マラガ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 マラガ 11 3 2 10 13 28 -15 15

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-12-18
29:00
リーガエスパニョーラ
第16節
マラガ vs ベティス
2017-12-21
29:30
リーガエスパニョーラ
第17節
アラベス vs マラガ
2018-01-08
リーガエスパニョーラ
第18節
マラガ vs エスパニョール
2018-01-15
リーガエスパニョーラ
第19節
ヘタフェ vs マラガ
2018-01-22
リーガエスパニョーラ
第20節
エイバル vs マラガ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.12.10
20:00
リーガエスパニョーラ
第15節
レアル・ソシエダ 0 - 2 マラガ
2017.12.01
29:00
リーガエスパニョーラ
第14節
マラガ 0 - 0 レバンテ
2017.11.25
24:15
リーガエスパニョーラ
第13節
レアル・マドリー 3 - 2 マラガ
2017.11.19
20:00
リーガエスパニョーラ
第12節
マラガ 3 - 2 デポルティボ
2017.11.05
26:30
リーガエスパニョーラ
第11節
ビジャレアル 2 - 0 マラガ

基本データ

正式名称:マラガ・クラブ・デ・フットボール

原語表記:Malaga Club de Futbol

愛称:Boquerones(カタクチイワシ)

創立:1994年

ホームタウン:マラガ

チームカラー:青、白

関連ニュース

thumb

2度のリードを追いつかれるもレアル・マドリーがベンゼマ&ロナウド弾などでマラガに競り勝つ《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは25日、リーガエスパニョーラ第13節でマラガをサンチャゴ・ベルナベウに迎え、3-2で勝利した。 ▽前節アトレティコ・マドリーとのマドリッド・ダービーをゴールレスドローで引き分けて首位バルセロナに10ポイント差を付けられた3位レアル・マドリー(勝ち点24)は、6-0と大勝した4日前のチャンピオンズリーグ(CL)・アポエル戦のスタメンから3選手を変更。モドリッチ、ナチョ、負傷したアセンシオに代えてイスコ、カゼミロ、バジェホをスタメンで起用した。 ▽前節デポルティボ戦を3-2と競り勝って今季2勝目を挙げた18位マラガ(勝ち点7)に対し、3トップにC・ロナウド、ベンゼマ、L・バスケスと並べたレアル・マドリーが押し込んでいくと、9分に先制する。 ▽左サイドからのマルセロのクロスをファーサイドのC・ロナウドがヘッドで合わせると、シュートはバーを直撃。ルーズボールをベンゼマが頭で押し込んだ。 ▽その後も攻勢に出るレアル・マドリーは15分、クロースのフィードにカルバハルがスライディングで合わせたシュートがGKを強襲すれば、17分にはCKの流れからイスコがボレーシュートを浴びせて追加点に迫った。 ▽しかし、レシオのミドルシュートでこの試合初めてゴールを脅かされると、直後の18分にクロースの自陣でのミスパスから右クロスを受けたロランに胸トラップからのボレーシュートを決められて試合を振り出しに戻されてしまう。 ▽それでも21分、クロースの左CKからカゼミロがヘディングを叩き込んでレアル・マドリーがすかさず勝ち越しに成功する。 ▽その後、L・バスケスとの接触で右ヒザを負傷したファン・カルロスに代わってバイセを投入したマラガに対し、レアル・マドリーは44分にカルバハルの右クロスにC・ロナウドがヘディングシュートを浴びせるもGKロベルトのビッグセーブに阻まれ、前半を2-1で終えた。 ▽迎えた後半、52分にクロースのミドルシュートでGKを強襲したレアル・マドリーだったが、58分に追いつかれる。バイタルエリア中央でフリーとなっていたチョリ・カストロにミドルシュートを叩き込まれた。 ▽失点を受けてイスコに代えてモドリッチを投入したレアル・マドリーが押し込む流れが続くと、75分にPKを獲得する。獲得したのはモドリッチ。L・バスケスのグラウンダーの右クロスをボックス中央で受けたモドリッチがルイス・エルナンデスに倒された。このPKをC・ロナウドはGKロベルトにセーブされるも、ルーズボールを左足で押し込んだ。 ▽終盤にかけて、クロースやベンゼマを下げる余裕を見せたレアル・マドリーが危なげなく試合を進め、3-2で勝利している。 2017.11.26 02:10 Sun
twitterfacebook
thumb

負傷者続出にも慌てないジダン「S・ラモスの出場可否は明日分かる」「ベイルは100%までの回復が必要」

▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、25日に行われるリーガエスパニョーラ第13節のマラガ戦に向けた記者会見に出席。スペイン『マルカ』がコメントを伝えた。 ▽マドリーが過密日程をこなす中、ウェールズ代表MFガレス・ベイルはケガを繰り返しており、9月末にも負傷。それでも24日の練習を問題なく消化しており、今月中の復帰が待たれている状況だ。ジダン監督は、ベイルの状態について明言は避けたものの、好意的に語った。 「ガレス(・ベイル)を所属していてくれてありがたい。彼は力強く、素早く、そして良いクロスを上げることができるからね。非常に良いよ」 「彼は多くのことをもたらしている。重要なことは彼が私たちと共にあり、トレーニングをしているということだ。そして彼がプレーすることで、周囲を取り巻いているネガティブなもの(報道)は全て取り除くことができる」 「負傷はそれほど深刻ではない。今回は、復帰までそれほど時間がかからないはずだ。今は100%にまで回復することが必要だよ」 ▽また、キャプテンを務めるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、18日に行われた前節のアトレティコ・マドリー戦で鼻骨を骨折。全治約3カ月とも言われているが、同選手はフェイスガードを着用し、23日からトレーニングに復帰している。ジダン監督は、セルヒオ・ラモスの出場について否定はしなかったものの、欠場した場合でも問題はないとの見解を示した。 「(出場するかどうかは)明日、わかるさ」 「セルヒオ(・ラモス)は、準備ができていればプレーをするだろうが、私たちには他の選手たちもいる。他の誰かが(センターバックに)入ることが可能で、私が彼の欠場に関して何ら恐れを抱いていないということは、良いことだ」 2017.11.25 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

マラガがDFミゲル・トーレスと2020年まで契約延長

▽マラガは25日、スペイン人DFミゲル・トーレス(31)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽レアル・マドリーのカンテラ出身であるM・トーレスは右サイドバックを本職に、センターバックでもプレーするユーティリティーなDF。レアル・マドリーのトップチームで公式戦66試合に出場した後、ヘタフェ、オリンピアコスを経て2014年夏にマラガに加入した。そのM・トーレスは、マラガでこれまで公式戦67試合に出場して3アシストをマーク。今季はここまでリーガエスパニョーラ1試合の出場に留まっている。 2017.10.26 00:50 Thu
twitterfacebook
thumb

疑惑の電光石火弾にイニエスタが今季初ゴール! 昨季因縁の相手マラガを破った首位バルセロナが無敗継続《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは21日、カンプ・ノウで行われたリーガエスパニョーラ第9節でマラガ戦を戦い、2-0で勝利した。 ▽前節のアトレティコ・マドリー戦を1-1のドローで終え、開幕からの連勝がストップしたバルセロナ。それでも、直近のチャンピオンズリーグ(CL)オリンピアコス戦ではピケの退場というハプニングに見舞われるも、エースFWメッシが欧州カップ戦通算100ゴールを達成するなど、きっちり3-1の勝利を収め、CLグループステージ3連勝を飾った。 ▽迎える今節は昨シーズンの2度の対戦でも1敗1分けの未勝利に終わった因縁の相手マラガをカンプ・ノウで迎え撃った。オリンピアコス戦からのメンバー変更は2点。ピケとパウリーニョに代えてマスチェラーノとラキティッチを起用した。 ▽試合は開始早々に意外な形で動く。開始2分、ボックス左に抜け出したディーニュがゴールライン際ギリギリで折り返すと、これをゴール前のデウロフェウがワンタッチで流し込んだ。この場面ではディーニュの折り返しの時点でボールが完全にラインを割っており、マラガ陣営も主審に猛抗議を行うが、主審は判定を覆すことなくバルセロナのゴールを認めた。 ▽電光石火の疑惑弾で曲者マラガ相手に最高のスタートを切ったバルセロナは、その後もイニエスタとメッシの超絶連係プレーから決定機を演出するなど、リズムよく試合を進める。だが、前に出てきたマラガに対して、幾度かメッシのドリブルからカウンターチャンスを得たものの、最後の場面で味方の攻め上がりの遅さや連係ミスの影響で決定機に持ち込めず。 ▽それでも、マラガのサイドを起点とした攻撃をマスチェラーノの鋭い読みやGKテア・シュテーゲンの安定したゴールキーピングで難なく抑え込み、前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半、前半終盤に足を痛めたディエゴ・ロランに代わってファンピを投入してきたマラガに対して、後半も主導権を握るバルセロナは56分に今度は正真正銘のゴールを奪う。ラキティッチの鋭い縦パスを難なく収めたメッシがボックス左に走り込むイニエスタに丁寧なラストパス。これに抜け出したイニエスタが左足を振り抜くと、DFロサレスの足に当たってディフレクトしたボールがゴール右隅の絶妙なコースに決まった。 ▽イニエスタの今季リーグ戦初ゴールで貴重な追加点を挙げたバルセロナは、60分にもボックス内でボールを受けたスアレスがDFを引きずりながら強引に右足のシュートを放つが、これはわずかに枠の右に外れた。逆に、67分にはボックス内でボールを収めたケコに決定機を許すが、ここはDFの身体を張ったブロックとGKテア・シュテーゲンのキャッチで凌ぐ。 ▽72分にデウロフェウを下げてネウソン・セメドを投入したバルセロナは、セルジ・ロベルトを前線に上げてセメドを右サイドバックに配置。73分にはメッシのスルーパスに抜け出したセルジ・ロベルトがそのままボックス内までボールを運びDFとGKを引き付けて右を併走するスアレスにプレゼントパス。だが、スアレスはこのイージーシュートを枠の右に外してしまい、決定的な3点目を奪うことができない。 ▽その後、ブスケッツに代えてパウリーニョ、スアレスに代えてパコ・アルカセルを最後の交代カードとして投入したバルセロナは、84分にボックス右から内に切り込んでDF2枚をかわしたセルジ・ロベルトに決定機も、左足のシュートは枠の左に外れる。さらに後半終了間際にはメッシのヘディングシュート、アルカセルのGKとの一対一と3点目に迫るが、いずれもオフサイドの判定。それでも、相手の反撃をきっちりクリーンシートで締めくくったバルセロナが、昨季の因縁の相手マラガに快勝し開幕からの無敗を継続した。 2017.10.22 05:44 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコがグリーズマン弾で新スタジアムのこけら落としを白星で飾る《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは16日、リーガエスパニョーラ第4節でマラガを新スタジアムのワンダ・メトロポリターノに迎え、1-0で辛勝した。 ▽前節バレンシア戦では決め手を欠いてゴールレスドローに終わったアトレティコは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のローマ戦もゴールレスドローに終わった。そのローマ戦のスタメンから2選手を変更。ビエットとサビッチに代えてコレアとリュカを起用した。 ▽グリーズマンとコレアが2トップを形成するフラットな[4-4-2]で臨んだアトレティコが、[4-5]の守備ブロックを形成するマラガ相手に押し込んでいく展開となる。 ▽しかし、スペースを消すマラガの守備網を攻略できず、なかなかシュートシーンを生み出せない。すると37分に大ピンチ。カウンターを受け、ボックス左への侵入を許したボルハにシュートされたが、GKオブラクがファインセーブで防いだ。結局、枠内シュート1本に抑え込まれたアトレティイコは前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半からトーマスに代えてカラスコを左サイドに投入したアトレティコは、48分にそのカラスコがドリブルシュートに持ち込む。 ▽続く51分にはサウールがミドルシュートでGKを強襲してゴールに近づいていくと、61分に均衡を破った。右サイドからのコレアのクロスに反応したグリーズマンが右足ボレーでゴール右に流し込んだ。 ▽その後はマラガをいなし時間を消化。90分のD・ロランの枠内シュートをGKオブラクが好守で防いだアトレティコが1点のリードを守り切って新スタジアム初戦を白星で飾っている。 2017.09.17 05:55 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング