カリアリ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 カリアリ 31 9 4 13 35 52 -17 26

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-03-05
23:00
セリエA
第27節
カリアリ vs インテル
2017-03-12
23:00
セリエA
第28節
フィオレンティーナ vs カリアリ
2017-03-19
23:00
セリエA
第29節
カリアリ vs ラツィオ
2017-04-02
セリエA
第30節
パレルモ vs カリアリ
2017-04-09
セリエA
第31節
カリアリ vs トリノ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.02.26
23:00
セリエA
第26節
クロトーネ 1 - 2 カリアリ
2017.02.19
23:00
セリエA
第25節
サンプドリア 1 - 1 カリアリ
2017.02.12
28:45
セリエA
第24節
カリアリ 0 - 2 ユベントス
2017.02.05
23:00
セリエA
第23節
アタランタ 2 - 0 カリアリ
2017.01.29
23:00
セリエA
第22節
カリアリ 1 - 1 ボローニャ

基本データ

正式名称:カリアリ・カルチョ

原語表記:Cagliari Calcio s.p.a.

愛称:カステッドゥ、イソラーニ(冬眠)、ロッソブル(赤と青)

創立:1920年

ホームタウン:カリアリ

チームカラー:青、赤

関連ニュース

thumb

イグアインのドッピエッタでユベントスが5連勝、アッレグリのセリエA100試合目を飾る《セリエA》

▽ユベントスは12日、セリエA第24節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。 ▽前節インテルとのイタリア・ダービーをクアドラードのゴラッソで制し、4日前に行われたクロトーネ戦も主力を一部温存して勝利した首位ユベントス(勝ち点57)は、2位ローマとのポイント差を7に広げた。そのユベントスはクロトーネ戦のスタメンから4選手を変更。クアドラードやキエッリーニ、アレックス・サンドロら主力がスタメンに戻った。 ▽負傷で出場が危ぶまれていた今季10ゴールを奪っているボッリエッロが先発となった13位カリアリ(勝ち点27)に対し、ユベントスは一進一退の攻防を経て8分にマンジュキッチのダイビングヘッドでゴールに迫る。 ▽アグレッシブな姿勢を維持するカリアリに対して、ユベントスは18分にキエッリーニが負傷した影響か、ルガーニが投入される。そのユベントスがポゼッションを高めてイグアインとディバラにボールを入れて押し込むも、カリアリの守備網を攻略するには至らない。 ▽それでも37分、ワンチャンスを生かして先制する。マルキジオのスルーパスに抜け出したイグアインがゴールエリア右まで侵入して飛び出したGKを外すチップキシュートをゴールに流し込んだ。ハーフタイムにかけても主導権を握ったユベントスが前半を1点リードしたまま終えた。 ▽迎えた後半開始2分、ユベントスが追加点を奪いきる。ディバラの絶妙なスルーパスを受けたボックス右のイグアインがトゥキックシュートでゴールに流し込んだ。 ▽その後はユベントスが自陣に引いて主導権を握る中、67分にはピャニッチにスライディングタックルを見舞ったバレッラに2枚目のイエローカードが提示されて退場となり、数的優位となる。 ▽72分にはピザカーネの強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、GKブッフォンがファインセーブで阻止。そして、マンジュキッチのヘディングシュートは決まらなかったものの、余裕の試合運びを見せる。結局、ボッリエッロに代えてイバルボを投入してきたカリアリを寄せ付けずに快勝。連勝を5に伸ばして、2位ローマとの7ポイント差を維持している。 2017.02.13 06:39 Mon
twitterfacebook
thumb

ゼコのゴールを守り抜いたローマが3戦連続ウノゼロでリーグ4連勝! クラブ記録タイのホーム13連勝達成!《セリエA》

▽セリエA第21節、ローマvsカリアリが22日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが1-0で勝利した。 ▽リーグ戦3連勝で首位ユベントスと暫定1ポイント差の2位に付けるローマは、4連勝を目指して10位カリアリをホームに迎えた。ミッドウィークに行われたコッパ・イタリアのサンプドリア戦から先発5人を変更。GKシュチェスニー、マノラス、ストロートマン、ペロッティ、エメルソン・パルミエリが先発に復帰し、アフリカ・ネイションズカップ参加で不在のサラーを除くベストメンバーが起用された。 ▽前回対戦で引き分けたカリアリ相手に立ち上がりから攻勢を仕掛けるローマは、ボックス右に抜け出したゼコが惜しいシュートを放つなど、引いたアウェイチームを相手に揺さぶりをかけていく。 ▽その後も中盤に下りてくるペロッティ、ゼコのポストプレーを軸に両ウイングバックが積極的に高い位置を取って相手を押し込むローマは、31分にデ・ロッシの絶妙なフィードに反応したゴール前のゼコに決定機も、ここはシュートがGKラファエウの正面を突く。終始、高いボール支配率を保って相手陣内でのプレーを続けたローマだったが、前半のうちにカリアリゴールをこじ開けることはできなかった。 ▽ゴールレスで迎えた後半も立ち上がりから攻勢に出るローマは、55分に左サイドのリュディガーが右足で浮き球のクロスを入れると、これに反応したゼコがDFを引きずりながらも右足で合わせ、待望の先制点を奪った。 ▽ゼコのリーグ戦3試合ぶりとなる今季14点目でようやくリードを手にしたローマは、やや重心を後方に下げてゲームコントロール優先の戦い方にシフト。前がかりな相手に対して、カウンターから追加点を目指すが、ゼコやナインゴランのシュートは枠を捉え切れない。さらに70分には単騎突破でボックス内に侵入したペロッティが強烈なシュートを放つが、ここはGKラファエウの好守に阻まれた。 ▽後半終盤にかけても危なげなく試合をコントロールするローマは、83分にナインゴランが強烈なミドルシュート、84分にはゼコがゴール前でヘディングシュートを放つが、前者は相手GKのファインセーブ、後者はクロスバーに阻まれ、追加点とはならず。 ▽それでも、エル・シャーラウィ、レアンドロ・パレデス、ヴェルメーレンと試合終盤にかけて続けて交代カードを切って逃げ切りに成功したローマが、3戦連続のウノゼロでリーグ戦4連勝を飾った。なお、この勝利でローマは1930年に記録したクラブ記録タイのホーム13連勝を達成した。 2017.01.23 06:57 Mon
twitterfacebook
thumb

カリアリがGKストラーリの代役にミランからGKガブリエウをレンタルで獲得

▽カリアリは10日、ミランの元ブラジル代表GKガブリエウ(24)をシーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽ガブリエウはクルゼイロの下部組織出身で、2012年7月にミランへ加入。その後は、カルピやナポリへとレンタル移籍を経験。今シーズンはミランに在籍するも公式戦の出場はなかった。 ▽なお、ミランは今回のレンタル移籍を発表するとともに、ガブリエウとの契約を2019年6月30日まで延長することを発表している。 2017.01.11 09:52 Wed
twitterfacebook
thumb

GKストラーリが6年半ぶりにミランに復帰! 今季はカリアリで15試合に出場

▽ミランは10日、かつて所属していたカリアリのGKマルコ・ストラーリ(40)の獲得を発表した。契約期間は2017年6月30日までとなっている。 ▽ストラーリは、ペルージャやナポリなどでプレーし、2007年1月にメッシーナからミランに加入。その後はレバンテやカリアリ、フィオレンティーナ、サンプドリアなどへレンタル移籍を繰り返すと、2010年にユベントスへ完全移籍した。2015年7月にフリートランスファーでカリアリに戻ると正守護神としてプレー。昨シーズンはセリエBで41試合に出場しカリアリのセリエA昇格に貢献すると、今シーズンもここまでセリエAで15試合に出場していた。 ▽ミランは現在セリエAで5位につけており、チャンピオンズリーグ出場権内の3位ナポリとは勝ち点差2の状況。しかし、GKはジャンルイジ・ドンナルンマ(17)がここまでの全18試合でプレーする状況が続いていた。 2017.01.11 09:34 Wed
twitterfacebook
thumb

公式戦12試合ぶりに生まれた終盤のバッカ弾でミランがカリアリに辛勝《セリエA》

▽ミランは8日、セリエA第19節でカリアリを本拠地サン・シーロに迎え、1-0で辛勝した。ミランのMF本田圭佑はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽2016年最終戦となったユベントスとのスーペル・コッパをPK戦の末に制して2011年以来となるタイトルを獲得した暫定5位のミラン(勝ち点33)は、3トップに右からニアン、バッカ、スソと並べる[4-3-3]を採用した。 ▽2016年最終戦となったサッスオーロ戦でリーグ戦4試合ぶりの勝利を飾った12位カリアリ(勝ち点23)に対し、開始2分にロマニョーリのヘディングシュートとバッカの反転シュートで立て続けにゴールへ迫ったミランが良い入りを見せる。 ▽その後、自陣で守備を固めるカリアリを攻めあぐねたミランは、ニアンやボナヴェントゥーラがミドルシュートを浴びせてけん制。27分にアバーテが負傷交代するアクシデントに見舞われた中、直後にはボナヴェントゥーラが直接FKでゴールに近づいた。しかし、ハーフタイムにかけては膠着状態に持ち込まれ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、開始4分にデッセーナに決定的なシュートを許したミランは、65分にニアンが可能性のあるシュートを浴びせた。その後、68分にイスラにネットを揺らされたもののオフサイドに救われたミランは、サイド攻撃を展開するもなかなかシュートにつながらない。 ▽そこで79分、モンテッラ監督はパシャリッチに代えてラパドゥーラを投入。すると終盤の88分、右サイドからのクロスを受けたラパドゥーラが粘ってラストパス。これを受けたバッカがGKとの一対一を制した。公式戦12試合ぶりのバッカ弾が決勝点となってミランが辛勝している。 2017.01.09 04:01 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング