セビージャ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 セビージャ 29 9 2 5 19 19 0 16

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-12-20
29:30
リーガエスパニョーラ
第17節
レアル・ソシエダ vs セビージャ
2018-01-08
リーガエスパニョーラ
第18節
セビージャ vs ベティス
2018-01-15
リーガエスパニョーラ
第19節
アラベス vs セビージャ
2018-01-22
リーガエスパニョーラ
第20節
エスパニョール vs セビージャ
2018-01-29
リーガエスパニョーラ
第21節
セビージャ vs ヘタフェ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.12.15
29:00
リーガエスパニョーラ
第16節
セビージャ 0 - 0 レバンテ
2017.12.09
24:15
リーガエスパニョーラ
第15節
レアル・マドリー 5 - 0 セビージャ
2017.12.06
28:45
CLグループE
最終節
マリボル 1 - 1 セビージャ
2017.12.02
26:30
リーガエスパニョーラ
第14節
セビージャ 2 - 0 デポルティボ
2017.11.26
26:30
リーガエスパニョーラ
第13節
ビジャレアル 2 - 3 セビージャ

基本データ

正式名称:セビージャFC

原語表記:Sevilla Futbol Club

愛称:セビジスタス、rojiblancos(レッド&ホワイツ)

創立:1905年

ホームタウン:セビージャ

チームカラー:赤、白

関連ニュース

thumb

セビージャ、がん治療のベリッソ監督復帰もゴールレスドロー《セビージャ》

▽リーガエスパニョーラ第16節のセビージャvsレバンテが、15日にサンチェス・ピスファンで行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽前節のレアル・マドリー戦で0-5の大敗を喫した5位のセビージャ(勝ち点28)と、前節のビルバオ戦で1-2と惜敗し3戦勝ちのない15位のレバンテ(勝ち点16)が対戦した。ホームのセビージャは、マドリー戦からスタメンを5名変更し、キャロル、フランコ・バスケス、ヘスス・ナバス、ムリエル、ノリートに代えて、エスクデロ、ガンソ、コレア、イェデル、サラビアを起用。また、先月28日に前立腺がんの手術を受けていたベリッソ監督がこの試合からベンチに復帰した。 ▽がんの治療を経て復帰したベリッソ監督の起用に応えたいセビージャの面々は、序盤から積極的に前線にボールを配給していく。しかし、中盤とディフェンスの2ラインをコンパクトに保つレバンテの牙城を崩せない。16分には、左サイドでボールを持ったコレアが突破を図ったが、相手DFに止められた。 ▽逆に17分には、ボックス内中央で味方からの折り返しを受けたウナルが、ダイレクトで合わせる。至近距離からの枠を捉えたシュートだったが、GKセルヒオ・リコが気迫のセーブ。ゴールを死守した。 ▽その後は、レバンテが中盤でのボール奪取からショートカウンターを浴びせる場面が続いたが、セビージャは最後の場面で集中した守備を披露。すると30分にチャンスが訪れる。エスクデロのクロスが相手DFに当たり軌道が変わると、ボックス内フリーのガンソの下へ。ガンソは飛び上がり頭で合わせたが、枠を捉えることができない。 ▽もう一度攻勢に出たいレバンテは、35分にボックス手前中央でFKを獲得。キッカーのジェイソンが強烈なシュートを蹴ると、右のポストに当たりゴールの内側に跳ね返る。ボールはネットに吸い込まれるかに思われたが、GKセルヒオ・リコが足で弾き出しスコアは動かず。試合はゴールレスで折り返しを迎えた。 ▽後半に入っても、セビージャはペースを掴み切れない。48分には、ジェイソンがボックス右に侵攻して右足を振り抜いた。シュートは枠を外れたが、積極的にセビージャのゴールマウスを脅かしていく。 ▽それでも57分には、敵陣右奥でボールを受けたサラビアが中央にドリブルしつつ、ダイアゴナルに走り込んだイェデルにスルーパスを供給。イェデルは至近距離からシュートを放ったが、GKオイエルに阻まれた。 ▽勝利したいセビージャは、67分にガンソに代えてフランコ・バスケスを、77分にはメルカドに代えてヘスス・ナバス、80分にはコレアに代えてムリエルを投入するなど、攻撃的な交代を敢行。しかし、その采配が効果を発揮することはなく、最後までゴールは生まれず。 ▽ゴールレスのまま試合が終了し、セビージャはベリッソ監督の復帰戦で勝利することはできなかった。対するレバンテも、4戦連続で勝ちなしとなっている。 2017.12.16 06:44 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルが今冬セビージャMFエンゾンジ獲得で合意と報道…移籍金は約53億円

▽中盤の補強が求められているアーセナルだが、セビージャのフランス人MFスティーブン・エンゾンジ(28)の獲得で合意したようだ。スペイン『El Gol』が報じた。 ▽エンゾンジは、リーグ・アンのアミアンでプレーすると、2009年7月にブラックバーンへ移籍。2012年8月にストーク・シティへと移籍すると、2015年7月にセビージャに加入していた。 ▽セビージャでは、ウナイ・エメリ監督の下でレギュラーとしてプレー。しかし、エドゥアルド・ベリッソ監督の下では、今シーズンのリーグ戦で10試合、チャンピオンズリーグで4試合に留まっている。 ▽また、11月21日に行われたチャンピオンズリーグ第5節のリバプール戦では、前半のみで交代させられたエンゾンジ。しかし、その際に指揮官に掛けられた言葉が影響し、セビージャからの退団を希望していると明かしている。 ▽エンゾンジとセビージャの契約はあと2年半残っており、移籍金は4000万ユーロ(約53億3200万円)とのこと。今冬にも移籍する可能性は高く見られているが、セビージャ側はディスカウントする気がなく、4000万ユーロを求めるとのことだ。 2017.12.14 12:18 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループE総括】S・モスクワ粘るもリバプールとセビージャが順当突破

▽結果的にはリバプールとセビージャの両本命が順当に決勝トーナメント進出を果たした。スパルタク・モスクワは最終節まで突破の可能性を残したが、一歩及ばなかった。 ■グループF順位表■ [勝ち点/得失点] 1:リバプール[12/17] 2:セビージャ[9/0] 3:スパルタク・モスクワ[6/-4] 4:マリボル[3/-13] ◆脆弱守備陣も破壊力でねじ伏せる~リバプール~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_66_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3シーズンぶりにCL参戦を果たしたリバプールが首位通過を果たした。セビージャとは優勢に試合を運びながら2戦ともに引き分けに終わったが、連戦のマリボル戦を大勝してグループの主導権を握ると、最終節のS・モスクワ戦を圧巻の7発で締めた。失点がややかさんだが、サラーが加わった攻撃陣が脆弱な守備を上回る攻撃力でねじ伏せ、首位通過となった。 ◆何とか2年連続ベスト16~セビージャ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_67_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽多くの新戦力を迎え入れ、ベリッソ新監督の下で期待されたセビージャだったが、苦戦が続いた。リバプールにこそ劣勢ながら勝ち点2をもぎ取ったが、第3節ではS・モスクワに1-5と大敗し、最終節マリボル戦は引き分けと苦しい試合の連続だった。大観衆の声援を受けられるサンチェス・ピスファンで2勝したことが、2年連続ベスト16進出を決められた要因だった。 ◆2強の牙城を崩すには至らず~スパルタク・モスクワ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_68_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽14年ぶりにロシア王者となり、5シーズンぶりにCL参戦を果たしたS・モスクワは、2強の牙城を崩すには至らなかった。セビージャに大勝し、リバプールに引き分ける地力を見せはしたが、グループ最弱のマリボルに2戦とも引き分けているようではグループステージ敗退は仕方のない結果だった。 ◆3引き分けで爪痕残す~マリボル~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_69_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3シーズンぶりのCL参戦に漕ぎ着けたスロベニア王者は、このグループにおいて一定の存在感を示した。グループ最弱として臨んだが、S・モスクワ、セビージャに引き分け、単なるかませ犬でなかったことを示した。 2017.12.13 18:04 Wed
twitterfacebook
thumb

ジダン、セビージャ戦2得点のC・ロナウドについて「彼には気をつけろと言っていただろう」

9日のリーガエスパニョーラ15節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのセビージャ戦で5&minus;0の大勝を飾った。ジネディーヌ・ジダン監督は試合後、セビージャ相手に大量得点を記録したことへの満足感を表している。<br><br>スペイン『マルカ』がフランス人指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「私たちは大きな満足感を覚えることができる。セビージャ相手に5得点を決めるのは簡単ではないからね。クリスティアーノのゴール、また出場機会をあまり得ていなかった選手たちが見せた素晴らしいプレーに喜びを感じている。私たちは試合全体に対して満足しており、勝利することは重要だった」<br><br>「この2試合で8得点を記録したが、今後もゴールを決め続けられたらいい。このように進まなくてはいけないし、私たちはすべての面で成長を果たしている。良いプレーを見せればゴールにたどり着け、そうやってゴールにたどり着くならば、5得点を決められる」<br><br>ジダン監督はまた、この試合で最初に4&minus;4&minus;2、その次に4&minus;3&minus;3システムを使用した意図も説明している。<br><br>「彼らのウィング(ノリート&ヘスス・ナバス)がとても良いことは知っていたし、彼らを封じる方法を考えなくてはいけなかった。4&minus;4&minus;2で試合をうまく解釈できたと思う。その次に中盤を一人削って難しくなったが、それも私たちの選択肢の一つだ。マルコ(・アセンシオ)とルーカス(・バスケス)の速さを生かしたカウンターはうまく機能していた」<br><br>ジダン監督が先に「彼には気をつけた方がいい。シーズンは6カ月残っている」と語っていたC・ロナウドは、この試合で2得点。バロンドールを受賞するなど存在感を強めているエースについて、同指揮官は次のように語った。<br><br>「彼にとって完璧な1週間になったかもしれないね。このリズムをキープしてほしい。この前の言葉は、私が彼のことを、日々の練習で彼が示す野心を知っているために口にした。ゴールを決めるようになることは分かっていたんだ。クリスティアーノだってゴールを決められないときはある。しかし、いつだって彼には気をつけなくてはいけない」<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.10 12:47 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:レアル・マドリー 5-0 セビージャ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第15節、レアル・マドリーvsセビージャが9日に行われ、5-0でレアル・マドリーが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽レアル・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171210_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ケイロル・ナバス 6.0 少ないピンチだったが、きっちりとセーブ DF 19 アクラフ・ハキミ 6.0 無難にプレーし前半終了間際にはリーガ初ゴールを記録 3 バジェホ 6.0 バネガに釣り出されることなくじっくりと対応 6 ナチョ 6.5 先制点で試合を簡単に。守備でも集中を切らさず 12 マルセロ 6.0 後半はペースを緩めたが前半にPKを獲得 MF 17 L・バスケス 6.0 ハードワークしてクロースのゴールもアシスト 10 モドリッチ 6.0 大勝ムードでも中盤のリスク管理を怠らなかった (→ダニ・セバージョス 5.5) チームを落ち着けて試合をクローズ 8 クロース 6.5 先制点、5点目に絡み、自身もゴール (→M・ジョレンテ 5.5) 得点は奪えなかったが積極性をみせた 20 アセンシオ 6.5 C・ロナウドに素晴らしいパスをプレゼント FW 9 ベンゼマ 6.0 前線での捌きは流石だが決定力不足は払しょくできず 7 C・ロナウド7.0 与えられた決定機で確実に仕留めた (→イスコ -) 監督 ジダン 6.5 守備の選手を複数欠く苦しい陣容の中、重要な試合で大勝。後半は熱くならずクールに試合を締めた ▽セビージャ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171210_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 セルヒオ・リコ 4.5 大きなミスはないが5失点 DF 25 メルカド 5.0 守備に専念もマルセロ、アセンシオの中への動きには対応できず 4 ケアー 4.5 ナチョの先制点をアシスト 5 ラングレ 5.0 ベンゼマに釣り出される場面が目立った 3 キャロル 5.0 2失点目の場面でC・ロナウドに付ききれなかった MF 10 バネガ 5.0 攻撃のクオリティを発揮することはできなかった (→クローン=デリ -) 14 ピサーロ 5.0 個人のミスではないが、自身のカバーするスペースを使われ、L・バスケスがフリーに 22 フランコ・バスケス 5.0 我慢して前線でボールを引き出していたが違い作れず (→ガイス -) FW 16 ヘスス・ナバス 5.0 不用意なハンドでPKを献上 20 ムリエル 5.0 1失点目に関与 24 ノリート 5.0 シュートは止められ、守備ではアクラフに寄せ切れずゴールを許す要因に (→サラビア 5.0) 試合に影響を与えられず 監督代行 マルクッキ 5.0 勝利を目指して臨んだ布陣で大敗。不運な失点から崩れたゲームプランを修正できず ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー) ▽周囲の御膳立てのクオリティも高いが、バロンドーラーの名声に恥じぬ決定力を取り戻して2ゴール。リーガエスパニョーラでの複数得点は今シーズン初。 レアル・マドリー 5-0 セビージャ 【レアル・マドリー】 ナチョ(前3) C・ロナウド(前23) C・ロナウド(前31[PK]) クロース(前39) アクラフ・ハキミ(前42) 2017.12.10 02:21 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング