エスパニョール

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
9 エスパニョール 40 10 10 8 40 39 1 28

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-02
リーガエスパニョーラ
第29節
エスパニョール vs ベティス
2017-04-05
リーガエスパニョーラ
第30節
ビルバオ vs エスパニョール
2017-04-09
リーガエスパニョーラ
第31節
エスパニョール vs アラベス
2017-04-16
リーガエスパニョーラ
第32節
レガネス vs エスパニョール
2017-04-23
リーガエスパニョーラ
第33節
エスパニョール vs アトレティコ・マドリー

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.18
21:00
リーガエスパニョーラ
第28節
エイバル 1 - 1 エスパニョール
2017.03.10
28:45
リーガエスパニョーラ
第27節
エスパニョール 4 - 3 ラス・パルマス
2017.03.04
26:30
リーガエスパニョーラ
第26節
ビジャレアル 2 - 0 エスパニョール
2017.03.01
29:30
リーガエスパニョーラ
第25節
セルタ 2 - 2 エスパニョール
2017.02.26
20:00
リーガエスパニョーラ
第24節
エスパニョール 3 - 0 オサスナ

基本データ

正式名称:RCDエスパニョール

原語表記:Reial Club Deportiu Espanyol de Barcelona

愛称:ペリキトス(インコ)、ブランキブラウス(白と青)

創立:1900年

ホームタウン:バルセロナ

チームカラー:青、白

関連ニュース

thumb

乾2戦連続先発も逃げ切り失敗のエイバルがエスパニョールとの中位対決でドロー《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第28節、エイバルvsエスパニョールが18日にイプルアで開催され、1-1のドローに終わった。なお、エイバルのMF乾貴士は先発出場し、81分までプレーした。 ▽8位エイバルと9位エスパニョールによる中位対決。前節最下位オサスナ相手に痛恨ドローのエイバルは、リーグ戦3試合未勝利と悲願のヨーロッパリーグ出場権獲得に向けて正念場。ホームでの中位対決に向けては、乾が2試合連続スタメンを飾り、セルジ・エンリクとキケ・ガルシアが縦関係の2トップを組んだ。対するエスパニョールも前節ラス・パルマスとの打ち合いを制し、3試合ぶりの勝利を目指しており、今節で連勝を飾って勢いに乗れるかが重要なポイントとなった。 ▽共に[4-4-2]のコンパクトな布陣を採用した両者は、立ち上がりから拮抗した攻防を続けていく。開始5分にはボックス内のセルジ・エンリクが反転シュートを放つが、勢いを欠いたシュートはGKディエゴ・ロペスに難なくセーブされた。 ▽時間の経過と共に相手を押し込んだエイバルは、20分に先制点を奪う。右サイドのゴールライン際に抜け出したペドロ・レオンの高速クロスを、ニアに走り込んだキケが頭で流し込んだ。早い時間帯の先制点で勢いに乗るホームチームは、30分にもロングフィードに抜け出した乾がボックス左から際どい折り返しを入れるが、ここはGKに対応される。 ▽一方、立ち上がりから守勢が続くエスパニョールだったが、30分過ぎに相手のミスからこの試合最初の決定機を作る。33分、最終ラインでボールコントロールを失敗したDFラミスからボールを奪ったカイセドがボックス内まで持ち込むが、ここはドリブルのタッチが大きくなり、戻ったDFにカバーされ、絶好の同点機を逃した。 ▽その後は再び拮抗した展開が続く中、よりゴールに迫ったのはエイバル。前半終了間際の44分にはセットプレーの流れからダニ・ガルシアに決定機も、ボックス手前で放った右足のシュートはゴール前でDFにブロックされ、追加点とはならなかった。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、アウェイのエスパニョールが後半最初の決定機をゴールに結び付ける。右サイドでドリブルで突っかけたカイセドのこぼれを拾ったジェラール・モレノが、すかさずファーでフリーのフラードに浮き球のパス。このパスを巧みな右足ボレーで叩きつけたフラードのシュートがゴール右隅に吸い込まれた。 ▽試合をコントロールしながらも追いつかれたエイバルは、すぐさま反撃を開始。失点直後にはボックス内でキケに続けてシュートチャンスも、GKディエゴ・ロペスが立ちはだかる。さらに59分には巧みなドリブルでボックス内に侵入したセルジ・エンリクに絶好機も、ここは後方から必死に戻ったDFダビド・ロペスがシュートモーションに入った一瞬の隙を突き、スライディングでボールをクリア。勝ち越しゴールとはならなかった。 ▽後半半ばから終盤にかけて攻め合う両者だが、互いにカウンターチャンスを逃がすなど、なかなか決定的なシュートシーンを作り出せない。この状況を打開した両ベンチは積極的に交代カードを切る。 ▽ホームのエイバルは75分にキケを下げてルベン・ペーニャ、81分には乾を下げてベベを投入。対するエスパニョールは、ロカ、アルバロ・バスケスとアタッカーを投入した。84分にはボックス左でボールを持ったベベがニアを狙った強烈なシュートを放つが、これはGKに弾き出された。結局、試合はこのまま1-1でタイムアップ。エスパニョールとの中位対決をドローで終えたエイバルは、2試合連続の逃げ切り失敗で4戦未勝利と苦しい戦いが続く。 2017.03.18 22:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ベイルが復帰戦でレアル100勝目を達成…5季ぶりのリーが戴冠に向け好材料

ガレス・ベイルは18日、リーガ・エスパニョーラ第23節のエスパニョーラ戦で昨年11月以来となる実戦復帰を果たした。この試合は同時に、ベイルにとってのレアル・マドリーでの公式戦100勝目の節目となった。<br><br>レアルはエスパニョールに2-0で勝利した。ウェールズ代表FWベイルは71分から途中出場を果たした上、自ら得点を記録。そして、試合を勝利で終えたことで、レアルでの公式戦100勝目となった。復帰と節目の勝利に自らのゴールで花を添えてみせた。<br><br>消化試合が2試合少ないながら首位を走るなど、レアルは順調なシーズンを送る。5シーズンぶりのリーグ制覇とチャンピオンズリーグ連覇に向け、その歩みは順調だ。ベイルの復帰がレアルをさらに加速させることになるだろうか。レアルは22日、未消化となっていたリーガ第16節のバレンシア戦をアウェイで戦う。<br><br>提供:goal.com 2017.02.21 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ベイルの復帰弾を含む2発でマドリーがリーグ4連勝!!《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは18日、サンチャゴ・ベルナベウで行われたリーガエスパニョーラ第23節でエスパニョールと対戦し、2-0で勝利した。 ▽15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦1stレグのナポリ戦を3-1で勝利し、1月の公式戦2連敗から5戦負けなしと順調な立て直しを見せているマドリー(勝ち点49)は、9位エスパニョール(勝ち点32)をホームに迎えた。 ▽この一戦を中3日で迎え、22日にも延期分(マドリーのFIFAクラブワールドカップ出場のため)の第16節バレンシア戦を控えているマドリーは、前回のナポリ戦から先発メンバーを7人変更。ナポリ戦で軽症を負ったセルヒオ・ラモスに加え、GKケイロル・ナバス、カゼミロ、ベンゼマらに代えて、GKカシージャ、ペペ、コバチッチ、モラタらを起用した。また、右足首の負傷で11月以降、長期離脱していたベイルが88日ぶりに戦列復帰。控えメンバーに名を連ねた。 ▽連戦とはいえ、中位相手にポイントロスが許されないマドリーだが、疲労とターンオーバーの影響で低調な立ち上がりを見せる。すると8分、エスパニョールの右CKからD・ロペスにヘディングで合わせられ、ゴールを脅かされる。 ▽対するマドリーも12分、クロースの右CKをゴール前でフリーになったペペが頭で合わせる。しかし、これはミートしきれず、先制のチャンスを逃してしまう。 ▽徐々にエンジンがかかり始めたマドリーは、ケガ人の続出でセンターバックを本職とするD・ロペスが入った、エスパニョールの右サイドを要所で崩し始める。しかし、前線への駆け上がりが遅く、シュートチャンスを作り切れない。 ▽前半半ばが経過し、マドリーの攻撃がかみ合い出すと30分に決定機。敵陣中央で相手のパスを奪ったL・バスケスがボックス右にスルーパス。走りこんだC・ロナウドがファーサイドのモラタにパスを送るも、これは相手DFに阻まれる。さらにその直後にも、イスコのパスからボックス左に走り込んだクロースの折り返しをC・ロナウドがプッシュ。ボールはネットを揺らしたが、オフサイドの判定で先制点とはならない。 ▽しかし33分、ボックス右でC・ロナウドのリターンを受けたイスコがファーサイドにクロスを供給すると、走りこんだモラタが頭で押し込み、待望の先制点を奪取。その後もマドリーは、ナチョやC・ロナウドを経由した左サイドからの攻撃でエスパニョールゴールに迫ったが、追加点を奪うことができず、1-0で試合を折り返した。 ▽後半に入っても主導権を握るマドリーは、素早い攻守の切り替えから、長短のパスを駆使してサイドから侵攻を図る。69分には左サイドを突破したモラタからのクロスを中央のC・ロナウドが頭で合わせる。しかし、これはゴール上に外れた。 ▽すると71分、ジダン監督は先制点を奪ったモラタに代えて、約3カ月ぶりの復帰となるベイルを投入。サポーターからは両者を称える拍手が鳴り響いた。 ▽その後もゲームを支配し、エスパニョールに隙を与えないマドリーだったが、81分にアクシデント。ナチョが自ら交代を要求し、マルセロがスクランブル投入された。 ▽予想外の交代劇にも動じないマドリーに待望の瞬間が訪れる。83分、ハーフウェイライン付近左のイスコがボールを受けると、ベイルがディフェンスラインの裏に抜け出す。これを見逃さなったイスコがスルーパスを送ると、ボックス内に侵入したベイルが右隅にシュート。これが右ポストに当たるも、ゴールに吸い込まれ、復帰戦でダメ押しゴールを決めた。 ▽さらに後半アディショナルタイムには、左サイドからのクロスに反応したC・ロナウドがボックス内で倒されたが、オフサイドとなる疑惑の判定でPK獲得はならず。結局、試合はそのまま終了。マドリーが危なげなく勝利し、リーグ戦4連勝を飾った。 2017.02.19 03:20 Sun
twitterfacebook
thumb

好調レアルに朗報…長期離脱中のベイルがエスパニョール戦で復帰へ

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルは、次節のリーグ戦で実戦復帰することになりそうだ。スペイン紙『アス』が報じている。<br><br>ベイルは昨年11月22日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節のスポルティング戦で右足首を負傷し、途中交代を余儀なくされた。それ以来、長期の離脱が続いていたが、先日トレーニングに復帰。18日に行われるリーガ・エスパニョーラ第23節のエスパニョール戦で招集メンバー入りを果たす模様だ。<br><br>ベイルは16日のトレーニングでチームメイトと共に全メニューをこなした。ただし、リスクを避けたいジネディーヌ・ジダン監督は、いきなりスタメンで使おうとは考えていないようだ。まずはベンチから試合の様子を見ることになる見込み。<br><br>レアルは現在、消化試合数が少ないながらもリーガで首位を走り、15日に行われたCLのナポリ戦でも3-1の勝利を収めた。好調を維持していることに加え、ベイルが復帰することになれば、シーズン終盤に向けて磐石の態勢を築いていくことも可能になってくるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.17 19:49 Fri
twitterfacebook
thumb

開始2分でパレハ退場のセビージャ、かつてのエースのレジェスに1G1Aの活躍許して連勝が5でストップ…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第20節、エスパニョールvsセビージャが29日にコルネジャ・エル・プラットで行われ、エスパニョールが3-1で勝利した。セビージャのMF清武弘嗣は招集メンバー外で欠場した。 ▽前節オサスナとの壮絶な打ち合いを4-3で制し、リーガ5連勝を達成した2位セビージャは、サンパオリ監督の下でクラブ史上最高勝ち点(42)で前半戦を締めくくった。6連勝を目指す今節は、開幕戦で6-4の激しい打ち合いを演じた9位エスパニョールと対戦した。前節からのメンバー変更は2点。メルカドと前節2ゴールのイボーラに代わって、サラビアとナスリが先発に入り、この試合は4バックでスタートした。 ▽激しい打ち合いとなった前回対戦と同様に試合はいきなり波乱の幕開けとなる。開始2分、最終ライン裏に抜け出したピアッティをDFパレハがボックス内で後方から手をかけて倒してしまい、痛恨のPK献上。さらに、決定機阻止のパレハにレッドカードが掲示された。このPKを古巣対戦のレジェスがきっちり右隅に決め、ホームのエスパニョールが開始早々に先制した。 ▽先制点を奪われたうえ、数的不利を背負ったセビージャは、7分に前線のイェデルを下げて、これがリーガデビューとなるフランス人DFラングレを緊急投入。この交代で1トップにヨベティッチ、トップ下にナスリを配した[4-3-1-1]の布陣に変更した。 ▽ここから劣勢が予想されたものの、リーガ5連勝中のセビージャはフランコ・バスケスやナスリを起点に攻勢に転じていく。すると20分、バスケスのスルーパスに抜け出したナスリがボックス右で丁寧に折り返すと、これをヨベティッチが冷静にワンタッチで流し込み、同点に追いついた。 ▽元マンチェスター・シティのホットライン開通で振り出しに戻った試合は、ここから一進一退の攻防を繰り広げていく。数的不利を感じさせないセビージャは、前線の多彩なアタッカーのコンビネーションで幾つかフィニッシュの場面を創出するが、相手の堅守を崩し切るまでには至らず。 ▽すると、前半終了間際にかつてのエースに再び決定的な仕事を許す。前半アディショナルタイム2分、自陣でFKを献上すると、レジェスの絶妙なクロスをゴール前のマルコス・ナバーロに頭でゴール左隅へ流し込まれた。 ▽再びビハインドを背負って後半へと折り返すことになったセビージャは、開始直後にサラビアが個人技でゴール前に迫るが、ここは相手DFに囲まれてフィニッシュまで持ち込むことができない。 ▽早い時間帯に追いつきたいセビージャは、ビエットとイボーラを続けて投入し、速さと高さでゴールをこじ開けにかかる。だが、試合開始から10人での戦いを強いられたチームは時間の経過と共に消耗が目立ち、度々相手の鋭いカウンターに晒される。 ▽71分にはフラードのグラウンダーのクロスからレジェスに決定的なシュートを許すが、このシュートはクロスバーに救われる。だが、直後の71分に右サイド深くをえぐったマルコス・ナバーロの低いクロスをジェラール・モレノにダイビングヘッドで流し込まれ、決定的な3点目を許した。 ▽その後はセーフティーリードを得たホームチームに危なげない試合運びで逃げ切られ、パレハの退場が響いたセビージャは連勝が「5」でストップ。首位レアル・マドリー追走のチャンスを逃したセビージャは、今節で勝ち点1を手にしたバルセロナに勝ち点で並ばれ、当該成績の結果で3位に転落となった。 2017.01.30 02:09 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング