バジャドリー

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 バジャドリー 20 5 5 5 13 15 -2 15

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-12-15
24:15
リーガエスパニョーラ
第16節
バジャドリー vs アトレティコ・マドリー
2018-12-22
28:45
リーガエスパニョーラ
第17節
ビルバオ vs バジャドリー
2019-01-05
リーガエスパニョーラ
第18節
バジャドリー vs ラージョ
2019-01-12
リーガエスパニョーラ
第19節
バレンシア vs バジャドリー
2019-01-19
リーガエスパニョーラ
第20節
レバンテ vs バジャドリー

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.12.09
26:30
リーガエスパニョーラ
第15節
レアル・ソシエダ 1 - 2 バジャドリー
2018.12.01
24:15
リーガエスパニョーラ
第14節
バジャドリー 2 - 4 レガネス
2018.11.25
24:15
リーガエスパニョーラ
第13節
セビージャ 1 - 0 バジャドリー
2018.11.10
21:00
リーガエスパニョーラ
第12節
バジャドリー 0 - 0 エイバル
2018.11.03
24:15
リーガエスパニョーラ
第11節
レアル・マドリー 2 - 0 バジャドリー

基本データ

正式名称:レアル・バジャドリー

原語表記:Real Valladolid

創立:1928年

ホームタウン:バジャドリー

チームカラー:紫

関連ニュース

thumb

A・シウバのリーグ戦6試合ぶりのゴールでバジャドリー下したセビージャ、バルサを抜いて首位浮上!《リーガエスパニョーラ》

▽セビージャは25日、リーガエスパニョーラ第13節でバジャドリーと対戦し、1-0で勝利した。 ▽前節終了時点で7勝2分け3敗で2位につけているセビージャ。直近ではエスパニョールに後半の2得点で逆転勝利を収め、首位のバルセロナの背後にピタリとつけている。10位バジャドリーとの今節は、エスパニョール戦からスタメンを4人変更。ケアーやA・ビダル、ロケ・メサ、イェデルらが先発に名を連ねた。 ▽バジャドリーの守備を前になかなかチャンスを作れないセビージャは12分に、CKの流れからの中からケアーがヘディングシュート。これはGKの正面に。以降も攻撃のリズムが作れないホームチーム。ならばと24分にはエスクデロがボックスの外からミドルシュートでトライ。しかしこれは枠を大きく越えてしまう。 ▽そんな試合が動いたのは30分、ボックス右でボールを持ったサラビアは鋭い切り返しでマークを振り切りクロスを供給。これをアンドレ・シウバがヘディングで叩き込んでセビージャが先制点を奪った。第7節のエイバル戦以来のゴールとなったアンドレ・シウバは、これでリーグ戦8ゴール目を記録した。 ▽一点を追うバジャドリーは58分にアルカラスを下げてウナルを投入。すると直後のCKで、そのウナルが見事なバイシクルシュートを決めたが、ゴール前にいたトニがオフサイドを取られゴールは認められなかった。シュートコースに立っていたトニは避けてボールには触れていなかったが、関与したと判断されたようだ。 ▽さらに74分には、味方のシュートのこぼれ球をウナルが押し込んでネットを揺らしたがこれもオフサイド。81分にもウナルがボックスの外からシュートを狙うがこれもゴールに結びつかない。 ▽後半アディショナルタイムに、セビージャはボックス右外からのロケ・メサのFKをイェデルがヘディングシュートにつなげるが、相手GKのファインセーブに遭いゴールならず。途中出場の両選手がチャンスを演出した。バジャドリーも左サイドからのアーリークロスをウナルが巧みなコントロールからシュートを放ったが、セビージャGKバシリクもファインセーブで対抗。 ▽その後まもなく試合終了。アンドレ・シウバのゴールを守り切ったセビージャがリーグ戦2連勝とし、同節にアトレティコ。マドリーと引き分けたバルセロナを抜いて首位に躍り出た。 2018.11.26 02:15 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリー、ヴィニシウス、ロドリゴに続きコリンチャンスのメガクラック候補ペドリーニョに関心

▽レアル・マドリーが、コリンチャンスのブラジル人FWペドリーニョ(20)の獲得に動き始めたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽昨季、コリンチャンスでトップチームデビューを飾ったペドリーニョは今季から主力に定着。複数の相手DFを翻弄する細かいステップを生かしたドリブルにトリッキーなラストパス、高精度の左足のキックは、ロナウジーニョら過去のセレソンのメガクラックを髣髴とさせる。 ▽右ウイングを主戦場に抜群のファンタジアを発揮する逸材アタッカーは、今季はここまで公式戦37試合に出場し4アシストを記録。課題とされる得点力に磨きがかかれば、一気に大ブレイクとなるはずだ。 ▽現在、トップチームでブレイク中のブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオール、U-20ブラジル代表FWロドリゴを手中に収めているマドリーは、さらに新たなブラジル人スター候補としてペドリーニョを注視。 ▽フロレンティーノ・ペレス会長は、マドリーとコリンチャンスOBで現バジャドリーの会長である元ブラジル代表FWのロナウド氏と共に、先週コリンチャンスのアンドレス・サンチェス会長と会談の場を持ったという。 ▽『マルカ』はこの三者会談がペドリーニョ獲得に向けたもので、現時点で即戦力とは言い難い同選手をリーガエスパニョーラに順応させるため、マドリーが獲得を決めた後にバジャドリーへレンタルで貸し出すというプランも話し合ったのではないかと推測している。 ▽なお、コリンチャンスと2020年12月までの契約を結んでいるペドリーニョには、国外移籍限定で5000万ユーロ(約64億円)の解除条項があるという。また、マドリーに先んじて同選手への関心が伝えられたバルセロナはすでにコリンチャンスと移籍に向けた話し合いを進めつつ、現地に複数回クラブ幹部を送り込んでいるようだ。 2018.11.19 13:51 Mon
twitterfacebook
thumb

怪物ロナウド氏、バジャドリー会長としてレアル・マドリーに帰還…旧知のペレス会長と試合を見守る

元ブラジル代表FWのロナウド氏が、古巣レアル・マドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウに戻ってきた。ただし、今回は同クラブの対戦相手の代表者としてである。元ブラジル代表FWはバジャドリーの会長として、旧知の仲であるフロレンティーノ・ペレス会長の横に座っている。<br><br>今年9月にバジャドリーの株式51%を3000万ユーロ(約38億円)で取得して同クラブの会長に就任したロナウド氏は、3日のリーガ・エスパニョーラ第11節、ベルナベウを舞台としたレアル・マドリー戦で、ペレス会長の隣に座って試合を観戦した。<br><br>このような光景は、なかなか見られるものではないだろう。ペレス会長は2002年、フェノメノ(怪物)として名を馳せたロナウド氏をルイス・フィーゴ氏、ジネディーヌ・ジダン氏に続くガラクティコ(銀河系選手)として、移籍金4500万ユーロ(約58億円)で獲得。ロナウド氏は現役引退後に、ペレス会長の個人相談役も務めていた時期もあった。両クラブの会長が横並びで試合を見守るとき、頻繁に言葉を交わすことはないが、そうした親しい間柄にあるペレス会長とロナウド会長は笑顔で会話していた。<br><br>試合は2&minus;0で、レアル・マドリーが勝利。ロナウド会長は試合後、自身の『ツイッター』アカウントで「一チームだけしか勝つことができない、たくさんの気持ちが込もった試合だった。バジャドリーは素晴らしい試合を演じたし、良い道を歩んでいるね。レアル・マドリーの素晴らしいホスピタリティーに感謝をしたい」と感想を述べている。<br><br>なおレアル・マドリーは勝ち点17で6位、バジャドリーは勝ち点16で9位に位置している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.04 22:34 Sun
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモス「怒りを僕に向けてくれることを誇りに思う」

▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、「ファンからの批判を誇る」と語った。スペイン『アス』が伝えている。 ▽マドリーは3日、リーガエスパニョーラ第11節でバジャドリーを本拠地サンティアゴ・ベルナベウに迎え、2-0で勝利。未だリーガ第10節バルセロナ戦で喫した1-5の大敗からは立ち直れていないものの、復調への足掛かりとした。 ▽この試合にも出場した主将DFセルヒオ・ラモスは、試合終盤に得たPKからチームの2点目を記録。相手GKを欺くようなパネンカで勝利を決定づけた。 ▽しかしながら、『アス』によると、試合の中ではサポーターがセルヒオ・ラモスに対してブーイングを浴びせて非難。試合後にそのことについて問われた同選手は、以下のように返答した。 「正直言って、(ブーイングには)本当に気が付かなかった。でも、僕らの中で最も長く在籍している人物が批判を受け止めるべきだというのは正しいよ」 「ファンがどう感じているかは理解している。僕はカピタンで、矢面に立つべき人物の1人だ」 「ファンが全ての怒りを僕に向けてくれることを、誇りに思うよ」 2018.11.04 19:40 Sun
twitterfacebook
thumb

OGとキャプテンの一発でマドリーがバジャドリーを下す!リーグ戦6試合ぶり勝利でソラーリ体制2連勝!《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは3日、リーガエスパニョーラ第11節でバジャドリーと対戦し、2-0で勝利した。 ▽前節のクラシコ大敗からロペテギ監督を解任しアシスタントコーチのソラーリ氏を暫定監督に据えたマドリー。その初陣となった先月31日のコパ・デル・レイのメリリャ戦では若手を主体としたチームで4発快勝を収め、ひとまず安堵した。今節はその試合からスタメンを6選手変更。モドリッチやクロース、ベイル、カゼミロらが先発に顔を揃えた。 ▽先に決定機を作ったのはマドリー。左サイドでモドリッチのパスを受けたアセンシオがボックスへ走り込むベンゼマへスルーパス。ワンタッチで上手くコントロールしたベンゼマだったが、シュートは枠の右に外れた。 ▽左サイドを中心に攻撃を組み立てるマドリーは12分、レギロンのクロスをベイルが頭で合わせる。しかしコースが甘く、GKに難なくキャッチされた。15分には右サイドのFKからカゼミロがヘディングシュートを放つも惜しくもクロスバーの上へ。立て続けに17分にはベンゼマがシュート。順位表では上にいる相手を押し込んでいく。 ▽しかし、なかなかゴールが遠いマドリー。36分に左のアセンシオのクロスにベイルが飛び込むが、相手の守備もありシュートは枠の外へ。試合はゴールレスで折り返した。 ▽後半も試合の大勢は変わらない。マドリーは55分、オーバーラップした左サイドバックのレギロンのマイナスのクロスにベンゼマが合わせるもブロックに遭う。続けざまにカゼミロがボックスの外からゴールを狙ったが、GKマシプがファインセーブ。ネットを揺らすことができない。 ▽逆にピンチの場面も。57分にアルカラスのボックス手前からのシュートがクロスバーを叩くと、60分にはトニがGKクルトワ強襲の鋭いシュートを放つ。さらに66分には、再びトニのシュートがクロスバーを直撃。マドリーに嫌な空気が漂う。 ▽マドリーはその後、ベイルを下げてL・バスケス、アセンシオを下げてヴィニシウスを投入。納得がいかなかったのか、ベイルは交代の際ソラーリ監督を無視する態度を取っていた。 ▽交代から10分後の83分にゴールは生まれた。左サイドでボールを持ったヴィニシウスは細かいタッチでDFの間を抜き去ると、ゴール前へ入れたクロスがキコに当たってゴールイン。オウンゴールというラッキーな形でマドリーがついに試合を動かした。 ▽その5分後には、ベンゼマが相手に倒されてPKを獲得。これをキャプテンのセルヒオ・ラモスがきっちり決めて決着。苦労したマドリーだったが、リーグ戦6試合ぶり勝利でソラーリ体制2連勝を収めている。 2018.11.04 02:10 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング