超ワールドサッカー

オサスナ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 オサスナ 19 3 10 22 37 84 -47 35

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-05-07
23:15
リーガエスパニョーラ
第36節
バレンシア vs オサスナ
2017-05-14
リーガエスパニョーラ
第37節
オサスナ vs グラナダ
2017-05-21
リーガエスパニョーラ
第38節
セビージャ vs オサスナ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.30
19:00
リーガエスパニョーラ
第35節
オサスナ 2 - 2 デポルティボ
2017.04.26
26:30
リーガエスパニョーラ
第34節
バルセロナ 7 - 1 オサスナ
2017.04.22
25:30
リーガエスパニョーラ
第33節
オサスナ 2 - 2 スポルティング・ヒホン
2017.04.15
25:30
リーガエスパニョーラ
第32節
アトレティコ・マドリー 3 - 0 オサスナ
2017.04.09
25:30
リーガエスパニョーラ
第31節
オサスナ 2 - 1 レガネス

基本データ

正式名称:CAオサスナ

原語表記:Club Atletico Osasuna

愛称:ロヒージョス(小さい赤)

創立:1920年

ホームタウン:パンプローナ

チームカラー:赤、青

関連ニュース

thumb

メッシら3人が2G! マスチェラーノの移籍後初弾も生まれたバルセロナが7発圧勝で暫定首位キープ《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは26日、リーガエスパニョーラ第34節でオサスナを本拠地カンプ・ノウに迎え、7-1で圧勝した。 ▽前節レアル・マドリーとのエル・クラシコをメッシのラストプレー弾で3-2と制して暫定首位に浮上したバルセロナ(勝ち点75)は、3日前に行われたクラシコのスタメンから5選手を変更。スアレスやイニエスタ、ユムティティら主力がベンチスタートとなり、アルダやデニス・スアレス、アンドレ・ゴメスといったバックアッパーがスタメンとなった。 ▽最下位オサスナ(勝ち点18)に対し、メッシとアルカセルが縦関係の2トップを形成し、右にアンドレ・ゴメス、左にアルダを配す[3-5-1-1]で臨んだバルセロナが、敵陣に押し込んでいく。すると12分、相手のミスパスをカットしたメッシがディフェンスライン裏へ一気に独走。GKとの一対一を難なくループシュートで制した。 ▽先制後も敵陣でゆったりとボールを保持するバルセロナは省エネモードで時間を消化していく。それでも30分、追加点を奪いきる。右CKの流れから右サイドのラキティッチのクロスをアンドレ・ゴメスがボレーで蹴り込んだ。続く40分にはFKからアルカセルのヘディングシュートが枠を捉えたがGKにセーブされ、2点のリードでハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半開始3分、ロベルト・トーレスの直接FKで1点差に詰め寄られたバルセロナは、50分にFKからマスチェラーノのヘディングシュートでゴールに迫ると、57分には左CKからピケがヘディングシュートを放って枠を捉えたが、ゴールライン前に戻ったDFの好クリアに阻まれる。それでも直後、CKのルーズボールを蹴り込んだアンドレ・ゴメスのこの試合2点目のゴールでバルセロナが3-1と突き放した。 ▽さらに61分、メッシがペナルティアーク中央からゴール左へコントロールシュートを流し込んで4点目を挙げたバルセロナは、メッシをお役御免とした直後、アルダの浮き球パスに反応したアルカセルがシュートを流し込んで5-1とした。 ▽そして67分には2010年夏にバルセロナ加入以降、ノーゴールが続いていたマスチェラーノがPKで移籍後初ゴールをマークするなど、7発圧勝のバルセロナが暫定首位をキープしている。 2017.04.27 04:23 Thu
twitterfacebook
thumb

カラスコの2ゴールなど3発のアトレティコが最下位オサスナに快勝!《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは15日、リ-ガエスパニョーラ第32節でオサスナと対戦し、3-0で勝利した。 ▽前節レアル・マドリーとの“マドリッド・ダービー”をグリーズマンの劇的弾でドローに持ち込んだ3位アトレティコ(勝ち点62)が、本拠地ビセンテ・カルデロンに最下位のオサスナ(勝ち点17)を迎えた一戦。 ▽ミッドウィークにチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグのレスター・シティ戦(1-0)を行ったアトレティコは、その試合からスタメンを6人変更。グリーズマンやコケ、ガビなど主力に代えてコレアやトーマス、ホセ・ヒメネスらをスタメンで起用した。 ▽試合は立ち上がりからボールを保持してオサスナ陣内へ攻め込むアトレティコだったが、アタッキングサードで目先を変えるプレーがなく、打開できない状況が続く。 ▽ところが前半半ばに差し掛かると、アトレティコが立て続けにチャンスを迎える。28分、右CKをニアでリュカがフリックすると、ゴール左手前で受けたコレアが反転からシュート。これはゴール左に外れたが、直後に試合を動かす。 ▽30分、フィリペ・ルイスのパスをバイタルエリア左で受けたカラスコがカットインから右足を振り抜くと、このシュートがゴール左隅に決まった。さらに39分にも、バイタルエリア中央でパスを受けたコレアのワンタッチパスからトーレスに決定機が生まれたが、シュートは相手GKの好セーブに阻まれた。 ▽その後も押し気味に試合を進めるアトレティコは、オサスナのシュートを0本に抑え、前半を終わらせた。 ▽後半に入っても試合のペースはアトレティコが握る。47分、スローインの流れからボックス右付近でパスを受けたガイタンがクロスを供給。これをファーサイドのカラスコが頭で流し込んだ。 ▽後半開始早々に追加点を奪ったアトレティコは、61分にもペナルティアーク手前でボールを受けたコレアのラストパスからフィリペ・ルイスがゴールネットを揺らし、試合を決定付ける3点目。 ▽アトレティコ・マドリーはその後、フィリペ・ルイスやトーレス、ガイタンを下げてサビッチやチアゴ、チェルチを投入。すると試合終了間際の88分、ロングパスをボックス内で受けたコレアが、飛び出したGKシリグに倒されPKを獲得。だが、ハットトリックを狙うカラスコのPKは、相手GKにコースを読まれ、失敗。 ▽さらに90分にも、トーマスのパスが相手DFにディフレクトすると、浮いたボールがデ・ラス・クエバスのハンドを誘い、再びPK。しかし、トーマスのPKもGKシリグのセーブにストップされた。 ▽結局、試合はそのまま3-0で終了。主力を温存しながらも終始オサスナを圧倒したアトレティコが、18日に行われるCL準々決勝2ndレグに向け好調を維持している。 2017.04.16 04:03 Sun
twitterfacebook
thumb

乾が2試合ぶりの先発もエイバルが最下位オサスナに痛恨のドロー《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第27節のオサスナvsエイバルが13日に行われ、1-1の引き分けに終わった。エイバルのMF乾貴士は64分までプレーした。 ▽前節のレアル・マドリー戦で完敗した8位エイバル(勝ち点39)が、最下位オサスナ(勝ち点10)の本拠地レイノ・デ・ナバーラに乗り込んだ一戦。ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得へ格下相手にポイントロスが許されないエイバルは、マドリー戦からスタメンを3人変更。ペーニャやルナ、マウロ・ドス・サントスに代えて2試合ぶりの先発となる乾とアルビージャ、ルジューヌを起用した。 ▽乾を左MFに配置した[4-2-3-1]の布陣で試合に臨んだエイバルは7分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、左サイドを持ち上がった乾がカットインからミドルシュート。これはゴール左を捉えたが、GKシリグのセーブに防がれた。 ▽一進一退の展開となる中、エイバルは乾が立て続けにオサスナゴールを脅かす。24分、アドリアン・ゴンサレスのパスをバイタルエリア左で受けた乾がカットインから狙うと、鋭いシュートが左隅を捉えるも、GKシリグに再び阻まれる。さらに29分にも、ボックス左手前まで持ち上がった乾が強烈なミドルシュートでゴールを狙ったが、三度GKシリグの好守に遭う。 ▽押し込みながらもゴールレスで試合を折り返したエイバルは、後半立ち上がりにピンチを招く。51分、相手CKのセカンドボールを奪ったオサスナがロングカウンターを仕掛けると、ハイメ・ロメロのスルーパスで右サイドを抜け出したセルヒオ・レオンがボックス内まで持ち上がりシュート。しかし、これはGKジョエル・ロドリゲスが正面でセーブした。 ▽こう着状態が続く中、両チームがほぼ同時に最初の選手交代を行う。オサスナは63分、カウシッチを下げてメリダを投入。対するエイバルは、64分に乾に代えてペーニャを投入。さらに72分、アドリアン・ゴンサレスを下げてキケをピッチに送り出した。 ▽すると、直後のプレーでエイバルが均衡を破る。ペドロ・レオンとのワンツーで右サイドをオーバーラップしたカパがボックス右から侵入すると、ラインギリギリまで持ち上がりマイナスの折り返しを供給。これを中央のキケがダイレクトでゴールに流し込んだ。 ▽待望の先制弾でリードしたエイバルだったが、すぐにオサスナの反撃に遭う。79分、相手ボックス付近でこぼれ球を拾ったメリダがボックス右に侵入するとヒールパスで繋ぐ。これを受けたハイメ・ロメロが相手GKとDFの間にうまくクロスを供給すると、ゴール左から走り込んだコドロが右足でゴールネットを揺らした。さらに82分にも、R・トーレスの右FKからファーサイドのロエが頭でゴールを脅かしたが、これはGKジョエル・ロドリゲスの好守に阻まれた。 ▽同点に追いついたオサスナは終盤にかけても攻勢に出たが、逆転ゴールを奪うには至らず1-1でタイムアップ。最下位相手に痛恨のドローを喫したエイバルは、EL圏内の6位ソシエダとの勝ち点差を縮めることができなかった。 2017.03.14 06:40 Tue
twitterfacebook
thumb

最下位相手に辛勝のマドリー、CLナポリ戦に不安残す…《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは11日、エル・サダールで行われたリーガエスパニョーラ第22節でオサスナと対戦し、3-1で勝利した。 ▽来週ミッドウィークにナポリとのチャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦1stレグを控える首位レアル・マドリーは、前節セルタ戦中止の影響でコンディションは万全。だが、ナポリ戦を控える中で迎えた最下位オサスナ相手のアウェイゲームに向けては、クロースを累積警告による出場停止で欠いたものの、負傷明けのマルセロやモドリッチが先発に復帰。また、ジダン監督はベンゼマとクリスティアーノ・ロナウドを2トップに並べた[3-5-2]の布陣を採用した。 ▽最下位相手に序盤から相手を圧倒する展開が予想されたものの、攻守両面でハードワークするホームチームに手を焼くマドリーは、システム変更やCLナポリ戦の影響もあってか、立ち上がりからピリッしない。この流れの中で13分にはイスコと激しく交錯したタノがプレー続行不可能となり、担架に乗せられてピッチを去るアクシデントも発生した。 ▽なかなか流れを掴み切れないマドリーだったが、頼れるエースが最初の決定機をゴールに結びつける。24分、ボックス右でベンゼマからパスを受けたC・ロナウドが角度のないところから右足を振り抜くと、このシュートがGKシリグの股間を抜いた。 ▽苦しみながらも先制に成功したマドリーだったが、33分にフエンテスの縦パス一本に抜け出したセルヒオ・レオンに完璧に裏を取られ、最後は鮮やかなループシュートを決められ、最下位相手に同点に追いつかれる。その後、35分にはC・ロナウドのパスからゴール前のベンゼマに絶好機も、至近距離からのシュートをGKシリグに阻まれ、前半を1-1のイーブンで終えることになった。 ▽迎えた後半も開始3分にボックス右で仕掛けたセルヒオ・レオンに決定的なシュートを許すなど、低調なパフォーマンスが続くマドリー。57分には左足首を痛めたダニーロがプレー続行不可能となり、負傷明けのハメス・ロドリゲスの投入を余儀なくされる。この交代でマルセロが左サイドバックに下がり、3バックの一角を担っていたナチョが右サイドバックにスライド。システムを[4-4-2]に変更した。 ▽すると、システム変更直後の62分、ボックス内で仕掛けたベンゼマの突破はDFに引っかけられるも、すかさずルーズボールを奪ったイスコが右に持ち出してゴール左隅へシュートを流し込んだ。 ▽イスコの値千金の勝ち越しゴールでようやく流れを掴み始めたマドリーは、72分にベンゼマを下げてルーカス・バスケスを投入。攻守のバランスを安定させると、マルセロのスルーパスからC・ロナウドに決定機が訪れるなど、3点目に迫る。ただ、守備面では相変わらず緩さが目立ち、82分には同点ゴールを決めているセルヒオ・レオンに枠の右隅を捉えた決定的なシュートを許すが、ここはGKケイロル・ナバスの好守で凌いだ。 ▽その後、足が止まり始めたホームチーム相手に時間を進めていくマドリーは、後半アディショナルタイムに前線でルーズボールを拾ったマルセロのスルーパスからバスケスが今季リーグ戦初ゴールを記録し、最終的に3-1で勝利。最下位オサスナ相手に辛くも勝ち切ったマドリーだが、絶好調のナポリと対戦するCL決勝トーナメント1回戦に向けて不安を残す結果となった。 2017.02.12 06:53 Sun
twitterfacebook
thumb

オサスナ、セビージャからPSG所属のイタリア代表GKシリグをレンタルで獲得

▽オサスナは1月31日、セビージャからイタリア代表GKサルバトーレ・シリグ(30)を今季終了までのレンタル移籍で獲得したと発表した。 ▽シリグは今季、出場機会を求めてパリ・サンジェルマンから1年間のレンタルでセビージャに移籍。しかし、スペイン代表GKセルヒオ・リコの前にポジションを奪うには至らず、リーグ戦2試合の先発に留まっていた。 ▽リーグワースト2位の43失点を喫しているオサスナは、20試合を終えたリーガエスパニョーラで残留圏内の17位レガネスとは8ポイント差と厳しい状況に置かれている。 2017.02.01 03:56 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング