アウグスブルク

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
14 アウグスブルク 29 7 8 10 24 34 -10 25

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-01
22:30
ブンデスリーガ
第26節
バイエルン vs アウグスブルク
2017-04-06
27:00
ブンデスリーガ
第27節
アウグスブルク vs インゴルシュタット
2017-04-09
22:30
ブンデスリーガ
第28節
ヘルタ・ベルリン vs アウグスブルク
2017-04-15
22:30
ブンデスリーガ
第29節
アウグスブルク vs ケルン
2017-04-22
22:30
ブンデスリーガ
第30節
フランクフルト vs アウグスブルク

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.18
23:30
ブンデスリーガ
第25節
アウグスブルク 1 - 1 フライブルク
2017.03.12
23:30
ブンデスリーガ
第24節
シャルケ 3 - 0 アウグスブルク
2017.03.03
28:30
ブンデスリーガ
第23節
アウグスブルク 2 - 2 ライプツィヒ
2017.02.25
23:30
ブンデスリーガ
第22節
ダルムシュタット 1 - 2 アウグスブルク
2017.02.17
28:30
ブンデスリーガ
第21節
アウグスブルク 1 - 3 レバークーゼン

基本データ

正式名称:FCアウグスブルク

原語表記:FC Augsburg

創立:1907年

ホームタウン:アウグスブルク

チームカラー:赤と緑

関連ニュース

thumb

FW宇佐美貴史、ハリル示唆のジョーカー起用に「自分のところで違いを作るイメージ」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本代表は27日、翌28日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のタイ代表戦に向け、試合当日の会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を行った。 ▽練習終了後、FW宇佐美貴史(アウグスブルク/ドイツ)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が示唆するジョーカー起用に「自分のところで違いを作るイメージ」とアイデアを膨らませた。 <span style="font-weight:700;">◆FW宇佐美貴史</span>(アウグスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──コンディション</span> 「大丈夫。ぼちぼちです」 <span style="font-weight:700;">──試合勘</span> 「どうかな。大丈夫だと思う。もちろん、(試合に)出て、コンスタントに試合をこなしている方が正直言えば、良いコンディションというか、良い状態で入っていける」 「でも、サッカーをすることに変わりはない。自分の中で、自信というか、自分自身のサッカーをしていく感覚がブレないようにしていけば、大丈夫だと思う」 <span style="font-weight:700;">──監督からジョーカー起用に何か言われたか</span> 「特に言われていない」 <span style="font-weight:700;">──タイを崩すイメージ</span> 「引いてきたとしても、個人の力で上回ることができれば崩せると思う。ただ、守りに徹してくるというよりも、出てくるときは出てくるだろうし、サッカーができるチーム。100%ずっと引かれて、ずっと守備に徹してくる展開にならないと思っている」 「実際、タイも無失点で終えている試合が少ないし、徹底して守備をしてくるというよりも、自分たちの理想の上で出てくるシーンも多いと思う。そこで、自分たちもやり易さが出てくる」 <span style="font-weight:700;">──ジョーカー起用のイメージ</span> 「ボールを保持する時間が多くなれば、ボールも入ってくる回数が多くなる。出るポジションにもよるけど、サイドで出るなら剥がしていくプレーを増やしていかないといけない。自分のところで違いを作るイメージでいる」 2017.03.27 20:35 Mon
twitterfacebook
thumb

宇佐美同僚の韓国代表MFク・ジャチョルが2019年6月までアウグスブルクと契約延長

▽日本代表FW宇佐美貴史が所属するアウグスブルクは、韓国代表MFク・ジャチョル(28)との契約延長を発表した。新契約は2019年6月までとなる。 ▽2011年に済州ユナイテッドからヴォルフスブルクに加入したク・ジャチョルは、2012年1月にアウグスブルクへとレンタル移籍。2013年6月までアウグスブルクで過ごすと、2014年1月にはヴォルフスルブルクからマインツへ完全移籍した。マインツで1シーズン半を過ごすと、2015年8月に完全移籍でアウグスブルクに加入。主力としてチームを牽引している。 ▽ブンデスリーガでは154試合に出場し24得点16アシストを記録。アウグスブルクでは公式戦95試合に出場し19得点12アシストを記録している。今シーズンはブンデスリーガで20試合に出場し2得点3アシストを記録している。 ▽また、2008年2月から韓国代表としてもプレーし、通算55試合出場17得点を記録している。 2017.03.20 16:50 Mon
twitterfacebook
thumb

一時逆転のライプツィヒ、宇佐美不出場のアウグスに痛恨ドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第23節アウグスブルクvsライプツィヒが3日に行われ、2-2で引き分けた。アウグスブルクの宇佐美はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ケルン戦を3-1と快勝して2連勝とした2位ライプツィヒ(勝ち点48)は、首位バイエルンとの5ポイント差をキープ。そのライプツィヒはケルン戦と同様のスタメンを送り出した。 ▽宇佐美が2試合連続ベンチスタートとなった13位アウグスブルク(勝ち点27)は5バックでスタート。そのアウグスブルクがハイプレスをかける立ち上がりとなった中、ケルン戦同様に[4-3-3]で臨んだライプツィヒは、そのハイプレスを交わして徐々にポゼッションを高めていった。 ▽しかし19分、バイタルエリア左でボールを持ったスタフリディスが左足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール右上に突き刺さり、アウグスブルクが先制した。 ▽それでも25分、ライプツィヒがすかさず同点とする。N・ケイタのスルーパスを受けたヴェルナーがボックス中央へ侵入。GKとの一対一を制して試合を振り出しに戻した。 ▽その後、N・ケイタが負傷するもプレーを続行したライプツィヒが引き続きボールを持つ展開となったが、チャンスは生み出せずに1-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半、開始30秒にフォルスベリのミドルシュートでゴールに迫ったライプツィヒが攻勢をかけると、52分に逆転に成功する。フォルスベリの左CKからコンパーのヘディングシュートが決まった。 ▽攻め手のなかったアウグスブルクだったが、60分に追いつく。カウンターに転じると、ボバディージャが力強いポストプレー。これを受けたク・ジャチョルのスルーパスがDFに当たってコースが変わると、流れの中で上がっていたセンターバックのヒンテレッガーへ。ボックス左に侵入したヒンテレッガーはGKとの一対一を制した。 ▽終盤にかけては膠着状態となる中、アウグスブルクは87分にボックス左に侵入したスタフリディスが強烈なシュートを浴びせるも左ポストを掠めて枠を捉えきれない。結局、2-2で試合は終了。一時は逆転に成功したライプツィヒだったが、痛恨のドローに終わってしまった。 2017.03.04 06:31 Sat
twitterfacebook
thumb

初フル出場の宇佐美、現地の評価は低め「0-1の起点」「徐々に姿を消していった」

アウグスブルクは17日に行われたブンデスリーガ第21節でレバークーゼンをホームに迎え、1-3で黒星を喫した。この試合でアウグスブルク加入後初のフル出場を果たしたFW宇佐美貴史だが、ドイツメディアの評価はやや低めとなっている。<br><br>24分にMFカリム・ベララビがゴールを決め、レバークーゼンが先制すると、さらにFWハビエル・エルナンデスがハーフタイム前に追加点を記録。アウグスブルクは60分、MFク・ジャチョルのアシストからMFドミニク・コールが1点返すも、その5分後には再びエルナンデスにゴールを奪われ、そのままスコアは動かなかった。<br><br>GKマーヴィン・ヒッツに「2」を与え、敗戦のなかでのベストプレーヤーとした地元紙『アウクスブルガー・アルゲマイネ』は、宇佐美には「4.5」と厳しい評価を下した。寸評では「日本人選手は良い格好でスタート。しかし不注意なトラップで0-1の起点になってしまい、その後は徐々に姿を消していった」と失点に関与したと言及。なお同紙はDFフィリップ・マックス、MFダニエル・バイアーにワーストタイの「5」をつけている。<br><br>『ビルト』は得点者のコールに「2」とチーム単独最高点をつけ、宇佐美を含めたチーム8人のパフォーマンスを「4」と低めに評価。また同紙はク・ジャチョルとFWラウール・ボバディージャの2人を「5」と酷評している。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br>提供:goal.com 2017.02.19 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

3試合ぶり先発の宇佐美、ボールロストから先制点献上でチームもレバークーゼンに完敗《ブンデスリーガ》

▽アウグスブルクは17日、ブンデスリーガ第21節でレバークーゼンをホームに迎え、1-3で完敗した。アウグスブルクのFW宇佐美貴史はフル出場している。 ▽前節マインツ戦では試合終了間際に途中出場となったアウグスブルクの宇佐美が[4-2-3-1]の左MF先発となった一戦。 ▽4日後にチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦を控える9位レバークーゼンに対し、アウグスブルクは6分に宇佐美が左サイドからカットインしてパス。これを受けたテルグリがボックス右からシュートを放ったが、枠の左に外れていった。 ▽しかし、その後はレバークーゼンに押し込まれる。7分にハフェルツのフィードに反応してディフェンスライン裏へ抜け出したベララビが決定的なシュートに持ち込めば、直後の左CKからエルナンデスの合わせたヘディングシュートはわずかに枠の上に外れた。 ▽雨が降る中、引き続きレバークーゼンが押し込むと、エルナンデスやカンプルのミドルシュートでGKヒッツを強襲。すると23分、宇佐美からボールを奪ってショートカウンターに転じたレバークーゼンはエルナンデスのスルーパスを受けたボックス右のハフェルツの折り返しをベララビが押し込んで先制した。 ▽ベララビのブンデス5万ゴール目を許して先手を取られたアウグスブルクが前がかる中、レバークーゼンは32分にも決定機。左クロスに反応したベララビがボレーシュート。完璧にミートしていたが、GKヒッツの好守に阻まれた。 ▽すると33分、宇佐美が決定機を演出。スルーパスをク・ジャチョルに通し、韓国代表MFはGKレノと一対一に。しかし、シュートを止められ、同点とすることはできなかった。 ▽すると40分、レバークーゼンが突き放す。CKの流れから中央を細かくパスでつないで、L・ベンダーのラストパスを受けたエルナンデスがGKヒッツとの一対一を制した。 ▽迎えた後半は前がかるアウグスブルクが押し込む展開とすると、58分にビッグチャンス。ボバディージャがGKとの一対一を迎えたが、ここもレノに止められた。それでも60分に1点を返す。ボバディージャへロングボールを入れると、ボバディージャが力強くポストプレー。ボックス左のク・ジャチョルの折り返しをコールが押し込んで1-2とした。 ▽しかし65分、ハフェルツのスルーパスを受けたエルナンデスがGKとの一対一を決めて勝負あり。レバークーゼンが3-1として以降はアウグスブルクの反撃を許さず、CLモナコ戦に弾みを付ける快勝を飾っている。 2017.02.18 06:46 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング