レアル・ソシエダ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 ソシエダ 35 11 2 6 31 25 6 19

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-01-26
29:15
コパ・デル・レイ
準々決勝2ndレグ
バルセロナ vs ソシエダ
2017-01-29
28:45
リーガエスパニョーラ
第20節
レアル・マドリー vs ソシエダ
2017-02-06
リーガエスパニョーラ
第21節
ソシエダ vs オサスナ
2017-02-13
リーガエスパニョーラ
第22節
エスパニョール vs ソシエダ
2017-02-20
リーガエスパニョーラ
第23節
ソシエダ vs ビジャレアル

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.01.22
26:30
リーガエスパニョーラ
第19節
ソシエダ 1 - 0 セルタ
2017.01.19
29:15
コパ・デル・レイ
準々決勝1stレグ
ソシエダ 0 - 1 バルセロナ
2017.01.16
28:45
リーガエスパニョーラ
第18節
マラガ 0 - 2 ソシエダ
2017.01.11
27:00
コパ・デル・レイ
5回戦2ndレグ
ビジャレアル 1 - 1 ソシエダ
2017.01.07
28:45
リーガエスパニョーラ
第17節
ソシエダ 0 - 4 セビージャ

基本データ

正式名称:レアル・ソシエダ

原語表記:Real Sociedad de Futbol

愛称:ラ・レアル、レアル、チュリ・ウルディン、エレアラ

創立:1909年

ホームタウン:サン・セバスティアン

チームカラー:青、白

関連ニュース

thumb

イジャラメンディが“バルサ寄り”のレフェリングに「いつもと同じ」

▽ソシエダのスペイン人MFアシエル・イジャラメンディが、自身のツイッターを通じてレフェリングに対する非難を行った。 ▽ソシエダは19日、コパ・デル・レイ準々決勝1stレグでバルセロナをアノエタに迎えた。試合は21分にネイマールのPK弾が決まると、バルセロナがそのまま逃げ切って、ソシエダは0-1の敗戦となった。 ▽イジャラメンディは試合後にインタビューを受け、公の場でレフェリングに対する不満を吐露。前半に遅延行為で1度目の警告を受けていたメッシが、後半にも遅延行為から2度目の警告を受けていてもおかしくない場面があったと明かした。 「メッシのプレーはイエローカードに値したと思うよ。前半と同じだったと思う」 ▽さらに同選手は自身のツイッターを介して「もう一度起こった出来事。いつもと同じことがもう一度」とコメント。暗に、バルセロナがレフェリーから守られていることを主張した。 2017.01.20 10:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマールPK弾で競り勝ったバルサが10年ぶりに鬼門アノエタ攻略! ベスト4進出に王手《コパ・デル・レイ》

▽バルセロナは19日、敵地アノエタで行われたコパ・デル・レイ準々決勝1stレグでソシエダと対戦し、1-0で先勝した。 ▽ラウンド16でビルバオ相手に逆転突破を決めた大会2連覇中のバルセロナは、直近のリーガでもラス・パルマス相手に快勝し、公式戦連勝中。今回のコパ準々決勝では、今季のリーガで引き分けるなど、苦手とする鬼門アノエタで好調ソシエダを相手に先勝を目指した。一部主力を温存したラス・パルマス戦から先発7人を入れ替えたバルセロナは、GKシレッセン、ディーニュを除き現状のベストメンバーを起用。ラキティッチが久々のスタメンを飾り、3トップには“MSN”が並んだ。 ▽開始11分にユムティティのミスからオヤルザバルに危険な位置でシュートを許すなど、苦手のアノエタでやや硬い入りとなったバルセロナ。それでも、序盤から左サイドで積極的に仕掛けていたネイマールが貴重な先制点をもたらす。21分、ボックス内でDFエルストンドに倒されてPKを獲得したネイマールが、自ら冷静にゴール左隅に流し込んだ。 ▽ネイマールのPKで先制に成功したバルセロナは、ここからボールの主導権を掴みながらバランス重視の試合運びを見せる。相手の鋭い出足にやや押し込まれて、その後はなかなか攻撃のチャンスを作れない。また、ネイマールへのファウルが見逃されるなど、フラストレーションを溜める場面も散見されたが、36分のイジャラメンディのミドルシュート以外に決定機を許さず、前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半、前半から足を気にしていたイニエスタに代えてアンドレ・ゴメスをハーフタイム明けに投入したバルセロナは、立ち上がりにそのアンドレ・ゴメスのお膳立てからボックス内のネイマールに決定機も、ここはファーストタッチがうまくいかない。 ▽時間の経過と共に鬼門アノエタの完全アウェイの雰囲気に呑まれ始めたバルセロナは、チーム全体の運動量低下も重なり、思うようにゲームをコントロールできない。この状況を受けて、69分にラキティッチを下げてデニス・スアレスを投入した。 ▽試合終盤にかけてはボール支配率を増すソシエダが押し込み、バルセロナがロングカウンターで応戦する展開が続く。ソシエダに自陣ボックス付近でのプレーを許すバルセロナだが、枠内シュート0とフィニッシュの精度に問題を抱えるホームチームの拙攻にも助けられ、着実に時間を進めていく。逆に、87分にはゴール前のピケに続けて決定機が訪れるが、続け様のボレーシュートは相手の身体を張ったブロックに遭い、試合を決定付ける2点目を奪うことができない。 ▽それでも、ネイマールのPKによる先制点を最後まで守り切ったバルセロナが、鬼門アノエタで2006-07シーズン以来となる10年ぶりの勝利を収めた。そして、来週にカンプ・ノウで行われる2ndレグを前に大きなアドバンテージを手にした。 2017.01.20 07:36 Fri
twitterfacebook
thumb

清武ベンチ外のセビージャが敵地アノエタでソシエダに圧勝! イェデルがリーガ初ハット含む4ゴールに絡む大暴れ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第17節、ソシエダvsセビージャが7日にアノエタで行われ、アウェイのセビージャが4-0で圧勝した。セビージャのMF清武弘嗣はベンチ外で欠場した。 ▽5位ソシエダと3位のセビージャがアノエタで対峙する上位対決。リーグ戦2連勝中のソシエダは、直近のコパ・デル・レイでもビジャレアル相手に快勝を収め、2017年の更なる躍進を期待させる好スタートを切った。一方のセビージャは同じくリーグ戦2連勝中ながら、直近のコパでレアル・マドリーに簡単に捻られてしまい、今節では新年最初の白星を目指すことになった。 ▽いつも通り、[4-3-3]の布陣を採用したソシエダに対して、[3-3-3-1]の布陣で臨んだセビージャは、前から激しくプレスに行き、主導権を奪いにかかる。上位対決らしいアグレッシブな攻防が続く中、ソシエダが8分に最初の決定機を迎える。ペナルティアーク付近でゴールを背にしてフィードを収めたウィリアン・ジョゼが鋭い反転からシュートを狙うが、これはわずかに枠の左に外れた。 ▽前線で質の高い個人技を繰り出すソシエダが、その後も試合のペースを握っていくが、先制点を奪ったのは、アウェイのセビージャ。25分、フランコ・バスケスのミドルシュートをGKルジが前に弾くと、こぼれ球に詰めたイェデルが冷静にルジの股間を抜いた。 ▽この試合、最初の決定機をゴールに結び付けたセビージャは畳みかける攻めを見せると、29分に相手の中途半端なクリアをボックス付近のバスケスが頭で落とすと、これに反応したイェデルが冷静な切り返しでGKをかわし、無人のゴールへ豪快に蹴り込んだ。この2点目で完全に流れを引き寄せたセビージャは、持ち味のインテンシティの高いプレーで相手に自由を許さず、その後はチャンスを作らせないまま、前半を2点リードで終えた。 ▽迎えた後半、ソシエダはミケル・ゴンサレスを下げてハーフタイム明けにエルストンドと投入し、センターバックを入れ替えて後半の反撃を目指す。だが、前半同様に相手の圧力に晒されてビルドアップの場面でミスが目立つホームチームは、相手のショートカウンターからナスリ、エスクデロに際どいシーンを許すが、何とか3失点目を防いだ。 ▽流れを変えたいエウセビオ監督は、57分にベラとグラネロを下げて、カナレスとファンミを同時投入。試合時間30分以上を残して3枚の交代カードを切り終えた。 ▽一方、後半に入ってゲームコントロール優先の試合運びに変化したセビージャは、69分にバスケスを下げてサラビアを投入。すると、この交代が3点目をもたらす。73分、高い位置で相手のミスパスを奪ってカウンターに転じると、ボックス左でイェデルが丁寧に折り返したボールをサラビアがワンタッチで流し込んだ。 ▽この3点目で試合を決定付けたセビージャだったが、この試合圧巻のパフォーマンスを見せていたイェデルが再び魅せる。83分、巧みな動き出しでナスリのスルーパスを引き出したフランス人FWはボックス中央から冷静にゴール右隅へシュートを流し込み、リーガ初のハットトリックを達成した。 ▽その後、GKセルヒオ・リコの好守などでソシエダの反撃をクリーンシートで凌いだセビージャが、ソシエダとの敵地での上位対決で4-0の圧勝。コパ・デル・レイでの敗戦を払拭する内容で2017年初白星を飾ったチームは、12日に新年初のサンチェス・ピスファンで行われるコパ第2ラウンドでレアル・マドリーとのリターンマッチに臨む。 2017.01.08 06:52 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル・ソシエダのマルティネスがじん帯の負傷で長期離脱

リーガ・エスパニョーラのレアル・ソシエダは、カルロス・マルティネスがひざの十字じん帯を損傷しており、戦列から離れることを発表した。<br><br>右サイドバックのマルティネスは17日に行われた第16節のグラナダ戦で先発出場したものの、試合中に負傷し60分で途中交代していた。<br><br>医師の診察を受けた結果、ひざの十字じん帯を損傷しており、長期離脱を余儀なくされることになった。<br><br>現在30歳のマルティネスはレアル・ソシエダ一筋11シーズン目の&ldquo;象徴&rdquo;とも言える選手で、今シーズンはここまで10試合に出場していた。レアル・ソシエダは現在、リーガ5位と好調を維持しているが、アシエル・イジャラメンディ、マルケル・ベルガラ、エステバン・グラネロなど負傷での離脱者が続出しており、マルティネスの離脱は上位進出を目指すレアル・ソシエダにとって大きな懸念材料となりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.22 16:57 Thu
twitterfacebook
thumb

デポルティボが今季最多5ゴールで好調ソシエダを粉砕!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第14節のデポルティボvsソシエダが5日に行われ、5-1でデポルティボが勝利した。 ▽現在リーグ戦5試合負けなしの5位ソシエダが、18位に沈むデポルティボの本拠地リアソールに乗り込んだ一戦。試合は立ち上がりからホームチームが攻勢に出る。6分、スルーパスでうまく相手DFの裏に抜け出したアンドネがゴール右からシュートを放ったが、これはGKルジが弾く。さらに12分にも、相手DFの裏に抜け出したアンドネがボックス左からシュートを狙ったが、これは枠の左に外れた。 ▽すると、直後のセットプレーでデポルティボが先制する。13分、左CKが相手DFのクリアミスを誘うと、こぼれ球をボックス中央で拾ったシドネイが左足でゴールネットを揺らした。幸先良く先制に成功したデポルティボは29分、ロングパスで左サイドを突破したアンドネがボックス左クロスを供給。このボールがイニゴ・マルティネスのオウンゴールを誘い、追加点を奪った。 ▽攻撃の手を緩めないデポルティボは42分、右サイドを持ち上がったフアンフランのクロスをゴール前のアンドネがダイレクトでゴールに突き刺した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、ソシエダが反撃に出る。57分、ボールを持ち上がったベルチチェがカナレスとのワンツーでボックス手前まで侵入すると、折り返しのパスをダイレクトでゴール右隅に突き刺した。 ▽1点を返されたデポルティボだったが、62分に右CKでの競り合いでアルベントサがイニゴ・マルティネスにファウルを受け、PKを獲得。バベルのPKはGKルジに弾かれるも、こぼれ球に素早く反応したバベルがゴールに押し込んだ。さらに77分、チョラクのスルーパスに反応したアンドネがボックス右から侵入しシュート。これがニアサイドに突き刺さった。 ▽試合を締めにかかるデポルティボは、81分にホセル、83分にモスケラ、87分にファイルと立て続けに投入。その後も危なげない試合運びを見せたデポルティボが今季最多となる5ゴールを奪い、リーグ戦7試合ぶりの白星を飾った。 2016.12.06 07:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング