超ワールドサッカー

セビージャ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 セビージャ 72 21 9 8 69 49 20 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.20
28:00
リーガエスパニョーラ
第38節
セビージャ 5 - 0 オサスナ
2017.05.14
27:00
リーガエスパニョーラ
第37節
レアル・マドリー 4 - 1 セビージャ
2017.05.05
28:00
リーガエスパニョーラ
第36節
セビージャ 1 - 1 ソシエダ
2017.05.01
28:00
リーガエスパニョーラ
第35節
マラガ 4 - 2 セビージャ
2017.04.27
27:30
リーガエスパニョーラ
第34節
セビージャ 2 - 1 セルタ

基本データ

正式名称:セビージャFC

原語表記:Sevilla Futbol Club

愛称:セビジスタス、rojiblancos(レッド&ホワイツ)

創立:1905年

ホームタウン:セビージャ

チームカラー:赤、白

関連ニュース

thumb

サンパオリはやはりアルゼンチン代表監督就任を希望…セビージャとAFAの交渉が難航

現セビージャ監督のホルヘ・サンパオリは、今シーズン終了後にアルゼンチン代表監督に就任するのではないかと見られている。サンパオリ本人が現地時間19日に開かれた会見で、アルゼンチン代表指揮官への関心を隠そうとしなかった。<br><br>「昨年の夏にも代表監督のオファーがあったが、私はセビージャでモンチ(前スポーツディレクター)と一緒に仕事をすることが決まっていたから、断念せざるを得なかった」<br><br>「だが今度は違う。代表チームを指揮するチャンスがもう一度訪れたんだ。これはサッカーに携わる一人のアルゼンチン人として、断ることはやはり難しい。もう欧州のクラブで指導する機会がなくなったとしてもこの機会を逸するわけにはいかない」<br><br>現在セビージャの指揮官を務めているサンパオリだが、エドガルド・バウザが更迭された後、空席となっているアルゼンチン代表指揮官への就任が有力視されていた。<br><br>サンパオリは「セビージャとAFA(アルゼンチンサッカー連盟)の間で解決しなければならない問題がある。私はセビージャに感謝しているし、セビージャに迷惑を掛けることは本意ではない」と続け、クラブと代表間での調整が難航していることを明かした。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.20 10:25 Sat
twitterfacebook
thumb

リーガ優勝に勝ち点4まで迫ったレアル・マドリー、ジダンは「それでもまだ先は長い」

14日のリーガエスパニョーラ第37節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのセビージャ戦で4&minus;1の快勝を飾った。残り2試合で勝ち点4を獲得すれば、5年ぶりの優勝を果たすことができるが、試合後会見に出席したジネディーヌ・ジダン監督は「まだ先は長い」と気を引き締め直している。<br><br>スペイン『マルカ』がフランス人指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「スペインリーグを勝ち取るのは簡単ではない。我々は少しずつ近づいているが、それでもまだ先は長いんだ。残されているのは2試合となったが、今歩んでいる道を進み続けなければならない。リーグ戦はまるで終わりのない仕事だ」<br><br>「このまま進み続けることが大切だ。これから、最も困難なものに立ち向かうことになる。我々は最後の1分まで戦い続けるよ。もちろん、最後までポジティブにね」<br><br>このセビージャ戦はベルナベウでの今季最後の試合となったが、ジダン監督はチームに声援を送り続けた観客への満足感を表している。<br><br>「観客はスペクタクルだったね。彼らはいつだって我々とともにいる。ファンは今後控えるアウェー戦でも、我々を導いてくれるだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.15 23:01 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪が清武の古巣セビージャと7月17日に対戦

▽セレッソ大阪は15日、7月17日(月・祝)にヤンマースタジアム長居でセビージャと対戦することが決まったと発表した。 ▽今回の試合は、「StubHub ワールドマッチ 2017」として開催される。「StubHub ワールドマッチ 2017」は、Jリーグのサマーブレイク期間に海外の強豪クラブを招へいし、J1クラブと対戦する「Jリーグインターナショナルシリーズ」として行われる。このシリーズは、Jクラブの国際試合経験機会の創出、魅力あるサッカーを多くの人に見せる機会の創出が目的とされている。 ▽セビージャは今シーズン、リーガエスパニョーラ第37節を終了した現時点で4位に位置。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を確保している。また、C大阪のMF清武弘嗣が2月1日にC大阪に復帰するまで所属していた古巣であることでも知られている。 ▽なお、キックオフ時刻、試合放映、チケット購入方法等の詳細は決定次第発表されるとのことだ。 2017.05.15 18:24 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:レアル・マドリー 4-1 セビージャ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第37節、レアル・マドリーvsセビージャが14日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが4-1で快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽レアル・マドリー採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170515_14_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ケイロル・ナバス 6.5 1失点も前回対戦で屈辱を味わった相手に対して、圧巻のゴールセーブを見せた DF 23 ダニーロ 6.0 ビトロの対応に追われながらもまずまず堅実なプレーを見せた 5 ヴァラン 6.0 エンゾンジとのエアバトルなど、身体を張った守備で凌ぐ 4 セルヒオ・ラモス 6.5 アジリティの高い相手の攻撃に対して、持ち味の読みとスピードで立ちはだかった 6 ナチョ 7.0 機転を利かせたクイックリスタートからの先制弾に加え、クロースの4点目をアシスト MF 20 アセンシオ 6.5 決定的な仕事こそなかったが、決定機に繋がる質の高い仕事を見せた 16 コバチッチ 5.5 前半は前向きな仕掛けが効いていたが、後半は我慢の試合に (→モドリッチ 5.5) チームを安定させる大人の仕事ぶり 8 クロース 6.5 1ゴール1アシストの決定的な仕事に加え、攻守に安定したプレーぶり 10 ハメス・ロドリゲス 6.0 前半は2点目に絡むなど、良い形で攻撃に絡んだ (→カゼミロ 6.0) アンカーに入り、バタ付くチームを落ち着けた FW 21 モラタ 5.5 立ち上がりは裏への抜け出しが機能も、徐々に存在感を失った (→ルーカス・バスケス 5.5) 求められた献身的な守備に加え、カウンターの場面で存在感 7 C・ロナウド 7.0 見事なゴラッソ含む、2ゴールでチームを勝利に導いた 監督 ジダン 6.5 スコアほど楽な試合ではなかったが、一部ターンオーバーを行いながらも見事に勝ち切った ▽セビージャ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170515_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 セルヒオ・リコ 5.0 好守もあったが、屈辱の4失点… DF 24 メルカド 5.0 スピードに乗った相手の攻撃に苦戦し、ややファウルが目立った 21 パレハ 5.0 自身に大きなミスはなかったが、戦術的な交代で前半のみの出場に (→ワルテル・モントーヤ 6.0) 右ウイングバックでチームに推進力を与えた 6 カリソ 5.0 カウンターの場面でやや混乱がみられ、要所で付き切れず 5 ラングレ 5.5 左サイドバックとセンターバックでプレー。攻守にまずまずの出来だった MF 11 コレア 5.5 前半はヨベティッチとのコンビで幾度も決定機を演出。後半はやや疲れが見えた (→D・ゴンサレス -) 4 クラネビッテル 5.0 中盤の底でリスク管理もうまくフィルターを懸けきれなかった 7 クローン=デリ 5.5 約1年ぶりの出場もベテランらしく要所を締めていた (→イェデル -) 15 エンゾンジ 6.0 攻守に安定したパフォーマンスを披露 20 ビトロ 6.0 1アシストを記録。積極的な仕掛けで攻め手となった FW 16 ヨベティッチ 6.5 前回対戦に続きゴールを記録。だが、この試合ではGKケイロル・ナバスに再三の決定機を阻止された 監督 サンパオリ 5.5 負傷者続出の中で内容面は上々も、決定力の差に泣いた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ナチョ(レアル・マドリー) ▽さすがの決定力を発揮したC・ロナウドやクロースの活躍も見事だったが、試合の流れを作る先制点に加え、左サイドバックで安定したプレーを見せた名脇役をMOMに選出。 レアル・マドリー 4-1 セビージャ 【レアル・マドリー】 ナチョ(前10) C・ロナウド(前23) C・ロナウド(後33) クロース(後39) 【セビージャ】 ヨベティッチ(後4) 2017.05.15 05:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ナチョの機転にC・ロナウドがエースの仕事! セビージャにリベンジ達成のマドリーが大きな勝ち点3《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第37節、レアル・マドリーvsセビージャが14日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが4-1で快勝した。 ▽2位レアル・マドリー(勝ち点84)と、4位セビージャ(勝ち点69)による優勝争いを左右する上位対決。“エル・クラシコ”での敗戦以降、積極的なターンオーバーを採用しながらも危なげなく3連勝を飾ったマドリーは、チャンピオンズリーグ(CL)の舞台でもアトレティコ・マドリーとの準決勝“マドリッド・ダービー”を2戦合計4-2で勝ち切り、2年連続CLファイナル進出を決めた。シーズン2冠に向けて邁進するレアル・マドリーだが、今節は6年ぶりのリーグ制覇に向けて最大の関門となるセビージャとのホームゲームに臨んだ。アトレティコ戦からの変更は5点。マルセロに代わってナチョが左サイドバックに入り、4枚の中盤はアセンシオ、クロース、コバチッチ、ハメス・ロドリゲス。2トップにクリスティアーノ・ロナウドとモラタが組んだ。 ▽一方、逆転でのCLストレートイン、CL出場権確定に向けて勝ち点獲得が必須のセビージャだが、前節ソシエダとの上位対決をドローに終えるなど、2戦未勝利。前回対戦で公式戦無敗記録を40試合でストップしたマドリーとの一戦に向けては、ケガのナスリやイボーラ、ラミ、エスクデロと一部主力を欠いて臨んだ。 ▽前回対戦ではマドリーが3バックの奇策を採用し、逆にセビージャが予想外の4バックで臨む入りとなったが、今回は共に4バックでスタート。キックオフ直後から上位対決らしい緊迫感のある攻防が繰り広げられたが、意外な形から試合が動く。 ▽10分、ペナルティアーク付近で仕掛けたアセンシオがDFカリソに倒されて好位置でFKを獲得。キッカーに注目が集まった中、ボール付近に居たナチョが相手守備陣の一瞬を突くクイックリスタートで無人のゴールへ蹴り込むと、セビージャの猛抗議も実らず、ホームチームのゴールが認められた。 ▽ナチョの機転を利かせたファインプレーで先制に成功したマドリーだが、20分にヨベティッチの強力なシュートが枠の右上角を叩くなど、失点後も冷静に攻撃に出るセビージャの反撃に手を焼く。だが、23分に自陣深くからのロングカウンターを発動すると、ボックス左でアセンシオが放ったシュートのこぼれ球を拾ったハメスがDFをかわしてシュート。これはGKセルヒオ・リコの好守に遭うも、こぼれ球に詰めたC・ロナウドが難なく押し込み、追加点を奪った。 ▽相手の効率の良い攻撃から一気に2点のビハインドを背負ったセビージャだが、前半半ばから終盤にかけて攻勢を仕掛けていく。29分にはコレアからのクロスをヨベティッチ、32分にはコレアのシュートでゴールに迫るが、その前にGKケイロル・ナバスが立ちはだかる。さらに40分にはコレアのスルーパスに抜け出したヨベティッチがボックス中央でシュートを放つが、これもコスタリカ代表GKの圧巻のセーブに阻まれた。 ▽迎えた後半、先に動きを見せたのはアウェイのセビージャ。DFパレハを下げて後半頭からアタッカーのワルテル・モントーヤを投入。この交代でシステムを[3-5-2]に変更し、前掛りになる。 ▽すると49分、左サイドから中央にドリブルで切り込んだビトロがエンゾンジとのワンツーで相手守備を揺さぶり、ボックス手前のヨベティッチにラストパスを通すと、ヨベティッチが見事なコントロールシュートをゴール右隅に流し込んだ。鮮やかな連係からマドリーキラーのヨベティッチのゴールで点差を縮めたセビージャは、ここから勢いづいてマドリーを押し込む。 ▽一方、連戦の疲れも影響してか、失点以降身体が重いマドリーは、60分過ぎにハメスとモラタをベンチに下げて、温存していたカゼミロと働き者のルーカス・バスケスを投入し、C・ロナウドを最前線に配した[4-3-3]にシステムを変更。さらに、72分にはコバチッチを下げてモドリッチを投入し、中盤をコントロールする戦い方にシフトした。 ▽その後は一進一退の攻防が続く中、苦しいホームチームを頼れるエースが救う。78分、アセンシオのスルーパスに抜け出したクロースが左サイドからマイナスに折り返すと、これを中央に走り込んだC・ロナウドが後ろに重心がかかりながらも見事な左足のダイレクトシュートをゴール左上隅に突き刺し、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽エースのこの試合2点目で勝利を大きく手繰り寄せたマドリーは、84分にもドリブルでボックス左に持ち込んだナチョからの折り返しを、クロースが右足アウトでわずかにコースを変える技ありのシュートを流し込み、とどめの4点目を奪った。前回対戦で敗れたセビージャに完勝のマドリーが、6年ぶりのリーグ制覇に向けて大きな関門を乗り越えた。なお、マドリーは17日に延期されていたセルタとの重要な一戦に臨む。 ▽一方、善戦も決定力の差で敗れたセビージャはCLストレートインを逃すも、4位確定で来季のCL出場権を獲得した。 2017.05.15 05:39 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング