バレンシア

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 バレンシア 18 3 9 3 12 12 0 15

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-12-12
29:00
CLグループH
最終節
バレンシア vs マンチェスター・ユナイテッド
2018-12-15
28:45
リーガエスパニョーラ
第16節
エイバル vs バレンシア
2018-12-23
20:00
リーガエスパニョーラ
第17節
バレンシア vs ウエスカ
2019-01-05
リーガエスパニョーラ
第18節
アラベス vs バレンシア
2019-01-12
リーガエスパニョーラ
第19節
バレンシア vs バジャドリー

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.12.08
24:15
リーガエスパニョーラ
第15節
バレンシア 1 - 1 セビージャ
2018.12.01
28:45
リーガエスパニョーラ
第14節
レアル・マドリー 2 - 0 バレンシア
2018.11.27
29:00
CLグループH
第5節
ユベントス 1 - 0 バレンシア
2018.11.24
24:15
リーガエスパニョーラ
第13節
バレンシア 3 - 0 ラージョ
2018.11.10
24:15
リーガエスパニョーラ
第12節
ヘタフェ 0 - 1 バレンシア

基本データ

正式名称:バレンシアCF

原語表記:Valencia Club de Futbol

愛称:チェス、ロス・プロス、ヤギ

創立:1919年

ホームタウン:バレンシア

チームカラー:白・オレンジ

関連ニュース

thumb

リバプール戦控える中…モウリーニョ、バレンシア戦への集中求める「我々はプロフェッショナルの集団」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、最近出番のないポール・ポグバをバレンシア戦で起用する可能性があると語った。<br><br>1日のサウサンプトン戦を最後に、プレミアリーグ直近の2試合で先発から外れているポグバ。指揮官との確執が絶えず噂されるフランス代表MFだが、12日のチャンピオンズリーグ(CL)バレンシア戦ではスタートから出場することになるようだ。モウリーニョ監督が明かしている。<br><br>「良いプレーをして、試合で良いインパクトを残し、チームに良い影響を与えられる彼(ポグバ)を求めている。他の選手たちと同様、ポールがこの試合でチームに良いインパクトを与えてくれると願っているよ」<br><br>マンチェスター・Uは既にグループリーグ突破を決めており、ユベントスの結果次第では首位突破の可能性もある。週末にはプレミアリーグでのリバプール戦が控えているが、モウリーニョ監督は「順位に影響はない」としながらも、この試合に集中することを求めている。<br><br>「リバプールのことはではなく、明日の試合のことだけを考えている。普通に考えればユベントスはスイスでの一戦に勝利するから、明日の試合結果が順位に影響を与えるとは思えない。しかし、これはフットボールの試合、CLの試合だ。どんなことでも起こり得る。それに我々はマンチェスター・ユナイテッドで、プロフェッショナルの集団だ。良いプレーをすることを望んでいる」<br><br>「我々にはプレーを必要とする選手たちがいて、プレーするに相応しい選手たちがいる。数名の選手をマンチェスターに残してはきたが、ファーストチームのメンバーだけでこの試合を戦うつもりでいる」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.12 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

マタ、古巣戦直前にユナイテッドに忠誠

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属する元スペイン代表MFフアン・マタが、改めてクラブへの満足感を口にした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽ユナイテッドとの現行契約が来夏までとなっており、フリーでの移籍も噂されているマタ。古巣バレンシアを2008〜2011年に指揮していた現アーセナル指揮官のウナイ・エメリ監督や、スペイン複数クラブが注視していることがこれまで報じられている。 ▽しかし同時に、当人がユナイテッドからの延長の打診を待ち続けていることも伝えられており、去就はユナイテッド次第でどちらにも転ぶような状況だ。 ▽そんな中、12日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループH最終節バレンシア戦を前にして、自身の去就について問われたマタが再びクラブ愛を示した。 「僕が言えることは、マンチェスターとイングランドで幸せだということだけだ」 「数年前からイングランドに留まっていて、この信じられないようなクラブに居られることがとても幸せだよ。何が起こるか見てみるけど、現時点ではとても幸せなんだ」 2018.12.12 19:10 Wed
twitterfacebook
thumb

セビージャ先制も後半ATに追いつかれ、敵地メスタージャで勝ち点1《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第15節、バレンシアvsセビージャが8日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽14位のバレンシア(勝ち点17)と2位のセビージャ(勝ち点27)の対戦。 ▽チャンピオンズリーグではユベントスに敗れたことでグループステージ突破が不可能となったバレンシアは、その後のレアル・マドリー戦も落とし2連敗。直近のコパ・デル・レイでは格下相手に最小スコアでの勝利と、依然不調の波から逃れられずにいる。 ▽一方、ここまで好調のセビージャだが、ヨーロッパリーグではスタンダール・リエージュに敗れたため、この試合の5日後に控えるクラスノダール戦は突破を懸けた大一番となる。また、リーグ戦では前節アラベスとの上位対決をドローで終え、その後のコパ・デル・レイではこちらも格下相手に1-0の勝利となった。 ▽最初の決定機はバレンシア。3分、左サイドでFKを得たバレンシアは、このクロスにガライがヘディングで合わせる。しかし、GKバシリクがビッグセーブで回避されると、そのこぼれ球をミナが押し込みにかかったがこれもバシリクが身体を当ててゴールの外にはじき出した。 ▽バレンシアは6分にも、ソレールが右からドリブルで流れてボックス手前からシュート。これが相手の手に当たったと主張したが、審判は笛を鳴らさなかった。 ▽その後、攻守の切り替えが早い互角の攻防を展開する両チーム。そんな中、バレンシアは26分にロドリゴ・モレノ、28分にパレホがそれぞれシュートを放つもゴールには至らない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、攻勢を強めるセビージャは55分に先制する。右サイドのクロスの跳ね返りをベン・イェデルがダイレクトで狙っていく。このシュートをゴール前でサラビアがコースを変えてゴールに流し込んだ。 ▽先制したセビージャはその後も主導権を握る。バレンシアはこの状況を打開しようとチェリシェフ、ディアカビ、バチュアイを次々と投入。対して、まだ一つも交代策を講じていないセビージャは68分、バネガがボックス手前から左ポスト直撃のシュートを放つ。 ▽バレンシアは途中出場のチェリシェフが攻撃のアクセントになり、度々セビージャゴールに迫るもなかなかこじ開けることが出来ない。対するセビージャは83分に、プロメスのお膳立てからアンドレ・シウバがシュートを放つがポストに嫌われるシーンも。 ▽だが、このまま終わるかに思われた後半アディショナルタイム、バレンシアが右サイドでFKを得ると、パレホのクロスにディアカビが頭で飛び込んで土壇場で同点に追いついた。 ▽その後まもなく試合終了。セビージャは先制点を守り切れず、敵地で勝ち点1を得るにとどまった。 2018.12.09 02:16 Sun
twitterfacebook
thumb

レアルに0-2敗戦のバレンシア、マルセリーノ「前半のチームが無気力だった?そうは思いたくない」

1日のリーガエスパニョーラ第14節、バレンシアは敵地サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリー戦を0-2で落とした。マルセリーノ・ガルシア・トラル監督は試合後、先制点を許すなど、マドリーの支配を許した前半の内容に対して憤りを露わにしている。<br><br>「前半はマドリーよりも下だった。彼らがマドリーであることは頭に入れなければならないが、とても早い段階で失点を許してしまった。私たちがもっと違うレベルのプレーを見せなければいけなかったことは明白だ」<br><br>「私たちは後半を素晴らしいものとした。が、それでも十分ではなかった。引き分けに追いつく明確なチャンスが4回はあったのだが。前半の私たちは能力を発揮できず、一方で後半は引き分けに追いつけた。マドリーが手にした結果が不当なんて言う気はないが、同点にできたはずなんだ」<br><br>その一方で、前半のチームが無気力であったとの指摘は否定している。<br><br>「無気力であったとは思わない。そんなことは思いたくない。何が起きたかと言えば、緊張感が足りず、多くのボールを失ったということだ。チームは間延びしていて、ゲームをコントロールしていたという感覚は一切得られなかった。こちらの攻撃はほとんど機能せず、対して彼らはとても素晴らしかったね」<br><br>バレンシアは今季ここまでのリーガを3勝8分け3敗で終え、14位に位置するなど苦境に立たされている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.02 23:59 Sun
twitterfacebook
thumb

不仲噂されたイスコと笑顔を交わしたソラーリ「彼からも満足感を得ている」

1日のリーガ・エスパニョーラ第14節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのバレンシア戦を2-0で制した。サンティアゴ・ソラーリ監督は試合後、チームの前半のパフォーマンスに満足感を表している。<br><br>試合後、「こんばんは」の言葉と共に会見場に姿を現したアルゼンチン人指揮官は、前半に圧倒的なパフォーマンスを披露し、後半にバレンシアの攻勢に苦しんだこの試合について、次のように振り返った。<br><br>「前半のようなパフォーマンスを何回も繰り返すことができたらいい。後半に変化が生じたのは、確かな理由がある。バレンシアは同点に追いつく必要があった。後半、バレンシアはリスクを冒さなければならず、よりダイレクトなプレーを実践している。それはリードを得れば起こることなんだよ」<br><br>ソラーリ監督はローマ戦に引き続き、負傷中のMFカセミロの代わりにMFマルコス・ジョレンテを起用。M・ジョレンテは、中盤の底で良質なプレーを披露している。<br><br>「彼はファンタスティックで、チームをより強固に、より強大にしてくれる。偉大なチームは多くの大会、多くの試合に臨まなければならず、各選手が調子良く、良い気持ちでいることが必要だ。マルコスはそういう状態にあったし、出場した2試合で良いプレーを見せた」<br><br>また存在感を示せず、後半途中に指笛を吹かれながらピッチから下がったMFガレス・ベイルについても言及した。<br><br>「彼は疲労がたまっており、体に違和感も感じていた。エイバル、ローマで厳しい試合をこなしたし、疲れ切っているのは当たり前だ。ここの観客は選手たち全員に対して厳しい」<br><br>「私は試合で際立っていた選手たちにフォーカスを当てたい。カリムは極めて生産性の高いプレーを見せたし、ジョレンテ、ルーカス、クルトワ、両センターバック、両サイドバックも素晴らしかった。全員がとても良かったよ」<br><br>ソラーリ監督は3枚目の交代カードで、不仲が噂されるMFイスコを起用。イスコとはボディタッチのほか笑顔を交わすなど、関係性に問題があるようには感じさせなかった。<br><br>「彼に指示したこと? トランジションで決定的な存在になるよう頼んだよ。彼はもちろんのこと、全員に満足している」<br><br>ソラーリ監督はこの試合で、M・ジョレンテほかDFレギロン・ロドリゲス、MFダニ・セバジョスらを起用。若手選手たちに対して、積極的に出番を与えている。<br><br>「若さはエネルギーやフレッシュさを与えてくれるが、経験や熟練さと混ぜ合わさなくては。このチームには百戦錬磨の選手たちと若手選手たちがいる。そこで競争のため、勝ち点を得るためのバランスを見つけなくてはならない」<br><br>「若手たちはこれから成熟を果たさなければ安らない。オドリオソラ、レギロン、バルベルデ、ジョレンテ、ヴィニシウス&hellip;&hellip;。今、言及できなかった選手もいるだろうが、彼ら才能ある選手たちが、今後5年間レアル・マドリーで続けることを望んでいるよ」<br><br>そして、バロンドール最有力候補とされるMFルカ・モドリッチについては、こう語った。<br><br>「彼は並外れた選手で、そのことはここに到着する前から示してきた。彼は困難な状況(ユーゴスラビア紛争)から育まれてきた選手であり、そのことも助力になったのかもしれない。あのクオリティーがどうやって引き出されたのかは分からないが、しかしそうしたクオリティーの持ち主なんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.02 22:31 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング