レアル・ベティス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 ベティス 39 10 9 19 41 64 -23 38

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-08-20
27:15
リーガエスパニョーラ
第1節
バルセロナ vs ベティス
2017-08-28
リーガエスパニョーラ
第2節
ベティス vs セルタ
2017-09-11
リーガエスパニョーラ
第3節
ビジャレアル vs ベティス
2017-09-18
リーガエスパニョーラ
第4節
ベティス vs デポルティボ
2017-09-21
リーガエスパニョーラ
第5節
レアル・マドリー vs ベティス

基本データ

正式名称:レアル・ベティス

原語表記:Real Betis

愛称:ベティコス

創立:1907年

ホームタウン:セビージャ

チームカラー:緑、白

関連ニュース

thumb

ヴィオラ、ベティスからアルゼンチン人DFペッゼッラをレンタルで獲得

▽フィオレンティーナは18日、ベティスからアルゼンチン人DFジェルマン・ペッゼッラ(26)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。19日にメディカルチェックを受けるとのことだ。 ▽鋭い読みと持ち前のボディバランスを武器とするペッゼッラは、アルゼンチンの名門リーベルプレート出身のセンターバック。リーグ優勝やコパ・リベルタドーレス、コパ・スダメリカーナ優勝など輝かしい経歴を持つ。 ▽2015年夏に加入したベティスではシーズン後半からレギュラーの座を確保。今シーズンはリーガエスパニョーラ36試合に出場し、1ゴールを挙げる活躍を見せた。 2017.08.18 19:47 Fri
twitterfacebook
thumb

ベティスが元スペイン代表MFハビ・ガルシアの獲得を正式発表

▽レアル・ベティスは14日、ゼニトに所属する元スペイン代表MFハビ・ガルシア(30) の獲得を正式に発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年間となる。 ▽リーガエスパニョーラ復帰の決まったハビ・ガルシアは、クラブの公式サイトで以下のように語った。 「ベティスに加入できてとても興奮しているよ。僕はここ来ることを知っていたから、は票までの数週間は複雑な気持ちだったよ。ベティスは競争力のあるチーム作るためとても努力しているね。その中に僕がいることがとても嬉しいよ」 ▽ハビ・ガルシアは、レアル・マドリーの下部組織出身で、2008年にトップチームに昇格。2009年7月にベンフィカへと移籍すると、2012年8月にマンチェスター・シティへと移籍。2014年8月にゼニトへと加入していた。 ▽ゼニトでは公式戦107試合に出場し7ゴールを記録。今シーズンもヨーロッパリーグの予備予選3回戦やロシア・プレミアリーグで1試合に出場している。 2017.08.15 02:01 Tue
twitterfacebook
thumb

長友欠場のインテル、ベティスに勝利でセリエA開幕戦へ弾み《プレシーズンマッチ》

▽インテルは12日、プレシーズンマッチでベティスと対戦し、1-0で勝利した。インテルのDF長友佑都は欠場している。 ▽来週にセリエA開幕戦のフィオレンティーナ戦を控えるインテルは、胃腸炎で欠場となった長友の代わりにニースから新加入のダウベルト・エンリケが先発となった他、ヴェシーノやイカルディがスタメンとなった。 ▽立ち上がりからインテルがポゼッションでやや優勢とする中、21分にペシリッチがバイシクルシュートとヘディングシュートでゴールに迫ったインテルは、28分にPKを獲得する。スルーパスに抜け出したイカルディがボックス内でGKアダンに倒された。そして、このPKをイカルディが決めてインテルが先制した。 ▽先制後は自陣に引いてベティスの攻撃を抑えたインテルが1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半からイカルディとジョアン・マリオに代えてエデルとガリアルディーニを投入したインテルは、57分にエデルのミドルシュートでゴールに迫る。 ▽65分にはセルヒオ・レオンにボックス内から決定的なシュートを浴びせられるも枠を外れて助かった。 ▽その後もベティスに押し込まれる展開を強いられたインテルは、ヨベティッチやガブリエウ・バルボサらアタッカーを投入。追加点を奪うことはできなかったが、1点のリードを守りきって勝利し、セリエA開幕戦に弾みを付けている。 2017.08.13 05:26 Sun
twitterfacebook
thumb

ベティスがMFブデブスを4年契約で獲得! 「幼い頃からスペインでプレーしたかった」

▽ベティスは9日、アルジェリア代表MFリヤド・ブデブス(27)をモンペリエから完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年間となる。 ▽リーグ・ドゥ(フランス2部相当)に属するソショーの下部組織出身のブデブスは、クラブがリーグ・アンに属していた2008-2009シーズンにトップチームデビューを飾り、そのシーズンは公式戦27試合3得点3アシストを記録した。以来、バスティア、モンペリエとフランスのチームを渡り歩き、中盤のポジションで存在感を発揮。公式戦通算326試合で50得点54アシストをマークしている。 ▽ベティスはブデブスを「リーグ・アンの中でもベストプレイヤーの1人」と称賛。公式サイトを通じて選手本人のコメントを伝えている。 「(ベティスへの移籍が完了したことに関して)このように伝統的なクラブに入団できたことは素晴らしいステップだ。このクラブの歴史に関しては知っていたんだ。幼い頃からスペインで試合がしたかったよ。僕のプレースタイルに符号するからね」 「(自身のプレースタイルに関して)たいていはアシストを好んでいるけど、得点もできるよ。成長し続けたいし、ゴールも奪い続けたい。昨シーズンよりも良いプレーをして、重要なパスをチームに供給したい。僕たちは素晴らしく個性的なチームに所属しているんだ。後押しができるなら、やるよ」 「(新シーズンの目標に関して)チームとしては、(1996-1997シーズンに達成したリーガエスパニョーラでの21勝を超える)歴代最多の勝利数を積み上げることに挑戦したい。重要なことは、良い連係を築いてお互いに尊重し合うことだ。組織としてうまくいけば、個人としても同じことが起こるだろうね。僕が順調にやれたら、他のチームメイトもきっとうまくいくんだ」 ▽9日付けのスペイン『アス』は、ブデブスの移籍金を700万ユーロ(約9億円)と報道。また、同選手がヒザを負傷しており、回復までに15日間を要するであろうことも伝えた。 2017.08.10 13:55 Thu
twitterfacebook
thumb

終盤にPK被弾のミランがベティスに惜敗…《プレシーズンマッチ》

▽ミランは9日、プレシーズンマッチでベティスと対戦し、1-2で敗戦した。 ▽3日に行われたヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦2ndレグのクラヨーヴァ(ルーマニア)戦を2-0で勝利したミランは、守護神GKドンナルンマやモントリーボ、新加入のアンドレ・シウバ、チャノハノール、ボヌッチらを現状のベストメンバーを先発に起用した。 ▽立ち上がりから一進一退の展開となる中、ミランは12分に決定機。バイタルエリア左でFKを獲得するとチャノハノールがクロスを供給。これをゴール左のアントネッリが左足でダイレクトボレーを狙うも、ミートはできず。しかし、アントネッリの足をかすめたボールをゴール前に走り込んだアンドレ・シウバが上手く合わせ、ゴールネットを揺らした。 ▽先制かに思われたミランだったが、アントネッリがボールに触れたことで飛び出したアンドレ・シウバがオフサイドの判定を取られ、ゴールは取り消された。 ▽ゴールレスで迎えた後半、ミランはGKドンナルンマとアントネッリに代えてGKストラーリとアバーテを投入。さらに63分には、サパタ、スソ、ロカテッリを下げてグスタボ・ゴメス、マウリ、ケシエをピッチに送り出した。 ▽後半も拮抗した展開で試合が進む中、先にスコアを動かしたのはベティス。67分、ボックス右手前でボールを受けたファビアン・ルイスがカットインから左足を振り抜くと、コントロールシュートがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽先制を許したミランだが75分、CKの際にボックス内のポジション争いでアンドレ・シウバがファウルを受け、PKを獲得。これをアンドレ・シウバが決め、同点に追いついた。 ▽試合も終盤に差し掛かり、このまま試合終了かと思われたが90分にスコアが動く。ベティスはボックス左角手前でFKを獲得すると、ホアキンのプレスキックが壁に入ったチャノハノールのハンドを誘発。これで得たPKをサナブリアが決め、土壇場で勝ち腰に成功した。 ▽結局、このゴールが決勝点となり1-2で試合終了。敗戦したミランは17日にEL予選プレーオフ1stレグでシュケンディヤ(マケドニア)と対戦する。 ミラン 1-2 ベティス 【ミラン】 アンドレ・シウバ(後30[PK]) 【ベティス】 ファビアン・ルイス(後22) サナブリア(後45[PK]) 2017.08.10 06:25 Thu
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング