日本代表

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 日本 20 6 2 2 17 7 10 10

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-05-30
19:00
国際親善試合
キリンチャレンジカップ2018
日本 vs ガーナ
2018-06-08
26:00
国際親善試合
スイス vs 日本
2018-06-12
22:05
国際親善試合
パラグアイ vs 日本

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.03.27
21:20
国際親善試合
キリンチャレンジカップ2018
日本 1 - 2 ウクライナ
2018.03.23
21:20
国際親善試合
マリ 1 - 1 日本
2017.12.16
19:15
EAFF E-1サッカー選手権2017(男子)
最終戦
日本 1 - 4 韓国
2017.12.12
19:15
EAFF E-1サッカー選手権2017(男子)
第2戦
日本 2 - 1 中国
2017.12.09
19:15
EAFF E-1サッカー選手権2017(男子)
第1戦
日本 1 - 0 北朝鮮

基本データ

正式名称:日本代表

原語表記:JAPAN

ホームタウン:東京

チームカラー:青

関連ニュース

thumb

4連覇目指す日テレ・ベレーザに激震! 3年連続MVPのMF阪口夢穂がヒザ負傷で最大8カ月の離脱…来年開催の女子W杯に影響も

▽プレナスなでしこリーグ1部に所属する日テレ・ベレーザは23日、女子日本代表MF阪口夢穂が右ヒザ前十字じん帯損傷および内側半月板損傷と診断されたことを発表した。全治には6~8ヶ月を要する見込みだ。 ▽阪口は4月28日に行われた2018プレナスなでしこリーグ1部第3節アルビレックス新潟レディース戦で右ヒザを負傷していた。 ▽今シーズンから永田雅人新監督の下でなでしこリーグ4連覇を目指すベレーザにとって、3年連続リーグMVPの阪口の離脱は大きな痛手となりそうだ。 ▽また、なでしこジャパンは来年6月にフランスで行われる2019 FIFA女子ワールドカップへの出場を決めており、背番号10を背負う大黒柱の長期離脱は大きな懸念材料だ。 2018.05.23 15:26 Wed
twitterfacebook
thumb

U-17女子W杯MVPのMF長野風花がなでしこジャパン初招集! ニュージーランド遠征メンバーが発表《国際親善試合》

▽日本サッカー協会(JFA)は23日、ニュージーランド遠征に臨むなでしこジャパンメンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、FW岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)やDF熊谷紗希(オリンピック・リヨン)、MF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)、FW川澄奈穂美(シアトル・レインFC)らが招集。また、MF長野風花(仁川現代製鉄レッドエンジェルズ)がなでしこジャパンに初招集された。 ▽高倉麻子監督は今回のメンバーについてコメント。初招集の長野についても期待を語った。 「来年のFIFA女子ワールドカップに向けては、チームの完成度を高めることが何より必須だと考えています。アジアカップで優勝という結果を出せたこれまでの取り組みを継続させるとともに、明らかになった課題に取り組むためにも、実績あるメンバーを中心に選びました」 「その中で長野選手はなでしこジャパン初招集となります。今年はFIFA U-20女子ワールドカップを控えていますが、来年のワールドカップまでの時間の中で、チーム力の底上げとポジションのバランスを考慮し、このタイミングで一度直接見てみたいと思い招集しました。今回のチームで最年少となりますが、年齢を気にして遠慮することなく、確かな技術とゲームの全体像を把握できる能力を発揮してほしいと思っています」 ▽なでしこジャパンは6月4日から11日にかけてニュージーランド遠征を実施。6月10日にニュージーランド女子代表と国際親善試合で対戦する。 <span style="font-weight:700;">◆なでしこジャパンメンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">1.池田咲紀子</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">18.山下杏也加</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">21.平尾知佳</span>(アルビレックス新潟レディース) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">2.宇津木瑠美</span>(シアトル・レインFC/アメリカ) <span style="font-weight:700;">3.鮫島彩</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">4.熊谷紗希</span>(オリンピック・リヨン/フランス) <span style="font-weight:700;">5.市瀬菜々</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) <span style="font-weight:700;">6.有吉佐織</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">17.高木ひかり</span>(ノジマステラ神奈川相模原) <span style="font-weight:700;">22.清水梨紗</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">23.三宅史織</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">7.中島依美</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">12.猶本光</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">14.長谷川唯</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">15.阪口萌乃</span>(アルビレックス新潟レディース) <span style="font-weight:700;">16.隅田凜</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">20.櫨まどか</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) <span style="font-weight:700;">24.長野風花</span>(仁川現代製鉄レッドエンジェルズ/韓国) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">8.岩渕真奈</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">9.川澄奈穂美</span>(シアトル・レインFC/アメリカ) <span style="font-weight:700;">11.田中美南</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">13.菅澤優衣香</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">19.増矢理花</span>(INAC神戸レオネッサ) 2018.05.23 14:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ポーランドメディアが指摘する日本代表の問題点…メンバー選考に辛口批評

いよいよ開催まで1カ月を切ったロシア・ワールドカップ。グループリーグで対戦するポーランドのメディア『POLSKA』は、日本代表の問題点を指摘している。<br><br>6月14日に開幕を迎える4年に一度のフットボールの祭典。6大会連続の出場となる日本代表は、グループHでポーランド、セネガル、コロンビアと対戦することになっている。<br><br>そんな中『POLSKA』は、日本代表の問題点を指摘。ポーランドでのプレー経験を持ち、今季ベルギー1部ジュピラーリーグで13ゴール14アシストを記録した、アンデルレヒトMF森岡亮太がメンバー外となったことに言及している。<br><br>「新監督のアキラ・ニシノにも問題がある。先日27名の代表メンバーを発表したが、ポーランドでもよく知られているリョウタ・モリオカが外れた」<br><br>そして、後半戦で負傷により出場機会を失っていたドルトムントMF香川真司、レスターFW岡崎慎司がフォームを失っていることも問題になるとしている。<br><br>「さらに、シンジ・カガワは3ヶ月間離脱し、復帰したばかり。これは大きな問題となる。大会に完全にフィットするのは難しいだろう」<br><br>「シンジ・オカザキもそうだ。4月にはコンディションに不安を抱えていた。2018年は1ゴールも奪えず、ほとんど印象がなかったと言っても良いだろう。最後に得点を奪ったのは昨年12月のことだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.23 13:05 Wed
twitterfacebook
thumb

クラブで出場減も浅野「自信は常にあった」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は22日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、FW浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)がメディア陣による質疑に応答。 <span style="font-weight:700;">◆FW浅野拓磨</span>(シュツットガルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──普段サッカーを観戦しない人々にはW杯のどういった所に注目して欲しいか</span> 「まだメンバーも分からない状況なので、自分の持っているものを全て出すという所と、その中でもゴールを取っている姿っていうのは見てもらいたいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──チームとして注目して欲しい所は</span> 「また新しいチームになって、まだどういうチームなのかが僕自身はっきりは分かってません。でもその中でどういう形で戦いに行くのか。僕らもそうですし、見ている人たちも楽しみなんじゃないかなと思うので、そういう楽しみな気持ちで見てくれたら良いのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──子供たちへのメッセージを</span> 「本当に1人1人が全力で戦っている姿を見てくれたらいいかなと思います。個人としては、裏を抜けてからのゴールっていう姿を見せられればなと」 <span style="font-weight:700;">──ここに残れたということ、まだ競争があるということでどんな気持ちを抱えているか</span> 「まずこのメンバーに残れたことというのは、僕にとってはポジティブなことしかありません。今まで、特に半年間は日本代表に対してのアピールというのは1つもできていませんので、それを取り返すチャンスはこのメンバーに入ることしか残っていませんでした。そのチャンスを与えてもらったというのは僕にとって凄く大きなことです。チャンスが来たら自分がやれる自信はあったので、その自信をこの合宿で存分に出していきたいなと思います。最後まで残れるパフォーマンスというのは、出し切るだけだなという気持ちで今やっています」 <span style="font-weight:700;">──個人のアピールとチームプレーのバランスについてどう考えているか</span> 「前々からみんなも言っていると思いますが、まずは個人で何ができるかというのと、個人が持っているものをどれだけ出せるか、という部分を1人1人がしっかりできれば、自然とチームのためになると思います。チームがどうやって戦うかという組織的なことも細かくはわかりませんが、どういう状況であれ個々のところというのは変わることはないと思うので、チームの為にまずは自分のことだけを考えて全力で頑張りたいという気持ちしかありません」 <span style="font-weight:700;">──狭いスペースでボールを回す練習がありましたが、狙いは? </span> 「初めてのトレーニングでどういう意図かは監督しか分かりませんが、技術的なところであったり細かくパスを繋ぐという練習を考えてみると、そういうサッカーを目指している可能性もあるのかなと。攻撃の部分で技術が高い選手が多いので、自然とああいうプレーは試合の中でも増えてくるだろうと思いますし、その中でも自分は自分の良さを消さないようにやっていければいいかなと思っています」 <span style="font-weight:700;">──3人目の動きを意識した練習に思えたが</span> 「そうですね。ざっくり言えば全員が動いておかないといけない状況だっていうところで、それは今までと変わりませんし、サッカーやってたらそれは当たり前の状況なので。でも、刺激ではあります」 <span style="font-weight:700;">──西野監督になってチームが変わる部分はあるか</span> 「僕自身あまり監督がどうだからどうというタイプでもないので。でも、雰囲気として悪いとは思いません。凄い良い雰囲気でやれているなと思うので、そこは日本人に対する日本人の雰囲気の作り方。良い雰囲気を作りながらトレーニングをしてくれているんじゃないかなと思います。西野監督だけに関わらず、スタッフ全員でそういう働きをしてくれているなと感じます」 <span style="font-weight:700;">──今季はクラブであまり出場がなかったが、どういった意識で過ごしたか</span> 「なかなか試合に出られない状況が続いていましたが、僕自身は次の試合に出られる可能性があるという意識で常にいました。その為に何が必要かというと、次の試合出た時にパッと自分のパフォーマンスが出せるコンディショニング調整であったり、出てない分自分には足りない部分があったので、そこを補うトレーニングというのを自分でもやっていました。常に次の試合の為の準備はやってこれていたので、僕自身そんなに落ちているなというのは感じませんでしたし、試合に出られたら結果を残せる自信は常にあったので、そういう意識でやってました」 <span style="font-weight:700;">──ドイツで西野監督とあった際には会話をしたか</span> 「自分が試合に出られない状況が続いて、何回か監督に話しに行ったりはしていました。なかなか監督が目指しているサッカーと自分のプレースタイルというのが合っていないなというのは分かっていましたし、なかなかそういう意味ではチャンスが少ないなとは思っていましたが、ゼロではないので。そのゼロじゃない限りは頑張らないと、という気持ちでいました」 <span style="font-weight:700;">──試合に出られないプレッシャーはどう消化したか</span> 「試合に出られないということで日本代表に対してアピールができないという焦りだったり、そういうのは正直ありました。でもそれを考えても仕方がないので、目の前のことに対して全力でやり続けるということができていたので、それがあったからこそ変なこと考えずに常にコツコツとやってこれたのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──溜め込んだパワーをここで出したいか</span> 「そうですね。もう有り余っているので、それはこの代表でぶつけたいなと思います」 2018.05.22 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

失意のコロンビア戦から4年…吉田麻也「だからこそイングランドでプレーしてきた」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は22日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)がメディア陣の質疑に応対。日本代表は4年前のワールドカップ(W杯)グループステージ最終戦で苦渋を舐めたコロンビア代表と今大会の初戦でぶつかる。苦い思い出の残る相手について問われると、「日ごろの積み重ねがW杯の戦いに出てくる。そこを意識してやってきたし、だからこそイングランドでプレーしてきた」と語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF吉田麻也</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">──西野朗監督が3バックを採用した場合の対応について</span> 「守備に関して、3枚なのか、4枚なのかで全然違う。今、何を変えなきゃいけないかを問われると、ありすぎて…。誰がぷれーするかにもよる。3バックなのか、5バックなのかでも変わってくる。やってみないとわからない」 <span style="font-weight:700;">──W杯での守備の仕方について</span> 「コロンビアに限らず、どのチームに対してもスペースを与えず、コンパクトな守備で粘り強く守ることが大事。W杯だからじゃなくて、日ごろの積み重ねがW杯の戦いに出てくる。そこを意識してやってきたし、だからこそイングランドでプレーしてきた。いつもどおりやるだけ」 <span style="font-weight:700;">──W杯の初戦はコロンビア代表が相手。MFハメス・ロドリゲス(バイエルン/ドイツ)が要注意選手になるが</span> 「状況が違う。3試合目だったし、僕らは勝ちにいかないといけなかった。当時は後半になって、数的同数で守備して、スペースも与えて、自由にやらせてしまった。今回は1試合目。条件が違う。互いに固さもあるだろうし、難しさもあると思う。より拮抗した試合になる。もちろん、ハメスに対して、スペースに与えない、自由を与えないことが大事になってくる」 2018.05.22 21:15 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング