超ワールドサッカー

オサスナ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 オサスナ 22 4 10 24 40 94 -54 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.20
28:00
リーガエスパニョーラ
第38節
セビージャ 5 - 0 オサスナ
2017.05.13
25:30
リーガエスパニョーラ
第37節
オサスナ 2 - 1 グラナダ
2017.05.07
23:15
リーガエスパニョーラ
第36節
バレンシア 4 - 1 オサスナ
2017.04.30
19:00
リーガエスパニョーラ
第35節
オサスナ 2 - 2 デポルティボ
2017.04.26
26:30
リーガエスパニョーラ
第34節
バルセロナ 7 - 1 オサスナ

基本データ

正式名称:CAオサスナ

原語表記:Club Atletico Osasuna

愛称:ロヒージョス(小さい赤)

創立:1920年

ホームタウン:パンプローナ

チームカラー:赤、青

関連ニュース

thumb

ナポリ、オサスナの逸材MFベレンゲルと個人間合意! 代理人「我々は契約と給与に関して合意した」

▽ナポリがオサスナのスペイン人MFアレハンドロ・ベレンゲル(21)の獲得に向けて個人間合意に至ったようだ。同選手の代理人がイタリア『Calcio Napoli 24』で明かした。 ▽今季をセリエA3位で終えたナポリは、マウリツィオ・サッリ監督3年目でのスクデット獲得やチャンピオンズリーグ(CL)での更なる成功を目指している。その目標達成に向けて選手層の拡充を狙うナポリは、オサスナの逸材ウイングの獲得に迫っているようだ。 ▽ベレンゲルの代理人を務めるフアン・オヤガ氏は、『Calcio Napoli 24』でナポリとベレンゲルがすでに個人間で合意していることを明かした。 「現在、我々はナポリからオサスナへの公式なオファーを待っている。アレハンドロはナポリのユニフォームを着ることを好んでいる。彼らはイタリアで最高のクラブの1つだからね」 「我々は契約と給与に関して合意した。そして、クラブ間で正しい解決策を見つけ出すことを確信している」 ▽オサスナの下部組織出身のベレンゲルは、右利きのウイングプレーヤー。今季はリーグ戦19位で降格を強いられたチームの中で、リーグ戦29試合に出場し、1ゴール7アシストと孤軍奮闘の活躍を見せていた。なお、同選手の契約解除金は900万ユーロ(約11億2000万円)に設定されているといわれているが、ナポリは2部降格で財政面で苦戦を強いられるオサスナに対して、より安価な金額での獲得を目指している模様だ。 2017.06.16 16:07 Fri
twitterfacebook
thumb

2部降格のオサスナがヴァシリエビッチ監督との契約満了を発表…22試合でわずか3勝

▽オサスナは7日、ペタル・ヴァシリエビッチ監督(46)の契約満了を発表した。 ▽ヴァシリエビッチ監督は、現役時代もオサスナでプレー。2006年7月に現役を退くと、2015年7月にオサスナのスポーツディレクターに就任。今シーズンはエンリケ・マルティン・モンレアル監督(60)が指揮を執っていたものの、成績不振により昨年11月にホアキン・カパロス監督(61)を招へい。しかし、カパロス監督も今年1月に成績不振で解任され、ヴァシリエビッチ氏が監督を引き継いでいた。 ▽しかし、監督就任後も勝利に見放され、6連敗を喫するなど結果が出ず。就任から14試合目となった第30節のアラベス戦で初勝利を挙げるも、その後も2勝しかできず19位で2部への降格が決定していた。 2017.06.08 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

降格オサスナでリーガ10GのFWセルヒオ・レオンがベティス復帰

▽ベティスは1日、オサスナからスペイン人FWセルヒオ・レオン(28)を完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は2021年6月30日までで、移籍金はスペイン『マルカ』によれば350万ユーロ(約4億3600万円)とのことだ。 ▽ベティスのカンテラで育ったアタッカーのセルヒオ・レオンは、これまでレンタル先のクラブを転々としていた苦労人。しかし、2015-16シーズンに2部のエルチェで22ゴールを挙げて得点王に輝くと、2016年夏に加入したオサスナでは2部へ降格したチームの中、10ゴールを挙げる活躍を見せていた。 ▽移籍先のベティスは先日、新シーズンに向けてラス・パルマスで指揮を執っていたキケ・セティエン監督を迎えたが、同監督就任後初めての補強がセルヒオ・レオンとなった。 2017.06.02 03:01 Fri
twitterfacebook
thumb

メッシら3人が2G! マスチェラーノの移籍後初弾も生まれたバルセロナが7発圧勝で暫定首位キープ《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは26日、リーガエスパニョーラ第34節でオサスナを本拠地カンプ・ノウに迎え、7-1で圧勝した。 ▽前節レアル・マドリーとのエル・クラシコをメッシのラストプレー弾で3-2と制して暫定首位に浮上したバルセロナ(勝ち点75)は、3日前に行われたクラシコのスタメンから5選手を変更。スアレスやイニエスタ、ユムティティら主力がベンチスタートとなり、アルダやデニス・スアレス、アンドレ・ゴメスといったバックアッパーがスタメンとなった。 ▽最下位オサスナ(勝ち点18)に対し、メッシとアルカセルが縦関係の2トップを形成し、右にアンドレ・ゴメス、左にアルダを配す[3-5-1-1]で臨んだバルセロナが、敵陣に押し込んでいく。すると12分、相手のミスパスをカットしたメッシがディフェンスライン裏へ一気に独走。GKとの一対一を難なくループシュートで制した。 ▽先制後も敵陣でゆったりとボールを保持するバルセロナは省エネモードで時間を消化していく。それでも30分、追加点を奪いきる。右CKの流れから右サイドのラキティッチのクロスをアンドレ・ゴメスがボレーで蹴り込んだ。続く40分にはFKからアルカセルのヘディングシュートが枠を捉えたがGKにセーブされ、2点のリードでハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半開始3分、ロベルト・トーレスの直接FKで1点差に詰め寄られたバルセロナは、50分にFKからマスチェラーノのヘディングシュートでゴールに迫ると、57分には左CKからピケがヘディングシュートを放って枠を捉えたが、ゴールライン前に戻ったDFの好クリアに阻まれる。それでも直後、CKのルーズボールを蹴り込んだアンドレ・ゴメスのこの試合2点目のゴールでバルセロナが3-1と突き放した。 ▽さらに61分、メッシがペナルティアーク中央からゴール左へコントロールシュートを流し込んで4点目を挙げたバルセロナは、メッシをお役御免とした直後、アルダの浮き球パスに反応したアルカセルがシュートを流し込んで5-1とした。 ▽そして67分には2010年夏にバルセロナ加入以降、ノーゴールが続いていたマスチェラーノがPKで移籍後初ゴールをマークするなど、7発圧勝のバルセロナが暫定首位をキープしている。 2017.04.27 04:23 Thu
twitterfacebook
thumb

カラスコの2ゴールなど3発のアトレティコが最下位オサスナに快勝!《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは15日、リ-ガエスパニョーラ第32節でオサスナと対戦し、3-0で勝利した。 ▽前節レアル・マドリーとの“マドリッド・ダービー”をグリーズマンの劇的弾でドローに持ち込んだ3位アトレティコ(勝ち点62)が、本拠地ビセンテ・カルデロンに最下位のオサスナ(勝ち点17)を迎えた一戦。 ▽ミッドウィークにチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグのレスター・シティ戦(1-0)を行ったアトレティコは、その試合からスタメンを6人変更。グリーズマンやコケ、ガビなど主力に代えてコレアやトーマス、ホセ・ヒメネスらをスタメンで起用した。 ▽試合は立ち上がりからボールを保持してオサスナ陣内へ攻め込むアトレティコだったが、アタッキングサードで目先を変えるプレーがなく、打開できない状況が続く。 ▽ところが前半半ばに差し掛かると、アトレティコが立て続けにチャンスを迎える。28分、右CKをニアでリュカがフリックすると、ゴール左手前で受けたコレアが反転からシュート。これはゴール左に外れたが、直後に試合を動かす。 ▽30分、フィリペ・ルイスのパスをバイタルエリア左で受けたカラスコがカットインから右足を振り抜くと、このシュートがゴール左隅に決まった。さらに39分にも、バイタルエリア中央でパスを受けたコレアのワンタッチパスからトーレスに決定機が生まれたが、シュートは相手GKの好セーブに阻まれた。 ▽その後も押し気味に試合を進めるアトレティコは、オサスナのシュートを0本に抑え、前半を終わらせた。 ▽後半に入っても試合のペースはアトレティコが握る。47分、スローインの流れからボックス右付近でパスを受けたガイタンがクロスを供給。これをファーサイドのカラスコが頭で流し込んだ。 ▽後半開始早々に追加点を奪ったアトレティコは、61分にもペナルティアーク手前でボールを受けたコレアのラストパスからフィリペ・ルイスがゴールネットを揺らし、試合を決定付ける3点目。 ▽アトレティコ・マドリーはその後、フィリペ・ルイスやトーレス、ガイタンを下げてサビッチやチアゴ、チェルチを投入。すると試合終了間際の88分、ロングパスをボックス内で受けたコレアが、飛び出したGKシリグに倒されPKを獲得。だが、ハットトリックを狙うカラスコのPKは、相手GKにコースを読まれ、失敗。 ▽さらに90分にも、トーマスのパスが相手DFにディフレクトすると、浮いたボールがデ・ラス・クエバスのハンドを誘い、再びPK。しかし、トーマスのPKもGKシリグのセーブにストップされた。 ▽結局、試合はそのまま3-0で終了。主力を温存しながらも終始オサスナを圧倒したアトレティコが、18日に行われるCL準々決勝2ndレグに向け好調を維持している。 2017.04.16 04:03 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング