超ワールドサッカー

レガネス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 レガネス 35 8 11 19 36 55 -19 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.20
26:00
リーガエスパニョーラ
第38節
レガネス 1 - 1 アラベス
2017.05.14
27:00
リーガエスパニョーラ
第37節
ビルバオ 1 - 1 レガネス
2017.05.08
27:45
リーガエスパニョーラ
第36節
レガネス 4 - 0 ベティス
2017.04.30
25:30
リーガエスパニョーラ
第35節
エイバル 2 - 0 レガネス
2017.04.26
27:30
リーガエスパニョーラ
第34節
レガネス 3 - 0 ラス・パルマス

基本データ

正式名称:CDレガネス

原語表記:Club Deportivo Leganes

愛称:レガ、ペピネーロス

創立:1928年

ホームタウン:レガネス

チームカラー:青/白

関連ニュース

thumb

レガネス、買取りOP行使でギリシャ代表DFシオバスが完全移籍で加入

▽レガネスは19日、オリンピアコスからレンタル移籍で加入していたギリシャ代表DFディミトリオス・シオバス(28)の買い取りオプションを行使し、完全移籍で獲得したことを発表した。同選手とクラブは、2021年6月30日までの4年契約を結んだ。 ▽192cmの長身を武器にセンターバックと守備的MFを主戦場とするシオバスは、2012年にパニオニオスからオリンピアコスに加入。以降、4シーズンに渡って準主力の位置づけとしてプレーしてきたが、今シーズンは公式戦2試合の出場にとどまっていた。 ▽出場機会を求めて今年1月にレガネスに加入したシオバスは、加入以降のリーグ戦16試合に出場し、同クラブの1部残留に貢献していた。 2017.06.20 05:14 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリー移籍に迫るテオ・エルナンデスが性的暴行により訴えられる… 兄・リュカは2月に彼女を暴行で逮捕

▽アラベスのU-20フランス代表DFテオ・エルナンデス(19)が、性的暴行の訴えを受けているようだ。スペイン『アス』など各メディアが報じている。 ▽報道によると、事件は現地時間の4日、午前4時ごろにマルベジャのディスコで起こった模様。そこでテオ・エルナンデスは友人女性に性的暴行を加えたようだ。 ▽被害者の証言では、テオ・エルナンデスはその女性に、車の鍵を取りに行かなければいけないと伝え、2人はディスコを後にして車のもとへ。そこでテオ・エルナンデスは車の後部座席に女性を招き入れ、キスをするなど性的行為をしたようだ。女性は拒否していたにも関わらず、テオ・エルナンデスは行為を続けようとしていたよう。 ▽それでもなお拒否を続ける女性に対して、同選手は車から突き飛ばしたという。その影響で女性は足を負傷。そのままディスコへと戻ると、今度はアラベスのチームメートであるアレクシス・ルアノから侮辱されたという。 ▽女性は一度病院へ行き、その後警察に訴えたようだ。一方のテオ・エルナンデスは警察に事情を説明しているという。 ▽テオ・エルナンデスは、アトレティコ・マドリーからレンタル移籍でアラベスに加入。今シーズンはリーグ戦32試合1ゴールを奪う活躍を見せており、今夏の移籍市場でレアル・マドリーが獲得に動きを見せていると言われていた。 ▽また、テオ・エルナンデスの兄であるリュカ・エルナンデスはアトレティコに所属。今年2月には彼女に対する暴行容疑で逮捕されている。 2017.06.06 08:54 Tue
twitterfacebook
thumb

乾フル出場のエイバルが2発でレガネス撃破! キケ&エンリク弾で4試合ぶりの白星《リーガエスパニョーラ》

▽エイバルは4月30日、リーガエスパニョーラ第35節でレガネスとのホーム戦に臨み、2-0で勝利した。エイバルのMF乾貴士はフル出場している。 ▽前節のアラベス戦を数的不利になりながら0-0で引き分けたものの、リーグ3戦未勝利でヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得が厳しくなった8位エイバル(勝ち点51)が、残留争いに巻き込まれている17位レガネス(勝ち点30)を本拠地エスタディオ・ムニシパル・デ・イプルーアに迎えた一戦。 ▽4試合ぶりの勝利が欲しいエイバルは、バスク自治州ダービーから先発メンバーを3人変更した。GKリエスゴとガルベス、セルジ・エンリクに代えてGKジョエル・ロドリゲスとラミス、ペドロ・レオンを起用。3試合連続スタメンとなった乾は、[4-2-3-1]の左MFに入った。 ▽試合は両者ともに敵陣へと迫るも、シュートチャンスを作ることができない低調な立ち上がりとなる。エイバルは8分、乾の縦パスからキケ・ガルシアの落としを受けたアドリアン・ゴンサレスがダイレクトシュート。しかし、これはわずかにゴール右を外れる。 ▽すると直後、エイバルはヒヤリとする場面を作られる。10分、ブスティンサに右サイドを突破され、GKとDFの間に鋭いクロスを許す。これを走り込んだゲレーロにヒールキックで合わせられるが、ミートせず難を逃れた。 ▽ピンチを脱したエイバルは17分に決定機。ボックス右でパスを受けたペドロ・レオンが縦への仕掛けからグラウンダーのクロスを供給。これをゴール前のアドリアン・ゴンサレスが右足で合わせるも、DFブスティンサのブロックに阻まれた。 ▽その後も両サイドから攻撃を仕掛けるエイバルだが、前半終盤に失点のピンチを迎える。43分、エル・ザハルの右CKをブスティンサにヘディングで合わせられると、ゴール左前のゲレーロが頭でプッシュ。しかし、ゴールラインぎりぎりのところでDFルジューヌがクリアし、ゴールを許さない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、エイバルは立ち上がりレガネスに押し込まれる時間帯が続く。それでも62分、敵陣中央左でボールを受けたフンカがアーリークロス。これをゴール前に走り込んだキケ・ガルシアが頭で叩きつけてゴール右隅へ流し込んだ。 ▽このゴールで勢いづいたエイバルは66分にも追加点。自陣中央左からフンカが相手最終ラインの裏へロングボールを送ると、途中出場のセルジ・エンリクがボックス左へ侵攻して、GKイアゴ・エレリンとの一対一を制した。 ▽リードを2点に広げたエイバルは、69分にレガネスの反撃に遭う。シマノフスキのクロスからボックス中央のゲレーロに左足を振り抜かれるが、これは右ポストに直撃する。 ▽危機を脱したエイバルは、その後レガネスの失速もあり、最後まで得点を許さず試合をクローズ。2得点を奪ったエイバルがリーグ戦4試合ぶりの白星を飾った。 2017.05.01 03:48 Mon
twitterfacebook
thumb

ダービー控えるレアル・マドリー、主力温存もモラタのハットでレガネスに勝利《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは5日、リーガエスパニョーラ第30節でレガネスとのアウェイ戦に臨み、4-2で勝利した。 ▽前節アラベス戦を3-0と快勝して4連勝とした首位レアル・マドリー(勝ち点68)は、1試合消化が少ないながら2位バルセロナとの2ポイント差をキープ。そのレアル・マドリーは週末にアトレティコ・マドリーとのダービーを控える中、アラベス戦のスタメンから大幅に9選手変更。ナチョとダニーロのみ引き続き先発とし、C・ロナウド、ベイル、クロースといった主力を招集外とした。 ▽ここ3試合引き分けている残留圏内ぎりぎりの17位に位置するレガネス(勝ち点27)に対し、3トップに右からL・バスケス、モラタ、アセンシオと並べ、中盤インサイドにハメス・ロドリゲスとコバチッチといったバックアッパーを先発で起用したレアル・マドリーは開始3分にモラタがボックス内からシュートを浴びせる。 ▽その後も押し気味に試合を運ぶと、15分に先制した。アセンシオが敵陣でボールをカットすると、そのまま持ち上がってボックス左からクロス。これをハメス・ロドリゲスが合わせてネットを揺らした。 ▽さらに18分、右CKからナチョがヘディングで合わせてファーに流れると、ゴールエリア左のモラタがふわりと浮かせたヘディングシュートでうまくゴールへ流し込み、追加点を奪った。勢いの止まらないレアル・マドリーは続く23分にはコバチッチのスルーパスをボックス中央で受けたモラタがダイレクトでシュートを流し込み、一気に3-0とした。 ▽ところが、ここから立て続けに失点する。32分、ディエゴ・リコにボックス左深くまで侵入されて折り返されると、最後はガブリエルに押し込まれた。さらに35分、左CKからマントヴァーニの頭に当たったボールがゴールへと向かうと、ルシアーノにうまくコースを変えられて3-2とされた。 ▽嫌な流れで後半に入ったレアル・マドリーだったが、迎えた後半開始3分に左サイドのハメス・ロドリゲスのFKにモラタが頭で合わせたシュートがDFに当たってゴールに吸い込まれ、試合を決定付けた。 ▽その後は余裕の試合運びとしたレアル・マドリーがハメス・ロドリゲスやモラタを温存すべく交代させていく。そのまま4-2で試合を終わらせたレアル・マドリーがモラタのハットトリックで勝利。5連勝とし、ダービーに向けて良い流れを持続している。 2017.04.06 06:18 Thu
twitterfacebook
thumb

主力温存失敗のセビージャがレガネスに手痛いドロー… 低調な内容でレスター戦に不安を残す《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第27節のセビージャvsレガネスが11日にサンチェス・ピスファンで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽前節のアラベス戦を1-1で引き分け、連勝が『4』でストップした3位セビージャ(勝ち点56)が、17位レガネス(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。14日にはチャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦2ndレグのレスター・シティ戦を控える中、セビージャはアラベス戦から先発メンバーを6人変更。エスクデロやエンゾンジ、ビトロらに代えてコレアとフランコ・バスケス、ヨベティッチらを起用した。 ▽この試合できっちりと勝利を収め、レスター戦に弾みをつけたいセビージャだったが、開始早々の3分に失点を喫する。左サイドからボックス右に流れたボールをエル・ザハルに拾われ、ゴール前への折り返しを許すと、走りこんだガブリエウに右足ヒールで流し込まれた。 ▽いきなり追う立場となったセビージャも、すぐさま攻勢に転じるが、レガネスにカウンターからチャンスを作られる。10分、シマノフスキにアタッキングサードへの侵攻を許すと、右サイドに展開される。抜け出したエル・ザハルとGKセルヒオ・リコが一対一になると、ループシュートで意表を突かれるも、これはわずかにゴールバーの上に外れた。 ▽レガネスの中盤のプレスが緩み始めると、セビージャが決定機を迎える。32分、ボックス左手前でボールを持ったコレアがヨベティッチとのワンツーでボックス左に侵攻。ゴール前にクロスを供給すると、フランコ・バスケスが胸で押し込み、ネットを揺らす。しかし、これはオフサイドの判定が下され、ノーゴールとなる。 ▽決定機を逃がしこのまま前半終了かと思われたが43分、セビージャが同点ゴールを奪う。ヨベティッチが敵陣中央でボールを受けると、フランコ・バスケスとのワンツーで最終ラインを切り裂く。GKとの一対一を迎えると、GKイアゴ・エレリンの飛び出しをリフトアップで冷静にかわし、ゴールネットを揺らした。 ▽14日には大一番が控えているとはいえ、ポイントロスを避けたいセビージャは、後半開始からラングレとワルテル・モントーヤに代えて、主力のエンゾンジとビエットを投入した。しかし、後半もチャンスはレガネスに生まれる。55分、左サイドからクロスを供給されると、エル・ザハルが頭で反らしたボールをフリーのゲレーロに右足で合わせられたが、これは右サイドネットに外れる。さらに70分には、途中投入のルシアーノに自陣中央からのループシュートを撃たれ、あわや失点の場面を迎えた。 ▽終盤になっても状況が好転しないセビージャは89分、敵陣中央右からのFKをサラビアがゴール前に放り込むも、脅威とはならず。結局試合は1-1で終了。主力温存を試みたセビージャだったが、格下相手に低調な内容に終わり、ミッドウィークに行われるレスター戦へ不安を残す結果となった。 2017.03.12 02:33 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング