アトレティコ・マドリー

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 アトレティコ・マドリー 47 13 8 3 34 17 17 24
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-02-20
29:00
CL決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ
アトレティコ・マドリー vs ユベントス
2019-02-23
リーガエスパニョーラ
第25節
アトレティコ・マドリー vs ビジャレアル
2019-03-02
リーガエスパニョーラ
第26節
レアル・ソシエダ vs アトレティコ・マドリー
2019-03-09
リーガエスパニョーラ
第27節
アトレティコ・マドリー vs レガネス
2019-03-12
29:00
CL決勝トーナメント
ラウンド16・2ndレグ
ユベントス vs アトレティコ・マドリー
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.02.16
24:15
リーガエスパニョーラ
第24節
ラージョ 0 - 1 アトレティコ・マドリー
2019.02.09
24:15
リーガエスパニョーラ
第23節
アトレティコ・マドリー 1 - 3 レアル・マドリー
2019.02.03
24:15
リーガエスパニョーラ
第22節
ベティス 1 - 0 アトレティコ・マドリー
2019.01.26
24:15
リーガエスパニョーラ
第21節
アトレティコ・マドリー 2 - 0 ヘタフェ
2019.01.19
26:30
リーガエスパニョーラ
第20節
ウエスカ 0 - 3 アトレティコ・マドリー
基本データ

正式名称:クルブ・アトレティコ・デ・マドリー

原語表記:Club Atletico de Madrid S.A.D.

愛称:アトレティ、ロヒブランコス(赤と白)、コルチョネロス(マットレス屋)

創立:1903年

ホームタウン:マドリード

チームカラー:赤、白

関連ニュース
thumb

ユベントスがアトレティコ戦に向けた招集メンバー発表! ドグラス・コスタやケディラらが招集外《CL》

ユベントスは19日、翌日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントラウンド16・1stレグのアトレティコ・マドリー戦に向けた招集メンバー21名を発表した。 敵地での一戦に向け、マッシミリアーノ・アッレグリ監督はFWクリスティアーノ・ロナウドやFWパウロ・ディバラ、MFミラレム・ピャニッチ、DFジョルジョ・キエッリーニといった主力を招集。 その一方で、ケガで離脱が続いているFWドグラス・コスタ、MFフアン・クアドラードに加え、心房性不整脈に悩まされているMFサミ・ケディラがメディカルチェックを受けるため招集外となった。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ユベントス招集メンバー GK ヴォイチェフ・シュチェスニー マッティア・ペリン カルロ・ピンソーリオ DF マッティア・デ・シリオ ジョルジョ・キエッリーニ マルティン・カセレス アレックス・サンドロ アンドレア・バルザーリ レオナルド・ボヌッチ ジョアン・カンセロ ダニエレ・ルガーニ MF ミラレム・ピャニッチ ブレーズ・マテュイディ エムレ・ジャン ロドリゴ・ベンタンクール フェデリコ・ベルナルデスキ レオナルド・スピナッツォーラ FW クリスティアーノ・ロナウド パウロ・ディバラ マリオ・マンジュキッチ モイゼ・ケアン</span> 2019.02.20 04:30 Wed
twitterfacebook
thumb

アレックス・サンドロがアトレティコを警戒「偉大な選手が何人も。全ポジションで強い」

ユベントスに所属するDFアレックス・サンドロが18日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦アトレティコ・マドリー戦へ向けて意気込みを語った。<br><br>15日に行われたセリエAのフロジノーネ戦(3-0でユベントスが勝利)を累積警告により欠場していたA・サンドロだが、20日のCLアトレティコ戦では再び左サイドバックを任される見込みとなっている。ブラジル人DFは、対戦相手を分析した。<br><br>「CLの試合はリーグ戦とは常に別物だよ。決勝トーナメントに入り、集中力を高く保たなければならない。どのチームが相手であっても難しい試合であることに変わりはない。アトレティコはこのレベルの舞台で戦うことに慣れたチームであり、相手にとって対策が難しくなるようなオプションも持っている。それに国際大会において度々決勝まで進出しているチームだ。きっと素晴らしい試合になると思う」<br><br>アトレティコには、フランス代表アントワーヌ・グリーズマンやスペイン代表ジエゴ・コスタ、元同僚のアルバロ・モラタら強力なFW陣が名を連ねる。しかしA・サンドロはFWに限らず、全ポジションを警戒している。<br><br>「アトレティコには偉大な選手が何人もいる。攻撃も守備も良いプレーをするチームだ。あらゆるポジションにおいて強いので、攻撃陣だけに集中するわけにはいかない。ユベントスは常に勝つためにピッチに入る。だがそれはアトレティコも同じだろう。ピッチでプレーする者にとっても、観客にとっても最高の試合になるだろう」<br><br>提供:goal.com 2019.02.19 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン合意報道のサン=マクシマン、アトレティコ&ドルトムント参戦で争奪戦へ?

ニースに所属するU-21フランス代表FWアラン・サン=マクシマン(21)を巡って争奪戦が勃発しているようだ。イタリア『トゥットメルカート』が同『トゥットスポルト』の情報を引用して伝えている。 サンテチェンヌ下部組織出身のサン=マクシマンは、16歳の若さでプロデビューを果たすと、その後、モナコ、ハノーファー、バスティアを経て2017年にニースに加入。卓越したスピードとテクニック、創造性を併せ持つドリブラーは今シーズンここまでリーグアン22試合で6ゴール3アシストを記録している。 報道によれば、この逸材はチーム内でパトリック・ヴィエラ監督と衝突。指揮官との関係性がこじれ、今夏の退団が有力視されている。そうした中で、目を付けていると以前から伝えられていたのがミランだ。チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を獲得した場合と限定されてはいるものの、ミランが移籍金2000万ユーロ(約25億円)の5年契約で合意至ったという具体的な情報も飛び出した。 依然として、サン=マクシマン争奪戦では同選手の代理人であるミーノ・ライオラと友好な関係を築いているミランがポールポジションに立っているという。しかし、現在ではアトレティコ・マドリーとドルトムントからの関心も伝えられており、簡単な交渉とはならなそうだ。 2019.02.19 16:54 Tue
twitterfacebook
thumb

シメオネ・スタイルを肯定するグリーズマン「最後にはボール奪取を、球際の争いを好きになる」

アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンにとって、ディエゴ・シメオネ監督が実践するプレースタイルは絶対的なものであるようだ。<br><br>堅守速攻のベースとするシメオネ監督のプレースタイルは、「アンチ・フットボール」や「退屈なフットボール」と揶揄されることもある。しかし『UEFA.com』とのインタビューに応じたグリーズマンは、肯定すべきスタイルであるとの見解を述べた。<br><br>「ここのフットボールは、レアル・ソシエダで慣れ親しんできたものとは異なる。戦術レベルで守備の仕事が多く、もっと働かなくてはならない。でも、こういったプレースタイルは僕が好むものだ。このスタイルこそが僕たちを勝利に導くものだし、変える必要なんてどこにもない」<br><br>「最初は難しいよ。慣れているわけではないし、前に残ってボールを届くのを待つことを望んでしまうものだからね。だけど、ここではそんなことをしちゃいけない。全員で働き、守備でチームメートを助け、ボールを奪い、それを前に出さなくてはいけない。そして、最後には好きなるんだよ。ボールを奪うこと、その身を地面に投げ出すこと、球際の争いで勝つことをね。そうしたことは、ボールを保持した際に自信を与えてくれさえする」<br><br>アトレティコで最高年俸を受け取るグリーズマンは、同クラブにおける自身の重要性をひしひしと感じているようだ。<br><br>「クラブが抱えているプロジェクトにおいて、自分は重要な一部なんだと思っている。それが(残留を)決断する後押しになった。僕は監督、クラブ、チームメートから信頼されている&hellip;&hellip;。自分が重要な人間であることは分かっているし、このクラブができる限り遠くに到達できるよう助けられたらいい」<br><br>アトレティコはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでユヴェントスと対戦。グリーズマンはこの対戦について「僕たちはできる限り進んでいきたい。まずはベスト16だ。高レベルの選手たちによる、戦術的に細かな2試合になるだろう」と意気込み、アトレティコの本拠地メトロポリターノで行われる決勝まで到達することも願った。<br><br>「僕たちやファンにとっては特別なモチベーションとなる。メトロポリターノで行われるチャンピオンズの試合では、信じられない雰囲気が生み出されるんだ。その雰囲気は僕たちが必要としているものだ。(決勝までの)道のりは困難なものだけど、僕たちは全力を出すし、すべてを出し尽くす&hellip;&hellip;。どうなるか見てみようじゃないか」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.19 09:10 Tue
twitterfacebook
thumb

シメオネ・スタイルを肯定するグリーズマン「最後にはボール奪取を、球際の争いを好きになる」

アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンにとって、ディエゴ・シメオネ監督が実践するプレースタイルは絶対的なものであるようだ。<br><br>堅守速攻のベースとするシメオネ監督のプレースタイルは、「アンチ・フットボール」や「退屈なフットボール」と揶揄されることもある。しかし『UEFA.com』とのインタビューに応じたグリーズマンは、肯定すべきスタイルであるとの見解を述べた。<br><br>「ここのフットボールは、レアル・ソシエダで慣れ親しんできたものとは異なる。戦術レベルで守備の仕事が多く、もっと働かなくてはならない。でも、こういったプレースタイルは僕が好むものだ。このスタイルこそが僕たちを勝利に導くものだし、変える必要なんてどこにもない」<br><br>「最初は難しいよ。慣れているわけではないし、前に残ってボールを届くのを待つことを望んでしまうものだからね。だけど、ここではそんなことをしちゃいけない。全員で働き、守備でチームメートを助け、ボールを奪い、それを前に出さなくてはいけない。そして、最後には好きなるんだよ。ボールを奪うこと、その身を地面に投げ出すこと、球際の争いで勝つことをね。そうしたことは、ボールを保持した際に自信を与えてくれさえする」<br><br>アトレティコで最高年俸を受け取るグリーズマンは、同クラブにおける自身の重要性をひしひしと感じているようだ。<br><br>「クラブが抱えているプロジェクトにおいて、自分は重要な一部なんだと思っている。それが(残留を)決断する後押しになった。僕は監督、クラブ、チームメートから信頼されている&hellip;&hellip;。自分が重要な人間であることは分かっているし、このクラブができる限り遠くに到達できるよう助けられたらいい」<br><br>アトレティコはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでユヴェントスと対戦。グリーズマンはこの対戦について「僕たちはできる限り進んでいきたい。まずはベスト16だ。高レベルの選手たちによる、戦術的に細かな2試合になるだろう」と意気込み、アトレティコの本拠地メトロポリターノで行われる決勝まで到達することも願った。<br><br>「僕たちやファンにとっては特別なモチベーションとなる。メトロポリターノで行われるチャンピオンズの試合では、信じられない雰囲気が生み出されるんだ。その雰囲気は僕たちが必要としているものだ。(決勝までの)道のりは困難なものだけど、僕たちは全力を出すし、すべてを出し尽くす&hellip;&hellip;。どうなるか見てみようじゃないか」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.19 01:15 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング