=サビッチに代えてケイタを投入したラツィオが一方的に押し込んでいたが、67分に失点する。中央からのクルニッチの強烈なミドルシュートがゴール左に突き刺さった。 ▽それでも直後、インモービレが浮き球のルーズボールにいち早く反応してゴールエリア中央から押し込み、試合を振り出しに戻した。さらに80分、フェリペ・アンデルソンのクロスのルーズボールをボレーで狙ったケイタのシュートがDFにディフレクトしてゴールに吸い込まれ、ラツィオが逆転に成功。ここからは危なげなく試合を進めて逆転勝利。同日、クロトーネに勝利した4位アタランタを1ポイント差で追走している。 2017.02.19 06:54 Sun
twitterfacebook
thumb

MLSに新規参入のアトランタ・ユナイテッドがアタランタのチリ代表MFカルモナを獲得

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドは6日、アタランタのチリ代表MFカルロス・カルモナ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。なお、国際移籍証明書が発行されるまでは、メンバー登録はされないことも発表されている。 ▽カルモナはチリのクラブでプレーしたのち、2008年7月にレッジーナへと移籍。2010年8月にアタランタへと加入した。アタランタでは公式戦通算161試合に出場し5得点を記録。今シーズンのセリエAでは、2試合の出場に留まっていた。チリ代表としても通算50試合に出場し1得点を記録。2010年、2014年と2度のW杯に出場していた。 ▽アトランタ・ユナイテッドは今シーズンからMLSに参戦するクラブで、かつてバルセロナやアルゼンチン代表を率いていたヘラルド・マルティーノ監督が指揮を執っている。 2017.02.07 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

サンテチェンヌ移籍から一転、ムニエがアタランタへレンタル移籍

▽アタランタは1月31日、ボローニャのフランス人MFアントニー・ムニエ(29)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽4日前に買い取りオプション付きの今シーズン終了までのレンタルでサンテチェンヌへの移籍が発表されていたムニエだったが、一転してアタランタへのレンタル移籍となった。 ▽2015年夏にモンペリエからボローニャに加入したムニエは、左ウイングを主戦場にリーグ戦30試合に出場し、4ゴールを記録。だが、今シーズンここまではリーグ戦6試合の出場にとどまっていた。 2017.02.01 00:06 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング