超ワールドサッカー

アスレティック・ビルバオ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
7 ビルバオ 63 19 6 13 53 43 10 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.21
23:45
リーガエスパニョーラ
第38節
アトレティコ・マドリー 3 - 1 ビルバオ
2017.05.14
27:00
リーガエスパニョーラ
第37節
ビルバオ 1 - 1 レガネス
2017.05.07
19:00
リーガエスパニョーラ
第36節
アラベス 1 - 0 ビルバオ
2017.04.30
27:45
リーガエスパニョーラ
第35節
セルタ 0 - 3 ビルバオ
2017.04.27
28:30
リーガエスパニョーラ
第34節
ビルバオ 2 - 1 ベティス

基本データ

正式名称:アスレティック・クラブ・デ・ビルバオ

原語表記:Athletic Club

愛称:レオネス(ライオン)

創立:1898年

ホームタウン:ビルバオ

チームカラー:赤、白

関連ニュース

thumb

バルベルデ退任のビルバオが新指揮官を決定

▽ビルバオは24日、新指揮官にホセ・アンヘル・シガンダ氏(50)を任命したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年間となっている。 ▽ビルバオでは23日にバルセロナの指揮官に就任することが濃厚となっているエルネスト・バルベルデ監督(53)の今シーズン限りでの退任を発表していた。 ▽現役時代にオサスナとビルバオでストライカーとして活躍したスペイン代表歴のあるシガンダ氏は、リーガエスパニョーラで381試合に出場して111ゴールをマーク。監督としてはオサスナなどで指揮を執った経歴を持つ。 2017.05.25 05:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ビルバオ、バルベルデ監督の退任を発表! バルサ新指揮官就任決定的に

▽アスレティック・ビルバオは23日、エルネスト・バルベルデ監督(53)の今シーズン限りでの退任を発表した。後任人事に関しては、現時点で発表されていない。 ▽2013-14シーズンにビルバオの指揮官に復帰したバルベルデ監督は、2015-16シーズンの開幕を告げるスーペル・コパで、バルセロナを2戦合計5-1で破り、同クラブにタイトルをもたらした。また、今シーズンのリーガエスパニョーラでは19勝6分け13敗の戦績を残し、27日に行われるコパ・デル・レイ決勝の結果次第で、来シーズンのヨーロッパリーグ予選に出場可能な7位でシーズンを終えていた。 ▽なお、スペイン『ムンド・デポルティボ』は同日、バルベルデ監督がルイス・エンリケ監督(47)の後任として、バルセロナの次期監督就任を報じた。 ▽『ムンド・デポルティボ』が伝えたところによれば、バルセロナはバルベルデ監督と2年+1年延長オプションの3年契約で合意。ビルバオからヘッドコーチとフィジカルトレーナーも入閣する運びだという。 ▽また、バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は21日、コパ・デル・レイ決勝のアラベス戦から2日後の29日に後任監督を発表すると語っており、29日にバルベルデ新体制発足が正式にアナウンスされることになる。 ▽バルベルデ監督は、現役時代にエスパニョールやバルセロナ、ビルバオなどスペインの複数クラブでプレー。引退後は指導者のキャリアをスタートさせ、ビルバオ、エスパニョールやオリンピアコス、ビジャレアル、バレンシアの監督を歴任してきた。 2017.05.24 03:40 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコがトーレスの2発などでカルデロン最終戦を勝利で飾る、敗れたビルバオは7位転落《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ最終節、アトレティコ・マドリーvsビルバオが21日にビセンテ・カルデロンで行われ、3-1でアトレティコが快勝した。 ▽3位を確定させ来季のチャンピオンズリーグ出場を決めたアトレティコ(勝ち点75)と、ヨーロッパリーグ(EL)・ストレートインとなる5位ビジャレアルを1ポイント差で追う6位ビルバオ(勝ち点63)の一戦。 ▽試合はビセンテ・カルデロン最終戦となるアトレティコが8分、チアゴの浮き球パスをボックス右のグリーズマンがヘッドで折り返すと、トーレスがボレーで蹴り込んで先制した。 ▽さらに11分、グリーズマンの浮き球パスをボックス左のコケがヘッドで折り返し、最後はトーレスが左足ボレーで流し込み、追加点を奪った。 ▽序盤から2点を追う展開を強いられたビルバオがその後は前がかっていくも、崩せないまま時間が経過。0-2で前半を終えた。 ▽迎えた後半からイトゥラスペに代えてイニャキ・ウィリアムズを投入したビルバオだったが、攻めあぐね続けたことでラウール・ガルシアに代えてスサエタを投入。 ▽しかし57分、アトレティコが決定機を演出。トーレスがディフェンスライン裏を取ってGKをかわし、シュート。しかし、ラポルテにゴールライン上でクリアされ、とどめを刺すことはできない。 ▽押し込みながらも決定機を生み出せずにいたビルバオだったが71分、ムニアイン、デ・マルコスとつないで最後はイニャキ・ウィリアムズがシュートを流し込み、1点差に詰め寄った。 ▽それでも89分、グリーズマンのボレーシュートが左ポストに直撃したルーズボールをコレアが押し込んでアトレティコがダメ押し。3-1としてビセンテ・カルデロン最終戦を勝利で飾っている。 ▽一方、敗れたビルバオはソシエダがセルタに劇的に引き分けたため、7位に転落。コパ・デル・レイでアラベスが優勝した場合、EL出場権を逃すことになる。 2017.05.22 01:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ビルバオのベテラン守護神・イライソスが今シーズン限りで退団…390試合以上に出場

▽アスレティック・ビルバオは4日、GKゴルカ・イライソス(36)が今シーズン限りで退団することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽ビルバオの下部組織出身のイライソスは、エスパニョールやエイバルなどへの移籍を経験。2007年8月にエスパニョールからビルバオへと復帰していた。 ▽ビルバオでは公式戦通算391試合に出場。チームのゴールマウスを長年にわたって守っており、今シーズンもここまでリーガエスパニョーラで16試合、ヨーロッパリーグで3試合、コパ・デル・レイで4試合に出場していた。 ▽ビルバオのジョス・ウルティア会長が記者会見で明かしたもので、今シーズンを最後にチームを去ることを明かした。 「来シーズン、イライソスは我々と共には戦わない。我々は彼と話し、10年間にわたる彼の働きに感謝した」 「来週、我々はゴルカ・イライソスとの記者会見を行う予定だ」 2017.05.05 16:08 Fri
twitterfacebook
thumb

乾先発のエイバル、数的不利を強いられ終了間際に失点…ビルバオに敗れEL出場権獲得へ手痛い連敗《リーガエスパニョーラ》

▽エイバルは24日、リーガエスパニョーラ第33節でビルバオとのバスク自治州ダービーに臨み、0-1で敗れた。エイバルのMF乾貴士は先発出場し、59分までプレーした。 ▽前節のベティス戦を0-2で敗れ、連勝が「3」でストップした8位エイバル(勝ち点50)が、同じバスクに本拠地を構える6位ビルバオ(勝ち点53)をホームに迎えた注目のダービーマッチ。逆転でのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に向けてエイバルは、前節のベティス戦から先発メンバーを2人変更した。ルジューヌとベベに代えてガルベスと乾を起用。先発復帰を果たした乾は、[4-4-2]の左MFに入った。 ▽試合はエイバルが立ち上がりからスピーディーな攻撃でシュートまで持っていくも、相手のブロックに阻まれてしまい、ゴールを脅かすことができない。 ▽前半半ばに差し掛かると、エイバルの攻撃が徐々に対応され始める。すると、エイバルはカウンターからゴールを脅かされる。27分、右サイドを突破したデ・マルコスにクロスを許すと、ボックス中央に走り込んだサン・ホセに頭で合わせられる。しかし、これはわずかにゴール右へと外れる。 ▽その後、中盤での球際が激しくなると、両者共にシュートを許さない時間帯が続く。すると、エイバルにアクシデントが発生。前半終盤、プレーが切れるとルナが交代を要求。42分にフンカを投入する事態に見舞われる。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半開始直後、エイバルが決定機を迎える。46分、敵陣中央でパスを受けたペドロ・レオンがボックス内へ浮き球のスルーパス。これにセルジ・エンリクが抜け出し、シュートを放つもGKアリザバラガの好判断の飛び出しに阻まれる。 ▽後半に入って好調な滑り出しを見せていたエイバルだが、56分に敵陣中央でムニアインにボールを奪われると、エスカランテがアフターでスライディングタックル。このプレーにレッドカードが提示され、エイバルは一人少ない状況を強いられる。直後の59分には退場の煽りを受けて、乾がクリスティアン・リベラと交代することになった。 ▽数的不利を強いられたエイバルは、攻め手を欠いてしまいビルバオの猛攻を受ける。62分、ボックス左外を突破したバレンシアガのクロスをボックス中央に走り込んだラウール・ガルシアに左足で合わせられる。しかし、これは左ポストに助けられる。さらに66分、イニャキ・ウィリアムズのスルーパスからボックス右を抜け出したムニアインに右足でシュートを放たれるも、GKジョエル・ロドリゲスが足でブロックし、得点を許さない。 ▽押し込まれる時間帯が続くエイバルは、その後体を張ったディフェンスでなんとかゴールを死守する。引き分けでも致し方ないエイバルだったが試合終了間際、ついに失点してしまう。後半アディショナルタイム4分、ボックス右手前でFKを与えると、ベニャトに直接狙われる。これはGKジョエル・ロドリゲスが弾くも、ボックス左にこぼれた浮き球をラウール・ガルシアに右足ボレーでゴールに突き刺された。これが決勝点となり、そのまま試合終了。劇的ゴールで敗れたエイバルは、EL出場権獲得へ手痛い連敗を喫した。 2017.04.25 06:10 Tue
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング