クリスタル・パレス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 クリスタル・パレス 44 11 11 16 45 55 -10 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.05.13
23:00
プレミアリーグ
第38節
クリスタル・パレス 2 - 0 WBA
2018.05.05
20:30
プレミアリーグ
第37節
ストーク・シティ 1 - 2 クリスタル・パレス
2018.04.28
23:00
プレミアリーグ
第36節
クリスタル・パレス 5 - 0 レスター・シティ
2018.04.21
23:00
プレミアリーグ
第35節
ワトフォード 0 - 0 クリスタル・パレス
2018.04.14
23:00
プレミアリーグ
第34節
クリスタル・パレス 3 - 2 ブライトン

基本データ

正式名称:クリスタル・パレス FC

原語表記:Crystal Palace FC

愛称:クリスタル・パレス

創立:1905年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:赤、青

関連ニュース

thumb

C・パレスが“リーガ最高の1人”ヘタフェGKグアイタを3年契約で獲得!

▽クリスタル・パレスは6月8日、ヘタフェからスペイン人GKビセンテ・グアイタ(31)を獲得したことを発表した。契約期間は7月1日からの3年間となっている。 ▽日本代表MF柴崎岳の所属するヘタフェの正守護神であるグアイタは、2014年夏にフリートランスファーでバレンシアから加入。今シーズンはリーガエスパニョーラ34試合に出場すると、チームの総失点をアトレティコ・マドリー、バルセロナに続きリーガ3位となる33失点に抑え、躍進に大きく貢献していた。 ▽今年の夏でヘタフェとの契約が切れるグアイタの獲得に関してはワトフォードが興味を示していたことも報じられていたが、争奪戦はクリスタル・パレスが制したようだ。クリスタル・パレスのチェアマンを務めるスティーブ・パリッシュ氏は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 「リーガのベストゴールキーパーの1人と契約できて、私たちは大いに喜んでいるし、争奪戦を制すことができて満足だ。ビセンテ(・グアイタ)がプレシーズントレーニングから参加し、プレミアリーグでの挑戦を助けてくれることを楽しみにしている」 2018.06.08 20:10 Fri
twitterfacebook
thumb

シティ、ザハ獲得に74億円準備か

▽マンチェスター・シティが、巨額の移籍金を用いてクリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(25)獲得を目指しているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽若くして将来を嘱望されていたザハは、2013年にC・パレスからユナイテッドに移籍。しかし、ユナイテッドではほとんど出場機会を得ることができず、2015年にC・パレスに復帰した。すると今シーズンはプレミアリーグ28試合8ゴール5アシストの活躍を披露。クリスタル・パレスは最終節を前に11位につけており、ザハはクラブが好順位でリーグを駆け抜けた原動力と評されている。 ▽そんなザハには、アーセナルやチェルシーといったビッグクラブからの関心が取り沙汰されるようになり、特に根強いのがシティだ。 ▽『ミラー』によると、シティはザハ獲得に移籍金5000万ポンド(約74億円)を準備。もしシティで活躍するとなれば、2013年当時1500万ポンド(約22億円)で獲得していたユナイテッドにとっては面白くない話となるかもしれない。 2018.05.13 20:25 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミア4月の月間MVP&監督はC・パレスFWザハとWBA暫定指揮官ムーア監督が共に初受賞!

▽プレミアリーグは9日、2018年4月の月間最優秀選手&監督賞を発表し、クリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハとWBAを指揮するダレン・ムーア暫定監督がいずれも初受賞を果たした。 ▽『EA SPORTS Player of the Month』と冠される4月のプレミアリーグ月間最優秀選手賞に輝いたのは、4月開催のリーグ戦4試合で4ゴール1アシストを記録したザハだった。 ▽今回の最優秀選手候補にはアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンやトッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバらも選出されていたが、最多4ゴールでパレスの残留に貢献したザハが初選出された。 ▽なお、パレスにとっては2004年10月に元イングランド代表FWアンドリュー・ジョンソンが受賞して以来、約13年半ぶりの同賞受賞となった。 ▽また、8日に発表されていた最優秀監督賞は暫定指揮官として最下位WBAを2勝2分けに導いたムーア監督となった。WBAは4月の4試合でマンチェスター・ユナイテッドとのアウェイゲームで大金星を挙げると、リバプールとのホームゲームでも2-2のドローと大健闘を見せた。しかし、ムーア監督が受賞を果たした同じ日にチャンピオンシップ(イングランド2部)降格が決定した。 2018.05.10 00:05 Thu
twitterfacebook
thumb

C・パレス、生え抜きのU-20イングランド代表MFワン=ビッサカと2022年までの新契約締結!

▽クリスタル・パレスは19日、U-20イングランド代表MFアーロン・ワン=ビッサカ(20)との契約を2022年まで延長したことを発表した。 ▽クリスタル・パレスの下部組織出身のワン=ビッサカは、2016年7月にセカンドチームのクリスタル・パレスU-23に昇格すると、2018年1月にトップチームに昇格。ここまでプレミアリーグで6試合に出場している。 ▽また、DRコンゴとイングランドの二重国籍を持つワン=ビッサカは、U-20カテゴリーからイングランドの世代別代表でプレーしてきた。 2018.04.20 00:02 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、格下に先制許すもサラーの今季29点目で逆転勝利! CLシティ戦に弾み《プレミアリーグ》

▽リバプールは31日、セルハースト・パークで行われたプレミアリーグ第32節でクリスタル・パレスと対戦し、2-1で逆転勝利した。 ▽インターナショナルウィーク突入前に行われたワトフォード戦をサラーの4ゴールなどで快勝した暫定3位のリバプールは、連勝を狙う中断明けの初戦で暫定16位のパレスとのアウェイゲームに臨んだ。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのマンチェスター・シティ戦を控えるクロップ監督は、いずれも負傷のジョー・ゴメスとジャンに代わってアーノルドとミルナーを起用した以外ベストメンバーを起用した。 ▽立ち上がりからリバプールが圧倒していく入りが予想された中、ホームのパレスが積極的な入りを見せる。8分にはキャバイエのスルーパスに抜け出したザハがループシュートを狙うが、これはGKカリウスのセーブで難を逃れる。しかし、13分にはロングボールをデンベレが競り勝って裏に抜け出したザハに対して、飛び出しが遅れたGKカリウスがアフター気味に倒してしまい、パレスがPKを獲得。これをキッカーのミリボイェビッチが冷静に左隅へ決めた。 ▽格下相手に先制を許したリバプールは15分と23分には続けてフィルミノがシュートを放つが相手GKのセーブに遭う。さらに24分にはボックス内で仕掛けたマネが相手DFとの交錯で倒れ込むが、ここはマネのシミュレーションを取られて逆にイエローカードをもらうことに。 ▽その後もマネの鋭い仕掛けを起点にサイドで相手を揺さぶりながらサラーやフィルミノらが続けてフィニッシュに絡んでいくが、ベンテケ1人を前線に残して全員が自陣で堅固なブロックを形成する相手の守備を崩し切れず、リバプールは前半を1点ビハインドで終えた。 ▽しかし、迎えた後半の立ち上がりにリバプールがあっさりと同点に追いつく。49分、右サイドから切り込んだサラーがボックス左の味方へ浮き球のパスを展開。ここでフィルミノとのパス交換からボックス左ゴールライン際でミルナーが速いボールで折り返すと、これをマネがワンタッチで流し込んだ。 ▽最高の時間帯に追いついたリバプールだが、ここで一息付いてしまったのか、パレスの反撃を許す展開に。58分にはタウンゼントのヘディングパスに反応したゴール前のベンテケ、直後の59分にはDFファン・ダイクの不用意なボールロストから再びタウンゼントにゴール付近まで侵攻され、ベンテケへのラストパスを許す。しかし、ここはベンテケのシュート精度の低さに助けられる。さらに62分には競り合いの場面で相手のファウルとセルフジャッジしたマネがインプレーでボールを手で掴みあわや2枚目の警告で退場というシーンを招くが、ここは主審がカードを掲示せず、事なきを得た。 ▽この状況を受けてクロップ監督は退場の恐れがあるマネ、ワイナルドゥムに代えてチェンバレン、ララナを同時投入する。だが、ララナが投入直後にハムストリングを痛めてしまい、プレー続行不可能に。この緊急事態にドイツ人指揮官はロブレンを投入し、システムを3バックに変更した。 ▽試合終盤にかけても拮抗した状況が続く中、頼れるエースがリバプールに待望の逆転ゴールをもたらす。84分、右サイドでチェンバレンが入れたクロスをボックス左のロバートソンがダイレクトで折り返すと、これをゴール前で受けたサラーが左足のトラップから素早く右足に持ち替えてゴール左に流し込んだ。 ▽そして、サラーの今季29点目で試合をひっくり返したアウェイチームは終盤の相手のパワープレーを屈強な3バックを中心に最後まで撥ね返し続け、苦しみながらも2-1で勝ち切った。これでリーグ2連勝のリバプールは良い形でシティとのCL準々決勝を迎えることになった。 2018.03.31 22:34 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング