サウサンプトン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 サウサンプトン 33 9 6 12 33 36 -3 27

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-01
25:30
プレミアリーグ
第30節
サウサンプトン vs ボーンマス
2017-04-05
27:45
プレミアリーグ
第31節
サウサンプトン vs クリスタル・パレス
2017-04-08
23:00
プレミアリーグ
第32節
WBA vs サウサンプトン
2017-04-15
25:30
プレミアリーグ
第33節
サウサンプトン vs マンチェスター・シティ
2017-04-23
27:45
プレミアリーグ
第34節
チェルシー vs サウサンプトン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.19
23:15
プレミアリーグ
第29節
トッテナム 2 - 1 サウサンプトン
2017.03.04
24:00
プレミアリーグ
第27節
ワトフォード 3 - 4 サウサンプトン
2017.02.26
25:30
EFLカップ
決勝
マンチェスター・ユナイテッド 3 - 2 サウサンプトン
2017.02.11
24:00
プレミアリーグ
第25節
サンダーランド 0 - 4 サウサンプトン
2017.02.04
24:00
プレミアリーグ
第24節
サウサンプトン 1 - 3 ウェストハム

基本データ

正式名称:サウサンプトンFC

原語表記:Southampton Football Club

愛称:セインツ (The Saints)

創立:1885年

ホームタウン:サウサンプトン

チームカラー:赤・白

関連ニュース

thumb

主将のDF吉田麻也「僕は長谷部誠になれない」…クラブでポジション奪取も慢心なし《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本代表は27日、翌28日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のタイ代表戦に向け、試合当日の会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を行った。 ▽練習終了後、DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。負傷離脱したMF長谷部誠に代わって務める主将像や、定位置を掴み取ったクラブでの状況について語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF吉田麻也</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">──タイ戦に向けて</span> 「気を緩めがちになる試合だと思うので、しっかりと後ろからリードしていきたい。対戦相手が引いて守られてしまって、なかなか崩せない展開に陥りがちなので、とにかく早い時間帯にゴールを取れるようにしなければならない。理想を言えば、得失点差もあるので、より多くのゴールを取ることがベストだけど、どんな状況になるかわからないし、とにかく勝ち点3を取ることに集中していきたい」 <span style="font-weight:700;">──カウンター返し</span> 「(タイは)かなり守備的に入ってきて、カウンターを仕掛けてくる。おっしゃるとおり、奪ったあと、今まで築いていた守備のオーガナイズが崩れがちになるので、そこを突くことができれば一番。ただ、守備の点に関しては、アウェイのときも一対一の場面が何回かあったし、なるべくそこをなくすこと。UAE戦の前半で川島(永嗣)選手が止めたシーンだったり、後半の立ち上がりに2度くらいピンチがあったので、そういった試合の中で2、3回ある場面への対応を突き詰めていかないといけない」 <span style="font-weight:700;">──連携面</span> 「毎試合、毎プレーを完璧に守備をオーガナイズできるわけではない。そういうところでカバーリングできるような選手に僕自身もなりたいし、チームとしてもお互いがカバーできるだけの集中力を保っておかないといけない」 <span style="font-weight:700;">──キャプテンとして心がけること</span> 「アプローチ自体を変えるつもりは全くない。毎試合、100%で臨めるようなアプローチを心がけている。それを繰り返すだけ。先ほども言ったけど、集中力を欠きがちな試合になる可能性があるので、コーチングでしっかりとチームをリードしていきたい」 <span style="font-weight:700;">──MF長谷部誠というキャプテン像</span> 「僕は、長谷部誠になれない。僕には僕のできるリードの仕方がある。無理して、ハセさんみたいに振る舞う必要はないと思っているし、自分が信じる道、正しいと思うリーダーシップを発揮していければ」 <span style="font-weight:700;">──個人として充実したチームでの状況</span> 「監督がチャンスを与えてくれて、それに対して準備してて良いパフォーマンスを出せたことが一番大きかった。準備自体は、去年も一昨年もやっていたけど、そこでチャンスを掴めるかどうかは僕次第。去年掴めなくて、今年掴めたというだけ」 「逆に言うと、パフォーマンスが落ちれば、またポジションを奪われる可能性がある。そういう場所でプレーしていると思っていて、ポジションを奪ったという感覚はないし、これからもない」 2017.03.27 20:30 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田麻也がトッテナム戦を振り返る…デレ・アリのPKは「疑わしい」

▽サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也が、トッテナム戦を振り返ってコメントした。イギリス『デイリー・エコー』が報じた。 ▽19日に行われたプレミアリーグ第29節のトッテナム戦に先発フル出場を果たした吉田。チームは前半にエリクセン、デレ・アリのPKでリードを許すと、ワード=プラウズが1点を返すも2-1で敗れていた。 ▽吉田は試合を振り返り、前半は良くなかったものの、後半は良いパフォーマンスが見せられたとコメントした。 「僕たちは後半は盛り返せたと思います。前半は彼らの方がより良いプレーをしていました。僕たちは後半の様なプレーを試合が始まった時からするべきだと思います」 「僕たちはまだ多くの失点をしており、それは止めなくてはいけません。彼らは良いチームだけど、後半は僕たちの方が良いプレーをしていました」 「個人的にはもっと良い結果でも良かったと思いますが、2-1が現実です」 ▽また、決勝ゴールとなったデレ・アリのPKについてもコメント。PKではなかったのではないかと見解を示した。 「1点目はエリクセンの個人技でした。そして2点目は…僕はPKかどうか疑わしいと思っています」 「今、インターナショナルブレイクに入っており、4月には多くの試合が待っています。それに向けて準備をする必要があります。誰もケガせず、フレッシュな状態になるでしょう」 2017.03.21 15:27 Tue
twitterfacebook
thumb

エース不在のスパーズがエリクセン&アリ弾で吉田フル出場のセインツ撃破! クラブ記録更新のホーム10連勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第29節、トッテナムvsサウサンプトンが19日にホワイト・ハート・レーンで行われ、ホームのトッテナムが2-1で勝利した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。 ▽共にリーグ2連勝中の2位トッテナムと、10位サウサンプトンとの一戦。前節、エバートンとの打ち合いを制したトッテナムは、直近のFAカップ準々決勝でも3部のミルウォールを6-0で一蹴し、ベスト4進出を決定。だが、この試合でエースFWケインが右足首を負傷し、数週間の離脱を強いられることに。ポチェッティーノ監督はそのエースの代役にミルウォール戦でハットトリックを達成したソン・フンミンを起用した。 ▽一方、前節ワトフォードとの打ち合いを制したサウサンプトンは、今季ホーム無敗を継続するトッテナムの要塞ホワイト・ハート・レーンでリーグ3連勝を狙う。この試合では吉田やデイビス、新エースFWガッビアディーニなど現状のベストメンバーがピッチに立った。 ▽試合は開始早々に決定機が訪れる。開始3分、右サイドに流れたエリクセンの絶妙なスルーパスに抜け出したソン・フンミンがボックス内でGKと一対一になるが、右足のシュートはGKフォースターの見事なワンハンドセーブに阻まれた。 ▽立ち上がりの決定機を逸したトッテナムだったが、その後も攻守両面で地力の差を見せつけると、14分に先制点を奪う。バイタルエリアでタメを作ったデンベレから縦パスを受けたエリクセンがボックス手前右から内に切り込みながら左足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。勢い付くホームチームは、その後も押し込んでいくと24分にはエリクセンの左CKをアルデルヴァイレルトがドンピシャのヘッドで合わすが、これはGKフォースターが強靭で左手でかき出した。 ▽一方、敵地で先制を許す厳しい入りとなったサウサンプトンは、要所で良いボールの奪い方をみせ、ショートカウンターでゴールを狙う。28分にはサイドをえぐった仕掛けからガッビアディーニ、タディッチに続けて決定機もシュートを枠に飛ばせない。すると、30分過ぎにはガッビアディーニが足を痛めてしまい、ロングとの負傷交代を強いられた。 ▽新エースFWの負傷交代で流れを失ったサウサンプトンは、33分にボックス内でこぼれ球に反応したデイビスがデレ・アリを蹴ってしまい、痛恨のPK献上。これをデレ・アリに決められて点差を2点に広げられてしまう。 ▽一方、セーフティーリードを得たトッテナムは、持ち味の堅守で相手の反撃をきっちり跳ね返していく。さらに、前半終了間際にはエリクセンが絶妙なスルーパスでソン・フンミンの決定機を演出するが、ここはわずかにパスが長く3点目とはならなかった。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半立ち上がりもホームチームが押し込む入りとなる。49分にはボックス手前でウォーカーからマイナスの折り返しを受けたエリクセンが右足ダイレクトシュートを狙うが、これを枠に飛ばせない。 ▽一方、2点のビハインドを追うサウサンプトンは、前半以上にリスクを冒して攻撃に出ると、早い時間帯に1点を返す。52分、左サイド深くでバートランドが入れた低いクロスを、ニアでDFアルデルヴァイレルトがクリアし損ねてファーに流れる。これをワントラップしたワード=プラウズが冷静に流し込んだ。 ▽点差が1点に縮まったことで、試合はここから一気に拮抗した展開となる。高いボール支配率で主導権を握るトッテナムは、アタッキングサードまで容易にボールを運ぶものの、吉田を中心に中央を締めるサウサンプトンの守備を崩し切れない。対するサウサンプトンもロングに背後を狙わせる形での仕掛けで、幾度かチャンスシーンを作るが、こちらも決定機に持ち込むまでには至らず。 ▽流れを変えたい両ベンチは、試合終盤にかけて交代カードを切っていく。逃げ切りを図るトッテナムは、疲れの見えたソン・フンミン、ウォーカー、エリクセンを下げてウィンクス、トリッピアー、ヤンセンを投入し、逃げ切りを図る。対するサウサンプトンは、より個で打開できるブファル、ジェイ・ロドリゲスをピッチに送り出す。 ▽その後、試合終了間際にはトッテナムがヤンセン、サウサンプトンがロングの仕掛けで相手GKを脅かすが、試合は2-1のままタイムアップ。エース不在で苦しみながらもエリクセン、デレ・アリのゴールで勝ち切ったトッテナムが、クラブ記録を更新するホーム10連勝でリーグ3連勝を飾った。一方、敗れたサウサンプトンは連勝がストップした。 2017.03.20 01:12 Mon
twitterfacebook
thumb

サウサンプトンの最終ラインを支えるDF吉田麻也「ベストを尽くすことにトライ」

▽サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也が、今シーズンの自身のプレーについて語った。クラブ公式サイトが報じた。 ▽シーズン序盤こそ出場機会に恵まれなかった吉田だったが、ポルトガル代表DFジョゼ・フォンテのウェストハム移籍に伴い年末からポジションを獲得した。 <span class="AdVideo" data-category="video_ad_app" data-page-id-ios="cybird170309_ios" data-page-id-and="cybird170309_and" data-height="180px"></span> ▽吉田がメンバー復帰後はなかなか結果が出なかったサウサンプトンだったが、リーグ戦ここ2試合は連勝。吉田はここまでのパフォーマンスを振り返った。 「トップチームで良いプレーができていると思います。長い時間チャンスももらっています。楽しんでいますし、自分のベストを尽くすことにトライしています。他の選手とも良いコミュニケーションを取れていますね。例えば、ジャック・スティーブンスです」 ▽今シーズン、センターバックでコンビを組む機会が多い23歳のDFジャック・スティーブンスについて問われた吉田は、互いに助け合う良い関係であると語った。 「彼は成長してしますし、多くのことを学んでいます。彼は僕たちを助けようとしていますし、僕も彼の将来を助けたいと思っています。良い関係を築けていますよ。ただ、もっと失点を防ぐために僕たちは成長する必要があります」 ▽また、多くの試合に出場したことの影響を問われた吉田は、自身の成長に繋がったと明かした。 「僕を成長させたと思いますし、集中力も改善できたと思います。強くなったと自覚しています。この時間を楽しんでいますし、同時に責任感も生まれました」 2017.03.11 23:11 Sat
twitterfacebook
thumb

今冬加入のサウサンプトンFWがレアル・マドリーへ?ワトフォードFWが元同僚の成り上がりを予想

ワトフォードに所属するFWステファノ・オカカが、サウサンプトンのFWマノロ・ガッビアディーニが今の調子を続ければ、レアル・マドリーに移籍する可能性があると話している。イギリス紙『デイリー・スター』が報じた。<br><br>ガッビアディーニは1月にナポリからサウサンプトンに移籍すると、加入早々大暴れ。EFLカップ決勝での2ゴールなど、4試合で6ゴールを挙げる活躍を見せている。サンプドリアでかつてチームメイトの関係にあったオカカは、今のペースで活躍を続ければ、白い巨人に行く可能性すらあると語った。<br><br>「ガッビアディーニとサンプドリアでともにプレーできたのはとても楽しい時間だった。とてもクレバーで、素晴らしい選手だね。彼はチャンスが来ると常に信じているんだ。サンプドリア時代からフィニッシュの練習を多くしていた。彼の左足でのシュートはとてつもなく冷静だね」<br><br>「彼がプレミアリーグを代表するストライカーになれるか? もちろんだね。ただ、彼は良い選手で、これからも今のペースでゴールを奪い続ければ、いずれはレアル・マドリーにいるだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.06 20:21 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング