超ワールドサッカー

サウサンプトン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
8 サウサンプトン 46 12 10 16 41 48 -7 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.21
23:00
プレミアリーグ
第38節
サウサンプトン 0 - 1 ストーク・シティ
2017.05.17
27:45
プレミアリーグ
第28節
サウサンプトン 0 - 0 マンチェスター・ユナイテッド
2017.05.13
23:00
プレミアリーグ
第37節
ミドルズブラ 1 - 2 サウサンプトン
2017.05.10
27:45
プレミアリーグ
第26節
サウサンプトン 0 - 2 アーセナル
2017.05.07
21:30
プレミアリーグ
第36節
リバプール 0 - 0 サウサンプトン

基本データ

正式名称:サウサンプトンFC

原語表記:Southampton Football Club

愛称:セインツ (The Saints)

創立:1885年

ホームタウン:サウサンプトン

チームカラー:赤・白

関連ニュース

thumb

ザックがサウサンプトンの新監督候補に浮上…吉田麻也と再タッグか!?

▽ミランやユベントスで指揮を執り、日本代表監督も務めたアルベルト・ザッケローニ氏(64)がプレミアリーグで指揮を執る可能性が浮上した。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 ▽2010年8月から2014年6月まで日本代表を指揮し、ブラジル・ワールドカップでチームを率いたザッケローニ氏。1998-99シーズンにはミランを率いてスクデットを獲得すると、ラツィオやインテル、ユベントスなどイタリアのクラブを率いていたことでも知られている。日本代表監督を退任後は、2016年1月に中国スーパーリーグの北京国安の監督に就任。しかし、4カ月で解任され、フリーとなっていた。 ▽『デイリー・スター』によると、ザッケローニ氏は現在監督が決まっていないサウサンプトンのほか、クリスタル・パレスの指揮官候補にも挙がっているとのこと。フランク・デ・ブール氏やマウリシオ・ペジェグリーノ氏らと共に候補となっているようだ。 ▽仮にサウサンプトンの指揮官に就任すれば、日本代表DF吉田麻也と再びタッグを組むこととなるが、新指揮官は誰になるのだろうか。 2017.06.18 10:19 Sun
twitterfacebook
thumb

ギグス氏が吉田麻也所属のサウサンプトン指揮官就任を熱望?

▽マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるライアン・ギグス氏が、サウサンプトンの指揮官就任を望んでいるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは、昨シーズンのプレミアリーグを8位フィニッシュ。しかし、先日クロード・ピュエル監督を解任し、現在は後任監督を探している状況だ。 ▽後任監督の候補には、ドルトムント監督を退任したトーマス・トゥヘル氏が挙がっていたが、チャンピオンズリーグ出場クラブの指揮を望んでいるとのこと。また、今シーズン途中にインテルの監督を解任されたフランク・デ・ブール氏やマウリシオ・ペジェグリーノ氏も候補に挙がっている。 ▽ギグス氏は、デイビッド・モイーズ監督が解任された後、暫定的にユナイテッドで指揮。プレミアリーグで4試合を指揮し、2勝を挙げているが、正式な監督となればキャリア初となる。果たしてサウサンプトンでの指揮官就任は実現するだろうか。 2017.06.16 12:35 Fri
twitterfacebook
thumb

吉田擁するセインツの新指揮官候補にフランク・デ・ブール氏が浮上!! ブックメーカーの予想では最有力に

▽サウサンプトンの新監督候補に、元インテル指揮官のフランク・デ・ブール氏(47)が浮上している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽今シーズンからサウサンプトンを指揮したクロード・ピュエル監督(55)は、相次ぐ負傷者の中、日本代表DF吉田麻也ら代役をうまく起用して、EFLカップで準優勝に導いた。しかし一方で、プレミアリーグでは12勝10分け16敗の8位と振るわず。クラブは14日、ピュエル監督を解任したことを発表した。 ▽ピュエル監督の後任としては、同じく今シーズン限りでドルトムントの指揮官を解任されたトーマス・トゥヘル氏、アラベスの指揮官を解任されたマウリシオ・ペジェグリーノ氏。さらにレディングの指揮官を務めるヤープ・スタム監督、昨シーズン限りでマンチェスター・ユナイテッドのアシスタントコーチを退いていたライアン・ギグス氏の名前が挙がっていた。 ▽『スカイ・スポーツ』によると、ここに来て、フランク・デ・ブール氏も候補に浮上してきた模様。フランク・デ・ブール氏は、今シーズンにインテルの監督となるも、わずか84日で解任されていた。 ▽また同メディアは、最新のオッズを紹介。現時点ではフランク・デ・ブール氏が、他の候補者たちよりも一歩リードしている状況だと伝えた。 ◆サウサンプトン新指揮官候補 (年齢/オッズ) フランク・デ・ブール(47/2.75倍) マウリシオ・ペジェグリーノ(45/7倍) ライアン・ギグス(43/8倍) ヤープ・スタム(44/11倍) トーマス・トゥヘル(43/13倍) 2017.06.16 09:45 Fri
twitterfacebook
thumb

サウサンプトンがピュエル監督と契約解除

▽日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは14日、クロード・ピュエル監督(55)との契約を解除したことを発表した。 ▽かつてリヨンなどフランスの複数クラブを率いたピュエル監督は、今シーズンからサウサンプトンを指揮した。シーズン途中の負傷者続出で吉田らを代役起用した中で、EFLカップで準優勝という一定の成果を収めたが、ヨーロッパリーグでグループステージ敗退。肝心のプレミアリーグでも、12勝10分け16敗の8位という成績で今シーズンを終えていた。クラブは次のような声明文を掲載している。 「サウサンプトン・フットボール・クラブは、クロード・ピュエルとの契約を解除したこと発表する。サウサンプトンに関わるすべての関係者からハードワークしてくれたクロードに感謝の意を表したい。シーズンのハイライトであるウェンブリーで行われたEFLカップ決勝のことは、ファンにとっても忘れがたい日になった。クロードの幸運を祈る。新指揮官の調査は進んでいる。チームを正しい道に導いてくれる適任者を見つける自信がある」 2017.06.15 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールがファン・ダイク問題でサウサンプトンに謝罪、クロップは「憶測で記事を書いたメディアに遺憾」

▽リバプールが、ここ数日で報じられたオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(25)の移籍に関する問題について、サウサンプトンに謝罪したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽『スカイ・スポーツ』は先日、リバプールがファン・ダイク獲得に向けて動きを見せていると報道。リバプールのユルゲン・クロップ監督が直接口説き落としたとして、マンチェスター・シティ行きが噂された同選手の獲得に迫っていると伝えていた。 ▽これを受けてサウサンプトン側は、リバプールの対応を非難。オファーが届いていない状況で、直接本人にアプローチをしたことに怒りをあらわにし、プレミアリーグ側に調査を依頼していた。 ▽『スカイ・スポーツ』は最新情報を公開。今回のサウサンプトン側の対応を受けて、リバプールがクラブとして謝罪したようだ。またクロップ監督も公にコメントを発している。 「リバプールとしては、メディアの憶測により生み出された今回のことに関して遺憾の意を示す。また、サウサンプトンや選手個人には非常に申し訳なく思っている。今回、ヴィルヒル・ファン・ダイクに対するあらゆる報道、誤解について正式に謝罪したい」 「我々はサウサンプトンを尊重し、今後、選手(ファン・ダイク)への関心は持たないことを明確にしたい」 2017.06.08 10:30 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング