グラナダ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 グラナダ 20 4 8 26 30 82 -52 38

基本データ

正式名称:グラナダCF

原語表記:Granada Club de Futbol

創立:1931年

ホームタウン:グラナダ

チームカラー:赤

関連ニュース

thumb

MF堂安律が先発! フローニンヘンvsグラナダのトレーニングマッチは2-2のドロー《フレンドリーマッチ》

▽22日、フローニンヘンvsグラナダのフレンドリーマッチが行わレ、2-2のドローに終わった。MF堂安律は先発出場し58分までプレーした。 ▽試合は9分、ヴェルドウィクがダイレクトでシュート。GKが弾くも、こぼれ球をイドリッシがこぼれ球を流し込みフローニンヘンが先制する。 ▽堂安は右サイドでバクーナとの素晴らしい連携で攻撃を牽引。ワンツーを繰り返しボックス内に侵入するも、シュートは打てない。 ▽すると21分、堂安がドリブルで持ち上がると、そこからパスをつなぎ、最後はうまく抜け出したバクーナがネットを揺らし、フローニンヘンがリードを2点に広げる。 ▽グラナダは50分、左サイドからのクロスにペドロがボックス中央で頭で合わせ1点を返す。後半はグラナダが攻め込む展開が続くと、80分にPKを獲得。これをマチスがしっかりと沈め同点に。そのまま試合は終了し、2-2のドローに終わった。 フローニンヘン 2-2 グラナダ 【フローニンヘン】 ヴェルドウィク(前9) イドリッシ(前21) 【グラナダ】 ペドロ(後5) マチス(後35) 2017.07.23 13:02 Sun
twitterfacebook
thumb

オリンピアコスがモロッコ代表FWカルセラ=ゴンサレスを獲得!

▽オリンピアコスは7日、グラナダからモロッコ代表FWメーディ・カルセラ=ゴンサレス(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約に関する詳細は明かされていない。 ▽モロッコにルーツを持つカルセラ=ゴンサレスは、2008年に故郷のスタンダール・リエージュでプロデビュー。卓越した左足のテクニックと攻撃センスを兼ね備える同選手は、左ウイングを主戦場に2列目の複数ポジションをこなせるアタッカー。 ▽2015年にベンフィカに加入した後は、レギュラーポジションこそ掴めていないものの、2015-16シーズンは公式戦29試合に出場し、3ゴール7アシストを記録するなど、ジョーカーとして活躍。昨夏に加入したグラナダでは、リーグ戦22試合に出場し、5ゴール1アシストを記録していた。 2017.07.08 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

Jリーグ移籍も噂された元バルサFWクエンカがイスラエルのハポエル・ベエルシェバに完全移籍

▽イスラエルのハポエル・ベエルシェバは29日、グラナダから元U-23スペイン代表FWイサーク・クエンカ(26)を完全移籍で獲得することを発表した。フリートランスファーでの加入となり、3年契約を締結したとのことだ。 ▽クエンカは、バルセロナの下部組織出身で、2012年1月にトップチームに昇格。2013年1月からはアヤックスへレンタル移籍すると、2014年7月にデポルティボ・ラ・コルーニャへ完全移籍。2015年8月にはブルサシュポルへ移籍し、2016年2月からグラナダでプレーしていた。 ▽今シーズンのリーガエスパニョーラで25試合に出場し2ゴールを記録していた。 ▽フリーのクエンカにはJリーグ移籍の噂も浮上していたが、新天地には日本ではなくイスラエルを選択。ハポエル・ベッルシェバはチャンピオンズの予選1回戦に出場している。 2017.06.30 12:38 Fri
twitterfacebook
thumb

2部降格のグラナダ、かつてコルドバを昇格POに導いたオルトラ氏を新監督に招へい!

▽リーガエスパニョーラ2部に降格したグラダナは3日、新監督にホセ・ルイス・オルトラ氏(48)を招へいしたことを発表した。契約期間は2018年6月までとなる。 ▽中国資本の元で今夏にパコ・ヘメス監督を招へいし、シーズンをスタートしたグラナダだったが、成績不振で9月に同監督を解任。さらに10月に就任したルーカス・アルカラス監督もチームを立て直せず4月に解任。 ▽その後、トニー・アダムス新監督を招へいし、逆転での残留を目指したが、最後まで立て直すことができず。結局、今シーズンを最下位で終えたグランダは、6シーズンぶりの2部降格が決定した。 ▽新指揮官に決まったオルトラ監督は、現役引退後にレバンテやマジョルカの監督を歴任。2015-16シーズンに就任したコルドバでは、スペイン2部リーグでチームをプレーオフ圏内の5位に導く手腕を発揮した。 ▽なお、グラダナはアシスタントコーチにエミリオ・ホセ・イシエット・アギラール氏を、フィジカルコーチにマルコス・チェナ・シノバス氏を招へいしたことを併せて発表している。 2017.06.04 00:07 Sun
twitterfacebook
thumb

CLを控えるマドリーが主力温存もハメス&モラタの躍動で降格決定のグラナダを粉砕《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは6日、リーガエスパニョーラ第36節でグラナダとのアウェイ戦に臨み、4-0で大勝した。 ▽前節のバレンシア戦を2-1で勝利し、“エル・クラシコ”での敗戦から順調な立て直しで首位バルセロナ(勝ち点81)を追う2位マドリー(勝ち点81/1試合未消化)が、前節に2部降格が決定した19位グラナダ(勝ち点20)の本拠地ロス・カルメネスに乗り込んだ。ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)・準決勝1stレグでアトレティコ・マドリーとの“マドリッド・ダービー”を3-0で先勝したマドリーは、その一戦から先発メンバーを9人変更。GKケイロル・ナバスとモドリッチ、C・ロナウドら主力を温存しGKカシージャとコバチッチ、モラタらを起用した。 ▽ターンオーバーを採用したとはいえ、ポイントロスが許されないマドリーは開始早々に先制点を奪う。3分、モラタのパスでボックス右を突破したL・バスケスが折り返すと、ハメス・ロドリゲスが左ヒザで押し込んだ。 ▽幸先良いスタートを切ったマドリーはさらに11分、右サイドからのクロスがファーサイドに流れると、オーバラップしたコエントランが拾い、左足でクロス。これをゴール中央に飛び込んだハメス・ロドリゲスが頭で叩き込み、この日2点目を記録した。 ▽序盤に2得点を奪ったマドリーは、グラナダに反撃の余地を与えずに攻勢を続ける。すると30分、ボックス右まで持ち上がったダニーロがグラウンダーのクロスを供給。中央に走り込んだモラタのシュートはクロスバーの内側を叩くもそのままゴールラインを割った。 ▽勢いの止まらないマドリーは35分にも、カウンターからアセンシオがボックス手前まで持ち込むと、ボックス左へパス。これを受けたモラタがキックフェイントで縦に仕掛けると、マークを振り切りシュートをゴール右に突き刺した。 ▽前半だけで4得点を奪ったマドリーは後半、落ち着いた試合運びでグラナダゴールに迫る。57分、ボックス右でボールを受けたL・バスケスがシザースで相手をかわして左足でシュート。61分には、ダニーロがクロスのこぼれ球をボックス中央やや右から右足で押し込むも決めきることができない。 ▽ボールを保持するも攻めあぐねる時間帯が続くマドリーはここまで圧倒していたグラナダに押し込まれる回数が増える。82分、左CKをボックス右でアグボに収められると、最後はパスを受けたアドリアン・ラモスに突破を許してシュートを放たれるも、これはGKカシージャが攻守で阻んだ。 ▽終盤にも押し込まれたマドリーだが、なんとか凌ぎきり試合を完封。主力を温存しながらもハメス・ロドリゲスやモラタのゴールで完勝したマドリーが、10日に行われるCL準決勝2ndレグのアトレティコ戦へ弾みをつけた。 2017.05.07 06:25 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング