アスレティック・ビルバオ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
7 ビルバオ 38 11 5 8 31 29 2 24

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-03-01
29:30
リーガエスパニョーラ
第25節
セビージャ vs ビルバオ
2017-03-05
28:45
リーガエスパニョーラ
第26節
ビルバオ vs マラガ
2017-03-12
20:00
リーガエスパニョーラ
第27節
ソシエダ vs ビルバオ
2017-03-20
リーガエスパニョーラ
第28節
ビルバオ vs レアル・マドリー
2017-04-02
リーガエスパニョーラ
第29節
オサスナ vs ビルバオ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.02.26
26:30
リーガエスパニョーラ
第24節
ビルバオ 3 - 1 グラナダ
2017.02.23
27:00
EL決勝トーナメント
ラウンド32・2ndレグ
アポエル 2 - 0 ビルバオ
2017.02.19
24:15
リーガエスパニョーラ
第23節
バレンシア 2 - 0 ビルバオ
2017.02.16
29:05
EL決勝トーナメント
ラウンド32・1stレグ
ビルバオ 3 - 2 アポエル
2017.02.11
26:30
リーガエスパニョーラ
第22節
ビルバオ 2 - 1 デポルティボ

基本データ

正式名称:アスレティック・クラブ・デ・ビルバオ

原語表記:Athletic Club

愛称:レオネス(ライオン)

創立:1898年

ホームタウン:ビルバオ

チームカラー:赤、白

関連ニュース

thumb

ビルバオ、主力投入もアポエルに足をすくわれて逆転敗退《EL》

▽ビルバオは23日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦2ndレグでアポエルとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。この結果、2戦合計スコア3-4でビルバオの敗退が決まった。 ▽先週ホームで行われた1stレグを3-2と先勝したビルバオは、0-2で敗れた直近のバレンシア戦のスタメンから6選手を変更。負傷したラポルテを除き、イニャキ・ウィリアムズやスサエタ、ベニャトといったレギュラー陣をスタメンに戻した。 ▽最前線にウィリアムズ、2列目に右からスサエタ、ラウール・ガルシア、ムニアインと並べる[4-2-3-1]で臨んだビルバオが、立ち上がりからボールを保持していく中、7分にエフレムに枠内シュートを浴びるもGKイライソスがセーブ。直後にウィリアムズが枠内シュートを放って主導権を渡さないビルバオは17分に決定機。しかし、スルーパスに抜け出したボックス右のウィリアムズのシュートはGKバテルマンのセーブに阻まれてしまった。 ▽その後も敵陣で試合を進めるビルバオだったが、自陣で集中した守備を見せるアポエルを攻略するに至らない。結局、前半のうちにアポエルからゴールは奪えずにハーフタイムに入った。 ▽しかし迎えた後半開始1分、ビルバオは先制を許す。左サイドから上がったクロスをソティリウに右足アウトで合わせられる華麗なボレーシュートでネットを揺らされた。 ▽アウェイゴール差でリードされたビルバオはすかさず前がかるも、54分にPKを献上。バレンシアガがギアンニオタスをボックス内で倒してしまった。これをギアンニオタスに決められ、リードを広げられてしまう。 ▽2点が必要となったビルバオは65分、数的優位となる。先制ゴールを決めたソティリウが故意ではなかったものの、ルーズボールをキックしにかかったところでエチェイタを蹴ってしまい、2枚目のイエローカードが提示された。 ▽数的優位となったビルバオはデ・マルコスに代えてアタッカーのサビンを投入するもチャンスを作れず、追加タイム1分には途中出場のイトゥラスペが2枚目のイエローカードを受けて退場となり万事休す。逆転でまさかのラウンド32敗退に終わった。 2017.02.24 05:02 Fri
twitterfacebook
thumb

ビルバオFWアドゥリス、36歳の誕生日を自らのゴールで祝う…デポル戦の決勝点記録

11日に36歳の誕生日を迎えたビルバオFWアリツ・アドゥリスだが、それを自らのゴールで祝っている。<br><br>同日に行われたリーガエスパニョーラ第22節、サン・マメスでのビルバオvsデポルティボ。ビルバオは41分にMFエムレ・チョラクの先制点を許す厳しい展開を強いられたが、後半から反撃を開始する。まず71分、アドゥリスの打点の高いヘディングシュートをGKプシェミスワフ・ティトンが弾き、そのこぼれ球をMFイケル・ムニアインが押し込み同点に追いつくと、89分にはマルケス・スサエタのスルーパスからアドゥリス自身がゴールを決めて逆転した。<br><br>36歳となったアドゥリスだが、その勢いはとどまることを知らない。驚くべきは、30歳となってからその得点力を増している点だ。ビルバオのBチームを含めて、30歳となる前の公式戦得点数は116得点だったが、30歳となって以降には125得点を記録している。そのキャリアにおいて、1試合あたりの得点率が最も高かったのは昨季の0.65得点(55試合36得点)で、今季も0.51得点(27試合14得点)と2試合で1得点を決めている計算となる。<br><br>リーガエスパニョーラ1部という激しい競争の舞台で、驚異のベテラン選手として名を馳せるアドゥリスだが、選手本人は自身がビルバオの一選手であることに重きを置く。デポルティボ戦後、何よりもうれしかったのはチームの勝利であることを強調した。<br><br>「サン・マメスのピッチに立って、なおかつ勝利も収められた。誕生日を祝う上で、これ以上最高の方法なんてないだろうね。誕生日プレゼントは自分のゴールではない。それよりも欲しいと願っていたのは、勝ち点3なんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.12 23:33 Sun
twitterfacebook
thumb

パコの今季リーガ初ゴールにメッシが直接FK弾! 主力温存バルサが難敵ビルバオに完勝!《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは4日、カンプ・ノウで行われたリーガエスパニョーラ第21節でビルバオと対戦し、3-0で完勝した。 ▽前節、微妙な判定の影響もあって格下ベティス相手に引き分けたバルセロナは、7位ビルバオとのホームゲームに臨んだ。ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ準決勝1stレグのアトレティコ・マドリー戦では、後半に苦戦を強いられたものの、メッシとスアレスの2つのゴラッソで先勝し、勢いに乗る。7日にアトレティコとのコパ2ndレグを控える中で迎えたこの一戦に向けてルイス・エンリケ監督は、スアレスに代えてパコ・アルカセルを先発に抜擢するなど、数名のメンバー変更を行った。なお、今週に練習復帰したブスケッツとイニエスタだったが、いずれもベンチを外れた。 ▽試合は立ち上がりからオープンな展開に。開始2分、右サイドに抜け出したアルカセルの折り返しがボックス左のネイマールに渡るが、DF2枚の間を狙ったシュートは枠の右に外れる。すると、直後の3分にはボックス左で反転したラウール・ガルシアに決定的なシュートを許すが、これは左ポストに救われた。 ▽その後も互いにカウンターからサイドを起点にチャンスを窺う中、11分には左サイドを抜け出したラポルテにクロスを許し、これをゴール前でフリーのイニャキ・ウィリアムズに頭で合わせられるが、このシュートは枠の左に外れる。 ▽左サイドのネイマールを起点にまずまずの形を作り出すバルセロナは、18分にここまで期待を裏切り続けてきたアルカセルが待望の移籍後初となるリーガでのゴールを奪う。ボックス左で仕掛けたネイマールがライン際で丁寧に折り返すと、これをニアに飛び込んだアルカセルが左足ダイレクトで流し込んだ。 ▽ルイス・エンリケ采配的中で先制に成功したバルセロナだが、その後は積極的にプレスをかけるビルバオに苦戦。ピケが不用意なボールロストから際どい位置でFKを与えると、28分には自陣深くでのパスミスからボックス手前のラウール・ガルシアに枠を捉えたミドルシュートを許す。さらに32分にはボックス左を破ったウィリアムズに決定機を与えるが、ここは絶妙なポジショニングでコースを消したGKテア・シュテーゲンの好守に救われた。 ▽前半終盤にかけて主導権を取り戻したバルセロナは、前半終了間際の40分に追加点を奪う。相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのメッシが角度のないところから意表を突いて直接狙うと、逆を突かれたGKイライソスが弾き出すことができず、ゴールネットを揺らした。なお、このゴールによってバルセロナでの直接FKのゴール数を27ゴールに伸ばしたメッシは、ロナルド・クーマン氏と並んでいた記録を更新し、クラブの歴史にまた一つ名を刻んだ。拮抗した展開ながらも効率良くゴールを重ねたバルセロナが、2点リードで試合を折り返した。 ▽迎えた後半、前半にカードをもらい、内転筋に違和感を訴えたピケを下げてマスチェラーノをハーフタイム明けに投入したバルセロナは、49分にラフィーニャが際どいヘディングで3点目に迫るなど、上々の入りを見せた。 ▽その後、アドゥリス、ベニャトと切り札を投入したビルバオに対して、ルイス・エンリケ監督は味方との接触で頭部に裂傷を負ったラフィーニャに代えてラキティッチ、64分には7日のアトレティコ戦を睨んでメッシを下げ、セルジ・ロベルトを投入。この交代でアレイシ・ビダルが右ウイングにポジションを上げた。 ▽すると、この選手交代が試合を動かす。67分、ラキティッチのフィードに抜け出したビダルがドリブルでボックス内まで運ぶと、最後は意表を突いたタイミングで左足のシュートをゴール右隅に流し込んだ。なお、バルセロナはビダルのゴールで今季の公式戦ゴール数を「100」の大台に乗せた。 ▽その後、ベニャトやムニアインらを起点に攻めるビルバオの反撃を、GKテア・シュテーゲンを中心に最後まで冷静に凌ぎ、難敵相手に3-0の完勝。エースFWスアレスら主力を温存した中、アルカセルの今季リーガ初ゴールなどで快勝のバルセロナは、アトレティコとのコパ2ndレグに向けて大きな弾みを付けた。 2017.02.05 02:28 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、今夏退団希望のオーバメヤン後釜にビルバオの快速FWウィリアムズをリストアップか

▽ドルトムントは、今夏の退団を希望しているといわれているガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(27)の後釜に、リーガエスパニョーラ屈指の快速FWをリストアップしているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽オーバメヤンは先日、フランスのラジオ局『RMC』で「次のレベルに行きたいと考えるなら、夏にここを出て行く必要がある。レアル・マドリーはまだ僕の夢だ。雑音が多すぎるけどね」と語り、今夏のドルトムント退団を希望する発言を行った。 ▽そして、今夏のエース流出を覚悟し始めたドルトムントは、リバプールなど複数のビッグクラブが関心を示すビルバオのスペイン代表FWイニャキ・ウィリアムズ(22)の獲得を考慮しているようだ。 ▽リーガエスパニョーラ屈指のスピードを持つ快速FWのウィリアムズは、まだまだ粗削りであるものの圧倒的なスプリント能力に加え、ここ最近はフィニッシュの精度も向上してきており、同じ特長を持つオーバメヤンの後釜にもってこいの人材といえる。 ▽なお、『マルカ』が伝えるところによれば、ドルトムントはリーガ通算64試合に出場し、11ゴールを記録する若きスペイン代表FW獲得に向けて、5000万ユーロ(約61億円)に設定されている契約解除金を満額支払う準備をしているという。 ▽以前、オーバメヤンの放出条件を8000万ユーロ(約97億5000万円)に設定していると語っていたドルトムントとしては、同選手の移籍金をそのまま獲得資金に充てれば、ウィリアムズ獲得は十分に可能だ。 2017.02.02 03:12 Thu
twitterfacebook
thumb

ゴラッソの応酬となったビルバオvsアトレティコはドロー決着《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第19節、ビルバオvsアトレティコ・マドリーが22日にサン・マメス・バリアで行われ、2-2のドローに終わった。 ▽リーグ戦3連勝と復調気配漂う4位アトレティコは、ミッドウィークのコパ・デル・レイ準々決勝1stレグでもホームでエイバル相手に3-0の快勝を収めた。この勢いを継続したいシメオネ率いるチームは、7位ビルバオとのアウェイゲームに臨んだ。直近のエイバル戦で温存したガビ、ゴディンが先発に復帰し、ガメイロとグリーズマン、カラスコが3トップを組んだ。 ▽一方、公式戦3戦未勝利もホームで強さを見せるビルバオは、エースのアドゥリス、ベニャトを出場停止で欠く苦しい状況。それでも、古巣対戦に燃えるラウール・ガルシア、リーガ屈指の快速FWイニャキ・ウィリアムズ、ムニアインら実力者が先発に入った。 ▽試合は開始早々に動きを見せる。3分、ボックス左角でコケが低い弾道のクロスを入れると、DFを引き連れてゴール前に飛び込んだグリーズマンがうまくブラインドとなり、誰にも触れられなかったボールがゴール右隅に吸い込まれた。 ▽意外な形からのコケの先制点で早くも均衡が破れた試合は、その後は拮抗した展開となる。重心を下げたアトレティコに対して攻勢を仕掛けるビルバオは、10分過ぎにサン・ホセ、ウィリアムズと続けてシュートを放つと、18分にはラウール・ガルシアが強烈なミドルシュートを放つが、これはGKモジャが何とか弾き出した。 ▽前半終盤にかけても白熱の攻防が続く中、29分にはロングカウンターから左サイドを独走したカラスコが角度のないところから左足のシュートを放つが、これはわずかに枠の右に外れる。逆に、42分にはボックス中央でウィリアムズのパスを受けたレクエが見事な右足のシュートをゴール右隅に突き刺し、リーガ初ゴールを記録。ホームのビルバオが追いつき前半は1-1のイーブンで終了した。 ▽迎えた後半もオープンな展開に変化はなし。互いに攻め合う中でホームのビルバオが速い時間帯に逆転する。56分、カウンターから右サイドのラウール・ガルシアが入れたクロスをゴール前にタイミング良く走り込んできたデ・マルコスが頭で流し込んだ。 ▽自慢の堅守崩壊でビハインドを背負ったアトレティコは、失点直後にガビを下げてトーレス、65分にはガメイロとカラスコを下げてコレア、ガイタンを同時投入。この交代で攻勢を強めながらも、最後のところでうまくいかないアトレティコは、なかなかチャンスを作れない。 ▽上位追走に向けて負けられないアトレティコを救ったのは、やはりエースのグリーズマン。80分、バイタルエリア中央でトーレスからパスを受けたフランス代表FWが前を向いて仕掛けてDFを振り切り左足を一閃。低弾道の強烈な無回転シュートが左ポストの内側を掠めてゴールネットに突き刺さった。 ▽エースのゴラッソで追いついたアトレティコは、終盤にかけて猛攻を仕掛けていくが、ホームで負けられないビルバオも最後まで譲らず。ゴラッソの応酬となった白熱の上位対決は、2-2のドロー決着となった。 2017.01.23 02:14 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング