レアル・ソシエダ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 ソシエダ 48 15 3 10 42 39 3 28

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-02
リーガエスパニョーラ
第29節
ソシエダ vs レガネス
2017-04-05
リーガエスパニョーラ
第30節
アトレティコ・マドリー vs ソシエダ
2017-04-09
リーガエスパニョーラ
第31節
ソシエダ vs スポルティング・ヒホン
2017-04-16
リーガエスパニョーラ
第32節
バルセロナ vs ソシエダ
2017-04-23
リーガエスパニョーラ
第33節
ソシエダ vs デポルティボ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.18
26:30
リーガエスパニョーラ
第28節
アラベス 1 - 0 ソシエダ
2017.03.12
20:00
リーガエスパニョーラ
第27節
ソシエダ 0 - 2 ビルバオ
2017.03.03
28:45
リーガエスパニョーラ
第26節
ベティス 2 - 3 ソシエダ
2017.02.28
27:30
リーガエスパニョーラ
第25節
ソシエダ 2 - 2 エイバル
2017.02.24
28:45
リーガエスパニョーラ
第24節
ラス・パルマス 0 - 1 ソシエダ

基本データ

正式名称:レアル・ソシエダ

原語表記:Real Sociedad de Futbol

愛称:ラ・レアル、レアル、チュリ・ウルディン、エレアラ

創立:1909年

ホームタウン:サン・セバスティアン

チームカラー:青、白

関連ニュース

thumb

ソシエダ、生え抜きの主将MFシャビ・プリエトとの契約を1年延長!

▽ソシエダは20日、スペイン人MFシャビ・プリエト(33)との契約を1年間延長したことを発表した。今回の契約延長によって、同選手は来シーズンも同クラブでプレーを続けることになる。 ▽今シーズン終了後にクラブとの契約が満了する中、新たに1年間の契約延長にサインした頼れるソシエダの主将MFは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。 「それ(ソシエダでプレーすること)は大きな誇りなんだ。子供の頃に与えられ、慣れ親しんだユニフォームに袖を通すことは、常に刺激的なことだ」 「長年に渡ってこのユニフォームを着てプレーし続けることは、僕にとって夢だった。そして、今回の契約延長で来シーズンもこのユニフォームを着てプレーできる」 「個人的にコンディションは良好だし、プレーを楽しめている。また、精神的にも来年もプレーできることを自分自身で確認したんだ」 ▽“ラ・レアル”の下部組織出身のシャビ・プリエトは、2003-04シーズンにトップチームデビュー。卓越した戦術眼とテクニック、リーダーシップを武器とする同選手は、トップチーム昇格2年目からレギュラーポジションを掴むと、これまでの13シーズンで公式戦488試合に出場してきた。 2017.03.21 05:45 Tue
twitterfacebook
thumb

完勝ビルバオがバスク・ダービーでシーズンダブル! R・ガルシアの2戦連続PK弾にウィリアムズが13戦ぶりの今季3点目!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第27節、ソシエダvsアスレティック・ビルバオによる“バスク・ダービー”が12日にアノエタで開催され、アウェイのビルバオが2-0で勝利した。 ▽5位ソシエダ(勝ち点48)と、7位ビルバオ(勝ち点41)による今季2度目の“バスク・ダービー”。今季2度目のダービーを本拠地アノエタで戦うソシエダは、前々節に行われたエイバルとの自治州ダービーを試合終了間際の失点でドローに持ち込まれたものの、打ち合いとなった直近のベティス戦をきっちり勝ち切って4位アトレティコ(勝ち点49)との勝ち点差キープに成功した。 ▽一方、バルセロナやレアル・マドリー、セビージャなど上位陣との対戦で勝ち点を落としているものの、バルベルデ監督の下で今季も安定した戦いぶりが続くビルバオは、直近のマラガ戦をラウール・ガルシアのPK弾で競り勝ち、敵地でのダービーでシーズンダブルを狙った。 ▽強い雨が降りしきる中でスタートしたダービーは、前回対戦と同様に序盤から拮抗した展開が続く。ボールを保持して丁寧に繋ぐホームチームに対して、アウェイのビルバオはボールを奪ってから素早い切り替えでカウンターを仕掛けていく。 ▽両チームを通じて最初の決定機は9分に訪れる。ラウール・ガルシアの絶妙なスルーパスに抜け出したイニャキ・ウィリアムズがボックス左でシュートを狙うが、これはGKルジの好守に阻まれる。 ▽その後は的確にサイドバックの背後を狙うソシエダの時間がしばらく続くが、先にゴールをこじ開けたのはビルバオ。28分、イジャラメンディのハンドで得たFKの流れからボックス内でこぼれ球に反応したジェライ・アルバレスが、シャビ・プリエトに足をかけられて倒され、PKを獲得。これを前節に続きキッカーのラウール・ガルシアが狙うと、GKルジにコースを読まれたものの、ルジの身体の下を抜けたボールがゴールネットに吸い込まれた。 ▽もったいない形から先制を許したソシエダは、すぐさま反撃を開始。34分には右サイドのベラからの絶妙なクロスをゴール前に飛び込んだファンミが頭で合わせるが、ここはGKアリザバラガのビッグセーブに遭う。さらに37分にはセットプレーの流れからイジャラメンディ、シャビ・プリエトがボックス内でシュートを狙うが、いずれも味方や相手DFにディフレクトしてしまい、前半のうちに追いつくことはできなかった。 ▽迎えた後半、前がかりな入りを見せたソシエダは、50分にベラが後半最初のシュートを放つが、これを枠に飛ばすことができない。すると、ソシエダのミスからビルバオに追加点が生まれる。 ▽56分、左サイドでのスローインからDFオドリオソラの不用意なGKへのバックパスをかっさらったウィリアムズが冷静にGKとの一対一を制し、昨年12月のエイバル戦以来となるリーグ戦13試合ぶりの今季3点目を奪った。 ▽痛恨の2失点目を喫したソシエダは失点直後にファンミを下げて、バウティスタを投入。58分にはシャビ・プリエトのクロスからそのバウティスタに決定機も、ゴール前でのヘディングシュートはわずかに枠の左に外れた。 ▽一方、畳みかけたいビルバオは60分にムニアインを下げて、ベテランFWアドゥリスを投入。68分にはボックス左でレクエのパスを受けたアドゥリスが右足のコントロールシュートで追加点に迫るが、このシュートは右ポストを叩く。 ▽後半半ばから終盤にかけても一進一退の攻防が続く中、ビハインドを追うソシエダはカナレス、グラネロを投入。一方、逃げ切りを図るビルバオはイトゥラスペ、デ・マルコスを投入し、2点のリードを守り抜こうとする。その後、セットプレーの流れからラウール・ナバスやイニゴ・マルティネスのシュートでホームチームがゴールに迫るが、相手DFへのファウルやクロスバーに阻まれるなど、最後までゴールを奪うことはできず。 ▽敵地で完勝のビルバオが今シーズンのバスク・ダービーで見事にシーズンダブルを達成。2連勝のチームは、トップ4争いに踏み止まることに成功した。一方、試合運びの拙さが響きダービー連敗のソシエダは、前日の試合で勝利したアトレティコとの勝ち点差が4に広がり、トップ4争いにおいて痛恨の敗戦となった。 2017.03.12 22:14 Sun
twitterfacebook
thumb

ソシエダ、暫定ながらアトレティコを抜いて4位浮上…エウセビオは「CL圏にいることを楽しもう」

3日のリーガエスパニョーラ第26節、ソシエダは敵地ベニト・ビジャマリンでのベティス戦を3&minus;2で制し、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏の4位に浮上した<br><br>ラ・レアルは9分にトップチーム初スタメンを飾った下部組織出身FWジョン・バウスティスタのゴールで先制。その後DFアイサ・マンディに同点弾を決められ、MFシャビ・プリエトが勝ち越し弾を記録し、FWアントニオ・サナブリア弾で再度同点に追いつかれるというシーソーゲームに興じたが、72分にX・プリエトがこの日2点目を決めて試合を物にした。<br><br>ここ3試合の成績が2勝1分けと負けなしのラ・レアルは勝ち点を48として、アトレティコ・マドリーを2ポイント上回って4位に浮上。ついにCL出場圏に位置した。エウセビオ・サクリスタン監督は試合後、たとえ束の間の4位になろうとも、この瞬間を楽しむべきと話している。<br><br>「たとえ数時間のことであろうと、この順位にいることを楽しまなければね。明日、新聞を開いた際に我々は4位につけている。それはファンにとって素晴らしいことだろう。私たちはシーズン終了後に褒賞を得られるよう、懸命に働いているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.04 22:41 Sat
twitterfacebook
thumb

ゴラッソの応酬はシャビ・プリエトの2発でソシエダがベティスを振り切り暫定4位浮上《リーガエスパニョーラ》

▽ソシエダは3日、リーガエスパニョーラ第26節でベティスとのアウェイ戦に臨み、3-2で勝利した。 ▽4日前に行われた前節エイバル戦を2-2と引き分けた5位ソシエダ(勝ち点45)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位アトレティコ・マドリーとは1ポイント差。そのソシエダはエイバル戦のスタメンから2選手を変更。オヤルサバルと退場したファンミに代わってカナレスとバウティスタを起用した。 ▽立ち上がりのベティスの勢いを凌いだソシエダは10分、イジャラメンディの浮き球フィードに反応したバウティスタが肩トラップから絶妙なボレーシュート流し込んで先制する。 ▽しかし16分、右サイドからのダニ・セバージョスのクロスをファーサイドのマルタンにジャンピングボレーで合わせられ、ゴラッソで試合を振り出しに戻される。 ▽それでも26分、オドリオソラのパスをボックス手前右のシャビ・プリエトがダイレクトで左サイドネットへシュートを流し込み、勝ち越しに成功。その後、ユーリのミドルシュートで3点目に迫ったもののGKアダンの好守に阻まれると、ハーフタイムにかけてはベティスの攻勢に遭って劣勢に。それでも、凌いで1点をリードしたままハーフタイムに入った。 ▽後半もベティスの攻勢に晒されたソシエダは、65分についに失点する。ボックス右までルベン・カストロにドリブルで侵入されて折り返されると、サナブリアに頭で押し込まれた。 ▽それでも72分、1チャンスを生かして勝ち越しに成功する。ボックス左ゴールライン際からのオヤルサバルのクロスをシャビ・プリエトが頭で押し込んだ。終盤にかけてもベティスの攻勢に遭ったソシエダだったが、何とか逃げ切り勝ち点3を奪取。暫定ながらアトレティコをかわし、4位に浮上している。 2017.03.04 06:51 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサ復帰が噂されるエウゼビオはソシエダ残留を強調「今はソシエダのことだけを考えている」

▽ソシエダを率いるエウゼビオ監督が、噂されるバルセロナ次期指揮官候補に自身の名前が挙がっていることに言及した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽今シーズン限りで契約が満了を迎えるバルセロナのルイス・エンリケ監督は、1日に行われたリーガエスパニョーラ第25節のスポルティング・ヒホン戦後の会見で、シーズン終了後の退任を発表した。 ▽これを受けてスペインでは後任監督の論争が巻き起こっており、現時点ではトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督、エバートンのロナルド・クーマン監督、セビージャのホルヘ・サンパオリ監督、ビルバオのエルネスト・バルベルデ監督らの名前が挙がっている。 ▽そんな中、かつてバルセロナでプレーした元スペイン代表FWのルイス・スアレス・ミラモンテス氏は、同じくバルセロナでプレーし2011年から2015年までバルセロナBを指揮したエウゼビオ監督が相応しいとコメントしていた。 ▽3日に行われるリーガエスパニョーラ第26節のベティス戦に向けた会見に出席したエウゼビオ監督は、記者からの質問でバルセロナ復帰について聞かれると、次のように応えた。 「私の気持ちはもう長いことこのクラブにある。今も100%でソシエダのことだけを考えているよ。私の心、私の精神、私の望み、私の欲求は全てこのクラブにある」 ▽またエウゼビオ監督は、退任が決まったルイス・エンリケ監督に労いの言葉を送った。 「彼のこれまでの働いぶりを祝福したい。バルセロナで過ごしたい日々で、素晴らしい結果を残し続けたね。彼は非常に良い仕事をした。チームのメンタルを保ち、そして多くのタイトルを手にした」 2017.03.03 14:50 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング