ビジャレアル

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 ビジャレアル 22 4 10 9 24 31 -7 23
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-02-17
26:30
リーガエスパニョーラ
第24節
ビジャレアル vs セビージャ
2019-02-21
26:55
EL決勝トーナメント
ラウンド32・2ndレグ
ビジャレアル vs スポルティング・リスボン
2019-02-23
リーガエスパニョーラ
第25節
アトレティコ・マドリー vs ビジャレアル
2019-03-02
リーガエスパニョーラ
第26節
ビジャレアル vs アラベス
2019-03-09
リーガエスパニョーラ
第27節
レバンテ vs ビジャレアル
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.02.14
29:00
EL決勝トーナメント
ラウンド32・1stレグ
スポルティング・リスボン 0 - 1 ビジャレアル
2019.02.08
29:00
リーガエスパニョーラ
第23節
バジャドリー 0 - 1 ビジャレアル
2019.02.03
20:00
リーガエスパニョーラ
第22節
ビジャレアル 2 - 2 エスパニョール
2019.01.26
28:45
リーガエスパニョーラ
第21節
バレンシア 3 - 0 ビジャレアル
2019.01.20
24:15
リーガエスパニョーラ
第20節
ビジャレアル 1 - 1 ビルバオ
基本データ

正式名称:ビジャレアルCF

原語表記:Villarreal Club de Futbol

愛称:スブマリーノ・アマリージョ(イエロー・サブマリン)

創立:1923年

ホームタウン:ビジャレアル

チームカラー:黄

関連ニュース
thumb

イボーラ移籍後初弾もリード守れず… カジェハ再初陣のビジャレアルが中国代表FWデビューのエスパニョールとドロー《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第22節のビジャレアルvsエスパニョールが3日にエスタディオ・デ・セラミカで行われ、2-2の引き分けに終わった。 降格に瀕するリーグ8試合勝ちの無い19位ビジャレアル(勝ち点18)が、3連敗中で15位まで落ち込んでいるエスパニョール(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。 ルイス・ガルシア・プラサ前監督を解任し、ハビエル・カジェハ監督を再登用したビジャレアルは、0-3で完敗したバレンシア戦から先発を5名を変更し、ガスパール、トリゲロスらに代えて、ボネーラ、ラムバッチらを送り出した。対するエスパニョールも1-3で敗れた直近のコパ・デル・レイ準々決勝ベティス戦から5名の変更を行っている。 これまでの[4-4-2]ではなく[3-5-2]で試合に入ったビジャレアルは、サイドを起点としつつ最前線のジェラール・モレノ、エカンビに素早くボールを当てていく。対するエスパニョールは中々攻勢に転じることができないが、ハードなチェックを徹底しつつ守備からリズムを作り出していき、相手に決定機を作らせない。 25分に右CKのこぼれ球からボックス右のエカンビがグラウンダーのシュートを放つなどビジャレアルは何とかゴールをこじ開けようとするが、エスパニョールも自由には打たせない。決定的なシーンが乏しい内容のまま、カジェハ監督再初陣を気持ちよく終えたいホームチームにとって思い通りにならない時間が続く。 こう着状態の試合を動かしたのは、セットプレーだった。37分、右コーナーフラッグ付近で獲得したビジャレアルのFKを蹴るのはカソルラ。精度の高いボールに合わせたジェラール・モレノのヘディングシュートはバーに阻まれたものの、跳ね返りにイボーラが反応する。確実に押し込み、移籍後初弾とした。 折り返して迎えた後半、ファーストハーフとは打って変わりエスパニョールが攻め込む展開に。セットプレーや深い位置からのロングスローを多用するエスパニョールに手を焼くビジャレアルだったが、59分にペドラツァがボックス左までドリブルで侵攻して左足を振り抜く。これは右ポストに嫌われたものの、ヒヤリとさせるシュートで相手をけん制する。 そして65分、ビジャレアルが良い流れのままエスパニョールを突き離す。カウンターからボックス右で仕掛けたエカンビがDFエルモソに倒されると、ここでPKの笛。キッカーのカソルラがしっかりと左下隅に蹴り込み、チームの2得点目とした。 しかし、75分にはエスパニョールがボックス手前中央でFKを獲得。キッカーのグラネロが強烈な右足を炸裂させると、GKアセンホがたまらず取りこぼす。更に、クリアしようと一早く動き出したDFボネーラがゴール方向に蹴り込んでしまい、不運な失点で点差は一点に縮まる。 このままの勢いを保ちたいエスパニョールは78分に選手交代を敢行。DFディダックに代えて、昨季中国スーパーリーグ得点王&MVPの新加入FWウー・レイをデビューさせる強気の采配を見せる。すると直後の81分、ボックス右でボールを受けたロサレスが左足で見事なコントロールシュートを繰り出し、スコアを同点にしてみせた。 その後、フォルナルスに代えてチェクウェゼを、ラムバッチに代えてガスパールを起用するビジャレアルだったが、再びリードを奪うことはできず。結局、2-2の痛み分けで試合が終了した。 2019.02.03 21:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルDFルベン・セメドがリオ・アヴェにレンタル移籍 今季前半はウエスカでプレー

ビジャレアルは30日、ポルトガル人DFルベン・セメド(24)が今シーズン終了までのレンタルで母国リオ・アヴェに加入することを発表。また、今シーズンからプレーしていたウエスカへのレンタルは打ち切りとなった。 ベンフィカやスポルティング・リスボンの下部組織で育ったセメドは、2015年にスポルティングのトップチームへ昇格し、2017年7月にビジャレアルへと完全移籍。高い身体能力を武器とする期待の逸材として注目を集めた。 しかし、セメドは2018年に一般男性を自宅に監禁。その間に被害者宅に侵入し、金銭や恐喝するための品を盗み出した。また、銃を所持していたとも伝えられており、殺人未遂容疑がかけられている。その後、ビジャレアルとの契約が一時凍結となり、保釈された昨年の夏にウエスカへのレンタル加入が発表となった。 再起を図るセメドは、ウエスカで過ごした今シーズンはリーガ第4節から第12節まで連続でフル出場。だが、その後のリーグ戦では一切の出場機会を与えられず。ウエスカへのレンタルが打ち切られた。 2019.01.30 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルもモナコ形式採用! 昨年12月解任のカジェハ前監督の再登板を発表

ビジャレアルは29日、ハビエル・カジェハ氏(40)の指揮官としての復帰を発表した。 今季開幕から低迷が続くビジャレアルは昨年12月初めにハビエル・カジェハ前監督を成績不振により解任。そして、過去にビジャレアルBを率いた経験を持つルイス・ガルシア・プラサ監督(46)の下で立て直しを図った。 しかし、ルイス・ガルシア監督体制のリーグ戦では2敗4分けと一度も勝利することができず、さらに直近のバレンシアとの自治州ダービーでは0-3の完敗。これを受けて、クラブは29日にルイス・ガルシア監督の解任を発表していた。 そして、後任人事に注目が集まった中、ビジャレアルは先日にティエリ・アンリ監督の解任及び、レオナルド・ジャルディム氏の監督再登板を発表したモナコに倣う形でカジェハ氏の復帰を決断した。 現役時代オンダやビジャレアル、マラガ、オサスナでプレーしたカジェハ氏は2012年に現役を引退。指導者としてビジャレアルの育成組織で監督を務めると、2017年9月にはトップチームの監督に就任。昨季はチームをリーグ5位に導く手腕を発揮した。 しかし、今シーズンは開幕から3試合未勝利が続くと、その後も結果を残せず、昨年12月に解任された際には3勝5分け7敗の17位と低迷していた。 2019.01.30 03:00 Wed
twitterfacebook
thumb

降格圏19位低迷のビジャレアルで2度目の解任劇…ルイス・ガルシアが1カ月半で解任…

ビジャレアルは29日、ルイス・ガルシア・プラサ監督(46)を解任したことを発表した。 今季開幕から低迷が続くビジャレアルは昨年12月初めにハビエル・カジェハ前監督を成績不振により解任。そして、チームの立て直しを託されたのは過去にビジャレアルBを率いた経験を持つルイス・ガルシア監督だった。 しかし、ルイス・ガルシア監督体制のリーグ戦では2敗4分けと一度も勝利することができず、さらに直近のバレンシアとの自治州ダービーでは0-3の完敗を喫していた。 なお、後任人事に関しては決まり次第アナウンスが行われる見込みだ。 2019.01.29 22:55 Tue
twitterfacebook
thumb

降格危機のビジャレアル、アセンホが「11人の戦士いない」と自チームを痛烈批判…後に謝罪もファンは賛同

スペイン・フットボールの名門クラブ、ビジャレアルが苦境に喘いでいる。<br><br>人口わずか5万人の町で、欧州大会常連となるなどの躍進を果たしてきたビジャレアルだが、今季には苦戦を強いられている。序盤からつまずいた同チームは、昨年12月にハビエル・カジェハ監督を解任して、ルイス・ガルシア・プラサ監督を後任に据えたものの、指揮官交代の効果は表れず。26日のリーガ・エスパニョーラ第21節、敵地メスタージャでのバレンシア戦を0-3で落とし、ルイス・ガルシア監督就任以降のリーガの成績は4分け2敗といまだ勝利を手にできていない。<br><br>現在は勝ち点18で降格圏19位に位置と、降格の恐れも現実味を増しているが、バレンシア戦直後には守護神のGKセルヒオ・アセンホが声を上げた。<br><br>ファインセーブを連発してチームを支えているアセンホは、スペイン『Beinスポーツ』とのフラッシュインタビューで自チームを痛烈批判。チームメートたちに、試合を戦う姿勢が欠けていることを指摘している。<br><br>「ピッチ上に11人の戦士がいなくては、前へ進むことなどできやしない。みんな、多大な苦労をしてリーガ1部までたどり着いた。僕はしがみつく覚悟だし、チームメートもそうであることを願う。問題は戦う姿勢の欠如にあるんだよ」<br><br>アセンホはその後、自身の『ツイッター』アカウントを更新して、フラッシュインタビューでの発言を謝罪。「熱くなっているときに話すのは難しく、うまくいかないときはなおさらだ。僕たちの間にある団結こそがベースとなるものだし、下から這い上がっていこう」とのメッセージを伝えた。しかしながらビジャレアルのサポーターは「最初の発言の方が良かったよ」「誇り高い発言だった」「君の言葉を分かち合いたい」「偉大なるアセンホ」と、フラッシュインタビューでの発言に賛同の意を示している。<br><br>右膝前十字じん帯を3回、左膝前十字じん帯を1回断裂と、何度も重傷に苦しみながらも決してあきらめることなく、芝生の上に戻ってきたアセンホの魂の訴え。ビジャレアルの面々はその訴えに応えて、ここから巻き返しを図ることができるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.27 23:45 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング