スウォンジー

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 スウォンジー 41 12 5 21 45 70 -25 38

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-09-23
23:00
プレミアリーグ
第6節
スウォンジー vs ワトフォード
2017-09-30
23:00
プレミアリーグ
第7節
ウェストハム vs スウォンジー
2017-10-14
23:00
プレミアリーグ
第8節
スウォンジー vs ハダースフィールド
2017-10-21
23:00
プレミアリーグ
第9節
スウォンジー vs レスター・シティ
2017-10-28
23:00
プレミアリーグ
第10節
アーセナル vs スウォンジー

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.09.16
25:30
プレミアリーグ
第5節
トッテナム 0 - 0 スウォンジー
2017.09.10
24:00
プレミアリーグ
第4節
スウォンジー 0 - 1 ニューカッスル
2017.08.26
23:00
プレミアリーグ
第3節
クリスタル・パレス 0 - 2 スウォンジー
2017.08.19
20:30
プレミアリーグ
第2節
スウォンジー 0 - 4 マンチェスター・ユナイテッド
2017.08.12
23:00
プレミアリーグ
第1節
サウサンプトン 0 - 0 スウォンジー

基本データ

正式名称:スウォンジー・シティAFC

原語表記:Swansea City Association Football Club

愛称:The Swans

創立:1912年

ホームタウン:スウォンジー

チームカラー:黒、白

関連ニュース

thumb

仮住まいウェンブリーで勝てないスパーズ、スウォンジーとドローでホームでのリーグ戦3戦未勝利《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第5節のトッテナムvsスウォンジーが16日にウェンブリー・スタジアムで行われ、0-0で終了した。 ▽前節のエバートン戦を3-0と快勝したスパーズは、水曜日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)でもドルトムントを相手に3-1で勝利した。勢いに乗り始めたチームを率いるポチェッティーノ監督は、そのドルトムント戦からオーリエとデンベレに代えてトリッピアーとムサ・シッソコを起用する2点を変更。アンカーにエリック・ダイアーを据えて、ソン・フンミンを左サイドバックとする [3-5-1-1]を採用した。 ▽序盤からスパーズが積極的に仕掛けていく。9分にはゴール正面のペナルティアーク手前から得たFKでキッカーのケインが直接狙う。しかし、ゴール右隅を捉えた見事なコントロールシュートは、GKファビアンスキのファインセーブに阻まれる。 ▽攻めるトッテナムは直後にもボックス左に抜けたソン・フンミンがGKファビアンスキの好セーブを強いる枠内シュートを放つ。トッテナムはエリクセンのパス出しを起点に、ソン・フンミンを高い位置に張り出させて攻撃的に振る舞わせる。 ▽しかし、時間の経過とともにスパーズは攻めあぐねていく。重心を下げるスウォンジーのブロックをなかなか崩すことができず、前半はゴールレスのまま終了した。 ▽迎えた後半、ポチェッティーノ監督はトリッピアーを左に回し、インサイドMFを務めていたムサ・シッソコを右ウイングバックに配置。E・ダイアーとエリクセンの2センターでソン・フンミンとデレ・アリの2シャドーとする攻撃的な布陣に変更する。 ▽その後半の序盤も攻めあぐねたが、58分には決定機を演出する。ボックス右に流れたソン・フンミンが縦パスを受けてシュート。これはGKに弾かれるも、ボックス右でルーズボールを拾ったムサ・シッソコの折り返しをゴール至近距離のケインが合わせる。しかし、今度はバーに直撃し、先制とはならない。 ▽ゴールが欲しい展開の中、ポチェッティーノ監督は64分にムサ・シッソコに代えてプレミアリーグデビューとなるオーリエを同ポジションに投入。直後にはエリクセンの左CKにニアサイドで合わせたケインのヘディングシュートが枠に飛ぶが、ここもGKファビアンスキの好守に遭う。 ▽74分にはソン・フンミンに代えて新戦力のジョレンテを送り込んだスパーズ。しかし、81分にケインが放ったミドルシュートはわずかにゴール左。アディショナルタイムにCKのこぼれ球を叩いたトリッピアーの強烈なミドルシュートも枠を捉えきれない。 ▽結局、試合はそのままゴールレスドローで終了。スパーズはこれで、仮住まいウェンブリーでリーグ戦2分け1敗と未勝利が続いている。 2017.09.17 03:23 Sun
twitterfacebook
thumb

ギグス氏がスウォンジー加入のレナト・サンチェスに太鼓判「3年前に好きになった」

▽マンチェスター・ユナイテッド一筋でプレーし、長年プレミアリーグで活躍してきたライアン・ギグス氏が、バイエルンからスウォンジーにレンタル移籍で加入したポルトガル代表MFレナト・サンチェスについて語った。 ▽レナト・サンチェスは、2016年7月にベンフィカからバイエルンへと移籍。恵まれた才能に大きな期待が寄せられていたものの、ブンデスリーガ挑戦1年目は公式戦25試合の出場にとどまり、ノーゴールに終わっていた。 ▽ギグス氏は、若手が新天地で苦しむことはよくあると語り「若い選手は国、言語、ビッグクラブ、そして大きな期待に動かされる」とコメント。それでも「彼は才能があり、プレミアリーグはアグレッシブな選手に合っているだろう」と語った。 ▽また、現役引退後ユナイテッドでアシスタントコーチを務めていたギグス氏。ベンフィカ時代のレナト・サンチェスをオールドトラフォードで見たとき、自身のレーダーに触れ、気に入ったことを明かした。 「ルイス(・ファン・ハール)の最初のシーズン、3年前に彼を見て、すぐに好きになったことを覚えている。プレミアリーグのサッカーに合っていると思ったよ」 「ポール・クレメントとバイエルンの関係、そしてカルロ・アンチェロッティとの友情は、明らかに多くのものがスウォンジーにくることに関係している」 「しかし、そういったものは活用すべきなんだ。彼は素晴らしい選手であり、リーグで最もエキサイティングな選手の1人になるだろう」 ▽スウォンジーは10日のプレミアリーグ第4節でニューカッスルと対戦。レナト・サンチェスがプレミアデビューを果たすのか注目が集まる。 2017.09.10 12:24 Sun
twitterfacebook
thumb

エクアドル代表FWモンテーロが柴崎ヘタフェにレンタルで加入

▽ヘタフェは1日、スウォンジー・シティのエクアドル代表FWジェフェルソン・モンテーロ(28)をレンタルで獲得したことを発表した。期間は今季終了までとなっている。 ▽左ウイングを主戦場とするモンテーロは、ビジャレアルやレバンテ、ベティスといったリーガエスパニョーラのクラブを経て、2014年夏にスウォンジー・シティへ移籍。スウォンジーでは公式戦72試合に出場して2ゴール11アシストを記録していた。 ▽エクアドル代表としてはこれまで63試合に出場して10ゴールを記録している。 2017.09.02 01:28 Sat
twitterfacebook
thumb

ボニー、古巣で再起へ 2年+1年延長OPでスウォンジー復帰

▽スウォンジーは8月31日、マンチェスター・シティに所属するコートジボーワール代表FWウィルフリード・ボニー(28)の完全移籍加入を発表した。契約期間は2年。1年の延長オプションが付随している。 ▽ボニーは、2013-14シーズンからスウォンジーでプレー。公式戦70試合35得点を挙げ、2015年冬にシティ入りを果たした。だが、シティでポジション争いに苦戦。公式戦46試合出場11ゴールに終わった。 ▽スウォンジーは移籍市場最終日、昨シーズンのプレミアリーグ33試合15ゴールを挙げたジョレンテがトッテナムに移籍。そのジョレンテの穴埋めとして、かつての得点源であるボニーの補強にあたった格好だ。 2017.09.01 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズがFWジョレンテ獲得! 恩師コンテ率いるチェルシーとの争奪戦制す

▽トッテナムは8月31日、スウォンジー・シティから元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテ(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年となる。 ▽FWハリー・ケインのバックアッパーとなるストライカーを探すトッテナムは、ジョレンテに関心を示していることが伝えられていた。ジョレンテ獲得にはチェルシーが近づいていたが、ジョレンテがユベントス時代の恩師であるアントニオ・コンテ監督の誘いを断り、スパーズ加入を決断した。 ▽故郷のビルバオのエースストライカーとして長らく活躍したジョレンテは、その後ユベントス、セビージャを経て2016年夏にスウォンジーに加入。昨シーズンはリーグ戦33試合に出場し、15ゴールを挙げていた。 ▽195cmの長身と屈強なフィジカルを誇るベテランストライカーの加入は、スパーズに高さと強さという新たな武器を与えることになる。 2017.09.01 07:36 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング