超ワールドサッカー

サウサンプトン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 サウサンプトン 8 1 5 6 8 21 -13 12

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-11-24
24:00
プレミアリーグ
第13節
フルアム vs サウサンプトン
2018-11-27
28:45
EFLカップ(カラバオ・カップ)
4回戦
レスター・シティ vs サウサンプトン
2018-12-01
プレミアリーグ
第14節
サウサンプトン vs マンチェスター・ユナイテッド
2018-12-05
29:00
プレミアリーグ
第15節
トッテナム vs サウサンプトン
2018-12-08
プレミアリーグ
第16節
カーディフ vs サウサンプトン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.11.10
24:00
プレミアリーグ
第12節
サウサンプトン 1 - 1 ワトフォード
2018.11.04
24:00
プレミアリーグ
第11節
マンチェスター・シティ 6 - 1 サウサンプトン
2018.10.27
23:00
プレミアリーグ
第10節
サウサンプトン 0 - 0 ニューカッスル
2018.10.20
23:00
プレミアリーグ
第9節
ボーンマス 0 - 0 サウサンプトン
2018.10.07
22:15
プレミアリーグ
第8節
サウサンプトン 0 - 3 チェルシー

基本データ

正式名称:サウサンプトンFC

原語表記:Southampton Football Club

愛称:セインツ (The Saints)

創立:1885年

ホームタウン:サウサンプトン

チームカラー:赤・白

関連ニュース

thumb

最下位フルアム、“ミラクルレスター”の立役者・ラニエリ新監督で復調なるか 「チームに最も必要なのは守備」

フルアムの新監督に就任したクラウディオ・ラニエリ監督がクラブ公式サイトでチームの再建についてコメントした<br><br>プレミアリーグ昇格組のフルアムは、第12節を終えて1勝2分9敗で最下位に低迷。失点数はリーグ最低の31失点を喫している。そんな窮地のチームを立て直すために、2015-16シーズン、開幕前に降格候補とみなされていたレスター・シティを率いて、奇跡の優勝を果たしたラニエリ監督に白羽の矢が立った。守備の国イタリア出身のラニエリ監督は「守備からの再建」を訴えた。<br><br>「イタリア人指揮官として、チームに最も必要なのは守備だと信じている。守備において、DFやGKだけでなく11人全員が、強固なビジョンを持つことが最も重要だ」<br><br>「私はチームスピリットを重要視している。その点、ここには良いグループがある。ファイティングスピリットが大切なんだ。ファンが我々を支えてくれることを望んでいるよ。我々は常に彼らの力が必要なんだ。ファンのサポートがある限り、我々は絶対に諦めない」<br><br>ラニエリ新監督の初陣は24日に行われるホーム開催のサウサンプトン戦。&quot;ミラクルレスター&quot;の立役者は、公式戦7連敗中のチームを早期に立て直すことができるだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.11.15 07:35 Thu
twitterfacebook
thumb

セインツ指揮官、オフサイド判定に「プレミアはまだ暗黒期」…DF吉田麻也も不満をコメント

▽サウサンプトンのマーク・ヒューズ監督が、プレミアリーグへのビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)導入を訴えている。スペイン『アス』が伝えた。 ▽サウサンプトンは10日、プレミアリーグ第12節でワトフォードと対戦。前半中に先制したサウサンプトンは、後半にFWオースティンが2-0となる追加点を決めたかに思われたが、日本代表DF吉田麻也がオフサイドポジションに居たとして取り消しに。その後、試合終盤にワトフォードが同点弾を叩き込み、1-1の引き分けで終えた。 ▽試合後、オースティンは「運営が2ポイントを奪った」とレフェリングへの怒りを露わにした。また、ヒューズ監督も不満を口にしている。 「(VARを)導入する必要がある」 「今年導入しなかったことには驚いているし、大勢の人々も驚いていると思う」 「他の全ての大会では速やかに導入され、他の全てのスポーツでもビデオレビューがある」 「いくつかの理由で、プレミアリーグはまだ暗黒期にある」 ▽また、クラブ公式ツイッター上(@SouthamptonFC)は吉田のインタビューを掲載。以下のように述べた。 「もちろん、本当に動転している。2ポイントを失ったという風に感じているよ。レフェリーの間違った決定によってね」 「でも、今日の僕らは良いプレーをしたと思う。後半に入ってもよく戦ったよ。不運なことに僕らは3ポイントを獲得できなかったけど、少なくとも今日は素晴らしい個性を見せた」 2018.11.11 17:20 Sun
twitterfacebook
thumb

「審判が2ポイントを奪った」吉田のオフサイドでゴール取り消され、サウサンプトンFW激怒

サウサンプトンのFWチャーリー・オースティンは、ゴールを取り消したレフェリーの判定に激怒した。<br><br>10日に行われたプレミアリーグ第12節でサウサンプトンはホームでワトフォードと対戦。幸先よく先制したサウサンプトンは、後半にもオースティンがリードを広げるゴールを奪ったが、吉田麻也がオフサイドポジションにいたという判定になり得点は取り消しに。その後、ワトフォードに同点ゴールを許し、試合は1-1のドローに終わった。<br><br>ゴールを微妙な判定により取り消されたオースティンは試合後、声を荒げ、感情を剥き出しにしてレフェリーの判定を批判した。「馬鹿げている。あのゴールにより2-0になったところで試合は決まったはずだった。僕たちは試合に勝てたんだ。でもオフィシャルが2ポイントを奪った」<br><br>「彼らはオフサイドだって言った。ボールがマヤに当たったって言ったが、当たってなどいない。僕自身に2回当たって、ボールが浮き上がったんだ。あの判定は何かの冗談だろ。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)があれば、オフィシャルを助けてくれるだろう。彼らは明らかにその助けを必要としている」<br><br>9月1日のクリスタル・パレス戦以降、勝利から見放されるサウサンプトンは現在暫定17位と下位に沈む。<br><br>提供:goal.com 2018.11.11 15:40 Sun
twitterfacebook
thumb

吉田が4試合ぶりの先発もサウサンプトンは痛恨ドローで8戦勝利なし《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第12節のサウサンプトンvsワトフォードが10日に行われ、1-1の引き分けに終わったした。サウサンプトンの吉田麻也はフル出場を放たしている。 ▽リーグ戦7試合勝利がない16位サウサンプトンが、本拠地セント・メリーズ・スタジアムに8位ワトフォードを迎えた一戦。サウサンプトンは、大敗を喫した前節のマンチェスター・シティ戦からスタメンを3人変更。ロング、ワード=プラウズ、スティーブンスに代えて4試合ぶりの先発となる吉田やガッビアディーニ、アームストロングを先発で起用した。 ▽強い雨が降りしきる中でスタートした試合は、立ち上がりからアウェイチームが押し込む展開に。すると4分、ホードのパスを中盤でカットしたキコがダイレクトで前線にボールを送ると、抜け出したしたデウロフェウがボックス右から侵入しシュート。しかし、これはGKマッカーシーが好セーブで防いだ。 ▽対するサウサンプトンは20分、左CKのセカンドボールをボックス内で拾ったR・ペレイラにイングスが素早くプレスをかけて引っかけると、ゴール前のガッビアディーニがダイレクトシュートを流し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽先制したサウサンプトンは、34分にレミナのクロスに吉田が頭で合わせたが、これは枠の上。さらに37分にも、バートランドの左クロスからアームストロングが決定機を迎えたが、これはGKフォスターのセーブに阻まれた。 ▽後半は一進一退の展開が続く中、サウサンプトンは66分に決定機。右サイドから仕掛けたレドモンドがボックス右まで切り込みクロスを供給。これを中央のオースティンがダイレクトシュートでゴール左に突き刺したが、ゴール前の吉田がプレーに関与したとしてオフサイドを取られ、このゴールは取り消された。 ▽すると82分、ワトフォードは相手DFのクリアミスをボックス左手前で拾ったホレバスがボックス内まで持ち上がりシュート。相手DFにディフレクトしたボールがそのままゴール右に突き刺さった。 ▽結局、試合はそのまま1-1で終了。サウサンプトンは、ホームで8試合ぶりの白星を飾ることができなかった。 2018.11.11 02:25 Sun
twitterfacebook
thumb

中島翔哉が吉田麻也と同僚に?サウサンプトンがスカウト派遣…争奪戦はさらに激化か

ポルティモネンセで躍動する日本代表FW中島翔哉に対し、サウサンプトンも獲得へ動き出したようだ。『Sport Witness』が伝えている。<br><br>昨季欧州初挑戦ながら10ゴール13アシストと、素晴らしい活躍を見せた中島。多くのビッグクラブが獲得に動いていたものの、ポルティモネンセは放出を拒否。今季からは10番を背負い、クラブのエースとして9節終了時点で8試合に先発出場し、4ゴール3アシストを記録している。<br><br>セビージャやフランクフルト、さらにはパリ・サンジェルマンらビッグクラブからの関心も伝えられる中島だが、吉田麻也所属のサウサンプトンも状況を注視しているようだ。『Sport Witness』によると、セビージャらとともに、サウサンプトンも3日のベレネンセス戦(1-1)にスカウトを派遣していたという。<br><br>ポルトガルの新聞『A Bola』は試合に来たスカウトリストを伝えているが、そこには「プレミアリーグのクラブ」としか書かれていないという。だが、サウサンプトンの可能性が非常に高いようだ。記事によると、サウサンプトンは今年に入ってすでに2度は現地でチェックを行っているという。<br><br>ポルトガル『PUBLICO』でチアゴ・ピメンテル記者は、「ビッグクラブへの移籍は確実であり、問題はどこに行くかだ」との見解を示している。日本の&ldquo;宝石&rdquo;は、どのクラブでプレーすることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.07 14:25 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング