レアル・ベティス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 ベティス 24 6 6 11 23 37 -14 23

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-02-28
29:30
リーガエスパニョーラ
第25節
マラガ vs ベティス
2017-03-03
28:45
リーガエスパニョーラ
第26節
ベティス vs ソシエダ
2017-03-12
28:45
リーガエスパニョーラ
第27節
レアル・マドリー vs ベティス
2017-03-20
リーガエスパニョーラ
第28節
ベティス vs オサスナ
2017-04-02
リーガエスパニョーラ
第29節
エスパニョール vs ベティス

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.02.25
24:15
リーガエスパニョーラ
第24節
ベティス 1 - 2 セビージャ
2017.02.17
28:45
リーガエスパニョーラ
第23節
グラナダ 4 - 1 ベティス
2017.02.11
21:00
リーガエスパニョーラ
第22節
ベティス 0 - 0 バレンシア
2017.01.29
20:00
リーガエスパニョーラ
第20節
ベティス 1 - 1 バルセロナ
2017.01.22
26:30
リーガエスパニョーラ
第19節
ベティス 0 - 0 スポルティング・ヒホン

基本データ

正式名称:レアル・ベティス

原語表記:Real Betis

愛称:ベティコス

創立:1907年

ホームタウン:セビージャ

チームカラー:緑、白

関連ニュース

thumb

途中出場のイボーラが2ゴールに絡む大仕事! セビージャが敵地での白熱ダービーを逆転で制す!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第24節、ベティスvsセビージャの“セビージャ・ダービー”が25日にベニト・ビジャマリンで行われ、アウェイのセビージャが2-1で逆転勝利した。 ▽14位ベティスと3位セビージャが対峙する今季2度目のダービー。リーグ戦2連勝中のセビージャは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のレスター・シティ戦でもアウェイゴールこそ献上したものの、2-1の勝利を収めた。ビクトル・サンチェス新監督就任以降、ホームで7戦無敗(3勝4分け)を継続するベティスとのビッグマッチに向けては、レスター戦から先発3人を変更。負傷のラングレに代えて負傷明けのパレハ、マリアーノとコレアに代わってメルカド、フランコ・バスケスが先発に入った。 ▽[5-3-2]の守備的な布陣を採用するホームのベティスに対して、[3-3-3-1]の攻撃的な布陣で臨んだセビージャだったが、立ち上がりから闘争心をむき出しにして前からボールを奪いにくるベティスに押し込まれる。 ▽後方からのビルドアップが機能せず、球際での勝負でも劣勢を強いられたセビージャは、ルベン・カストロに前線で起点を作られると、21分にはボックス中央のペトロスに右ポストを掠める際どいシュートを許す。さらに26分にはルベン・パルドのFKからマンディにクロスバー直撃のヘディングシュートを打たれた。 ▽すると37分、劣勢のセビージャはボックス手前で与えたFKの場面で壁の間を巧みに抜いたドゥルミジに左足の直接FKを右隅に決められ、先制点を許してしまった。 ▽1点ビハインドに加え、前半をシュート0で終える低調な戦いに終始したセビージャのサンパオリ監督は、精彩を欠いたバスケス、サラビアを諦め、後半頭からイボーラとイェデルを投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更した。 ▽すると、このシステム変更で勢いを取り戻したセビージャは、57分に追いつく。相手陣内で得たFKの場面でナスリがゴール前に入れた浮き球のボールをイボーラが頭で合わせる。このシュートはGKアダンに防がれるが、こぼれ球に詰めたメルカドが押し込んだ。 ▽早い時間帯に試合を振り出しに戻したセビージャは、ここから完全に試合の主導権を奪い返し、持ち味の後方からの質の高い繋ぎからサイドを起点に多くの決定機を創出する。 ▽一方、流れを変えたいベティスは75分、サナブリアとトスカに代えてアレグリア、マルタンを同時投入し、ゴールをこじ開けにかかる。すると、ベティスの選手交代直後に試合が動く。 ▽76分、相手陣内右サイドでFKを得たセビージャは、キッカーのナスリがゴール前にクロスを入れる。混戦で競り勝ったエンゾンジが頭で流したボールに反応したイボーラが、飛び出したGKアダンより先にボールを触り、ゴールネットに流し込んだ。 ▽途中出場のイボーラが2点に絡む活躍で逆転に成功したセビージャは、試合終盤にかけて猛攻を仕掛けるベティスを相手にうまくボールを動かしながら時間を進めていく。そして、試合終了間際のパワープレーも危なげなく凌ぎ切り、試合はタイムアップ。後半のシステム変更とイボーラ投入がハマってベティス相手にシーズンダブル達成のセビージャが、リーグ戦3連勝を飾った。一方、善戦も宿敵相手に屈辱的な敗戦を喫したベティスは、ビクトル・サンチェス体制で初のホームゲームでの黒星となった。 2017.02.26 02:26 Sun
twitterfacebook
thumb

ベティスがブラジル人MFペトロスと2020年まで契約延長

▽ベティスは15日、ブラジル人MFペトロス(27)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽2015年夏にコリンチャンスからベティスに加入したセントラルMFのペトロスは、移籍初年度から主力として活躍。今季もここまでリーガエスパニョーラで19試合に出場し、主力として活躍していた。 2017.02.16 04:34 Thu
twitterfacebook
thumb

移籍最終日の悲劇…ファンの猛抗議によりベティスFWゾズリャのレンタル移籍が17時間足らずで終了

▽1月31日で閉幕を迎えた今冬の移籍市場だが、最終日に悲しい出来事が起こっていた。1人の選手が1つの勘違いからわずか16時間半でレンタル移籍が終了することとなった。『ESPN』など複数メディアが報じている。 ▽その選手とは、ベティスからラージョ・バジェカーノへとレンタル移籍が決定したウクライナ代表FWロマン・ゾズリャ(27)。ディナモ・キエフでキャリアをスタートさせたゾズリャは、ドニプロで飛躍を遂げ、2016年7月にベティスへ加入。しかし、ベティスではフィットできず、ここまでリーガエスパニョーラで6試合の出場にとどまっていた。 ▽出場機会を求めたゾズリャは、ラージョへのレンタル移籍に合意。移籍市場が閉まる1月31日に、シーズン終了までのレンタル移籍が発表されていた。しかし、ラージョサポーターの激しい非難により、約16時間半でベティスへの復帰が発表された。 ▽ことの発端は、ドニプロからベティスに加入した際、ゾズリャが来ていた服にネオナチ団体のマークがついていた報じられていた。しかし、実際は勘違いであり、ウクライナに関する記章であり、ゾズリャに対しての誤解が生まれてしまった。 ▽その後、誤解と分かったためにゾズリャに関する記事は削除され、メディアは謝罪。さらに、ゾズリャは移籍決定後ラージョファンに対して、公式な声明を発表していた。 ▽しかし、当時の疑惑を拭えなかった一部のラージョファンがゾズリャ加入に猛抗議。「ヴァレカスはナチスの場所ではない」と抗議活動を行い、そのままゾズリャはベティスへと復帰することとなった。 ▽記者会見に臨んだベティスのビクトール・サンチェス監督は今回の件に関し、「ここにやってきた時からプロフェッショナルで非の打ち所がない行動をしている選手を公にリンチした」とコメント。また、ベティスのキャプテンであるホアキン・サンチェスは「とても深刻な状況に憤りを感じている」と非難。「我々はゾズリャとともに」とコメントしている。 2017.02.03 11:03 Fri
twitterfacebook
thumb

土壇場のスアレス弾で追いつくも、3位バルサが敵地でベティス相手に痛恨ドロー《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは29日、敵地で行われたリーガエスパニョーラ第20節でベティスと対戦し、1-1で引き分けた。 ▽公式戦5連勝で絶好調の3位バルセロナは、ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ準々決勝でソシエダを一蹴し、準決勝進出を決めた。この一戦から先発6人を入れ替えたルイス・エンリケ率いるチームは、両サイドバックにアレイシ・ビダル、ディーニュが入り、中盤はラキティッチのアンカーにデニス・スアレス、アルダのインテリオール、3トップはお馴染の“MSN”が起用された。 ▽立ち上がりからベティスの圧力に晒されたバルセロナは、中盤での不用意なボールロストが目立ち、[5-3-2]の守備的布陣からロングカウンターを繰り返す相手に主導権を握られる。11分にはディーニュのトラップミスからルベン・カストロ、19分にはダニ・セバージョスの目の覚めるようなミドルシュートでゴールを脅かされるが、ここはGKテア・シュテーゲンのビッグセーブで何とか凌いだ。 ▽ボールを持つものの、自陣に堅固な5バックを築くホームチームを前になかなかアタッキングサードを攻略できないバルセロナは、逆にサイドバックが上がった後方のスペースを突かれて、相手ウイングバックの積極的な攻め上がりからサイドアタックを許す。それでも、何とか無失点を継続するアウェイチームは、37分にこの試合最初の決定機を迎える。 ▽自陣左サイドでテア・シュテーゲンからパスを受けたディーニュが味方とのパス交換から絶妙な攻め上がりを見せる。そして、バイタルエリアのメッシを経由したスルーパスがネイマールに渡るが、ボックス内でのシュートはGKアダンのビッグセーブに遭い、最初のチャンスをモノにすることはできなかった。 ▽相手の運動量の低下によって前半半ばから主導権を掴んだバルセロナは、ゴールレスで折り返した後半に勝負を仕掛けたいところだったが、ハーフタイムの休養で息を吹き返したベティスに後半も苦しめられる。 ▽52分にはメッシの浮き球クロスからボックス右に走り込んだビダルに決定機も、ここはシュートを枠に飛ばせない。逆に、その後はアレグリアやセバージョスに際どいシュートを許すなど、守勢を強いられた。 ▽何とか流れを変えたいルイス・エンリケ監督は、59分にデニス・スアレスを下げてアンドレ・ゴメス、68分にはディーニュとアルダに代えて、セルジ・ロベルトとジョルディ・アルバを投入する2枚替えを敢行。だが、この交代後も流れを掴み切れないバルセロナは、71分にセバージョス、74分にはルベン・カストロにクロスバーとポストを直撃する決定的なシュートを許した。 ▽すると、序盤から勢いに乗せてしまったベティスに先制点を奪われる。75分、右CKの場面でGKテア・シュテーゲンがクロスを弾いたボールをアレグリアに押し込まれた。 ▽逆転優勝に向けて負けられないバルセロナは、すぐさま反撃を開始。76分には右サイドを攻め上がったビダルのクロスをピッツィーニがクリアし損ねたボールがゴール方向に向かう。これを味方が必死にかき出すが、ボールは完全にゴールラインを割っていた。しかし、主審はバルセロナのゴールを認めず、“幻のゴール”によってバルセロナは同点のチャンスを逃した。 ▽その後もクロスのこぼれ球をDFマンディにゴールライン上でクリアされるなど、あと一歩でゴールが遠いバルセロナだったが、土壇場の90分にここまで鳴りを潜めていたメッシとスアレスのコンビで追いつく。ペナルティアーク付近で相手のクリアを奪い返したメッシの絶妙なスルーパスに反応したスアレスがボックス中央でGKとの一対一を制した。しかし、敵地での敗戦を免れたものの、3分間のアディショナルタイムで逆転ゴールを奪うまでには至らず。 ▽ビクトル・サンチェス監督就任以降、公式戦無敗を継続するベニート・ビジャマリンで勝ち点2を取りこぼしたバルセロナは、公式戦の連勝が「5」でストップすると共に、首位レアル・マドリーとの勝ち点差を詰めるチャンスを逃した。 2017.01.29 22:23 Sun
twitterfacebook
thumb

ガイタン弾で逃げ切ったアトレティコが3連勝《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは14日、リーガエスパニョーラ第18節でベティスを本拠地ビセンテ・カルデロンに迎え、1-0で辛勝した。 ▽前節エイバル戦を後半の2ゴールで勝利した4位アトレティコ(勝ち点31)は、5日前に行われたコパ・デル・レイのラス・パルマス戦を2-3と逆転負けしたものの、1stレグのアドバンテージを生かして準々決勝へ進出した。そのラス・パルマス戦のスタメンから4選手を変更。ガビやフィリペ・ルイスが先発に戻り、フアンフランやガメイロがベンチスタートとなった。 ▽5バックとして守備を固めてきた14位ベティス(勝ち点21)に対し、アトレティコはフラットな[4-4-2]を採用。中盤に右からサウール・ニゲス、ガビ、コケ、ガイタン、2トップにグリーズマンとトーレスを配した。 ▽立ち上がりから仕掛けたアトレティコは8分、ボックス右からのヴルサリコのクロスがDFにディフレクトしてルーズとなったボールを、ファーサイドのガイタンが詰めてあっさり先制した。 ▽その後もグリーズマンのボレーシュートでゴールに迫ったアトレティコは、ハーフコートで試合を進めていく。しかし、前半半ばを過ぎると、更なる決定機を作れなかったアトレティコはピンチを迎える。 ▽まずは36分、ルベン・カストロのミドルシュートでGKモジャが脅かされる。さらに42分、自陣左サイドを崩されてピッチーニに決定的なシュートを許すも、ここもGKモジャが好守で防ぎ、前半を1点リードしたまま終えた。 ▽迎えた後半、ルベン・カストロの直接FKでゴールを脅かされたアトレティコだったが、その後は危なげなく時間を消化。主導権を渡さずに時間を進めていく。そして追加点を狙うべくガイタンに代えてカラスコを投入。すると、69分に決定機。ドリブルでボックス内に侵入したカラスコがGKアダンを強襲した。 ▽終盤にかけて、アレグリアに代えてゾズリャを投入してきたベティスを、アトレティコは難なくいなして1-0で逃げ切り。リーガ3連勝で上位追走に成功した。 2017.01.15 04:20 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング