超ワールドサッカー

グラナダ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 グラナダ 20 4 8 26 30 82 -52 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.19
27:45
リーガエスパニョーラ
第38節
グラナダ 1 - 2 エスパニョール
2017.05.13
25:30
リーガエスパニョーラ
第37節
オサスナ 2 - 1 グラナダ
2017.05.06
27:45
リーガエスパニョーラ
第36節
グラナダ 0 - 4 レアル・マドリー
2017.04.29
20:00
リーガエスパニョーラ
第35節
ソシエダ 2 - 1 グラナダ
2017.04.25
27:30
リーガエスパニョーラ
第34節
グラナダ 0 - 2 マラガ

基本データ

正式名称:グラナダCF

原語表記:Granada Club de Futbol

創立:1931年

ホームタウン:グラナダ

チームカラー:赤

関連ニュース

thumb

2部降格のグラナダ、かつてコルドバを昇格POに導いたオルトラ氏を新監督に招へい!

▽リーガエスパニョーラ2部に降格したグラダナは3日、新監督にホセ・ルイス・オルトラ氏(48)を招へいしたことを発表した。契約期間は2018年6月までとなる。 ▽中国資本の元で今夏にパコ・ヘメス監督を招へいし、シーズンをスタートしたグラナダだったが、成績不振で9月に同監督を解任。さらに10月に就任したルーカス・アルカラス監督もチームを立て直せず4月に解任。 ▽その後、トニー・アダムス新監督を招へいし、逆転での残留を目指したが、最後まで立て直すことができず。結局、今シーズンを最下位で終えたグランダは、6シーズンぶりの2部降格が決定した。 ▽新指揮官に決まったオルトラ監督は、現役引退後にレバンテやマジョルカの監督を歴任。2015-16シーズンに就任したコルドバでは、スペイン2部リーグでチームをプレーオフ圏内の5位に導く手腕を発揮した。 ▽なお、グラダナはアシスタントコーチにエミリオ・ホセ・イシエット・アギラール氏を、フィジカルコーチにマルコス・チェナ・シノバス氏を招へいしたことを併せて発表している。 2017.06.04 00:07 Sun
twitterfacebook
thumb

CLを控えるマドリーが主力温存もハメス&モラタの躍動で降格決定のグラナダを粉砕《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは6日、リーガエスパニョーラ第36節でグラナダとのアウェイ戦に臨み、4-0で大勝した。 ▽前節のバレンシア戦を2-1で勝利し、“エル・クラシコ”での敗戦から順調な立て直しで首位バルセロナ(勝ち点81)を追う2位マドリー(勝ち点81/1試合未消化)が、前節に2部降格が決定した19位グラナダ(勝ち点20)の本拠地ロス・カルメネスに乗り込んだ。ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)・準決勝1stレグでアトレティコ・マドリーとの“マドリッド・ダービー”を3-0で先勝したマドリーは、その一戦から先発メンバーを9人変更。GKケイロル・ナバスとモドリッチ、C・ロナウドら主力を温存しGKカシージャとコバチッチ、モラタらを起用した。 ▽ターンオーバーを採用したとはいえ、ポイントロスが許されないマドリーは開始早々に先制点を奪う。3分、モラタのパスでボックス右を突破したL・バスケスが折り返すと、ハメス・ロドリゲスが左ヒザで押し込んだ。 ▽幸先良いスタートを切ったマドリーはさらに11分、右サイドからのクロスがファーサイドに流れると、オーバラップしたコエントランが拾い、左足でクロス。これをゴール中央に飛び込んだハメス・ロドリゲスが頭で叩き込み、この日2点目を記録した。 ▽序盤に2得点を奪ったマドリーは、グラナダに反撃の余地を与えずに攻勢を続ける。すると30分、ボックス右まで持ち上がったダニーロがグラウンダーのクロスを供給。中央に走り込んだモラタのシュートはクロスバーの内側を叩くもそのままゴールラインを割った。 ▽勢いの止まらないマドリーは35分にも、カウンターからアセンシオがボックス手前まで持ち込むと、ボックス左へパス。これを受けたモラタがキックフェイントで縦に仕掛けると、マークを振り切りシュートをゴール右に突き刺した。 ▽前半だけで4得点を奪ったマドリーは後半、落ち着いた試合運びでグラナダゴールに迫る。57分、ボックス右でボールを受けたL・バスケスがシザースで相手をかわして左足でシュート。61分には、ダニーロがクロスのこぼれ球をボックス中央やや右から右足で押し込むも決めきることができない。 ▽ボールを保持するも攻めあぐねる時間帯が続くマドリーはここまで圧倒していたグラナダに押し込まれる回数が増える。82分、左CKをボックス右でアグボに収められると、最後はパスを受けたアドリアン・ラモスに突破を許してシュートを放たれるも、これはGKカシージャが攻守で阻んだ。 ▽終盤にも押し込まれたマドリーだが、なんとか凌ぎきり試合を完封。主力を温存しながらもハメス・ロドリゲスやモラタのゴールで完勝したマドリーが、10日に行われるCL準決勝2ndレグのアトレティコ戦へ弾みをつけた。 2017.05.07 06:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ジダン、二冠の可能性残しながらも続投を断言せず「レアル・マドリーでは結果がすべて」

チャンピオンズリーグ、リーガエスパニョーラの二冠の可能性を残すレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督だが、来季もチームを率いることは確定していないと強調する。<br><br>二つのタイトルを手にする可能性を残しながら、シーズン終盤を迎えたジダン監督。しかし自身の続投については不透明であるとの見解を貫く。フランス人指揮官は6日のリーガエスパニョーラ第36節、敵地ロス・カルメネスでのグラナダ戦の前日会見で、次のように語った。<br><br>「なぜシーズン終了まで、去就は分からないと言うのか? マドリーでは結果がすべでだ。このクラブを愛しているし、もう16年にわたってここにいる。けれども、私は自分がどこにいるかをしっかりと理解している」<br><br>「もし結果を出せなければ、荷物をまとめて家に帰ることになる。そういうものなんだよ。私はそのことを頭に留めている」<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.06 20:55 Sat
twitterfacebook
thumb

開幕から低迷を続けたグラナダ、6シーズンぶりの2部降格が決定…《リーガエスパニョーラ》

▽29日にリーガエスパニョーラ第35節のソシエダvsグラナダが行われ、2-1でソシエダが勝利した。この結果、グラナダのリーガエスパニョーラ2部降格が決定した。 ▽試合は、前半終了間際の45分に味方のロングパスで右サイドを抜け出したオヤルサバルの折り返しからベラがゴールネットを揺らし、ソシエダが先制する。 ▽迎えた後半、リードを奪われたグラナダが反撃に出る。65分、右サイドをオーバラップしたフルキエのクロスをアドリアン・ラモスがヘディングで流し込み、同点に追いつく。 ▽膠着状態のまま試合終盤に突入すると、試合を動かしたのはソシエダ。84分、ボックス中央手前でパスを受けたカナレスがゴール前にループパスを供給。これに反応したファンミがボレーで蹴り込み、ゴールネットを揺らした。結局、このゴールが決勝点となりグラナダは1-2で敗戦した。 ▽この敗戦でグラナダの2部降格が決定。6年ぶり5度目の降格となった。2010-11シーズンに昇格プレーオフを勝ち上がり、リーガエスパニョーラ昇格を果たしたグラナダ。しかし、昇格後は毎年のように残留争いに巻き込まれるも、驚異の残留力を見せ5シーズン連続で残留に成功していた。 ▽今シーズンは、中国資本の元でパコ・ヘメス監督を招へいし、シーズンをスタートしたものの、同監督に続き10月に就任したルーカス・アルカラス監督も成績不振で4月に解任。その後、トニー・アダムス新監督を招へいし、逆転での残留を目指したが、最後まで立て直すことができず、6シーズンぶりの2部降格が決定した。 2017.04.30 05:11 Sun
twitterfacebook
thumb

干されていたガンソがリーガ初ゴール含む2発でセビージャが快勝《リーガエスパニョーラ》

▽セビージャは21日、リーガエスパニョーラ第33節でグラナダを本拠地サンチェス・ピスファンに迎え、2-0で快勝した。 ▽前節バレンシア戦をゴールレスドローで終え、3位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差が3ポイントに広がった4位セビージャ(勝ち点62)が、元アーセナルのレジェンドであるアダムス監督率いる降格圏の19位グラナダ(勝ち点20)をホームに迎えた一戦。 ▽前節負傷したビトロに代わってガンソが21試合ぶり今季4度目の先発となったセビージャは[4-2-3-1]を採用。ガンソはトップ下で起用された。 ▽すると開始4分、サンパオリ采配が的中する。ボックス右で仕掛けたヨベティッチのパスを受けた注目のガンソがワントラップから冷静に左足でシュートを流し込んだ。 ▽続く13分にサラビアの直接FKで追加点に迫ったセビージャがその後も敵陣で試合を進めると、35分にはヨベティッチとのパス交換からマリアーノが決定的なシュートを浴びせた。さらに43分にはパレハが直接FKでゴールに迫ったが、わずかに枠を外れ1点のリードで前半を終えた。 ▽迎えた後半も開始早々の1分にスコアが動く。決めたのはまたもガンソ。サラビアの左サイドからのクロスをゴール前に詰めたガンソが押し込んだ。 ▽躍動するガンソは50分にGKを強襲するシュートを放てば、58分にもミドルシュートを狙っていく。 ▽一方的な展開としたセビージャは後半半ば以降も敵陣でプレー。危なげなく試合を運び、2-0のまま快勝。ガンソのリーガ初ゴール含む2発でセビージャが勝利を取り戻している。 2017.04.22 05:50 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング