アタランタ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 アタランタ 38 12 2 7 33 24 9 21

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-01-29
20:30
セリエA
第22節
トリノ vs アタランタ
2017-02-05
23:00
セリエA
第23節
アタランタ vs カリアリ
2017-02-12
23:00
セリエA
第24節
パレルモ vs アタランタ
2017-02-18
26:00
セリエA
第25節
アタランタ vs クロトーネ
2017-02-26
セリエA
第26節
ナポリ vs アタランタ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.01.22
26:00
セリエA
第21節
アタランタ 1 - 0 サンプドリア
2017.01.15
23:00
セリエA
第20節
ラツィオ 2 - 1 アタランタ
2017.01.11
28:45
コッパ・イタリア
5回戦
ユベントス 3 - 2 アタランタ
2017.01.08
23:00
セリエA
第19節
キエーボ 1 - 4 アタランタ
2016.12.20
28:45
セリエA
第18節
アタランタ 2 - 1 エンポリ

基本データ

正式名称:アタランタ・ベルガマスカ・カルチョ

原語表記:Atalanta Bergamasca Calcio s.p.a.

愛称:オロビチ(ベルガモにある山岳の名前)、ネッラズーリ(黒と青)

ホームタウン:ベルガモ

チームカラー:青・黒

関連ニュース

thumb

アタランタ、欧州5大リーグで今季初となる1999年生まれ2選手が同時先発

アタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が今シーズン、ヨーロッパ5大リーグで初めてとなる1999年生まれの2選手を先発起用をした。<br><br>22日に行われたセリエA第21 節アタランタ対サンプドリア戦(1-0)で、DFアレッサンドロ・バストーニとMFフィリッポ・メレゴーニが抜擢され、先発出場を果たした。2人はいずれも1999年生まれの17歳で、バストーニはフル出場した。<br><br>17歳の2選手が同時にセリエAで先発出場を果たしたのは、15年以上前まで遡る。2001年6月10日にフィオレンティーナのDFジョヴァンニ・バルトルッチとFWロベルト・マッサーロが出場して以来の快挙となる。<br><br>センターバックのバストーニはU-18イタリア代表でも活躍する若き才能で、メレゴーニもアタランタの下部組織出身で、成長を期待される若手の中盤選手だ。2人とも、昨シーズン、U-17のカテゴリーでリーグ優勝を支えたメンバーだ。<br><br>アタランタの下部組織出身の若手注目選手は少なくない。今冬の移籍市場でインテルへ移籍したMFロベルト・ガリアルディーニや、ユベントスが所有権の獲得を発表したDFマッティア・カルダーラもアタランタ出身の若手スター選手だ。今後もアタランタの若手育成手腕は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.23 18:58 Mon
twitterfacebook
thumb

ラツィオがアタランタとの上位対決で逆転勝利《セリエA》

▽セリエA第20節ラツィオvsアタランタが15日に行われ、2-1でラツィオが逆転勝利した。 ▽最下位クロトーネに終了間際のインモービレ弾で辛勝した4位ラツィオ(勝ち点37)は、フェリペ・アンデルソンとルリッチが先発に復帰。 ▽一方、6位アタランタ(勝ち点35)は4日前にユベントスとコッパ・イタリアを戦って2-3と惜敗。ほぼ主力を投入した中、アレハンドロ・ゴメスが先発に戻った。 ▽開始3分にラツィオはインモービレが可能性のあるミドルシュートを放てば、アタランタは4分にアレハンドロ・ゴメスがボックス左からわずかに枠の右へ外れる決定的なシュートを浴びせるオープンな入りとなった。 ▽互いに決定機を一つずつ生み出した中、ラツィオが徐々に攻勢を強め、ポゼッションを上げていく展開となる。すると14分、ボックス左からL・アルベルトの放ったシュートが左ポストを直撃した。 ▽しかし21分、ショートカウンターに転じたアタランタが先制する。フロイラーのラストパスをボックス中央で受けたペターニャが右足ボレーでゴール左へ蹴り込んだ。 ▽一瞬の隙を突かれて失点したラツィオはその後、ルイス・アルベルトの枠内シュートなどで反撃。そして、右サイドのフェリペ・アンデルソンの仕掛けを起点に打開を図ると、追加タイム1分に同点とする。FKの流れから左サイドのルリッチの右足クロスをファーサイドのミリンコチッビ=サビッチが頭で押し込んだ。 ▽1-1で迎えた後半、最初に決定機を迎えたのはアタランタ。53分、アレハンドロ・ゴメスがボックス左に侵入してシュート。しかし、GKマルケッティのセーブに阻まれた。ひやりとしたラツィオはL・アルベルトに代えてパトリックを右サイドバックに投入し、4バックに変更する。 ▽すると、ここから圧力を強めたラツィオは67分、ルリッチのフィードに反応してボックス左に侵入したインモービレがGKベリシャに倒されてPKを獲得。これをインモービレ自らゴール左へ蹴り込み、逆転に成功した。 ▽2-1として以降はラツィオが余裕を持って時間を消化。終盤にはインモービレとフェリペ・アンデルソンをお役御免とした中、アタランタに逆転勝利し、上位対決を制している。 2017.01.16 01:04 Mon
twitterfacebook
thumb

スポルティエッロ放出のアタランタ、アストン・ビラからU-21イタリア代表GKゴッリーニを買取りOP付きレンタルで獲得

▽アタランタは13日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のアストン・ビラからU-21イタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニ(21)を買取りオプション付きの2年レンタルで獲得したことを発表した。 ▽フィオレンティーナとマンチェスター・ユナイテッドのユースに所属していたゴッリーニは、ヴェローナへ経て、2016年夏にアストン・ビラへ移籍。リーグ戦20試合に出場していたが、ここ4試合は控えに回っていた。 ▽アタランタでは同日、イタリア人GKマルコ・スポルティエッロ(24)をフィオレンティーナへ買取りオプション付きの18カ月レンタルで移籍させていた。 2017.01.14 05:04 Sat
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがアタランタGKスポルティエッロを18カ月の買取りOP付きレンタルで獲得

▽フィオレンティーナは13日、アタランタのイタリア人GKマルコ・スポルティエッロ(24)を2018年6月30日までのレンタルで獲得したことを発表した。なお、買取りオプションが付いているとのことだ。 ▽アタランタの下部組織出身であるスポルティエッロは、2014年1月にトップチームデビュー。2014-15、2015-16シーズンは正GKとして活躍し、今季は一時エトリト・ベリシャに正GKの座を譲っていたが、第14節から再びゴールマウスを守り、10試合に先発していた。 ▽イタリア代表としてはユーロ2016の候補メンバーに選出されているが、デビューは飾れていない。 2017.01.14 02:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ディバラの1G1Aでアタランタを振り切ったユベントスが準々決勝進出《コッパ・イタリア》

▽ユベントスは11日、コッパ・イタリア5回戦でアタランタをホームに迎え、3-2で勝利した。 ▽2017年初戦となった3日前のボローニャ戦を3-0と快勝したユベントスは、コッパ・イタリア初戦に向けて、ボローニャ戦のスタメンから4選手を変更。イグアインやケディラがベンチスタートとなって、負傷明けのボヌッチがベンチ入りした。 ▽アレハンドロ・ゴメスをベンチスタートとしたものの、リーグ戦で6位と好位置に付けるアタランタに対し、中盤アンカーにエルナネス、インサイドにマルキジオとリンコン、トップ下にピャニッチを配す[4-4-2]で臨んだユベントスは、オープンな展開で推移する中、16分に決定機を演出。リヒトシュタイナーの右クロスをマンジュキッチが胸で合わせるとボールが左ポストを叩いた。 ▽それでも22分、左サイドからのアサモアのクロスをマンジュキッチが頭で落とすと、ペナルティアーク右のディバラが左足を一閃。強烈なボレーシュートがゴール右に突き刺さって先制に成功した。 ▽その後もディバラの仕掛けで攻勢に出るユベントスは34分に突き放す。ディバラのパスを受けたボックス左のマンジュキッチが冷静にゴール右へ流し込んだ。ハーフタイムにかけても一方的な展開としたユベントスはマンジュキッチに2度ゴールチャンスがあったが決めきれず、2-0で前半を終えた。 ▽後半からマルキジオに代えてストゥラーロを投入したユベントスは、アタランタのリスクを顧みない攻撃の前に押し込まれる展開を強いられる。それでも、凌いだユベントスは61分にディバラをお役御免とし、ピアツァを投入した。 ▽その後、72分にコンコに1点を返されたものの、直後にリヒトシュタイナーがボックス右でダレッサンドロに倒されたとしてPKを獲得。これをピャニッチがゴール左に決めて再びリードを2点に広げた。 ▽ところが81分にラッテ・ラートにゴールを許して再び1点差に詰め寄られると、逃げ切りを図るユベントスはピャニッチに代えてボヌッチを投入。終盤は3バックとしてアタランタの反撃を抑え、準々決勝進出を果たした。 2017.01.12 06:41 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング