チェルシー

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 チェルシー 50 15 5 6 45 29 16 26
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-02-21
26:55
EL決勝トーナメント
ラウンド32・2ndレグ
チェルシー vs マルメ
2019-02-24
21:00
プレミアリーグ
第27節
チェルシー vs ブライトン
2019-02-27
29:00
プレミアリーグ
第28節
チェルシー vs トッテナム
2019-03-02
プレミアリーグ
第29節
フルアム vs チェルシー
2019-03-09
プレミアリーグ
第30節
チェルシー vs ウォルバーハンプトン
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.02.18
28:30
FA杯
5回戦
チェルシー 0 - 2 マンチェスター・ユナイテッド
2019.02.14
29:00
EL決勝トーナメント
ラウンド32・1stレグ
マルメ 1 - 2 チェルシー
2019.02.10
25:00
プレミアリーグ
第26節
マンチェスター・シティ 6 - 0 チェルシー
2019.02.02
24:00
プレミアリーグ
第25節
チェルシー 5 - 0 ハダースフィールド
2019.01.30
28:45
プレミアリーグ
第24節
ボーンマス 4 - 0 チェルシー
基本データ

正式名称:チェルシーFC

原語表記:Chelsea Football Club

愛称:ブルーズ、ペンショナーズ

創立:1905年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:青

関連ニュース
thumb

モウリーニョ、犬猿の仲ヴェンゲルに“胸熱”ビデオレター

ジョゼ・モウリーニョ氏(56)がアーセン・ヴェンゲル氏(69)を認めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 モウリーニョ氏とヴェンゲル氏は長年にわたり、プレミアリーグが誇る名監督としてテクニカルエリア内のみならず、その外での舌戦で多くの名勝負を展開してきた“犬猿の仲”。かつてモウリーニョ氏がヴェンゲル氏を「失敗のスペシャリスト」として揶揄したことも記憶に新しい。 ローレウス賞授賞式に出席したそのヴェンゲル氏は、在任期間の初期にイングランドサッカー界に革新をもたらす功績を築いたとして生涯功労賞を受賞すると、ビデオメッセージにモウリーニョ氏が登場。胸熱くなるメッセージを送った。 「いくつかのエピソードがある。だが、私は自分のことしか話さない。本当に争いを楽しませてもらったし、そこに真の尊敬があった」 「彼は1つのフットボールクラブで数多の歴史を築き上げた。インビジブルズという愛称がそれそのものさ。監督としての哲学、ほぼ完璧なチーム、アメージングだった」 「彼はフットボール史で最もベストな監督の1人だ」 両者は現在、無所属。フットボールファンとしては、またどこかのリーグで凌ぎを削り合う両者の姿を見たいところだ。 2019.02.19 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

エレーラ、チェルシー攻略法を叩き込み決勝弾! 途中出場組にも労いの言葉

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表MFアンデル・エレーラがチェルシー撃破を誇った。イギリス『メトロ』が報じた。 ユナイテッドは18日、FAカップ5回戦でチェルシーと激突。前ラウンドのアーセナルに続くロンドン勢との対戦で、さらにアウェイでの連戦だったが、アンデル・エレーラとフランス代表MFポール・ポグバのゴールにより、ベスト8進出を果たした。 この試合でタフなハードワーカーとして最も輝きを放つ選手の1人だったアンデル・エレーラは試合後、イギリス『BBC』のインタビューで「自身の1stゴールは決定的だったか?」と問われると、次のように言及。また、途中出場組を労った。 「そうでもない。正直に言ってね。彼らはファンタスティックなチームだから、僕らは最後まで戦わなくちゃいけなかった」 「でも、僕らは彼らとの戦い方を把握していて、僕自身もより攻撃的にプレーした。彼らが僕側のサイドを軸にしてくることがわかっていたからね」 「素晴らしいゲームになったよ」 「僕はアレクシス(・サンチェス)やアンドレアス(・ペレイラ)、スコット(・マクトミネイ)にも話したい。ワールドクラスの選手であるアレクシスも戦った」 「あれこそがマンチェスター・ユナイテッドだ。僕らの求めることさ」 2019.02.19 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

サッリの使い方はもったいない? ヴェンゲル、カンテの役割を語る

アーセン・ヴェンゲル氏が、チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテの役割について語った。イギリス『メトロ』が伝えている。 2015-16シーズンのレスターで守備の要として“奇跡の優勝”を成し遂げ、翌シーズンからチェルシーに移籍したカンテ。すると、新天地でもその守備能力の高さを見せ付け、個人でのプレミアリーグ連覇を果たした。世界屈指のアンカーとして、その年の国内での個人賞を総なめしている。 しかし、マウリツィオ・サッリ監督が就任した今シーズンからは状況が激変。同監督は愛弟子のMFジョルジーニョをアンカーに据え、カンテをインサイドハーフに固定している。 この配置転換に「カンテの能力に蓋をしている」として様々な解説者からも疑問の声が上がる中、チェルシーは第26節終了時点でプレミア6位。第26節マンチェスター・シティ戦では0-6の大敗を喫しており、サッリ監督の頑なな戦術はファンから大きな批判を集めている。 そんな中、カンテについて問われたヴェンゲル氏は、同選手があくまで守備で生きる選手であるとの見解を示した。 「(カンテは)驚異的だ。チームを成功させるには、犠牲になる人物、または何人かの選手たちが必要になる。喋らず、やるんだ」 「選手が前でボールをロストした時、彼(カンテ)が取り返すように動いて、適切な方法で奪い返す。エゴが小さく犠牲の精神を持っている人々は大抵違いを生む」 「ブラジルについて話そう。私が獲得した選手で、2002年(W杯)の日本で成功したブラジル代表にも似た役割を果たした選手がいた。それはジウベウト・シウバだ」 なお、2002年の日韓ワールドカップ(W杯)優勝国、ブラジルの中でジウベウト・シウバ氏は2ボランチの一角として守備に専念。ロナウド氏、リバウド氏、ロナウジーニョ氏ら強力な攻撃陣を支えていた。 2019.02.19 14:40 Tue
twitterfacebook
thumb

FA杯敗戦でファン・サポーターから罵声…サッリ監督「こういうことは初めてだが…」

チェルシーに所属するマウリツィオ・サッリ監督が、マンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 序盤は公式戦18試合無敗と好調だった一方、今年に入って調子を落としているチェルシーは18日、FAカップ5回戦でユナイテッドと対戦。しかし、この日も0-2と敗北を喫し、昨シーズンの王者が5回戦で敗退することに。すると、ゴール裏のサポーターからサッリに向けて罵声が浴びせられた。 試合後、サッリ監督はファン・サポーターからの批判や現在のチーム状況について言及した。 「(サポーターからの罵声をこれまで受けたことはあるか)いや、こういうことは初めてだ」 「試合結果については心配しているが、ファンについては心配していない。この状況とファンについて理解することはできる。FA杯に敗れたのだからね」 「それ(解任の噂について)は私の問題ではない。大事なのは、明日の朝から3日間でチームが改善されるために次戦の準備を始めることだ。選手たちと協力し、より多くの意志と攻撃性を見つけること。それができなかったから今日、2点目を与えてしまった」 「もちろん私にはわからないが、選手たちはついてきてくれていると思っている。チームの関係はそれほど重要ではないが、とても良い状態だと思う。プレーすることや結果を得ることは重要だ。それでも現状、私と選手たちの関係は良いものだ」 2019.02.19 11:20 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:チェルシー 0-2 マンチェスター・ユナイテッド《FAカップ》

FAカップ5回戦のチェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドが18日に行われ、2-0でユナイテッドが勝利し、準々決勝に進んだ。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190218_27_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ケパ 5.0 2失点に責任はないが、前半に怪しいプレー DF 28 アスピリクエタ 5.0 明らかな体格差により失点の原因となってしまった (→ザッパコスタ -) 2 リュディガー 5.0 可もなく不可もなく 30 D・ルイス 4.5 1試合を通じて集中力が足りなかった。失点シーンはボールウォッチャーに 3 マルコス・アロンソ 5.0 アザールと息が合わず攻撃ではあまり役に立たなかった MF 7 カンテ 5.0 カンテがボールを持った時の可能性が皆無 5 ジョルジーニョ 4.5 この日もマンマークに遭い仕事をさせてもらえず 17 コバチッチ 5.0 ハードなプレーも空回り (→バークリー 5.0) ジョルジーニョと近い位置を取り、起点を作るよう努めた FW 11 ペドロ 5.0 難度か見られた縦への仕掛けも功を成さず (→ウィリアン -) 9 イグアイン 5.0 前半に何度かチャンスを迎えるも無得点 10 アザール 5.5 ここ最近の試合同様に孤軍奮闘。味方のサポート得られず 監督 サッリ 4.5 この日もアイデアを欠いた選手たち。サッリ・スタイルの終焉を感じる試合に ▽マンチェスター・ユナイテッド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190218_27_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 22 ロメロ 5.5 難度か好セーブも見せて無失点 DF 18 ヤング 5.5 厳しいプレスで右サイドにフタをした 12 スモーリング 6.0 冷静な守備でピンチをほとんど作らせなかった 2 リンデロフ 5.5 守備にシフトした後半に真価を発揮 23 ショー 5.5 攻守両面に顔を出しチームを支えた MF 21 エレーラ 7.0 先制ゴールを記録。豊富な運動量でチームを助けた 31 マティッチ 5.5 中盤の底でバランスを保った。前半の警告がその後を難しくさせたか 6 ポグバ 6.5 前半終了間際の追加点でチームに勇気を与えた。1ゴール1アシストの活躍 8 マタ 6.0 徹底マークでジョルジーニョ封じを完遂 (→アンドレアス・ペレイラ -) FW 9 ルカク 6.0 前線で身体を張って味方をフォロー。守備にも貢献 (→サンチェス 5.0) 足跡を付けるには時間が足りず 10 ラッシュフォード 6.5 微妙だった前半も、ポグバへのアシストで挽回。後半は守備にも気を吐いた (→マクトミネイ -) 監督 スールシャール 6.0 前半で試合を決めて後半は優位に戦った。PSG戦の敗戦から見事にバウンスバック ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! エレーラ(マンチェスター・ユナイテッド) 先制点の時もしかり、エレーラの運動量は相手の脅威となり味方を助ける。この試合では6回のタックル成功と2回の空中戦勝利でMOMの活躍 チェルシー 0-2 マンチェスター・ユナイテッド 【マンチェスター・ユナイテッド】 エレーラ(前31) ポグバ(前45) 2019.02.19 06:51 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング