レアル・ベティス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
13 ベティス 22 6 4 9 20 30 -10 19

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-01-29
20:00
リーガエスパニョーラ
第20節
ベティス vs バルセロナ
2017-02-06
リーガエスパニョーラ
第21節
デポルティボ vs ベティス
2017-02-13
リーガエスパニョーラ
第22節
ベティス vs バレンシア
2017-02-20
リーガエスパニョーラ
第23節
グラナダ vs ベティス
2017-02-27
リーガエスパニョーラ
第24節
ベティス vs セビージャ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.01.22
26:30
リーガエスパニョーラ
第19節
ベティス 0 - 0 スポルティング・ヒホン
2017.01.14
26:30
リーガエスパニョーラ
第18節
アトレティコ・マドリー 1 - 0 ベティス
2017.01.08
24:15
リーガエスパニョーラ
第17節
ベティス 2 - 0 レガネス
2016.12.16
28:45
リーガエスパニョーラ
第16節
アラベス 1 - 0 ベティス
2016.12.11
28:45
リーガエスパニョーラ
第15節
ベティス 1 - 0 ビルバオ

基本データ

正式名称:レアル・ベティス

原語表記:Real Betis

愛称:ベティコス

創立:1907年

ホームタウン:セビージャ

チームカラー:緑、白

関連ニュース

thumb

ガイタン弾で逃げ切ったアトレティコが3連勝《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは14日、リーガエスパニョーラ第18節でベティスを本拠地ビセンテ・カルデロンに迎え、1-0で辛勝した。 ▽前節エイバル戦を後半の2ゴールで勝利した4位アトレティコ(勝ち点31)は、5日前に行われたコパ・デル・レイのラス・パルマス戦を2-3と逆転負けしたものの、1stレグのアドバンテージを生かして準々決勝へ進出した。そのラス・パルマス戦のスタメンから4選手を変更。ガビやフィリペ・ルイスが先発に戻り、フアンフランやガメイロがベンチスタートとなった。 ▽5バックとして守備を固めてきた14位ベティス(勝ち点21)に対し、アトレティコはフラットな[4-4-2]を採用。中盤に右からサウール・ニゲス、ガビ、コケ、ガイタン、2トップにグリーズマンとトーレスを配した。 ▽立ち上がりから仕掛けたアトレティコは8分、ボックス右からのヴルサリコのクロスがDFにディフレクトしてルーズとなったボールを、ファーサイドのガイタンが詰めてあっさり先制した。 ▽その後もグリーズマンのボレーシュートでゴールに迫ったアトレティコは、ハーフコートで試合を進めていく。しかし、前半半ばを過ぎると、更なる決定機を作れなかったアトレティコはピンチを迎える。 ▽まずは36分、ルベン・カストロのミドルシュートでGKモジャが脅かされる。さらに42分、自陣左サイドを崩されてピッチーニに決定的なシュートを許すも、ここもGKモジャが好守で防ぎ、前半を1点リードしたまま終えた。 ▽迎えた後半、ルベン・カストロの直接FKでゴールを脅かされたアトレティコだったが、その後は危なげなく時間を消化。主導権を渡さずに時間を進めていく。そして追加点を狙うべくガイタンに代えてカラスコを投入。すると、69分に決定機。ドリブルでボックス内に侵入したカラスコがGKアダンを強襲した。 ▽終盤にかけて、アレグリアに代えてゾズリャを投入してきたベティスを、アトレティコは難なくいなして1-0で逃げ切り。リーガ3連勝で上位追走に成功した。 2017.01.15 04:20 Sun
twitterfacebook
thumb

乾が躍動のエイバル、リーグ戦連勝で暫定6位に浮上! 《リーガエスパニョーラ》

▽エイバルは25日、リーガエスパニョーラ第13節でベティスと対戦し、3-1で勝利した。エイバルの乾は92分までプレーした。 ▽ここまで5勝4敗3分けで8位に位置するエイバル(勝ち点18)が本拠地のエスタディオ・ムニシパル・デ・イプルーアに13位ベティス(勝ち点14)を迎えた一戦。前節のセルタ戦を勝利したエイバルは、その試合と同じスタメンで試合に臨んだ。乾は5試合連続のスタメン出場となった。 ▽試合は、立ち上がりから攻守に持ち味を見せるエイバルが主導権を握る。すると、17分セルジ・エンリクのスルーパスに抜け出した乾がボックス手前でピッチーニに後ろから倒され、FKを獲得。このFKをペドロ・レオンが直接ゴール左上に突き刺し、先制に成功。さらに、乾を倒したプレーでピッチーニにレッドカードが掲示され、エイバルは数的優位も手にした。 ▽攻勢を続けるエイバルは23分、左サイドでボールを受けた乾が相手GK とDFの間へクロスを供給。これをファーサイドから走り込んだセルジ・エンリクが右足でゴールに流し込んだ。 ▽その後も押し気味に試合を進めるエイバルは、ベティスの枠内シュート0本に抑え、前半を終わらせた。 ▽後半に入っても試合の主導権を握るエイバルは65分、乾のパスで左サイド深くまでオーバーラップしたルナのクロスをニアでセルジ・エンリクが頭で合わせたが、これは枠の上外れた。さらに82分には、乾がドリブルでボックス左から仕掛ける。一度は相手DFのブロックにボールを失うが、このこぼれ球を拾ったルナの折り返しをゴール前で再び受けた乾がシュート。しかし、これはGKアダンの好セーブに阻まれた。 ▽一方のベティスは、84分に相手DFのミスからワンチャンスをモノにする。レジューネのバックパスを奪ったルベン・カストロがボックス右から侵入し、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。 ▽1点を返したベティスは試合終盤にパワープレーを敢行。これに対してエイバルは、後半アディショナルタイム2分にカウンター。ルナのパスを受けたペドロ・レオンがボックス右まで持ち込みシュート。これは右ポストに弾かれるも、こぼれ球をキケが頭で押し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽結局、試合はそのまま終了。乾の1アシストなどで完勝のエイバルがリーグ戦連勝を飾り、暫定6位に浮上した。 2016.11.26 07:26 Sat
twitterfacebook
thumb

デポルDFルイシーニョ、V・サンチェス監督就任のベティスに皮肉「これで降格争いは確実」

デポルティボDFルイシーニョは、先日ビクトール・サンチェス監督就任を発表したベティスに対して強烈な皮肉をとばしている。<br><br>ベティスはリーガエスパニョーラ第11節終了時点で、勝ち点11で14位に位置している。この状況に首脳陣はグスタボ・ポジェ前監督の解任を決断。後任として昨季までデポルティボを率いたV・サンチェス監督を招へいした。<br><br>ルイシーニョは、V・サンチェス監督の就任に際して「僕たちにとって良いこと。これでベティスの降格争いは確実だ」と公式会見で言い放った。昨季度々問題を抱えた指揮官との関係は修復されていない様子だ。<br><br>昨季デポルティボで確執を抱えていたルイシーニョとV・サンチェス監督。ルイシーニョはプレシーズンの練習中にDFアレハンドロ・アリーバスと衝突し、それが原因でチームとは別に練習することを命じられた。<br><br>その後、シーズン終盤にFWルーカス・ペレス(現アーセナル)とオリオル・リエラ(現オサスナ)が練習中に衝突したが指揮官は仲裁に入ったものの2選手に罰を下さず、これに食って掛かったルイシーニョは再びチームから隔離されていた。<br><br><br>提供:goal.com 2016.11.18 22:57 Fri
twitterfacebook
thumb

ベティス、ポジェの後任監督として元デポル指揮官V・サンチェスを招へい

ベティスは12日、先に解任したグスタボ・ポジェ監督の後任として、ビクトール・サンチェス・デル・アモ監督(40)を招へいしたことを発表した。<br><br>成績不振によってポジェ監督を解任したベティス。その後任として白羽の矢が立ったのは、V・サンチェス監督だった。同指揮官は選手たちとの確執などを理由に昨季限りでデポルティボを去り、今夏にはオリンピアコス監督に就任したものの、チャンピオンズリーグ予選敗退によって解任されていた。<br><br>ベティスは元レアル・マドリーの選手としても有名なV・サンチェス監督と2018年6月まで契約を結んだ。V・サンチェス監督はベティス指揮官就任に際して、同クラブの公式HPで次のようにコメントしている。<br><br>「偉大な彼らのファンとともにフットボールを楽しむため、大きな期待とモチベーションを抱えている。ベティコス(ベティスのファンたち)が胸を張れるようなチームをつくりたい。その歴史が示してきたように、チームとベティスファンの団結は必要不可欠なものだ」<br><br>またデポルティボの元チームメートであり、今季に入って出場機会が減少しているFWルベン・カストロにも言及した。<br><br>「あのデポルで、ルベンはガンマンと呼ばれていたんだ。ビリー・ザ・キッドより早撃ちだったからね。あの頃の彼はマカーイ、パンディアーニ、ディエゴ・トリスタンと競争し、出場機会に恵まれなかった。だがベティスでは、今日のような立場を確立するまでに至った。我々にとって彼の経験と才能はとても重要だ」<br><br>ベティスはリーガエスパニョーラ第11節終了時点で、勝ち点11で14位に位置している。<br><br>提供:goal.com 2016.11.12 20:54 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリーがベティスに6発圧勝! ヴァラン、マルセロ、イスコの今季初ゴールで公式戦5試合ぶりの白星!《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは15日、エスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われたリーガエスパニョーラ第8節でベティスと対戦し、6-1で圧勝した。 ▽公式戦4試合連続引き分けとドロースパイラルから抜け出せない2位マドリーは、15位のベティスとのアウェイゲームで5試合ぶりの勝利を目指す。だが、カゼミロ、モドリッチという主力MFに加え、代表戦でキャプテンのセルヒオ・ラモスが離脱を強いられたチームは、相変わらず守備陣に不安を残す。そのため、この試合では代表戦で共にゴールを挙げたベイルとクリスティアーノ・ロナウドを擁する“BBC”の躍動が期待された。 ▽試合は開始早々の4分にいきなり動く。相手陣内左サイドでFKの場面でクロースがインスウィングのクロスを入れると、これをゴール前のヴァランが頭で合わせ、ゴール右隅に流し込んだ。敵地で最高の時間帯に先制したマドリーは、先制直後にもイスコの右クロスをファーサイドでフリーのC・ロナウドが左足で合わせるが、これを枠に飛ばすことができない。 ▽その後もサイドを起点に相手を押し込み続けるマドリーだが、時間の経過と共に攻撃が停滞していく。だが、ワンチャンスを逃さない試合巧者は、前半終盤にかけてゴールラッシュを見せる。 ▽まずは31分、カウンターからクロースのスルーパスに抜け出したボックス左のベンゼマが冷静にGKとの一対一を制す。さらに39分にはゴール前で味方のシュート性のボールを肩でトラップしたマルセロがすかさずシュートを流し込み、3点目。極め付けは45分、自陣低い位置からのロングカウンターで左サイドを突破したC・ロナウドのクロスをファーに走り込んだペペが丁寧に折り返し、これをゴール前のイスコが難なく流し込んだ。 ▽ヴァラン、マルセロ、イスコの今季リーグ戦初ゴールで4点のリードを得たマドリーだが、これで気持ちが切れたのか、後半立ち上がりはゾズリャ、セフードとハーフタイム明けに2選手を投入してきたベティスに押し込まれる。すると55分、ゴール前にスルスルと抜け出してきたセフードにGKケイロル・ナバスとの一対一を決められ、1点を返される。 ▽失点後もややチグハグな戦いぶりが目立つマドリーだったが、イスコのゴラッソでトドメの5点目を奪う。62分、ボックス右に抜けだしたC・ロナウドの折り返しはゴール前に飛び込んだベンゼマにわずかに合わないが、これをボックス左で拾ったイスコが右足のコントロールシュートをゴール右上隅に流し込んだ。 ▽その後、コバチッチ、ベンゼマと疲れの見えた選手をベンチに下げたマドリーは、78分に途中出場のモラタのアシストからC・ロナウドがリーグ戦5試合ぶりとなる今季2点目を奪い、試合は6-1でタイムアップ。敵地で6発圧勝のマドリーが、ようやくドロースパイラルから抜け出し、公式戦5試合ぶりの白星を手にした。 2016.10.16 05:43 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング