超ワールドサッカー

ヘタフェ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 ヘタフェ 36 9 9 20 37 67 -30 38

基本データ

正式名称:ヘタフェCF

原語表記:Getafe Club de Futbol S.A.D.

愛称:アスロネス(鮮やかな青)

創立:1983年

ホームタウン:マドリード

チームカラー:青

関連ニュース

thumb

ヘタフェのFWアルバロ・バスケス、古巣エスパニョールに復帰

▽エスパニョールは31日、ヘタフェからスペイン人FWアルバロ・バスケス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年。アルバロ・バスケスにとって、2011-12シーズン以来の古巣復帰となる。 ▽エスパニョールでプロキャリアをスタートさせたアルバロ・バスケスは、2012年からヘタフェでプレー。その後、スウォンジーへのレンタル移籍を経て、2014年にヘタフェ復帰を果たしていた。 2016.09.01 14:05 Thu
twitterfacebook
thumb

アラベスがヘタフェ生え抜きDFビガライを完全移籍で獲得

▽リーガエスパニョーラに昇格したアラベスは12日、ヘタフェのスペイン人DFカルロス・ビガライ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。3年契約を結んだとのことだ。 ▽ビガライは、ヘタフェの下部組織出身で、2015年にトップチーム昇格。昨シーズンはリーガエスパニョーラで左右のサイドバックやセンターバックとして14試合に出場し1得点を記録していた。 2016.08.14 12:13 Sun
twitterfacebook
thumb

元リバプールFWパチェコ、リーガ2部降格のヘタフェへレンタル移籍

▽ヘタフェは23日、ベティスのスペイン人FWダニエル・パチェコ(25)をレンタルで獲得したと発表した。 ▽バルセロナのカンテラを経て、2007年にリバプールの下部組織に入団したパチェコは、ウイングや2列目でプレーするアタッカー。リバプールではトップチームに定着できず、アトレティコ・マドリーやラージョにレンタル移籍していた。その後、リーガ2部のアルコルコンで頭角を現したパチェコは、2014年夏にベティスへ完全移籍。2015-16シーズンはリーガ2部のアラベスへレンタル移籍し、優勝したチームの中でリーグ戦35試合に出場して3ゴールをマークする活躍を見せた。 ▽一方、移籍先のヘタフェは昨季19位に終わって13シーズンぶりに2部へ降格している。 2016.07.24 01:01 Sun
twitterfacebook
thumb

清武加入迫るセビージャ、ヘタフェからサラビアを獲得

▽セビージャは9日、ヘタフェからスペイン人MFパブロ・サラビア(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。サラビアはメディカルチェックをパスした後に4年契約にサインする予定だ。 ▽レアル・マドリーの下部組織出身のサラビアは、2011年に同じマドリッドにあるヘタフェに加入。左利きのゲームメーカーである同選手は、トップ下と左右のウイングを主戦場に在籍5シーズンで公式戦145試合に出場し、15ゴールを記録。今シーズンは19位で降格の憂き目にあったチームの中で、リーグ戦31試合に出場し7ゴール6アシストの記録を残していた。 ▽また、スペイン代表ではフル代表の経験はないものの、U-16からU-21まで各世代別チームの常連だった。 ▽セビージャでは、先日に元スペイン代表MFホセ・アントニオ・レジェス(32)が退団を発表していたため、同じ左利きのサラビアが同選手の後釜を務める見込み。また、ハノーファーからの加入が決定的とされる日本代表MF清武弘嗣(26)にとっては、強力なライバルとなりそうだ。 2016.06.10 14:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘタフェが13年ぶりに2部へ降格《リーガエスパニョーラ》

▽ヘタフェは15日、リーガエスパニョーラ最終節でベティスとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。 ▽降格圏に沈む18位ヘタフェ(勝ち点36)は勝利したとしても、17位スポルティング・ヒホン(勝ち点36)が勝利した際には13年ぶりの降格となる中、14位ベティス(勝ち点42)とのアウェイ戦に臨んだ。 ▽慎重な入りを見せたヘタフェはベティスにボールを持たせる展開とする。互いに攻め手を欠く中23分、ヘタフェに決定機が訪れた。左サイドからのサラビアのクロスにS・スチェポビッチがダイビングヘッドで合わせるも、シュートはわずかに枠の左へ外れる。 ▽25分、ベティスのダニ・セバージョスのミドルシュートでゴールに迫られたヘタフェは35分にもピンチ。モリーナにボックス左へ侵入され、決定的なシュートを浴びたが、GKグアイタが好守で阻止した。ハーフタイムにかけてもベティスがボールを保持する展開のままゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半、リスクを負い始めたヘタフェは49分にペドロ・レオンがミドルシュートでGKをけん制。さらに55分、ボックス左からのサラビアのクロスをS・スチェポビッチが合わせる決定機を迎えるも、GKヒメネスの好守に阻止される。 ▽すると直後の56分、右サイドからのホアキンのFKをボックス左のペッゼッラに頭で合わせられると、これがゴール右に決まって先制を許してしまう。 ▽ビハインドを負ったヘタフェは64分にヨダが、67分にサラビアがシュートを浴びせるも枠を捉えられない。すると72分、ムソンダにボックス内へ進入されたところでダミアン・スアレスが倒したとしてPKを献上。これをルベン・カストロに決められてリードを広げられた。 ▽さらに75分、ヘタフェはブエンディアが退場し、10人となってしまう。結局、84分にメドランが一矢を報いたものの、1-2でタイムアップ。12年連続プリメーラで戦ってきたヘタフェだったが、降格となってしまった。 2016.05.16 04:48 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング