クリスタル・パレス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 クリスタル・パレス 38 11 5 18 46 54 -8 34

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-29
25:30
プレミアリーグ
第35節
クリスタル・パレス vs バーンリー
2017-05-06
20:30
プレミアリーグ
第36節
マンチェスター・シティ vs クリスタル・パレス
2017-05-14
20:00
プレミアリーグ
第37節
クリスタル・パレス vs ハル・シティ
2017-05-21
23:00
プレミアリーグ
第38節
マンチェスター・ユナイテッド vs クリスタル・パレス

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.26
28:00
プレミアリーグ
第28節
クリスタル・パレス 0 - 1 トッテナム
2017.04.23
24:30
プレミアリーグ
第34節
リバプール 1 - 2 クリスタル・パレス
2017.04.15
23:00
プレミアリーグ
第33節
クリスタル・パレス 2 - 2 レスター・シティ
2017.04.10
28:00
プレミアリーグ
第32節
クリスタル・パレス 3 - 0 アーセナル
2017.04.05
27:45
プレミアリーグ
第31節
サウサンプトン 3 - 1 クリスタル・パレス

基本データ

正式名称:クリスタル・パレス FC

原語表記:Crystal Palace FC

愛称:クリスタル・パレス

創立:1905年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:赤、青

関連ニュース

thumb

クリスタル・パレスDFサコーがじん帯を負傷で今季終了か…

▽クリスタル・パレスのフランス代表DFママドゥ・サコーがじん帯を負傷したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽リバプールからのレンタル移籍でクリスタル・パレスに加入しているサコーは、26日に行われたプレミアリーグ第28節延期分のトッテナム戦に先発で出場した。しかし57分に、ハリー・ケインと交錯してピッチに倒れ込み、そのまま担架で運び出されて交代となった。 ▽試合後、クリスタル・パレスのサム・アラダイス監督が、サコーの状況について言及。検査結果は出ていないものの、じん帯を負傷した可能性が高いと述べた。 「おそらくじん帯の損傷だろう。現時点では詳しい情報は入っていない。十字じん帯でないことを願っているが、まだわからない。ヒザの負傷かもしれないし、今は検査結果を待つしかない」 ▽なお、サコーは2月25日に行われたプレミアリーグ第26節のミドルズブラ戦で、クリスタル・パレスデビューを果たし、4月15日に行われた第33節のレスター・シティ戦まで7試合にフル出場。23日の第34節リバプール戦は契約上出場できず、トッテナム戦は2試合ぶりのスタメン出場となっていた。『スカイ・スポーツ』によると、仮にじん帯の損傷だった場合は、今シーズン絶望の可能性があると報じている。 2017.04.27 12:10 Thu
twitterfacebook
thumb

トッテナムがエリクセンのゴラッソでリーグ戦8連勝! 首位チェルシーの追走に成功!!《プレミアリーグ》

▽トッテナムは26日、プレミアリーグ第28節延期分でクリスタル・パレスの本拠地セルハースト・パークに乗り込み、1-0で勝利した。 ▽3月12日に行われたFAカップ準々決勝にトッテナムが出場したため、順延となっていた一戦。リーグ戦7連勝中の2位トッテナム(勝ち点71)は、直近に行われたFAカップ準決勝のチェルシー戦からスタメンを2人変更。ソン・フンミンとトリッピアーに代えてウォーカーとベン・デイビスをスタメンで起用した。 ▽拮抗した立ち上がりの中、最初のチャンスはクリスタル・パレスに生まれる。14分、GKヘネシーのゴールキックを前線のベンテケが頭で繋ぐと、バイタルエリア左で受けたタウンゼントが粘り強いキープからラストパス。中央に走り込んだベンテケがペナルティアーク右からシュートに持ち込んだが、ボールはGKロリスがキャッチした。 ▽ボール支配率でクリスタル・パレスを上回るも、決定的なフィニッシュの形が作れないトッテナムは29分、エリクセンとのワンツーで抜け出したウォーカーがボックス右深くからクロスを供給。これは相手DFのブロックに阻まれるも、セカンドボールに反応したエリクセンがゴール右からシュート。だが、シュートはGKヘネシーにキャッチされた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、トッテナムはワニャマとデンベレを下げてムサ・シッソコとソン・フンミンを投入する2枚替えを敢行。対するクリスタル・パレスは、54分にケインと交錯したサコーが右足を痛めると、そのまま担架でピッチを後に。直後にディレイニーをスクランブル投入した。 ▽すると、その直後にトッテナムに後半最初の決定機が生まれる。58分、エリクセンのパスを右サイドで受けたウォーカーのクロスをファーサイドから走り込んだデレ・アリが左足で合わせるも、これはわずかにゴール右に逸れる。 ▽後半に入って完全に試合の主導権を握ったトッテナムは78分に待望の先制点が生まれる。バイタルエリア中央手前でケインからのパスを受けたエリクセンが前を向くと、ロングシュート。無回転気味の強烈なシュートはそのままゴール左隅に突き刺さった。 ▽その後も一方的に押し込んだトッテナムは、クリスタル・パレスの枠内シュートを前半の1本に抑えて勝利。リーグ戦の連勝を8に伸ばし、首位チェルシーの追走に成功している。 2017.04.27 06:47 Thu
twitterfacebook
thumb

レンタル移籍の身でベンテケのゴール祝い非難殺到のサコーが釈明、「何かを意図したものではなかった」

▽クリスタル・パレスに所属する元フランス代表DFママドゥ・サコーが、レンタル元のリバプールとの対戦でベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケのゴールを祝った一件に関して説明している。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 ▽現在、リバプールからのレンタル移籍でパレスに在籍しているサコーは、23日にアンフィールドで行われた古巣との一戦を契約上の問題で欠場。だが、古巣と残留争いに身を置くパレスの一戦を観戦するため、チームに帯同し、スタンドから観戦していた。 ▽この試合では今シーズンにリバプールからパレスに完全移籍したベンテケの2ゴールでパレスが2-1の逆転勝利を収めたが、物議を醸したのがベンテケがゴールを決めた際に、ピッチサイドに出てきたサコーとハンドシェイクでゴールセレブレーションを行ったことだった。 ▽完全移籍のベンテケは、ともかくレンタル移籍中のサコーがアンフィールドでゴールを祝ったことに対して、SNS上を中心にリバプールファンが激怒していた。 ▽サコーは、今回の行動がリバプールで構想外となっていることに対しての腹いせではなく、意図せずに普段からベンテケとやっているゴール後のルーティーンを行ってしまったと釈明した。 「クリスティアンがゴールを決めたとき、僕は所属するクラブ(リバプール)とファンに敬意を表して祝福したくないので座っていたんだ」 「だけど、彼が僕の方に近づいてきたので、僕たちが普段から友人同士でやっているハンドシェイクをしてしまったんだ」 「あの行為に関して、何の意図もないし、暗示するものもなかった。僕たちは同じチームのためにプレーしている友人同士で、同じ目標を持っている。そして、チームがプレミアに残留するため、すべてのゲームで勝ち点3を獲得しようと戦っているだけなんだ」 ▽リバプールに対して、悪意を持っていたわけではないと釈明したサコーだが、さすがに本拠地アンフィールドではまずかった。現在、パレスで印象的なパフォーマンスを披露しているものの、来シーズンにアンフィールドでリバプールのユニフォームを着てプレーする可能性は低そうだ。 2017.04.25 02:13 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールに金星のアラダイス監督「我々は彼らの弱点を何度も露見させた」

▽23日に行われたプレミアリーグ第34節で、リバプールを2-1で下したクリスタル・パレス。サム・アラダイス監督は、敵地での勝利に喜びを露わにしている。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。 ▽15位のC・パレスは、残留に向けて敵地でもポイントを落とせない状況の中、24分にMFフィリペ・コウチーニョの直接FK弾を浴びて先制を許すも、42分に元リバプールのFWクリスティアン・ベンテケが決めて同点に。後半にも、74分にベンテケが加点し、見事に逆転勝利を決めた。 ▽この勝利により、C・パレスは12位に浮上。残留に向けて大きな勝ち点3を手にしたアラダイス監督は、以下のように試合を振り返った。 「今日は終始、我々が戦術的に優れていたね。限られたポゼッションで、リバプールの弱点を露わにしたんだ。何度も何度もね。そして最後には0-1から逆転することができた」 「私は選手たちを本当に誇りに思っているよ。彼らは守り抜き、リバプールの守備の弱点を突いたんだ。結局、相手は対処することができなかったね」 ▽さらにアラダイス監督は、リバプールの守備の脆さについても言及した。 「ホームのリバプールは、全てのDFが攻撃に参加する素晴らしいフットボールをしている。アーセナルに似ているね。でもそれは危険な状態をさらけ出しているんだ。後ろの空いたスペースに選手を走らせれば、二人の大柄な男(DFジョエル・マティプとDFデヤン・ロブレン)は、それを対処することに慣れてないからね」 「知ってのとおり、コーナーキックもリバプールの大きな弱点だ。彼らは既にコーナーから6失点していたからね」 「そして今、我々に勝利を捧げる7失点目をしたんだ」 2017.04.24 15:22 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールがコウチーニョのFK弾で先制もベンテケの2発に沈む…《プレミアリーグ》

▽リバプールは23日、プレミアリーグ第34節でクリスタル・パレスとアンフィールドで対戦し、1-2の敗戦を喫した。 ▽リーグ戦7戦無敗の2連勝と勢いに乗る3位のリバプール(勝ち点66)が、15位のクリスタル・パレス(勝ち点35)を迎えた一戦。[4-3-3]のフォーメーションを敷くリバプールは、GKミニョレがゴールマウスを守り、バックラインはクライン、マティプ、ロブレン、ミルナーを配置。中盤はルーカス・レイバ、カン、ワイナルドゥムとなり、前線はオリジ、フィルミノ、コウチーニョとなった。 ▽試合はバックラインから組み立てるリバプールがポゼッションを握る。アンカーに入るルーカス・レイバがバックラインに降りて、両サイドバックは高い位置を取りながらクリスタル・パレスを押し込む。3分には左サイドの高い位置でボールを受けたミルナーのクロスにワイナルドゥムが飛び込むなど、狙いの形を見せた。 ▽その後もポゼッションを握って押し込んでいくリバプールだが、クリスタル・パレスがディフェンスの際に[5-4]の2ラインを自陣で敷いて構えるため、フィニッシュまで持ち込める場面は少ない。また、16分にはカウンターを狙うがワイナルドゥムがボールのコントロールを誤り、こぼれ球を拾ったコウチーニョもシュートではなくパスを選択。攻め上がったミルナーのクロスは相手に当ててしまい、シュートまで持ち込めなかった。 ▽さらに21分にはかつてリバプールでプレーしたベンテケが、一人で持ち込んでシュートを放つなど、クリスタル・パレスは少ないチャンスをシュートで終わらせていく。しかし24分、コウチーニョが仕掛けてボックス手前の位置でFKを獲得。コウチーニョ自身が直接狙うと、壁を越えた鋭いシュートがゴールマウス左隅を揺らして、優勢だったリバプールが先制点を奪った。 ▽クリスタル・パレスは40分、ベンテケがボックス内でボールをキープしようとしたところにロブレンがチャージ。ベンテケが倒れてレフェリーの笛が吹かれるも、判定はベンテケのシミュレーションでイエローカードが提示された。 ▽しかし42分、右サイドで裏を取ったキャバイエが、低く鋭いクロスをゴール前に入れると、走り込んだベンテケが難なくプッシュ。ベンテケはゴールセレブレーションを見せず。クリスタル・パレスが同点として前半を終えた。 ▽両チーム交代なしで迎えた後半は、クリスタル・パレスが前掛かった入りを見せるも、最初のチャンスはリバプール。50分にルーカス・レイバの縦パスからコウチーニョが右足を振り抜くが、このシュートは大きく枠を越えてしまった。52分にもコウチーニョがドリブルで仕掛けてシュート。しかしここはトムキンスが体を張ったブロックを見せて枠に飛ばせない。 ▽リバプールは59分にもルーカス・レイバの縦パスから、抜け出したフィルミノがGKヘネシーと一対一を迎えるが、一瞬早くGKヘネシーがボールに触ってこのチャンスも活かせない。クリスタル・パレスも72分にボックス内でベンテケがバイシクルで入れたボールをキャバイエが押し込みにかかるが、クロスバーを越えるなどこちらもチャンスを決めきれず。 ▽しかし74分、右CKのチャンスでベンテケが低い弾道のクロスを頭で合わせる。するとこれがネットを揺らし、クリスタル・パレスが試合をひっくり返した。クリスタル・パレスは78分にザハを下げてファン・アーンホールトを送り出す。追いかける形となったリバプールもロブレンを下げてアーノルドを送り出すなど、両チームともにベンチワークが激しくなる。 ▽アンフィールドで負けられないリバプールだが、焦りからか効果的な攻撃を見せられない。アディショナルタイムは6分あったが、フラストレーションを溜めるリバプールは、同点に追いつくことはできずに試合終了。クリスタル・パレスが、ベンテケの2発でまたも上位チームから勝ち点を奪った。 2017.04.24 02:28 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング