超ワールドサッカー

バレンシア

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 バレンシア 46 13 7 18 56 65 -9 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.21
23:45
リーガエスパニョーラ
第38節
バレンシア 1 - 3 ビジャレアル
2017.05.13
23:00
リーガエスパニョーラ
第37節
エスパニョール 0 - 1 バレンシア
2017.05.07
23:15
リーガエスパニョーラ
第36節
バレンシア 4 - 1 オサスナ
2017.04.29
23:15
リーガエスパニョーラ
第35節
レアル・マドリー 2 - 1 バレンシア
2017.04.26
27:30
リーガエスパニョーラ
第34節
バレンシア 2 - 3 ソシエダ

基本データ

正式名称:バレンシアCF

原語表記:Valencia Club de Futbol

愛称:チェス、ロス・プロス、ヤギ

創立:1919年

ホームタウン:バレンシア

チームカラー:白・オレンジ

関連ニュース

thumb

バレンシア、U-19スペイン代表DFラトと新契約締結

▽バレンシアは28日、U-19スペイン代表DFラト(19)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽バレンシアの下部組織出身のラトは、2016年2月にトップチームデビュー。スペイン代表DFフアン・ベルナト(現バイエルン)やU-21スペイン代表DFホセ・ガヤと、近年多くの優れた左サイドバックを輩出している同クラブ期待の若手サイドバックは、今季のリーグ戦8試合に出場し、1アシストを記録するなど、着実な成長を見せている。 2017.06.29 05:51 Thu
twitterfacebook
thumb

バレンシア、パレホやE・ペレスの放出が濃厚に...中盤で残留確実なのはソレールのみ

バレンシアは今夏、監督交代の影響もあって、大幅な選手入れ替えを行うことになるかもしれない。<br><br>バレンシアは昨季限りでボロ監督が退任。マルセリーノ・ガルシア・トラル監督を招へいして新体制をスタートさせている。<br><br>マルセリーノ監督の下、現時点でマテウ・アレマニーSD(スポーツディレクター)が確実に残留させる考えでいる中盤の選手はMFカルロス・ソレールのみだ。事実、5月に新契約を締結したカンテラーノの契約解除金は、3000万ユーロから8000万ユーロに跳ね上がっている。<br><br>一方、これまでチームの中核に据えられてきたMFダニ・パレホは、クラブが年俸250万ユーロ(約3億円)を浮かせるため、放出されることが濃厚となっている。昨夏、彼には1400万ユーロのオファーが届いていた。バレンシアは今夏も同額程度のオファーを期待しているようだ。<br><br>またMFエンソ・ペレス、MFアルバロ・メドランも退団に傾いている。バレンシアは2015年1月に2500万ユーロ(約30億円)で獲得したE・ペレスに関して、現在償却金と年俸で年間1000万ユーロ(約12億円)を負担している。クラブは資金捻出を目的に同選手の売却を検討している。<br><br>メドランはガルシア・ピタルチ前SDが昨夏獲得した選手だが、ボロ前監督の下で次第に存在感を失っていった。またピタルチ前SDが退任前に今夏の加入で合意したMFネマニャ・マクシモビッチ(前所属アスタナ)についても、チームに残すか放出するかの決断に迫られている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 21:51 Thu
twitterfacebook
thumb

オーストラリア代表GKライアン、昇格ブライトンに完全移籍

▽プレミアリーグに昇格したブライトンは16日、バレンシアのオーストラリア代表GKマシュー・ライアン(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年間となっている。移籍金は明かされていないが、クラブ史上最高額とのことだ。 ▽クラブ・ブリュージュで台頭したライアンは、2015年夏にバレンシアへ移籍。しかし、ブラジル代表GKジエゴ・アウベスの前にレギュラーの座を掴むには至らず、2017年冬にヘンクへレンタル移籍していた。そのヘンクではリーグ戦24試合に出場してクリーンシート11試合と、結果を残していた。 2017.06.17 03:26 Sat
twitterfacebook
thumb

バレンシア、今夏のアルビオル復帰を画策か

▽ナポリのスペイン人DFラウール・アルビオル(31)は、今夏の移籍市場で、故郷のクラブへ移籍するかもしれない。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽アルビオルはバレンシアの下部組織出身で、2003年9月に当時18歳にして、トップチームのデビューを飾った。2004-2005シーズンにはヘタフェへのレンタルに出されるも、翌年にはバレンシアに帰還。結局、レアル・マドリーへステップアップする2009年まで在籍した。アルビオルは当時、クラブに別れを告げたが、今夏にも再会の可能性があるようだ。 ▽報道によれば、DFの補強を重視するバレンシアは、昨夏もアルビオルの獲得へ動いた。移籍金として提示した金額は、当初600万ユーロ(現在のレートで約7億4000万円)で、最終的には1200万ユーロ(現在のレートで約14億8000万円)まで引き上げたという。しかし、ナポリの設定していた契約解除金は1500万ユーロ(現在のレートで約18億5000万円)。移籍が叶わなかったアルビオルは2016年9月、ナポリと新たに2022年までの契約を延長した。 ▽それでも、バレンシアはアルビオル獲得に光明を見いだしたようだ。ナポリが契約を延長したことにより、移籍の難易度が上がったかに思われたが、更新を機に契約解除金が600万ユーロに下降。これは、昨夏のバレンシアが最初に提示した額と同額だ。 2017.06.12 18:53 Mon
twitterfacebook
thumb

WBAがセビージャやシティで活躍したネグレドを狙う

▽WBAが今季ミドルスブラでプレーしたスペイン代表FWアルバロ・ネグレド(31)に興味を持っているようだ。イギリス『バーミンガム・メール』が伝えた。 ▽2015-16シーズンにマンチェスター・シティからバレンシアに加入しスペインに帰還したネグレドは、1年間バレンシアでプレーした後、当時監督を務めていたヌノ・エスピリト・サント現ポルト監督との軋轢もあり、16-17シーズンはレンタル移籍でミドルスブラへ移っていた。シティ以降2度目のプレミアリーグ挑戦となった今季は、公式戦39試合に出場し、10ゴール4アシストを記録した。 ▽レンタル期間を経てバレンシアに戻ることになる同選手は以前、スペイン『カデナ・セール』のインタビューで「バレンシアを懐かしく感じることはない。あそこのファンは要求が厳しすぎる」と、バレンシアに対する不満を漏らしていた。そのため、今夏に再び移籍を求める可能性もあるかもしれない。 ▽また、WBAはネグレドのほかにも、シティのイングランド代表MFファビアン・デルフ(27)や、元トッテナムで今はハル・シティに在籍している元イングランド代表MFトム・ハドルストン(30)らも、獲得候補として現地メディアに挙げられている。 2017.06.08 17:23 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング