超ワールドサッカー

レバンテ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 レバンテ 32 8 8 22 37 70 -33 38

基本データ

正式名称:レバンテUD

原語表記:Levante Union Deportiva

愛称:グラノータ(蛙)

創立:1909年

ホームタウン:バレンシア

チームカラー:青、エンジ

関連ニュース

thumb

レバンテが電撃監督交代! ムニス前監督退団でビジャレアルBを率いたパコ・ロペス氏を招へい

▽レバンテは22日、今季までセグンダB(スペイン3部)のビジャレアルBを率いていたパコ・ロペス氏(49)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年となる。 ▽レバンテは今月16日、クラブをセグンダA(スペイン2部)優勝に導き、1年でのプリメーラ復帰を達成したファン・ムニス前監督(48)と2年間の契約延長を発表。だが、それから1週間も経たない22日にパコ・ロペス氏の新監督招へいを発表した。 ▽レバンテは今回の電撃監督交代に関して明確な説明を行っておらず、ファン・ムニス前監督(写真)とのトラブル、あるいは健康問題、他クラブからの引き抜きなど、何らかの問題が発生した模様だ。 2017.06.23 03:14 Fri
twitterfacebook
thumb

レバンテ、2部優勝で1年でのプリメーラ復帰に導いたフアン・ムニス監督と2019年まで契約延長

▽レバンテは16日、ファン・ムニス監督(48)と2019年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽昨シーズン、2部に降格したレバンテと1年契約を結んだファン・ムニス監督は、クラブ伝統の堅守速攻を武器に、序盤からチームを安定させると、2位ジローナと勝ち点14差の圧倒的な強さでセグンダA優勝に導き、同クラブを1年でプリメーラに復帰させた。 ▽なお、昨年6月の契約時に1部昇格に導いた場合、自動的に1年間の契約延長となるオプションを結んでいたファン・ムニス監督とクラブだったが、今季の戦いぶりを高く評価するクラブは新たな2年契約を掲示し、今回の新契約締結に至った。 2017.06.17 14:26 Sat
twitterfacebook
thumb

乾同僚DFルナがリーガ昇格レバンテへ完全移籍

▽来季、リーガエスパニョーラに復帰するレバンテは11日、エイバルのスペイン人DFアントニオ・ルナ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年となっている。 ▽セビージャのカンテラ出身であるルナは左サイドバックを主戦場とするDF。2015年夏にアストン・ビラからエイバルに加入し、2016-17シーズンはリーガエスパニョーラで26試合に出場し、日本代表MF乾貴士と左サイドでコンビを形成していた。 2017.06.12 00:31 Mon
twitterfacebook
thumb

柴崎を称賛するテネリフェ監督「フットボールをよく理解している」

20日のリーガ2部第39節、テネリフェはホームでのレバンテ戦をスコアレスドローで引き分けた。ホセ・ルイス・マルティ監督は、4試合連続でスタメンとして起用したMF柴崎岳のプレーを称賛している。<br><br>FWアントニー・ロサノの決定機を導くなど、この試合でも攻撃の中心となった柴崎。マルティ監督は試合後、日本人MFについて「フットボールをよく理解している」と語り、賢いプレーを見せられることを強調した。スペイン『デポルプレス』と『エル・ドルサル』が同指揮官のコメントを伝えている。<br><br>「チーム全体と同様に見事だった。彼はフットボールをよく理解している。彼のプレーを目にすれば、マークを外す動きなど、フットボールをよく理解していることがうかがえる」<br><br>「しかし、彼は信じられないような選手だ。学ぶことに熱心で、ライバルの映像も確認している。これからもっと良くなるはずだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.21 07:58 Sun
twitterfacebook
thumb

柴崎、地元メディアからチーム単独最高となる評価「突出したクオリティー」「攻撃のモーター」

20日のリーガ2部第39節レバンテ戦(0-0)で4試合連続となるフル出場を果たしたテネリフェMF柴崎岳は、スペインメディアからチーム最高の選手に挙げられている。<br><br>FWアントニー・ロサノの決定機を導くなど、この試合でも攻撃の中心となった柴崎。テネリフェの地元メディア『エル・ドルサル』の採点(10点満点)では、チーム単独最高となる8点を付けられた。『エル・ドルサル』は寸評で、柴崎の能力を評価するとともに、チームの攻撃を引っ張る存在であることを強調している。<br><br>「彼はそのクラスとタレントを再び証明した。その突出したクオリティーを再び輝かせ、いとも簡単に攻撃を形づくっていった」<br><br>また、テネリフェのもう一つの地元メディア『デポルプレス』の寸評で、柴崎はその技術と判断力の高さを評価されている。<br><br>「彼は攻撃面のモーターだ。足元にボールがあるとき、ほぼ完璧なプレーを見せる。いつボールをキープして、いつスピードを上げるかを見事に選択している」<br><br>2 試合連続でドローゲームを演じたテネリフェは、勝ち点60 で昇格プレーオフ圏の6位に位置。プレーオフ圏外とは勝ち点4差と予断を許さず、柴崎の活躍に一層の期待がかかる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.21 07:57 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング