超ワールドサッカー

スウォンジー

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 スウォンジー 41 12 5 21 45 70 -25 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.21
23:00
プレミアリーグ
第38節
スウォンジー 2 - 1 WBA
2017.05.13
23:00
プレミアリーグ
第37節
サンダーランド 0 - 2 スウォンジー
2017.05.06
25:30
プレミアリーグ
第36節
スウォンジー 1 - 0 エバートン
2017.04.30
20:00
プレミアリーグ
第35節
マンチェスター・ユナイテッド 1 - 1 スウォンジー
2017.04.22
23:00
プレミアリーグ
第34節
スウォンジー 2 - 0 ストーク・シティ

基本データ

正式名称:スウォンジー・シティAFC

原語表記:Swansea City Association Football Club

愛称:The Swans

創立:1912年

ホームタウン:スウォンジー

チームカラー:黒、白

関連ニュース

thumb

スウォンジーがトーゴ代表FWアデバヨール獲得へ…今季マルセイユで20発のゴミスとのトレード案を目論む

▽スウォンジーは、イスタンブールBBに所属するトーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨール(33)の獲得に関心を寄せているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽アデバヨールは今冬にフリーエージェントでトルコのイスタンブールBBに加入。国内リーグ戦11試合で6ゴール1アシストを記録し、チームの2位躍進とチャンピオンズリーグ(CL)予選の出場権獲得に貢献した。 ▽伝えられるところによると、スウォンジーがアデバヨールの獲得に向けて、レンタルでマルセイユに貸し出していた元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミス(30)を含むトレード案を画策。ゴミスは今シーズンのリーグ・アン31試合20ゴールをマークしたものの、スウォンジー率いるポール・クレメント監督の構想外になっているとのことだ。 ▽また、アデバヨール自身もプレミアリーグへの復帰を希望しているようだ。そうした中、同選手はキャリアを振り返り、クリスタル・パレスへの加入が最悪な決断だったと明かしている。 「僕は、いくつかのイングランド屈指のクラブでプレーし、素晴らしい経験をした」 「唯一の過ちは、2016年1月にクリスタル・パレスと契約したことだ。僕はアドバイザーを喜ばせるためだけにサインをしてしまった。そして、その人はこう言ったんだ『マヌ(エマニュエル・アデバヨール)、君は再び先発でプレーしなくてはいけない』とね。それは僕の経歴の中で最悪な決断だったよ」 2017.06.15 21:53 Thu
twitterfacebook
thumb

1月に短期契約でコーチに就任したマケレレ氏がスウォンジーと契約延長

▽スウォンジーは26日、かつてフランス代表として活躍し、今年1月にアシスタントコーチに就任していたクロード・マケレレ氏との契約延長を発表した。 ▽現役時代にレアル・マドリーやチェルシー、パリ・サンジェルマン(PSG)で活躍した元フランス代表MFのマケレレ氏は、現役引退後にPSGでアシスタントコーチに就任。その後、2014年夏にバスティアで監督初挑戦に挑んだものの結果を出せず、半年持たずに解任されていた。そして2016年1月にモナコのテクニカル・ディレクターに就任していたが、6月に契約を解除されていた。 ▽今年1月から指揮官に就任したポール・クレメント監督に招へいされ、夏までの短期契約を結んでいたマケレレ氏だったが、来シーズンもクラブに滞在することが確定。驚異的な巻き返しでプレミアリーグ残留を果たしたスウォンジーにとっては、大きな補強となった。 2017.05.27 01:00 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナム、シグルドソンの再獲得を考慮? バークリーの高額移籍金に二の足踏む

▽トッテナムがスウォンジーに所属するアイスランド代表MFギルフィ・シグルドソン(27)の買い戻しを検討しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽今夏の移籍市場でプレーメーカーの獲得を目指すトッテナムは、エバートンに所属するイングランド代表MFロス・バークリー(23)をトップターゲットに定めているといわれている。だが、新スタジアム建設の影響で資金に限りがあるクラブは、エバートンが要求する5000万ポンド(約72億5000万円)という高額な移籍金の支払いに難色を示しているようだ。 ▽『デイリー・メール』の伝えるところによれば、バークリー獲得交渉が難航するトッテナムは、次善策として2012年から2014年までの2年間クラブに在籍していたシグルドソンの獲得を考慮しているようだ。 ▽2012年にホッフェンハイムからトッテナムに加入したシグルドソンだが、当時のアンドレ・ビラス=ボアス体制では、思うような出場機会を得ることができず、2014年にオランダ代表GKミシェル・フォルム、ウェールズ代表DFベン・デイビスとのトレードという形で古巣スウォンジーに移籍していた。 ▽ただ、2014年夏からトッテナムの新指揮官に就任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、シグルドソンを「完璧なMF」と評しており、過去にクラブ主導で放出したことを悔やむ内容のコメントを残しており、プレミアリーグでも確かな実績を持つ同選手の買い戻しに興味を持っているようだ。 ▽なお、シグルドソンの移籍金は、バークリーの半額の2500万ポンド(約36億2000万円)と見込まれており、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンのバックアップに加え、攻撃の新オプションとなれる同選手の獲得はベターな選択肢となるか。 2017.05.20 19:50 Sat
twitterfacebook
thumb

今夏のテリー獲得を目論むスウォンジー指揮官「今度彼と会って話をする」

スウォンジー・シティのポール・クレメント監督は、同クラブが獲得に強い興味を示しているジョン・テリーとシーズン終了後に話をする場を持つと試合前会見で語っている。<br><br>チェルシーコーチ時代にテリーに指導した経験を持つクレメント監督は、ブルース退団を発表した元イングランド代表選手への興味を公にしてきた。一方のテリーは、15日のワトフォード戦に先発で出場し、21日に行われるプレミアリーグ最終節がスタンフォード・ブリッジで見られる最後の雄姿となる。<br><br>同日にWBAとのシーズン最終戦を控えるクレメント監督は「今シーズンはこれで終わりだ。スタンフォード・ブリッジでの試合は彼にとってとても大きな試合になるだろう。彼が最高のエンディングを迎えられると願っている」と元教え子について言及した。<br><br>また、今夏でフリーになるテリー獲得の可能性について「獲得できるかどうかわからない。しかし我々は長年の友人で、今度彼と話をする予定だ。でも彼が現役を続けるかどうかを含め、何を考えているかわからない。彼はプレミアリーグに残るか、海外に行くか現状では何もわからない」と、話すに留めている。<br><br>提供:goal.com 2017.05.19 16:10 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミア年間最優秀監督候補6名が発表! プレミア制覇のコンテや奇跡の残留を果たしたクレメントら

▽プレミアリーグは15日、バークレーズ・マネージャー・オブ・ザ・シーズンのノミネート監督6名を発表した。 ▽2016-17シーズンのプレミアリーグで最も優秀な監督に贈られる同賞。就任1年目でプレミアリーグ制覇を成し遂げたアントニオ・コンテ監督(チェルシー)や、チームを2位に導いたマウリシオ・ポチェッティーノ監督(トッテナム)の上位2チームの監督に加え、WBAのトニー・ピュリス監督、ボーンマスのエディ・ハウ監督、昇格1年目で残留を決めたバーンリーのショーン・ダイチェ監督、そしてシーズン終盤に怒涛の追い上げで残留を掴んだスウォンジーのポール・クレメント監督がノミネートされた。 <span style="font-weight:700;">◆マネージャー・オブ・ザ・シーズン 2016/2017</span> <span style="font-weight:700;">アントニオ・コンテ</span>(チェルシー) <span style="font-weight:700;">マウリシオ・ポチェッティーノ</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">トニー・ピュリス</span>(WBA) <span style="font-weight:700;">エディ・ハウ</span>(ボーンマス) <span style="font-weight:700;">ショーン・ダイチェ</span>(バーンリー) <span style="font-weight:700;">ポール・クレメント</span>(スウォンジー) 2017.05.15 20:30 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング