超ワールドサッカー

ウディネーゼ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
13 ウディネーゼ 45 12 9 17 47 56 -9 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.28
27:45
セリエA
第38節
インテル 5 - 2 ウディネーゼ
2017.05.21
22:00
セリエA
第37節
ウディネーゼ 1 - 1 サンプドリア
2017.05.14
22:00
セリエA
第36節
クロトーネ 1 - 0 ウディネーゼ
2017.05.07
19:30
セリエA
第35節
ウディネーゼ 1 - 1 アタランタ
2017.04.30
22:00
セリエA
第34節
ボローニャ 4 - 0 ウディネーゼ

基本データ

正式名称:ウディネーゼ・カルチョ

原語表記:Udinese Calcio SpA

愛称:ゼブレッテ(シマウマ)、ビアンコネリ(白と黒)

創立:1896年

ホームタウン:ウディネ

チームカラー:白、黒

関連ニュース

thumb

ウディネーゼが39歳ベテランGKビザーリをフリーで獲得

▽ウディネーゼは24日、ペスカーラを退団してフリーとなっていたアルゼンチン人GKアルバーノ・ビサーリ(39)を獲得したことを発表した。契約期間は2018年6月30日までの1年となっている。 ▽1999-2000シーズンにレアル・マドリーに在籍していた経歴を持つビサーリは、ラツィオやキエーボ、カターニャなどセリエAで実績を積んできたGK。2016-17シーズンは降格したペスカーラで29試合に出場していた。 2017.06.25 02:55 Sun
twitterfacebook
thumb

デポルティボがウディネーゼMFギジェルメの買取りOPを行使

▽デポルティボは16日、ウディネーゼに所属するブラジル人MFギジェルメ(26)の完全移籍オプションを行使したことを発表した。契約期間は2021年までの4年間となる。 ▽守備的MFのギジェルメは昨夏、ウディネーゼからデポルティボにレンタル加入。今シーズンはリーガエスパニョーラ30試合2ゴール1アシストを記録した。 2017.06.17 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ベルギー王者アンデルレヒト、ウディネーゼでプレーしていたベルギー人MFクムスを獲得

▽アンデルレヒトは2日、ワトフォードのベルギー人MFスベン・クムス(29)を完全移籍で獲得したと発表した。 ▽ヘントで主将として活躍したプレーメーカーのクムスは、2016年夏にワトフォードへ完全移籍。即、ジャンパオロ・ポッツォ会長が所有するウディネーゼへレンタル移籍に出され、セリエAでは29試合に出場したが、インパクトを残すには至らなかった。 ▽ベルギー王者アンデルレヒトの下部組織で育ったクムスにとっては9年ぶりの復帰となるが、トップチームでのプレー経験はない。 2017.06.03 01:08 Sat
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼがチームを残留に導いたデル・ネーリ監督と1年間の契約延長!

▽ウディネーゼは31日、ルイジ・デル・ネーリ監督(66)との契約に盛り込まれていた1年間の契約延長オプションを行使したことを発表した。今回の契約延長によって、同監督は来シーズンもチームを率いることになった。 ▽デル・ネーリ監督は2001-02シーズン、セリエA初昇格を果たしたキエーボを5位に導き、“ミラクル・キエーボ”と称賛されるチームを形成。その後はローマやユベントスといったビッグクラブやパレルモ、アタランタ、サンプドリア、ジェノアの監督を歴任。 ▽2016年10月4日に成績不振により解任されたジュゼッペ・イアキーニ前監督の後任として、2017年6月30日までの1年契約でウディネーゼの新監督に就任。就任当初こそ勝ち星に恵まれなかったものの、12月には3連勝を飾るなど、最終的に13位でチームをフィニッシュさせていた。 2017.05.31 04:16 Wed
twitterfacebook
thumb

後半から長友出場のインテル、ペリシッチ&エデル躍動で5発圧勝締め《セリエA》

▽インテルは28日、セリエA最終節でウディネーゼを本拠地ジュゼッペ・メアッツァに迎え、5-2で大勝した。インテルのDF長友佑都は後半から出場している。 ▽前節ラツィオ戦を3-1と勝利して9試合ぶりの白星を飾った7位インテルは、ヨーロッパリーグ出場の可能性が消滅した中、今季限りでの退団が噂される長友がベンチスタートとなった。 ▽12位ウディネーゼに対し、負傷でイカルディを欠くインテルが良い入りを見せると5分、左サイドからのサントンのグラウンダークロスをエデルが合わせて先制した。 ▽エデルの3試合連続ゴールで先手を取ったインテルは、CKからアンジェッラのヘディングシュートが枠を外れて助かると、19分に追加点を獲得。エデルがボックス右から入れたクロスをファーサイドのペリシッチがスライディングで押し込んだ。 ▽続く21分にペリシッチの左クロスにガリアルディーニがヘディングで合わせたシュートがわずかに枠を逸れたインテルは36分、3点目を奪いきる。高い位置でボールを奪い返したペリシッチがマイナスのクロスを折り返すと、ボックス左のブロゾビッチが左足でシュートを流し込んで3-0とし前半を終えた。 ▽後半からメデルに代えて長友を左サイドバックに入れたインテルは、54分に4点目を奪う。ドリブルでボックス左に侵入したペリシッチがクロスを入れると、エデルが押し込んだ。 ▽4-0と突き放したインテルはパラシオを投入。58分にはそのパラシオが左ポスト直撃のシュートを浴びせるも、76分にバリッチにゴールを許す。 ▽それでも直後、コンドグビアのボレーシュートが相手DFに当たってゴールに吸い込まれ、5-1とした。終了間際、CKからD・サパタのゴールを許して5-2とされたものの、インテルがホーム最終戦を大勝で飾っている。 2017.05.29 05:51 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング