レバンテ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 レバンテ 18 3 9 7 15 26 -11 19

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-01-20
26:30
リーガエスパニョーラ
第20節
ビジャレアル vs レバンテ
2018-01-28
20:00
リーガエスパニョーラ
第21節
デポルティボ vs レバンテ
2018-02-05
リーガエスパニョーラ
第22節
レバンテ vs レアル・マドリー
2018-02-12
リーガエスパニョーラ
第23節
バレンシア vs レバンテ
2018-02-19
リーガエスパニョーラ
第24節
レアル・ソシエダ vs レバンテ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.01.14
20:00
リーガエスパニョーラ
第19節
レバンテ 0 - 1 セルタ
2018.01.11
27:30
コパ・デル・レイ
5回戦2ndレグ
レバンテ 0 - 2 エスパニョール
2018.01.07
24:15
リーガエスパニョーラ
第18節
バルセロナ 3 - 0 レバンテ
2018.01.04
29:00
コパ・デル・レイ
5回戦1stレグ
エスパニョール 1 - 2 レバンテ
2017.12.19
29:30
リーガエスパニョーラ
第17節
レバンテ 0 - 0 レガネス

基本データ

正式名称:レバンテUD

原語表記:Levante Union Deportiva

愛称:グラノータ(蛙)

創立:1909年

ホームタウン:バレンシア

チームカラー:青、エンジ

関連ニュース

thumb

何故ここに? バルセロナSDの視察先にスペイン紙も疑問

▽補強計画を続行するバルセロナが、意図の不明瞭な動きをみせている。スペイン『マルカ』が、疑問符の付く形で伝えた。 ▽今冬にブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョとコロンビア代表DFジェリー・ミナを獲得し、選手層に一層の厚みを持たせているバルセロナだが、『マルカ』のよれば移籍計画を続行している模様。今冬の移籍市場というタイミングでのさらなる補強を目指しているかは不明なものの、ロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)の姿が意外な場所で発見された。 ▽ロベルト・フェルナンデスSDが姿を現したのは、リーガエスパニョーラ第19節レバンテvsセルタが行われた、14日のシウダ・デ・バレンシア。レバンテの本拠地に、右腕的存在であるウルバーノ・オルテガ氏を引き連れて視察に訪れたとのことだ。 ▽憶測として、バルセロナは4日と11日にコパ・デル・レイ5回戦でセルタと対戦しており、特に4日の1stレグでは1-1の引き分けに。また、リーガ第18節では、レアル・マドリーと対戦して2-2のドローに持ち込んでいる。中でもリーガ18試合11ゴールを決め、スペイン人スコアラーとなっているFWイアゴ・アスパスの評価が上昇中だ。 ▽しかし、レバンテ、セルタの両クラブの選手に対して、バルセロナがアプローチをかけているといった噂は囁かれていないため、この行動の意図は謎であると記事は伝えている。 2018.01.15 15:45 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシ&パウリーニョ新年初弾にスアレスがリーガ5戦連発! 主役揃い踏みのバルサが新年初勝利!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第18節、バルセロナvsレバンテが7日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが3-0で快勝した。 ▽バルベルデ新監督の下、無敗で“冬の王者”に輝いた首位のバルセロナ(勝ち点45)は、新年最初のリーガで16位のレバンテ(勝ち点18)と対戦。2018年最初の公式戦となったコパ・デル・レイ5回戦1stレグのセルタ戦ではメッシら一部主力を温存した影響により、敵地で1-1のドローに終わった。その試合から中2日で行われる一戦に向けては出場停止のブスケッツ、ベンチスタートのピケに代わって、復帰後初先発のデンベレ、マスチェラーノを起用した以外、現状のベストメンバーを起用した。 ▽前日に加入が発表されたコウチーニョへの歓迎ムードも漂うカンプ・ノウでスタートした一戦は、立ち上がりからホームチームが押し込む展開に。すると12分、バイタルエリア中央でボールを持ったメッシがボックス左に走り込むジョルディ・アルバへ浮き球のパス。これをアルバが頭で折り返すと、メッシが左足のボレーシュートで合わせ右ポストの内側を叩いたボールがネットに吸い込まれ、2018年初戦で早速ゴールを奪った。 ▽メッシのゴールで早々に先制したバルセロナは、その後もメッシとスアレス、パウリーニョ、イニエスタの好連係で再三の決定機を創出。だが、スアレスのシュートがバーを叩くなど、決め切ることができない。 ▽それでも、38分には後方からのロングフィードに抜け出したセルジ・ロベルトが右サイド深くでダイレクトの折り返し。これをゴール前で受けたスアレスが胸トラップから見事な右足ボレーでゴール左隅に突き刺し、リーグ戦5試合連続となる今季11点目を記録した。その後もメッシの圧巻のボールキープからラキティッチが3点目に迫るなど、余裕の試合運びで前半を終えた。 ▽しかし、後半に入って緩さを見せるバルセロナは開始直後にイヴィのミドルシュートでGKテア・シュテーゲンがセーブを強いられると、65分にも相手のカウンターからボックス右でフリーのムーアに決定機を許すが、ここはテア・シュテーゲンの見事な対応で失点を逃れる。 ▽その後は冷静に試合をコントロールしたバルセロナはデンベレ、イニエスタ、セルジ・ロベルトを次々にベンチに下げて、ネウソン・セメド、アンドレ・ゴメス、これがリーガデビューとなるアルナイスが投入された。 ▽その後、後半アディショナルタイムには左サイドに流れたメッシのグラウンダーのクロスをゴール前に詰めたパウリーニョが冷静なダイレクトシュートで流し込み、試合を決定付ける3点目を奪取。この直後に試合はタイムアップを迎え、メッシとスアレス、パウリーニョとチーム得点ランク上位3選手揃い踏みのゴールで首位バルセロナが2018年初勝利を飾った。 2018.01.08 02:33 Mon
twitterfacebook
thumb

J1復帰の名古屋、更なる実力者獲りへ! 現地で豪州代表GK加入合意報道

▽新シーズンからJ1リーグに復帰する名古屋グランパスがレバンテに所属するオーストラリア代表GKミッチェル・ランゲラク(29)の加入で合意に達したようだ。スペイン『Cadena Ser』によれば、名古屋とレバンテは130万ユーロ(約1億7000万円)で合意の見通しだという。 ▽ランゲラクは、母国のメルボルン・ビクトリーでプロキャリアをスタートさせると、サウス・メルボルンFCを経て、2010年に加入したドルトムントで日本代表MF香川真司と同僚に。その後、シュツットガルトを経て、昨夏からレバンテに活躍の場を移した。 ▽名古屋は、このオフに推定移籍金1100万ユーロ(約14億7000万円)で元ブラジル代表FWジョーを獲得。さらに、MF長谷川アーリアジャスールを引き入れたほか、MF宮原和也を期限付き期間延長でチームに留めるなど、2年ぶりのJ1に向け、補強を進めている。 2018.01.06 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

セビージャ、がん治療のベリッソ監督復帰もゴールレスドロー《セビージャ》

▽リーガエスパニョーラ第16節のセビージャvsレバンテが、15日にサンチェス・ピスファンで行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽前節のレアル・マドリー戦で0-5の大敗を喫した5位のセビージャ(勝ち点28)と、前節のビルバオ戦で1-2と惜敗し3戦勝ちのない15位のレバンテ(勝ち点16)が対戦した。ホームのセビージャは、マドリー戦からスタメンを5名変更し、キャロル、フランコ・バスケス、ヘスス・ナバス、ムリエル、ノリートに代えて、エスクデロ、ガンソ、コレア、イェデル、サラビアを起用。また、先月28日に前立腺がんの手術を受けていたベリッソ監督がこの試合からベンチに復帰した。 ▽がんの治療を経て復帰したベリッソ監督の起用に応えたいセビージャの面々は、序盤から積極的に前線にボールを配給していく。しかし、中盤とディフェンスの2ラインをコンパクトに保つレバンテの牙城を崩せない。16分には、左サイドでボールを持ったコレアが突破を図ったが、相手DFに止められた。 ▽逆に17分には、ボックス内中央で味方からの折り返しを受けたウナルが、ダイレクトで合わせる。至近距離からの枠を捉えたシュートだったが、GKセルヒオ・リコが気迫のセーブ。ゴールを死守した。 ▽その後は、レバンテが中盤でのボール奪取からショートカウンターを浴びせる場面が続いたが、セビージャは最後の場面で集中した守備を披露。すると30分にチャンスが訪れる。エスクデロのクロスが相手DFに当たり軌道が変わると、ボックス内フリーのガンソの下へ。ガンソは飛び上がり頭で合わせたが、枠を捉えることができない。 ▽もう一度攻勢に出たいレバンテは、35分にボックス手前中央でFKを獲得。キッカーのジェイソンが強烈なシュートを蹴ると、右のポストに当たりゴールの内側に跳ね返る。ボールはネットに吸い込まれるかに思われたが、GKセルヒオ・リコが足で弾き出しスコアは動かず。試合はゴールレスで折り返しを迎えた。 ▽後半に入っても、セビージャはペースを掴み切れない。48分には、ジェイソンがボックス右に侵攻して右足を振り抜いた。シュートは枠を外れたが、積極的にセビージャのゴールマウスを脅かしていく。 ▽それでも57分には、敵陣右奥でボールを受けたサラビアが中央にドリブルしつつ、ダイアゴナルに走り込んだイェデルにスルーパスを供給。イェデルは至近距離からシュートを放ったが、GKオイエルに阻まれた。 ▽勝利したいセビージャは、67分にガンソに代えてフランコ・バスケスを、77分にはメルカドに代えてヘスス・ナバス、80分にはコレアに代えてムリエルを投入するなど、攻撃的な交代を敢行。しかし、その采配が効果を発揮することはなく、最後までゴールは生まれず。 ▽ゴールレスのまま試合が終了し、セビージャはベリッソ監督の復帰戦で勝利することはできなかった。対するレバンテも、4戦連続で勝ちなしとなっている。 2017.12.16 06:44 Sat
twitterfacebook
thumb

グリーズマン&ガメイロの2Gなどで5発大勝のアトレティコ、開幕からの無敗を維持《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは25日、リーガエスパニョーラ第13節でレバンテと対戦し、5-0で勝利した。 ▽4位のアトレティコ(勝ち点24)が、13位のレバンテ(勝ち点15)の本拠地シウダ・デ・バレンシアに乗り込んだ一戦。公式戦ここ10試合負けなしも、なかなか勝ち切れていないアトレティコ。前節のレアル・マドリーとの引き分けを挟んで2試合ぶりの白星を狙うロヒ・ブランコスは直近のチャンピオンズリーグのローマ戦から5選手を変更。ゴディンやガビ、コレアが先発に復帰したほか、ディフェンスラインにサビッチ、前線にはガメイロが起用された。 ▽試合は早々に動く。5分、最終ラインからのロングボールで一気に抜け出したガメイロがボックス右からグラウンダーのクロスを送ると、これがR・スアレスのオウンゴールを誘い、アトレティコが幸運な形で先制した。 ▽先制後も集中した戦いでレバンテに攻撃の隙を与えないアトレティコは、13分にコケ、23分にガメイロがゴールに迫る。すると29分、順調に2点目を追加する。 ▽ガビのスルーパスで最終ラインの裏に抜け出したコレア。GKオイエルもかわして無人のゴールを狙ったが、チェマ・ロドリゲスが懸命に戻り、シュートをブロック。しかしクリアしきれず、ゴール前に残ったこぼれ球をガメイロが流し込んでリードを広げた。 ▽後半もアトレティコペースで進むが、57分にGKオブラクのゴールキックを奪われると最後はウナルにゴール右をかすめるシュートを放たれ一瞬ヒヤリとする場面に。それでも、地力で勝るアトレティコは59分、グリーズマンのパスをオフサイドラインギリギリで受けたガメイロが難なくGKとの一対一を制し、3点目を挙げた。 ▽さらに65分、今度はガメイロがグリーズマンのゴールを御膳立て。味方のパスでボックス右に侵攻したガメイロがグラウンダーのクロスをファーサイドに送ると。走りこんだグリーズマンが合わせて4点目。直後の68分にも、ガメイロのボックス右からのシュートのこぼれ球をグリーズマンが押し込んで5点目を奪った。 ▽試合はこのまま終了。アウェイで5点を奪ったアトレティコがレバンテに大勝し、リーグ戦開幕からの無敗を維持した。 2017.11.26 06:35 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング