セビージャ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 セビージャ 39 12 3 3 38 22 16 18

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-01-22
20:00
リーガエスパニョーラ
第19節
オサスナ vs セビージャ
2017-01-29
24:15
リーガエスパニョーラ
第20節
エスパニョール vs セビージャ
2017-02-06
リーガエスパニョーラ
第21節
セビージャ vs ビジャレアル
2017-02-13
リーガエスパニョーラ
第22節
ラス・パルマス vs セビージャ
2017-02-20
リーガエスパニョーラ
第23節
セビージャ vs エイバル

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.01.15
28:45
リーガエスパニョーラ
第18節
セビージャ 2 - 1 レアル・マドリー
2017.01.12
29:15
コパ・デル・レイ
5回戦2ndレグ
セビージャ 3 - 3 レアル・マドリー
2017.01.07
28:45
リーガエスパニョーラ
第17節
ソシエダ 0 - 4 セビージャ
2017.01.04
29:15
コパ・デル・レイ
5回戦1stレグ
レアル・マドリー 3 - 0 セビージャ
2016.12.17
28:45
リーガエスパニョーラ
第16節
セビージャ 4 - 1 マラガ

基本データ

正式名称:セビージャFC

原語表記:Sevilla Futbol Club

愛称:セビジスタス、rojiblancos(レッド&ホワイツ)

創立:1905年

ホームタウン:セビージャ

チームカラー:赤、白

関連ニュース

thumb

「メッシはバットマンと一緒だ」と語るセビージャ指揮官サンパオリ、その真意とは...

セビージャを率いるホルヘ・サンパオリ監督は、バルセロナFWリオネル・メッシが世界一の選手であることに疑いの余地はないと主張した。<br><br>2010年の初受賞からこれまで5度のバロンドール賞(FIFAバロンドール賞含む)受賞を果たしているメッシ。昨年のバロンドールはレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドに明け渡したものの、通算受賞回数ではアルゼンチン代表FWを上回る選手は存在しない。<br><br>サンパオリ監督は、『Bein Sports』のインタビューでメッシに触れている。「メッシと他選手との比較? それは偉大な警察官とバットマンを比べるようなものだ」。アルゼンチン人指揮官は独特の言い回しで同胞FWを称賛した。<br><br>また、サンパオリ監督は「他国で達成したことを、スペインでも達成できるか試してみたかった」とセビージャ指揮官就任の理由を明かした。さらに「レアル・マドリー相手に勝利するなど想像すらしなかった」と先日のビッグクラブ撃破を語っている。<br><br>提供:goal.com 2017.01.20 20:05 Fri
twitterfacebook
thumb

古巣セビージャの試合を解説した新潟FW指宿洋史「今季のセビージャは面白い」、リーガで日本人が成功する秘訣も語る

▽リーガ・エスパニョーラを放送するWOWOWが、今シーズンも「現役Jリーガー解説」を実施した。 ▽1月8日に行われたレアル・ソシエダvsセビージャでは、かつてセビージャでプレーしたアルビレックス新潟のFW指宿洋史選手が解説を担当。超ワールドサッカーでは、放送終了後に指宿選手にインタビューを実施。セビージャや今シーズンのリーガ・エスパニョーラについて、そしてアルビレックス新潟でのプレーについてお聞きした。(インタビューは1月8日に実施) <span style="font-weight:700;">◆FW指宿洋史(アルビレックス新潟)</span> <span style="font-weight:700;">──解説お疲れ様でした。今回担当されたのは古巣でもあるセビージャの試合でしたが印象はいかがですか</span> 「渋い試合になったなというのが率直な印象ですかね。お互い前からプレッシャーをかけていたので、お互いがお互いの良さを打ち消していた戦いでした。結果だけ見てみると、セビージャとしてはアウェイでしたし、戦い方としてはホームとは違います。それはそれで結果がしっかりとついてきたので、良かったと思います」 <span style="font-weight:700;">──現在も普段からリーガ・エスパニョーラは観られていますか</span> 「シーズン中はなかなか自分のことでいっぱい、いっぱいですが、オフ期間などは観たりしています」 <span style="font-weight:700;">──現在のセビージャには当時一緒にやられていた選手などはいますか</span> 「ほとんどいないですね。GKのセルヒオ・リコ選手が一緒にやっていましたが、彼ぐらいですかね」 <span style="font-weight:700;">──当時とは監督や選手が違いますが、当時と比べて今のセビージャの印象はいかがですか</span> 「もちろんフォーメーションも違います。当時は4-4-2でやっていて、ヘスス・ナバスとかペロッティとか、サイドに典型的なドリブラーがいました。そして、中にはネグレド、カヌーテ、僕が行く少し前にはルイス・ファビアーノが居た時代ですね。あとは、ディエゴ・カペルとか。その時代に比べたら、大分変わりました」 「今シーズンのセビージャは面白いですね。監督の狙いというか、相手としたら非常にやりにくいチームになっているなと思います。試合によって戦い方も変わりますが、それでも結果がついてきています。単純にすごいなと思いますね」 「試合ごとにやり方を変えると自分たちのスタイルが分からなくなるので、難しいと思いますし、選手も戸惑いが生まれると思います。それでも結果を残しているというところは凄いと思います」 <span style="font-weight:700;">◆リーガで苦しむ日本人の要因は「戦術の理解度とハードワーク」</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170119_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──U-22日本代表で一緒にプレーしたMF清武弘嗣選手が在籍していますが、どのような印象でしょうか</span> 「単純に頑張ってもらいたいです。上手いですし、できると思います。ただ、セビージャは今非常に調子が良いので、難しいのも事実だと思います。頑張ってもらいたいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──リーガ・エスパニョーラで日本人選手があまり活躍できないということがこれまでもありましたが、そこも含めて期待ということですかね</span> 「もちろんですね。それはやってもらいたいです」 <span style="font-weight:700;">──リーガ・エスパニョーラで日本人選手が成功できない難しさはどこにあると思われますか</span> 「一概に何がというと難しいですが、まずは戦術の理解度というのが非常に必要になるリーグだと思います。あとは、ハードワークを非常に求められるところですね。ボールを持っていないところでのハードワークが、実は求められているリーグなのかなと思います」 「日本人選手というのは、上手い選手は多いですし、ボールを持った時に何かができる選手というのは多いと思います。じゃあ、ボールを持っていないときにどれだけハードワークするかというところが非常に求められています。そこに戦術の理解度、そして言葉の壁もあります。そこに難しさがあるのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──実際にスペインでプレーされて感じた難しさなどはありますか</span> 「僕の場合は、色々な戦術の基盤などを柏レイソルのユース時代に植え付けられていたことと、若い時に行ったので、慣れることは早かったと思います。スポンジ状態だったので、全てを受け入れることができました」 <span style="font-weight:700;">──今シーズンのリーガはどのように観られていますか</span> 「分からないですね(笑)。マドリッドが強いなという印象と、バルサには頑張って欲しいんですが、徐々に綻びが見え始めているかなという感じがしています。元々どちらが好きかと言われれば若干バルサが好きなので、悲しくもあります。ただ、変換期として良いタイミングなのかなとも思います。もう少しバルサが頑張ってくれないとリーグも楽しくなくなるかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──セビージャがそこに絡んでくると面白いですね</span> 「そうですね。ぜひ絡んでいただきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──現在ヨーロッパでプレーする選手で気になる選手などはいますか</span> 「自分と一緒にやっていた選手の動向は気になりますね。僕と一緒にやっていた選手は何人か活躍しているので、そこは注目しています」 <span style="font-weight:700;">◆今シーズンは「1点でも多く獲る」</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170119_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div><span style="font-weight:700;">──話題を指宿選手のことに変えましょう。昨シーズンは難しいシーズンを過ごされたかと思いますが、改めて振り返ってみていかがですか</span> 「悔しいシーズンでした。自分自身も結果が出ず、チームとしても結果が出せなかったです。ただ、J1に残留できてもう1年チャンスがあるというのは、幸運なことだと思います。ただ、悔しかったです」 <span style="font-weight:700;">──今シーズンはどのようなシーズンにしたいですか</span> 「まずは1試合でも多く勝ちたいですし、僕は1点でも多く獲りたいです。本当にそれだけですね。去年の結果を超えなかったら降格しかないので、そういった意味では去年を超えたいです」 <span style="font-weight:700;">──チームの先には日本代表という目標もあると思いますが</span> 「チームで活躍して、チームでスタメンを取って、チームが勝つ。自分が点を獲ってチームが勝つというのが第一の目標です。代表については、後からついてくることだと思いますので、まずはチームに集中してやっていきたいです」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr style="background-color:#000000;height:2px;border:none;">スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ WOWOWでは毎節最大5試合を生中継! <a href="https://goo.gl/pVkwE6" target="_blank">WOWOW番組オフィシャルサイト</a><hr style="background-color:#000000;height:2px;border:none;"></div> 2017.01.19 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

清武弘嗣に司令塔を失ったマインツが興味も…中小クラブには移籍金8億円が高い壁か

マインツが日本代表MF清武弘嗣の獲得に興味を示しているようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。<br><br>清武は昨夏にヨーロッパリーグ王者であるセビージャへ加わったが、ホルヘ・サンパオリ監督の元で構想外となっている。リーグ戦ではわずか4試合の出場にとどまり、その活躍をスペインで見ることが難しいというのが現実だ。そのため、今冬は国外クラブを中心に清武の動向を気にかけている。<br><br>ブンデスリーガのマインツもそのクラブの一つだ。今冬、司令塔であるトルコ代表MFユヌス・マリを1250万ユーロ(約15億円)でヴォルフスブルクへと放出した。そのため、クラブは新たなプレーメーカーの確保に動いているが、清武に付けられている700万ユーロ(約8億5000万円)という額が高く、手が出せないと伝えられている。<br><br>連日伝えられている清武の去就問題。今後、どのような結末を迎えることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.19 19:18 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャで構想外となっている清武弘嗣、MLSのシアトル・サウンダーズが獲得に興味

▽リーガエスパニョーラでは昨年11月26日のバレンシア戦以来、出場機会が得られていない日本代表MF清武弘嗣。今冬の移籍が取り沙汰される中、メジャーリーグ・サッカー(MLS)への移籍も可能性があるようだ。イタリア『MLSsocceritalia.com』が報じた。 ▽今シーズンからセビージャへ移籍するもホルヘ・サンパオリ監督の構想外となっており、公式戦ではメンバー入りすらままならないこともある清武。今冬にはドイツへの移籍も噂される中、MLSのシアトル・サウンダーズが獲得に興味を持っているようだ。 ▽MLSでは昨シーズン、FW工藤壮人(バンクーバー・ホワイトキャップス)やMF小林大悟(ニューイングランド・レボリューション)、FW遠藤翼(トロントFC)と3人の日本人選手がプレーしていた。 ▽『MLSsocceritalia.com』によると、清武のエージェントがセビージャで移籍について話をするとのことだ。 2017.01.18 14:02 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、セビージャ戦の敗戦を引きずらず...「この勝利が我々をより強くする」

レアル・マドリーは、先日のセビージャ戦での敗戦を引きずるつもりはないようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。<br><br>15日のリーガエスパニョーラ第18節で、セビージャに1-2と敗れたレアル。これにより昨年4月4日から続いていた連続無敗記録が「40」で途切れた。だがジネディーヌ・ジダン監督はセビージャ戦直後にアウェイのロッカールームで、&ldquo;悪魔ばらい&rdquo;をするために短い演説を打って選手たちの団結を図ったという。<br><br>ジダン監督は雄弁だった。チームの犯したミス、また的確なプレーをいずれも指摘。指揮官にとっては、敗戦したとはいえポジティブな要素が多く残った試合だったとされる。<br><br>ジダン監督が心を痛めたのは、レアルの負け方だった。85分までリードして試合をコントロールしながら、終了間際に2点を叩き込まれて敵地サンチェス・ピスファンで屈した。試合終盤の逆転劇はジダン・マドリーの真骨頂とも言える強みだ。お株を奪われ、ショックも大きかったという。一方でフランス人指揮官はその責任を第一に負うべきは自分だと自覚している様子だ。<br><br>一方、ジダン監督は戦う姿勢を示したチームに満足感を覚えた。試合後の公式会見では「この敗戦が我々をより強くする」と語っている。今後の試合では、連続無敗記録の重圧から解放される。指揮官はそういったメリットにも目を向けている。<br><br>敗戦はいつか訪れるものである。ジダン・マドリーはまだ多くの試合が残されていることを理解している。アトレティコ・マドリー戦(3-0)、バルセロナ戦(1-1)、セビージャ戦(1-2)とのアウェーマッチで勝ち点5あるいは勝ち点7を獲得する目前だったが、それは叶わなかった。しかし、この3チームが後半戦でレアルの本拠地サンティアゴ・ベルナベウを訪れることを忘れてはならない。<br><br>レアルは監督・選手ともにその3試合がリーガ制覇の鍵を握ると予測している。過去8年間で1度しか達成できていないリーガの奪冠への道のりは、これからも続く。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.18 07:38 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング