スポルティング・ヒホン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 スポルティング・ヒホン 16 4 4 15 25 47 -22 23

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-02-26
26:30
リーガエスパニョーラ
第24節
スポルティング・ヒホン vs セルタ
2017-03-01
27:30
リーガエスパニョーラ
第25節
バルセロナ vs スポルティング・ヒホン
2017-03-05
20:00
リーガエスパニョーラ
第26節
スポルティング・ヒホン vs デポルティボ
2017-03-11
21:00
リーガエスパニョーラ
第27節
バレンシア vs スポルティング・ヒホン
2017-03-20
リーガエスパニョーラ
第28節
スポルティング・ヒホン vs グラナダ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.02.18
21:00
リーガエスパニョーラ
第23節
スポルティング・ヒホン 1 - 4 アトレティコ・マドリー
2017.02.12
24:15
リーガエスパニョーラ
第22節
レガネス 0 - 2 スポルティング・ヒホン
2017.02.05
24:15
リーガエスパニョーラ
第21節
スポルティング・ヒホン 2 - 4 アラベス
2017.01.29
26:30
リーガエスパニョーラ
第20節
ビルバオ 2 - 1 スポルティング・ヒホン
2017.01.22
26:30
リーガエスパニョーラ
第19節
ベティス 0 - 0 スポルティング・ヒホン

基本データ

正式名称:レアル・スポルティング・デ・ヒホン

原語表記:Real Sporting de Gijon

愛称:Rojiblancos(レッド&ホワイツ)

創立:1905年

ホームタウン:ヒホン

チームカラー:赤、白

関連ニュース

thumb

終盤のガメイロ3発でアトレティコがS・ヒホンに勝利《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは18日、リーガエスパニョーラ第23節でスポルティング・ヒホンとのアウェイ戦に臨み、4-1で勝利した。 ▽前節、セルタとの激闘を終盤の連続得点によって劇的な逆転勝利で飾って2連勝とした4位アトレティコ(勝ち点42)は、3日後にチャンピオンズリーグ(CL)のレバークーゼン戦を控える中、現状のベストメンバーを送り込んだ。 ▽前節8試合ぶりに勝利を収めた降格圏の18位に沈むヒホンに対し、フラットな[4-4-2]を採用したアトレティコはグリーズマンとトーレスの2トップに、右にコレア、左にカラスコを配置。中盤センターにはコケとガビが入った。 ▽そのアトレティコがヒホンにポゼッションを譲る展開とする中、11分に決定機。グリーズマンがボックス手前中央から際どいミドルシュートを浴びせた。これはわずかに枠の右に外れたが、ここから徐々にギアを上げていくと、21分にはショートカウンターに転じてコレアが決定的なミドルシュートを放った。 ▽前半半ば以降、再びヒホンにポゼッションを許していたアトレティコは36分にピンチ。サビッチがラシナ・トラオレにボールを奪われ、ボックス内からシュートを打たれかけたが、リュカが戻ってピンチを凌いだ。続く38分にもトラオレに左クロスを合わせられ、左ポストを直撃した。ハーフタイムにかけても劣勢が続いた中、ゴールレスで前半を終了した。 ▽迎えた後半、アトレティコは開始13秒にゴールをこじ開ける。ガビのロングフィードをトーレスが頭で逸らし、これを受けたカラスコがシュート。1度はGKに防がれるもルーズボールを押し込んだ。しかし49分、ヒホンにすかさず同点とされる。左クロスを受けたセルヒオ・アルバレスに胸トラップからゴール左へ蹴り込まれた。 ▽続く54分にもセルヒオ・アルバレスのシュートでゴールに迫られた流れの悪いアトレティコは2枚代えを敢行。トーレスとコレアに代えてガメイロとサウールを投入した。それでも状況を好転できないアトレティコは、68分に早くも交代枠を使い切り、カラスコに代えてトーマスを投入。[4-3-3]の布陣とすると、直後にサウールのヘディングシュートでゴールに迫れば、75分にはグリーズマンがネットを揺らすも、わずかにオフサイドでノーゴールに。 ▽それでも80分、アトレティコが苦しみながらも勝ち越しゴールを奪いきる。グリーズマンの左足アウトでの絶妙なスルーパスに抜け出したガメイロがゴールネットを揺らした。直後にもメレのミスパスをカットした流れからショートカウンターに転じると、ガメイロがそのままシュートを決め、一気に突き放した。 ▽さらに85分、グリーズマンのフィードに抜け出したガメイロがボックス右からシュートを流し込んでハットトリック達成。ガメイロの3発が終盤に生まれたアトレティコがレバークーゼン戦に弾みを付ける勝利を飾っている。 2017.02.18 22:57 Sat
twitterfacebook
thumb

スポルティング・ヒホン、モナコから2m超えのコートジボワール代表FWをレンタル…今季はCSKAモスクワでプレー

▽スポルティング・ヒホンは1月31日、モナコからコートジボワール代表FWラシナ・トラオレ(26)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽2m超えの長身ストライカーであるラシナ・トラオレは、クバン・クラスノダールやアンジ・マハチカラなどを渡り歩いた後、2014年1月にモナコへと完全移籍した。 ▽その後、エバートンを経て、昨夏にはモナコからCSKAモスクワにレンタル移籍。ロシア・プレミアリーグ14試合に出場し、5ゴールを記録していた。 2017.02.01 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

S・ヒホン退任のアベラルド、愛するクラブのため約5億円の給与受け取りを拒否! 「お金より重要なのはクラブへの忠誠」

▽17日にスポルティング・ヒホンを退任したアベラルド・フェルナンデス前監督(46)が、愛するクラブのために400万ユーロ(約4億8000万円)の給与の受け取りを拒否した。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽17日に成績不振を理由にヒホンの監督の座を追われたアベラルド前監督だが、2020年まで契約を結んでいたため、今後400万ユーロのサラリーを受け取る予定だった。だが、現役時代を含め多くの時間を過ごしたヒホンを愛する同監督は、資金的に恵まれていないクラブの現状を考慮し、そのサラリーの受け取りを拒否する意向を示した。 「私はこのクラブに関わる全ての人、ファンのために泣いている。私はそれほど彼らのことを愛しているんだ」 「たとえ、2020年までクラブとの契約が残っているとしても、スポルティングのファンとして愛するクラブからサラリーを受け取ることはできない。過去のクラブでもそうしてきたし、ここでもそれは全く変わらない」 「私にとってサラリーを受け取らないことは問題ではないんだ。より重要なことは愛するクラブに忠誠を示すことだ」 「それに今回の失敗はプレーヤーの問題ではなく、私の失敗だ。私がピッチ上で求めていたことを、プレーヤーにうまく落とし込むことができなかった。そういったこともあり、クラブを去ることにした。私の家族、とりわけ息子にとっては辛い日々だったしね」 「同時にプレーヤーたちに感謝を示したい。もし、彼らの存在がなければ、2年半もこのクラブに残ることができなかったはずだからね」 ▽現役時代にヒホンで活躍し、同クラブのリザーブチームで指導者としてのキャリアをスタートしたアベラルド監督は、2014年からトップチームの指揮官に就任。就任2年目にセグンダA(スペイン2部)を2位で終えてプリメーラ昇格を果たすと、昨シーズンは降格圏ギリギリの17位で1部残留を決めた。 ▽だが、今シーズンは開幕から苦戦を強いられ、第18節終了時点で3勝12敗3分けの18位に低迷していた。この現状を受けて、クラブはアベラルド監督の更迭を決断。18日には昨季までレバンテを率いたルビ氏(46)の新監督就任を発表していた。 ▽ルビ新監督の下で再スタートを切るヒホンとしては、愛するクラブのため男気を見せたアベラルド前監督のためにも必ずや1部残留を果たしたいところだ。 2017.01.19 02:36 Thu
twitterfacebook
thumb

18位低迷のS・ヒホンで監督交代! アベラルド解任で昨季レバンテ率いたルビ氏を招へい

▽スポルティング・ヒホンは18日、アベラルド・フェルナンデス監督(46)の解任および、ルビ氏(46)の新監督就任を発表した。 ▽現役時代にヒホンで活躍し、同クラブのリザーブチームで指導者としてのキャリアをスタートしたアベラルド監督(写真左)は、2014年からトップチームの指揮官に就任。就任2年目にセグンダA(スペイン2部)を2位で終えてプリメーラ昇格を果たすと、昨シーズンは降格圏ギリギリの17位で1部残留を決めた。 ▽だが、今シーズンは開幕から苦戦を強いられ、第18節終了時点で3勝12敗3分けの18位に低迷していた。この現状を受けて、クラブはアベラルド監督の更迭を決めた。 ▽なお、アベラルド監督の後任を務めるルビ氏(写真右)は、これまでジローナやバジャドリーといった国内クラブの指揮官を歴任。昨シーズン途中からはレバンテの指揮官に就任も、クラブは最下位となり、2部降格となっていた。 2017.01.19 00:12 Thu
twitterfacebook
thumb

乾先発のエイバル、アドリアンが3ゴールに絡む活躍で5試合ぶり勝利《リーガエスパニョーラ》

▽エイバルは15日、リーガエスパニョーラ第18節でスポルティング・ヒホンのホームに乗り込み、3-2で勝利した。エイバルのMF乾貴士は74分に交代している。 ▽前節アトレティコ・マドリーに0-2と惜敗した10位エイバル(勝ち点23)は、3日前に行われたコパ・デル・レイのオサスナ戦を0-0で引き分けて準々決勝進出を決めた。そのオサスナ戦のスタメンから7選手を変更。ペドロ・レオンやセルジ・エンリク、ダニ・ガルシアら主力が先発に戻り、乾がリーガ10試合連続スタメンとなった。 ▽3連敗中の18位ヒホン(勝ち点12)に対し、エイバルはいつも通りの[4-2-3-1]を採用。乾は定位置の左MFで先発となった。試合は3分に乾が仕掛けてルーズとなったボールを拾ったアドリアンがボックス左でアモレビエタに倒されてPKを獲得。シミュレーションに近かったが、このPKをアドリアン自らゴール左に決めてエイバルが先制した。 ▽しかし9分、GKリエスゴのキックミスからルーズボールをカルモナに決められ、すかさず試合は1-1となってしまう。失点直後、右サイドからのクロスを乾がシュートする決定機を迎えるも、枠を捉えることができない。さらに18分、右サイドのFKからアドリアンのヘディングシュートが左ポストを直撃したエイバルだったが、21分に勝ち越しに成功した。アドリアンのミドルシュートをGKが弾いたルーズボールをペドロ・レオンが詰めた。 ▽さらに23分、畳みかけるエイバルは再びアドリアンのミドルシュートがGKクエジャールを強襲すると、ルーズとなったボールを今度はルナが詰めた。ハーフタイムにかけても鋭い出足を見せるエイバルのペースが続き、低調なプレーに終始するヒホンに対してはホームのファンからブーイングが起こった。 ▽迎えた後半開始3分、左CKのルーズボールをボックス右の乾がボレー。だが、わずかにシュートは枠の上を越えていった。続く50分にもセルジ・エンリクのシュートでゴールに迫ったエイバルは、58分に失点する。FKの流れからカセスのミドルシュートが味方に当たってゴールに吸い込まれた。 ▽さらに61分にもビゲラに決定的なシュートを許したエイバルは、65分にアドリアンに代えてフラン・リコを投入し、守備を締めにかかる。さらに74分、乾がピッチを後にし、ペーニャが投入された。交代枠を使い切ったエイバルは終盤にかけて、集中した守備で凌ぎ逃げ切り勝利。5試合ぶりの白星を飾った。 2017.01.16 04:24 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング