スウォンジー

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 スウォンジー 31 9 4 21 39 68 -29 34

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-30
20:00
プレミアリーグ
第35節
マンチェスター・ユナイテッド vs スウォンジー
2017-05-06
25:30
プレミアリーグ
第36節
スウォンジー vs エバートン
2017-05-13
23:00
プレミアリーグ
第37節
サンダーランド vs スウォンジー
2017-05-21
23:00
プレミアリーグ
第38節
スウォンジー vs WBA

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.22
23:00
プレミアリーグ
第34節
スウォンジー 2 - 0 ストーク・シティ
2017.04.15
23:00
プレミアリーグ
第33節
ワトフォード 1 - 0 スウォンジー
2017.04.08
23:00
プレミアリーグ
第32節
ウェストハム 1 - 0 スウォンジー
2017.04.05
27:45
プレミアリーグ
第31節
スウォンジー 1 - 3 トッテナム
2017.04.02
21:30
プレミアリーグ
第30節
スウォンジー 0 - 0 ミドルズブラ

基本データ

正式名称:スウォンジー・シティAFC

原語表記:Swansea City Association Football Club

愛称:The Swans

創立:1912年

ホームタウン:スウォンジー

チームカラー:黒、白

関連ニュース

thumb

スウォンジー指揮官、チェルシー退団発表のテリー獲得に興味

スウォンジー・シティのポール・クレメント監督がチェルシーのDFジョン・テリー獲得に興味を示している。<br><br>テリーは先日、18年間在籍したチェルシーを今シーズン限りで退団する声明を発表した。声明の中で「新しい挑戦に向けて動き出すつもりだ」としていたが、スウォンジーを率いるクレメント監督がテリー獲得に食指が動いているようだ。<br><br>「もし降格が避けられれば、興味が無いわけがないよ。彼のことをよく知っているし、ぜひ話がしたいね。ただ今は残りのシーズンのことを考えないといけないから、シーズンが終わってから話したいね」<br><br>また、かつてチェルシーでコーチを務めたクレメントは「彼と一緒に働くことができたことは大きな喜びだよ。本当に素晴らしいプレーヤーだ。驚くようなキャリアを積んだね。リーダーシップも素晴らしい。最近では選手が頻繁に所属クラブを変えるけど、これだけ長く同じクラブでプレーしたことにおめでとうと言いたいね」とテリーを称えた。<br><br>スウォンジーはプレミアリーグで第33節を終えた時点で降格圏の18位に位置している。テリー獲得のためにも、残留に向けて負けられない戦いが続くことになりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.04.22 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミンの土壇場弾でスパーズが劇的逆転勝利! 5連勝で首位チェルシーを追走《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第31節、スウォンジーvsトッテナムが5日にリバティ・スタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが3-1で勝利した。 ▽リーグ4連勝で首位チェルシー(勝ち点69)との勝ち点差を7ポイントに縮めた2位トッテナム(勝ち点62)は、5連勝を目指してスウォンジーとのアウェイゲームに臨んだ。ポチェッティーノ監督は、3試合未勝利で降格圏と1ポイント差の17位に低迷するスワンズ撃破に向けて、直近のバーンリー戦から先発4人を変更。前節、負傷のウィンクスとワニャマに代わって、デンベレとムサ・シッソコ、体調不良の守護神ロリスに代わって古巣対戦のGKフォルム、トリッピアーに代わってウォーカーが先発に戻った。 ▽立ち上がりからエンジン全開のトッテナムは、鋭い縦への運びからソン・フンミンが続けて惜しい形を作る。だが、序盤の決定機を逃したアウェイチームは、11分に先制点を許す。 ▽GKファビアンスキからの長いフィードに反応した右サイドのジョルダン・アイェウがDFベン・デイビスを振り切って、ボックス右ライン際で折り返すと、ニアに飛び込んだルートリッジが右足ワンタッチで流し込んだ。 ▽らしくない緩い守備から先制を許したトッテナムは、すぐさま反撃を開始。右サイドで高い位置を取るウォーカーを起点に鋭いクロスをゴール前に入れていく。70パーセントを超えるボール支配率で押し込み続けるトッテナムだが、エリクセンやソン・フンミンのシュートはゴールに結びつかない。 ▽格下相手にビハインドを背負って試合を折り返したトッテナムは、後半立ち上がりの3分にエリクセンの浮き球のクロスをボックス左に走り込んだデイビスが頭で折り返す。これを胸トラップしたソン・フンミンがボレーシュートするが、これは相手DFフェデリコ・フェルナンデスの決死のブロックに阻まれた。 ▽逆転優勝に向けて勝ち点3が必須のトッテナムは、61分にムサ・シッソコをベンチに下げてヤンセンを投入。より前がかりになって攻勢を続ける。だが、中央を固める相手の堅守に苦戦し、なかなか決定的な場面を作り出せない。逆に、不用意なボールロストからカウンターを受け始めるが、相手のフィニッシュの精度にも救われ、1点差をキープする。 ▽その後、DFを1枚削ってエンクドゥを投入し、試合終盤に猛攻を仕掛けるトッテナムだが、絶好調の相手GKファビアンスキに再三の決定機を防がれる。 ▽それでも、諦めないトッテナムは88分から劇的な形で試合を引っくり返す。まずは88分、ボックス右でエリクセンがボレーで入れたパスに抜け出したデレ・アリが冷静に流し込み、同点に追いつく。さらに、ファビアンスキの治療の影響で与えられた7分間のアディショナルタイムの1分、エリクセンのパスをヤンセンが絶妙なヒールで裏へ流すと、これに抜け出したソン・フンミンが冷静にGKとの一対一を制して逆転に成功。さらに94分にはデレ・アリの絶妙な斜めのスルーパスに抜け出したエリクセンがとどめの3点目を奪った。 ▽多くの主力を欠く中で劇的な逆転勝利を収めたトッテナムが、リーグ5連勝で首位チェルシーとの勝ち点差7をキープすることに成功した。 2017.04.06 06:25 Thu
twitterfacebook
thumb

スウォンジー、エイドゥル・グジョンセンと22歳差の実弟MFと契約

▽スウォンジーが、アイスランドのブレイザブリクUBKのアイスランド人MFアルノール・ボルグ・グジョンセン(16)を獲得した。契約期間は2年間。同選手はスウォンジーのアカデミーでプレーすることになる。イギリス『talksport』が伝えている。 ▽アルノール・ボルグ・グジョンセンは、かつてアンデルレヒトやボルドーで活躍した元アイスランド代表FWアルノール・グジョンセン氏(55)の息子。また、異母兄弟には、チェルシーやバルセロナで活躍したアイスランドの英雄、FWエイドゥル・グジョンセン(38)がおり、同国サッカー界きってのサラブレッドとして知られる。 ▽攻撃的MFのアルノール・ボルグ・グジョンセンは、今年に入ってスウォンジーのトライアルに参加していたが、今回晴れて合格通知を受けて同クラブのアカデミーに加入することになった。 ▽なお、現在スウォンジーのトップチームには、アルノール・ボルグ・グジョンセンと同ポジションでプレーするアイスランド代表MFギルフィ・シグルドソンが在籍しており、ピッチ内外で良き先輩となってくれるはずだ。 2017.03.15 03:30 Wed
twitterfacebook
thumb

プレミア300試合出場のセスクが1G1Aの大活躍! 首位チェルシーが好調スワンズ撃破!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第26節、チェルシーvsスウォンジーが25日にスタンフォード・ブリッジで行われ、チェルシーが3-1で勝利した。 ▽前節、バーンリー相手に引き分けたものの、2位マンチェスター・シティと勝ち点8差で首位を快走するチェルシー。先週末に行われたFAカップ5回戦でもチャンピオンシップ(イングランド2部)のウォルバーハンプトン相手にきっちり勝ち切り、準々決勝進出を決定。2週間ぶりとなる今回のリーグ戦では、直近のリーグ戦4試合で3勝1敗と復調する15位スウォンジーをホームに迎えた。 ▽コンテ監督はこの一戦に向けてバーンリー戦から先発1人を変更。マティッチに代わって、これがプレミアリーグ通算300試合目となるセスクがスタメンに入った。なお、スウォンジーを率いるクレメント監督、アシスタントコーチのマケレレ氏にとってはプレミアリーグの舞台で古巣初対戦となった。 ▽戦前の予想通り、立ち上がりから相手を押し込むチェルシーは、セスクやアザールを起点にゴールに迫るが、相手の粘り強い守備に遭い、フィニッシュに持ち込むまでには至らず。それでも、プレミア通算300試合目で気合いが入るスペイン代表MFが魅せる。 ▽19分、味方とのパス交換でボックス中央に走り込んできたセスクがボックス右でペドロがマイナスに折り返したボールに反応。やや足元にボールが入り過ぎたものの、巧みに右足でボールを押し出してゴール左隅へ流し込んだ。 ▽セスクのメモリアル弾で先制したチェルシーは、その後も勢いづいて追加点を狙う。流動的な3トップが前線できっちり起点を作り、3列目のセスクやモーゼスが良いタイミングの攻撃参加から攻撃に厚みを加える。27分にはボックス左でジエゴ・コスタが放ったシュートが流れたボールをファーで拾ったモーゼスが折り返す。これをセスクがボレーで合わすが、GKファビアンスキの好守に遭い、2点目とはならず。 ▽その後もカンテを中心とした堅守でほとんど相手に決定機を作らせないホームチームは、前半終了間際にもペドロの果敢なドリブル突破やモーゼスの個人技でゴールに迫るが、決め切れない。すると、前半終了間際のアディショナルタイム2分、自陣中央で与えたFKの場面でマークの受け渡しのミスからモーゼスがフリーにしたジョレンテにシグルドソンの絶妙なフィードを頭で決められ、同点に追いつかれてしまった。 ▽今冬に加入の噂もあったコンテ監督の元教え子にワンチャンスを許して1-1のイーブンで後半を迎えたチェルシー。だが、ハーフタイムに闘将から激しい檄を飛ばされた首位チームは、立ち上がりから猛攻を仕掛けて勝ち越しに迫る。 ▽まずは47分、ボックス手前でセスクとワンツーを試みたアザールが素早く右足を振り抜くが、ここはGKファビアンスキのファインセーブに遭う。直後の50分にはボックス左でアザールが折り返したボールをセスクがダイレクトシュートで狙うも、ここはクロスバーに阻まれた。 ▽立ち上がりの猛攻で勝ち越しゴールも時間の問題かと思われたチェルシーだったが、その後はスウォンジーの粘り強い守備に苦戦し、なかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。逆に、68分には自陣ボックス内でシグルドソンと競ったDFアスピリクエタが手を使ってボールをブロックし、あわやPK献上という場面もあった。 ▽それでも、勝負強さに定評がある首位チームは、72分にようやくゴールをこじ開ける。バイタルエリアでパスを受けたセスクがボックス手前右のペドロの足元に縦パスを通す。素早いターンから中央に切り込んだペドロが左足を振り抜くと、ややコースは甘かったもののGKファビアンスキが弾き切れず、脇の下を抜けたボールがゴールネットを揺らした。 ▽セスクとペドロのスペイン代表コンビで勝ち越しに成功したチェルシーは、ジョルダン・アイェウ、ナルシンとアタッカーを投入してきたスウォンジーに対して、マティッチを投入し、逃げ切りを図る。84分には左サイドからボックス内に切り込んだアザールが圧巻の仕掛けからゴールライン際でマイナスに折り返したボールを、ジエゴ・コスタが豪快に左足ボレーで流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽その後、85分にモーゼスとアザールに代えてズマ、ウィリアンを投入する2枚替えで試合をクローズにかかったチェルシーがこのまま3-1で勝利。好調スウォンジー相手にホームで勝ち切ったコンテ率いるチームが、リーグ2戦ぶりの勝利で首位をがっちりとキープした。 2017.02.26 01:56 Sun
twitterfacebook
thumb

スウォンジー、F・フェルナンデスと新契約…2020年までの3年契約で合意

▽スウォンジー・シティは24日、元アルゼンチン代表DFフェデリコ・フェルナンデス(28)と新たに2020年までの3年契約で合意に達したことを発表した。 ▽F・フェルナンデスは、エストゥディアンテス、ナポリ、ヘタフェを経て、2014年夏にスウォンジー入り。今シーズンはプレミアリーグ14試合に出場している。 ▽スウォンジーはプレミアリーグで現在、降格圏18位のハル・シティに勝ち点4差の15位に位置。25日の第26節では、首位のチェルシーとアウェイで対戦する。 2017.02.25 10:15 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング