レガネス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 レガネス 18 4 6 9 15 31 -16 19

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-01-28
28:45
リーガエスパニョーラ
第20節
レガネス vs セルタ
2017-02-06
リーガエスパニョーラ
第21節
アトレティコ・マドリー vs レガネス
2017-02-13
リーガエスパニョーラ
第22節
レガネス vs スポルティング・ヒホン
2017-02-20
リーガエスパニョーラ
第23節
バルセロナ vs レガネス
2017-02-27
リーガエスパニョーラ
第24節
レガネス vs デポルティボ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.01.21
26:30
リーガエスパニョーラ
第19節
アラベス 2 - 2 レガネス
2017.01.14
21:00
リーガエスパニョーラ
第18節
レガネス 0 - 0 ビルバオ
2017.01.08
24:15
リーガエスパニョーラ
第17節
ベティス 2 - 0 レガネス
2016.12.18
24:15
リーガエスパニョーラ
第16節
レガネス 1 - 1 エイバル
2016.12.10
26:30
リーガエスパニョーラ
第15節
ラス・パルマス 1 - 1 レガネス

基本データ

正式名称:CDレガネス

原語表記:Club Deportivo Leganes

愛称:レガ、ペピネーロス

創立:1928年

ホームタウン:レガネス

チームカラー:青/白

関連ニュース

thumb

レガネス、ルビン・カザンからサム・ガルシアをレンタルで獲得! 昨夏ビジャレアルからロシアに渡るも半年で母国復帰

▽レガネスは19日、ロシア・プレミアリーグに所属するルビン・カザンからスペイン人MFサム・ガルシア(26)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は16に決定している。 ▽2010年に加入したマラガが頭角を現したサム・ガルシアは、2015年夏にクラブの財政難の煽りを受けて、同胞のMFサム・カスティジェホと共にビジャレアルに完全移籍。その翌年にはルビン・カザンに移籍し、今シーズンはリーグ戦13試合に出場していた。 ▽スペイン代表歴はないものの、右ウイングを主戦場に優れた攻撃センスを持つ同選手の加入は、昇格1年目で残留を目指すレガネスにとって大きな補強となりそうだ。 2017.01.20 02:37 Fri
twitterfacebook
thumb

レガネス、オリンピアコスからギリシャ代表DFシオバスを買取りOP付きレンタルで獲得

▽レガネスは29日、ギリシャ代表DFディミトリオス・シオバス(28)の獲得に関して、所属元のオリンピアコスと買取りオプション付きのレンタル移籍でクラブ間合意したことを発表した。シオバスは同日にメディカルチェックを行った後、正式にクラブの一員となる予定だ。 ▽192cmの長身を武器にセンターバックと守備的MFを主戦場とするシオバスは、2012年にパニオニオスからオリンピアコスに加入。以降、4シーズンに渡って準主力の位置づけとしてプレーしてきたが、今シーズンは公式戦2試合の出場にとどまっていた。 ▽また、ギリシャ代表では通算12試合に出場している。 2016.12.30 14:17 Fri
twitterfacebook
thumb

首位レアル・マドリーが3発でレガネスを撃破! 28試合無敗で次節のマドリッド・ダービーへ《リーガエスパニョーラ》

▽6日にリーガエスパニョーラ第11節のレアル・マドリーvsレガネスがサンチャゴ・ベルナベウで行われ、ホームのレアル・マドリーが3-0で勝利した。 ▽現在、リーグ戦3連勝中と好調を維持している首位マドリー(勝ち点24)は、逆にリーグ戦3連敗中と現在17位と厳しいスタートを強いられている昇格組レガネス(勝ち点10)をホームに迎えた。 ▽試合序盤は、激しいプレスの掛け合いで互いにチャンスを作ることができない。マドリーは20分、ベイルが右サイドからクロスを入れるとモラタが反応。頭で合わせるもバーの上へと外れてしまう。 ▽徐々にマドリーがボールを支配するようになると、38分に試合の均衡を破る。ハーフウェイライン付近敵陣左サイドでイスコがディフェンスの裏へとロングボールを送ると、これに反応したベイルが抜け出し、キーパーと一対一に。右足ワンタッチでキーパーを抜いて冷静にゴールに流し込み、マドリーが先制点を奪う。 ▽さらに46分、ハーフウェイライン付近右サイドからクロースのFK、エリア内に放り込んだボールにヴァランが頭で合わせるもミートせず、モラタに当たり混戦となったところをベイルが押し込んで追加点。マドリーが2-0で試合を折り返す。 ▽後半に入ると、さらにマドリーがレガネスを畳みかける。47分、ボックス右を突破したベイルがキーパーと一対一になり、左足でシュートを放つも相手GKがファインセーブ。後半に入っても、マドリーが前半の勢いのまま攻め立てる。 ▽マドリーのジダン監督は67分、コバチッチに代えてモドリッチを投入。徐々にパスが回り始めると、76分にゴールを割る。中盤でのパスワークからクロースがディフェンスの間にスルーパス。これに反応したモラタが裏に抜け出すと、そのまま右足でニアサイドに蹴り込み、追加点を決める。 ▽終始、ボールを支配したマドリーが圧倒的な攻撃力を見せ、守備面でも素早いプレスで寄せ付けず、3-0と勝利を収めた。この結果、マドリーは首位をキープ。公式戦の無敗を28試合に伸ばし、好調を維持したまま、次節アトレティコ・マドリーとのマドリッド・ダービーに挑む。 2016.11.06 22:48 Sun
twitterfacebook
thumb

MSNが公式戦2試合連続揃い踏み! レガネスに5発圧勝でリーガでの勝利を取り戻す《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは17日、リーガエスパニョーラ第4節でレガネスとのアウェイ戦に臨み、5-1で圧勝した。 ▽前節カンプ・ノウでのアラベス戦を1-2と敗れて早くも初黒星を喫したバルセロナは、4日前に行われたチャンピオンズリーグのセルティック戦を7発圧勝し、白星を取り戻した。そのバルセロナはセルティック戦のスタメンから3選手を変更。ブスケッツ、セルジ・ロベルト、アンドレ・ゴメスに代えてイニエスタ、マスチェラーノ、ラフィーニャを起用した。 ▽今季初めて3バックで臨み、[3-4-3]を採用したバルセロナは3バックに右からマスチェラーノ、ピケ、ユムティティと並べ、中盤に右からラフィーニャ、ラキティッチ、イニエスタ、ジョルディ・アルバと配した。 ▽前線から激しくプレスをかけてきたレガネスに序盤、バルセロナはビルドアップを阻まれ、前線のMSNまでボールを運ぶことができない。しかし15分、最初のチャンスをモノにする。スアレスが右サイドを突破してボックス右に侵入。丁寧に中へパスを送り、メッシがワンタッチでシュートを流し込んだ。 ▽ここから攻勢に出たバルセロナは20分にネイマールのボレーシュートで追加点に迫ると、23分にはスアレスのコントロールシュートでレガネスを脅かした。そして31分、メッシが相手のミスパスをカットして中央突破を図り、ボックス左へ侵入。中へ丁寧にプレゼントパスを送ってフリーのスアレスが最後は押し込んでリードを広げた。 ▽2点をリードしたバルセロナは34分にこの試合初めてのピンチを迎える。マスチェラーノがマチスに突破されてボックス左からシュートを浴びる。だが、GKテア・シュテーゲンが好セーブで阻止。さらにルーズボールを再びマチスにシュートされたが、ゴールライン前のユムティティが好ブロックで阻んだ。 ▽すると前半終了間際の44分、メッシのパスに抜け出したスアレスがボックス中央へ侵入。ネイマールへプレゼントパスを送って3-0とし、MSN揃い踏みのバルセロナが3点をリードして前半を終了した。 ▽迎えた後半開始3分にコネのシュートでGKテア・シュテーゲンを強襲されたバルセロナだったが、54分にスアレスの右足アウトでの絶妙なパスに抜け出したネイマールがボックス左でブスティンサに倒されてPKを獲得。これをメッシがゴール右上に決めてバルセロナが4-0とした。 ▽余裕のバルセロナは56分にスアレスに代えてアルカセルを、ラキティッチに代えてアルダをそれぞれ同ポジションに投入した。63分にはメッシのポスト直撃のシュートのルーズボールをアルカセルが押し込んだものの、オフサイドに阻まれて移籍後初ゴールとはならない。 ▽それでも64分、ボックス手前右からラフィーニャが正確なミドルシュートをゴール左上に突き刺して5-0とした。80分に直接FKでガブリエウにゴールを許したバルセロナだったが、それ以上の反撃を許さずにタイムアップ。公式戦2試合連続MSN揃い踏みとしたバルセロナがリーガでの勝利を取り戻している。 2016.09.17 21:58 Sat
twitterfacebook
thumb

グリーズマン復帰も得点力不足改善されず…アトレティコが昇格組相手に2戦連続ドロー《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第2節のレガネスvsアトレティコ・マドリーが27日にムニシパル・デ・ブタルケで行われ、0-0の引き分けに終わった。 ▽先週行われたホームでのリーガ開幕戦では、試合終了間際に新戦力ガメイロのPKで先制するも、ラストプレーで追いつかれ、昇格組のアラベス相手にまさかのドロースタートとなったアトレティコ。リーグ初勝利を目指す第2節では、再び昇格組レガネスとのアウェイゲームに臨んだ。開幕戦からのメンバー変更は2点。カラスコに代わって、出場停止明けのエース、グリーズマンがガメイロと共に2トップに入り、チアゴに代わってアウグスト・フェルナンデスが起用された。 ▽アラベス戦と同様に圧倒的なボール保持率でハーフコートゲームを展開するアトレティコだが、引いた相手に対して、遅攻の精度を欠き、なかなか攻め切れない。流れを変えたいチームは、ガメイロとグリーズマンのスピードを生かして背後を狙っていくが、こちらの攻めも機能しない。 ▽相手に1本のシュートも許さない圧倒的な展開ながら、ほとんど決定機を作れないアトレティコは、37分にガビの柔らかなフィードに抜け出したグリーズマンがボックス左でダイレクトボレーも、これはGKセランテスのビッグセーブに阻まれ、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽迎えた後半、キックオフ直後から前に出るアトレティコは、52分にボックス左で2人のDFの間を割ったガメイロが強烈なシュートを放つが、これはGKセランテスの素早い反応に阻まれ、後半開始早々のゴールとはならず。 ▽流れを変えたいシメオネ監督は、58分にガメイロを下げてトーレス、63分にはガビを下げてカラスコをピッチに送り出す。この選手交代でも流れを変えられないアウェイチームは、79分にはA・フェルナンデスを下げてガイタンを投入する超攻撃的な布陣でゴールを目指す。 ▽84分にはボックス左に抜け出したカラスコがGKと一対一を迎えるが、この絶好機はニアを狙ったシュートをGKセランテスに阻まれてしまう。さらに後半アディショナルタイムには、フィリペ・ルイスの左クロスをゴール前に飛び出したトーレスがドンピシャのタイミングでヘディングシュート。だが、このシュートもGK正面を突き、万事休す。昇格組相手に2試合連続ドローとなったアトレティコは、厳しい船出を強いられることになった。 2016.08.28 07:06 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング