アタランタ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
8 アタランタ 38 10 8 7 37 29 8 25

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-02-25
26:00
セリエA
第26節
ユベントス vs アタランタ
2018-02-28
28:45
コッパ・イタリア
準決勝2ndレグ
ユベントス vs アタランタ
2018-03-04
23:00
セリエA
第27節
アタランタ vs サンプドリア
2018-03-11
23:00
セリエA
第28節
ボローニャ vs アタランタ
2018-03-18
23:00
セリエA
第29節
ヴェローナ vs アタランタ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.02.22
29:05
EL決勝トーナメント
ラウンド32・2ndレグ
アタランタ 1 - 1 ドルトムント
2018.02.18
26:00
セリエA
第25節
アタランタ 1 - 1 フィオレンティーナ
2018.02.15
27:00
EL決勝トーナメント
ラウンド32・1stレグ
ドルトムント 3 - 2 アタランタ
2018.02.10
26:00
セリエA
第24節
クロトーネ 1 - 1 アタランタ
2018.02.04
23:00
セリエA
第23節
アタランタ 1 - 0 キエーボ

基本データ

正式名称:アタランタ・ベルガマスカ・カルチョ

原語表記:Atalanta Bergamasca Calcio s.p.a.

愛称:オロビチ(ベルガモにある山岳の名前)、ネッラズーリ(黒と青)

ホームタウン:ベルガモ

チームカラー:青・黒

関連ニュース

thumb

EL敗退のアタランタ指揮官「互角だったが、ドルトムントに勝つのは夢のようなもの」

22日、ヨーロッパリーグ(EL)敗退が決まったアタランタの指揮官ジャン・ピエロ・ガスペリーニは苦い思いを語った。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えた。<br><br>アタランタは22日、ELラウンド32でドルトムントとの第2戦に挑んだものの1-1で引き分け、2試合合計3-4で敗退が決定した。<br><br>「2試合とも非常に良いパフォーマンスだった。1tsレグは途中、勝てるとも思ったが91分に(失点して)負けが決まってしまった。2試合とも均衡のとれた試合だったが、終盤の2つのゴールが勝敗を分けた。サポーターには感謝したい。苦かったが最高の経験だった。ドルトムントに勝つのは夢のようなものだったと思う。両試合において相手と互角、いやそれ以上にプレーできていた。選手も責任感が増し、成長できたと思う。シンデレラのように素晴らしいシーズンだった。ここで気落ちするわけにはいかない。残りのシーズンに向けて再出発したい」<br><br>先制したアタランタは追加点のチャンスを逃した挙句、83分にDFマルセル・シュメルツァーの同点弾を許し、敗退につながった。このため交代の遅れが指摘されている。アタランタ指揮官は采配の理由を説明した。<br><br>「持ちこたえていたし、決定的な時間帯だった。カウンターは良かったし、相手を脅かしていた。ゴールが入れば試合を決めることができた。当初、目標としていたようにイタリアの代表として良いプレーを見せることはできたが、後悔は残る」<br><br>提供:goal.com 2018.02.23 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

バチュアイが差別に痛快反撃! 敗退のアタランタサポに「残りのELを楽しんで」

▽今冬にチェルシーからドルトムントにレンタル加入したベルギー代表FWミッチー・バチュアイが差別主義者に反撃した。 ▽ドルトムントは22日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32の2ndレグでアタランタと敵地で対戦。DFマルセル・シュメルツァーの同点弾で1-1に持ち込み、2戦合計4-3で勝ち上がりを決めた。 ▽しかし、この試合、アタランタサポーターの差別行為が横暴。フル出場のバチュアイは、差別的なチャントに晒されている。試合後、ベルギー人FWは、ツイッター(@mbatshuayi)で次のように仕返した。 「もう2018年だっていうのに、なぜ差別的なモンキーチャント? あり得ない。まあ、僕らが勝ち進んだELの残り試合を観て楽しんでもらいたいね。#差別反対 #黒豹を見ろ」 2018.02.23 13:10 Fri
twitterfacebook
thumb

主将シュメルツァーの値千金同点弾でドルトムントがラウンド16進出! 香川はケガで招集外《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグ、アタランタvsドルトムントが行われ、1-1のドローに終わった。この結果、2戦合計4-3としたドルトムントがラウンド16進出を決めた。なお、ドルトムントのMF香川真司はケガの影響で招集外となった。 ▽ドルトムントホームで行われた初戦は、ドルトムントが一度は逆転を許すも新エースFWバチュアイの2ゴールによって再逆転に成功し、ホームで3-2の勝利を収めた。先週末のボルシアMG戦を1-0で制して公式戦4連勝を飾ったドルトムントは、その試合から先発4人を変更。ヴァイグルやロイスに代わってシャヒンやプリシッチが起用された。一方、ホームで逆転を目指すアタランタは、1stレグと同じ11人で臨んだ。 ▽試合は逆転での突破を目指すアタランタがアグレッシブな入りを見せると、早い時間帯にゴールが生まれる。11分、左CKの場面でキッカーのアレハンドロ・ゴメスが入れたボールをニアで競り勝ったカルダーラがファーへ流す。これをトロイがスライディングシュートで流し込んだ。 ▽2戦合計3-3もアウェイゴール数で優位に立ったホームチームは勢い付いて試合をコントロール。マンマークに近い組織的なプレスで再三インターセプトやボール奪取を見せると、鋭いカウンターを狙う。27分には左サイドに流れたA・ゴメスの柔らかなクロスに完璧に抜け出したクリスタンテに絶好機も、ヘディングシュートは枠の左に外れる。 ▽一方、相手のシュートミスに救われたドルトムントは要所で相手のプレスを剥がしてはシュールレやプリシッチのサイドを起点に相手ゴールへ迫っていく。33分にはセットプレーの二次攻撃からシュールレの浮き球パスに抜け出したゲッツェが冷静なシュートでネットを揺らすが、ここはオフサイドの判定で認められず。直後には高い位置でボールを奪ったバチュアイの仕掛けから相手のクリアが右ポストを掠める決定機も創出する。 ▽前半終盤にかけては一進一退の攻防が続くも、攻守にハイインテンシティを見せたアタランタが1点リードをキープして試合を折り返した。 ▽迎えた後半、ハーフタイム明けにトルヤンを下げて負傷明けのシュメルツァーをピッチに送り込んだドルトムントは、61分にも精彩を欠いたプリシッチを下げて切り札のロイスを投入。するとこの選手交代をキッカケにドルトムントの攻撃に連動性と迫力が生まれる。 ▽後半もソリッドなパフォーマンスを続けるアタランタは69分、ロングカウンターから右サイドを突破したイリチッチに決定機もシュートは枠の左に外れる。さらに79分には再びカウンターから右サイドを突破したクリスタンテがボックス付近で起点を作ってボックス左に走り込むA・ゴメスにラストパス。しかし、A・ゴメスの股間を狙ったシュートはGKビュルキのビッグセーブに阻まれ、追加点とはならず。 ▽一方、守護神のビッグセーブで望みを繋いだドルトムントは83分、頼れるエースとキャプテンが大仕事を果たす。ボックス付近までドリブルで運んだロイスが右足のシュート。ややミートし切らなかったもののシュートに反応したバチュアイが気になったか、GKベリシャが痛恨のファンブル。これに詰めたシュメルツァーが豪快にネットを揺らし、ドルトムントが土壇場で試合を引っくり返した。 ▽その後、ペターニャ、コーネリウスと2人の長身FWをピッチに送り出したアタランタに対して、最後まで冷静な守備を見せたドルトムントが勝ち越しゴールを許さず。試合はこのまま1-1のドローでタイムアップ。途中投入のロイスとシュメルツァーの活躍で接戦を制したドルトムントがラウンド16進出を果たした。 2018.02.23 07:12 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムントから2得点のイリチッチ「アタランタのプレーが通用した。挽回できる」

アタランタのMFヨシップ・イリチッチが15日、イタリアメディア『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じ、次戦での雪辱を誓った。<br><br>アタランタは15日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)・決勝トーナメント1回戦でドルトムントとアウェイで対戦。ドルトムントに先制を許すも、イリチッチのドッピエッタ(1試合2得点)で逆転に成功し、一時は勝機も見えた。しかしその後、チェルシーから加入したFWミッキー・バチュアイに2ゴールを許し、惜しくも敗れている。<br><br>イリチッチは自身のパフォーマンスを評価した上で、22日にアタランタのホームで行われる2ndレグでの挽回を強調した。<br><br>「調子は良いし、自分に満足している。フィジカルの状態は良い。良い試合だったと思う。ただ簡単に点を失い過ぎた。手強い相手との対戦だったし、また前を向いていきたい。相手に通用することが分かったので、挽回できると思う」<br><br>また指揮官のジャン・ピエロ・ガスペリーニも、アウェイでの勝利を取り逃がしたことを悔やんだ。<br><br>「こんな形で敗れるのはつらい。特に勝利の可能性も頭をよぎっていたので、苦い思いだ。ただ負けたことで、良かった部分が消えるわけではない。大きなチャンスがあるし、できると思う。次戦、ファンの前でチャンスを結果につなげたい」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.16 17:39 Fri
twitterfacebook
thumb

バチュアイが加入後3戦連発! ドルトムントがイリチッチ2Gのアタランタに競り勝ち先勝《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグ、ドルトムントvsアタランタが15日に行われ、3-2でドルトムントが競り勝った。ドルトムントのMF香川真司は負傷のため欠場している。 ▽トッテナムやレアル・マドリーと同居した“死のグループ”で3位に終わり、ELに回ったドルトムントは、シュテーガー新監督の下で復調傾向。そのドルトムントは2-0と勝利した直近のハンブルガーSV戦のスタメンから2選手を変更。アカンジと負傷した香川に代えてパパスタソプーロスとカストロを起用し、ロイスとバチュアイが引き続きスタメンとなった。 ▽一方、リヨン、エバートンと同居した“死のグループ”を首位で通過したアタランタは、ガスペリーニ監督の下、セリエAでも安定した戦いを展開中。そのアタランタは1-1で引き分けたクロトーネ戦のスタメンから3選手を変更。アレハンドロ・ゴメスやカルダーラ、フロイラーといった主力が先発に戻った。 ▽マンマークディフェンスを敢行するアタランタに対し、ドルトムントは6分に決定機。シュールレのスルーパスに抜け出したロイスがボックス内に侵入。しかし、GKとの一対一外してしまった。 ▽対するアタランタは12分、クリスタンテがゴール前まで走り込んでシュートを浴びせると、直後のCKからカルダーラがヘディングシュートを放つも、ミートしきれない。 ▽その後も互いにシュートチャンスを生み出す中、試合を動かしたのはドルトムント。30分、プリシッチの鋭いパスをボックス中央で受けたシュールレがトラップからシュートをねじ込んだ。ハーフタイムにかけてはこう着状態が続き、ドルトムントが1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半から圧力をかけたアタランタは、51分に試合を振り出しに戻す。スピナッツォーラの大きなサイドチェンジを受けたボックス右のイリチッチが、被ったトルヤンをかわしてゴールへ侵攻。左サイドネットへ正確なシュートを流し込んだ。 ▽さらに56分、ボックス左に侵入したクリスタンテの折り返しを、GKビュルキが弾いたルーズボールをイリチッチが押し込んでアタランタが逆転に成功した。 ▽逆転されたドルトムントはロイスに代えてゲッツェを投入。すると65分、ゲッツェのパスを受けたバイタルエリア左のバチュアイが持ち上がり、ボックス手前から右足を一戦。強烈なシュートがゴール右上に決まり、2-2とした。 ▽バチュアイの加入後、3戦連発弾で追いついたドルトムントは、終盤にかけてこう着状態に持ち込まれるも、追加タイム1分に勝ち越した。 ▽クロスのルーズボールを拾ったゲッツェのパスをボックス右で受けたバチュアイがシュートを流し込んだ。バチュアイの2ゴールの活躍でアタランタに競り勝ったドルトムントが先勝している。 2018.02.16 05:04 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング