スウォンジー

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 スウォンジー 27 8 3 18 36 63 -27 29

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-02
21:30
プレミアリーグ
第30節
スウォンジー vs ミドルズブラ
2017-04-04
27:45
プレミアリーグ
第31節
スウォンジー vs トッテナム
2017-04-08
23:00
プレミアリーグ
第32節
ウェストハム vs スウォンジー
2017-04-15
23:00
プレミアリーグ
第33節
ウェストハム vs スウォンジー
2017-04-22
23:00
プレミアリーグ
第34節
スウォンジー vs ストーク・シティ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.18
26:30
プレミアリーグ
第29節
ボーンマス 2 - 0 スウォンジー
2017.03.11
24:00
プレミアリーグ
第28節
ハル・シティ 2 - 1 スウォンジー
2017.03.04
24:00
プレミアリーグ
第27節
スウォンジー 3 - 2 バーンリー
2017.02.25
24:00
プレミアリーグ
第26節
チェルシー 3 - 1 スウォンジー
2017.02.12
25:00
プレミアリーグ
第25節
スウォンジー 2 - 0 レスター・シティ

基本データ

正式名称:スウォンジー・シティAFC

原語表記:Swansea City Association Football Club

愛称:The Swans

創立:1912年

ホームタウン:スウォンジー

チームカラー:黒、白

関連ニュース

thumb

スウォンジー、エイドゥル・グジョンセンと22歳差の実弟MFと契約

▽スウォンジーが、アイスランドのブレイザブリクUBKのアイスランド人MFアルノール・ボルグ・グジョンセン(16)を獲得した。契約期間は2年間。同選手はスウォンジーのアカデミーでプレーすることになる。イギリス『talksport』が伝えている。 ▽アルノール・ボルグ・グジョンセンは、かつてアンデルレヒトやボルドーで活躍した元アイスランド代表FWアルノール・グジョンセン氏(55)の息子。また、異母兄弟には、チェルシーやバルセロナで活躍したアイスランドの英雄、FWエイドゥル・グジョンセン(38)がおり、同国サッカー界きってのサラブレッドとして知られる。 ▽攻撃的MFのアルノール・ボルグ・グジョンセンは、今年に入ってスウォンジーのトライアルに参加していたが、今回晴れて合格通知を受けて同クラブのアカデミーに加入することになった。 ▽なお、現在スウォンジーのトップチームには、アルノール・ボルグ・グジョンセンと同ポジションでプレーするアイスランド代表MFギルフィ・シグルドソンが在籍しており、ピッチ内外で良き先輩となってくれるはずだ。 2017.03.15 03:30 Wed
twitterfacebook
thumb

プレミア300試合出場のセスクが1G1Aの大活躍! 首位チェルシーが好調スワンズ撃破!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第26節、チェルシーvsスウォンジーが25日にスタンフォード・ブリッジで行われ、チェルシーが3-1で勝利した。 ▽前節、バーンリー相手に引き分けたものの、2位マンチェスター・シティと勝ち点8差で首位を快走するチェルシー。先週末に行われたFAカップ5回戦でもチャンピオンシップ(イングランド2部)のウォルバーハンプトン相手にきっちり勝ち切り、準々決勝進出を決定。2週間ぶりとなる今回のリーグ戦では、直近のリーグ戦4試合で3勝1敗と復調する15位スウォンジーをホームに迎えた。 ▽コンテ監督はこの一戦に向けてバーンリー戦から先発1人を変更。マティッチに代わって、これがプレミアリーグ通算300試合目となるセスクがスタメンに入った。なお、スウォンジーを率いるクレメント監督、アシスタントコーチのマケレレ氏にとってはプレミアリーグの舞台で古巣初対戦となった。 ▽戦前の予想通り、立ち上がりから相手を押し込むチェルシーは、セスクやアザールを起点にゴールに迫るが、相手の粘り強い守備に遭い、フィニッシュに持ち込むまでには至らず。それでも、プレミア通算300試合目で気合いが入るスペイン代表MFが魅せる。 ▽19分、味方とのパス交換でボックス中央に走り込んできたセスクがボックス右でペドロがマイナスに折り返したボールに反応。やや足元にボールが入り過ぎたものの、巧みに右足でボールを押し出してゴール左隅へ流し込んだ。 ▽セスクのメモリアル弾で先制したチェルシーは、その後も勢いづいて追加点を狙う。流動的な3トップが前線できっちり起点を作り、3列目のセスクやモーゼスが良いタイミングの攻撃参加から攻撃に厚みを加える。27分にはボックス左でジエゴ・コスタが放ったシュートが流れたボールをファーで拾ったモーゼスが折り返す。これをセスクがボレーで合わすが、GKファビアンスキの好守に遭い、2点目とはならず。 ▽その後もカンテを中心とした堅守でほとんど相手に決定機を作らせないホームチームは、前半終了間際にもペドロの果敢なドリブル突破やモーゼスの個人技でゴールに迫るが、決め切れない。すると、前半終了間際のアディショナルタイム2分、自陣中央で与えたFKの場面でマークの受け渡しのミスからモーゼスがフリーにしたジョレンテにシグルドソンの絶妙なフィードを頭で決められ、同点に追いつかれてしまった。 ▽今冬に加入の噂もあったコンテ監督の元教え子にワンチャンスを許して1-1のイーブンで後半を迎えたチェルシー。だが、ハーフタイムに闘将から激しい檄を飛ばされた首位チームは、立ち上がりから猛攻を仕掛けて勝ち越しに迫る。 ▽まずは47分、ボックス手前でセスクとワンツーを試みたアザールが素早く右足を振り抜くが、ここはGKファビアンスキのファインセーブに遭う。直後の50分にはボックス左でアザールが折り返したボールをセスクがダイレクトシュートで狙うも、ここはクロスバーに阻まれた。 ▽立ち上がりの猛攻で勝ち越しゴールも時間の問題かと思われたチェルシーだったが、その後はスウォンジーの粘り強い守備に苦戦し、なかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。逆に、68分には自陣ボックス内でシグルドソンと競ったDFアスピリクエタが手を使ってボールをブロックし、あわやPK献上という場面もあった。 ▽それでも、勝負強さに定評がある首位チームは、72分にようやくゴールをこじ開ける。バイタルエリアでパスを受けたセスクがボックス手前右のペドロの足元に縦パスを通す。素早いターンから中央に切り込んだペドロが左足を振り抜くと、ややコースは甘かったもののGKファビアンスキが弾き切れず、脇の下を抜けたボールがゴールネットを揺らした。 ▽セスクとペドロのスペイン代表コンビで勝ち越しに成功したチェルシーは、ジョルダン・アイェウ、ナルシンとアタッカーを投入してきたスウォンジーに対して、マティッチを投入し、逃げ切りを図る。84分には左サイドからボックス内に切り込んだアザールが圧巻の仕掛けからゴールライン際でマイナスに折り返したボールを、ジエゴ・コスタが豪快に左足ボレーで流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽その後、85分にモーゼスとアザールに代えてズマ、ウィリアンを投入する2枚替えで試合をクローズにかかったチェルシーがこのまま3-1で勝利。好調スウォンジー相手にホームで勝ち切ったコンテ率いるチームが、リーグ2戦ぶりの勝利で首位をがっちりとキープした。 2017.02.26 01:56 Sun
twitterfacebook
thumb

スウォンジー、F・フェルナンデスと新契約…2020年までの3年契約で合意

▽スウォンジー・シティは24日、元アルゼンチン代表DFフェデリコ・フェルナンデス(28)と新たに2020年までの3年契約で合意に達したことを発表した。 ▽F・フェルナンデスは、エストゥディアンテス、ナポリ、ヘタフェを経て、2014年夏にスウォンジー入り。今シーズンはプレミアリーグ14試合に出場している。 ▽スウォンジーはプレミアリーグで現在、降格圏18位のハル・シティに勝ち点4差の15位に位置。25日の第26節では、首位のチェルシーとアウェイで対戦する。 2017.02.25 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

岡崎不出場のレスターがスワンズとのシックス・ポインターに完敗…リーグ戦6試合無得点の泥沼5連敗で17位転落《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第25節、スウォンジーvsレスター・シティが12日にリバティ・スタジアムで行われ、スウォンジーが2-0で勝利した。レスターのFW岡崎慎司はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽17位スウォンジーと16位レスターによる残留争いを懸けたシックス・ポインター。前節、マンチェスター・シティに惜敗もクレメント新監督の下で本来の調子を取り戻しつつあるスウォンジーに対して、レスターはリーグ戦5試合連続無得点で4連敗中の泥沼の状態が続く。レスターはミッドウィークに行われたFAカップ4回戦再試合のダービー戦から、オルブライトン、グレイを除く9人を変更。マフレズやヴァーディ、ドリンクウォーターら多くの主力が先発復帰した中、岡崎はスリマニと共にベンチスタートとなった。 ▽開始3分、ボックス手前でトム・キャロルからパスを受けたシグルドソンのシュートがボックス内のDFモーガンの腕に続けて当たるが、主審はこのプレーでPKを与えず。直後の7分にはフックスのタックルを受けたネイサン・ダイアーが足を痛め、ルートリッジとの負傷交代を強いられる波乱の立ち上がりとなった。 ▽その後は後方から丁寧に繋ぐスウォンジー、マフレズ、ヴァーディを起点に縦に速く展開し、カウンターを狙うレスターという構図の下、拮抗した展開が続いていく。互いにボックス付近までボールを運ぶものの、アタッキングサードでの工夫に欠けて決定機を作り出すまでには至らず。 ▽それでも、時間の経過と共に押し込み始めたスウォンジーは36分、セットプレーの流れからボックス右でフェデリコ・フェルナンデスが頭で丁寧に折り返したボールを、ボックス中央のマウソンが抑えの利いた圧巻の右足ダイレクトボレーで突き刺した。 ▽センターバックとは思えないマウソンのスーパーボレーで先手を奪ったスウォンジーは、前半終了間際に今度は鮮やかな連係で追加点を奪う。左サイドでキャロル、ジョレンテ、シグルドソンのトライアングルのダイレクトパスから完璧に左サイドを破ったマルティン・オルセンがそのままボックス内に持ち込み、GKシュマイケルの脇を抜くシュートを突き刺した。 ▽今季1度も勝利がないアウェイゲームで2点のビハインドを背負って後半を迎えたレスターは、フックスとオルブライトンを下げて、ハーフタイム明けにチルウェル、スリマニを同時投入する二枚替えを敢行。ここから攻勢に出たいアウェイチームだったが、前線でボールが収まらず、厚みのある仕掛けを見せられない。逆に、余裕を持ってボールを保持する相手にプレスをいなされて反撃に遭う場面が目立った。 ▽なかなか決定機を作れないレスターだったが、63分に得意の形からゴールに迫る。ロングボールをヴァーディが頭で裏へ流すと、これを拾ったマフレズのスルーパスに抜け出したスリマニがGKと一対一を迎えるが、ここはGKファビアンスキの好守に遭う。直後には右サイドからのクロスにスリマニが飛び込むが、わずかに届かなかった。 ▽その後、70分にシンプソンに代えて最後の交代カードとしてアマルティを投入したレスターは、リスクを冒して前に出るが、ヴァーディやエンディディのフィニッシュは最後の場面で相手のブロックや寄せに遭い、ゴールとはならない。試合終盤にかけてもパワープレーからゴールを目指したレスターだったが、最後までスワンズのゴールをこじ開けることはできず。 ▽スウォンジーとのシックス・ポインターで完敗のレスターは、リーグ戦6試合無得点の泥沼5連敗。今節、下位3チームが敗れたため、降格圏転落を免れたものの、17位に転落した。 2017.02.13 03:02 Mon
twitterfacebook
thumb

最下位スウォンジーを降格圏脱出に導いたクレメント監督が1月の月間最優秀監督に選出

▽プレミアリーグは10日、2017年1月のバークレイズ・マネージャ・オブ・ザ・マンス(月間最優秀監督)を発表した。1月はスウォンジーのポール・クレメント監督が選ばれている。 ▽12月終了時点で最下位に沈んでいたスウォンジーだったが、クレメント監督の下で再スタートを切るとアーセナルには敗れたものの、クリスタル・パレス、リバプール、サウサンプトン相手に3勝を収めていた。9ポイントを上積みしたスウォンジーは、サンダーランド、クリスタル・パレス、ハル・シティを抜き、降格圏を脱出し17位に浮上していた。 ▽月間最優秀監督賞を受賞したクレメント監督は「素晴らしいサプライズだ」と語り、「他の監督も1月は非常に良い結果とチームがあったからね」とコメントした。 ▽なお、エバートンのロナルド・クーマン監督、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督、ストーク・シティのマーク・ヒューズ監督がノミネートされていた。また、2014年8月に月間最優秀監督賞を受賞したギャリー・モンク監督(現リーズ監督)以来、スウォンジーの監督として初めて受賞したこととなる。 2017.02.10 21:33 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング