アウグスブルク

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 アウグスブルク 8 2 2 3 14 13 1 7

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-10-20
22:30
ブンデスリーガ
第8節
アウグスブルク vs ライプツィヒ
2018-10-27
22:30
ブンデスリーガ
第9節
ハノーファー vs アウグスブルク
2018-11-03
23:30
ブンデスリーガ
第10節
アウグスブルク vs ニュルンベルク
2018-11-10
23:30
ブンデスリーガ
第11節
ホッフェンハイム vs アウグスブルク
2018-11-24
23:30
ブンデスリーガ
第12節
アウグスブルク vs フランクフルト

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.10.06
22:30
ブンデスリーガ
第7節
ドルトムント 4 - 3 アウグスブルク
2018.09.30
25:00
ブンデスリーガ
第6節
アウグスブルク 4 - 1 フライブルク
2018.09.25
27:30
ブンデスリーガ
第5節
バイエルン 1 - 1 アウグスブルク
2018.09.22
22:30
ブンデスリーガ
第4節
アウグスブルク 2 - 3 ブレーメン
2018.09.15
22:30
ブンデスリーガ
第3節
マインツ 2 - 1 アウグスブルク

基本データ

正式名称:FCアウグスブルク

原語表記:FC Augsburg

創立:1907年

ホームタウン:アウグスブルク

チームカラー:赤と緑

関連ニュース

thumb

途中出場アルカセルのハットでドルトムントがアウグスブルクとの壮絶打ち合いを制して首位キープ《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは6日、ブンデスリーガ第7節でアウグスブルクをホームに迎え、4-3で競り勝った。ドルトムントのMF香川真司は負傷欠場となっている。 ▽前節レバークーゼン戦を4-2と逆転勝利して無敗を維持し、首位に浮上したドルトムントは、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のモナコ戦を新星ラーセンとロイスの1ゴール1アシストの活躍で3-0と快勝した。そのドルトムントはモナコ戦のスタメンから4選手を変更。アルカセルやデラネイ、ピシュチェクらに代えてラーセンやフィリップ、ヴァイグルらがスタメンとなった。 ▽ここまで2勝2分け2敗の五分の成績となっているアウグスブルクに対し、3トップに右からサンチョ、フィリップ、ラーセン、トップ下にロイスを置く[4-2-1-3]で臨んだドルトムントが、サンチョとロイスの仕掛けで押し込む展開とした。 ▽しかし、14分にハーンにGKを強襲されるシュートを打たれると、22分に失点してしまう。FKの流れからルーズボールをゴールエリア左に詰めたフィンボガソンに蹴り込まれた。 ▽失点後、アクラフのミドルシュートでゴールに迫ったドルトムントは、直後のCKからザガドゥがヘディングシュート、ヴィツェルがシュートと立て続けにフィニッシュに持ち込む。いずれも枠を捉えていたが、ゴールライン前のDFにブロックされた。 ▽だが、ハーフタイムにかけてはチャンスを作れず、ドルトムントは1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、開始4分にグレゴリッチュのボレーシュートでゴールを脅かされたドルトムントは、なかなかペースを掴めず、60分にフィリップに代えてアルカセルを投入。すると62分、そのアルカセルが早速仕事を果たす。ヴィツェルのスルーパスをボックス右角で受けたサンチョのダイレクトクロスをアルカセルが押し込んだ。 ▽直後、フィンボガソンのボレーシュートがバーを直撃してひやりとしたドルトムントは、71分に勝ち越される。右クロスがファーに流れてマックスにシュートを蹴り込まれた。 ▽再び追う展開となったドルトムントは77分、ヴァイグルに代えてゲッツェを投入すると、80分にまたもアルカセルが決める。FKのリスタートからディフェンスライン裏に抜け出したボックス右のアルカセルがシュートをゴール左に蹴り込んだ。 ▽途中出場アルカセルのドッペルパックで試合を再び振り出しに戻したドルトムントは84分、ゲッツェに待望の今季初ゴールが生まれる。アクラフのスルーパスをボックス右で受けたゲッツェがワントラップからグラウンダーのシュートを流し込んだ。 ▽しかし87分、マックスの左CKからグレゴリッチュにヘディングシュートを叩き込まれて3-3とされる。それでも、引き分けで致し方なしかと思われたラストプレーの追加タイム6分、ドルトムントに劇的なゴールが生まれた。 ▽ボックス手前右で得たFKをアルカセルが直接狙うと、ゴール右に鋭いシュートが決まった。直後にタイムアップとなり、ドルトムントが勝利。壮絶な打ち合いを制したドルトムントが首位をキープしている。 2018.10.07 00:33 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルン戦で同点弾のゲッツェ弟、キャリア初得点を兄に捧げる…「このゴールは彼のため」

アウグスブルクは現地時間25日に行われたブンデスリーガ第5節でバイエルン・ミュンヘンと敵地で対戦し、1-1と引き分けている。この試合で古巣相手に同点弾を決めたアウグスブルクDFフェリックス・ゲッツェは自身リーグ戦初ゴールは「兄のため」と語った。<br><br>ドルトムントに所属するMFマリオ・ゲッツェの弟にあたるフェリックスは今夏に4年間過ごしたバイエルンからアウグスブルクに移籍。新天地では公式戦2試合にボランチの位置で途中出場を果たしていた20歳は、3試合目のバイエルン戦には61分からピッチに立つと、86分にはキャリア初のリーグ戦でのゴールを記録した。<br><br>試合後、ドイツ『シュポルト1』『キッカー』などに対して「バイエルンにはお世話になっていたのであまり派手に喜びたくなかった」と認めるフェリックスだが、「でもブンデスリーガでの初ゴールだ。なので、笑顔はしばらく続くだろう。もちろん、ものすごく嬉しい」と歓喜のコメント。また、次のように兄への感謝を語った。<br><br>「最初に電話するのは彼だよ。彼がいなかったら、彼がアドバイスしてくれなかったら僕はここにいなかった。このゴールは彼のためだよ」<br><br>またバイエルンの選手たちのリアクションについては「みんな僕とともに喜んでくれた」とも言及。フェリックスは「そういったところはバイエルンに関してもたくさんを物語る」と移籍した後も元同僚との関係は良好であることを強調した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.26 21:34 Wed
twitterfacebook
thumb

守護神ノイアーのミスからゲッツェ弟に被弾でバイエルンの開幕からの連勝が5でストップ《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは25日、ブンデスリーガ第5節でアウグスブルクをホームに迎え、1-1で引き分けた。 ▽前節シャルケ戦をハメス・ロドリゲスの活躍で2-0と快勝して開幕4連勝としたバイエルンは、シャルケ戦のスタメンから5選手を変更。レヴァンドフスキやリベリ、ハメス・ロドリゲスらに代えてワグナーやニャブリ、レナト・サンチェスといったバックアッパーを先発で起用した。 ▽ここまで1勝1分け2敗のアウグスブルクに対し、ゴレツカを左サイドバックに据え、3トップに右からロッベン、ワグナー、ニャブリと並べる[4-3-3]で臨んだバイエルンは6分にカイウビに枠内シュートを浴びたが、12分にショートカウンターに転じたレナト・サンチェスがドリブルで持ち上がってボックス手前から際どいシュートを浴びせた。 ▽しかし、マンツーマンを敷くアウグスブルクの鋭い寄せの前になかなかゴール前のシーンを生み出せない状況が続いた。34分にキミッヒの右クロスからワグナーがヘディングシュートで久々にゴールに近づいたバイエルンは、37分にもレナト・サンチェスがボックス右に侵入してシュートを浴びせていく。 ▽前半終盤にかけてもワグナーやニャブリが決定的なシュートを放ったバイエルンだったが、相手GKルセのファインセーブに阻まれて前半をゴールレスで終えた。 ▽それでも後半からゴレツカに代えて本職左サイドバックのアラバを投入したバイエルンは、開始3分に先制する。ニャブリがディフェンスライン裏に抜け出してラストパス。ボックス内でパスを受けたロッベンがDFを外してゴールに蹴り込んだ。 ▽続く50分にもレナト・サンチェスがブレイク時を彷彿とさせるドリブルでの持ち上がりからGKを強襲するシュートを浴びせて追加点に迫ったバイエルンは、その後、ニャブリに代えてリベリを投入し、勝負を決めにかかる。 ▽そのバイエルンは74分にアラバの直接FKでゴールに迫れば、84分にはリベリがネットを揺らすもオフサイドに阻まれ、2点目を挙げることができない。すると終盤の87分に同点弾を浴びてしまう。右CKのクロスボールをGKノイアーがファンブルしてルーズとなったボールをパウウェレークに折り返されると、ゴール前のフェリックス・ゲッツェに胸で押し込まれた。 ▽結局、昨季までバイエルンに在籍していたゲッツェ弟のブンデス初ゴールでバイエルンはドローに持ち込まれ、開幕からの連勝が5でストップしている。 2018.09.26 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

韓国代表FWチ・ドンウォン、ゴールパフォで数週間の負傷離脱

▽アウグスブルクに所属する韓国代表FWチ・ドンウォンがまさかの形で負傷した。ドイツ『キッカー』が報じた。 ▽チ・ドンウォンは15日に行われたブンデスリーガ第3節のマインツ戦(1-2でアウグスブルクが敗戦)に途中出場。0-0で迎えた82分にシーズン初ゴールをマークした。だが、ゴールセレブレーション時に負傷。アウグスブルクによれば、左ヒザの関節包靭帯および内側側副じん帯損傷で数週間の戦列離脱になるという。 ▽渦中のチ・ドンウォンは、「ゴールを決めて、とにかくうれしかったんだ。でも、その次の瞬間に、負傷が起こってしまった。辛いことだ。でもそれでもどうしようもない。今は早期復帰に向けて、リハビリでとにかく頑張るよ」と語り、早期復帰に意欲を示している。 2018.09.18 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

宇佐美貴史の新天地、デュッセルドルフ有力 再び1年のレンタルへ

▽アウグスブルクに所属するFW宇佐美貴史(26)の新天地問題は、最終的にデュッセルドルフで落ち着く様相だ。ドイツ『ビルト』が報じた。 ▽2017-18シーズンにレンタルでデュッセルドルフに加わり、ブンデスリーガ2部優勝と1部復帰に貢献した宇佐美。ロシア・ワールドカップ(W杯)終了後、契約満了でアウグスブルクに復帰している。 ▽その後、宇佐美自身だけでなく、デュッセルドルフも完全移籍を目指しているとされてきたが、アウグスブルクが要求する移籍金300万ユーロ(約3億9000万円)の支払いがネックに。交渉決裂の可能性が高まった。 ▽しかし、『ビルト』によれば、デュッセルドルフが宇佐美の移籍に関して、再び1年間レンタルすることでアウグスブルクと合意。今回の契約には、買取オプションも含まれているという。 2018.08.01 13:45 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング