カリアリ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 カリアリ 20 6 2 12 18 31 -13 20

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-01-21
26:00
セリエA
第21節
カリアリ vs ミラン
2018-01-28
セリエA
第22節
クロトーネ vs カリアリ
2018-02-04
セリエA
第23節
カリアリ vs SPAL
2018-02-11
セリエA
第24節
サッスオーロ vs カリアリ
2018-02-18
セリエA
第25節
キエーボ vs カリアリ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.01.06
28:45
セリエA
第20節
カリアリ 0 - 1 ユベントス
2017.12.30
23:00
セリエA
第19節
アタランタ 1 - 2 カリアリ
2017.12.22
28:45
セリエA
第18節
カリアリ 0 - 1 フィオレンティーナ
2017.12.16
28:45
セリエA
第17節
ローマ 1 - 0 カリアリ
2017.12.09
26:00
セリエA
第16節
カリアリ 2 - 2 サンプドリア

基本データ

正式名称:カリアリ・カルチョ

原語表記:Cagliari Calcio s.p.a.

愛称:カステッドゥ、イソラーニ(冬眠)、ロッソブル(赤と青)

創立:1920年

ホームタウン:カリアリ

チームカラー:青、赤

関連ニュース

thumb

ペルージャの北朝鮮籍19歳FWにユベントス移籍の可能性…実現は今夏か

ユベントスが来夏、ペルージャに所属する北朝鮮籍FWハン・グァンソンの獲得を目指していると、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が14日、報じている。<br><br>ユベントスは現在、将来を担う若手選手の獲得を進めている。来夏、リバプールとの契約が切れるドイツ代表MFエムレ・ジャンや、アタランタのMFブライアン・クリスタンテ、カリアリのMFニコロ・バレッラとの交渉をすでに開始しているが、新たな名前も浮上している。ペルージャで活躍する北朝鮮出身の19歳ハンだ。<br><br>ハンは昨年3月、カリアリと契約。国際ユース大会、トルネオ・ディ・ヴィアレッジョでの活躍を受けてトップチームへ昇格すると、4月のパレルモ戦に出場。北朝鮮人選手として初めてセリエAの試合に出場した選手となった。続く9日のトリノ戦では初ゴールを挙げ、欧州5大リーグで得点を記録した史上初の北朝鮮人選手として歴史に名を刻んだ。今シーズンは出場機会を求めてセリエBペルージャに移籍。開幕直後にはセリエB得点王に名を連ねるなど、注目を集めた。これまでリーグ戦17試合に出場し、7得点を挙げている。<br><br>■ハン獲得に15億円前後で調整かユベントスは、以前からハンについて情報収集を行っており、すでにビッグクラブへのステップアップの準備ができていると判断している。今夏の獲得を目指しており、移籍金1000万~1200万ユーロ(約13.5~16.2億円)との評価を加えている。また所有元であるカリアリへのトレード要員として、ペルージャにレンタル中の21歳FWアルベルト・チェッリやヴェネツィアで武者修行中の20歳GKエミル・アウデロの名前が挙がっている。<br><br>昨シーズンまでカリアリでスポーツディレクターを務め、ハンのセリエA移籍を後押ししたステファノ・カポズッカ氏は『トゥット・スポルト』のインタビューにおいて見解を示している。「この青年は強い。それだけではないが技術面においてハンの獲得は有益だろう」と述べ、ユベントスが早い段階から才能ある選手を確保し、成長をサポートしていくことに前向きな姿勢を示した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.15 17:45 Mon
twitterfacebook
thumb

カリアリ、ローマから元ブラジル代表DFカスタンをレンタルで獲得!

▽カリアリは11日、ローマから元ブラジル代表DFレアンドロ・カスタン(31)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽2012年夏にコリンチャンスからローマへ移籍したカスタンは、2013-14シーズンに主力として活躍。しかし、2014年9月に脳の手術を受けて約1年、戦線離脱を強いられていた。2015-16シーズンには病気が完治して復帰を遂げていた同選手だったが、昨シーズンはサンプドリア、トリノへレンタルに出されるなど、思うように出場機会を得られず。今季ここまでは公式戦の出場はゼロだった。 ▽また、カリアリは同日、イタリア人DFマルコ・カプアーノ(26)をクロトーネに買い取りオプション付きのレンタル移籍で放出したことを伝えている。 2018.01.12 02:33 Fri
twitterfacebook
thumb

「無知が差別に…」カリアリが人種差別被害のマテュイディへ謝罪

カリアリは6日のセリエA第20節ユベントス戦で起こった人種差別問題について、ツイッター上で謝罪した。<br><br>この試合において、カリアリのサポーターがユベントスに所属するアンゴラ系フランス人のMFブレーズ・マテュイディに対し、人種差別的と言える「ブー」とのヤジを飛ばしていた。マテュイディは12月30日のヴェローナ戦でも相手サポーターから人種差別的チャントを受けており、アウェーでは2試合連続で被害に遭ったことになる。<br><br>試合終了後、マテュイディはフェイスブックを更新し、「今日の試合中、人種差別があった。弱い人間は相手を憎むことで恐怖を与えようとする。僕は憎むことなどできないし、こういった悪い見本となってしまう人に対し、残念に思うだけだ」と悲しみのコメントを残した。<br><br>これを受けて、カリアリはツイッター上でユベントスの選手へ謝罪の意を述べている。<br><br>「君は素晴らしい選手だ。若者たちにとって模範となる。サルデーニャ・アレーナにおいて、肌の色のことで侮辱を受けたのなら、謝罪させていただきたい。人種差別はサルデーニャの文化ではない。このような行動は無知としか説明がつかない。リスペクトを」<br><br>ヴェローナではクルヴァ・スッドへの観客の入場禁止措置が執行猶予付きで決定されたが、カリアリの処分についてはこれからスポーツ裁判所で話し合われることになる。<br><br><br><br>提供:goal.com 2018.01.08 18:46 Mon
twitterfacebook
thumb

ディバラ&ケディラ負傷のユベントス、シュチェスニーの活躍でカリアリに辛勝《セリエA》

▽ユベントスは6日、セリエA第20節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 ▽ディバラの2発などでヴェローナに勝利し、ナポリを1ポイント差で追走している2位ユベントス(勝ち点47)は、3日前に行われたコッパ・イタリア準々決勝・トリノとのダービーを2-0と勝利した。そのトリノ戦のスタメンから6選手を変更。イグアインやベナティア、アレックス・サンドロにケディラらがスタメンに戻った。 ▽前節アタランタ戦で6試合ぶりの勝利を飾った15位カリアリ(勝ち点20)に対し、[4-3-2-1]で臨んだユベントスは、イグアインの後方にディバラとベルナルデスキを配した。 ▽そのユベントスが圧力をかける入りを見せると9分、ボックス手前右で得たFKをディバラが直接狙う。しかし、ゴール右上を狙ったシュートは惜しくもバーを叩いた。続く10分にイグアインがゴールに迫ったユベントスは17分、右サイドのベルナルデスキのカットインシュートが左ポストを直撃した。 ▽攻勢を続けるユベントスはFKからベナティアがボレーでネットを揺らすも、オフサイドに阻まれると、26分にピンチ。右CKからパヴォレッティのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKシュチェスニーがビッグセーブで阻んだ。 ▽前半半ば以降、カリアリのプレスに苦しんだユベントスは思うようにチャンスを生み出せずに時間を消化。すると44分にもロングカウンターを受けてピンチを迎える。パヴォレッティのダイレクトパスをボックス右で受けたD・ファリアスがシュート。しかし、またもGKシュチェスニーが好守で阻み、ボールは右ポストを直撃した。 ▽迎えた後半開始4分、ディバラが右足太ももを痛めてプレー続行不可能となったユベントスは、ドグラス・コスタを投入。さらに56分、GKシュチェスニーとの接触でケディラが脳震とうを起こし、マンジュキッチとの交代を強いられた。 ▽アクシデントに見舞われたユベントスは、ピャニッチやキエッリーニがゴールに迫るも、枠を捉えられない。それでも74分、均衡を破る。ロングカウンターに転じ、右サイドのドグラス・コスタが突破して入れたグラウンダーのクロスをベルナルデスキが押し込んだ。 ▽リードしたユベントスはベルナルデスキを下げてリヒトシュタイナーを投入。5バックとして守備を固めると、カリアリの反撃を抑え込んで逃げ切り勝利。首位ナポリを1ポイント差で追走している。 2018.01.07 06:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ファシオの土壇場弾でローマが劇的勝利! VAR検証で静寂後、オリンピコに歓喜の大歓声《セリエA》

▽セリエA第17節、ローマvsカリアリが16日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが1-0で勝利した。 ▽前節、相手守護神ソレンティーノの再三の好守に阻まれ、キエーボ相手に痛恨のゴールレスドローを喫した4位のローマ(勝ち点35)。しかし、同節で揃って上位陣が勝ち点を取りこぼしたことで、首位インテル(勝ち点40)との勝ち点5差をキープした。次節に宿敵ユベントスとのビッグマッチを控える中、今節では14位のカリアリ(勝ち点17)とのホームゲームに臨んだ。前節からは先発6人を変更。出場停止明けのデ・ロッシやマノラス、ゼコ、ペロッティら主力が復帰し、ほぼベストメンバーがピッチに並んだ。 ▽ゴールレスに終わった前節の反省を踏まえて立ち上がりからアグレッシブに仕掛けていくローマ。11分にはボックス左に抜け出したコラロフが強烈な左足のシュートを放つが、これは相手GKのセーブに阻まれる。 ▽その後も相手を自陣に張り付けて、コラロフとフロレンツィの攻撃参加やナインゴランの中央突破からチャンスを作るローマだが、シュート場面できっちり寄せてくる相手守備に苦戦し、ゼコやシックが再三のシュートミスを犯す。35分にはナインゴランが得意のパワーシュートを放つが、ここも相手GKのセーブに遭い、前節同様にゴールレスで試合を折り返す。 ▽迎えた後半も試合展開に大きな変化はなし。だが、立ち上がりの50分にローマに絶好の先制機が訪れる。ボックス内に抜け出したゼコが相手GKと交錯し、ピッチに倒れる。ここでダマト主審はゼコのシミュレーションと判断するが、すぐさまビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による再検証が行われると、判定が覆りローマにPKが与えられる。しかし、キッカーのペロッティが右隅を狙ったシュートはGKクラーニョに完璧に読まれ、痛恨の失敗となる。 ▽このPK失敗で一気に流れが怪しくなり始めたローマはより攻勢を強めていくが、完全に引いて自陣に堅牢な守備ブロックを敷くカリアリの守備に手を焼き続ける。これを受けて、ディ・フランチェスコ監督は72分、ペッレグリーニを下げてエル・シャーラウィを投入。この交代でシステムを攻撃的な[4-4-2]に変更した。 ▽試合終盤にかけても攻めあぐねる展開が続くローマは、80分にナインゴランを下げてストロートマンを投入。87分にはシックに代えてジェンギズ・ウンデルをピッチに送り出し、どうにか相手ゴールをこじ開けにかかる。しかし、焦りからミスが目立つホームチームは、ついにゴールレスのままで6分間の後半アディショナルタイムに突入する。 ▽しかし、諦めないローマは94分、相手陣内左サイドでコラロフが倒されてFKを獲得。ここでキッカーのコラロフがゴール前に絶妙なクロスボールを入れると、GKがパンチングし損ねたボールがゴール前のファシオの胸に当たる。これをファシオがすかさず蹴り込んんだ。 ▽これでローマの劇的勝利といきたいところだが、カリアリ陣営はファシオのハンド疑惑をアピール。ここでダマト主審はVAR判定を決め、ピッチサイドのモニターを確認。ピッチ内、ベンチ、スタンドが固唾をのんで判定を見守る中、ダマト主審はセンターサークルを指さし、ローマのゴールを認めた。そして、一瞬の静寂が包んだオリンピコにはこの試合最大の歓喜の大歓声が上がり、ローマが苦しみながらも劇的な形で勝利。2試合ぶりの勝利を手にして次節ユベントスとの大一番に臨むことになった。 2017.12.17 06:51 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング