ウディネーゼ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
13 ウディネーゼ 18 6 0 9 23 24 -1 15

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-12-19
29:00
コッパ・イタリア
5回戦
ナポリ vs ウディネーゼ
2017-12-23
23:00
セリエA
第18節
ウディネーゼ vs ヴェローナ
2017-12-30
23:00
セリエA
第19節
ボローニャ vs ウディネーゼ
2018-01-05
26:00
セリエA
第20節
キエーボ vs ウディネーゼ
2018-01-21
23:00
セリエA
第21節
ウディネーゼ vs SPAL

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.12.16
23:00
セリエA
第17節
インテル 1 - 3 ウディネーゼ
2017.12.10
23:00
セリエA
第16節
ウディネーゼ 2 - 0 ベネヴェント
2017.12.04
27:00
セリエA
第15節
クロトーネ 0 - 3 ウディネーゼ
2017.11.26
23:00
セリエA
第14節
ウディネーゼ 0 - 1 ナポリ
2017.11.19
23:00
セリエA
第13節
ウディネーゼ 0 - 1 カリアリ

基本データ

正式名称:ウディネーゼ・カルチョ

原語表記:Udinese Calcio SpA

愛称:ゼブレッテ(シマウマ)、ビアンコネリ(白と黒)

創立:1896年

ホームタウン:ウディネ

チームカラー:白、黒

関連ニュース

thumb

ホームで伏兵ウディネに屈したインテルが17戦目にして今季初黒星…長友はベンチ入りも出場なし《セリエA》

▽セリエA第17節、インテルvsウディネーゼが16日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、アウェイのウディネーゼが3-1で快勝した。なお、インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節、劣勢となったユベントスとの“イタリア・ダービー”をドローで終えて首位キープに成功したインテル(勝ち点40)だが、ミッドウィークに行われたコッパ・イタリアではセリエCの格下ポルデノーネ相手に120分間でゴールをこじ開けられず、PK戦の末の薄氷勝利で辛くも準々決勝進出を果たした。同試合からの巻き返しを図るスパレッティ監督は、シュクリニアル、ヴェシーノを除く主力9人を先発復帰させ、13位のウディネーゼ(勝ち点18)撃破を狙った。 ▽ブーイングに晒されたポルデノーネ戦の失態を払しょくするため、立ち上がりから攻勢を見せるインテル。カンドレーバやヴェシーノ、ペリシッチと立て続けにシュートを放っていくが、いずれも決め手を欠く。すると14分、相手セットプレーの流れからボックス右のヴィドマーにグラウンダーで折り返されると、ゴール前でDFシュクリニアルの前に身体を入れたラザーニャにワンタッチで流し込まれた。 ▽ホームで先制を許す立ち上がりとなったインテルだったが、失点からわずか1分後に追いつく。失点後のリスタートからダンブロージオのフィードが右サイド深くのカンドレーバに渡ると、すかさず鋭いクロスを供給。これをボックス中央でDFをブロックしながら前に入ったイカルディが右足のボレーシュートでゴールネットを揺らした。 ▽エースのゴールでスコアをタイに戻したインテルは、ここからきっちり試合の主導権を握っていく。攻守の切り替えの場面で相手を圧倒していくと、得意のカウンターやセットプレーで勝ち越しゴールに迫る。36分にはCKのクリアボールに反応したブロゾビッチが右ポストを掠めるダイレクトシュートを放つと、40分にもカウンターから左サイドを突破したペリシッチがニアを狙った低いシュートを放つが、ここは相手GKビサーリに防がれ、前半のうちに試合を引っくり返すことはできなかった。 ▽迎えた後半、先に決定機を作ったのはウディネーゼ。自陣からのロングカウンターで右サイドを突破したデ・パウルからのクロスをゴール前で受けたラザーニャがGKをかわして右足を振り抜くが、このシュートをふかしてしまい、勝ち越しゴールとはならなかった。 ▽一方、後半に入って流れが悪いインテルは54分、ブロゾビッチを下げてガリアルディーニを投入する。だが、61分に自陣ボックス左のライン際でヴィドマーにクロスを許すと、これをDFサントンが腕を使ってブロックしてしまう。最初の判定ではクロスを上げた時点でボールがラインを割っていたと判断されるも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による確認が行われた結果、判定が覆りウディネーゼにPKが与えられる。これをキッカーのデ・パウルに決められ、再びビハインドを背負った。 ▽前半同様に早い時間帯に追いつきたいインテルは、68分にセットプレーからカンドレーバのクロスをシュクリニアルが頭で合わすが、ボールはクロスバーを叩く。さらに72分にも左CKからガリアルディーニが決定的なヘディングシュートを放つが、今度は相手GKの好守に阻まれる。 ▽その後はやや攻めあぐねる状況が続く中、スパレッティ監督は2失点に関与したサントン、ヴェシーノを下げてカラモー、エデルを続けて投入。この交代でシステムも攻撃的な[3-4-3]に変更し、リスクを冒して前に出る。しかし、77分には相手のカウンターを浴びて左サイドのスペースに飛び出したヤンクトの絶妙なグラウンダーのクロスをファーでドフリーのバラクに流し込まれ、今季最多となる3失点目を喫する。 ▽敗色濃厚の中、諦めずに猛攻を仕掛けたインテルだったが、完全に引いたウディネーゼの守備を最後までこじ開けることはできず。ホームで伏兵相手にまさかの大敗を喫したインテルが、今季リーグ戦17試合目にして初黒星を喫し、首位陥落が濃厚となった。 2017.12.17 01:01 Sun
twitterfacebook
thumb

PK崩れのジョルジーニョ弾でナポリが新生ウディネに辛勝! 公式戦3連勝で首位堅持《セリエA》

▽セリエA第14節、ウディネーゼvsナポリが26日にフリウリで行われ、アウェイのナポリが1-0で勝利した。 ▽前節、ミランとの名門対決を勝利で飾り首位キープに成功したナポリ(勝ち点35)。また、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではグループ2位シャフタールとの大一番に勝利し、逆転での決勝トーナメント進出に望みを繋いだ。公式戦2連勝で勢いを取り戻すナポリは、前節デル・ネーリ前監督を解任し、オッド新監督を招へいした14位ウディネーゼ(勝ち点12)とのアウェイゲームで3連勝を目指した。シャフタール戦からは先発3人を変更し、アルビオルに代わってクリバリをセンターバックで起用し、中盤はジョルジーニョとアランのコンビが起用された。 ▽開始2分に味方とのワンツーでゴール左に飛び出したハムシクがシュートも、これはややミートし切れず、GKにキャッチされる。その後もボールを保持して押し込むナポリだが、やや崩しの場面で連係がうまくいかず、その後はやや攻撃が停滞。23分にはボックス手前の好位置で得たFKをメルテンスが直接狙うが、これは壁にブロックされる。 ▽攻めあぐねる状況が続くナポリだったが、30分過ぎにゴールをこじ開ける。ボックス内でルーズボールに反応したマッジョがDFアンジェッラに足をかけられPKを獲得。これをキッカーのジョルジーニョが右を狙って蹴るが、ややコースが甘いシュートはGKスクフェットにセーブされる。それでも、このこぼれ球をジョルジーニョが今度は冷静に流し込んだ。 ▽苦しみながらも前半のうちにリードを手にしたナポリは、後半立ち上がりに畳みかける攻めを見せる。49分、ボックス左に持ち込んだインシーニェの短い折り返しをメルテンスが足元で受けて右足のシュート。だが、これはDFにブロックされる。さらに、このこぼれ球をハムシクが蹴り込みに行くが、再び相手DFの身体を張ったブロックに防がれる。 ▽時間の経過と共に連戦の疲れか、攻守両面で動きが鈍り始めたナポリは、相手のカウンターからアリ・アドナンらにサイドで起点を作られては、バラクらにフィニッシュに持ち込まれる苦しい展開が続く。これを受けて、サッリ監督はインシーニェやハムシクら主力を下げてディアワラ、ジエリンスキ、ログの投入で逃げ切りを図る。試合終了間際にはバラクの強烈なミドルシュートで肝を冷やしたものの、これをGKレイナが冷静にキャッチして試合はこのままタイムアップ。 ▽自慢の攻撃陣が不発に終わるなど、苦しい展開を強いられながらも勝負強さを発揮したナポリが公式戦3連勝を飾り、首位の座をがっちりとキープした。 2017.11.27 01:12 Mon
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼがオッド氏の新指揮官就任を発表!

▽ウディネーゼは21日、ルイジ・デル・ネーリ監督(67)の後任としてマッシモ・オッド氏(41)の招へいを発表した。 ▽今シーズン、ここまで4勝8敗の14位に低迷していたウディネーゼは、21日に2016年10月からチームを率いていたデル・ネーリ監督の解任を発表した。そして、地元メディアの既報通り、後任監督には元ペスカーラ指揮官のオッド氏が招へいされた。 ▽現役時代にミランやナポリ、ラツィオ、バイエルンなどで活躍したオッド氏は、イタリア代表の一員として2006年のドイツ・ワールドカップ優勝も経験した偉大な右サイドバック。2012年の現役引退後は、2015年から2017年までペスカーラの指揮官を務め、ポゼッションを重視した攻撃的なスタイルで評価を集めていた。 2017.11.21 23:27 Tue
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼがデル・ネーリを解任! 後任はオッド氏が有力に

▽ウディネーゼは21日、ルイジ・デル・ネーリ監督(67)を解任したことを発表した。 ▽これまでキエーボやローマ、ユベントスなどを率いてきたデル・ネーリ監督は、2016年10月にジュゼッペ・イアキーニ監督の後任としてウディネーゼの指揮官に就任。開幕7節終了時点で2勝4敗1分けと苦戦が続いていたチームを見事に立て直し、昨シーズンはチームを13位でフィニッシュさせた。 ▽今シーズンは、ここまで4勝8敗の14位とある意味定位置にいたものの、直近のカリアリ戦での0-1の敗戦を受け、クラブは同監督の解任に踏み切った。 ▽なお、イタリア『コッリエレ・デッラ・セーラ』など複数現地メディアは、21日中に元ペスカーラ指揮官のマッシモ・オッド氏(41)の新監督就任の可能性を伝えている。 2017.11.21 22:37 Tue
twitterfacebook
thumb

豪雨の影響で延期となっていたラツィオvsウディネーゼの代替開催日が決定

▽セリエAを管轄するレガ・セリエAは7日、悪天候のため延期されたセリエA第12節ラツィオvsウディネーゼの代替開催日を発表した。 ▽5日にスタディオ・オリンピコで行われる予定となっていたラツィオvsウディネーゼだが、試合開始前から降り続いていた豪雨により開催が不可能となり延期が決定していた。 ▽レガ・セリエAの発表によれば、代替日は2018年1月24日(水)で現地時間18:00(日本時間:26:00)にキックオフされる。 2017.11.08 05:11 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング