ラージョ・バジェカーノ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 ラージョ 10 2 4 9 15 30 -15 15

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-12-15
26:30
リーガエスパニョーラ
第16節
レアル・マドリー vs ラージョ
2018-12-23
26:30
リーガエスパニョーラ
第17節
ラージョ vs レバンテ
2019-01-05
リーガエスパニョーラ
第18節
バジャドリー vs ラージョ
2019-01-12
リーガエスパニョーラ
第19節
ラージョ vs セルタ
2019-01-19
リーガエスパニョーラ
第20節
ラージョ vs レアル・ソシエダ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.12.09
28:45
リーガエスパニョーラ
第15節
ベティス 2 - 0 ラージョ
2018.11.30
29:00
リーガエスパニョーラ
第14節
ラージョ 1 - 0 エイバル
2018.11.24
24:15
リーガエスパニョーラ
第13節
バレンシア 3 - 0 ラージョ
2018.11.11
26:30
リーガエスパニョーラ
第12節
ラージョ 2 - 2 ビジャレアル
2018.11.03
28:45
リーガエスパニョーラ
第11節
ラージョ 2 - 3 バルセロナ

基本データ

正式名称:ラージョ・バジェカーノ・デ・マドリード

原語表記:Rayo Vallecano de Madrid

創立:1924年

ホームタウン:マドリッド

チームカラー:赤/白

関連ニュース

thumb

ラージョに辛勝のバルベルデ、失点続きもCLに自信「インテルは得点しなかった」

▽バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、苦戦したラージョ・バジェカーノ戦や次に控えるインテル戦について語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽バルセロナは11月3日、リーガエスパニョーラ第11節でラージョ・バジェカーノと対戦して3-2で勝利した。FWメッシの不在が続く中でスアレスが先制点を奪ったものの、前半半ばと後半初めに失点を喫してラージョが一時逆転。試合終了間際にO・デンベレとスアレスが立て続けにネットを揺らして再び試合をひっくり返したものの、かなり危うい展開となった。 ▽試合後の会見に臨んだバルベルデ監督は、1-2での逆転負けを喫したリーガ第6節レガネス戦を想起したと語っている。 「今日の後半のような時間には、どこにでも(レガネスの本拠地)ブタルケのゴーストが現れる」 「だが、(今日は)何か違ったプレーをすることで私たちは最終的に勝利した」 「逆転された時には前例を思い出してしまう。ラージョは多くのことを上手くやってプレーし、戦った」 ▽また、バルセロナ第2節以降のリーガ9試合でクリーンシートを達成できていない。そのことを指摘されたバルベルデ監督は、先月24日のチャンピオンズリーグ(CL)グループB・第3節インテル戦(2-0でバルサ勝利)では完封したと主張。11月6日にCL第4節で再び相まみえるインテル戦に向け、問題はないと述べている。 「インテルは得点しなかった」 「私たちは3得点。だから全て上手くいくよ」 2018.11.04 18:05 Sun
twitterfacebook
thumb

終盤のデンベレ&スアレス弾でバルセロナが善戦ラージョに劇的逆転勝利《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは3日、リーガエスパニョーラ第11節でラージョとのアウェイ戦に臨み、3-2で競り勝った。 ▽前節レアル・マドリーとのエル・クラシコを5-1と大勝した首位バルセロナ(勝ち点21)は、3日後にチャンピオンズリーグ(CL)のインテル戦を控える中、3日前に行われ、1-0で辛勝したコパ・デル・レイのレオネッサ戦のスタメンから全選手を変更。エル・クラシコと同様のスタメンで臨んだ。 ▽ここまで1勝の19位ラージョ(勝ち点6)に対し、[4-3-3]で臨んだバルセロナは3トップに右からラフィーニャ、スアレス、コウチーニョ、中盤アンカーにブスケッツ、インサイドにアルトゥールとラキティッチを並べた。 ▽立ち上がり、ハイプレスをかける気概を見せてきたラージョに対し、バルセロナは11分に先制する。ラキティッチのロングフィードでボックス左深くまでえぐったジョルディ・アルバのマイナスクロスをスアレスがゴールに流し込んだ。 ▽先制後も敵陣で試合を進めたバルセロナだったが、31分にピンチ。右クロスをポゾにプッシュされたが、枠を外れて助かった。しかし35分、そのポゾにゴールを許してしまう。ルーズボールを拾ったポゾにペナルティアーク中央からゴール右下へコントロールシュートを決められた。 ▽まさかの失点を喫したバルセロナは41分、ボックス手前左からのスアレスのコントロールシュートが右ポストを直撃し、1-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半もバルセロナがボールを持つ流れとなったが、シュートチャンスを作れずにいたため、52分にラフィーニャに代えてデンベレを投入した。 ▽しかし57分に失点する。右クロスに頭で合わせたデ・トーマスのシュートは右ポストに直撃したものの、ルーズボールをアルバロ・ガルシアに蹴り込まれた。 ▽失点後もギアの上がらないバルセロナは68分、コウチーニョとアルトゥールに代えてビダルとムニルを投入。それでもチャンスを作れず苦戦し、終盤にはピケを前線に上げるパワープレーに出た。 ▽すると87分、同点に持ち込む。ジョルディ・アルバのロングフィードをボックス右のピケが頭で後方に落とすと、デンベレが左足ボレーでゴール左へ蹴り込んだ。 ▽さらに90分、スローインの流れから右サイドのセルジ・ロベルトが左足で上げたクロスをファーサイドのスアレスがスライディングボレーで流し込んだ。 ▽これが決勝点となってバルセロナが劇的勝利。善戦したラージョに大苦戦しながらも終盤の2ゴールで勝利をもぎ取り、首位をキープしている。 2018.11.04 06:42 Sun
twitterfacebook
thumb

柴崎不出場ヘタフェが白熱ダービー制す! ラージョ撃破で5戦ぶり白星《リーガエスパニョーラ》

▽ヘタフェは21日、リーガエスパニョーラ第9節でラージョとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利。ヘタフェの日本代表MF柴崎岳はベンチ入りも出場しなかった。 ▽直近のリーガ4試合2分け2敗で勝ちのないラージョが、同じく直近4試合2分け2敗のヘタフェをホームに迎えたダービーマッチ。柴崎は4試合ぶりにベンチ入りした。 ▽試合の前半は両クラブ共になかなか決定機を作ることができない展開が続く。前半終了間際の40分には左サイドに抜け出したデ・トーマスが中央にグラウンダーのボールを折り返したが、ヘタフェDFが待ち構えていたラージョの選手に素早くチェック。シュートまで繋げさせない。 ▽試合はゴールレスで折り返し。ラージョがボールを握り、ヘタフェはやや劣勢な中で後半に突入していく。 ▽しかし、後半に入るとヘタフェが攻勢に出て試合のペースを引き寄せる。63分、左サイドからのクロスが上がると、ボックス内中央で高く飛び上がったのはフルキエ。頭で丁寧に合わせ、ゴール右隅に沈めた。 ▽さらに67分、左サイドに抜け出したモリーナが速いクロスを入れ、対応したDFアキメがクリアを試みる。すると、クリアボールが豪快にネットに突き刺さりヘタフェにとって幸運なオウンゴールに。 ▽早めに点差を縮めたいラージョは73分に反撃。高い位置を取った左サイドのアキメがファーサイドにクロスを上げると、バックステップを踏みながら上手くフリーになったデ・トーマスが、ボックス右から豪快なボレーシュートを放つ。地面に叩きつけられたボールがワンバウンドしてゴール左のネットを揺らし、スコアを2-1とする。 ▽しかし、その後はヘタフェがラージョの攻撃を凌ぎ続け、試合終了間際の92分にはにはトレホが2枚目のイエローカードを提示されて退場処分に。10人になったラージョが試合をひっくり返すことはできないまま、試合は終了を迎えた。 ▽この結果、イエローカード10枚が入り乱れる熱戦を制したヘタフェはリーグ5試合ぶりに勝利。対するラージョは5試合勝ち無しの苦境に陥っている。 2018.10.21 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

エイバル退団のDFガルベス、ラージョに復帰

▽ラージョは31日、エイバルを前日に退団していたスペイン人DFアレハンドロ・ガルベス(29)を獲得したことを発表した。契約期間は発表されていない。 ▽ビジャレアルの下部組織出身の長身センターバックのガルベスは、2016年夏にブレーメンからエイバルに加入。エイバルでは加入1年目こそ準主力として公式戦25試合に出場したが、昨季は出場機会に恵まれず、後半戦はラス・パルマスにレンタル移籍していた。 ▽ガルベスは2012~14の2シーズン、ラージョに在籍しており、4シーズンぶりの復帰となる。 2018.08.31 22:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ラージョ、ストークからMFインビュラ獲得! マルセイユで鬼才ビエルサに見いだされた未完の大器

▽ラージョは30日、ストーク・シティからフランス人MFジャネリ・インビュラ(25)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽プロキャリアをスタートしたギャンガン時代にリーグ・ドゥ(フランス2部)の最優秀選手に輝いた経歴を持つインビュラは、鬼才マルセロ・ビエルサ監督が率いたマルセイユで左利きの大型セントラルMFとして台頭。その後、ポルトを経て2016年2月にストーク・シティに完全移籍で加入した。 ▽しかし、同クラブでは思うような活躍を見せられず、昨シーズンは母国のトゥールーズに1年間のレンタルで加入。公式戦32試合に出場し1ゴール1アシストの数字を残していた。 ▽一時は母国フランスやルーツのあるベルギーのフル代表招集が期待された逸材だが、近年は伸び悩みが顕著だ。似たプレースタイルを持つバレンシアの同胞MFジェフレイ・コンドグビアと同様にスペインの地で復活を遂げられるか。 2018.08.30 21:40 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング