セビージャ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 セビージャ 72 21 9 8 69 49 20 38

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-08-19
29:15
リーガエスパニョーラ
第1節
セビージャ vs エスパニョール
2017-08-22
27:45
CL予選プレーオフ
2ndレグ
セビージャ vs イスタンブールBBSK
2017-08-28
リーガエスパニョーラ
第2節
ヘタフェ vs セビージャ
2017-09-11
リーガエスパニョーラ
第3節
セビージャ vs エイバル
2017-09-18
リーガエスパニョーラ
第4節
ジローナ vs セビージャ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.08.16
27:45
CL予選プレーオフ
1stレグ
イスタンブールBBSK 1 - 2 セビージャ
2017.07.22
18:00
明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017
鹿島 2 - 0 セビージャ
2017.07.17
18:00
StubHubワールドマッチ2017
C大阪 1 - 3 セビージャ

基本データ

正式名称:セビージャFC

原語表記:Sevilla Futbol Club

愛称:セビジスタス、rojiblancos(レッド&ホワイツ)

創立:1905年

ホームタウン:セビージャ

チームカラー:赤、白

関連ニュース

thumb

イェデル弾でセビージャが敵地で先勝! 攻撃陣爆発のセルティックが本戦出場を決定的に!《CLプレーオフ》

▽チャンピオンズリーグ(CL)プレーオフ1stレグの5試合が16日に行われた。 ▽リーグ上位ルートでプレーオフからの参戦となるセビージャ(スペイン)は、予備予選3回戦を勝ち上がったイスタンブール・バシェクシェヒル(トルコ)と対戦し、2-1で先勝した。 ▽ベリッソ新監督の下でCL本戦出場を目指すセビージャは、GKセルヒオ・リコやパレハ、イェデル、エンゾンジと昨季の主力に加え、今夏復帰したバネガやピサーロの新戦力を先発で起用。また、ヘスス・ナバスやノリート、ムリエルの新戦力がベンチに入った。一方のイスタンブールBBSKは、アデバヨールやクリシ、エムレ、エリアら実力者が先発に入った。 ▽試合前から激しい雨が降りしきる中でスタートした一戦は、開始早々にエリアの個人技からイスタンブールBBSKがゴールに迫る。だが、時間の経過と共に主導権を握ったセビージャは16分、コレアのパスに抜け出したエスクデロがボックス左から強烈なグラウンダーのシュートをゴール右隅に流し込み、貴重な先制点を奪った。 ▽幸先良く先制したセビージャは、バイタルエリアで巧みにボールを引き出すバネガを起点に再三の決定機を創出。36分にはコレアのマイナスの折り返しからバネガ、38分にはモントーヤのグラウンダーのクロスからイェデルに決定機も、相手GKヴォルカン・ババジャンの好守などに阻まれ、前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半、ヴィスチャの右ポスト直撃シュートやアデバヨールのシュートで立ち上がりからチャンスを作ったイスタンブールBBSKは、64分にマフムートのスルーパスに抜け出したエリアがボックス右に持ち込んで右足を振り抜くと、濡れたピッチで球足が伸びたグラウンダーのシュートがGKセルヒオ・リコの股間を抜けてゴールネットを揺らした。 ▽1-1のタイに戻った試合は後半半ばから終盤にかけて一進一退の攻防を見せる。その中で83分に互いに選手交代に踏み切ると、コレアに代えてヘスス・ナバスを投入したセビージャの交代策がハマる。左サイドのノリートから中央のメルカドを経由したボールがボックス右のヘスス・ナバスに渡ると、冷静にグラウンダーで折り返したボールをゴール前のイェデルがおしゃれなバックヒールで流し込んだ。その後、ホームチームの反撃を凌ぎ切ったセビージャが敵地で2-1のスコアで先勝した。 ▽また、共にチャンピオンズルートで予備予選3回戦を勝ち上がったセルティック(スコットランド)vsアスタナ(カザフスタン)は、セルティックが5-0で勝利した。 ▽立ち上がりから主導権を握ったホームのセルティックは、32分にボックス右で巧みなドリブル突破を見せたロギッチの折り返しが相手DFのオウンゴールを誘い、先制に成功。さらに42分には相手のクリアがゴール方向に向かうと、オフサイドラインぎりぎりで抜け出したシンクレアが冷静にGKとの一対一を制し、貴重な追加点を奪った。 ▽後半に入っても攻撃の手を緩めないセルティックは60分、グリフィスのスルーパスに抜け出したシンクレアがこの試合2点目を奪取。さらに79分にもグリフィスのお膳立てからフォーレスト、88分にはここまで2アシストのグリフィスがボックス右から内に切れ込んで左足のシュートを流し込み、この日のゴールショーを締めくくった。ホームで5-0の快勝を収めたセルティックが、敵地での2ndレグを前に本戦出場を決定的なモノとした。 ▽その他、オリンピアコス(ギリシャ)vsリエカ(クロアチア)は、試合終盤に数的優位を手にしたオリンピアコスが後半アディショナルタイムのロマオの勝ち越しゴールで勝ち切り、ホームで2-1の先勝。ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル)vsマリボル(スロベニア)は、ホームのハポエル・ベエルシェバが同じく2-1のスコアで先勝した。 ▽なお、プレーオフ2ndレグは1週間後の22日と23日に行われる。CLプレーオフ1stレグの結果は以下の通り。 ◆CLプレーオフ1stレグ結果 ▽8/16(水) オリンピアコス(ギリシャ) 2-1 リエカ(クロアチア) セルティック(スコットランド) 5-0 アスタナ(カザフスタン) ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) 2-1 マリボル(スロベニア) イスタンブール・バシェクシェヒル(トルコ) 1-2 セビージャ(スペイン) ナポリ(イタリア) 2-0 ニース(フランス) ▽8/15(火) カラバフ(アゼルバイジャン) 1-0 コペンハーゲン(デンマーク) アポエル(キプロス) 2-0 スラビア・プラハ(チェコ) ホッフェンハイム(ドイツ) 1-2 リバプール(イングランド) スポルティング・リスボン(ポルトガル) 0-0 ステアウア・ブカレスト(ルーマニア) ヤング・ボーイズ(スイス) 0-1 CSKAモスクワ(ロシア) 2017.08.17 05:50 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャ、生え抜きの守護神セルヒオ・リコと2021年まで契約延長

▽セビージャは14日、スペイン代表GKセルヒオ・リコ(23)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽セビージャの生え抜き選手であるリコは、2014-15シーズンにトップチームデビュー。194cmという長身と驚異の反射神経を武器に、セビージャの守護神として君臨している。クラブ通算129試合の出場を数え、2014-15、15-16シーズンのヨーロッパリーグ連覇に大きく貢献した。 ▽2016年6月の韓国代表戦でのデビュー以降、コンスタントに招集されているスペイン代表GKは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「多くのオファーがあったことは事実であり、興味を持ってくれたクラブには感謝しなければならない。だが、クラブから契約更新のオファーがあった時、それは僕の優先される唯一のアイデアだった」 「僕はセビージャ生まれで、ここはとても快適だ。他のクラブに移るなんて考えもしなかったよ」 2017.08.14 21:39 Mon
twitterfacebook
thumb

ノリートの1G1Aでセビージャがローマを下す《プレシーズンマッチ》

▽セビージャvsローマのプレシーズンマッチが10日に行われ、2-1でセビージャが勝利している。 ▽2007年に亡くなったアントニオ・プエルタ氏を悼み、2008年から毎年セビージャが主催しているアントニオ・プエルエタ・トロフィー。試合前に両チームのキャプテンであるパレハとデ・ロッシがプエルタに花束を弔って迎えたキックオフ。 ▽セビージャは[4-3-3]を採用し、3トップに右からW・モントーヤ、ベン・イェデル、ホアキン・コレアと並べた。 ▽対するローマも[4-3-3]を採用し、3トップに右からデフレル、ゼコ、ペロッティと並べ、現状のベストメンバーを並べた。 ▽一進一退の攻防で立ち上がった中、5分にセビージャに決定機。ロングボールに抜け出したコレアがヘディングシュート。しかし、コースが甘くGKアリソンにキャッチされた。 ▽その後も互いに攻め合う互角の攻防が繰り広げられた中、セビージャにアクシデント。コレアとメルカドが負傷し、ノリートとコルシアを投入せざるを得なくなった。 ▽一方のローマは38分、コラロフの直接FKでこの試合初めてGKセルヒオ・リコを脅かすも、ゴールを奪うには至らずゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半、最初に決定機を迎えたのはムリエルやケアーら新戦力を投入したセビージャ。53分、ボックス中央のノリートが枠内シュート。しかし、GKアリソンのファインセーブに阻まれた。その後半はセビージャがハイプレスをかけたことで主導権を握っていくと、55分にはマンチェスター・シティから復帰したヘスス・ナバスを投入した。 ▽一方、押し込まれるローマは69分、ペロッティが古巣相手に際どい直接FKを浴びせる。 ▽それでも74分、セビージャが先制する。ノリートの浮き球パスに反応したエスクデロがボックス左からシュート。これがネットを揺らした。 ▽その後はローマが反撃に転じるも、90分にセビージャが勝負を決める。ノリートがドリブルでボックス左に侵入し、右足でシュート。これがGKのニアを破った。 ▽一矢報いたいローマはゼコが追加タイムにミドルシュートを流し込んだものの1-2で敗戦。セビージャがノリートの1ゴール1アシストでプエルタに勝利を捧げている。 2017.08.11 06:55 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャがビジャレアルからスペイン人FWカンタラピエドラを獲得…昨季リーガデビュー

▽セビージャは7日、ビジャレアルからバルセロナの下部組織出身のスペイン人FWアイトール・カンタラピエドラ(21)の獲得を発表した。契約は2年間で、セビージャ・アトレティコでプレーすることとなる。 ▽カンタラピエドラは、バルセロナのカンテラ出身。2016年1月にビジャレアルのBチームへと移籍していた。バルセロナでは、トップチームデビューも果たしており、コパ・デル・レイで2試合出場。ビジャレアルでは、2016-17シーズンのセビージャ戦でリーガエスパニョーラデビューを果たしている。 2017.08.08 09:41 Tue
twitterfacebook
thumb

開始1分でサンドロ・ラミレスが初ゴールもエバートンvsセビージャは両者譲らずドロー《フレンドリーマッチ》

▽6日、エバートンvsセビージャのフレンドリーマッチが行われ、2-2のドローに終わった。 ▽開幕を1週間後に控えたエバートンは、今シーズンから復帰したFWウェイン・ルーニーが先発出場。マラガから加入したFWサンドロ・ラミレスを1トップで起用した。一方のセビージャは、今季復帰したMFエベル・バネガを先発起用した。 ▽グッディソンパークで行われた試合はいきなり動く。開始1分、スルーパスをフリーで受けたサンドロ・ラミレスがボックス内右から冷静にシュート。これが決まり、エバートンが幸先良く先制する。 ▽先手を奪ったエバートンは、その後も前からのプレスをかけるなど、主導権を握らせず。相手陣内でのプレータイムを増やして時計を進める。 ▽1-0とエバートンがリードして前半を終えるも、セビージャは後半になり反撃。58分、右サイドに展開すると、ボックス内でコレアからのパスを受けたバネガが落ち着いてゴール左に流し込み、セビージャが同点に追いつく。 ▽同点に追いついたセビージャは、ここから攻勢を強めると60分、ドリブルを仕掛けたノリートがバリーに倒されPKを獲得。これをバネガが落ち着いて沈め、逆転に成功する。 ▽逆転を許したエバートンだったが79分、ミララスがボックス内で倒されPKを獲得。これを自らしっかりと沈め、2-2の同点に。そのまま試合は終了し、2-2の引き分けに終わった。 エバートン 2-2 セビージャ 【エバートン】 サンドロ・ラミレス(前1) ミララス(後36) 【セビージャ】 バネガ(後13、後16) 2017.08.07 10:06 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング