アウグスブルク

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
14 アウグスブルク 14 3 5 7 21 24 -3 15

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-12-18
28:30
ブンデスリーガ
第16節
ヘルタ・ベルリン vs アウグスブルク
2018-12-23
23:30
ブンデスリーガ
第17節
アウグスブルク vs ヴォルフスブルク
2019-01-19
23:30
ブンデスリーガ
第18節
アウグスブルク vs デュッセルドルフ
2019-01-26
23:30
ブンデスリーガ
第19節
ボルシアMG vs アウグスブルク
2019-02-03
23:30
ブンデスリーガ
第20節
アウグスブルク vs マインツ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.12.15
23:30
ブンデスリーガ
第15節
アウグスブルク 1 - 1 シャルケ
2018.12.08
23:30
ブンデスリーガ
第14節
レバークーゼン 1 - 0 アウグスブルク
2018.12.01
23:30
ブンデスリーガ
第13節
シュツットガルト 1 - 0 アウグスブルク
2018.11.24
23:30
ブンデスリーガ
第12節
アウグスブルク 1 - 3 フランクフルト
2018.11.10
23:30
ブンデスリーガ
第11節
ホッフェンハイム 2 - 1 アウグスブルク

基本データ

正式名称:FCアウグスブルク

原語表記:FC Augsburg

創立:1907年

ホームタウン:アウグスブルク

チームカラー:赤と緑

関連ニュース

thumb

アウグスブルクに4人目の韓国人選手が加入! U-17代表招集歴のある18歳の攻撃的MF

▽アウグスブルクは13日、韓国の仁川ユナイテッドから韓国人MFチョン・ソンフン(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までの4年半となる。 ▽仁川ユナイテッドのアカデミー出身のチョン・ソンフンは長身の攻撃的MF。トップチームで目立った活躍はないものの、韓国のU-16代表やU-17代表招集歴もある有望株だ。 ▽現在、トップチームで活躍するMFク・ジャチョル、FWチ・ドンウォンの韓国代表コンビ、U-17チームに在籍するキム・テオに続く4人目の韓国人プレーヤーとしてアウグスブルクに加入する18歳はクラブ公式サイトで意気込みを語っている。 「ドイツへの移籍を心から嬉しく思う。ブンデスリーガでプレーすることは自分の夢だったんだ。同時にその夢をアウグスブルクで叶えるチャンスを得られたことを嬉しく思っているよ」 「もちろん、ク・ジャチョル、チ・ドンウォンという2人の偉大な同胞から今後重要なアドバイスやサポートをしてもらえることも嬉しいよ」 ▽なお、チョン・ソンフンは当面トップチームではなくU-19チームでプレーすることになる。 2018.12.13 22:39 Thu
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、レビッチ&アラー活躍で快勝! ここ7戦で6勝目《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは24日、ブンデスリーガ第12節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽前節シャルケに3-0と快勝してリーグ戦ここ6試合で5勝目を挙げた4位フランクフルト(勝ち点20)。好調のチームをバックラインで支える長谷部は引き続き3バックの中央で先発となった。 ▽10位アウグスブルク(勝ち点13)に対し、開始51秒にフランクフルトが先制する。長谷部のロングフィードをアラーが落とし、ボックス右のデ・グズマンがゴール左へ蹴り込んだ。 ▽先制後、キャプテンのアブラアムが足を痛めてルスを投入せざるを得なくなったフランクフルトだったが、長谷部を軸にボールを動かして試合をコントロールしていく。 ▽17分にはヨビッチがボックス左ゴールライン際までえぐって折り返したクロスをレビッチが押し込むだけだったが、枠の右に外してしまう。 ▽23分にはグレゴリッチュにネットを揺らされたが、VARの末にオフサイドと判定されて助かり、フランクフルトが1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽そして迎えた後半開始2分、ヨビッチが左サイドを突破してラストパスを送ると、アラーがGKとの一対一を制してリードを広げた。 ▽試合巧者のフランクフルトは続く68分、ダ・コスタがディフェンスライン裏へ抜け出してラストパスを送り、最後はレビッチが押し込んで3-0。結局、終盤に1失点を喫したものの、アラーとレビッチの活躍などでフランクフルトが3-1と快勝。リーグ戦ここ7試合で6勝目を挙げている。 2018.11.25 04:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ハノーファーSD、原口元気へのハンド判定に怒り爆発…「手を控室に置いとけとでも?」

27日に行われたブンデスリーガ第9節、ハノーファーはホームでアウクスブルクに1-2で敗れている。ホルスト・ヘルトSD(スポーツディレクター)は相手のPKにつながった判定に怒りをあらわにした。<br><br>8分にアウクスブルクのMFラミ・ケディラに先制点を奪われたハノーファー。61分には相手が放ったシュートがペナルティーエリア内の原口元気の手に当たり、VAR(ビデオ・アシスタント・レフリー)が介入する形で主審がPK判定を下した。アウクスブルクFWアルフレド・フィンボガソンがこのPKをしっかりと決め切り、ハノーファーは72分FWイーラス・ベブーが1点返したものの、スコアはそのまま動かなかった。<br><br>ヘルトSDは試合後、試合を決めたとも言える判定に納得していないことを強調。『スカイ』のマイクに向かって、次のように話している。<br><br>「主審は我々と同様、最悪な日を迎えたようだ。意味が分からないし、こんなクソみたいなことについて話す気もしない。あとからまたのこのこ出てきて説明されるのも御免だ」<br><br>ドイツでは、VARの介入は「明確な誤審」を前提とする。つまりこの場面では、主審のロベルト・カンプカ氏が原口のハンドを反則と受けプレーを止めなかったことが、「明確な誤審」と捉えられたようだ。<br><br>「あれが誤審だったのなら&hellip;うちの選手は手をどこにやればいいんだ? 控室にでも置いとけとでも言うのか? 彼は相手に詰め寄っただけで、ボールは0.5メートルの距離から彼の手に当たったんだ」<br><br>「明らかな誤審ではなく五分五分の判定だった。主審はそれを見て、ハンドまたは反則ではないと認識した。なぜ、(ビデオ・アシスタント・レフリーが)絡んでくるんだ?」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.29 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

原口フル出場もPK献上でハノーファーが3試合ぶり黒星《ブンデスリーガ》

▽ハノーファーは27日、ブンデスリーガ第9節でアウグスブルクとのホーム戦に臨み、1-2で敗戦した。ハノーファーのFW原口元気はフル出場し、FW浅野拓磨はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節レバークーゼン戦を終了間際の被弾で2-2の引き分けに持ち込まれた15位ハノーファー(勝ち点6)が、9位アウグスブルク(勝ち点9)をホームに迎えた一戦。 ▽2試合連続スタメンとなった原口を[3-4-1-2]のトップ下で起用したハノーファーは、6分にリヒターのミドルシュートでGKエッサーを強襲されると、8分に失点する。CKの流れからアントンがクリアし損なったルーズボールをR・ケディラに蹴り込まれてしまった。 ▽反撃を狙うハノーファーは、20分に決定機。左サイドからのシュベクラーのFKにベブが頭で合わせたシュートがゴール右に飛んだが、GKルセのファインセーブに阻まれた。 ▽思うように流れの中から攻撃の形を作れないハノーファーは29分、FKからハウウェレーウのヘディングシュートでゴールを脅かされると、34分にもマックスのボレーシュートでGKエッサーを強襲された。 ▽35分、バイタルエリア中央でパスを受けた原口がミドルシュートを狙うも枠を外れたハノーファーは前半を1点ビハインドのまま終えた。 ▽後半からシュベクラーに代えてムスリジャを投入したハノーファーは、原口を右MFに移行した。しかし、52分にFKからハーンのヘディングシュートでゴールを脅かされると、61分にPKを献上してしまう。 ▽ボックス内の原口がバイアーのシュートのブロックに入った際に広げていた腕にボールが当たってしまった。これをフィンボガソンに決められてリードを広げられてしまう。 ▽2点を追う展開となったハノーファー72分、ルーズボールをペナルティアーク中央で拾ったベブがゴール右にシュートを叩き込んで1点差に詰め寄った。 ▽終盤の84分、ハノーファーは右サイドからの原口の左足クロスにウェイダントがヘディングで合わせたシュートが枠を捉えるも、GKルセのファインセーブに阻まれ、1-2のまま敗戦。3試合ぶりの黒星となり、今季5敗目を喫している。 2018.10.28 04:35 Sun
twitterfacebook
thumb

途中出場アルカセルのハットでドルトムントがアウグスブルクとの壮絶打ち合いを制して首位キープ《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは6日、ブンデスリーガ第7節でアウグスブルクをホームに迎え、4-3で競り勝った。ドルトムントのMF香川真司は負傷欠場となっている。 ▽前節レバークーゼン戦を4-2と逆転勝利して無敗を維持し、首位に浮上したドルトムントは、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のモナコ戦を新星ラーセンとロイスの1ゴール1アシストの活躍で3-0と快勝した。そのドルトムントはモナコ戦のスタメンから4選手を変更。アルカセルやデラネイ、ピシュチェクらに代えてラーセンやフィリップ、ヴァイグルらがスタメンとなった。 ▽ここまで2勝2分け2敗の五分の成績となっているアウグスブルクに対し、3トップに右からサンチョ、フィリップ、ラーセン、トップ下にロイスを置く[4-2-1-3]で臨んだドルトムントが、サンチョとロイスの仕掛けで押し込む展開とした。 ▽しかし、14分にハーンにGKを強襲されるシュートを打たれると、22分に失点してしまう。FKの流れからルーズボールをゴールエリア左に詰めたフィンボガソンに蹴り込まれた。 ▽失点後、アクラフのミドルシュートでゴールに迫ったドルトムントは、直後のCKからザガドゥがヘディングシュート、ヴィツェルがシュートと立て続けにフィニッシュに持ち込む。いずれも枠を捉えていたが、ゴールライン前のDFにブロックされた。 ▽だが、ハーフタイムにかけてはチャンスを作れず、ドルトムントは1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、開始4分にグレゴリッチュのボレーシュートでゴールを脅かされたドルトムントは、なかなかペースを掴めず、60分にフィリップに代えてアルカセルを投入。すると62分、そのアルカセルが早速仕事を果たす。ヴィツェルのスルーパスをボックス右角で受けたサンチョのダイレクトクロスをアルカセルが押し込んだ。 ▽直後、フィンボガソンのボレーシュートがバーを直撃してひやりとしたドルトムントは、71分に勝ち越される。右クロスがファーに流れてマックスにシュートを蹴り込まれた。 ▽再び追う展開となったドルトムントは77分、ヴァイグルに代えてゲッツェを投入すると、80分にまたもアルカセルが決める。FKのリスタートからディフェンスライン裏に抜け出したボックス右のアルカセルがシュートをゴール左に蹴り込んだ。 ▽途中出場アルカセルのドッペルパックで試合を再び振り出しに戻したドルトムントは84分、ゲッツェに待望の今季初ゴールが生まれる。アクラフのスルーパスをボックス右で受けたゲッツェがワントラップからグラウンダーのシュートを流し込んだ。 ▽しかし87分、マックスの左CKからグレゴリッチュにヘディングシュートを叩き込まれて3-3とされる。それでも、引き分けで致し方なしかと思われたラストプレーの追加タイム6分、ドルトムントに劇的なゴールが生まれた。 ▽ボックス手前右で得たFKをアルカセルが直接狙うと、ゴール右に鋭いシュートが決まった。直後にタイムアップとなり、ドルトムントが勝利。壮絶な打ち合いを制したドルトムントが首位をキープしている。 2018.10.07 00:33 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング