ビジャレアル

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 ビジャレアル 31 8 7 4 26 14 12 19

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-01-28
21:00
リーガエスパニョーラ
第20節
ビジャレアル vs グラナダ
2017-02-06
リーガエスパニョーラ
第21節
セビージャ vs ビジャレアル
2017-02-13
リーガエスパニョーラ
第22節
ビジャレアル vs マラガ
2017-02-20
リーガエスパニョーラ
第23節
ソシエダ vs ビジャレアル
2017-02-27
リーガエスパニョーラ
第24節
ビジャレアル vs レアル・マドリー

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.01.21
28:45
リーガエスパニョーラ
第19節
ビジャレアル 0 - 2 バレンシア
2017.01.14
28:45
リーガエスパニョーラ
第18節
デポルティボ 0 - 0 ビジャレアル
2017.01.11
27:00
コパ・デル・レイ
5回戦2ndレグ
ビジャレアル 1 - 1 ソシエダ
2017.01.08
28:45
リーガエスパニョーラ
第17節
ビジャレアル 1 - 1 バルセロナ
2017.01.04
27:00
コパ・デル・レイ
5回戦1stレグ
ソシエダ 3 - 1 ビジャレアル

基本データ

正式名称:ビジャレアルCF

原語表記:Villarreal Club de Futbol

愛称:スブマリーノ・アマリージョ(イエロー・サブマリン)

創立:1923年

ホームタウン:ビジャレアル

チームカラー:黄

関連ニュース

thumb

ビジャレアルとの自治州ダービー制したバレンシアがボロ新体制で連勝!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第19節、ビジャレアルvsバレンシアが21日にエル・マドリガルで行われ、アウェイのバレンシアが2-0で快勝した。 ▽前節、今季2度目の“ボロ”体制で初白星を収めた17位のバレンシアと、前節デポルティボ相手に取りこぼすなど、公式戦3連続ドロー中の6位ビジャレアルの実力者対決。開始4分にトリゲロスがミドルシュートを放つなど、良い入りを見せたホームのビジャレアルがペースを掴んでいく。 ▽一方、守備に重きを置きつつ要所で鋭いカウンターを繰り出すバレンシアは、パレホが精度の高い直接FKでゴールを脅かすなど、敵地でまずまずのプレーを見せた。すると、35分に先制点が生まれる。左サイドで仕掛けたナニが絶妙なタメからボックス中央に折り返すと、3列目から絶妙な走り込みを見せたソレールが右足ダイレクトシュートを流し込み、20歳のスペイン人MFは嬉しいプリメーラ初ゴールを記録した。 ▽望外の先制点に勢い付くバレンシアは、42分にもバックパスを受けたGKアセンホにプレッシャーをかけたサンティ・ミナがボールを奪い切り、無人のゴールへシュートを流し込み、前半を2点リードで終えた。 ▽後半に入っても堅守を武器に上々の試合運びを見せるバレンシアは、61分にボックス左に抜け出したソレールに2点目のチャンスが訪れるが、ここは相手GKの好守に遭う。さらに69分にもゴール前で粘ったナニに決定機も、3点目には繫がらない。 ▽一方、カスティジェホやボッレを投入し、同点を目指すビジャレアルは、試合終盤にかけて完全にバレンシアを押し込むが、ガスパールやパト、ボッレらの決定的なシュートがことごとく相手の好守やポストに阻まれ、最後までゴールを奪うことができず。 ▽ビジャレアルとの自治州ダービーを2-0で完勝したバレンシアが、ボロ新体制で2連勝を飾った。一方、ホームで完敗のビジャレアルは、4戦未勝利と不調が続く。 2017.01.22 06:48 Sun
twitterfacebook
thumb

昨季に続きポルトFWアドリアン・ロペスがビジャレアルに再レンタル

▽ビジャレアルは21日、ポルトの元スペイン代表FWアドリアン・ロペス(29)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽デポルティボやアトレティコ・マドリーで活躍し、2014年夏にポルトへ移籍したストライカーのアドリアン・ロペスだったが、ポルトでは思うような活躍を見せられずに昨季もビジャレアルにレンタル移籍していた。そのビジャレアルでは公式戦23試合に出場して5ゴールをマークしていた。 ▽ビジャレアルでは主軸の元スペイン代表FWロベルト・ソルダードが右ヒザ前十字じん帯の損傷により長期離脱している上、DRコンゴ代表FWセドリック・バカンブがアフリカネイションズカップ参戦のため、アタッカーの枚数が不足している状況だった。 2017.01.21 22:36 Sat
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、J・コスタ&ガスパールのレギュラーSBと長期の新契約締結

▽ビジャレアルは11日、スペイン人DFジャウメ・コスタ(28)とスペイン代表DFマリオ・ガスパール(26)の2選手と新契約を締結したことを発表した。今回の契約延長によって、ジャウメ(写真左)は2021年、ガスパール(写真右)は2023年までビジャレアルでプレーすることになる。 ▽バレンシアの下部組織出身のジャウメは、2007年にビジャレアルBに加入。その後、2012年からトップチームに定着すると、左サイドバックのレギュラーとして、ここまで公式戦160試合に出場し、4ゴールを記録。今シーズンも公式戦18試合に出場している。 ▽一方、ビジャレアル下部組織出身のガスパールは、2010年にトップチーム昇格を果たすと、ここまで公式戦250試合に出場し、8ゴールを記録。リーガ屈指の右サイドバックと評される同選手は、2015年にスペイン代表デビューを飾り、ここまで3試合に出場している。 2017.01.11 23:27 Wed
twitterfacebook
thumb

ブルーノ、バルサ戦のハンド疑惑について「マスチェラーノのハンドもあったなら引き分けだ」

8日のリーガエスパニョーラ第17節、ビジャレアルは本拠地エル・マドリガルでのバルセロナ戦を1-1のドローで終えた。MFブルーノ・ソリアーノは試合後、自身のハンド疑惑について見解を述べている。<br><br>ブルーノはビジャレアルが1-0でリードしていた72分、FWリオネル・メッシが放ったシュートを、ペナルティーエリア内で手を使って止めた疑いがある。<br><br>スペイン『モビスタール・プルス』の試合後インタビューでそのことについて問われたビジャレアル主将は、「まず自分の手があって、そこにボールが来たんだ」と返答。さらにMFハビエル・マスチェラーノにもハンド疑惑があったことを伝えられ、「だったら、引き分けということだね。審判の仕事は難しいものだよ」と語った。<br><br>ブルーノは一方で、FWリオネル・メッシのFKで同点に追いつかれたことについて、次のような感想を口にしている。<br><br>「最初の25分間、チームは決定的なチャンスを手にしていった。その後には偉大なチームを相手に守備に奔走することになったね。僕たちは勝利を手中に収めていたが、ある素晴らしい選手の天才的なプレーによって、それを逃すことになったんだよ」<br><br>提供:goal.com 2017.01.09 09:50 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ビジャレアル 1-1 バルセロナ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第17節、ビジャレアルvsバルセロナが8日にエル・マドリガルで行われ、1-1のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽ビジャレアル採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170109_11_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アセンホ 6.0 シュートへの反応、スペースへの飛び出しの感覚共に優れていた DF 2 ガスパール 6.5 数的優位を作られて難しい対応が多かったが、抜群の読みと泥臭さで対応 35 ムサッキオ 6.5 相手の異次元の個人技ダイレクトプレーに対して、良い距離感を保った組織的な守備で対応。無念の負傷交代… (→アルバロ・ゴンサレス -) 6 ビクトル・ルイス 6.5 不用意に釣り出されず、中央のエリアをきっちり締めた。危険なエリアへの侵入を許さず 11 ジャウメ 5.5 序盤はセルジ・ロベルトの攻撃参加に苦戦も徐々にアジャスト。試合終了間際に2枚目の警告を受けて退場に… MF 8 ジョナタン・ドス・サントス 6.0 2度の決定機を逃がすも、古巣相手に攻守両面で奮闘 21 ブルーノ 6.5 ビルドアップの起点となるブスケッツを徹底監視。相手のプレスに晒されながらもさすがの展開力を見せた 14 トリゲロス 6.0 豊富な運動量と安定したテクニックでうまく味方を生かした 20 ソリアーノ 6.0 先制点に繫がるインターセプトなど、守備時の気の利いた動きが光った。攻撃への切り替えもスムーズだった (→ロドリゴ・エルナンデス -) FW 18 サンソーネ 6.5 持ち味の爆発的なスピードを生かして先制点を記録。カウンターの場面で常に相手の脅威となった 10 パト 6.0 絶妙なスルーパスで先制点をアシスト。気迫のこもったプレーで苦手の守備でも奮闘 (→カスティジェホ -) 監督 エスクリバ 6.0 メッシにこじ開けられるも、最強の盾は伊達ではない ▽バルセロナ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170109_12_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 テア・シュテーゲン 5.0 失点場面はやや中途半端なポジショニングだった。相手のハイプレスに晒されながらも冷静にボールを捌いた DF 20 セルジ・ロベルト 5.5 決定的な仕事はできなかったが、攻撃のアクセントとなった 3 ピケ 6.0 要所を締めた守備に加え、攻撃への絡みも良かった 14 マスチェラーノ 6.0 相手のカウンターの起点をきっちり潰していた 19 ディーニュ 5.5 積極的な攻撃参加で攻撃に幅を与えたが、痛恨のパスミスで失点に関与 (→アルダ 5.5) 前線で身体を張り、終盤の猛攻に絡んだ MF 21 アンドレ・ゴメス 5.0 守備や繋ぎの場面で最低限の仕事はこなしたが、効果的な絡みが少ない (→デニス・スアレス 5.5) 古巣初対戦。球際でよく戦った 5 ブスケッツ 6.0 攻守共にいつも通りの安定感 8 イニエスタ 6.5 積極的にボールを呼び込んでチャンスメークに加え、フィニッシュにも絡んだ FW 10 メッシ 6.5 圧巻のFK弾でチームを救う。相手の堅守を個人技でこじ開けた 9 スアレス 5.5 絶妙な動き出しで危険なスペースをアタックしたが、良い形でフィニッシュまで持ち込めず 11 ネイマール 5.5 決定機に顔を出したが、決め切るという課題をクリアできず 監督 ルイス・エンリケ 5.5 選手層の問題か、使い方の問題か、プランBがない ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! サンソーネ(ビジャレアル) ▽結果を見れば、主役の座はメッシに奪われたが、格上バルセロナを要所で苦しめたイタリア代表FWをMOMに選出。高い戦術理解度と身体能力を武器に、ビジャレアルの堅守速攻を見事に機能させた。 ビジャレアル 1-1 バルセロナ 【ビジャレアル】 サンソーネ(後5) 【バルセロナ】 メッシ(後45) 2017.01.09 06:59 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング