レガネス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 レガネス 43 12 7 19 34 51 -17 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.05.19
23:15
リーガエスパニョーラ
第38節
レガネス 3 - 2 ベティス
2018.05.12
23:15
リーガエスパニョーラ
第37節
レアル・ソシエダ 3 - 2 レガネス
2018.05.07
28:00
リーガエスパニョーラ
第36節
レガネス 0 - 3 レバンテ
2018.04.28
25:30
リーガエスパニョーラ
第35節
レアル・マドリー 2 - 1 レガネス
2018.04.20
28:00
リーガエスパニョーラ
第34節
レガネス 0 - 0 デポルティボ

基本データ

正式名称:CDレガネス

原語表記:Club Deportivo Leganes

愛称:レガ、ペピネーロス

創立:1928年

ホームタウン:レガネス

チームカラー:青/白

関連ニュース

thumb

レアル・ソシエダが新指揮官にレガネスのガリターノ監督を招へい

▽レアル・ソシエダは24日、アシエル・ガリターノ監督(48)を招へいしたことを発表した。契約期間は2021年までとなっている。 ▽レアル・ソシエダは2017-18シーズン、エウセビオ・サクリスタン元監督を成績不振により3月に解任。その後Bチームを率いていたイマノル・アルグアシル監督が指揮を執り、12位でシーズンを終えていた。 ▽ガリターノ監督は2013年6月に当時3部に在籍していたレガネスの監督に就任。就任初年度で2部に引き上げると、3シーズン目にはクラブを史上初の1部昇格に導いていた。そして、ここ2シーズンをプリメーラ残留に導くと、2017-18シーズンはコパ・デル・レイでレアル・マドリーを撃破する大番狂わせを起こし、準決勝まで進出させていた。 2018.05.25 04:32 Fri
twitterfacebook
thumb

終盤苦戦も主力温存のレアル・マドリーがベイル&マジョラル弾で勝利!《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは28日、リーガエスパニョーラ第35節でレガネスと対戦し、2-1で勝利した。 ▽リーグ戦7試合負けなしの3位レアル・マドリー(勝ち点68)が、15位レガネス(勝ち点40)をホームに迎えた一戦。ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのバイエルン戦(2-1で勝利)を行ったレアル・マドリーは、その試合からカゼミロ以外の先発10人を変更。GKカシージャ、最終ラインは右からアクラフ・ハキミ、バジェホ、カゼミロ、テオ・エルナンデス。フラットの中盤は右からベイル、M・ジョレンテ、コバチッチ、ダニ・セバージョスを並べ、2トップにはベンゼマとマジョラルを起用した。 ▽試合は地力に勝るレアル・マドリーが、早い時間にスコアを動かす。8分、ダニ・セバージョスのパスをボックス左手前で受けたベンゼマが縦に切り込みシュート。これは相手DFのブロックに阻まれたが、こぼれ球をゴール手前のベイルがジャンピングボレーで押し込んだ。 ▽先制点で主導権を握ったレアル・マドリーだが、28分にピンチを迎える。右サイドを突破し、ボックス右深くから切り込んだサルドゥアの折り返しをゴール前のゲレーロがヒールシュートで狙うも、これはゴール左に逸れた。 ▽ピンチを凌いだレアル・マドリーは、35分と44分にダニ・セバージョスがレガネスゴールに迫るも追加点は奪えず。このまま前半終了かと思われたが前半アディショナルタイム1分に再び試合が動く。左サイドでボールを受けたコバチッチのクロスをファーサイドに走り込んだマジョラルが左足でゴールに押し込んだ。 ▽後半は一進一退の攻防で推移していた中、レアル・マドリーは62分にベンゼマとコバチッチを下げてクロースとアセンシオを投入。対するレガネスも、ゲレーロを下げてボーヴュをピッチに送り出した。 ▽この交代で先にチャンスを作ったのはレガネスだった。66分、エル・ザハルの縦パスをボックス右で受けたアムラバトがボックス深くまで切り込み折り返しを供給。これをゴール前でフリーのブラサナツが流し込んだ。 ▽1点を返し勢いづくレガネスは、74分にもディエゴ・リコの左FKをニアサイドのブラサナツがフリックすると、ファーサイドから走り込んだブスティンサが右足で合わせたが、これはGKカシージャが左手一本でファインセーブ。 ▽結局、試合はそのまま2-1で終了。終盤は苦戦を強いられたが、主力を温存しながらも勝利を飾ったレアル・マドリーは、5月1日に行われるCL準決勝2ndレグのバイエルン戦へ弾みをつけた。 2018.04.29 03:43 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシのハットで快勝のバルセロナ、リーガ無敗記録に並ぶ《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは7日、リーガエスパニョーラ第31節でレガネスをホームに迎え、3-1で快勝した。 ▽前節セビージャ戦を2点ビハインドから終盤の2ゴールで引き分けに持ち込み、無敗をキープした首位バルセロナ(勝ち点76)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝1stレグではローマに4-1と大勝。ベスト4進出に近づき、今節の結果によりレアル・ソシエダの持つリーガ無敗記録(38試合)に並ぶバルセロナは、ローマ戦のスタメンから4選手を変更。イニエスタ、ブスケッツ、ユムティティ、ジョルディ・アルバに代えてコウチーニョ、デンベレ、アンドレ・ゴメス、ヴェルメーレンを起用した。 ▽13位のレガネス(勝ち点36)に対し、2トップにメッシとスアレス、右にデンベレ、左にコウチーニョ、左サイドバックにセルジ・ロベルトを据えるフラットな[4-4-2]で臨んだバルセロナがハーフコートゲームを展開していく。 ▽徐々に攻勢を強めるバルセロナは16分にコウチーニョがGKを強襲する強烈なシュートを浴びせれば、続く18分にもセルジ・ロベルトの浮き球パスからスアレスのボレーシュートでゴールに近づいた。 ▽さらに19分、デンベレのクロスをボックス左でフリーとなっていたメッシが受け、ラストパス。スアレスがシュートに持ち込んだが、GKに当ててしまい、先制とはならない。それでも27分、ボックス手前右で得たFKをメッシがゴール右に沈めて順当に先制した。 ▽攻め手を緩めないバルセロナは32分、コウチーニョのパスを受けたメッシがDFを引き連れてボックス中央に侵入。シュートを流し込んで2-0とした。 ▽ハーフタイムにかけても試合をコントールしていたバルセロナは、迎えた後半も流し気味にプレー。右サイドのデンベレを使ってレガネスをけん制し、主導権を渡さない。 ▽58分にはショートコーナーの流れからピケがシュートに持ち込むも枠の上に外してしまう。その後も危なげなく試合を進めていたバルセロナだったが、68分に失点する。ロングカウンターを許して最後はエル・ザハルにミドルシュートを叩き込まれた。 ▽終盤、ジョルディ・アルバとイニエスタを投入したバルセロナは87分、メッシがハットトリックを達成して勝負を決定付ける。デンベレのパスを受けたボックス中央のメッシが胸トラップから左足アウトでのシュートでGKを破った。 ▽メッシの今季のリーガ29ゴール目が決まったバルセロナが3-1で快勝。ソシエダの持つ無敗記録に並んでいる。 2018.04.08 05:36 Sun
twitterfacebook
thumb

ロドリゴのゴラッソで勝ち切ったバレンシアが4連勝!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第30節、レガネスvsバレンシアが1日に行われ、アウェイのバレンシアが1-0で勝利した。 ▽来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得を目指す4位のバレンシアが13位のレガネスのホームに乗り込んだ一戦。直近のリーグ戦6勝1分けと絶好調のバレンシアは4連勝を狙うインターナショナルウィーク明け初戦に向けてザザやロドリゴ・モレノ、パレホ、ゴンサロ・ゲデスなど、ベンチスタートとなった守護神ネトを除くベストメンバーで臨んだ。 ▽バレンシアの攻勢が予想された試合だったが、レガネスが球際で互角以上の健闘を見せたことで拮抗した攻防が続く。バレンシアはゲデスとソレールの両翼の仕掛けを起点に強力な2トップにクロスやラストパスを狙って行くが、中央を締める相手の堅守を崩し切れない。さらに中央のコンドグビアが要所で見せる攻撃参加からチャンスを窺うが、なかなか周囲との呼吸が合わない。 ▽逆に効果的なカウンターで幾度かチャンスを作り出すレガネスは30分に絶好機。ボックス手前でガブリエウが鋭いミドルシュートを放つが、ここはGKジャウメの横っ飛びの好セーブに遭い、こちらも先制点を奪うことはできなかった。 ▽ゴールレスで折り返した試合は後半も引き続き拮抗した展開が続く。それでも、54分にはセットプレーの流れから右サイドに流れたガライのクロスをファーサイドのザザが左足ボレーで合わせ、後半最初の決定機を作る。すると62分、相手ボックス付近でのコンドグビアのボール奪取からパレホがロドリゴに短く繋ぐと、ロドリゴが相手DFの股間を抜く見事な左足のミドルシュートをゴール右隅に突き刺し、アウェイのバレンシアが均衡を破った。 ▽苦しみながらもレガネスの堅守を破ったバレンシアはソレール、ザザ、ゲデスと続けて主力を下げてフェラン・トーレス、ビエット、アンドレアス・ペレイラと同ポジションにフレッシュな選手を入れて逃げ切りを図る。 ▽試合終盤にかけてはなかなかカウンターが機能せず、レガネスの猛攻に晒される時間が続くも最後まで集中した守りで失点を許さず、1-0のまま試合をクローズ。持ち味の手堅い試合運びで勝ち切ったバレンシアが4連勝を飾った。 2018.04.02 01:10 Mon
twitterfacebook
thumb

グリーズマンの2戦連続ハットを含む4ゴールでアトレティコが快勝!次節のバルサ戦へ弾み《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは2月28日、リーガエスパニョーラ第26節でレガネスと対戦し、4-0で勝利した。 ▽前節のセビージャ戦を快勝した2位のアトレティコ(勝ち点58)が、本拠地ワンダ・メトロポリターノに14位のレガネス(勝ち点30)を迎えた一戦。そのアトレティコはセビージャ戦からスタメンを2人変更。ガビとヴルサリコに代えてコレアとフアンフランが先発で起用された。 ▽試合は積極的な入りを見せたレガネスが、先にチャンスを迎える。11分、バイタルエリア手前でボールを受けたガブリエウが、ゴール前にロングパスを供給。これに反応したエラソが後方からのボールをダイレクトで合わせたが、これはゴール左に外れた。 ▽先制点を狙うレガネスは22分にも、グンバウがボックス左手前から強烈なロングシュート。クロスバーを直撃したこぼれ球をボックス内のガブリエウがダイレクトで狙うも、これはゴール前のフィリペ・ルイスがブロックした。 ▽ピンチを凌いだアトレティコは26分、センターサークル内でボールを受けたコケが、ダイレクトで前線にスルーパスを送ると、これに反応したグリーズマンがゴール前まで持ち上がり、冷静にシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽先制したアトレティコは35分、ペナルティアーク内でコケがグンバウに倒されFKを獲得。このFKをグリーズマンが直接ゴール左に突き刺し、追加点を奪った。 ▽巻き返しを図りたいレガネスだったが、後半に入ってもアトレティコの時間帯は途切れない。56分、ジエゴ・コスタのパスをグリーズマンがワンタッチで左のスペースへ流すと、オーバーラップしたフィリペ・ルイスのクロスをゴール前に走り込んだグリーズマンがヘディングで流し込んだ。 ▽グリーズマンの2試合連続ハットトリックで優位に試合を進めるアトレティコは、67分にもジエゴ・コスタの左クロスをファーサイドのグリーズマンがダイレクトボレーで流し込み、4点目。 ▽4点差を付けて試合を決定的なものとしたアトレティコは、73分にグリーズマンとジエゴ・コスタを下げてトーレスとガメイロを投入。結局、その後も危なげない展開で試合を締めたアトレティコが、4-0で勝利。3月4日に行われる次節バルセロナ戦に弾みをつける快勝劇とした。 2018.03.01 07:31 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング