レバンテ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 レバンテ 46 11 13 14 44 58 -14 38

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-08-25
リーガエスパニョーラ
第2節
レバンテ vs セルタ
2018-09-01
リーガエスパニョーラ
第3節
レバンテ vs バレンシア
2018-09-15
リーガエスパニョーラ
第4節
エスパニョール vs レバンテ
2018-09-22
リーガエスパニョーラ
第5節
レバンテ vs セビージャ
2018-09-26
リーガエスパニョーラ
第6節
バジャドリー vs レバンテ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.08.17
29:15
リーガエスパニョーラ
第1節
ベティス 0 - 3 レバンテ

基本データ

正式名称:レバンテUD

原語表記:Levante Union Deportiva

愛称:グラノータ(蛙)

創立:1909年

ホームタウン:バレンシア

チームカラー:青、エンジ

関連ニュース

thumb

ベティス戦で驚異の77M独走弾…30代に入りマラドーナ&メッシ級の衝撃をもたらすレバンテMFモラレス

17日のリーガエスパニョーラ開幕節、ベティスvsレバンテ(0&minus;3)でMFホセ・ルイス・モラレスが見せた衝撃的な活躍が、スペインで話題となっている。<br><br>まさに驚異だった。&ldquo;コマンダンテ(司令官)&rdquo;の異名で知られるモラレスは54分、自チームのGKオイエル・オラサバルのロングキックをハーフウェーライン手前で競り合い、この空中戦に勝利すると、77メートルを独走。DFマルク・バルトラ、MFフランシス・ゲレーロを大きなストライドのドリブルで抜き去り、最後にペナルティーエリア内でMFセルヒオ・カナレスをキックフェイントでかわして、右足アウトサイドのシュートでネットを揺らした。<br><br>その後もモラレスは献身的な守備と迫力満点のドリブルで攻守にわたって存在感を発揮し、94分にはダメ押しとなるチーム3点目も記録。この活躍によってレバンテのキャプテンは、スペインの『ツイッター』でトレンドワード1位に輝くことに。ディエゴ・マラドーナ氏やバルセロナFWリオネル・メッシ級の衝撃的選手とも称された。<br><br>レバンテのエースであり、同チームの最多得点記録も保持する31歳モラレスは、苦労人として知られる。若い頃にはなかなか芽が出ず、レバンテのBチームに加わったのが24歳の頃。同選手は当時について「フットボールにおける最後のチャンスだと思った。もし、成功をつかめなければ、違う仕事に就いていただろう」と振り返る。<br><br>モラレスはレバンテB加入から2年後の2013年に、ついにトップチームデビューを果たす。2013-14シーズンには現ベティスMF乾貴士の古巣となるエイバルにレンタル移籍し、それ以降は自分を拾ってくれたレバンテでプレーし続けている。<br><br>そんなモラレスが脚光を浴び始めたのは30歳を超えてからで、180センチの長身が可能とする大きなストライド、強い体幹、確かな技術から繰り出されるドリブルによって、対戦チームから驚異の存在として恐れられるようになった。2017&minus;18シーズンには10得点8アシストを記録し、スペイン代表に初招集される可能性も騒がれている。<br><br>遅咲きのドリブラーはベティス戦後、自身の独走弾について「良いゴールだった。チームの勝ち点3獲得、目標に近づくために役立った」と、あくまで勝利に貢献する1点であったことを強調する。モラレスとレバンテの契約解除金は2500万ユーロに設定されているが、モラレスは契約を延長することに合意しており、解除金も大幅に引き上げられる予定だ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.08.18 23:30 Sat
twitterfacebook
thumb

乾が途中出場でベティスデビュー! 惜しいシュートを放つもホームでレバンテに0-3の大敗…《リーガエスパニョーラ》

▽2018-19シーズンのリーガエスパニョーラ開幕節、ベティスvsレバンテが17日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、アウェイのレバンテが3-0で勝利した。ベティスのMF乾貴士は66分に途中出場しデビューを飾った。 ▽昨季、セティエン監督の下で攻撃的なポゼッションスタイルに生まれ変わり6位フィニッシュを成し遂げたベティスは今夏の移籍市場で積極的な補強を敢行。乾貴士、カナレス、パウ・ロペス、ロブレスをフリーで獲得。さらにシドネイ、ウィリアム・カルバーリョという実力者を完全移籍で獲得した。ホームでの開幕戦に向けてはGKパウ・ロペス、 W・カルバーリョ、カナレスが先発を勝ち取り、乾はスーパーサブとしてベンチスタートとなった。 ▽金曜開催をモノともしない満員のベニート・ビジャマリンでスタートしたベティスの今季開幕戦。昨季同様に[4-4-2]の布陣で堅守速攻を目指すレバンテに対して、ベティスはブデブスとロレンを2トップに配した[3-3-2-2]の布陣で後方から丁寧なビルドアップを見せる。 ▽開始7分にフィルポとロレンが早速フィニッシュの場面を作ると、その後も引いたレバンテ守備陣に揺さぶりをかけてカナレスやブデブスにシュートチャンスが訪れるが、なかなか決定機を作るまでには至らない。 ▽その後は互いの持ち味が発揮される拮抗した展開が続くが、38分に右サイドのコケからの斜めのパスを受けたジェイソンが簡単にDFを振り切ってボックス右ライン際から低いクロスを入れると、これをファーでフリーのロジェールがワンタッチで流し込み、アウェイのレバンテが先制点を奪う。やや緩慢な守備から失点を許したベティスは42分にゴール左ライン際で強引に仕掛けたフィルポが際どい折り返しを入れるが、これは相手GKに弾き出されてしまった。さらに前半アディショナルタイムにはグアルダードがボックス内で続けてシュートチャンスを得るが決め切れず。 ▽後半もボールを保持して押し込むベティスだが、前半同様に一瞬の気の緩みから相手十八番のカウンターに屈する。54分、自分たちのCKからカウンターを浴びると、右サイドのスペースでボールを持ったホセ・モラレスに4人のDFが次々とドリブルでかわされて圧巻の突破から最後は左足のシュートを流し込まれた。 ▽ホームでまさかの2点ビハインドを負ったベティスは63分にブデブスを下げてサナブリア、66分にはW・カルバーリョに代えて乾を投入する。厳しい状況でベティスデビューの乾はアンカーに下がったグアルダードの居た左のインテリオールに入ると、積極的な呼び込みや仕掛けで攻撃にアクセントを付けようと腐心する。 ▽何とかゴールをこじ開けたいベティスは乾を中心に反撃を試みると、86分には中央を持ち上がった乾がボックス外から右足を振り抜くも相手DFのブロックに遭う。さらに89分にはボックス内でフィルポの強引な突破のこぼれを拾った乾が左45度の角度からファーポストを狙った絶妙なシュートを放つが、これは相手GKのビッグセーブに遭い、デビューゴールのチャンスを逸す。すると後半ラストプレーでは相手の見事なロングカウンターからホセ・モラレスにこの日2点目を決められ、万事休す。 ▽途中出場でゴールに迫るなど上々のパフォーマンスを見せた乾だったが、ホームでのベティスデビュー戦は試合終了直後にブーイングが飛び交うなど、ほろ苦い0-3の敗戦となった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">乾のベティスデビュー戦をチェック!<br />リーガエスパニョーラ観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.18 07:18 Sat
twitterfacebook
thumb

ボーンマス、日本戦フル出場のコロンビア代表MFレルマを獲得! 2年連続のクラブ最高額更新

▽ボーンマスは7日、レバンテからコロンビア代表MFジェフェルソン・レルマ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は5年間。 ▽クラブの発表によると、移籍金については明かされていないものの、クラブ史上最高額での獲得とのこと。なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、移籍金は2500万ポンド(約36億円)であり、昨年チェルシーから獲得したMFネイサン・アケに続いて2年連続でクラブ最高額を更新することになったという。 ▽レルマは2016-17シーズンに半年間の期限付き移籍を経て、母国のアトレティコ・ウイラからレバンテに完全移籍。昨シーズンはリーガエスパニョーラで26試合に出場し、1アシストを記録していた。 ▽また、7月まで行われていたロシア・ワールドカップにも出場。4試合全試合に出場し、ベスト16入りに貢献。グループステージ初戦の日本代表戦ではフル出場していた。 ▽ボーンマスへの加入が決定したレルマは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ボーンマスの選手になれたことをとても嬉しく思うよ。合意に達するまでは長いものだった。しかし、最も重要なことは今僕がここにいるということだよ」 「プレミアリーグのスタイルが好きなんだ。そして、その舞台でプレーできるチャンスを得たことがとても嬉しいよ。成功を楽しみにしているし、このクラブのために重要な役割を担っていきたいね」 2018.08.08 08:07 Wed
twitterfacebook
thumb

レバンテがガーナ代表FWドワミーナを獲得! 今年5月の日本代表戦にも出場

▽レバンテは7日、チューリッヒからガーナ代表FWラファエル・ドワミーナ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。 ▽レッドブルグループが運営するレッドブル・ガーナで発掘されたドワミーナは、2014年に系列のレッドブル・ザルツブルクに移籍。だが、トップチームでは出番はなく2016年にオーストリア2部のアウストリア・ルステナウに完全移籍した。 ▽同クラブでの活躍をキッカケにスイス1部のチューリッヒに翌年加入すると、在籍1年半で公式戦56試合に出場し25ゴール18アシストの数字を残した。 ▽また、左利きのパワフルなストライカーは2017年11月にガーナ代表デビューを飾ると、ここまで通算6試合に出場し2ゴールを記録。今年5月末に行われたキリンチャレンジカップ2018の日本代表戦では後半から途中出場していた。 2018.08.07 19:50 Tue
twitterfacebook
thumb

レバンテ、ヘントでFW久保裕也の同僚の快速ナイジェリア代表アタッカー獲得

▽レバンテは6日、ヘントからナイジェリア代表FWモーゼス・サイモン(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年となる。 ▽母国のGBSアカデミー、アヤックスの下部組織を経てスロバキアのトレンチーンでプロキャリアをスタートしたサイモンは、2015年にヘントに加入。爆発的なスピードに加え、両足を遜色なく使いこなす快速ウイングは、左右のウイングやセカンドトップを主戦場に同クラブの主力に定着。昨季は公式戦33試合に出場し6ゴール3アシストを記録した。 ▽以前にリバプールの獲得候補にも挙がった逸材は2015年にデビューしたナイジェリア代表でも21試合に出場し4ゴールを記録。ロシア・ワールドカップの候補メンバーに選出されていたものの、ケガの影響で最終メンバーに入ることはできなかった。 2018.08.07 13:35 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング