サウサンプトン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
14 サウサンプトン 13 3 4 5 9 14 -5 12

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-11-26
22:30
プレミアリーグ
第13節
サウサンプトン vs エバートン
2017-11-29
29:00
プレミアリーグ
第14節
マンチェスター・シティ vs サウサンプトン
2017-12-03
22:30
プレミアリーグ
第15節
ボーンマス vs サウサンプトン
2017-12-10
21:00
プレミアリーグ
第16節
サウサンプトン vs アーセナル
2017-12-13
28:45
プレミアリーグ
第17節
サウサンプトン vs レスター・シティ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.11.18
24:00
プレミアリーグ
第12節
リバプール 3 - 0 サウサンプトン
2017.11.04
24:00
プレミアリーグ
第11節
サウサンプトン 0 - 1 バーンリー
2017.10.29
22:30
プレミアリーグ
第10節
ブライトン 1 - 1 サウサンプトン
2017.10.21
25:30
プレミアリーグ
第9節
サウサンプトン 1 - 0 WBA
2017.10.15
24:00
プレミアリーグ
第8節
サウサンプトン 2 - 2 ニューカッスル

基本データ

正式名称:サウサンプトンFC

原語表記:Southampton Football Club

愛称:セインツ (The Saints)

創立:1885年

ホームタウン:サウサンプトン

チームカラー:赤・白

関連ニュース

thumb

サラーの2Gなどでリバプールが吉田欠場のセインツを3発粉砕!リーグ戦3連勝!!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第12節リバプールvsサウサンプトンが18日に行われ、3-0でリバプールが勝利した。 ▽現在5位のリバプール(勝ち点19)はリーグ戦2連勝、公式戦でも3連勝中と好調。4-1で勝利した前節のウェストハム戦から、J・ゴメス、マティブ、ジャン、チェンバレンを代えて、ロブレン、アーノルド、コウチーニョ、ヘンダーソンが先発に名を連ねた。 ▽一方、13位のサウサンプトン(勝ち点13)はリーグ戦2試合勝ち星なしと苦しい状況。3試合ぶりの勝利に向けた今節は吉田がベンチスタートとなった他、ロングがガッビアディーニに代わって起用された。 ▽序盤からコウチーニョやワイナルドゥムを中心に中盤を支配するリバプール。23分にはコウチーニョがカウンターからドリブルシュートを放つが惜しくも枠の外。直後にもFKからコウチーニョが直接狙うが、こちらも枠へ飛ばすことができない。 ▽試合が動いたのは31分。ホームの声援を背に攻めるリバプールは、右CKの場面で一度は相手DFに跳ね返されるものの、素早い切り替えを見せたフィルミノが相手からボールを奪取。ボックス手前右でパスを受けたサラーがそこから左足で見事な曲線を描くシュートを突き刺し、リバプールに先制点をもたらした。 ▽なおも攻めるリバプール。40分にはサラーのボックスを斜めに切り裂くフリーランに応えたコウチーニョが絶妙なスルーパスを通すと、サラーは冷静にGKを制し2点目を奪った。 ▽迎えた後半、前半と同じようにサウサンプトンを攻め立てるリバプールは、相手に攻める隙を与えないまま3点目を奪いに行く。すると68分、フィルミノのボックス右からのシュートの跳ね返りをコウチーニョが押し込んで追加点を挙げた。 ▽その後も休むことなく攻めるリバプールは84分に、フィルミノがドリブルで持ち込んでシュートを放つが、惜しくも枠の右。その後はスコアが動くことはなかったが、終始試合を支配し続けたリバプールが3-0で快勝。吉田不出場のサウサンプトンはこれでリーグ戦3戦未勝利となった。 2017.11.19 02:08 Sun
twitterfacebook
thumb

30歳で引退、ロック歌手となった元イタリア代表のイケメン問題児「俺は金よりビールとバーベキューが好きなんで」

▽元イタリア代表FWパブロ・オスバルド氏が自らのプロキャリア引退について語った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽アルゼンチン出身で元イタリア代表FWのオスバルド氏は、ローマなど複数のイタリアのクラブやサウサンプトンでプレー。2016年にはボカジュニアーズでプレーしたが、同年に30歳ながらも現役引退を決断した。 ▽現役時代、オスバルド氏は血の気が多いことで知られており、チームメートとのいざこざも何度が伝えられていた。30歳ながらスパイクを脱いだオスバルド氏は、ロックバンドのボーカルとしてセカンドキャリアを歩んでいることが伝えられていた。 ▽そしてこの度、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じたオスバルドは、「お金よりもビールとバーベキューが好き」など相変わらずのコメントを残した。 「俺がボカでやめるとき、いろんなゴシップが流れた。人々が怖くて出歩けなかったよ」 「中国やチャンピオンクラブからのオファーがあった。でも行かなかったね。常に好きだったものが嫌いになり始めていたんだ。俺は金よりもバーベキューとうまいビールが好きなんだ。俺は自分に正直だ。プレーするってのは、金だけじゃない」 ▽オスバルド氏は、指導を受けた中で印象的な監督、仲が良かったチームメートについても語った。 「コンテがベストだ。重要な選手であると感じさせてくれた。それにゼーマン。厳しく、自由奔放な人だが偉大だ」 「デ・ロッシは兄弟だね。本当の友人だ。特別な人だ」 2017.11.16 23:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ラモス瑠偉がVAR判定→PK献上の吉田麻也に喝! 判定基準に持論も

▽現役時代に読売クラブやヴェルディ川崎、日本代表で活躍した日本サッカー界のレジェンドであるラモス瑠偉氏がビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)に持論を転じた。 ▽欧州遠征中の日本代表は、10日にフランスのリールで行われた国際親善試合でブラジル代表と対戦。1-3で力負けした。家電メーカーのハイセンスジャパン株式会社の新商品発表会にゲスト出演したラモス瑠偉氏は、イベント後の囲み取材で、ブラジル戦でテスト導入されたVARに言及。VARの判定でPKを献上したサウサンプトンの日本代表DF吉田麻也に喝を入れた。 「私は古い人間だから、ない方が良いとは思うけど、もう(導入が)決められたことだからね」 「この前の試合を振り返ると、ビデオ判定があるとわかっていてファウルを犯した吉田は素人だなと。あれぐらいのベテランがああいうミスをしたら、ゲームは崩れる」 「麻也は海外で何年もやっているんだからわかっているはず。だから、1-3で負けたんじゃないかな。あれはやってはいけない。特に、ベテランは。でも、今回はベテランとか、若手とかの問題じゃない」 「ビデオ判定があるってわかってて、やるのはダメ。結局、『知らないところで見られているよ』ってこと」 「それはネイマールも同じ。酒井(宏樹)を叩いた場面は退場だよ。昔のように、ゲームのスピードがゆっくりじゃなくなって激しいから、レフェリーがついていけなくなったんだと思う」 「大事な場面や、ボールがないことでのいざこざだったり、ゴールに入ったかどうか際どいシーンで使うのは良いんじゃないかな。(VARの正式導入に)反対じゃないけど、ちょっとしたことで試合が止まるのは嫌だ」 2017.11.13 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

トーレス、来冬プレミア復帰?

▽アトレティコ・マドリーに所属する元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(33)にプレミアリーグ復帰の可能性が浮上した。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽アトレティコ・マドリー下部組織出身のトーレスは、リバプール、チェルシー、ミランを経て、2015年冬に復帰。アトレティコ・マドリーのサポーターから“エル・ニーニョ”との愛称で長らく親しまれてきた。だが、今シーズンのここまで出場機会に恵まれておらず、来冬のアトレティコ・マドリー退団を決意したとの報道が取り沙汰されている。 ▽そのトーレスにはアメリカや中国行きの選択肢もあるようだが、もう一度プレミアリーグでプレーしたい気持ちがある様子。そのため、選手の代理人は来年1月のレンタル移籍を目指して、リバプール時代の恩師が率いるラファエル・ベニテス監督のニューカッスルと、マウリシオ・ペジェグリーノ監督のサウサンプトンに売り込みをかけたという。 ▽なお、アトレティコ・マドリー側はレンタル移籍を容認する前に、他クラブからのオファーを吟味する姿勢。レンタルを希望するクラブは、アトレティコ・マドリーで受け取っている年俸220万ポンド(約3億2000万円)の一部支払い義務が生じてくるとのことだ。 2017.11.13 12:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「もう100回は言ってきた」吉田麻也、プレミア強豪との連戦前に得点力不足改善を要求

サウサンプトンDF吉田麻也は、チームの得点力不足に言及しつつ、不調の中でも「前だけをみていく」と気を引き締めている。『デイリー・エコー』が伝えた。<br><br>サウサンプトンは、直近のプレミアリーグ6試合で1勝2分3敗と、5ポイントしか獲得できていない。4日のホームで行われたバーンリー戦でも、最後まで得点を奪うことができずに0-1で敗れた。現在は勝ち点13で13位に位置している。<br><br>これまでビッグ6と言われる強豪チームとの試合は、第6節のマンチェスター・ユナイテッド戦のみ。ここからの10試合でビッグクラブとの対戦が続いていく。降格圏と4ポイント差のセインツは、今後10試合の結果次第では残留争いに巻き込まれていく可能性もある。<br><br>バーンリー戦で失点に絡んでしまった吉田だが、後悔している余裕はないと語っている。<br><br>「信念を見出そうとしなければいけません。後悔している暇はない。前だけをみて、どうやって改善していくか考える必要があります。今から何をすべきか考えるのは、おそすぎますね」<br><br>マウリシオ・ペジェグリーノ監督へのプレッシャーも強まっている中、日本代表DFは、チームに一体感があるとしつつ、得点力不足を改善しなくてはならないと語った。<br><br>「僕らには良いスカッドがあって一体感もあります。愚かな選手もわがままなやつもいない。だけど、何かを変えていく必要があります。サッカーは得点が必要なスポーツです。それが最も難しいことではありますが、ゴールを決めなければいけません。もう100回は言ってきましたが、ゴールが必要です」<br><br>サウサンプトンは、リーグ戦11試合で9ゴールに終わっている。吉田の言うように得点力を改善し、ここからの強豪との試合で、どれだけ勝ち点を獲得できるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.07 10:46 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング