レアル・ベティス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 ベティス 60 18 6 14 60 61 -1 38

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-08-25
リーガエスパニョーラ
第2節
アラベス vs ベティス
2018-09-01
リーガエスパニョーラ
第3節
ベティス vs セビージャ
2018-09-15
リーガエスパニョーラ
第4節
バレンシア vs ベティス
2018-09-22
リーガエスパニョーラ
第5節
ベティス vs ビルバオ
2018-09-26
リーガエスパニョーラ
第6節
ジローナ vs ベティス

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.08.17
29:15
リーガエスパニョーラ
第1節
ベティス 0 - 3 レバンテ

基本データ

正式名称:レアル・ベティス

原語表記:Real Betis

愛称:ベティコス

創立:1907年

ホームタウン:セビージャ

チームカラー:緑、白

関連ニュース

thumb

乾が途中出場でベティスデビュー! 惜しいシュートを放つもホームでレバンテに0-3の大敗…《リーガエスパニョーラ》

▽2018-19シーズンのリーガエスパニョーラ開幕節、ベティスvsレバンテが17日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、アウェイのレバンテが3-0で勝利した。ベティスのMF乾貴士は66分に途中出場しデビューを飾った。 ▽昨季、セティエン監督の下で攻撃的なポゼッションスタイルに生まれ変わり6位フィニッシュを成し遂げたベティスは今夏の移籍市場で積極的な補強を敢行。乾貴士、カナレス、パウ・ロペス、ロブレスをフリーで獲得。さらにシドネイ、ウィリアム・カルバーリョという実力者を完全移籍で獲得した。ホームでの開幕戦に向けてはGKパウ・ロペス、 W・カルバーリョ、カナレスが先発を勝ち取り、乾はスーパーサブとしてベンチスタートとなった。 ▽金曜開催をモノともしない満員のベニート・ビジャマリンでスタートしたベティスの今季開幕戦。昨季同様に[4-4-2]の布陣で堅守速攻を目指すレバンテに対して、ベティスはブデブスとロレンを2トップに配した[3-3-2-2]の布陣で後方から丁寧なビルドアップを見せる。 ▽開始7分にフィルポとロレンが早速フィニッシュの場面を作ると、その後も引いたレバンテ守備陣に揺さぶりをかけてカナレスやブデブスにシュートチャンスが訪れるが、なかなか決定機を作るまでには至らない。 ▽その後は互いの持ち味が発揮される拮抗した展開が続くが、38分に右サイドのコケからの斜めのパスを受けたジェイソンが簡単にDFを振り切ってボックス右ライン際から低いクロスを入れると、これをファーでフリーのロジェールがワンタッチで流し込み、アウェイのレバンテが先制点を奪う。やや緩慢な守備から失点を許したベティスは42分にゴール左ライン際で強引に仕掛けたフィルポが際どい折り返しを入れるが、これは相手GKに弾き出されてしまった。さらに前半アディショナルタイムにはグアルダードがボックス内で続けてシュートチャンスを得るが決め切れず。 ▽後半もボールを保持して押し込むベティスだが、前半同様に一瞬の気の緩みから相手十八番のカウンターに屈する。54分、自分たちのCKからカウンターを浴びると、右サイドのスペースでボールを持ったホセ・モラレスに4人のDFが次々とドリブルでかわされて圧巻の突破から最後は左足のシュートを流し込まれた。 ▽ホームでまさかの2点ビハインドを負ったベティスは63分にブデブスを下げてサナブリア、66分にはW・カルバーリョに代えて乾を投入する。厳しい状況でベティスデビューの乾はアンカーに下がったグアルダードの居た左のインテリオールに入ると、積極的な呼び込みや仕掛けで攻撃にアクセントを付けようと腐心する。 ▽何とかゴールをこじ開けたいベティスは乾を中心に反撃を試みると、86分には中央を持ち上がった乾がボックス外から右足を振り抜くも相手DFのブロックに遭う。さらに89分にはボックス内でフィルポの強引な突破のこぼれを拾った乾が左45度の角度からファーポストを狙った絶妙なシュートを放つが、これは相手GKのビッグセーブに遭い、デビューゴールのチャンスを逸す。すると後半ラストプレーでは相手の見事なロングカウンターからホセ・モラレスにこの日2点目を決められ、万事休す。 ▽途中出場でゴールに迫るなど上々のパフォーマンスを見せた乾だったが、ホームでのベティスデビュー戦は試合終了直後にブーイングが飛び交うなど、ほろ苦い0-3の敗戦となった。 2018.08.18 07:18 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ開幕節プレビュー】リーガが開幕! 新生マドリーvs柴崎ヘタフェとバレンシアvsアトレティコに注目!

▽2018-19シーズンのリーガエスパニョーラが今週末から開幕する。昨季は無敗優勝こそ逃したものの序盤戦から圧倒的な強さを見せたバルセロナが2年ぶりの優勝を果たしたが、今シーズンの覇権争いは果たしてどんな結末を迎えるのか。 ▽ロシア・ワールドカップ開催に伴い、各クラブの補強やビッグクラブの主力選手のコンディションに少なからず影響が及ぶことが予想される2018-19シーズン。とりわけ、シーズン序盤戦の戦い方が今後のリーグ戦に大きな影響を与えそうだ。 ▽その中で注目を集める開幕節ではレアル・マドリーvsヘタフェのマドリード自治州ダービーと、昨季4位のバレンシアと2位のアトレティコ・マドリーによるビッグマッチに注目が集まる。 ▽新シーズンに臨むうえで最も大きな変化を強いられたのはチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に導いたジダン監督、世界最高のフットボーラーの1人であるFWクリスティアーノ・ロナウドが退団した昨季3位のレアル・マドリー。ジダン監督の電撃辞任によって前スペイン代表監督のロペテギ新監督を招へいしたチームは、新守護神としてチェルシーGKクルトワを獲得したものの開幕時点では昨季からの現有戦力を軸に新シーズンを戦う構えだ。CL王者として臨んだ15日のUEFAスーパーカップではヨーロッパリーグ(EL)王者のアトレティコといきなり“マドリード・ダービー”を戦った中、延長戦の末に2-4で敗戦。主力のコンディションが整っていないエクスキューズはあったが、早くも勝負強さという面でC・ロナウドの不在を感じさせる結果に終わった。 ▽その試合から中3日の過密日程で臨むサンティアゴ・ベルナベウでの開幕戦では日本代表MF柴崎岳を擁する昨季8位ヘタフェとの続けざまのダービーとなる。アトレティコ戦に続きリーガ屈指の堅守を誇る相手との一戦に向けては新エースのMFベイルを始めMFイスコ、FWアセンシオといった攻撃陣の活躍に期待が集まるところだ。この開幕戦でC・ロナウド不在を懸念するマドリディスタの前で新アタッキングユニットが躍動する姿を見せたい。一方、現時点で去就不透明な柴崎に関しては先発で起用されるかは微妙なところだ。ボルダラス監督は格上との対戦時にボランチやトップ下にカウンター向きのタレントを起用しており、柴崎としてはW杯の活躍とプレシーズンのアピールで指揮官のそのプランに再考を促すことはできるのか。 ▽また、レアル・マドリー同様にミッドウィークにUEFAスーパーカップを戦ったアトレティコは、難所メスタージャでの厳しい開幕戦に挑む。今夏の移籍市場ではエースFWグリーズマンや守護神オブラクら主力の残留に加え、MFロドリゴ・エルナンデスやMFレマル、FWカリニッチ、FWジェウソン・マルティンスら実力派の新戦力を迎えており、新シーズンに向けた期待は大きい。とりわけ、UEFAスーパーカップでの宿敵相手の勝利はチームに良い空気を与えたはずだ。とはいえ、その新戦力の合流の遅れやW杯を戦った一部主力のコンディションもあり、万全の準備を整えて迎え撃つバレンシアとの戦いは非常にタフな一戦となりそうだ。なお、バレンシアでは今夏アトレティコから加入したFWガメイロやチェルシーからのレンタル加入のFWバチュアイら新戦力の起用も見込まれる。 ▽連覇を目指す王者バルセロナは昨季14位のアラベスとのホームゲームで新シーズンを迎える。今夏レジェンドのMFイニエスタら数選手がクラブを去るも、DFラングレ、MFビダル、MFアルトゥール、FWマウコムら新戦力の獲得に成功したチームは攻守両面で穴が少ないスカッドの構築に成功。先週末に行われたセビージャとのスーペル・コパでは2-1の接戦を演じたものの、エースFWメッシらが上々の動きを見せており、開幕に向けて準備万端といったところだ。カンプ・ノウで戦う開幕戦ではきっちり格下を叩いて昨季同様にロケットスタートと行きたいところだ。 ▽また、日本人として最も注目を集めるのがエイバルからステップアップを果たしてベティスに加入したMF乾貴士。W杯で見事な活躍を果たしスペイン国内でも期待を集める新戦力の1人となっている同選手は、本拠地ベニート・ビジャマリンで昨季15位のレバンテと対戦する。プレシーズンの起用法を見ると、開幕スタメンも期待される日本屈指のドリブラーは新天地アンダルシアで迎える初陣で目の肥えたベティコを魅了できるか。 ▽その他では今夏に監督交代を行ったセビージャやビルバオ、ソシエダ、セルタらの名門クラブと、かつてアトレティコの守護神として活躍したレオ・フランコ新監督を迎えたプリメーラ初昇格のウエスカら昇格組の初陣に注目したい。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">開幕節注目カード!<br />リーガエスパニョーラ観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ開幕節》 ▽8/17(金) 《27:15》 ジローナ vs バジャドリー 《29:15》 ベティス vs レバンテ ▽8/18(土) 《25:15》 セルタ vs エスパニョール 《27:15》 ビジャレアル vs レアル・ソシエダ 《29:15》 バルセロナ vs アラベス ▽8/19(日) 《25:15》 エイバル vs ウエスカ 《27:15》 ラージョ vs セビージャ 《29:15》 レアル・マドリー vs ヘタフェ ▽8/20(月) 《27:00》 バレンシア vs アトレティコ・マドリー 《29:00》 ビルバオ vs レガネス</div> 2018.08.17 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ベティス乾貴士の背番号が「14」から「8」に変更! 本人がツイッターで報告

▽ベティスに所属する日本代表MF乾貴士は14日、自身の背番号が入団会見で発表された「14」から「8」に変更されたことを明かした。 ▽今夏、エイバルからスペインの名門ベティスに加入した乾は、日本代表の一員として参戦のロシア・ワールドカップで着用した背番号「14」をつけ、プレシーズンマッチをプレーしていた。しかし、今夏にスポルティング・リスボンから加入したポルトガル代表MFウィリアム・カルバーリョが、ポルトガル代表で馴染み深い背番号「14」の着用を熱望。 ▽また、乾がフランクフルトやエイバルで着用していた背番号「8」を昨シーズン背負っていたスペイン人MFビクトル・カマラサが今夏にカーディフに移籍したため、今回の変更が決定した。 ▽乾は自身のツイッター(@takashi73784537)で以下のようなコメントを残している。 「あー、もっと上手くなりたい!! 自分の実力のなさを痛感してます!! よし!頑張ろうちなみに、背番号が14から8に変わりました! 14のユニフォームを買って頂いた皆さん、すいません」 2018.08.15 04:32 Wed
twitterfacebook
thumb

乾貴士のベティス移籍はお得だった?「今夏のリーガ最高の契約ベスト5」に選出

日本代表MF乾貴士は、6月上旬にエイバルからベティスへの移籍を正式表明した。その直後に行われたロシア・ワールドカップでは2ゴールと結果を残した乾。現地メディアは「お得な移籍だった」と見ているようだ。<br><br>スポーツポータルサイト『SPORTSKEEDA』では「今夏、ラ・リーガで起きた最高の契約ベスト5」という見出しで、5人の選手を紹介。その中でベティスに移籍した乾について、3位で紹介している。<br><br>「ウィリアム・カルバーリョに予算を使った一方で、複数の選手もフリーで獲得するなど、ベティスが見せた今夏の立ち回りは素晴らしかった。彼らはヨーロッパリーグに向けた準備を進めており、より攻撃的なチームになりつつある」<br><br>「その中でもイヌイは、ロシア・ワールドカップで2度ゴールネットを揺らした。テクニックに優れる日本代表選手は、スピーディーな展開を見せるキケ・セティエン体制にすぐさま順応するだろう」<br><br>エイバルに3年在籍した乾は、今夏の移籍市場では移籍金ゼロでベティスへ新天地を求めた。W杯でも活躍した乾のフリートランスファーは、現地でも「ベティスにとってオトクな移籍だった」と見られているようだ。<br><br>なお、同記事で1位から5位の選手は以下のとおり。<br><br>1位ロドリ(ビジャレアル&rarr;アトレティコ・マドリー)<br />2位ハイメ・マタ(バジャドリー&rarr;ヘタフェ)<br />3位乾貴士(エイバル&rarr;ベティス)<br />4位アルトゥーロ・ビダル(バイエルン&rarr;バルセロナ)<br />5位ダニエル・ヴァス(セルタ&rarr;バレンシア)<br><br>提供:goal.com 2018.08.14 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ベティス乾貴士の背番号、開幕目前で「14」→「8」に!?

▽ベティスに所属する日本代表MF乾貴士の背番号が変わるかもしれない。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 ▽乾は今夏、エイバルからスペインの名門ベティスに加入。日本代表の一員として参戦のロシア・ワールドカップで着用した背番号「14」をつけ、プレシーズンマッチでもプレーしているが、急きょ「8」に変わる可能性があるようだ。 ▽その理由は、自身と同じく今夏にスポルティング・リスボンから加入したポルトガル代表MFウィリアム・カルバーリョの存在だ。W・カルバーリョはポルトガル代表で馴染み深い背番号「14」の着用をベティスでも希望しているという。 ▽なお、背番号「8」は現在、昨シーズンまで背負ったスペイン人MFビクトル・カマラサが今夏にカーディフに活躍の場を求めたため、空いている状況。乾にとっても、「8」はフランクフルトやエイバルで着用した縁深い数字だ。 2018.08.14 09:30 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング