クリスタル・パレス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 クリスタル・パレス 0 0 0 5 0 8 -8 5

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-09-23
23:00
プレミアリーグ
第6節
マンチェスター・シティ vs クリスタル・パレス
2017-09-30
23:00
プレミアリーグ
第7節
マンチェスター・ユナイテッド vs クリスタル・パレス
2017-10-14
23:00
プレミアリーグ
第8節
クリスタル・パレス vs チェルシー
2017-10-21
23:00
プレミアリーグ
第9節
ニューカッスル vs クリスタル・パレス
2017-10-28
23:00
プレミアリーグ
第10節
クリスタル・パレス vs ウェストハム

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.09.16
20:30
プレミアリーグ
第5節
クリスタル・パレス 0 - 1 サウサンプトン
2017.09.10
21:30
プレミアリーグ
第4節
バーンリー 1 - 0 クリスタル・パレス
2017.08.26
23:00
プレミアリーグ
第3節
クリスタル・パレス 0 - 2 スウォンジー
2017.08.19
23:00
プレミアリーグ
第2節
リバプール 1 - 0 クリスタル・パレス
2017.08.12
23:00
プレミアリーグ
第1節
クリスタル・パレス 0 - 3 ハダースフィールド

基本データ

正式名称:クリスタル・パレス FC

原語表記:Crystal Palace FC

愛称:クリスタル・パレス

創立:1905年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:赤、青

関連ニュース

thumb

吉田先発復帰のサウサンプトン、監督交代のC・パレスにシャットアウト勝利《プレミアリーグ》

▽サウサンプトンは16日、プレミアリーグ第5節でクリスタル・パレスとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場している。 ▽前節代表戦の影響で出場機会のなかった吉田が先発に復帰し、ホードとセンターバックを組んだ一戦。 ▽開幕4連敗を受けてフランク・デ・ブール監督を解任し、ホジソン監督を招へいしたC・パレスに対して、開始6分にサウサンプトンが先制する。タディッチがボックス右で仕掛けてゴールライン際からクロスを送り、GKが弾いたルーズボールをデイビスが押し込んだ。 ▽幸先良く先制したサウサンプトンは16分にピンチ。ボックス右に侵入したロフタス=チークの折り返しをベンテケに合わせられるも、GKフォースターがファインセーブで阻止した。 ▽続く30分にはロフタス=チークのミドルシュートでゴールを脅かされたが、わずかに枠を外れて助かった。ハーフタイムにかけてはボールを回して時間を使ったサウサンプトンが1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、C・パレスの反撃をいなすサウサンプトンはペースを明け渡さない。自陣に引きながら対応し、吉田はベンテケに仕事をさせなかった。 ▽終盤の87分にはこの夏に移籍を志願していたファン・ダイクが投入され、守備固めに入ったサウサンプトンがそのまま1点のリードを守り切って逃げ切り。今季2勝目を挙げている。 2017.09.17 04:47 Sun
twitterfacebook
thumb

C・パレスがウィルシャー獲得に動く!? イングランド代表で重宝していたホジソンが希望か

▽クリスタル・パレスの新指揮官に就任したロイ・ホジソン監督が、1月の移籍市場でアーセナルの元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーの獲得に動くかもしれない。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽今シーズンのクリスタル・パレスは、アヤックスやインテルなどを指揮したフランク・デ・ブール監督を3年契約で招へい。しかし、プレミアリーグ開幕から4連敗、さらに無得点と結果を残せず、わずか77日で解任。ホジソン監督を新監督に迎えていた。 ▽チームの立て直しを任されたホジソン監督は、かつてイングランド代表を指揮している際にも重宝していたウィルシャーの獲得を検討しているとのこと。アーセナルでの動向をチェックしていくようだ。 ▽ウィルシャーはアーセナルと今シーズン終了までの契約となっており、アカデミー出身の選手であるものの移籍金を得るには来年1月の放出が考えられる。果たして、ホジソンとウィルシャーが再タッグを組むことはあるのだろうか。 2017.09.14 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ロイ・ホジソン、C・パレス新指揮官に 契約期間は2年

▽クリスタル・パレスは12日、ロイ・ホジソン氏(70)を新指揮官として招へいしたことを発表した。契約期間は2年間となる。 ▽ホジソン監督は、2009-2010シーズンに当時プレミアリーグに属していたフルアムを率い、ヨーロッパリーグ(EL)を準優勝。評価を高めると、リバプールやWBAを経て、2012年5月から母国イングランド代表監督としてユーロ2012、2014年のブラジル・ワールドカップ、ユーロ2016で指揮した。 ▽クリスタル・パレスを率いることになったホジソン監督は、「ここは私が少年時代に過ごしたクラブ。当時の私は、このクラブでプレーすることを夢見ていた。今、ここにいることができてとても嬉しいよ。目標を達成できることを願う」と指揮官就任を喜んだ。 ▽クリスタル・パレスは、プレミアリーグ第4節終了時点で全敗。リーグ序盤でこそあるものの、19位に沈み、前指揮官のフランク・デ・ブール氏の解任が発表されていた。 2017.09.13 08:25 Wed
twitterfacebook
thumb

C・パレス、77日でF・デ・ブールを解任…ホジソンが後任へ

▽クリスタル・パレスは11日、オランダ人指揮官のフランク・デ・ブール監督を解任したことを発表した。就任からわずか77日での解任となる。 ▽F・デ・ブール監督は、今年の7月にクリスタル・パレスと3年間の契約を結び、指揮官に就任した。下位を推移し、残留が危ぶまれた昨シーズンを繰り返さないような仕事が求められていたが、新シーズンスタートからここまでリーグ4戦全敗。イギリス『BBC』、『スカイ・スポーツ』など、各紙から解任論が噴出した直後の発表となった。 ▽クラブは解任に関して、以下のような声明を公式サイトに掲載。後任の監督が、まもなく発表となることを伝えている。 「クリスタル・パレス・フットボール・クラブは今朝、フランク・デ・ブールと別れることとなりました。クラブに対する、彼の献身さと勤勉さには感謝しています」 「新しい監督は、順調に任命する見込みです。フランク(・デ・ブール)の未来のため、最大限の幸福を祈っております。現時点では、これ以上の言及は控えさせていただきます」 ▽F・デ・ブール監督は、2007年に選手時代の古巣アヤックスのユースチームで監督としてのスタートを切った。その後、母国であるオランダ代表でのアシスタントコーチを兼任するなどの経験を経て、アヤックスのトップチームの指揮官に就任。初年度からエールディビジ4連覇を果たし、自身の評価を高めた。 ▽しかし、2016年8月にインテルに仕事の場を移すと、オランダ時代の手腕を発揮することはできず。わずか3カ月後の、同年11月に解任された。今回、解任が発表されたクリスタル・パレスで指揮を執った期間は、インテル時代よりも更に短い2カ月間。母国を出てから2クラブ連続で、不名誉な早さでの解任記録を打ち立てることとなった。 ▽なお、『BBC』によれば、後任は元イングランド代表指揮官のロイ・ホジソン監督(70)となる見込みだ。 2017.09.11 20:08 Mon
twitterfacebook
thumb

まだ9月…新シーズンプレミア監督解任1号が誕生?! パレス会長とF・デ・ブールが会談

▽イギリス『BBC』は、クリスタル・パレスのスティーブ・パリッシュ会長とフランク・デ・ブール監督が、チームの不振に関して会談を設けたことを報じた。 ▽昨季、クリスタル・パレスはアラン・バーデュー監督の下でシーズンをスタートさせた。しかし、不振に苦しみ残留ギリギリの17位に落ち込むと、前イングランド代表指揮官の“残留請負人”サム・アラダイス監督を招へい。この監督交代が功を奏し、チームは14位でシーズンを終えた。 ▽そして、今季のクリスタル・パレスは、残留争いに巻き込まれた昨季から心機一転。エールディビジ4連覇などの実績を持つ、F・デ・ブール監督を指揮官に据えて新シーズンを迎えた。しかし、蓋を開けてみれば、ハダースフィールド、リバプール、スウォンジー、バーンリーに敗れて開幕4連敗。中位を争うことが予想されるクラブを相手にも敗北を重ね、最悪のスタートとなった。 ▽バーンリー戦の敗北後、パリッシュ会長がチームに対する失望を隠さずに語った。 「酷い幕開けだが、私たちは一丸となって立ち向かわなくてはならない。(サポーターも)みんなイライラしているね。私も腹が立っているよ。監督と選手も同様だ。私たちは、本来ならばもっと優れているんだ」 ▽また、F・デ・ブール監督は、パリッシュ会長とチームの現状について語り合ったことを明かし、クリスタル・パレスでの将来が不鮮明であることをほのめかした。 「私は、コントロール可能なものに関して集中しているんだ。スタッフや選手もそうだね」 「(将来についての)決定は他の人が下すことだ。私は、クリスタル・パレスの監督である限り100%で挑む」 ▽『BBC』は最後に、今月の初めにパリッシュ会長が、「(F・デ・ブール監督の仕事は)グレートではない」、「(サッカーは)結果ベースのビジネスなんだ」と明かしていたことを記述。解任を連想させる流れで、記事を締めくくった。 2017.09.11 15:55 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング