クリスタル・パレス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 クリスタル・パレス 5 1 2 9 6 24 -18 12

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-11-25
24:00
プレミアリーグ
第13節
クリスタル・パレス vs ストーク・シティ
2017-11-28
28:45
プレミアリーグ
第14節
ブライトン vs クリスタル・パレス
2017-12-02
24:00
プレミアリーグ
第15節
WBA vs クリスタル・パレス
2017-12-09
24:00
プレミアリーグ
第16節
クリスタル・パレス vs ボーンマス
2017-12-12
29:00
プレミアリーグ
第17節
クリスタル・パレス vs ワトフォード

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.11.18
24:00
プレミアリーグ
第12節
クリスタル・パレス 2 - 2 エバートン
2017.11.05
21:00
プレミアリーグ
第11節
トッテナム 1 - 0 クリスタル・パレス
2017.10.28
23:00
プレミアリーグ
第10節
クリスタル・パレス 2 - 2 ウェストハム
2017.10.21
23:00
プレミアリーグ
第9節
ニューカッスル 1 - 0 クリスタル・パレス
2017.10.14
23:00
プレミアリーグ
第8節
クリスタル・パレス 2 - 1 チェルシー

基本データ

正式名称:クリスタル・パレス FC

原語表記:Crystal Palace FC

愛称:クリスタル・パレス

創立:1905年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:赤、青

関連ニュース

thumb

戻ってこいよ! ウィリアンが武者修行のチェルシー有望株に声かけ

▽チェルシーに所属するブラジル代表FWウィリアンが有望株のスタンフォード・ブリッジ帰還を望んだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽ウィリアンの声がかかったのは、チェルシーからクリスタル・パレスにレンタル移籍中のMFルーベン・ロスタフ=チークだ。ロスタフ=チークは、チェルシー育成機関出身で、2014年の当時18歳でトップチームデビューを果たした有望株。だが、チェルシーで出場機会に恵まれず、今シーズンからクリスタル・パレスでプレーしている。 ▽そのロスタフ=チークは、この代表ウィークでドイツ代表とブラジル代表との国際親善試合に臨むイングランド代表に初招集。10日に行われたドイツ戦にフル出場し、A代表デビューを飾った。ウィリアンは、そのロスタフ=チークについて次のように言及。チェルシー復帰を希望した。 「何故、クリスタル・パレスにいるのかがわからない。戻ってこないとね!」 「彼はとても良い選手。強くて、クオリティもある。大きな未来が待っているはずだよ」 2017.11.16 11:10 Thu
twitterfacebook
thumb

サンチェス代役はザハ? アーセナル、52億円でC・パレスのエース強襲か

▽アーセナルが、クリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(25)の獲得を狙っているという。イギリス『サン』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、アーセナルは今シーズン限りでクラブとの契約が切れるチリ代表FWアレクシス・サンチェスの後釜としてザハに興味。同選手に高い評価をつけるアーセン・ヴェンゲル監督は3500万ポンド(約52億4000万円)の移籍金で獲得に動くと言われている。 ▽だが、ザハは今夏、新たに5年契約にサインしたばかり。さらに『サン』によれば、お隣のトッテナムも関心を示しているようで、獲得は簡単にはいかないかもしれない。 ▽クリスタル・パレスの下部組織出身のザハは2013年にマンチェスター・ユナイテッドに移籍した。しかし、クリスタル・パレスやカーディフへのレンタル移籍が続き、インパクトを残せず、2015年にクリスタル・パレスに復帰。今シーズンはケガで出遅れたが、プレミアリーグ5試合で2ゴールをマークしている。 2017.11.12 17:50 Sun
twitterfacebook
thumb

代表初キャップが期待されるロフタス=チーク、今夏を振り返り「チェルシーを出たいと思っていた」

▽イングランド代表MFルベン・ロフタス=チークが今夏の移籍市場を振り返り、チェルシー退団の真相を明らかにした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽チェルシーのアカデミーで育ったロフタス=チークは、2014年12月のチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージで対戦したスポルティング戦でトップチームデビューを果たした。その後もチェルシーに留まっていたが出場機会を得られず。今シーズンはクリスタル・パレスに期限付き移籍で加入すると、ここまで7試合に出場している。 ▽するとイングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督は、ドイツ代表、ブラジル代表と対戦する同代表のメンバーにロフタス=チークを抜擢。10日に行われるドイツ戦では早くも代表初出場に期待がかかる。 ▽大きな期待を背負っている同選手は、インタビューに応じて今夏の移籍市場でチェルシーを退団する考えを持っていたことを明らかにしている。 「僕には明確なビジョンがあって、だからこそチェルシーから出たいと強く思っていた。僕には出場機会が必要だったし、それならばチェルシーを離れるしかなかった。クラブと話し合って合意したんだ」 「トレーニングばかりではそれほど大きく成長することはできない。試合とトレーニングは別物なんだ。僕が次のレベルに達するためにも、試合でプレーすることが大事だと思っていた。最善の決定だったと思っているよ」 2017.11.10 18:53 Fri
twitterfacebook
thumb

負傷者続出スパーズが最下位パレスに辛勝! ソニー弾にデビュー戦の第3GKガッサニーガが奮闘!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第11節、トッテナムvsクリスタル・パレスのロンドン・ダービーが5日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが1-0で勝利した。 ▽前節、マンチェスター・ユナイテッドとの上位決戦を0-1で落とした3位トッテナム(勝ち点20)だが、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではレアル・マドリー相手に3-1の完勝を収め、2節を残して決勝トーナメント進出を果たした。この大きな勝利で公式戦の連敗をストップしたチームは、インターナショナルウィーク前最後の一戦でパレスとのダービーに臨んだ。 ▽だが、この試合に向けてはマドリー戦で負傷した守護神ロリス、アルデルヴァイレルトの守備陣の主力2人に加え、セカンドGKフォルム、マドリー撃破の立役者デレ・アリがヒザとハムストリングのケガで欠場する緊急事態が発生。これを受けて、ポチェッティーノ監督は今夏加入のアルゼンチンGKガッサニーガをデビューさせたほか、マドリー戦から5選手を変更。ローズが今季リーグ初先発を飾り、前線はケイン、ソン・フンミンのコンビとなった。 ▽やや押し込まれる入りとなったホームのトッテナムだが、徐々に相手を押し返す。開始9分にダービーキングのケインが強烈なミドルシュートを放つと、その後はオーリエとローズの両翼を起点にピッチの幅を使った攻撃で相手守備陣に揺さぶりをかける。 ▽その後もトッテナムがボールを保持して押し込む時間が続くが、守備時にほぼ全員が自陣に引いて中央を固めるパレスの守備を崩し切れない。31分にはオーリエが右サイドで上げたクロスをボックス左に走り込んだローズがダイビングヘッド、35分にはローズの折り返しのこぼれ球をゴール前のケインが頭で合わすが、いずれも枠を外れる。 ▽逆に、36分にはパレスの右CKからファーサイドで競り勝ったダンに枠の右隅を捉えた決定的なヘディングシュートを許すが、ここはGKガッサニーガが見事なワンハンドセーブでかき出しDFヴェルトンゲンがクリアして事なきを得る。ハーフタイム直前にはヴェルトンゲン、ウィンクスとミドルレンジのシュートでゴールに迫ったものの、ダービーはゴールレスで折り返した。 ▽迎えた後半、前半途中に足首を痛めていたウィンクスに代えてデンベレをハーフタイム明けに投入したトッテナムだが、立ち上がりの47分にオーリエのパスミスからタウンゼントの独走を許してピンチを招くが、ここはGKガッサニーガの好守で凌ぐ。 ▽その後は拮抗した展開が続く中、57分には再びオーリエのミスからタウンゼントのスルーパスに抜け出したザハに対して、GKガッサニーガの飛び出しが遅れて絶体絶命のピンチも、ここは相手のシュートミスに救われる。 ▽連戦による疲労と一部主力不在の影響でらしくないバタバタした展開が続くトッテナムだが、64分に待望の先制点を奪う。波状攻撃からボックス中央のケインが起点を作ってローズがシュート。この跳ね返りをムサ・シッソコが折り返してこぼれたボールがボックス手前中央のソン・フンミンの足元に。これを韓国代表FWが見事な左足のコントロールシュートでゴール左隅に流し込んだ。なお、このゴールでプレミア通算20ゴール達成のソン・フンミンは、元韓国代表MFパク・チソン氏を抜きアジア人最多得点記録を樹立した。 ▽ソン・フンミンの値千金の先制点でリードを手にしたトッテナムだが、以降もパレスの粘りに遭い、思うようにゲームをコントロールし切れない。76分にはウィンクス同様に前半相手に削られていたケインを下げてジョレンテを投入する。 ▽82分にはヴェルトンゲンのボール奪取からカウンターに転じたソン・フンミンがボックス左に持ち込み、ファーを匂わせつつニアを狙ったシュートを放つが、これは惜しくもサイドネット。直後にもエリクセンのスルーパスに抜け出した韓国代表に決定機も、ここはシュートを打ち切れない。 ▽その後、ゲームコントロール優先の試合運びでパレスの反撃をしのぎ切ったトッテナムが、最下位相手のダービーに1-0で辛勝。多くの負傷者に苦しみながらもきっちり勝ち切り、代表ウィーク明けの次節にアーセナルとのノースロンドン・ダービーに臨むことになった。 2017.11.05 23:01 Sun
twitterfacebook
thumb

昨季王者チェルシーが最下位相手に敗れまさかの連敗・・・パレスは今季初得点&初勝利! 《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第8節のクリスタル・パレスvsチェルシーが14日に行われ、2-1でホームのクリスタル・パレスが勝利した。 ▽前節のマンチェスター・シティ戦で0-1の敗北を喫したチェルシーは、リーグ序盤ではあるものの、順位を4位に落としている。さらに、好調であったFWアルバロ・モラタがその試合で負傷する不運に見舞われると、代表ウィーク中にはチームの心臓であるMFエンゴロ・カンテも負傷。アクシデントの重なっているチェルシーは、この試合に向けて前節からスタメンを4名変更し、リュディガー、A・クリステンセン、カンテ、モラタに代えて、D・ルイス、モーゼス、ウィリアン、バチュアイをスタメンで起用した。 ▽試合は波乱の幕開けとなった。フィニッシュまで持ち込む形は多くなかったものの、ややパレスがボールを保持する時間が続く。すると11分、右サイド深い位置に侵攻したタウンゼントが低いクロスを供給。ボックス中央のキャバイエがワントラップしてシュートを放つと、これがDFアスピリクエタに当たり、GKクルトワの虚を突き、ゴールに吸い込まれた。 ▽パレスが相手のオウンゴールによって、第8節にして今季プレミア初ゴールを奪ったのも束の間、18分にはチェルシーが追いつく。右CKのキッカーをセスクが務めると、ニア付近に高い弾道のクロスを供給。マークを剥がして飛び上がったバカヨコが頭で叩きつけ、ネットを揺らした。 ▽一気に追い上げムードとなったチェルシーだったが、逆転弾を奪えずにいると、40分に負傷者を出してしまう。ピッチをランニングしていたモーゼスが、ヒザを抑えて突然座り込む。結局、プレー続行不可の判断となり前半のうちにザッパコスタとの交代を余儀なくされることとなった。 ▽チェルシーに嫌なムードが漂い始めると、前半終了間際にパレスに勝ち越し弾が生まれる。ボックス手前やや左でウィリアンからボールを奪ったサコーが、そのままスルーパス。ボックス内で受けたザハがワントラップでDFをかわし、GKクルトワとの一対一を制した。 ▽パレスのリードで迎えた後半も、チェルシーはバランスを崩す戦い方はせず。パレスもやや引き気味となると、試合はこう着状態となる。得点の欲しいチェルシーは、57分にバチュアイを下げて経験豊富なペドロを投入し巻き返しを図った。 ▽しかし、チェルシーは守備を固めるパレスの牙城を崩すことができない。61分には、右CKの場面で再びセスクがバカヨコをターゲットにするも、前半の得点と同じパターンにパレスDFは厳しくマーク。シュートは枠に飛ばせない。 ▽さらに63分には、セスクのフライパスに反応したザッパコスタが巧みな裏抜けでGKとの一対一の場面を迎えたが、オフサイドの判定となる。ゴールの遠いチェルシーはその後もチャンスを掴めず。 ▽結局、試合はパレスがリードを保ったまま終了。この結果、パレスは第8節にして今シーズン初勝利を手にすることに。対するチェルシーは、最下位相手にまさかの敗戦を喫し、今季初の連敗を喫することとなった。 2017.10.15 01:33 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング