フィオレンティーナ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
9 フィオレンティーナ 30 8 6 5 30 25 5 19

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-01-21
26:00
セリエA
第21節
キエーボ vs フィオレンティーナ
2017-01-28
23:00
セリエA
第22節
フィオレンティーナ vs ジェノア
2017-02-07
28:45
セリエA
第23節
ローマ vs フィオレンティーナ
2017-02-11
28:45
セリエA
第24節
フィオレンティーナ vs ウディネーゼ
2017-02-19
28:45
セリエA
第25節
ミラン vs フィオレンティーナ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.01.15
28:45
セリエA
第20節
フィオレンティーナ 2 - 1 ユベントス
2017.01.11
25:30
コッパ・イタリア
5回戦
フィオレンティーナ 1 - 0 キエーボ
2016.12.22
28:45
セリエA
第18節
フィオレンティーナ 3 - 3 ナポリ
2016.12.18
28:45
セリエA
第17節
ラツィオ 3 - 1 フィオレンティーナ
2016.12.15
28:00
セリエA
第3節
ジェノア 1 - 0 フィオレンティーナ

基本データ

正式名称:ACFフィオレンティーナ

原語表記:ACF Fiorentina S.p.A.

愛称:ビオラ(紫)

創立:2002年

ホームタウン:フィレンツェ

チームカラー:紫

関連ニュース

thumb

ワトフォードがフィオレンティーナFW獲得に興味…31億円のオファーを提示

ワトフォードがフィオレンティーナのFWマウロ・サラテの獲得に向けて、250万ユーロのオファーを出していることが明らかになった。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。<br><br>今冬の移籍市場において、ワルテル・マッツァーリ監督率いるワトフォードはミランのMF本田圭佑の獲得に興味を示しているなどと報道があったが、監督とジーノ・ポッツォ会長との間で意見が割れるなどして、実現に至っていない。<br><br>一方で今回、サラテの名前が挙がった。今シーズンのリーグ戦では、出場がわずか7試合と出場機会に恵まれていない。ワトフォードは獲得のため、250万ユーロ(約31億円)のオファーをフィオレンティーナへ出したと見られているが、フィオレンティーナの希望額は300万ユーロ(約37億円)とされている。<br><br>条件面での開きはあるものの、もし移籍が実現すれば、サラテにとって、1年ぶりのプレミアリーグ復帰となる。今月末へ向けて移籍交渉の動向が注目されるところだ。<br><br>提供:goal.com 2017.01.20 16:40 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング: フィオレンティーナ 2-1 ユベントス《セリエA》

▽セリエA第20節フィオレンティーナvsユベントスが15日にスタディオ・アルテミオ・フランキで行われ、2-1でフィオレンティーナが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽フィオレンティーナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170116_14_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 タタルサヌ 6.0 80分のイグアインのヘディングシュートを好守で阻止 DF 6 C・サンチェス 6.5 本職でないストッパーの位置ながらも好パフォーマンス 2 ゴンサロ・ロドリゲス 6.0 守備を統率。悪癖の軽いプレーが見られなかった 13 アストーリ 6.0 高い集中力を保ってプレー MF 25 キエーザ 6.0 攻守に奮闘。セリエA初ゴールは幻に (→テージョ -) 20 ボルハ・バレロ 5.5 幅広く動いてボールを引き出した (→イリチッチ -) 8 ヴェシーノ 6.5 アンカーの位置から攻撃によく絡んだ 5 バデリ 6.0 攻守のバランスを取り、決勝ゴールをマーク 15 オリヴェラ 6.0 クアドラードの突破を阻んだ FW 10 ベルナルデスキ 6.0 カリニッチと良い距離感を保つ (→クリストーフォロ 6.0) 守備の強度を狙い通りに上げる働きを担った 9 カリニッチ 6.5 ボヌッチとのフィジカル勝負で負けず。先制ゴールを奪った 監督 パウロ・ソウザ 6.5 ユベントスに合わせて3-5-2を採用し、真っ向勝負を挑んで見事に勝利 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170116_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブッフォン 6.0 防げるシュートは止めていた DF 15 バルザーリ 5.5 大崩れせず耐える (→マンジュキッチ -) 19 ボヌッチ 5.0 約1カ月半ぶりの先発復帰。カリニッチに完敗 3 キエッリーニ 5.5 身体を張った対応位を続けた MF 7 クアドラード 5.5 オリヴェラとのマッチアップで優位に立てず 6 ケディラ 5.0 ゴールに絡んだが、なかなかボールに触れず 8 マルキジオ 5.0 [4-2-4]に変更して以降、ボールタッチが増えたものの、存在感が乏しかった (→リンコン -) 27 ストゥラーロ 5.5 球際でハードに戦うもボールが足に付いていなかった (→ピアツァ 5.0) 左ウイングでプレー。1度良い突破があったが、試合に入れず 12 アレックス・サンドロ 6.0 キエーザと好勝負を演じた FW 21 ディバラ 6.0 終盤の決定機を決めたかったが、下がってボールを受けて起点になろうとした 9 イグアイン 6.0 なかなかボールに絡めなかったが、反撃の狼煙を上げる1ゴール 監督 アッレグリ 5.5 何とか追いつこうと超攻撃的布陣に変更したが、届かなかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! カリニッチ(フィオレンティーナ) ▽ヴェシーノも素晴らしい働きぶりだったが、攻撃面以外にも守備への切り替えでも秀逸の働きを見せたカリニッチを選出。 フィオレンティーナ 2-1 ユベントス 【フィオレンティーナ】 カリニッチ(前37) バデリ(後9) 【ユベントス】 イグアイン(後13) 2017.01.16 06:53 Mon
twitterfacebook
thumb

躍動ヴィオラがBBC復帰のユーベを撃破、今季4敗目のユーベはローマと暫定1ポイント差に《セリエA》

▽セリエA第20節フィオレンティーナvsユベントスが15日にスタディオ・アルテミオ・フランキで行われ、2-1でフィオレンティーナが勝利した。 ▽前節ボローニャ戦をイグアインとディバラの揃い踏みでホーム戦26連勝のセリエA記録を樹立した首位ユベントス(勝ち点45)は、4日前に行われたコッパ・イタリアのアタランタ戦をディバラの1ゴール1アシストなどで3-2と逃げ切り勝利。そのアタランタ戦のスタメンから大幅に8選手を変更。発熱のGKブッフォンや負傷明けのアレックス・サンドロら主力が先発に戻り、BBCが約2カ月半ぶりに3バックを形成した。 ▽一方、雪の影響でペスカーラ戦が延期された暫定9位のフィオレンティーナ(勝ち点27)は、コッパ・イタリアのキエーボ戦を主力を投入した中、終了間際のベルナルデスキ弾で勝利。そのキエーボ戦のスタメンから3選手を変更。プレーメーカーのボルハ・バレロが1カ月ぶりに先発に復帰した。 ▽共に[3-5-2]でスタートした一戦。立ち上がりから主導権争いが続く中、フィオレンティーナが圧力を強めていく。まずは7分、ヴェシーノがミドルシュートでGKブッフォンを強襲。さらに10分、飛び出したヴェシーノがボックス左へ進入して左ポストを直撃するシュートを浴びせた。続く11分にはボックス右からキエーザがシュートを放つも、GKブッフォンの好守に阻まれる。 ▽その後もヴェシーノが際どいミドルシュートを放つなど、フィオレンティーナが良いペースで試合を運んでいく。一方、球際へのハードな対応で耐えるユベントスは22分にようやくアレックス・サンドロが枠内シュートに持ち込んだ。 ▽しかし、フィオレンティーナがボールを持つ流れが続く中、37分に均衡を破る。ベルナルデスキのラストパスを受けたボックス右のカリニッチがゴール左へシュートを流し込んだ。劣勢のユベントスは45分にイグアインのボレーシュートが枠を捉えたが、オリヴェラのブロックに阻まれ、1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、最初に決定機を迎えたのはフィオレンティーナ。50分、キエーザのラストパスを受けたカリニッチがボックス右へ進入してシュート。しかし、GKブッフォンのセーブに阻まれた。それでも54分、バデリのフィードが直接ゴールに向かうと、ダイアゴナルランでフリーとなったキエーザの動きにつられたGKブッフォンの反応が遅れてボールを弾き出せず、ゴール右に吸い込まれた。 ▽2点のビハインドを負ったユベントスは58分、左サイドからのケディラの右足クロスがルーズとなると、イグアインが蹴り込んで1点を返した。1点差に詰め寄ったユベントスはストゥラーロに代えてピアツァを左ウイングに投入。システムを[4-2-4]の超攻撃的な布陣へ変更する。 ▽ここから圧力を強めたユベントスに対し、凌ぐフィオレンティーナは76分にベルナルデスキに代えてクリストーフォロを投入して守備の強度を上げていく。 ▽攻めあぐね出したユベントスは80分にバルザーリに代えてマンジュキッチを投入し、さらに攻撃の枚数を増やした。すると直後、左サイドのディバラのFKからイグアインがヘディングシュート。しかし、GKタタルサヌの好守に阻まれた。そして、89分に訪れた決定機もディバラが決めきれずに1-2で敗戦。5試合ぶりの敗戦で今季4敗目を喫し、2位ローマとは暫定1ポイント差となった。 2017.01.16 06:52 Mon
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがアタランタGKスポルティエッロを18カ月の買取りOP付きレンタルで獲得

▽フィオレンティーナは13日、アタランタのイタリア人GKマルコ・スポルティエッロ(24)を2018年6月30日までのレンタルで獲得したことを発表した。なお、買取りオプションが付いているとのことだ。 ▽アタランタの下部組織出身であるスポルティエッロは、2014年1月にトップチームデビュー。2014-15、2015-16シーズンは正GKとして活躍し、今季は一時エトリト・ベリシャに正GKの座を譲っていたが、第14節から再びゴールマウスを守り、10試合に先発していた。 ▽イタリア代表としてはユーロ2016の候補メンバーに選出されているが、デビューは飾れていない。 2017.01.14 02:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第20節プレビュー】後半戦スタート、ヴィオラvsユーベなど上位対決開催

▽2017年初戦となった前半戦最終戦の前節、ユベントスやローマ、ナポリにミラノ勢といった上位陣が順当に勝利を収め、新年初戦を白星で飾った。後半戦のスタートとなる第20節ではフィオレンティーナvsユベントスやトリノvsミラン、ラツィオvsアタランタといった上位対決が開催される。 ▽前節ボローニャ戦をイグアインとディバラの揃い踏みでホーム戦26連勝のセリエA記録を樹立した首位ユベントス(勝ち点45)は、水曜日に行われたコッパ・イタリアのアタランタ戦をディバラの1ゴール1アシストなどで3-2と逃げ切り勝利。イグアインやキエッリーニ、ケディラらを温存できた中、敵地で勝ちきることができるか。 ▽一方、雪の影響でペスカーラ戦が延期された暫定9位のフィオレンティーナ(勝ち点27)は、水曜日に行われたコッパ・イタリアのキエーボ戦を主力を投入した中、終了間際のベルナルデスキ弾で勝利。プレーメーカーのボルハ・バレロの先発復帰が予想されている中、王者撃破となるか。 ▽スーペル・コッパを制して勢いに乗る暫定5位のミラン(勝ち点36)は、月曜日にミハイロビッチ監督率いる8位トリノ(勝ち点29)とのアウェイ戦に臨む。公式戦12試合ぶりに生まれたバッカの終盤ゴールで前節カリアリ戦を1-0と辛勝したミランは、木曜日にコッパ・イタリアで戦ったトリノとの再戦となる。そのコッパ・イタリアではバッカやロカテッリ、ニアンにロマニョーリらを温存した中、ボナヴェントゥーラの1ゴール1アシストで逆転勝利。今季の1stマッチでも3-2と競り勝ったミランがトリプルとなるか。 ▽また、日曜日にはラツィオvsアタランタの上位対決が開催される。最下位クロトーネに終了間際のインモービレ弾で辛勝した4位ラツィオ(勝ち点37)は、1週間の調整期間を経て戦えるアドバンテージを生かして上位キープとしたい。一方、6位アタランタ(勝ち点35)は水曜日にユベントスとコッパ・イタリアを戦って2-3と惜敗。ガリアルディーニがインテルへ移籍した上、アレハンドロ・ゴメスを温存した以外はほぼ主力を投入したディスアドバンテージを跳ね返せるか。 ▽難所ルイジ・フェラリスでのジェノア戦を1-0と辛勝した2位ローマ(勝ち点41)は、11位ウディネーゼ(勝ち点25)とのアウェイ戦に臨む。デ・ロッシとリュディガーを出場停止で欠くローマは守備陣の層に難を抱える中、インテルに善戦しながらも逆転負けしたウディネーゼを制してユベントスにプレッシャーをかけたい。 ▽終了間際のトネッリの移籍後初ゴールでサンプドリアに競り勝った3位のナポリ(勝ち点38)は、最下位ペスカーラ(勝ち点9)とのホーム戦に臨む。火曜日に行われたコッパ・イタリアのスペツィア戦ではメルテンスやハムシク、アランら主力を温存した中、3-1と快勝。最下位チームを確実に下して2強を追走したい。 ▽前節ウディネーゼに苦戦しながらもペリシッチのドッピエッタで辛くも逆転勝利を収めて4連勝とした7位インテル(勝ち点33)は、10位キエーボ(勝ち点25)とのホーム戦に臨む。今季の1stマッチで0-2と敗れた相手にリベンジを目指す。 ◆セリエA第20節 ▽1/14(土) 《26:00》 クロトーネ vs ボローニャ 《28:45》 インテル vs キエーボ ▽1/15(日) 《20:30》 カリアリ vs ジェノア 《23:00》 ラツィオ vs アタランタ サンプドリア vs エンポリ ナポリ vs ペスカーラ サッスオーロ vs パレルモ ウディネーゼ vs ローマ 《28:45》 フィオレンティーナ vs ユベントス ▽1/16(月) 《28:45》 トリノ vs ミラン 2017.01.13 18:00 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング