フィオレンティーナ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
8 フィオレンティーナ 48 13 9 7 46 37 9 29

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-02
22:00
セリエA
第30節
フィオレンティーナ vs ボローニャ
2017-04-09
22:00
セリエA
第31節
サンプドリア vs フィオレンティーナ
2017-04-15
22:00
セリエA
第32節
フィオレンティーナ vs エンポリ
2017-04-22
27:45
セリエA
第33節
フィオレンティーナ vs インテル
2017-04-30
セリエA
第34節
パレルモ vs フィオレンティーナ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.19
23:00
セリエA
第29節
クロトーネ 0 - 1 フィオレンティーナ
2017.03.12
23:00
セリエA
第28節
フィオレンティーナ 1 - 0 カリアリ
2017.03.05
20:30
セリエA
第27節
アタランタ 0 - 0 フィオレンティーナ
2017.02.27
28:45
セリエA
第26節
フィオレンティーナ 2 - 2 トリノ
2017.02.23
29:05
EL決勝トーナメント
ラウンド32・2ndレグ
フィオレンティーナ 2 - 4 ボルシアMG

基本データ

正式名称:ACFフィオレンティーナ

原語表記:ACF Fiorentina S.p.A.

愛称:ビオラ(紫)

創立:2002年

ホームタウン:フィレンツェ

チームカラー:紫

関連ニュース

thumb

セビージャ、フィオレンティーナのMFイリチッチ獲得に興味か

▽セビージャが、フィオレンティーナに所属するスロベニア代表MFヨシップ・イリチッチ(29)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『La Nazione』が報じている。 ▽2013年にパレルモからフィオレンティーナに加入以降、卓越した左足の技術を武器に主力として活躍してきたイリチッチ。だが、ここ最近はイタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキや、U-20イタリア代表MFフェデリコ・キエーザら若手の台頭に伴い、存在感を失っている。 ▽だが、『La Nazione』の伝えるところによれば、現在セビージャがイリチッチの獲得に関心を示しており、最高1000万ユーロ(約12億円)のオファーを準備しているようだ。 ▽また、今夏のチーム刷新を考慮しているフィオレンティーナは、800万ユーロ(約9億6000万円)以上のオファーが届けば、イリチッチの放出を容認する構えのようだ。 2017.03.28 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがトゥヘルの後任にフィオレンティーナ指揮官を招へい?副会長が接触

ドルトムントが来シーズンに向けて、フィオレンティーナの指揮官パウロ・ソウザの招へいを検討しているようだ。イタリアメディア『ビオラ・ニュース』およびイタリアラジオ放送『レディ・ラディオ』が23日に報じている。<br><br>その理由はドルトムントの副会長であるミケーレ・プラー氏が23日、フィレンツェを訪れており、ソウザ監督の代理人らと市内のホテルで接触したとみられるからだ。その後、一行は目立たない別の場所に移動して話し合いを行った。<br><br>プラー副会長は移籍市場の担当ではなく、公式な交渉を始めるに当たっての事前調査ではないかと見られており、間もなく本格的な交渉が始まる可能性がある。<br><br>ただハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは以前、(2018年夏までの契約を持つ)トーマス・トゥヘル監督との契約延長交渉は本人の希望により今夏に予定していると言及しており、行方は不透明だ。<br><br>ソウザは2015年、フィオレンティーナの指揮官に就任し、1年目の2015-16シーズンはセリエAで5位に終わった。今シーズンは現在8位と低迷しており、シーズン中の解任の可能性も報じられていた。またソウザは現役時代にドルトムントでプレーした経験もあり、来季へ向けて古巣の監督就任が実現するか、注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.25 18:26 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランがヴィオラにレンタル中の元スペイン代表FWテージョに興味!?

▽ミランが、バルセロナからフィオレンティーナへレンタル移籍で加入中の元スペイン代表FWクリスティアン・テージョ(25) に興味を示しているようだ。スペイン『Iberico Sport』の記事を『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽『フットボール・イタリア』によると、ミランは今冬にエバートンからレンタル移籍で獲得した元スペイン代表FWジェラール・デウロフェウの後釜として獲得に興味を示しているようだ。 ▽バルセロナのカンテラ出身であるテージョは、エスパニョールを経由し2012年にトップチームで公式戦デビュー。しかし、出場機会を順調に増やすことができず、2014-15シーズンにポルトへレンタル移籍で加入。今シーズンは、2015-16シーズンに続きフィオレンティーナに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入している。 ▽フィオレンティーナでは、これまでセリエA26試合(先発:16試合)に出場し3ゴール3アシストとインパクトのある活躍は見せておらず、ヴィオラも買い取りオプションを行使するかは、まだわかっていない。 2017.03.14 02:57 Tue
twitterfacebook
thumb

好調アタランタが猛攻見せるもフィオレンティーナとゴールレスドロー《セリエA》

▽5日にセリエA第27節のアタランタvsフィオレンティーナが行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽リーグ戦6戦未勝利の4連勝と勢いに乗る4位のアタランタ(勝ち点51)が、2戦未勝利となっている8位のフィオレンティーナ(勝ち点41)をホームに迎えた一戦。立ち上がりから両チームともに縦に素早く攻めるオープンな展開となる中、アタランタは3分に左サイドからのFKでゴール前のA・コンティがバックヘッドで狙うが、GKの正面に飛んでしまった。さらに5分にはボックス左のフロイラーがヒールで流したボールをペターニャが狙うも、逆サイドを狙ったシュートは枠を捉えきれなかった。 ▽勢いに乗るアタランタは6分にボックス右の深い位置まで侵入したペターニャの折り返しに、アレハンドロ・ゴメスが飛び込むが合わせられず。7分に左サイドで裏を取ったアレハンドロ・ゴメスが、カットインから右足を振り抜くも枠を捉えきれなかった。対するフィオレンティーナは、アグレッシブなアタランタに押し込まれ、ボールを奪ってもスタートポジションが低く、すぐにアタランタの網にかかってしまう。33分にはボックス左に侵入したテージョが右足で狙うなど攻撃の形を見せたが、ここはGKベリシャに止められた。 ▽結局前半はゴールレスで終えると、アタランタはハーフタイムでダレッサンドロを下げてグラッシを投入する。しかし最初のチャンスはフィオレンティーナで、50分にヴェシーノがドリブルでマークを剥がしてボックス手前から右足で狙う。しかしここは枠を捉えきれず、フィオレンティーナはチャンスを逸した。アタランタは55分、ボックス手前左の位置でFKを獲得。アレハンドロ・ゴメスがこれを狙うが、クロスバーを越えていった。 ▽迎えた57分、フィオレンティーナは味方選手が放ったシュートのこぼれ球をヴェシーノがバイシクルで合わせて、ついにゴールネットを揺らす。しかしヴェシーノのポジションはオフサイドで、このゴールは認められなかった。以降は再びアタランタが主導権を握る展開となるも、こちらも決定機を作りながら決めきれず。74分にはアレハンドロ・ゴメスのヒールパスがボックス内でこぼれるとフロイラーが狙うが、GKのセーブにあって得点とはならない。 ▽77分にも左サイドから切り崩したアタランタは、ペターニャがニアで合わせるも、ボールはGKに当たってラインを割る前にかき出される。再三再四の攻撃を見せるアタランタだったが、最後までゴールを奪うことはなく試合は終了。勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2017.03.05 22:23 Sun
twitterfacebook
thumb

シュティンドルのハット含む4発でボルシアMGがヴィオラ相手に大逆転突破《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのフィオレンティーナvsボルシアMGが23日に行われ、2-4でボルシアMGが勝利した。この結果、2戦合計スコア3-4でボルシアMGがベスト16へ進出している。 ▽先週アウェイで行われた1stレグを1-0と先勝したフィオレンティーナは、1-2で敗れた直近のミラン戦のスタメンから3選手を変更。主力のベルナルデスキ、バデリ、オリヴェラが先発に戻った。 ▽一方、0-1と先勝を許したボルシアMGは、1-2と競り負けたライプツィヒ戦のスタメンから2選手を変更。ハーンとジョンソンに代えてヘアマンとJ・ホフマンを起用した。 ▽立ち上がりから仕掛けたのはボルシアMG。すると7分には左CKの流れから、ヴェントの左クロスをヘディングで合わせたヴェステルゴーアのシュートが左ポストを叩いた。 ▽しかし15分、ドリブルで中央を持ち上がったベルナルデスキのスルーパスを受けたボックス左のカリニッチが冷静にGKとの一対一を制してフィオレンティーナが先制する。さらに23分にはゴール至近距離からキエーザがシュートに持ち込むもGKゾンマーの好守に阻まれた。 ▽それでも、29分に突き放す。バックパスを受けたヴェステルゴーアがロングボールを蹴ろうとしてまさかの転倒。ルーズボールを拾ったボルハ・バレロが難なくGKとの一対一を制した。 ▽ハーフタイムにかけてはフィオレンティーナが自陣に引いて時間を進めていたものの、42分にボルシアMGが決定機を演出。ショートカウンターからボックス左に侵入したドルミッチのシュートがGKタタルサヌを強襲した。それでも直後、ボックス内でクロスボールに飛び込んだヴェントがオリヴェラに倒されてPKを獲得。これをシュティンドルが決めて1点を返した。 ▽迎えた後半開始2分、ボルシアMGが加点する。右CKの流れからドルミッチがGKタタルサヌを強襲するシュートを浴びせると、ルーズボールをシュティンドルが押し込んだ。 ▽さらに55分、右サイドで得たFKでサインプレーを使うと、グラウンダーのボールをペナルティアーク中央のシュティインドルがダイレクトでシュート。これがゴール左に決まってボルシアMGがアウェイゴール差で逆転に成功した。 ▽勢いの止まらないボルシアMGは続く61分、右CKでショートコーナーを使うと、右サイドゴールライン際からJ・ホフマンの折り返しをクリステンセンがヘッドで叩き込み、2戦合計スコアで4-3とリードを広げた。 ▽これで2点が必要となったフィオレンティーナはバデリに代えてババカルを投入。67分にはイリチッチの直接FKがバーを直撃する決定機を演出するも、それ以降はトーンダウン。ボルシアMGがシュティンドルのハットトリックで逆転突破している。 2017.02.24 06:59 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング