レアル・ソシエダ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 ソシエダ 44 14 2 8 37 32 5 24

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-02-28
27:30
リーガエスパニョーラ
第25節
ソシエダ vs エイバル
2017-03-03
28:45
リーガエスパニョーラ
第26節
ベティス vs ソシエダ
2017-03-12
20:00
リーガエスパニョーラ
第27節
ソシエダ vs ビルバオ
2017-03-20
リーガエスパニョーラ
第28節
アラベス vs ソシエダ
2017-04-02
リーガエスパニョーラ
第29節
ソシエダ vs レガネス

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.02.24
28:45
リーガエスパニョーラ
第24節
ラス・パルマス 0 - 1 ソシエダ
2017.02.19
20:00
リーガエスパニョーラ
第23節
ソシエダ 0 - 1 ビジャレアル
2017.02.10
28:45
リーガエスパニョーラ
第22節
エスパニョール 1 - 2 ソシエダ
2017.02.05
26:30
リーガエスパニョーラ
第21節
ソシエダ 3 - 2 オサスナ
2017.01.29
28:45
リーガエスパニョーラ
第20節
レアル・マドリー 3 - 0 ソシエダ

基本データ

正式名称:レアル・ソシエダ

原語表記:Real Sociedad de Futbol

愛称:ラ・レアル、レアル、チュリ・ウルディン、エレアラ

創立:1909年

ホームタウン:サン・セバスティアン

チームカラー:青、白

関連ニュース

thumb

ソシエダがX・プリエト弾で2試合ぶりの勝利! 痛恨のミスで敗戦のラス・パルマスは4連敗…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第24節のラス・パルマスvsソシエダが24日に行われ、0-1でソシエダが勝利した。 ▽前節のビジャレアル戦で惜敗するも5位に位置するソシエダ(勝ち点41)が、リーグ戦3連敗中の12位ラス・パルマス(勝ち点28)の本拠地エスタディオ・グラン・カナリアに乗り込んだ一戦。試合は4分、ソシエダにチャンス。バイタルエリア右でFKを獲得すると、イジャラメンディのクロスをゴール前のイニゴ・マルティネスが頭で合わせたが、これは枠の上に外れた。 ▽さらに12分、右サイドから仕掛けたベラがボックス右付近でビガスに倒さると、イジャラメンディのFKをファーサイドで受けたベルチチェがワントラップからハーフボレーで狙ったが、これも枠を捉えられず。 ▽対するラス・パルマスは42分、ボックス右でボールを受けたK・ボアテングの折り返しが、相手DFにブロックに阻まれるも、こぼれ球をゴール前のヘセ・ロドリゲスがプッシュ。しかし、これはGKルジの好セーブに阻まれ、前半はゴールレスで終了した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、ラス・パルマスは立ち上がりから立て続けにチャンスを迎える。47分、左サイドを突破したエウデル・ロペスのクロスをニアに走り込んだK・ボアテングが合わせたが、これは枠の上。さらに48分には、相手マークを引き付けたヘセ・ロドリゲスのラストパスをボックス右で受けたタナがフリーでシュート。しかし、ボールはわずかに左に逸れた。 ▽良い入りを見せたラス・パルマスは52分、カウンターから決定機。スルーパスで右サイドを突破したD・シモンがボックス右から侵入しマイナスに押し返すと、走り込んだタナが右足で合わせたが、これはGKルジのファインセーブに防がれた。 ▽拮抗した展開が続く中、先に動いたのはソシエダベンチ。70分、ファンミを下げてカナレスを投入。ベラを一列上げ最前線に配置した。すると74分、GKハビ・バラスのミスパスをボックス手前でカットしたシャビ・プリエトが、冷静にゴール右隅に流し込み、ソシエダがラッキーな形で先制した。 ▽痛恨のミスで先制を許したラス・パルマスは78分、ゴメスを下げてハリロビッチを投入。さらに80分には、エウデル・ロペスに代えてマテオ・ガルシアをピッチに送り出した。 ▽試合終盤にかけても猛攻を仕掛けたラス・パルマスだったが、最後まで同点ゴールを奪うことはできず。敵地でシャビ・プリエトの1点を守る抜いたソシエダが2試合ぶりの勝利。痛恨のミスで敗戦のラス・パルマスはリーグ戦4連敗となった。 2017.02.25 06:44 Sat
twitterfacebook
thumb

カスティジェホがラストプレーで劇的弾! ソシエダとの上位対決制したビジャレアルがELローマ戦の大敗を払拭《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第23節、ソシエダvsビジャレアルが19日にアノエタで行われ、アウェイのビジャレアルが1-0で勝利した。 ▽5位ソシエダと6位ビジャレアルによるトップ4浮上を目指す上位対決。リーグ戦2連勝で勝ち点1差の4位アトレティコ・マドリーを追うホームのソシエダに対して、リーガ2戦連続ドロー中のビジャレアルは直近に行われたヨーロッパリーグ(EL)のローマ戦でホームでの1stレグで0-4の屈辱的な敗戦を喫し、ベスト16進出が絶望的に。そんな好対照な状況下で迎えたこの一戦では、勢いとコンディションで勝るソシエダが立ち上がりからビジャレアルを押し込む。 ▽高いボール支配率でビジャレアルを自陣に押し込むホームチームは、イジャラメンディやシャビ・プリエトを起点にシンプルにボールを動かし、サイドバックのベルチチェやアルザリウスも高い位置取りで攻撃に絡む。この流れの中からラウール・ナバスやスルトゥサがフィニッシュに絡むが、先制点には至らず。 ▽一方、ローマ戦のショックと疲労を引きずるビジャレアルは、防戦一方の展開を強いられるが、リーガ最少失点の堅守が何とか耐えて前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、ビジャレアルはトリゲロスを下げてロドリゴ・エルナンデスをハーフタイム明けに投入。すると52分にはこの試合最初の決定機。ロングボールに抜け出したバカンブがGKルジのファンブルしたボールをすかさず反転シュートするが、このシュートを枠に飛ばすことができなかった。 ▽後半もボールを支配するものの、持たされている印象が強いソシエダは、57分にボックス手前の好位置でベラが得たFKを自ら左足で狙うが、わずかにクロスバーの上。直後の58分にはベルチチェの絶妙な左サイドからのクロスを、ファンミが頭で合わすが、わずかに枠の左に外れた。 ▽こう着状態が続く中、押し切りたいソシエダはファンミ、シャビ・プリエト、オヤルザバルと前線の選手に代えて、バウティスタ、カナレス、コンチャを続けて投入。対するビジャレアルはジョナタン・ドス・サントス、チェリチェフに代えてサンソーネ、カスティジェホを投入した。 ▽この交代でよりオープンな展開となった後半終盤にかけて互いに決定機を作り合う。76分にはビジャレアルが波状攻撃からゴール前のブルーノがヘディングシュートも、これはクロスバーに阻まれる。一方、ソシエダもボックス内でバウティスタ、ベラと決定機が訪れるが、いずれもシュートを枠に飛ばせない。 ▽試合はゴールレスのまま後半アディショナルタイムに突入するが、最後の最後に劇的ゴールが生まれる。後半アディショナルタイム4分、左サイドを突破したジャウメ・コスタのクロスをゴール前にフリーで走り込んできたカスティジェホが右足のインサイドボレーで合わせる。GKルジの手を弾いたボールがゴールネットを揺らした。そして、途中出場のカスティジェホの劇的ゴールでソシエダとの上位対決を制したビジャレアルが、ELローマ戦の大敗を払拭する勝利でリーグ3戦ぶりの白星を手にした。 2017.02.19 21:59 Sun
twitterfacebook
thumb

最下位グラナダ、ソシエダから左サイドバックのエルナンデスをレンタルで獲得

▽グラナダは30日、ソシエダのスペイン人DFエクトール・エルナンデス・オルテガ(25)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽2013年夏にサラゴサからソシエダへ移籍したエルナンデスは、左サイドバックを主戦場とする左サイドのスペシャリスト。ただ、スペイン人DFユーリ・ベルチチェの前に控え扱いが続き、今季はリーガエスパニョーラで4試合の出場に留まっていた。 ▽移籍先のグラナダは残留圏内の17位レガネスとは8ポイント差の最下位と厳しい戦いが続いている。 2017.01.31 06:24 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:レアル・マドリー 3-0 ソシエダ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第20節、レアル・マドリーvsソシエダが29日にサンチャゴ・ベルナベウで行われ、マドリーが3-0で快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽レアル・マドリー採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170130_12_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ケイロル・ナバス 6.0 積極的なクロスへの対応など、的確な判断が光った DF 23 ダニーロ 5.5 バランス重視のプレーで大崩れせず。ただ、批判を払拭するパフォーマンスとはならず 5 ヴァラン 6.0 人とスペースを同時に視野に入れながら判断の良い守備を見せた 4 セルヒオ・ラモス 5.5 危なっかしい対応も散見されたが、概ね安定したプレーだった 6 ナチョ 6.0 前半は守備に専念したが、オヤルザバル交代後の後半に攻撃面で魅せた MF 16 コバチッチ 7.0 リーガ初ゴールを含む1ゴール1アシストの活躍。攻守両面で際立つ存在感 (→イスコ -) 14 カゼミロ 6.5 粘り強い守備で中盤のバランスをうまく取った 8 クロース 6.0 濡れたピッチ状態でも安定したパスを供給。累積警告で次節出場停止… FW 17 L・バスケス 6.5 前半は積極的な仕掛けで貴重な攻め手となり、絶妙クロスで1アシスト。守備の貢献も上々 (→アセンシオ -) 9 ベンゼマ 5.5 絶妙な落としで先制点の起点に。自身に決定機はあまりなかったが、前線できっちりチャンスメーク (→モラタ 6.0) 去就問題に揺れる中で1ゴールを決め、きっちり結果を残した 7 C・ロナウド 6.5 コバチッチとのホットラインで1ゴール1アシスト。高いチャンスメークの意識で味方に決定機を供給 監督 ジダン 6.5 数人の主力を欠く中で難敵相手に快勝 ▽ソシエダ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170130_13_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ルジ 5.0 3失点ともにノーチャンス。ただ、キックミスなど目立った好守もなかった DF 20 サルドゥア 5.5 守備を重視したプレーで粘り強く守った 22 ラウール・ナバス 6.0 3失点も攻守に積極性が光った 6 イニゴ・マルティネス 4.5 不用意なファウルで退場に。攻撃面で良いプレーが目立ったものの、肝心の守備ではやや甘さが出た 32 K・ロドリゲス 5.5 要所でダイナミックな攻め上がりを見せたが、守備で苦戦 MF 16 カナレス 5.5 良い形でボールを引き出し、決定機に絡んだ (→グラネロ -) 4 イジャラメンディ 6.0 読みの利いた守備とスムーズな球出しで古巣相手に見せ場は作った 17 スルトゥサ 5.5 高い戦術眼を生かして相手の強力な中盤相手に奮闘 FW 18 オヤルザバル 5.5 得意のドリブルで見せ場を作ったが、決定的な仕事はできず (→シャビ・プリエト 5.0) 試合の趨勢が決まった中でできることは少なかった 12 ウィリアン・ジョゼ 5.5 幾度か良いポストプレーを見せたが、フィニッシュに絡めず (→ベラ 5.0) 見せ場は皆無 7 ファンミ 5.0 好調を感じさせる動きではあったが、最後の精度を欠き。後半は完全に消えた 監督 エウセビオ 5.5 前半は悪くなかっただけに、前半終盤の失点が痛かった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! コバチッチ(レアル・マドリー) ▽待望のリーガ初ゴールを含む1ゴール1アシストの活躍で難敵撃破に貢献。同胞モドリッチの不在を補って余りある好パフォーマンスだった。 レアル・マドリー 3-0 ソシエダ 【レアル・マドリー】 コバチッチ(前38) C・ロナウド(後6) モラタ(後37) 2017.01.30 06:37 Mon
twitterfacebook
thumb

コバチッチ&C・ロナウド躍動のマドリーが10人のソシエダに完勝! 2位以下との勝ち点差広げ首位堅持《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第20節、レアル・マドリーvsソシエダが29日にサンチャゴ・ベルナベウで行われ、マドリーが3-0で快勝した。 ▽前節、マラガ相手に競り勝った首位マドリーだが、ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ準々決勝のセルタ戦では2-2の引き分けどまりで、2戦合計3-4でコパ敗退が決定。巻き返しを図る今節は、難敵ソシエダをホームで迎え撃った。負傷離脱中のマルセロとカルバハルの両サイドバックの代役にダニーロとナチョが起用され、モドリッチの代役には同胞のコバチッチが入り、3トップはルーカス・バスケス、ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウドが並んだ。 ▽一方、バルセロナ相手にコパ敗退を強いられたものの、リーグ戦2連勝で上位をキープする5位ソシエダは、前回対戦で大敗したマドリーとのビッグマッチに向けて、2戦連発中のファンミや古巣対戦のイジャラメンディ、カナレス、ウィリアン・ジョゼらほぼ主力が先発に入った。 ▽互いにやや慎重な入りとなった中、共に右ウイングのバスケス、オヤルザバルの個人技でサイドを崩すが、なかなかフィニッシュには至らない。そのため、両チームを通じて最初の決定機は16分に訪れる。ボックス手前で得たFKの場面でウィリアン・ジョゼが右足で直接狙うが、枠の左を捉えたシュートはGKケイロル・ナバスの好守に阻まれた。さらに22分にはバイタルエリアでボールを受けたカナレスがミドルシュートを放つが、これもGK正面を突いた。 ▽一方、相手の連動したプレスを前に中央で起点を作れないマドリーは、25分にバスケスがようやくファーストシュートを放つが、サイドを深くえぐってからの折り返しがことごとく相手にカットされるなど、ほとんど決定機を作り出せない。それでも、試合巧者のホームチームはワンチャンスを生かして先制に成功する。38分、相手陣内中央でベンゼマの落としを受けたC・ロナウドの裏を狙った絶妙なスルーパスに抜け出したコバチッチが、ボックス内に持ち込んで冷静にGKとの一対一を制した。 ▽コバチッチのリーガエスパニョーラ初ゴールで均衡が破れた中、ソシエダもすぐさま反撃に転じる。40分過ぎにはウィリアン・ジョゼのポストプレーからカナレスが相手陣内を独走も、左サイドのオヤルザバルへのパスが長くなり、チャンスに至らず。45分にはカナレスとの連係でボックス内に侵入したファンミがカナレスのヒールパスを右足で蹴り込むが、わずかに枠の右に外れた。 ▽1点リードで後半を迎えたマドリーは、立ち上がりの51分に追加点を奪う。コバチッチの絶妙な縦パスに抜け出したC・ロナウドが、飛び出したGKルジを嘲笑うかのような見事なチップキックでゴールネットを揺らした。 ▽再びコバチッチとC・ロナウドのコンビでゴールをこじ開けたマドリーは、自身のゴールに気を良くしたC・ロナウドの左サイドを起点にその後も主導権を握る。前半は守備的に振る舞っていたナチョも要所で良いタイミングの攻撃参加を見せた。 ▽一方、痛恨の2失点目を喫したソシエダは、58分にオヤルザバル、ウィリアン・ジョゼを下げて、シャビ・プリエトとベラを同時投入。だが、この交代策で流れを劇的に変えることはできず。74分にはカゼミロへのアフターチャージでこの試合2枚目の警告を受けたイニゴ・マルティネスが退場となり、数的不利まで背負うことになった。 ▽この退場劇で完全に試合の主導権を掌握したマドリーは、82分にロングカウンターから右サイドのバスケスが上げた絶妙なクロスを、ベンゼマに代わって途中出場のモラタが冷静に頭で流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。その後、10人の相手の反撃を無失点で凌ぎ切ったマドリーが、コパ敗退のショックを払拭するリーグ戦2連勝。今節で取りこぼしたセビージャ、バルセロナとの勝ち点差を広げて首位固めに成功した。 2017.01.30 06:36 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング