超ワールドサッカー

スポルティング・ヒホン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 スポルティング・ヒホン 31 7 10 21 42 72 -30 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.20
24:00
リーガエスパニョーラ
第38節
スポルティング・ヒホン 2 - 2 ベティス
2017.05.14
27:00
リーガエスパニョーラ
第37節
エイバル 0 - 1 スポルティング・ヒホン
2017.05.06
20:00
リーガエスパニョーラ
第36節
スポルティング・ヒホン 1 - 0 ラス・パルマス
2017.04.28
27:45
リーガエスパニョーラ
第35節
ビジャレアル 3 - 1 スポルティング・ヒホン
2017.04.25
26:30
リーガエスパニョーラ
第34節
スポルティング・ヒホン 1 - 1 エスパニョール

基本データ

正式名称:レアル・スポルティング・デ・ヒホン

原語表記:Real Sporting de Gijon

愛称:Rojiblancos(レッド&ホワイツ)

創立:1905年

ホームタウン:ヒホン

チームカラー:赤、白

関連ニュース

thumb

乾先発のエイバルを撃破したヒホンが今季初のリーグ戦連勝も2部降格が決定…《リーガエスパニョーラ》

▽14日にリーガエスパニョーラ第37節のエイバルvsスポルティング・ヒホンが行われ、0-1でヒホンが勝利した。エイバルのMF乾貴士は77分までプレーした。 ▽前節、アトレティコ・マドリーに惜敗しヨーロッパリーグ出場の可能性が消滅した8位エイバル(勝ち点54)が、本拠地エスタディオ・ムニシパル・デ・イプルーアに18位スポルティング・ヒホン(勝ち点27)を迎えた一戦。 ▽エイバルは、前節のアトレティコ・マドリー戦から先発を4人変更。GKジョエル・ロドリゲスやキケ・ガルシアらに代えてGKリエスゴやアドリアン・ゴンサレスなどをスタメンで起用した。乾は[4-2-3-1]の左MFで先発出場した。 ▽試合は開始早々に決定機が訪れる。開始4分、サイドチェンジを右サイドで受けたペドロ・レオンがクロスを上げると、ゴール左に走り込んだ乾が頭で落とし、最後はアドリアン・ゴンサレスが左足のダイレクトシュートでゴールを狙ったが、これはゴール左に外れた。 ▽立ち上がりの決定機を逸したエイバルは、9分にもチャンス。右サイドをオーバーラップしたカパがクロスを供給。これをゴール前のアドリアン・ゴンサレスがヘディングで合わせたが、このシュートはクロスバーに弾かれる。 ▽この試合で勝利しなければ降格が決定してしまうヒホンは29分、左サイドでパスを受けたブルギがゴール前へロングパスを供給。ボックス手前で競り合ったカルモナの落としたボールにチョップが反応するもシュートは相手DFがブロック。さらにセカンドボールをゴール前のカルモナが押し込んだが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ▽絶好機を逃したヒホンだったが、32分に先制点を奪う。モイ・ゴメスのスルーパスに反応したブルギがワンタッチでボックス内に侵入すると、冷静にシュートをゴール右隅に決めた。 ▽ヒホンのリードで迎えた後半、エイバルは58分にアドリアン・ゴンサレスを下げてキケ・ガルシアを投入。すると68分、右クロスのこぼれ球をボックス手前に走り込んだエスカランテがミドルシュート。しかし、相手DFにディフレクトして力の失ったボールはGKクエジャールが楽々キャッチした。 ▽その後、膠着状態が続く中、エイバルは70分にエスカランテを下げてクリスティアン・リベラを投入。さらに77分には、乾を下げてベベをピッチに送り出した。対するヒホンは、83分にアモレビエタ、88分にイスマ・ロペスを投入し試合をクローズ。 ▽今季初のリーグ戦連勝を飾ったヒホンだが、同時刻開催のビジャレアルvsデポルティボが0-0で終了したため、最終節を勝利しても残留圏内のデポルティボと同勝ち点までしか届かず、当該成績で2敗を喫しているため、今節での2部降格が決定した。 2017.05.15 05:50 Mon
twitterfacebook
thumb

バカンブ&ソルダード躍動の5位ビジャレアルが3連勝! 18位ヒホンは次節降格の可能性…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第35節、ビジャレアルvsスポルティング・ヒホンが28日にエスタディオ・デ・ラ・セラミカで行われ、ホームのビジャレアルが3-1で快勝した。 ▽ヨーロッパリーグ出場権獲得を目指す5位ビジャレアルと、残留に向けて崖っぷちの18位ヒホンの一戦。試合は立ち上がりから地力で勝るビジャレアルペースで進む。すると13分、ホセ・アンヘルが強引な突破でボックス左に持ち込んでマイナスにクロス。これをソルダードが丁寧に落とし、ゴール前のソリアーノが右足を振り抜くが、枠の右隅を狙ったシュートは相手DFの決死のブロックに阻まれ、先制点とはならなかった。 ▽その後は残留に向けて勝ち点3が必須のヒホンが押し返す。24分にはボックス中央でチョップのパスを受けたモイ・ゴメスに絶好機も左足のシュートはクロスバーを叩く。さらに31分には右CKからゴール前でフリーのチャビ・トーレスがヘディングシュートも、ここは相手GKアンドレス・フェルナンデスのビッグセーブに遭う。 ▽すると33分、セットプレーの流れからロドリゴ・エルナンデスが頭でゴール前に流すと、巧みな動き出しでゴール前に抜け出したソルダードが飛び出したGKの意表を突くタイミングで右足のシュートをゴール右隅に流し込み、ホームのビジャレアルが先制に成功した。これで勢いづいたホームチームは、その後も2点目に迫るが、前半は1-0のスコアで終了した。 ▽迎えた後半、ビジャレアルが開始早々に追加点を奪う。47分、ジョナタン・ドス・サントスのスルーパスに抜け出したバカンブがGKとの一対一を難なく制した。 ▽これで勢いづくホームチームは、56分にもバカンブの高い位置でのボール奪取からボックス内で相手GKと二対一の数的優位を作り出すが、バカンブの横パスが雑になり、ソルダードのシュートは枠の左。絶好機を逃して試合を殺せなかったビジャレアルだったが、直後の59分に今度はソルダードの絶妙なお膳立てからゴール前のバカンブが冷静にダイレクトシュートを流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽一方、残留に向けて厳しい3失点目を喫したヒホンは、65分過ぎまでに3枚の交代カードを切って懸命にゴールを目指すと、73分に味方のシュートのこぼれ球を繋いだロドリゲスのお膳立てからドウグラスが見事なシュートを突き刺し、一矢報いる。だが、試合終盤にかけて守備を固めたビジャレアルの堅守をこじ開け切れず、試合はこのままタイムアップ。 ▽バカンブとソルダードのコンビが爆発したビジャレアルが、EL出場権獲得を大きく引き寄せる3連勝を飾った。一方、敗れたヒホンは、勝ち点6差の17位レガネスとの勝ち点差を縮められず、次節にも降格の可能性が出てきた。 2017.04.29 05:55 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーに敗戦のヒホン、指揮官は「ジダンの発言には同意しない。とにかくイスコに脱帽」

15日のリーガエスパニョーラ第32節、スポルティング・ヒホンは本拠地モリノンでのレアル・マドリー戦を2&minus;3で落とした。ルビ監督は試合後、ジネディーヌ・ジダン監督の「スポルティングは2回迎えた決定機を決め切った」との発言に反論。チームがそれ以上の決定機を迎え、勝利に値したとの見解を示している。<br><br>スペイン『マルカ』が同指揮官のコメントを伝えている。<br><br>「我々は競争力を取り戻した。勝利すらつかめたとの確信がある。我々はより良い結果に値したんだ」<br><br>「ジダンが言うことに同意することなどない。我々は4回は決定機を迎えたし、マドリーをしっかりと苦しめたんだよ」<br><br>ルビ監督はレアル・マドリーの勝因が決勝点含め2得点を記録したMFイスコにあったとして、「とにかく、彼には脱帽だ」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.16 23:31 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー、主力温存で大苦戦もイスコ劇的弾でヒホンに逆転勝利!《リーガエスパニョーラ

▽リーガエスパニョーラ第32節、スポルティング・ヒホンvsレアル・マドリーが15日にエル・モリノンで行われ、アウェイのマドリーが3-2で逆転勝利した。 ▽前節、アトレティコ・マドリーとのダービーを1-1のドローで終え、リーグ戦の連勝が「5」でストップした首位レアル・マドリー(勝ち点72)。だが、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのバイエルン戦を逆転勝利し、バウンスバックに成功。好調を継続するジダン率いるチームは、来週ミッドウィークにホームでの2ndレグを控える中、18位スポルティング・ヒホンとのアウェイゲームに臨んだ。 ▽より重要度が高いバイエルン戦に全精力を注ぐため、ジダン監督は、クリスティアーノ・ロナウドやベンゼマ、ベイルなど、一部主力を遠征メンバー外とし、ナチョとセルヒオ・ラモスのセンターバックコンビを除き9人を変更。3トップはモラタ、ルーカス・バスケス、アセンシオが並んだ。 ▽ややバタ付く入りとなったマドリーだが、10分過ぎに最初の決定機。右サイドでダニーロが入れたクロスをゴール前でフリーのバスケスが頭で合わすが、枠を外してしまう。 ▽立ち上がりの決定機を逸したマドリーは、この直後に一瞬の気の緩みから先制を許す。14分、ヴェスガの浮き球スルーパスに対して、オフサイドポジションにいた相手に気を取られ、入れ替わりにゴール前に飛び出したチョップにフリーで抜け出され、巧みなダイレクトボレーを流し込まれた。 ▽格下相手にリードを許したマドリーだが、すぐさま同点に追いつく。17分、ボックス右でバスケスから横パスを受けたイスコが巧みなステップワークでDF2枚を続けてかわし、左足のコントロールシュート。これがゴール左隅の絶妙なコースに決まった。 ▽イスコの圧巻の個人技で試合を振り出しに戻したマドリーは、ここから攻勢を強めていく。だが、モラタやバスケスがなかなか試合に入り切れず、ことごとく相手の守備網に絡めとられる。逆に、攻撃偏重の布陣の影響で相手の反撃を受ける場面も目立ったものの、セルヒオ・ラモスを中心に跳ね返し、1-1のイーブンのまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、最初の決定機はマドリーに訪れる。48分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのハメス・ロドリゲスが左足で鋭いクロスを入れる。これをファーサイドでフリーのナチョが頭で合わすが、GKクエジャールのビッグセーブに遭う。 ▽前半同様に最初の決定機を逸したマドリーは、直後の50分に勝ち越しゴールを奪われる。相手のFKの場面でボックス左のババンに頭で折り返されると、これを中央のヴェスガに頭でゴール右隅へ流し込まれた。 ▽再び追う展開となったマドリーは、57分にコエントランを下げてマルセロを投入。すると直後の59分、ボックス手前右でダニーロが入れたクロスをファーサイドでDFに競り勝ったモラタが頭で合わせ、同点に追いついた。 ▽2-2のイーブンに戻った試合は、ここからオープンな展開に。62分と65分にマドリーがダニーロとモラタのヘディングシュートでゴールに迫れば、ヒホンも63分に左サイドからカットインしたイスマ・ロペスが右ポストを掠める際どいシュートを放つ。 ▽その後、71分にバスケスを下げてマリアーノを投入したマドリーは、イスコの個人技からマルセロが際どいシュートを放つなど攻勢を続けるが、なかなか勝ち越し点が入らないまま、試合終盤を迎える。 ▽だが、試合序盤から孤軍奮闘の活躍を見せていたイスコがチームを救う。90分、ボックス手前左でマルセロから短いパスを受けたイスコが相手DFの股間を抜く見事なグラウンダーのシュートをゴール左隅に突き刺し、マドリーが土壇場で逆転に成功した。そして、イスコの2ゴールで格下ヒホンに辛くも勝ち切ったマドリーが、バルセロナとの暫定勝ち点差を「6」とし、次節の"エル・クラシコ"を迎えることになった。 2017.04.16 01:20 Sun
twitterfacebook
thumb

格下ヒホンに3発快勝のソシエダが5試合ぶりの勝利! EL出場圏内の6位に浮上《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第31節、ソシエダvsスポルティング・ヒホンが10日にアノエタで行われ、ホームのソシエダが3-1で快勝した。 ▽4試合未勝利でヨーロッパリーグ(EL)圏外の7位に転落したソシエダと、残留圏内の17位レガネスと5ポイント差の18位に低迷するヒホンが激突した一戦。試合は開始早々に動く。3分、イニゴ・マルティネスの浮き球パスに抜け出したベラがボックス右で折り返すと、これをファーサイドのウィリアン・ジョゼがヘディングシュート。これをGKクエジャールがかき出すが、主審は既にゴールラインを割っていたと判断し、ホームチームのゴールを認めた。 ▽幸先良く先制に成功したソシエダは、その後も冷静に試合をコントロール。14分には味方のロングフィードに抜け出したファンミがゴールネットを揺らすが、これはわずかにオフサイドラインを越えており、ゴールは認められず。すると、直後の19分にはボックス手前でボールを受けたブルギに簡単にシュートを許すと、DFにディフレクトしたボールがゴール左隅に向かうが、ここは枠の左に外れて事なきを得た。 ▽前がかりな相手に対して、効果的にカウンターを仕掛けていくソシエダは、27分に追加点を奪う。シャビ・プリエトの浮き球パスに抜け出したファンミがボックス右から意表を突いたニアポストへのシュートを流し込んだ。この追加点で完全に流れを掴んだホームチームは、3点目こそ逃したものの、盤石の形で試合を折り返した。 ▽後半も立ち上がりから攻勢を仕掛けるソシエダは、54分にファンミがボックス内で決定的なシュートを放つなど、押し込む入りとなる。対して2点を追うヒホンは、ビゲラとカルモナの2人のアタッカーを早い時間帯に投入し、ゴールを目指す。 ▽後半半ばに入って拮抗した状況が続くが、フィニッシュの質で勝るソシエダが決定的な3点目を奪う。77分、中央を持ち上がったスルトゥサがスルーパスを送ると、オフサイドポジションにいたオヤルサバルを後方から追い越した左サイドバックのユーリがオフサイドをかい潜って豪快にネットを揺らした。 ▽その後、試合終盤の87分にオフサイドの取り損ねからエルデルソンにラッキーなゴールを許すも、きっちり逃げ切ったソシエダが、ホームで3-1の快勝。5試合ぶりの白星を掴んだソシエダが、EL出場圏内の6位に浮上した。 2017.04.11 06:04 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング