超ワールドサッカー

カリアリ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 カリアリ 47 14 5 19 55 76 -21 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.28
22:00
セリエA
第38節
カリアリ 2 - 1 ミラン
2017.05.21
22:00
セリエA
第37節
サッスオーロ 6 - 2 カリアリ
2017.05.14
22:00
セリエA
第36節
カリアリ 3 - 2 エンポリ
2017.05.06
25:00
セリエA
第35節
ナポリ 3 - 1 カリアリ
2017.04.30
22:00
セリエA
第34節
カリアリ 1 - 0 ペスカーラ

基本データ

正式名称:カリアリ・カルチョ

原語表記:Cagliari Calcio s.p.a.

愛称:カステッドゥ、イソラーニ(冬眠)、ロッソブル(赤と青)

創立:1920年

ホームタウン:カリアリ

チームカラー:青、赤

関連ニュース

thumb

名門復活へレンジャーズがカリアリ退団のポルトガル代表DFブルーノ・アウベスを獲得!

▽レンジャーズは31日、カリアリを退団していたポルトガル代表DFブルーノ・アウベス(35)を獲得したことを発表した。契約期間は2年となる。 ▽ポルトの下部組織出身のブルーノ・アウベスは、ポルトやギマラエス、ゼニトなどでプレー。2013年7月にフェネルバフチェへと移籍すると、2016年7月にカリアリへ移籍。今シーズンはセリエAで36試合に出場し1ゴールを記録していた。 ▽カリアリと2018年6月まで契約を結んでいたブルーノ・アウベスだが、同日にカリアリが退団を発表しており、フリーとなっていた。 ▽レンジャーズは公式サイトに以下のような声明を発表している。 「レンジャーズ・フットボール・クラブはブルーノ・アウベスと2年間の契約に同意した。今夏における最初の補強が成功したことをペドロ・カイシーニャ監督も喜んでいる」 2017.06.01 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

カリアリがポルトガル代表DFブルーノ・アウベスの退団を発表

▽カリアリは31日、ポルトガル代表DFブルーノ・アウベス(35)の退団を発表した。 ▽ポルトの下部組織出身のブルーノ・アウベスは、ポルトやギマラエス、ゼニトなどでプレー。2013年7月にフェネルバフチェへと移籍すると、2016年7月にカリアリへ移籍。今シーズンはセリエAで36試合に出場し1ゴールを記録していた。 ▽ブルーノ・アウベスはカリアリと2018年6月まで契約を結んでいたが、1年早く契約解除となった。今後はフリートランスファーでの所属先を探すことになる。 2017.05.31 21:33 Wed
twitterfacebook
thumb

伊主要紙はミラン退団の主将本田圭佑に及第点の評価「眠るミランで孤軍奮闘」

カリアリ戦で先発フル出場した日本代表のMF本田圭佑について、イタリア紙は及第点の評価を下している。<br><br>ミランは28日、セリエA最終節でカリアリと対戦し、1-2で敗れた。今シーズン限りでミランを退団する本田はキャプテンマークを巻き、左ウィンガーとして先発フル出場を果たした。指揮官のヴィンチェンツォ・モンテッラは「彼は偉大なプロフェッショナルな選手だがあまりチャンスを与えられなかったので、ご褒美をあげたいと思った」と話し、本田へのはなむけだったことを明かしている。<br><br>『ガゼッタ・デロ・スポルト』は本田に平均を上回る及第点の「6」を与えた。「ミラン全体が居眠りをする中、たった1人で何度か攻撃を試みていた」と分析し、本田の積極的な動きを評価している。なおチーム内の最高評価は30分、FWスソに代わり途中出場したMFルーカス・オカンポスの「7」、最低評価は2枚目の警告を受け、退場処分となったDFガブリエル・パレッタ、PKを外したFWカルロス・バッカらの「5」となっている。<br><br>『トゥット・スポルト』もまた本田に「6」を与え及第点の評価を下しているが、『コリエレ・デロ・スポルト』は「5.5」の評価にとどまった。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.30 18:28 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン最終戦の本田がキャプテンでフル出場もラストプレー被弾で黒星フィニッシュ《セリエA》

▽ミランは28日、セリエA最終節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。ミランのMF本田圭佑はフル出場している。 ▽前節ボローニャ戦を本田の直接FK弾などで3-0と勝利したミランは6位を確定させ、来季のヨーロッパリーグ出場権を獲得した。そのミランは今季限りでクラブを去ることを明言した本田がキャプテンマークを巻いて今季2度目のスタメンを飾った。 ▽13位カリアリに対し、本田が[4-3-3]の左ウイングで先発した一戦。キックオフ直後、ボッリエッロのダイビングヘッドでゴールを脅かされたミランは、続く6分にはロングカウンターを受けてイオニタにバー直撃のシュートを浴びせられる。 ▽序盤、立て続けにピンチを招いたミランは徐々にポゼッションを高めて盛り返していったが、17分に失点する。ボッリエッロのスルーパスに抜け出したJ・ペドロにボックス左へ侵入され、GKドンナルンマとの一対一を制された。 ▽先制されたミランは21分、本田の左CKの流れからゴールエリア右にいたバッカがシュートに持ち込むも、GKクロスタのファインセーブに阻まれる。 ▽その後、ディオラのロングシュートでGKドンナルンマを強襲されたミランは、26分にも大ピンチ。D・ファリアスの独走を許してGKと一対一に。しかし、ドンナルンマが好飛び出しで防いだ。 ▽30分に負傷したスソに代えてオカンポスを投入せざるを得なくなったミランは、攻撃の起点を作れずシュートに持ち込めない状況が続く。前半追加タイム3分にようやくクツカがゴール至近距離からヘディングシュートを浴びせるも、GKの正面を突き1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽後半からヴァンジョーニに代えてラパドゥーラを2トップの一角に投入したミランは、[3-5-2]に変更。圧力をかけて敵陣でのプレーを続けていくと、61分にPKを獲得する。 ▽セットプレーの流れからパレッタがボックス内でイオニタに倒された。しかし、キッカーのバッカがゴール右を狙ったシュートはGKクロスタにセーブされ、同点に追いつくことはできない。 ▽北朝鮮人の18歳FWハン・クァンソンを投入してきたカリアリに対し、ミランは71分にこの試合2つ目のPKを獲得する。オカンポスの左クロスを受けたバッカがGKに倒された。そして、このPKをラパドゥーラがゴール正面に決めてミランが試合を振り出しに戻す。 ▽ところが75分、ハン・クァンソンの突破を止めたパレッタが2枚目のイエローカードを受け、今季5度目の退場となってしまう。10人となったミランは79分にハン・クァンソンにネットを揺らされるもオフサイドに助けられ、80分にはD・ファリアスにGKドンナルンマが強襲される。 ▽終盤にかけ、劣勢を強いられたミランは終了間際の追加タイム3分、J・ペドロの直接FKはGKドンナルンマが何とか弾くも、ルーズボールをピザカーネに詰められて1-2で敗戦。後味悪く黒星でシーズンを終えている。 2017.05.29 00:06 Mon
twitterfacebook
thumb

ムンタリ「人種差別はどこにでもあって悪化している」カリアリ戦での試合放棄に言及

4月30日に行われたセリエA第34節カリアリ戦で、ペスカーラのサリー・ムンタリが観客席から発せられた人種差別的なチャントに対して抗議を行った。そして、主審に対して試合を中断するように抗議したが認められず、警告処分を受ける形に。ムンタリは自らピッチを去り、抗議の意味を込めて試合放棄をしている。<br><br>その後、イタリアサッカー連盟(FIGC)はムンタリに対して1試合の出場停止処分を課したものの、後にムンタリの異議申し立てを受けて、処分取り消しを発表している。<br><br>この顛末について、ムンタリ自身が大手メディア『CNN』のインタビューで明かしている。<br><br>「人種差別はどこにでもあって、それはとても良くない形で問題になっている。僕はまるで犯罪者のように扱われたよ。人種的に非難されている状況で、ピッチに立ち続けることが正しくないと感じたので、自分からフィールドを出たんだ」<br><br>ムンタリは「僕が何を言いたかったかというと、ヘイトで苦しんでいる人は怖がらずに声を出してほしいということだ。それは恐れずに主張することが必要。何も怖がってはいけないんだ」と続け、人種差別に対しては勇気を持って異議を主張することが必要だと述べている。<br><br>肌の色や文化の違いについての差別的行為は以前から問題になっており、ムンタリの一連の行動のみならず、今後もサッカー界が向き合っていくテーマと言えそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.09 06:20 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング