超ワールドサッカー

デポルティボ・ラ・コルーニャ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 デポルティボ 31 7 10 17 37 57 -20 34

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-30
19:00
リーガエスパニョーラ
第35節
オサスナ vs デポルティボ
2017-05-07
23:15
リーガエスパニョーラ
第36節
デポルティボ vs エスパニョール
2017-05-14
リーガエスパニョーラ
第37節
ビジャレアル vs デポルティボ
2017-05-21
リーガエスパニョーラ
第38節
デポルティボ vs ラス・パルマス

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.26
28:30
リーガエスパニョーラ
第34節
デポルティボ 2 - 6 レアル・マドリー
2017.04.23
19:00
リーガエスパニョーラ
第33節
ソシエダ 1 - 0 デポルティボ
2017.04.15
20:00
リーガエスパニョーラ
第32節
デポルティボ 2 - 0 マラガ
2017.04.08
25:30
リーガエスパニョーラ
第31節
セビージャ 4 - 2 デポルティボ
2017.04.05
27:30
リーガエスパニョーラ
第30節
デポルティボ 0 - 0 グラナダ

基本データ

正式名称:レアル・クラブ・デポルティーボ・デ・ラ・コルーニャ

原語表記:Real Club Deportivo de La Coruna S.A.D.

愛称:デポル

創立:1904年

ホームタウン:ア・コルーニャ

チームカラー:青、白

関連ニュース

thumb

デポル指揮官メル「マドリーのBチームに勝つのは、Aチームに勝つより困難」

デポルティボのペペ・メル監督は、レアル・マドリーが「控え組」だとしても勝利を収めることは簡単ではないと認めている。<br><br>26日のリーガエスパニョーラ第34節でマドリーと対戦したデポルティボは、開始52秒にFWアルバロ・モラタが先制点を許すと、そこから守備が崩壊。一挙6ゴールを献上して本拠地リアソールで大敗を喫した。<br><br>メル監督はこの大敗を受け、立ち上がりの悪さを嘆いた。<br><br>「非常に厳しい敗戦だ。アトレティコ・マドリーやバルセロナと対戦した時は、時間の経過が我々に有利に働くと見て、コンパクトに守ることができていた。だがマドリーにそれは通用しなかった。前半で1-3となり、試合は終わってしまったよ」<br><br>「マドリーと同じ緊張感で試合に挑めなければ、確実に敗戦する。彼らの方がクオリティは高いわけだからね。アトレティコやバルサでも苦戦する相手だ。試合開始直後のプレーで失点してしまっては...。私は試合の入り方に失望している」<br><br>一方、メル監督はスタメンを9人入れ替えたマドリーが、力を落としていたわけではないと主張した。<br><br>「私にとっては、マドリーのAチームより、Bチームの方が好ましく映った。ほかの人たちがどう思うかは分からないけれどね」<br><br>「我々がこの位置(16位)にいるのは、何か問題があるからだ。プリメーラ(リーガ1部)では、どんなチームでも相手を倒す力がある...勝ち点60を獲得するまでは気を緩めることなど決してできない」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 20:58 Thu
twitterfacebook
thumb

主力欠場のレアル・マドリーが難所リアソールで6発圧勝《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは26日、リーガエスパニョーラ第34節でデポルティボの本拠地リアソールに乗り込み、6-2で圧勝している。 ▽前節バルセロナ戦をラストプレー被弾で敗れ、1試合消化が少ないながらバルセロナに首位の座を明け渡した2位レアル・マドリー(勝ち点75)は、ナチョとマルセロ以外の9選手を変更。C・ロナウドとクロースを招集外とした他、出場停止のセルヒオ・ラモスが欠場となって、負傷明けのヴァランが戻った。 ▽16位デポルティボ(勝ち点31)に対し、レアル・マドリーは開始1分に先制する。イスコのスルーパスを受けてボックス右に侵入したモラタがGKのニアサイドを破る強烈なシュートを蹴り込んだ。 ▽その後もレアル・マドリーがデポルティボを圧倒すると、7分にイスコがコントロールシュートでゴールに近づく。さらに13分のアセンシオのミドルシュートが右ポストを直撃したレアル・マドリーは、14分に加点する。 ▽ハメス・ロドリゲスのパスを受けたL・バスケスのボックス右からの折り返しを、ゴール前に詰めたハメスが左足アウトで合わせてネットを揺らした。 ▽しかし、前半半ば以降はデポルティボの圧力を受けると、35分に失点する。アンドネのゴールを許し、1点差に詰め寄られてしまう。さらに39分にはカルレス・ヒルのコントロールシュートがGKカシージャを強襲。 ▽それでも44分、マルセロの左クロスのルーズボールをL・バスケスが押し込んで3-1と突き放し、ハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半、2点をリードするレアル・マドリーは自陣に引いて対応。59分にはロングカウターに転じ、アセンシオのラストパスからL・バスケスが決定的なシュートを浴びせるも枠を捉えきれない。 ▽それでも66分、勝負を決定付ける。イスコのスルーパスに抜け出たモラタがボックス左へ侵入。GKをかわしてラストパスを送り、最後はハメスがゴールへ流し込んだ。 ▽終盤にかけてはレアル・マドリーが余裕を持った試合運びを展開。そして、78分にはイスコがL・バスケスのクロスを流し込んで5点目を挙げると、ホセルに1点を返されるも、カゼミロにもゴールが生まれてレアル・マドリーが6-2と圧勝。クラシコの敗戦を払拭し、バルセロナを同勝ち点で追走している。 2017.04.27 06:24 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャが打ち合いを制して6試合ぶりの白星!!《リーガエスパニョーラ》

▽8日にリーガエスパニョーラ第31節のセビージャvsデポルティボがサンチェス・ピスファンで行われ、4-2でセビージャが勝利した。 ▽前節のバルセロナ戦に敗れてリーグ戦では5試合白星から遠ざかっている4位のセビージャ(勝ち点58)が、グラナダ戦をゴールレスドローで終えて連敗を2で止めたデポルティボをホームに迎えた。 ▽試合は開始早々に動きを見せた。キックオフから攻め込んだセビージャは左サイドのエンゾンジが入れたグラウンダーのボールを、ニアサイドに入り込んだヨベティッチがワンタッチで押し込んでネットを揺らした。しかしデポルティボも4分、ボックス内からこぼれたボールを拾ったカクタがマリアーノを交わしてボックス左から逆サイドにシュートをねじ込んで、すぐさま同点とする。 ▽追いつかれたセビージャだったが、9分に左サイドのエスクデロが放ったシュートがボックス内にこぼれたところをサラビアが押し込んで、勝ち越しに成功した。落ち着かない展開の中、25分にはデポルティボが相手のハンドからボックス手前の位置でFKを獲得。これをカクタが直接蹴り込んで、試合は再び振り出しへと戻った。 ▽迎えた32分、左サイドでFKを獲得したセビージャは、ニアサイドのコレアが頭で合わせると、ボールは逆サイドのネットを揺らしてまたも勝ち越す。38分にも決定機を迎えたセビージャだったが、こぼれ球を押し込みにかかったヨベティッチのシュートはゴールマウスを外してしまう。結局前半はセビージャが3-2とリードして終えた。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半は前半とは打って変わって落ち着いた入りとなった。60分にはセビージャが、ボックス手前の位置でFKを獲得。サラビアがポイントをずらして、ヨベティッチが狙うも、GKルクスがセーブし決めきれず。その後もセビージャがポゼッションを握り、デポルティボがカウンターを狙う形で試合は進んだ。 ▽77分にはパス交換でボックス左に侵入したヨベティッチが、深い位置からグラウンダーのボールを中央に入れる。これにイボーラが合わせるがGKルクスがセーブ、こぼれ球に再びイボーラが詰めたが、またもGKの正面に蹴ってしまいゴールとはならなかった。デポルティボも80分に左CKの流れからアンドネの折り返しにホセルが合わせたが、こちらは枠を捉えきれない。 ▽セビージャは81分、裏に抜け出したイェデルがGKとの一対一を迎える。しかしこの好機も決められず。それでも88分に、左サイドのFKからうまく抜け出したイェデルが、このチャンスは決めきり勝負あり。打ち合いを制したセビージャが6試合ぶりの白星を飾った。 2017.04.09 03:21 Sun
twitterfacebook
thumb

奇跡の代償は大きく…バルサが格下デポルにまさかの敗戦! 20戦ぶりの今季3敗目で暫定首位陥落の危機…《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは12日、敵地リアソールで行われたリーガエスパニョーラ第27節でデポルティボと対戦し、1-2で敗戦した。 ▽8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのパリ・サンジェルマン(PSG)戦を6-1で制し、CL史上初となる1stレグ0-4から奇跡の大逆転劇を演じた首位バルセロナ(勝ち点60)は、シーズン3冠の可能性を復活させた。“カンプ・ノウの奇跡”から中3日で行われる今節は、敵地リアソールで16位デポルティボと対戦した。 ▽多くのエネルギーを使ったPSGからの反動が懸念されるこの一戦に向けてルイス・エンリケ監督は、先発5人を変更。左足を痛めたネイマール、胃腸炎のラフィーニャの欠場組に加え、イニエスタとユムティティ、ラキティッチがベンチスタート。代わってセルジ・ロベルト、ジョルディ・アルバ、デニス・スアレス、アンドレ・ゴメス、アルダが先発に入った。また、システムは引き続き守備時[4-4-2]、攻撃時にメッシをトップ下に配した[3-4-3]を採用し、トリデンテはデニス・スアレス、ルイス・スアレス、アルダのトリオとなった。 ▽試合前からの懸念通り、やや緩い入りとなったバルセロナは、攻守に積極性を見せるホームチームの勢いを受ける形となる。開始9分にはブルーノ・ガマからパスを受けたホセルに枠内シュートを許すが、ここはGKテア・シュテーゲンが正面で対応する。 ▽時間の経過と共にボールを支配して相手を押し込んでいくバルセロナだが、人数をかけて粘り強く守る相手の守備をなかなか崩し切ることができない。21分にはアンドレ・ゴメス、ルイス・スアレスとの連係からボックス左のメッシがシュートを狙うが、相手DFのブロックに遭う。さらに36分にはブスケッツの縦パスを受けたセルジ・ロベルトが見事なドリブル突破でボックス右に抜け出し、グラウンダーで折り返すも、ここはスアレスの前でGKにブロックされる。 ▽攻め込むもののゴールが遠いバルセロナは、前半終了間際に一瞬の隙を突かれてまさかの先制を許す。40分、右CKの混戦からマスチェラーノのクリアミス、GKテア・シュテーゲンのキャッチミスが重なり、こぼれ球をホセルに流し込まれた。 ▽1点ビハインドで後半へと折り返したバルセロナだったが、ハーフタイムに指揮官から激しい檄を飛ばされたチームは、開始早々に追いつく。後半開始1分、右サイドでセルジ・ロベルトが入れたクロスに反応したアンドレ・ゴメスが中央で潰れ、ボックス右にボールがこぼれる。これに反応したスアレスが右足のダイレクトシュートを流し込んだ。 ▽電光石火の同点弾でここから一気にバルセロナのペースと思われたが、先に良いリアクションを見せたのはホームチーム。前半同様にロングカウンターからチャンスを窺うデポルティボは、53分にボックス内のファイルに決定機も、ここはシュートを枠に飛ばせない。 ▽一方、畳みかけたいバルセロナは58分、アンドレ・ゴメスとアルダをベンチに下げてイニエスタ、ラキティッチを同時投入する二枚替えを敢行。この交代でセルジ・ロベルトが右ウイングにポジションを上げ、デニス・スアレスが左ウイングにポジションを移した。だが、流れを掴み切れないチームは、63分に相手のカウンターからブルーノ・ガマの右クロスをファーサイドのホセルにダイレクトボレーで合わせられるなど、あわや勝ち越しのピンチを許した。 ▽左サイドのデニス・スアレスを起点に幾つかチャンスを作るものの、なかなか決め切れないバルセロナは、再びセットプレーの流れから勝ち越しゴールを許してしまう。74分、右CKの場面でファイルのクロスをアリーバスに頭で合わせられるが、これはGKテア・シュテーゲンがわずかに触り左ポストに救われる。だが、直後の左CKでDFジョルディ・アルバがベルガンティノスに競り負け、ファーポストに流し込まれた。 ▽痛恨の失点を受けてルイス・エンリケ監督は、77分にデニス・スアレスを下げてパコ・アルカセルを投入。80分にはメッシのスルーパスに抜け出した右サイドのセルジ・ロベルトの折り返しを、ゴール前に飛び込んだスアレスがダイレクトで合わすが、ここはGKルクスのビッグセーブに阻まれた。さらに84分にはイニエスタの浮き球パスに反応したセルジ・ロベルトが右サイドからのダイアゴナルランでワンタッチシュートに持ち込むが、これも枠を捉え切れない。 ▽リーグ3連覇に向けて敗戦が許されないバルセロナは、試合終盤にかけて猛攻を見せる。90分にはボックス手前の好位置で得たFKをメッシが直接狙うが、このシュートは枠を捉え切れず、逆に試合終了間際には相手のロングカウンターでGKテア・シュテーゲンが1対2の状況を作られるが、ファイルの決定機をビッグセーブで阻む。すると、このカウンターからボックス付近まで持ち込んだメッシにシュートチャンスも、ここは相手DFにブロックされ、万事休す。 ▽PSG戦で起こした奇跡の代償は大きく、昨年10月の第7節セルタ戦以来、20試合ぶりの今季3敗目を喫したバルセロナは、今節の結果次第で1試合未消化の2位レアル・マドリーに首位を奪い返される可能性が出てきた。 2017.03.13 02:16 Mon
twitterfacebook
thumb

グリーズマンのゴラッソもトーレスが負傷… ペペ・メル初采配のデポルにドロー止まり《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは2日、リーガエスパニョーラ第25節でデポルティボの本拠地リアソールに乗り込み、1-1で引き分けた。 ▽前節バルセロナとのビッグマッチを1-2と競り負けた4位アトレティコ(勝ち点45)は、バルセロナ戦のスタメンから3選手を変更。カラスコ、サウール、サビッチに代えてコレア、トーマス、ホセ・ヒメネスを起用した。 ▽ガリターノ前監督を解任し、ペペ・メル監督を招へいした4連敗中の17位デポルティボ(勝ち点19)に対し、アトレティコは3トップに右からコレア、ガメイロ、グリーズマンと配す[4-3-3]を採用した。 ▽徐々にアトレティコがポゼッションを高めていった中、13分にミスから失点する。オブラクがゴールキックをミスし、カットされたアンドネにそのままゴールを割られた。 ▽失点後もボールを保持したアトレティコは33分にようやく決定機。ガメイロがボックス手前中央からシュートを浴びせたが、GKの守備範囲に飛んでしまった。 ▽ハーフタイムにかけても攻めあぐねたアトレティコは45分にピンチ。左CKからファーサイドのモスケラに強烈なボレーシュートでゴールを脅かされる。しかし、右ポストに直撃して助かった。 ▽迎えた後半も流れを好転できないアトレティコは57分、2枚代えを敢行。コケとアンヘル・コレアに代えてカラスコとガイタンを投入した。さらにガメイロに代えてトーレスを投入したアトレティコは、68分に同点とする。カラスコの丁寧な落としを、ゴール正面のグリーズマンがダイレクトでシュート。約25mはあったロングレンジのシュートをフランス代表FWはゴール中央上に突き刺して、試合を振り出しに戻した。 ▽1-1となって以降は一進一退の攻防が続く。80分にはアトレティコがゴールに近づき、ボックス右からトーレスが強烈なシュートを浴びせるも、GKの正面を突いてしまった。 ▽しかし85分、そのトーレスがベルガンティノスとの競り合いで頭部をピッチに打ち付けて負傷。担架に運ばれてピッチを後にしてしまう。交代枠を使い切っていたことで10人となったアトレティコは、7分の追加タイムでも逆転弾を奪うには至らずに1-1でタイムアップ。勝ち点1を積み上げるに留まり、5位ソシエダとの1ポイント差は変わらなかった。 2017.03.03 06:50 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング