サウサンプトン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
9 サウサンプトン 40 11 7 14 39 44 -5 32

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-29
23:00
プレミアリーグ
第35節
サウサンプトン vs ハル・シティ
2017-05-07
21:30
プレミアリーグ
第36節
リバプール vs サウサンプトン
2017-05-10
27:45
プレミアリーグ
第26節
サウサンプトン vs アーセナル
2017-05-13
23:00
プレミアリーグ
第37節
ミドルズブラ vs サウサンプトン
2017-05-17
27:45
プレミアリーグ
第28節
サウサンプトン vs マンチェスター・ユナイテッド

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.25
27:45
プレミアリーグ
第34節
チェルシー 4 - 2 サウサンプトン
2017.04.15
25:30
プレミアリーグ
第33節
サウサンプトン 0 - 3 マンチェスター・シティ
2017.04.08
23:00
プレミアリーグ
第32節
WBA 0 - 1 サウサンプトン
2017.04.05
27:45
プレミアリーグ
第31節
サウサンプトン 3 - 1 クリスタル・パレス
2017.04.01
25:30
プレミアリーグ
第30節
サウサンプトン 0 - 0 ボーンマス

基本データ

正式名称:サウサンプトンFC

原語表記:Southampton Football Club

愛称:セインツ (The Saints)

創立:1885年

ホームタウン:サウサンプトン

チームカラー:赤・白

関連ニュース

thumb

リバプールがセインツDFファン・ダイク獲得にクラブ史上最高額を用意か

▽サウサンプトンのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(25)の獲得にリバプールがクラブ最高額を用意するようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽今夏バックラインの補強を目指すリバプールは、サウサンプトンの守備陣を支えていたファン・ダイクの獲得に動いているものの、アーセナルやチェルシー、マンチェスター・シティ、エバートンと多くのクラブが獲得に興味。争奪戦になることは必至だ。 ▽リバプールで指揮を執るユルゲン・クロップ監督は、ファン・ダイクを今夏の守備補強の筆頭と考えているものの、そのためにはチャンピオンズリーグの出場権を獲得しなければいけない。ファン・ダイクは、かねてよりチャンピオンズリーグでのプレーを望んでおり、リバプールがトップ4フィニッシュを逃すことがあれば、移籍の実現は低くなるだろう。 ▽また、ファン・ダイク獲得に必要な移籍金は5000万ポンド(約71億4300万円)とも言われており、リバプールはクラブ史上最高額となる移籍金を用意する考えがあるとのこと。リバプールにとっては、2011年1月にニューカッスルからFWアンディ・キャロルを獲得するために支払った3500万ポンド(当時のレートで約46億円)が最高額となっている。 ▽なお、サウサンプトンは2015年にセルティックからファン・ダイクを獲得したが、その際は1300万ポンド(当時のレートで約19億円)の移籍金を支払っており、大きく価値を上げたこととなる。 2017.04.26 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

敵将もアザールとジエゴ・コスタを称える「彼らが違いを作った」

▽サウサンプトンのクロード・ピュエル監督が、25日に行われたプレミアリーグ第34節のチェルシー戦を振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽22日に行われたFAカップ準決勝のトッテナム戦から中2日での試合を迎えたチェルシーは、ジエゴ・コスタやアザールなど主力がスタメンに復帰。すると5分にはそのアザールが先制点をマークし、ジエゴ・コスタも2ゴールを奪取。4-2の勝利に大きく貢献した。 ▽対戦したピュエル監督は、チェルシーの組織力を称えながらもアザールとジエゴ・コスタが違いを生んだとの見解を示した。 「クオリティの部分で、相対的に良いパフォーマンスだったと思う。ただ、我々の目の前には素晴らしいチームがいた。さらに彼らには2人の偉大な選手もいた。コスタとアザールが違いを生んだ試合だったね」 ▽なお、サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也はリーグ戦14試合連続となるフル出場を果たしている。 2017.04.26 10:13 Wed
twitterfacebook
thumb

サウサンプトン吉田麻也、チェルシーに4失点も英紙の評価は及第点

サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也が、チェルシー戦で及第点の評価を得ている。<br><br>サウサンプトンは25日、プレミアリーグ第33節で首位を走るチェルシーと対戦し、2-4で敗れた。吉田は11試合連続のフル出場を飾ったが、4失点を喫し、勝利に貢献することはできず。それでも、イギリス紙『デイリー・メール』は吉田に対して及第点以上となる評価を下している。<br><br>日本代表DFに与えられた採点は「6.5」。しかし、寸評では「最初の失点ではミスを犯した。コスタに時間を与えすぎて、アザールへのパスを許す」と、厳しい言葉を記された。さらに『ESPN』では「4」をつけられ、「チェルシーの最初のゴールに絡んでしまい、空中戦でも脅威になれなかった」と、述べられている。<br><br>しかし、失点に絡んだ一方、安定したパフォーマンスを続けたことが及第点の評価にも繋がったと言える。ここ2試合で、マンチェスター・シティに3失点、チェルシーに4失点と状況は良くないが、吉田の立ち位置が脅かされる可能性は低いと言えるだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.26 08:36 Wed
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタ2G1Aのチェルシーが吉田フル出場のセインツに4発快勝《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第34節チェルシーvsサウサンプトンが25日に行われ、4-2でチェルシーが快勝した。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場している。 ▽前節マンチェスター・ユナイテッド戦を0-2と完敗して2位トッテナムとの勝ち点差を4に縮められた首位チェルシー(勝ち点75)は、3日前に行われ4-2で勝利したFAカップ準決勝のトッテナム戦のスタメンから4選手を変更。ジエゴ・コスタやアザール、ケイヒルらが先発に戻り、ペドロがベンチスタートとなった。 ▽前節マンチェスター・シティ戦を0-3と完敗した9位サウサンプトン(勝ち点40)に対し、チェルシーは5分に先制する。セスクのスルーパスに反応してボックス右に侵入したジエゴ・コスタのマイナスの折り返しを、アザールがダイレクトでゴール左へ蹴り込んだ。 ▽その後も主導権を握るチェルシーは、18分にも前線3枚の関係から決定機を演出。セスクのフィードをジエゴ・コスタが受けてラストパス。最後はアザールがシュートしたが、枠を外れた。 ▽すると24分、サウサンプトンが同点に追いつく。左CKがファーサイドに流れると、ガッビアディーニの折り返しをロメウが押し込んだ。 ▽その後は一進一退の攻防が続くも、追加タイム1分にチェルシーが勝ち越す。CKの流れから、左サイドのカンテのクロスをファーサイドのマルコス・アロンソがヘッドで折り返し、ボックス左のケイヒルがヘディングでゴール右に流し込んだ。 ▽迎えた後半、チェルシーが押し込むと54分に3点目を奪いきる。CKの流れからボックス右のセスクのクロスにジエゴ・コスタがヘディングでゴール左へ流し込んだ。 ▽その後もサウサンプトンに主導権を渡さず時間を進めたチェルシーは自陣に引いてカウンターを狙っていく。終盤には今季限りでの退団が発表されたテリーを投入したチェルシーが試合を締めにかかると、89分にジエゴ・コスタがこの試合2点目を奪った。結局、試合終了間際にバートランドにゴールを許すも、4-2で快勝したチェルシーが勝利を取り戻し、トッテナムとの勝ち点差を暫定7としている。 2017.04.26 05:49 Wed
twitterfacebook
thumb

吉田麻也らへの信頼を語るサウサンプトン監督、元バルサDFに付け入る隙は?

サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也とジャック・スティーブンスのコンビが安定感を増している。その影響で2月からチームに加入したマルティン・カセレスが全く出場機会を得られていない。『デイリー・エコー』が報じている。<br><br>カセレスはかつてバルセロナ、セビージャ、ユベントスといった強豪クラブを渡り歩いた過去を持つ。2016年にユベントスとの契約を満了した後、7カ月程の浪人生活を経てサウンサンプトン入りを果たした。<br><br>しかし、サウサンプトンでは、オランダ代表DFビルヒル・ファン・ダイクが故障離脱している間に吉田とスティーブンスが台頭。このコンビが安定感を増し、クロード・ピュエル監督が「マヤ・ヨシダとジャック・スティーブンスは良いプレーができている」と、全幅の信頼を置かれる存在となった。<br><br>指揮官は「カセレスは素晴らしいプレーヤーで良いトレーニングができている。シーズン終了までに出場機会を得るだろう」と、力は認めている。しかし「(チーム内での)競争になる。そして、ジャックとマヤの働きぶりには満足しているよ」というコメントを残している。<br><br>シーズン前半戦はセンターバックの3番手という立ち位置だった吉田だが、最近はリーグ戦13試合連続でのフル出場を果たすなど、充実の後半戦を過ごしている。25日に行われるプレミアリーグ第34節の首位チェルシー戦で、吉田とスティーブンスのコンビがどこまで通用するか注目が集まる。<br><br>提供:goal.com 2017.04.25 19:30 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング