アウグスブルク

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
8 アウグスブルク 31 8 7 8 32 29 3 23

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-02-26
28:30
ブンデスリーガ
第24節
ドルトムント vs アウグスブルク
2018-03-03
23:30
ブンデスリーガ
第25節
アウグスブルク vs ホッフェンハイム
2018-03-10
23:30
ブンデスリーガ
第26節
ハノーファー vs アウグスブルク
2018-03-17
23:30
ブンデスリーガ
第27節
アウグスブルク vs ブレーメン
2018-03-31
ブンデスリーガ
第28節
レバークーゼン vs アウグスブルク

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.02.18
23:30
ブンデスリーガ
第23節
アウグスブルク 0 - 1 シュツットガルト
2018.02.09
28:30
ブンデスリーガ
第22節
ライプツィヒ 2 - 0 アウグスブルク
2018.02.04
23:30
ブンデスリーガ
第21節
アウグスブルク 3 - 0 フランクフルト
2018.01.27
23:30
ブンデスリーガ
第20節
ケルン 1 - 1 アウグスブルク
2018.01.20
23:30
ブンデスリーガ
第19節
ボルシアMG 2 - 0 アウグスブルク

基本データ

正式名称:FCアウグスブルク

原語表記:FC Augsburg

創立:1907年

ホームタウン:アウグスブルク

チームカラー:赤と緑

関連ニュース

thumb

快勝のライプツィヒが2連勝で暫定2位浮上《ブンデスリーガ》

▽ライプツィヒは9日、ブンデスリーガ第22節でアウグスブルクをホームに迎え、2-0で快勝した。 ▽前節ボルシアMG戦をルックマンのデビュー弾で競り勝った3位ライプツィヒ(勝ち点35)が、7位アウグスブルク(勝ち点31)をホームに迎えた一戦。 ▽2トップにヴェルナーとY・ポウルセン、右サイドにN・ケイタを配置したライプツィヒは、2トップにボールを入れて打開を図っていく。すると16分、ヴェルナーがGKを強襲するシュートを浴びせると、直後のCKの流れから先制した。Y・ポウルセンのバイシクルシュートはGKにセーブされたが、ルーズボールをゴールエリア左のウパメカーノがボレーで押し込んだ。 ▽その後もアウグスブルクに攻め手を与えず、2トップの推進力を生かして主導権を握るライプツィヒが1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、徐々に圧力を強めて追加点に迫っていったライプツィヒは、ブルマが際どいミドルシュートを浴びせる。そして、68分のバイアーのミドルシュートをGKグラーチが好守で阻止すると、70分に突き放した。ボックス手前左で得たFKをN・ケイタが直接狙うと、ボールは壁に当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。 ▽勝負を決定付けたライプツィヒは、79分にボックス手前左で得たFKをカンプルが直接狙い、シュートはバーを直撃。3点目こそ奪えなかったが、アウグスブルクを寄せ付けずに快勝し、2連勝で暫定2位に浮上している。 2018.02.10 06:33 Sat
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表を兄に持つラニ・ケディラ、チュニジア代表入りを拒否「フェアじゃない」

アウグスブルクMFラニ・ケディラが、今夏に行われるロシア・ワールドカップでチュニジア代表としてプレーする機会を拒否したようだ。クラブ公式サイトが伝えた。<br><br>ドイツ代表で主力を務めるユベントスMFサミ・ケディラを兄に持つシュツットガルト出身の24歳は、ドイツ人の母とチュニジア人の父を持つ。RBライプツィヒやシュツットガルトでのプレー経験のあるケディラは、ユースの各年代でドイツ代表として選出されていたが、フル代表には選出されていない。<br><br>ケディラはチュニジアサッカー協会からのオファーに感謝を示しつつも、オファーを固辞することを表明した。<br><br>「チュニジアサッカー協会からのオファーを光栄に思う。でも僕はドイツで生まれ育ち、ドイツ語しか話せない。僕のプレースタイルにとってコミュニケーションは重要だから、彼らの力にはなれないと思うんだ。そして、ワールドカップ出場のためにこの2年間頑張ってきた選手たちのポジションを奪うのはフェアじゃないしね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.09 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

規定違反を繰り返した結末は“戦力外通告”…アウグスブルクDFがシャルケと密会

▽アウグスブルクは、度重なる規定違反を犯したガーナ代表DFダニエル・オパレ(27)に関して、チームから除外することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽ガーナ代表としてもプレーしたオパレは、レアル・マドリーの下部組織に所属。スタンダール・リエージュやポルト、ベシクタシュを経て、2015年8月にアウグスブルクへ加入した。2017年1月からはランスへとレンタル移籍を経験。今シーズンはブンデスリーガで17試合に出場していた。 ▽しかし、ドイツ『ビルト』は今冬にオパレがチームに無断でシャルケ幹部と密会していたと報道。クラブは、規定違反を繰り返したことで、戦力外を通達するとクラブ公式サイトを通じて声明を発表した。 「アウグスブルクは、規定やチームワーク、信頼性を正当に評価します。ここ最近、ダニエル・オパレは繰り返しこれらの規定に違反しています」 「このため、アウグスブルクはシーズン終了後の契約延長オファーを取り下げました。さらに、アウグスブルクは、新たなクラブを探すことができると、話し合いでオパレに伝えました」 ▽また、スポーツディレクターを務めるシュテファン・ロイター氏も、「ダニエル・オパレは、事実に反して、我々に繰り返し嘘をついた。さらに、彼はチーム内の行動規範を繰り返し違反している」とコメント。ピッチ外での問題行動の多さにより、クビを宣告されてしまった。 2018.02.05 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場もフランクフルトがアウグスブルクに完敗…6戦ぶりの黒星に《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第21節、アウグスブルクvsフランクフルトが4日に行われ、ホームのアウグスブルクが3-0で快勝した。なお、フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場。MF鎌田大地はベンチ外となった。 ▽前節、ボルシアMGとの上位対決を制して5戦無敗の4位に順位を上げたフランクフルトが8位のアウグスブルクのホームに乗り込んだ一戦。長谷部を最終ラインに配した[3-5-2]の布陣で臨んだフランクフルトだが、立ち上がりからサイドとロングボールをシンプルに使う相手の攻撃に苦戦。押し込まれる場面が目立つ。 ▽すると19分、アウグスブルクに先制点が生まれる。相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのマックスがゴール前に長いボールを入れると、K・ボアテングの短いクリアを回収したク・ジャチョルが反転から右に持ち出してDFを振り切りゴール左隅にグラウンダーのシュートを流し込んだ。 ▽悪い流れの中で先制を許したフランクフルトだが、直後に同点のチャンス。左サイドのチャンドラーからのクロスをゴール前のヨビッチが巧みなバックヘッドで合わすが、これは惜しくも右ポストを叩く。 ▽その後は一進一退の攻防が続くも、効果的なカウンターからアウグスブルクが再三の決定機を創出。32分にはカウンターから左サイドを突破したマックスのプレゼントクロスをファーのカイウビーがワンタッチで合わすが、このイージーシュートを枠の右に外した。 ▽アウグスブルクの1点リードで折り返した試合は、後半もホームチームのペースで進む。何とか流れを変えたいアウェイチームは52分、ガシノビッチを下げてジェルソン・フェルナンデスを投入。だが、51分には相手のカウンターから左サイドを破ったカイウビーに決定的なクロスを通されるが、ゴール右でフリーのヘラーのシュートは守護神フラデツキーのビッグセーブで凌ぐ。 ▽その後、互いに交代カードを切っていく中、拮抗した状況が続く。だが、主導権を握るアウグスブルクが再びセットプレーの流れからゴールを奪う。76分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でボックス左のカイウビーが頭で中央へ折り返す。この折り返しを右足甲を使った巧みなボールタッチで浮かせたグレゴリッチュが、DF長谷部を反転でかわし絶妙なボレーで流し込んだ。 ▽何とか点差を縮めたいフランクフルトは82分、アラーに代えてダ・コスタをピッチに送り出すと、84分にはペナルティアーク付近で前を向いたヨビッチがミドルシュートを放つが、これは右ポストを叩いて枠の右へ。その後も攻勢を仕掛けたフランクフルトだが、試合終了間際には最終ラインのミスから3点目を献上して万事休す。アウグスブルクに完敗のフランクフルトは6試合ぶりの敗戦となった。 2018.02.05 01:35 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫先発のケルン、リーグ4戦無敗も連勝は「3」でストップ…《ブンデスリーガ》

▽日本代表FW大迫勇也の所属するケルンは27日、ブンデスリーガ第20節でアウグスブルクと対戦し、1-1の引き分けに終わった。大迫は71分までプレーした。 ▽最下位ながらリーグ戦3連勝中と好調なケルンが、8位アウグスブルクをホームに迎えた一戦。前節のハンブルガーSV(HSV)戦を新エースFWテローデの2発で勝利したケルンは、HSV戦と同じスタメンで試合に臨んだ。 ▽大迫がテローデと2トップを形成する[4-4-2]で試合に臨んだケルンのファーストシュートは12分、ボックス左手前でボールを収めたヨイッチがカットインから右足を振り抜いたが、このシュートは枠の上に外れた。 ▽一進一退の展開が続く中、21分にアクシデント発生。ハイボールの競り合いで頭同士を打ち付けたケルンのヘーガーと、アウグスブルクのク・ジャチョルがピッチに倒れ込む。ク・ジャチョルは比較的早く立ち上がることができたものの、ヘーガーはプレー続行不可能となり、メディカルスタッフの肩を借りてピッチを後にした。これを受けて24分にレーマンが緊急投入された。 ▽アクシデントに見舞われたケルンは、26分にビッグチャンス。ボックス左付近でパスを受けた大迫がファーサイドを狙ったグラウンダーのクロスを供給。これが相手DFにディフレクトすると、ゴール前でこぼれ球を拾ったテローデがGKとの一対一を迎えたが、決め切れない。 ▽絶好機を逃がしたケルンだが、40分にスコアを動かす。バイタルエリア左でヨイッチがR・ケディラに倒されFKを獲得。これをヨイッチが直接ゴール左上に突き突き刺した。先制したケルンは、48分にも左CKから大迫がゴールに迫ったが、シュートはGKヒッツの正面を突いた。 ▽迎えた後半、アウグスブルクはク・ジャチョルとハウウェレーウを下げてヘラーとダンソを投入する2枚替えを敢行。一方のケルンは、69分に足を痛めたクレメンスがプレー続行不可能となり、クランターとの交代を余儀なくされる。さらに71分にも大迫を下げてギラシーをピッチに送り出した。 ▽すると、ケルンはセットプレーから同点に追いつかれる。77分、マックスの右CKをファーサイドのカイウビーが打点の高いヘッドで合わせると、これがゴール右隅に決まった。 ▽勝ち越しゴールを狙うケルンは、試合終了間際の91分に決定機。メレのロングフィードを前線でテローデが競り合うと、こぼれ球を拾ったギラシーがボックス内まで持ちこみシュートを放ったが、これはわずかに左に外れた。 ▽結局、試合は1-1のドローで決着。ホームで引き分けたケルンは、リーグ戦無敗を4試合に伸ばしたが、連勝は3試合でストップした。 2018.01.28 01:49 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング