V・ファーレン長崎

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 長崎 10 3 1 1 9 5 4 5

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-02
13:00
明治安田生命J2リーグ
第6節
長崎 vs 山形
2017-04-08
14:00
明治安田生命J2リーグ
第7節
松本 vs 長崎
2017-04-15
19:00
明治安田生命J2リーグ
第8節
長崎 vs 福岡
2017-04-22
15:00
明治安田生命J2リーグ
第9節
愛媛 vs 長崎
2017-04-29
13:00
明治安田生命J2リーグ
第10節
山口 vs 長崎

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.25
15:00
明治安田生命J2リーグ
第5節
京都 0 - 1 長崎
2017.03.18
19:00
明治安田生命J2リーグ
第4節
長崎 2 - 1 金沢
2017.03.12
14:00
明治安田生命J2リーグ
第3節
徳島 3 - 1 長崎
2017.03.05
13:00
明治安田生命J2リーグ
第2節
長崎 1 - 1 横浜FC
2017.02.26
13:00
明治安田生命J2リーグ
第1節
長崎 4 - 0 群馬

基本データ

正式名称:V・ファーレン長崎

ホームタウン:長崎

チームカラー:青

関連ニュース

thumb

ファンマ弾を死守した長崎が連勝を飾る! 京都は3連敗...《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第5節の京都サンガF.C.vsV・ファーレン長崎が25日に京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われ、1-0で長崎が勝利した。 ▽4節を終えて1勝3敗で18位につける京都と2勝1敗1分で6位につける長崎が激突した一戦。立ち上がりは、好調を維持する長崎が京都を攻め立てる。5分、右サイドから養父がゴール前にロングスローを供給。これが混戦になり、最後はファンマの落としを受けた澤田がボックス内で右足を振り抜くも、ゴール右に外れる。 ▽その後も長崎がボールを保持するも、京都の堅いディフェンスに苦戦し、好機を作ることができない。対する京都は37分、クロスのこぼれ球を拾った染谷がボックス手前から右足を振り抜くも、枠を捉えることができない。 ▽前半終盤、ここまで試合のペースを握っていた長崎が均衡を破る。42分、右サイドで飯尾のスローインを受けた島田がヒールで流すと、リターンを受けた飯尾がクロスを供給。これをニアサイドに走り込んだファンマが左足で合わせ、ゴールネットを揺らした。 ▽後半に入ると先制点を奪った長崎が攻勢を強める。55分、島田の縦パスをハーフウェイライン付近で受けた澤田がドリブルでボックス手前まで侵攻。そのまま左足を振り抜いて、ゴール右隅を捉えるも、GK菅野にキャッチされる。 ▽押し込まれる展開が続く京都は75分、イ・ヨンジェのポストプレーからパスを受けた大野がボックス右手前から左足を振り抜くも枠を捉えられない。対する追加点を奪いたい長崎はその直後、敵陣中央でボールを拾った中村がボックス手前まで運び、左足を振り抜く。しかし、これはGK菅野がパンチングで防ぐ。 ▽同点に追いつきたい京都は85分、ロングボールを頭で前線へと繋いだ仙頭のボールをハ・ソンミンが粘ると、こぼれ球を拾った仙頭が右足を振り抜く。しかし、これはわずかにゴール左に外れる。その後は、長崎が京都の猛攻を凌ぎきり、試合終了。1点を最後まで守り切った長崎が連勝を飾った。一方の京都は、3連敗を喫している。 2017.03.25 17:09 Sat
twitterfacebook
thumb

長崎が翁長のプロ初弾でミラーゲームを制し今季2勝目、敗れた金沢は今季未勝利《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第4節のV・ファーレン長崎vsツエーゲン金沢が18日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、2-1で長崎が勝利した。 ▽ここまでの3試合で1勝1分け1敗の長崎は、[3-4-2-1]のフォーメーションを採用。DF田代真一、DF田上大地が出場停止となり、DF乾大知、DF北谷史孝、DF前田悠佑が3バックを組んだ。一方の金沢は、1分け2敗で勝ち点1の21位。前節の湘南ベルマーレ戦と同じメンバーを先発させ、[3-4-2-1]のミラーゲームとなった。 ▽試合は4分、長崎は左CKを獲得すると、前田が中央へクロス。これを木村がボックス中央でどんぴしゃヘッド。ホームの長崎が先制する。 ▽攻め手がなかった金沢だったが相手のミスからゴールを奪う。27分、ボックス外にでたGK白井の横パスを廣井がトラップミス。これをかっさらった佐藤が無人のゴールを決めて、金沢が同点に追いつく。 ▽ミスから同点に追いつかれた長崎だったが、ここから攻勢を強める。それでもゴールが奪えないままハーフタイムを迎えるかと思われた44分、左サイドから木村がクロスを入れると、クリアボールを拾った翁長が華麗なターンからシュート。これが決まり、長崎がリードを得て前半を終える。 ▽後半に入るとリードしているホームの長崎が猛攻を仕掛ける。澤田、飯尾が積極的にゴールへ迫るものの、決定力を欠き追加点を奪うことができない。 ▽リズムを掴めない金沢は中美に代えて杉浦を、長崎は木村に代えてファンマを投入し変化をもたらせる。長崎は77分、ファンマが相手ボールを奪うとGKのポジショニングを確認してループシュート。しかし、これはポストを直撃しゴールとはならない。 ▽長崎は78分に養父に代えてミゲル・バジャルドを投入。そのミゲル・バジャルドは81分に澤田が落としたボールをダイレクトでシュート。しかし、枠を外してしまう。結局そのまま得点が生まれずに試合終了。2-1で長崎が勝利を収めた。 2017.03.18 20:58 Sat
twitterfacebook
thumb

長崎がバレンシア下部組織出身のスペイン人MFパジャルドを獲得…昨季限りでハーツを退団し無所属

▽V・ファーレン長崎は11日、昨シーズンまでスコットランドのハーツでプレーしていた元U-21スペイン代表MFミゲル・パジャルド(30)の獲得を発表した。 ▽パジャルドは、バレンシアの下部組織出身で、2004年にトップチーム昇格。その後、ヘタフェ、レバンテ、アルメリア、などでプレー。2014年9月に当時スコットランド2部のハーツに移籍すると、昨シーズンはスコットランド1部でプレーしたものの退団していた。リーガエスパニョーラでは68試合に出場、2部では69試合に出場し2得点を記録。チャンピオンズリーグで2試合、ヨーロッパリーグで3試合にも出場している。 ▽世代別のスペイン代表経験があり、U-17スペイン代表として5試合、U-21スペイン代表として2試合に出場していた。パジャルドはクラブを通じてコメントしている。 「このたび、V・ファーレン長崎でプレーできることを大変うれしく思います。クラブのために、自分の持てる力を最大限に発揮したいと思っています。ファン・サポーターの皆さま、ともに戦いましょう」 2017.02.12 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

長崎と引き分けた横浜FCが勝ち点7で宮崎R優勝!《DAZNニューイヤーカップ》

▽2017 JリーグDAZNニューイヤーカップの宮崎ラウンドが6日に行われ、V・ファーレン長崎(J2)vs横浜FC(J2)は、1-1のドローに終わった。 ▽大会2試合でいずれも黒星の長崎と、2連勝中の横浜FCが激突した。引き分け以上で横浜FCの宮崎ラウンド優勝が決まる試合は、互いに攻め合う展開で立ち上がる。 ▽そんな展開が続く中、横浜FCは29分、ボックス左で田所からパスを受けた前嶋がワンタッチで対面の相手を交して右足でシュート。だが、これはゴール右に外れてしまう。 ▽さらに、36分にも横浜FCに決定機。増山の縦パスでボックス右に抜け出したナ・ソンスがゴールに迫るが、右足のシュートは相手GKの伸ばした手に弾かれる。 ▽このまま前半を終えるかに思われた矢先の前半アディショナルタイム2分、島田の右CKから田上がヘッド。長崎が今大会初得点で先制に成功した。 ▽しかし、1点ビハインドを追う横浜FCは48分に同点。こぼれ球を拾った前嶋のパスをボックス左で受けたナ・ソンスが左足でネットを揺らした。 ▽その後、両チーム共に交代カードを切りながら次の1点を目指していくが、そのまま1-1で試合終了。2勝1分けの成績を収めた横浜FCの宮崎ラウンド優勝が決定した。 2017.02.06 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

福岡、ダニルソン&神山負傷交代も長崎に4発快勝《DAZNニューイヤーカップ》

▽2017 JリーグDAZNニューイヤーカップの宮崎ラウンドが4日に行われ、アビスパ福岡(J2)vs V・ファーレン長崎(J2)は、福岡が4-0で勝利した。 ▽先の初戦で横浜FC(J2)に0-3の完敗を喫した福岡と、鹿島アントラーズ(J1)に0-2で敗れた長崎が激突。試合は、ボールの主導権を争い合う展開で立ち上がる。 ▽先に試合を動かしたのは福岡。8分、最終ラインからのフィードに左サイドで反応した為田が対面の福田を突破。最後は折り返しを中央の松田が押し込んだ。 ▽先制した福岡は22分に追加点。ハイラインの背後でフィードを受けた坂田が左サイドを抜け出すと、GKとの一対一をループ気味のシュートでネットを揺らした。 ▽効率よく点を重ねる福岡は34分に3点目。またしても後方からのフィードで最終ラインを抜け出した坂田の折り返しから、中央の松田が右足で流し込んだ。 ▽その後、ダニルソンの負傷交代というアクシデントに見舞われた福岡だったが、最後まで優位な試合運びを見せ、3-0でハーフタイムを迎えた。 ▽3点ビハインドで試合を折り返した長崎は54分にようやく決定機。味方とのワンツーでボックス左に侵攻した翁長がシュートを放つ。しかし、これを枠に飛ばせない。 ▽その後も長崎の反撃が続く中、福岡も攻勢に出ると、70分に65分から出場の三島がヘディングシュート。しかし、これはクロスバーの上に外れる。 ▽半ばから終盤にかけても次の1点目を目指して攻防が続く中、福岡は81分にGK神山が前半のダニルソンに続き負傷交代。不運が続く。 ▽それでも、88分に相手GKがパンチングで弾いたボールを途中出場の城後が頭で押し込み、福岡が4点目。長崎を一蹴した福岡が今大会初勝利を手にしている。 アビスパ福岡 4-0 V・ファーレン長崎 【アビスパ福岡】 松田力(8) 坂田大輔(22) 松田力(34) 城後寿(88) 2017.02.04 12:55 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング