レガネス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
8 レガネス 20 6 2 7 12 14 -2 15

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-12-19
29:30
リーガエスパニョーラ
第17節
レバンテ vs レガネス
2018-01-08
リーガエスパニョーラ
第18節
レガネス vs レアル・ソシエダ
2018-01-15
リーガエスパニョーラ
第19節
ベティス vs レガネス
2018-01-22
リーガエスパニョーラ
第20節
アラベス vs レガネス
2018-01-29
リーガエスパニョーラ
第21節
レガネス vs エスパニョール

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.12.09
26:30
リーガエスパニョーラ
第15節
デポルティボ 1 - 0 レガネス
2017.12.03
20:00
リーガエスパニョーラ
第14節
レガネス 3 - 1 ビジャレアル
2017.11.24
29:00
リーガエスパニョーラ
第13節
セルタ 1 - 0 レガネス
2017.11.18
24:15
リーガエスパニョーラ
第12節
レガネス 0 - 3 バルセロナ
2017.11.04
21:00
リーガエスパニョーラ
第11節
バレンシア 3 - 0 レガネス

基本データ

正式名称:CDレガネス

原語表記:Club Deportivo Leganes

愛称:レガ、ペピネーロス

創立:1928年

ホームタウン:レガネス

チームカラー:青/白

関連ニュース

thumb

お目覚めスアレスの2発などでバルサが苦しみながらも無敗継続!!《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは18日、リーガエスパニョーラ第12節でレガネスとムニシパル・デ・ブタルケで対戦し、3-0でバルセロナが勝利した。 ▽リーグ戦11試合を終えて10勝1分けの無敗で首位を快走するバルセロナ(勝ち点31)が、8位のレガネス(勝ち点17)とのアウェイマッチに臨んだ。バルセロナは[4-4-2]で試合に臨み前線はスアレス、パコ・アルカセルの2トップ。中盤はトップ下にメッシ、アンカーにブスケッツ、イニエスタとラキティッチがインサイドハーフを務める。バックラインは右からN・セメド、ユムティティ、ピケ、ジョルディ・アルバが並び、ゴールマウスはテア・シュテーゲンが守る。 ▽立ち上がりから主導権を握るバルセロナは3分に、右サイドの大きな展開から逆サイドのジョルディ・アルバが受けて中央に落とし、最後はスアレスがネットに流し込んだが、ここはジョルディ・アルバのポジションがオフサイドでゴールは認められず。 ▽その後もバルセロナが流れを掴むが、代表の影響からか全体的な動きが重くフィニッシュまで持ち込めない。逆にカウンターからレガネスにチャンスを作られるなど嫌な流れとなるが、28分に右サイドで裏を取ったパコ・アルカセルがシュート。このこぼれ球にいち早く反応したスアレスが押し込んでバルセロナが先制に成功した。 ▽しかし試合が動いた後はレガネスが思い切って前に出てくる。35分にはボックス左に侵入したシマノフスキが右足でコントロールシュートを放つと、ここはGKテア・シュテーゲンが横っ飛びでボールをはじき出す。その後も危ない場面を作られたバルセロナだったが、1点リードのままハーフタイムを迎えた。 ▽後半は追いかけるレガネスがハーフタイムでエラソを下げてボーヴュを送り出すなど攻撃的なカードを切っていく。後半も動きが重いバルセロナは59分にN・セメドとイニエスタを下げてA・ビダルとパウリーニョを投入。すると直後にはスルーパスに抜け出したパコ・アルカセルのシュートは弾かれるが、こぼれ球をスアレスがジャンピングボレーで合わせてネットを揺らした。 ▽さらに試合終了間際にはパウリーニョがダメ押しとなる3点目を奪い試合は終了。バルセロナが危ない場面を作られながらもスアレスの2発などでレガネスに勝利し、リーグ戦の無敗を継続した。 2017.11.19 02:04 Sun
twitterfacebook
thumb

攻め手欠いたアトレティコ、レガネスとのダービーマッチはゴールレスドロー《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは9月30日、リーガエスパニョーラ第7節でレガネスとのアウェイ戦に臨み、0-0に終わった。 ▽前節セビージャ戦を3-0と完勝して3連勝としたアトレティコだったが、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のチェルシー戦では後半ラストプレーの失点で新本拠地ワンダ・メトロポリターノで公式戦初の敗戦を喫した。そのアトレティコはチェルシー戦のスタメンから4選手変更。カラスコ、フィリペ・ルイス、フアンフラン、リュカに代えてビエット、ガビ、ホセ・ヒメネス、サビッチを起用した。 ▽3勝2敗1分けの7位に付ける同じマドリッドに本拠地を置くレガネスとのダービーマッチ。アトレティコはサウールを左サイドバックに配すフラットな[4-4-2]を採用した。 ▽立ち上がりこそ圧力をかけたアトレティコだったが、その後は自陣に引くレガネスを攻めあぐねる展開が続く。すると21分にピンチ。大きなサイドチェンジからボーヴュに際どいボレーシュートを打たれた。 ▽引き続き敵陣でボールを持つものの、攻め手のないアトレティコは35分にようやくサウールのミドルシュートでGKを強襲したものの、ハーフタイムにかけてもチャンスを作れずにゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半もギアの上がらないアトレティコは54分にコレアに代えてカラスコを投入。しかし、60分にピンチ。サイド攻撃で揺さぶられ、シマノフスキの左クロスを後半から出場のエル・ザハルに右足で一閃される。決定的なシュートは枠の右上を捉えていたが、GKオブラクがファインセーブで防いだ。 ▽流れの悪い状況が続くアトレティコはビエットに代えてトーレスを投入。すると72分にビッグチャンス。セットプレーの流れから左サイドのガビが上げたクロスをゴディンがヘッド。シュートは枠の右を捉えていたが、GKクエジャールのファインセーブに阻まれた。 ▽しかし、終盤にかけてはグリーズマンを交代させていたこともあってチャンスを作れなかったアトレティコはゴールレスでタイムアップ。連勝が3で止まった中、代表ウィーク明け後のバルセロナ戦を迎えることとなった。 2017.10.01 05:42 Sun
twitterfacebook
thumb

乾の1アシストでエイバルが3試合ぶりの白星!《リーガエスパニョーラ》

▽エイバルは15日、リーガエスパニョーラ第4節でレガネスと対戦し、1-0で勝利した。日本代表MF乾は、フル出場した。 ▽前節セビージャに0-3の完敗を喫したエイバルは、その試合からスタメンを3人変更。エスカランテ、アレホ、ラミスに代えてベベ、ホルダン、ガルベスをスタメンに起用した。なお、MF乾は4試合連続でスタメンに名を連ねている。 ▽立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、最初のシュートチャンスはレガネスに生まれる。24分、中盤からのカウンターを仕掛けると右サイドでボールを受けたオマールがカットインからシュート。しかし、これはGKドミトロビッチが難なくキャッチ。 ▽5バックを敷くレガネスに対し、思うようにサイド攻撃の決まらないエイバルは、ホルダンやダニ・ガルシアがミドルシュートでレガネスゴールに迫ったが、シュートは枠を捉えられない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、最初の決定機はエイバルに生まれる。8分、中盤でインターセプトしたガルベスがドリブルで持ち上がると、左サイドの乾へパス。ボックス左付近でボールを受けた乾は、一拍置いてクロスを供給。これをゴール前まで駆け上がったガルベスが頭でゴールに叩き込んだ。 ▽先制したエイバルは62分、自陣近くでボールを奪った乾がカウンター。ドリブルで中央を切り裂いた乾が相手ボックス手前まで持ち込みミドルシュート。しかし、これはわずかにゴール右上に外れた。 ▽その後も集中した守りを見せるエイバルはことごとくセカンドボールを収める。結局、追加点こそ奪えなかったが、攻め続けたエイバルがレガネスに反撃の隙を与えず。3試合ぶりの白星を飾った。 2017.09.16 06:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ゴラッソ2発でヘタフェが今季初勝利! 柴崎は63分までプレー《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第3節のレガネスvsヘタフェが8日に行われ、2-1でヘタフェが勝利した。 ▽3戦連続での先発出場となった柴崎擁するヘタフェは、開幕2連勝中の好調レガネスのアウェイに乗り込んだ。隣町同士の対決となったこの一戦。ファーストシュートはレガネスに生まれる。6分、右サイドからのクロスをゲレーロに頭で合わせられるが、GKグアイタのファインセーブでゴールを許さず。 ▽日本代表MFがボールをまともに触ったのは15分のこと。トップ下の位置に入った柴崎がボックス手前でボールを持つと、相手DFをかわしてシュート。しかしこのシュートは枠を大きく越えてしまった。 ▽一進一退の攻防が続く中、37分にヘタフェにピンチが訪れる。左サイドからのクロスの流れから、最後はルベン・ペレスにボックス中央からフリーでシュートを放たれるが、GKグアイタが右足でこれをセーブ。 ▽ピンチを凌いだヘタフェは、その直後に先制点を奪う。39分、ボックス手前中央でボールを受けたアランバッリはそこから思い切り良く右足を振り抜く。するとこのシュートがゴール右上隅に突き刺さり、アランバッリのゴラッソでヘタフェの今季初ゴールとなる先制点をもたらした。 ▽後半に入ってからは膠着した状態が続く中、柴崎は63分にアルバロとの交代でお役御免。だがその直後、ヘタフェは同点に追いつかれてしまう。65分、ボックス左からのディエゴ・リコが強烈なシュートを放つと、GKグアイタがこれを弾く。そのこぼれ球に再びディエゴ・リコが詰めるがこれもGKグアイタが防ぐ。しかし、さらにそのこぼれ球に反応したゲレーロがボックス左からこれを押し込み、同点弾を決められてしまった。 ▽さらにその直後の68分、レガネスの左サイドからのクロスで、カラがガブリエウを倒してしまいPKの判定。しかし、ゲレーロがキッカーを務めたこの絶体絶命の危機をGKグアイタが見事に防ぎ、レガネスの逆転を阻止した。 ▽そんな守護神グアイタのビッグセーブに感化され、ヘタフェの選手たちは勢いを増していく。すると84分、ヘタフェが勝ち越しに成功する。左CKのこぼれ球を、ボックス手前右で受けたアルバロが右足を振り抜くと、ボールは左ポストに当たりそのままゴールに吸い込まれた。 ▽柴崎に代わって入ったアルバロのゴールで再びリードを得たヘタフェがこのまま逃げ切り、2-1で勝利。今季チーム初ゴールと初勝利を手にした。 2017.09.09 06:07 Sat
twitterfacebook
thumb

レガネスがワトフォードのモロッコ代表FWアムラバトをレンタルで獲得

▽レガネスは1日、ワトフォードのモロッコ代表FWナルディン・アムラバト(30)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となる。 ▽アムラバトは、PSVやガラタサライなどでプレー。リーガエスパニョーラではマラガでプレー経験があり、2016年1月にワトフォードへと完全移籍していた。2016-17シーズンはプレミアリーグで29試合に出場。今シーズンも開幕から3試合に出場していたが、急きょレンタル移籍で加入することとなった。 ▽モロッコ代表としても35試合に出場し4ゴールを記録している。 2017.09.02 17:37 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング