レアル・ベティス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
8 ベティス 12 3 3 2 5 6 -1 8

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-10-21
27:45
リーガエスパニョーラ
第9節
ベティス vs バジャドリー
2018-10-25
25:55
ELグループF
第3節
ミラン vs ベティス
2018-10-28
20:00
リーガエスパニョーラ
第10節
ヘタフェ vs ベティス
2018-11-03
リーガエスパニョーラ
第11節
ベティス vs セルタ
2018-11-08
29:00
ELグループF
第4節
ベティス vs ミラン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.10.07
23:15
リーガエスパニョーラ
第8節
アトレティコ・マドリー 1 - 0 ベティス
2018.10.04
25:55
ELグループF
第2節
ベティス 3 - 0 デュドランジュ
2018.09.30
27:45
リーガエスパニョーラ
第7節
ベティス 1 - 0 レガネス
2018.09.27
29:00
リーガエスパニョーラ
第6節
ジローナ 0 - 1 ベティス
2018.09.23
27:00
リーガエスパニョーラ
第5節
ベティス 2 - 2 ビルバオ

基本データ

正式名称:レアル・ベティス

原語表記:Real Betis

愛称:ベティコス

創立:1907年

ホームタウン:セビージャ

チームカラー:緑、白

関連ニュース

thumb

ベティス助監督「求めるのは最高の選手ではなくスタイルに適応する選手。乾貴士はとても良い」

キケ・セティエン監督の下でポゼッションフットボールを実践しているベティスだが、そのスタイルに合致する選手としてMF乾貴士を獲得したようだ。<br><br>ベティスのエデル・サラビア助監督はスペインのフットボールカルチャーマガジン『パネンカ』とのインタビューで、ベティスの求める人材が「自チームのスタイルに適応する選手」であることを強調。そうした選手の一人として、乾の名を挙げている。<br><br>「確かに、これまでのベティスは今のようなプレーを実践してきたわけではない。が、ここの人々はこのスタイルに価値を見出してくれている。おそらく、ほかの場所ではよりダイレクトで、縦に速いフットボールを好んでいるのだろうが、ここセビージャでは私たちのアイデアは快く受け入れられていると思う。だからこそ私たちは最高の選手たちではなく、このスタイルにより適応する選手たちを求めていかなくてはならない」<br><br>「良質か悪質な選手であるかを話すのではなく、チームにとって理想的な選手かが話されるべき? 私たちの考えは明確だ。確かに、ウィリアム・カルバーリョには大金を払ったし、ジオヴァニやロ・チェルソといった選手のことは説明する必要もないだろう&hellip;&hellip;しかし乾を見てくれよ。彼はバイエルンからやって来た選手というわけでもないが、私たちにとってはとても良い選手だ。セルヒオ・カナレスもレアル・ソシエダではレギュラーではなかったが、ベティスでプレーする今では代表招集の可能性すらあるね」<br><br>サラビア助監督は、そうしたポゼッションフットボールを実践する理由を次のように説く。<br><br>「まずは、第一監督のキケがそうしたフットボールを好んでいるからだ。おそらく私たちは、小さな頃に経験したフットボールの本質を取り戻そうとしているんだよ。学校の中庭では、皆が壁パスやゴール、股抜きを決めたがった。私たちは後方に退いたり、相手にボールを与えるためにフットボールを始めたわけではない」<br><br>ベティスは昨季途中から3バックを採用。マンチェスター・シティなどとは異なるフォーメーションで、彼らと同じスタイルを実践しようとしている。<br><br>「3バックは、昨夏の段階から考えていたことではあった。私たちはポジショナルプレーと呼ばれるものを実践しているが、そうしたプレーと関係性が深いシステムは4&minus;3&minus;3とされている。ただ、そのシステムを使うためには、具体的な選手たちが必要となってくるんだ」<br><br>「その具体的な選手たちは連係プレーを見せられるだけでなく、均衡した状況や数的不利な状況も解決できる。しかしながら、私たちにそうした選手たちはいない。そんな選手たちを擁することができるのは、世界でも4、5、6、8チームくらいのものだ。だから私たちは攻撃を展開するための優位性を手にするため、DFでの優位性を獲得した。それによって攻撃が展開できるようになり、ボールを失った際にも秩序を保てるようになったわけだ。私たちは3バックでのプレーを快適に感じている。何より、素晴らしい形で攻撃を展開できるようになったわけだからね。今、私たちの守備が改善されているとしたら、それは攻撃が改善されたからにほかならない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.14 02:49 Sun
twitterfacebook
thumb

ホアキン、マドリー移籍目前まで迫っていた

▽ベティスに所属する元スペイン代表MFホアキン・サンチェスが、過去にレアル・マドリー移籍が近付いていたことを明かした。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽今年で37歳ながら、今シーズンもここまで公式戦8試合1ゴール1アシストを記録しているホアキン。未だトップレベルのパフォーマンスを続けており、既にクラブの伝説の1人として称賛を集めている。 ▽そんなホアキンだが、過去にマドリー行きを望んでおり実際に移籍が近付いたことがあったという。以下のように語った。 「レアル・マドリーと契約を結び、メディカルチェックを受ける準備ができていた」 「あの時、(元ベティス会長の)ロペラは僕の腹づもりを知っていた。彼に対して、僕はレアル・マドリーを欲していると常に明確にしてきたからね。あれは素晴らしい機会だったよ」 「彼(ロペラ)はフロレンティーノ(・ペレス会長)と話す度に信じられないような巨額を要求したんだ。それは高すぎると言われたよ」 ▽2000年にベティスでトップチームデビューを飾ったホアキンは、ロペラ氏が在職中の2006年にバレンシアへ移籍。その後、マラガ、フィオレンティーナへの旅を経て、2015年にベティスに帰還した。 2018.10.09 22:25 Tue
twitterfacebook
thumb

シメオネの采配的中のアトレティコがコレア弾で乾不出場のベティスを撃破!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第8節のアトレティコ・マドリーvsベティスが7日に行われ、1-0でアトレティコが勝利した。ベティスのMF乾貴士はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽リーグ戦4試合負けのないアトレティコが、公式戦3連勝中のベティスをホームに迎えた一戦。ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第2節のクラブ・ブルージュ戦を3-1で勝利したアトレティコは、その試合から先発を5人変更。ジエゴ・コスタやトーマス、ホセ・ヒメネスらに代わりフィリペ・ルイスやフアンフランに加え、カリニッチが初先発となった。 ▽一方、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(CL)グループF第2節のデュドランジュ戦を完勝したベティスは、その試合から先発を8人変更。乾やウィリアム・カルバーリョ、セルヒオ・レオンらに代わりホアキンやロ・セルソ、ロレンらが先発に名を連ねた。 ▽試合序盤はボールが落ち着かず、攻守が激しく入れ替わる展開が続く。そんな中5分、ベティスはグアルダードのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したロレンがボックス右手前からシュート。しかし、これはゴール左に逸れた。 ▽良い入りを見せたかに思われたベティスだが、15分にアクシデント。ロドリゴ・エルナンデスとの接触プレーで左モモ裏を痛めたグアルダードが、W・カルバーリョとの交代を余儀なくされてしまう。 ▽その後もボールを保持するベティスに対して、アトレティコは堅い守りからのカウンターを狙うといった構図で試合が推移。すると45分、バイタルエリア手前でFKを獲得したアトレティコは、レマルのFKをボックス内のリュカが頭で合わせたが、これは枠を外れた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはアトレティコ。52分、グリーズマンのパスを受けたカリニッチがペナルティーアーク内で反転しシュート。しかし、このボールは左ポストに嫌われる。 ▽先制点が遠いアトレティコは、57分にレマルを下げてコレアを投入。すると62分、コレアのスルーパスでボックス右深くまで侵攻したグリーズマンが折り返しを供給。これを走り込んだカリニッチが右足で合わせたが、GKパウ・ロペスのファインセーブに阻まれた。 ▽その後、アトレティコは66分にカリニッチを下げてトーマス、74分にフアンフランを下げてサンティアゴ・アリアスを投入し、3枚の交代カードを使い切る。すると、直後に待望の先制点を奪う。 ▽中盤でコレアが相手選手からボールをカットすると、ロストボールをトーマスがワンタッチで繋ぐ。これを再び受けたコレアがボックス手前まで持ち上がると、狙いすましたシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽先制を許したベティスは、81分に反撃。ショートコーナーの流れでボールを受けたカナレスの右クロスからマンディがゴールに迫ったが、ヘディングシュートは打てず。 ▽結局、試合はそのまま1-0で終了。シメオネ采配的中で逃げ切ったアトレティコが、好調ベティスを撃破した。 2018.10.08 01:31 Mon
twitterfacebook
thumb

国外の市場に目を向けるベティス「乾貴士は重要な存在」「日本の利点はサッカーの成長への興味」

今夏にエイバルから日本代表MF乾貴士を獲得したベティスだが、クラブとして国際戦略に力を入れているようだ。スペイン『パルコ23』が、同クラブの戦略をレポートしている。<br><br>アンダルシアの名門ベティスは、クラブがさらなる成長を果たすためには、国外で需要を生み出すことが重要と捉えているようだ。そのために渉外担当ラモン・アラルコン氏、ラ・リーガ・グローバル・ネットワークで働いていたトニ・オルテガ氏、マーケティングマネージャーのフアン・ウセーロ氏の3人が、海外戦略を展開している。<br><br>ベティスが狙いを定める国は中国、アメリカ、メキシコ、そして乾の母国・日本だ。アラルコン氏は『パルコ23』に対して「成長のためには、国の外に向かっていかなくてはならない」「私たちはグローバルなクラブになるべき」と説明。また東京で乾のベティス入団発表を行った際に、日本市場の開拓にある程度の手応えを得られたとも語っている。<br><br>「日本での彼の入団発表によって、あの国の企業家たちと知り合うことができた。日本の利点は、サッカーの成長に興味を持っていることだね。あそこにある企業は、このスポーツへの投資に慣れ親しんでいる」<br><br>アラルコン氏は、現在日本でスポンサーを探している状況と話す。その主目的は、ベティスという存在を同国で浸透させるためだ。<br><br>「乾の存在は重要だ。ただ私たちが求めているのは、何よりもベティスのブランドを引き上げることなんだよ。全選手を価値を引き上げなくてはね」<br><br>ベティスはアジアでは日本のほか、中国にも目を向けている。こちらは中国全土ではなく、地域毎に市場を開拓していく考えだ。近々、温州市から5人の監督がベティスに研修にやって来るが、同市の人口は900万人と、アンダルシア州の人口を超えている。<br><br>アラルコン氏やオルテガ氏はこうした国際戦略がすぐに効果が出るものではないことを強調するが、すでに国外のスポンサーを複数獲得しているなど順調に歩を進めている。2017-18シーズンの収入が7200万ユーロだったベティスは、2020-21シーズンには1億3000万ユーロと、2倍近くの額を記録することを目指している<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.06 23:50 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第8節プレビュー】バレンシアvsバルサに、アトレティvs乾ベティス開催!

▽先週末に行われた第7節では注目のマドリード・ダービーがゴールレスドローで終わった中、首位バルセロナもアスレティック・ビルバオとドローに終わり上位陣は揃って足踏み。その一方で、ここまで唯一未勝利だったバレンシアがレアル・ソシエダ相手に待望の今季リーガ初勝利を飾っている。 ▽10月の代表ウィーク前最後となる今節はバレンシアvsバルセロナの強豪対決と、アトレティコ・マドリーvsベティス、バスク・ダービーと3つのビッグマッチが組まれている。 ▽前節、ホームでビルバオと引き分けてリーガ3戦未勝利と開幕公式戦5連勝から一転一気に調子を落とすバルセロナ。それでも、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではトッテナム相手のタフなアウェイゲームをエースFWメッシの圧巻の活躍などにより4-2のスコアで快勝。公式戦4戦ぶりの白星を手にして停滞ムードを見事に払しょくした。そして、このスパーズ戦での勝利を追い風に今節は難所メスタージャでリーガ4戦ぶりの白星を目指す。トッテナム戦での勝利によりメンタル面の充実は期待できるが、FWスアレスやMFブスケッツら一部主力のコンディションは気がかりなところだ。そのため、代表招集外で今後十分な休養を取れるメッシやDFジョルディ・アルバらの活躍に期待したいところだ。 ▽一方、前節ソシエダ相手に待望のリーガ初勝利を手にしたバレンシアは直近のCLでも敵地でマンチェスター・ユナイテッドから貴重な勝ち点1をもぎ取り復調傾向だ。今季ここまでの公式戦10試合でわずかに5得点と攻撃面は深刻な得点力不足に悩まされているが、FWゴンサロ・ロドリゲスやFWロドリゴ・モレーノら質の高いタレントが揃っているだけに被カウンター時の守備に問題を抱えるバルセロナ相手に何とかゴールをこじ開けたい。ただ、勝利に向けては接戦に持ち込む展開が必須だけにメッシらの攻撃を何とか最少失点以下で凌ぎたいところだ。 ▽前節、敵地でのダービー勝利こそ逃したものの現在3強の中で最も調子が良いアトレティコは、直近のCLでもエースFWグリーズマンの活躍によってクラブ・ブルージュに3-1の勝利を収めてCLグループステージ2連勝を達成。徐々にケガ人も復帰しており、代表ウィーク前の今節をきっちり勝利で飾りたい。バルセロナ並みに高いボール支配率を誇りながらも前線のパンチ力に欠けるベティスは非常に戦いやすい相手であり、持ち味の堅守と鋭いカウンターという得意のフィールドに相手を引きずり込めば、大量得点での勝利も十分に可能だ。 ▽一方、前節レガネスに1-0で競り勝ったベティスは直近のヨーロッパリーグ(EL)でも格下デュドランジュ相手に3-0の快勝を収め公式戦3連勝で無敗記録を「8」に伸ばしている。リーガではここまで5得点と決定力に問題こそ抱えているものの、チーム最大の売りである高いボールポゼッションを守備面に生かしており、堅守で競り勝つ形を新たなチームスタイルに反映させている。とはいえ、ここまでの対戦相手に比べ攻撃陣のタレントのレベルが大幅に上がるアトレティコとのアウェイゲームではその守備力が試される一戦となるはずだ。なお、前節レガネス戦で今季初めて出場機会なしに終わったMF乾貴士に関してはELで先発出場しており、ベンチスタートが濃厚だ。 ▽前述の2つの強豪対決と共に注目を集めるのが今季最初のバスク・ダービーだ。ここまでビルバオが15位、ソシエダが13位と順位表の上ではもの足りないところだが、ビルバオはここ最近の試合でレアル・マドリー、バルセロナ相手にドローゲームを演じており、潜在能力は十分だ。また、以前は友好的なダービーという印象が強かったものの、昨季ビルバオがDFイニゴ・マルティネスをソシエダから引き抜き、今夏もGKケパの売却資金でソシエダの若きエースFWオヤルサバルの引き抜きを画策したことが明らかになっており、敵地に乗り込むソシエダ陣営は並々ならぬモチベーションで今回の一戦に臨むはずだ。 ▽また、直近の公式戦3戦未勝利(2敗1分け)でロペテギ新体制で初めての危機を迎える2位レアル・マドリーは6位アラベスとの上位対決に臨む。セビージャ戦での大敗、ホーム開催のダービーでのドローを受けて必勝が求められたCLのCSKAモスクワ戦では序盤にMFクロースのミスから与えた失点を最後まで挽回できず、格下相手に今季のCLで初黒星を喫した。また、元エースFWクリスティアーノ・ロナウド不在で迫力不足が指摘される攻撃陣では12年ぶりに公式戦3試合連続無得点に終わり、FWベンゼマを中心にアタッカー陣へのプレッシャーは高まっている。そのため、敵地での難敵アラベス戦では公式戦4試合ぶりの勝利と共に攻撃陣の爆発が必須だ。 《リーガエスパニョーラ第8節》 ▽10/5(金) 《28:00》 アスレティック・ビルバオ vs レアル・ソシエダ ▽10/6(土) 《20:00》 ジローナ vs エイバル 《23:15》 ヘタフェ vs レバンテ 《25:30》 アラベス vs レアル・マドリー 《27:45》 レガネス vs ラージョ ▽10/7(日) 《19:00》 バジャドリー vs ウエスカ 《23:15》 アトレティコ・マドリー vs ベティス 《25:30》 エスパニョール vs ビジャレアル セビージャ vs セルタ 《27:45》 バレンシア vs バルセロナ 2018.10.05 18:30 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング