レガネス

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
13 レガネス 29 7 8 9 25 30 -5 24
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-02-23
リーガエスパニョーラ
第25節
レガネス vs バレンシア
2019-03-02
リーガエスパニョーラ
第26節
レガネス vs セビージャ
2019-03-09
リーガエスパニョーラ
第27節
アトレティコ・マドリー vs レガネス
2019-03-16
リーガエスパニョーラ
第28節
レガネス vs ジローナ
2019-03-30
リーガエスパニョーラ
第29節
ヘタフェ vs レガネス
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.02.16
26:30
リーガエスパニョーラ
第24節
レアル・ソシエダ 3 - 0 レガネス
2019.02.10
20:00
リーガエスパニョーラ
第23節
レガネス 3 - 0 ベティス
2019.02.04
29:00
リーガエスパニョーラ
第22節
ラージョ 1 - 2 レガネス
2019.01.26
26:30
リーガエスパニョーラ
第21節
レガネス 2 - 2 エイバル
2019.01.20
28:45
リーガエスパニョーラ
第20節
バルセロナ 3 - 1 レガネス
基本データ

正式名称:CDレガネス

原語表記:Club Deportivo Leganes

愛称:レガ、ペピネーロス

創立:1928年

ホームタウン:レガネス

チームカラー:青/白

関連ニュース
thumb

新たなサムライがスペインへ! リーガ1部のレガネスがドイツ4部のDF井⼿ウィリアム航輔と契約

レギオナルリーガ(ドイツ4部に相当)のアレマニア・アーヘンU-23チームに所属するDF井手ウィリアム航輔が、リーガ・エスパニョーラ1部のレガネスと契約したことがわかった。同選手とのパートナー契約を締結している『Ascenders』が発表した。<br><br>アメリカ・カリフォルニア州アーバイン出身で日本とアメリカの二重国籍である井手ウィリアム航輔は、2011シーズンから2015シーズンまでメジャーリーグサッカー(MLS)に所属するロサンゼルス・ギャラクシーのアカデミーに在籍。その後、サンタアナウインズFCといったアメリカのクラブでプレーしたのち、2017年からドイツに渡った。<br><br>現在所属するアレマニア・アーヘンU-23では、チームの中心メンバーとして活躍。今月に21歳となる井手は、日本語と英語だけでなく、スペイン語とドイツ語も話すことができる。プレー面では、左右のサイドバックをこなすことができ、豊富な運動量とスピードを活かした攻撃参加からの正確なクロスを売りにしている。<br><br>契約に際し、井手は以下のようにコメントを残している。<br><br>「今回、まずこのチャンスを得られた事に本当に感謝しております。また、常にサポートをしてくれた家族や、この契約に関わってくれた皆様に感謝しております。自分の中では10年後、15年後、引退後のビジョンは出来上がっているので、今後とも選手として成長していき、それを一つ一つ叶えていきますので、今後とも宜しくお願い致します」<br><br>井手が加入するレガネスは現在、リーガ・エスパニョーラで暫定13位に位置。リーグ18位以下が降格圏となるリーガで残留争いを強いられている。まずはU-23チームで調整することになる井手だが、アピールに成功し、トップチームで出場チャンスを得ることができるだろうか。<br><br>提供:goal.com 2019.02.10 00:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ディエゴ・レジェスがレガネス移籍 今季フェネルバフチェ加入のメキシコ代表DF

レガネスは1月31日、フェネルバフチェに所属するメキシコ代表DFディエゴ・レジェス(26)のレンタル加入を発表した。契約期間は今シーズン終了まで。背番号は「4」を着用する。 2012年のロンドン・オリンピック優勝メンバーであるディエゴ・レジェスはA代表通算57キャップ(1得点)を誇る身長190cmの長身DF。2010年にクラブ・アメリカでプロデビュー後、ポルト、レアル・ソシエダ、エスパニョールを渡り歩き、2018年夏にフェネルバフチェにフリー加入した。 だが、新天地トルコで思ったように出場機会を掴めず、国内リーグ戦出場数は8試合のみ。センターバックや守備的MFとしてプレーしたが、公式戦でも14試合1得点の成績にとどまった。 2019.02.01 15:55 Fri
twitterfacebook
thumb

レガネス、キャプテンのDFブスティンサと2021年まで契約延長

レガネスは23日、DFウナイ・ブスティンサ(26)との契約を2021年6月30日まで延長したことを発表した。 ビルバオの下部組織出身のブスティンサは、2010年7月に加入したバスコニアでプロデビュー。翌年からセカンドチームのビルバオBに復帰すると、2014年10月にトップチームデビュー。しかし、その後も出場機会には恵まれず、2015年7月にレガネスにレンタルで加入すると、翌年に完全移籍。 レガネスでは、在籍2シーズン半で公式戦79試合に2ゴール2アシストをマーク。今シーズンからはキャプテンに就任し、公式戦14試合に出場している。 2019.01.24 02:32 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ、難敵レガネスに一度追いつかれるも途中出場のメッシの活躍で快勝《リーガエスパニョーラ》

バルセロナは20日、リーガエスパニョーラ第20節でレガネスと対戦し、3-1で勝利した。 リーグ前半戦を6連勝で締めくくったバルセロナ。ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ5回戦ではレバンテとの第2戦を3-0で勝利し、逆転でのベスト8進出を決めた。後半戦で白星スタートを切りたい前半戦王者の今節のスタメンには、ヴェルメーレンが1カ月ぶりに復帰。そのほか、アルトゥールやアレーニャら若手が起用され、ここまで17得点で得点ランクトップのメッシはベンチスタートとなった。 前回対戦では敗れているバルセロナは序盤にデンベレが2度、スピードとアジリティを生かして右サイド突破しチャンスを作る。9分にはグラウンダーのクロスをファーサイドのコウチーニョがシュートにつなげたが、相手に当たって枠の外へ。 右はデンベレ、左ではアルバが幅を広くとってレガネスの守備の穴を広げようと試みるが、5バックでゴール前をがっちり固められ急所を見つけることができない。そんな中31分に、デンベレが右サイドからボックス右に走り込むスアレスに浮き球のパスを供給。アイデアのあるプレーだったが、スアレスのシュートは枠を捉えられなかった。 こうなると次なる手はカウンター。32分、ピケが自陣右サイドで粘り強くボールをつなぎ、デンベレが敵陣中央から左サイドのアルバへ。ボックス左に侵入したアルバが時間をかけずに中へ折り返すと、ボックス中央でフリーとなっていたデンベレがダイレクトで流し込みバルセロナが先制に成功した。 後半も主導権を握るバルセロナ。48分にボックス内でコウチーニョがデンベレからヒールパスを受けてシュートに持ち込むが枠の右上へ。 ここまで防戦一方のレガネスはシュート数も1、2本のみ。だが、迎えた57分にワンチャンスをものにする。右サイド後方からのパスで、アルバの背後を取ったエン=ネスティリが攻め上がってクロスを送ると、バルセロナ守備陣の背後から飛び出したブラースヴァイトが押し込んで試合を振り出しに戻した。 追い付かれたバルセロナは64分に満を持してメッシを投入。同時にラキティッチもピッチへ送り攻勢を強める。ところが2枚替えを敢行した直後、芝生に足を取られてスリップしたデンベレが足首を痛めて負傷交代。交代したマウコムはリーグ戦は1か月半ぶりの出場で6試合目となった。 アクシデントもありながら3枚の交代枠をすべて使い切ったバルセロナだが、この交代の効果が早速現れる。71分、メッシがボックス手前から左足でゴール左上を突く強烈なシュートを放つと、GKクエジャールに弾かれて高く上がったボールをスアレスが押し込んで勝ち越し。レガネスはスアレスとクエジャールが接触したとしてファウルを求めたが、主審はノーファウルと判断した。 後半アディショナルタイムが7分と表示される中、リードしているバルセロナは守りに入らなかった。左サイドのアルバとのパス交換から、ボックス中央で折り返しを受けたメッシが右足一閃。GKは一歩も動けないまま、エースの今季リーグ戦18ゴール目が力強くネットを揺らした。 最後まで奮闘したレガネスだったが、3点目が決まって万事休す。一度は追い付かれたバルセロナだが、終わってみれば3-1の快勝だった。 2019.01.21 06:45 Mon
twitterfacebook
thumb

敵地で敗戦も1stレグのアドバンテージ守り抜いたマドリーがレガネスに雪辱果たして8強進出!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ5回戦2ndレグ、レガネスvsレアル・マドリーが16日に行われ、ホームのレガネスが1-0で勝利した。しかし、1stレグのアドバンテージを守り抜いたマドリーが2戦合計3-1としてベスト8進出を決めた。 ホームで戦った先週ミッドウィークの1stレグを3-0で快勝したマドリーは、先週末に行われたリーガエスパニョーラのベティス戦もダニ・セバージョスの劇的恩返し弾で競り勝ち公式戦2連勝を達成。絶対優位で迎えた敵地での2ndレグに向けてはベティス戦から先発4人を変更。セルヒオ・ラモス、カルバハル、モドリッチ、ベンゼマに代わってマルセロ、オドリオソラ、イスコ、ルーカス・バスケスを起用。システムも[3-4-3]から[4-2-3-1]に変更した。 トップ下にイスコ、左右ウイングにバスケス、マルセロ、1トップにヴィニシウスを配した攻撃ユニットでこの試合に臨んだマドリーは序盤からボールを握るもののアタッキングサードでのプレー精度を欠きなかなかフィニッシュの形を見いだせない。 すると、時間の経過と共に相手のシンプルな縦に速い攻撃に手を焼き始める。それでも、相手のフィニッシュの精度に助けられて大きなピンチはなかったが、30分に一瞬の隙を突かれて先制を許す。右サイドのエラソからのクロスをブラースヴァイトに頭で合わせられると、これは右ポストに救われる。だが、ゴール前の混戦からブラースヴァイトに蹴り込まれてネットを揺らされた。 その後も勢いづくレガネスにレシオ、ブスティンサとゴールを脅かされたマドリーは何とか1点ビハインドの状態で前半を終えた。 迎えた後半、マドリーはレギロンを下げてセバージョスをハーフタイム明けに投入。この交代でイスコを“ファルソ・ヌエベ”に配した[4-3-3]の布陣に変更した。 ここから試合の流れを好転させたいマドリーだが、前半同様に前線で起点を作れず、ヴィニシウスらの個人技以外で決定的な場面を作り出せない。その一方、守備の局面では粘り強い対応で決定機は許さない。 その後、精彩を欠いたイスコに代えてクリスト、バスケスに代えてディアスをピッチに送り込み逃げ切りを図るマドリーだったが、85分には最終ライン裏へ抜け出したサビンにあわや2点目という決定機を許す。 試合終盤にかけては左サイドを圧巻のスピードで突破したヴィニシウスのお膳立てからディアスに移籍後初ゴールのチャンスが訪れるが、これは相手GKと左ポストに阻まれる。その直後にはレガネスの猛攻からブラースヴァイト、サビンと続けて決定機が訪れたが、GKケイロル・ナバスの驚異的な連続セーブにより試合はこのまま0-1でタイムアップ。 敵地で敗戦も1stレグのアドバンテージを守り切ったマドリーが2戦合計3-1のスコアで昨季準々決勝で敗れたレガネスにリベンジを果たし、ベスト8進出を決めた。 また、同日行われたコパ・デル・レイ5回戦2ndレグ、セビージャvsアスレティック・ビルバオは、ビルバオが1-0で勝利した。しかし、1stレグのアドバンテージを守り切ったセビージャが2戦合計3-2でベスト8進出を決めている。 2019.01.17 07:30 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング