オサスナ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 オサスナ 10 1 7 15 24 52 -28 23

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-02-26
20:00
リーガエスパニョーラ
第24節
エスパニョール vs オサスナ
2017-03-01
27:30
リーガエスパニョーラ
第25節
オサスナ vs ビジャレアル
2017-03-05
26:30
リーガエスパニョーラ
第26節
ラス・パルマス vs オサスナ
2017-03-13
28:45
リーガエスパニョーラ
第27節
オサスナ vs エイバル
2017-03-20
リーガエスパニョーラ
第28節
ベティス vs オサスナ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.02.19
26:30
リーガエスパニョーラ
第23節
セルタ 3 - 0 オサスナ
2017.02.11
28:45
リーガエスパニョーラ
第22節
オサスナ 1 - 3 レアル・マドリー
2017.02.05
26:30
リーガエスパニョーラ
第21節
ソシエダ 3 - 2 オサスナ
2017.01.27
28:45
リーガエスパニョーラ
第20節
オサスナ 1 - 1 マラガ
2017.01.22
20:00
リーガエスパニョーラ
第19節
オサスナ 3 - 4 セビージャ

基本データ

正式名称:CAオサスナ

原語表記:Club Atletico Osasuna

愛称:ロヒージョス(小さい赤)

創立:1920年

ホームタウン:パンプローナ

チームカラー:赤、青

関連ニュース

thumb

最下位相手に辛勝のマドリー、CLナポリ戦に不安残す…《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは11日、エル・サダールで行われたリーガエスパニョーラ第22節でオサスナと対戦し、3-1で勝利した。 ▽来週ミッドウィークにナポリとのチャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦1stレグを控える首位レアル・マドリーは、前節セルタ戦中止の影響でコンディションは万全。だが、ナポリ戦を控える中で迎えた最下位オサスナ相手のアウェイゲームに向けては、クロースを累積警告による出場停止で欠いたものの、負傷明けのマルセロやモドリッチが先発に復帰。また、ジダン監督はベンゼマとクリスティアーノ・ロナウドを2トップに並べた[3-5-2]の布陣を採用した。 ▽最下位相手に序盤から相手を圧倒する展開が予想されたものの、攻守両面でハードワークするホームチームに手を焼くマドリーは、システム変更やCLナポリ戦の影響もあってか、立ち上がりからピリッしない。この流れの中で13分にはイスコと激しく交錯したタノがプレー続行不可能となり、担架に乗せられてピッチを去るアクシデントも発生した。 ▽なかなか流れを掴み切れないマドリーだったが、頼れるエースが最初の決定機をゴールに結びつける。24分、ボックス右でベンゼマからパスを受けたC・ロナウドが角度のないところから右足を振り抜くと、このシュートがGKシリグの股間を抜いた。 ▽苦しみながらも先制に成功したマドリーだったが、33分にフエンテスの縦パス一本に抜け出したセルヒオ・レオンに完璧に裏を取られ、最後は鮮やかなループシュートを決められ、最下位相手に同点に追いつかれる。その後、35分にはC・ロナウドのパスからゴール前のベンゼマに絶好機も、至近距離からのシュートをGKシリグに阻まれ、前半を1-1のイーブンで終えることになった。 ▽迎えた後半も開始3分にボックス右で仕掛けたセルヒオ・レオンに決定的なシュートを許すなど、低調なパフォーマンスが続くマドリー。57分には左足首を痛めたダニーロがプレー続行不可能となり、負傷明けのハメス・ロドリゲスの投入を余儀なくされる。この交代でマルセロが左サイドバックに下がり、3バックの一角を担っていたナチョが右サイドバックにスライド。システムを[4-4-2]に変更した。 ▽すると、システム変更直後の62分、ボックス内で仕掛けたベンゼマの突破はDFに引っかけられるも、すかさずルーズボールを奪ったイスコが右に持ち出してゴール左隅へシュートを流し込んだ。 ▽イスコの値千金の勝ち越しゴールでようやく流れを掴み始めたマドリーは、72分にベンゼマを下げてルーカス・バスケスを投入。攻守のバランスを安定させると、マルセロのスルーパスからC・ロナウドに決定機が訪れるなど、3点目に迫る。ただ、守備面では相変わらず緩さが目立ち、82分には同点ゴールを決めているセルヒオ・レオンに枠の右隅を捉えた決定的なシュートを許すが、ここはGKケイロル・ナバスの好守で凌いだ。 ▽その後、足が止まり始めたホームチーム相手に時間を進めていくマドリーは、後半アディショナルタイムに前線でルーズボールを拾ったマルセロのスルーパスからバスケスが今季リーグ戦初ゴールを記録し、最終的に3-1で勝利。最下位オサスナ相手に辛くも勝ち切ったマドリーだが、絶好調のナポリと対戦するCL決勝トーナメント1回戦に向けて不安を残す結果となった。 2017.02.12 06:53 Sun
twitterfacebook
thumb

オサスナ、セビージャからPSG所属のイタリア代表GKシリグをレンタルで獲得

▽オサスナは1月31日、セビージャからイタリア代表GKサルバトーレ・シリグ(30)を今季終了までのレンタル移籍で獲得したと発表した。 ▽シリグは今季、出場機会を求めてパリ・サンジェルマンから1年間のレンタルでセビージャに移籍。しかし、スペイン代表GKセルヒオ・リコの前にポジションを奪うには至らず、リーグ戦2試合の先発に留まっていた。 ▽リーグワースト2位の43失点を喫しているオサスナは、20試合を終えたリーガエスパニョーラで残留圏内の17位レガネスとは8ポイント差と厳しい状況に置かれている。 2017.02.01 03:56 Wed
twitterfacebook
thumb

最下位オサスナとの打ち合い制したセビージャがリーガ5連勝! 清武は2017年リーガで初ベンチも出場なし《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第19節、オサスナvsセビージャが22日にエル・サダールで行われ、アウェイのセビージャが4-3で勝利した。セビージャのMF清武弘嗣はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節、首位レアル・マドリーとの頂上決戦を劇的な逆転勝利で飾った2位セビージャは、リーグ4連勝達成。5連勝を目指す今節は、最下位オサスナとのアウェイゲームに臨んだ。マドリー戦からのメンバー変更は2点。負傷のナスリ、ビトロに代わって、メルカド、これがリーガ初先発となるヨベティッチが起用され、そのヨベティッチとイェデルが2トップ、フランコ・バスケスがトップ下に入る[3-5-2]の布陣を採用した。なお、清武は2017年のリーガで初のベンチ入りを果たした。 ▽極寒のパンプローナの地で幕を開けた一戦。球際の激しさや集中力で勝るホームチームが最高の入りを見せると、格上セビージャ相手に先制点を奪う。15分、右サイド深くで得たスローインからボックス右でボールを受けたロベルト・トーレスが間髪入れずに折り返すと、ニアに走り込んだセルヒオ・レオンが右足で流し込んだ。 ▽DFラミ、DFパレハの対応の遅れから最下位相手に先制を許したセビージャは、その後も相手の鋭い出足に苦戦し、なかなか攻撃の形を作れない。逆に、32分には相手の右CKからゴール前のセルヒオ・レオンに決定機を許すが、至近距離からのシュートを守護神セルヒオ・リコが見事なセーブで阻み、追加点を許さない。 ▽守護神のビッグセーブに救われたセビージャは、前半終盤にかけて攻撃の形を作り始めると、43分に同点に追いつく。右サイドを起点にした攻めからペナルティアーク付近のイボーラが意表を突いたジャンピングボレーを放つ。これは左ポストを叩くが、跳ね返りを拾ったヨベティッチの折り返しを、再びイボーラが蹴り込んだ。その後、45分にロベルト・トーレスの直接FKであわやという場面を作られたものの、このピンチをGKセルヒオ・リコが救い、前半を1-1のイーブンで終えた。 ▽後半に入って主導権を握るセビージャだが、53分に裏へ抜け出したロベルト・トーレスに際どいシュートを許すなど、後半も相手のカウンターに苦しむ。すると63分、右サイドからのクロスの対応にあたったイボーラのクリアミスがゴール左に吸い込まれ、後半も先にゴールを許してしまった。 ▽再びビハインドを追う展開となったセビージャだったが、失点からわずか2分後にスコアをタイに戻す。ボックス左でヨベティッチのパスを受けたイェデルのシュートはGKマリオ・フェルナンデスに阻まれるが、ゴール前でこぼれ球に反応したイボーラが冷静に頭で押し込み、先ほどのオウンゴールを帳消しにするこの試合2点目を奪った。 ▽その後、DFメルカドを下げてサラビアを投入し、システムを[4-2-3-1]に変更して勝ち越しゴールを目指すセビージャは、80分に逆転に成功する。右CKの場面でサラビアのクロスをゴール前のフランコ・バスケスが頭で流し込んだ。 ▽この試合で初めてリードを奪ったセビージャは、バスケス、イェデルと攻撃的な選手をベンチに下げてクラネビッテル、コレアを投入し、逃げ切りを図る。試合終了間際にはサラビアの見事なシュートでリードを2点に広げるも、相手ラストプレーでコドロに意地のヘディングシュートを決められ、結局試合は4-3でタイムアップ。最下位オサスナとの激しい打ち合いを制したセビージャが、苦しみながらもリーガ5連勝を達成した。 2017.01.22 21:58 Sun
twitterfacebook
thumb

エイバル、合計スコア3-0でオサスナを上回りベスト8に進出...乾は出場せず《コパ・デル・レイ》

12日に行われたコパ・デル・レイ5回戦セカンドレグで、エイバルは本拠地イプルアにオサスナを迎えて0-0と引き分けた。この結果、2試合合計スコア3-0でエイバルが準々決勝に進んでいる。MF乾貴士は出場しなかった。<br><br>リーガエスパニョーラで10位につけるエイバルと、最下位に位置するオサスナ。余力を残すエイバルがコパの上位進出に意欲を燃やす一方で、オサスナはファーストレグの敗戦(0-3)の影響もありリーガに集中するためメンバーを落として試合に臨んだ。<br><br>3点のアドバンテージを見越して乾をはじめ主力選手を温存したエイバルはカンテラーノのサリエギが先発に抜擢される。対してオサスナもブニュエル、オラビデ、オテギのカンテラーノ3選手がスタメンに名を連ねた。<br><br>序盤から優勢に試合を進めたエイバルだが、10分にアクシデントが発生する。フンカが足を痛め、交代を要求。急きょペドロ・レオンが投入され、ウィングを本職とするルベン・ペーニャが左SBに入った。<br><br>エイバルは15分にこの試合最初の決定機を迎える。左サイドに開いたベベがボールを受けると、浅い位置からインスイングのクロスを入れる。そのクロスにサリエギが飛び込んだが、数センチ及ばずシュートには至らなかった。<br><br>その後もベベとP・レオンが両サイドで起点になり攻撃を仕掛けるも、エイバルはファイナルサードでの精度を欠く。52分にはフラン・リコがミドルレンジから鋭いシュートを放ったが、枠を捉えられなかった。<br><br>エイバルは最後までゴールを割れずに試合を終えた。それでも1stレグの点差を生かしてベスト8に名乗りを挙げている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.13 08:47 Fri
twitterfacebook
thumb

混迷のバレンシア、3度のリードを生かせずリーグ9試合未勝利…《リーガエスパニョーラ》

▽バレンシアは9日、リーガエスパニョーラ第17節でオサスナと対戦し、3-3で引き分けた。 ▽2016年の大みそかにプランデッリ監督が、8日にスポーツディレクターのヘスス・ガルシア・ピタルチ氏が辞任するなど、混迷を極めるバレンシアが、敵地レイノ・デ・ナバーラに乗り込んだ一戦。3日に行われたコパ・デル・レイ5回戦1stレグのセルタ戦を惨敗(1-4)した17位のバレンシアは、その試合からスタメンを4人変更。GKジャウメやカンセロ、ハビ・ヒメネス、メドランに代えてGKジエゴ・アウベスやマンガラ、モントーヤ、ソレールをスタメンで起用した。 ▽試合は開始早々の22秒にバレンシアが決定機。右クロスを中央のロドリゴ・モレノがフリックすると、胸トラップでゴール前に抜け出したサンティ・ミナがシュート。しかし、これは枠を外した。アグレッシブな入りを見せたバレンシアは2分、シケイラの左クロスを中央のムニルがダイレクトボレーでゴール左隅に流し込み、先制に成功した。 ▽対するオサスナは7分、ベレンゲールのスローインをボックス右深くで受けたロベルト・トーレスが折り返すと、これがマリオ・スアレスのクリアミスを誘発。こぼれ球をオリオル・リエラがゴールに押し込んだ。同点に追いつき勢いづくオサスナは、16分にもクレルクの左クロスからセルヒオ・レオンに決定機が生まれるも、シュートは枠を外した。 ▽その後は一進一退の攻防が続いたが、互いに少ない決定機を活かすことができず。このまま前半終了かに思われたが、アディショナルタイム1分にパレホの左CKがオリオル・リエラのオウンゴールを誘発し、バレンシアが勝ち越しに成功した。 ▽迎えた後半、バレンシアはシケイラを下げてラトを投入。しかし、最初のチャンスはオサスナに生まれる。49分、スルーパスに抜け出したR・トーレスがボックス左からシュート。さらに51分には、左サイドを抜け出したクレルクのクロスをファーサイドから走り込んだベレンゲールがダイレクトで合わせたが、これは枠の上に外れた。 ▽すると62分、左クロスをペナルティアーク内に走り込んだR・トーレスがシュート。これはゴール前のマルケスに当たったが、跳ね返りを再びR・トーレスが左足でゴール左に突き刺した。 ▽追いつかれたバレンシアだが73分、右サイドからカットインしたモントーヤがパレホにパスを預けると、そのままダイアゴナルに走り込む。パレホからのパスを左サイドで受けたムニルのダイレクトクロスをゴール前に走り込んだモントーヤがワントラップから冷静にゴール右隅へ流し込んだ。 ▽再びリードしたバレンシアは、86分にもサンティ・ミナがマルケスにボックス内で倒され、PKを獲得。しかし、パレホのPKはGKマリオ・フェルナンデスにシュートコースを完璧に読まれて失敗。試合を決定付けることができない。 ▽すると、後半アディショナルタイム2分にハイメ・ロメロとのワンツーでボックス左から侵入したクレルクがゴール右隅にシュートを流し込み、オサスナがみたび同点に追いつく。結局、試合はそのまま終了。3度のリードしたバレンシアだが、リーグ戦8試合ぶりの白星とはならなかった。 2017.01.10 06:57 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング