レバンテ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
8 レバンテ 13 4 1 4 14 15 -1 9

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-10-27
25:30
リーガエスパニョーラ
第10節
レバンテ vs レガネス
2018-11-03
リーガエスパニョーラ
第11節
ビジャレアル vs レバンテ
2018-11-10
リーガエスパニョーラ
第12節
レバンテ vs レアル・ソシエダ
2018-11-24
リーガエスパニョーラ
第13節
ウエスカ vs レバンテ
2018-12-01
リーガエスパニョーラ
第14節
レバンテ vs ビルバオ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.10.20
20:00
リーガエスパニョーラ
第9節
レアル・マドリー 1 - 2 レバンテ
2018.10.06
23:15
リーガエスパニョーラ
第8節
ヘタフェ 0 - 1 レバンテ
2018.09.30
25:30
リーガエスパニョーラ
第7節
レバンテ 2 - 1 アラベス
2018.09.27
27:00
リーガエスパニョーラ
第6節
バジャドリー 2 - 1 レバンテ
2018.09.23
19:00
リーガエスパニョーラ
第5節
レバンテ 2 - 6 セビージャ

基本データ

正式名称:レバンテUD

原語表記:Levante Union Deportiva

愛称:グラノータ(蛙)

創立:1909年

ホームタウン:バレンシア

チームカラー:青、エンジ

関連ニュース

thumb

ヴァラン背信のマドリーがレバンテに敗れ泥沼3連敗で5戦未勝利…CL挟んで次節はクラシコ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第9節、レアル・マドリーvsレバンテが20日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、アウェイのレバンテが2-1で勝利した。 ▽前節、アラベス相手の衝撃的な敗戦によって公式戦4戦未勝利(3敗1分け)に加え、その間無得点とロペテギ体制で最初の危機を迎えているマドリー。5試合ぶりのゴールと勝利を目指す今節は土曜のランチタイムキックオフで難敵レバンテを迎え撃った。自身の進退も問われる一戦に向けてロペテギ監督は負傷明けのマルセロ、イスコを復帰させた。一方、ベイルとクロース、ベンゼマをベンチに置き、前線はアセンシオと今季リーグ初先発のルーカス・バスケス、マリアーノを起用した。 ▽FIFAウイルスと来週ミッドウィークから再開されるチャンピオンズリーグ(CL)の影響でタフな戦いが想定された今回の一戦。マドリーにとっては悪夢のような立ち上がりとなる。開始7分、ハーフウェイライン付近でセルヒオ・ポスティゴが出した背後へのボールに対してDFヴァランが中途半端な対応でクリアし損ねると、ボックス内に抜け出したホセ・モラレスが飛び出したGKクルトワを浮き球でかわし無人のゴールへシュートを流し込み、アウェイチームが先制点を奪う。 ▽さらに13分にはボックス付近でロジェールの浮かしたボールをDFヴァランが手を使ってブロックすると、最初はボックスの外からのFKと判定される。だが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ハンドがボックス内と訂正されて痛恨のPK献上。これをキッカーのロジェールに決められて瞬く間に2点のビハインドを背負うことに。 ▽早くもざわつくサンティアゴ・ベルナベウの空気を鎮めたいマドリーはすぐさま反撃。17分には右CKからカゼミロのヘディングシュートがクロスバーを叩きこぼれ球をアセンシオが頭で流し込む。しかし、VARによる検証の結果、アセンシオがオフサイドを取られてゴールは認められない。 ▽それでも、気持ちを切り替えて相手を押し込むマドリーはサイドからのクロスやセットプレーから再三の決定機を作り出す。だが、バスケスやセルヒオ・ラモスのシュートはことごとく相手GKオイエルの好守に遭う。さらに34分にはセットプレーの流れからバスケスのクロスにゴール前のマリアーノが頭で合わせるが、これもバーに阻まれる。その後、前半終了間際には相手のカウンターからロジェールにゴールネットを揺らされるが、ここはその前のトーニョ・ガルシアのオフサイドにより事なきを得た。 ▽前半終了時にマドリディスタから強烈なブーイングを受けたホームチームはハーフタイム明けにオドリオソラを下げて切り札のベイルを投入。この交代でバスケスが右サイドバックに下がり、より攻撃的な布陣で逆転を目指す。立ち上がりの50分にはボックス内のモドリッチにシュートチャンスもここは相手DFのブロックに遭う。 ▽前半同様に決め切れない状況が続くマドリーは60分、アセンシオとイスコを下げてダニ・セバージョス、ベンゼマを同時にピッチへ送り込んで早々に3枚の交代枠を使い切る。65分にはボックス手前の好位置で得たFKをキッカーのベイルがゴール左隅に飛ばすが、これも相手GKオイエルのビッグセーブに阻まれる。それでも、諦めずに攻め続けるマドリーは72分、右サイドからのクロスをベイル、ベンゼマとボックス内で繋ぐと、ボックス中央でフリーのマルセロが右足の強烈なシュートを中央上隅に突き刺し、待望の5試合ぶりのゴールを奪った。 ▽このゴールで一気にヒートアップしたスタジアムの後押しを受けてマドリーは一気呵成の攻めを見せる。76分には左サイド深くでのセバージョスのボール奪取からマルセロを経由したボールをボックス左角のベンゼマが右足のコントロールシュート。だが、このシュートはクロスバーを叩く。さらに攻勢を強めるホームチームは88分、バスケスの右クロスをベンゼマが頭で合わせ、GKが弾いたボールをマリアーノがすかさずゴールへ蹴り込む。しかし、マリアーノはオフサイドを取られてしまい、絶好の同点機会を逸した。 ▽そして、無情にも試合はこのままタイムアップ。マドリディスタの怒号に晒されたロペテギ率いるチームは、公式戦3連敗で5戦未勝利に。CLビクトリア・プルゼニ戦を挟んだ次節、バルセロナとのエル・クラシコを最悪な状態で迎えることになった。 2018.10.20 22:18 Sat
twitterfacebook
thumb

白熱のダービーはドロー決着…バレンシア、10人のレバンテに勝ち切れず《リーガエスパニョーラ》

▽バレンシアは2日、リーガエスパニョーラ第3節でレバンテのホームに乗り込み、2-2で引き分けた。 ▽前節セルタ戦を1-2で落とし連勝を逃したレバンテが、開幕2戦1分け1敗と未勝利に苦しむバレンシアをホームに迎えた“バレンシア・ダービー”。 ▽バレンシアは、0-2で敗北した前節のエスパニョール戦からスタメンを2名変更。コンドグビア、サンティ・ミナに代えて、チェリシェフ、ガメイロを起用した。また、注目のFWゲデスは欠場となった。 ▽また、レバンテはセルタ戦からスタメンを3名変更。R・スアレス、ドゥクレ、ジェイソンに代えて、チェマ・ロドリゲス、プルチッチ、E・ボアテングを起用した。 ▽試合の序盤、パレホを中心として緩急をつけた攻めを展開するバレンシアが押し込み、レバンテが最終ラインで跳ね返しつつ素早いカウンターを狙うという構図が続く。 ▽レバンテがバレンシアのリズムに慣れ始めた13分、ピッチ中央付近でパレホがボールをロスト。カウンターを発動させたレバンテは、ホセ・モラレスが2人、3人とかわしボックス手前まで中央を侵攻していく。2対3でバレンシアが数的優位に陥ると、ボックス左のE・ボアテングにスルーパスが通る。E・ボアテングのシュートはGKネトが防いだものの、こぼれ球に詰めたロジェールが押し込んだ。 ▽先制を許したバレンシアは、直後の16分に反撃を浴びせる。ボックス手前右でボールを持ったソレールが右足でクロスを供給すると、ボックス内中央のチェリシェフが反応。そのままヘディングシュートを放ち、スコアをイーブンに戻した。 ▽さらに26分、バレンシアに逆転のチャンスが訪れる。左サイド深い位置でボールを持ったガヤが、レバンテDFの股を抜くパスをボックス内に送る。ボックス内左フリーの状態でボールを持ったチェリシェフがGKオイエルを引き付けてグラウンダーのボールを中央に折り返すと、ガメイロが駆け込む。しかし、素早い球足に上手くミートさせることができず、無人のゴールを目前にして枠を外した。 ▽試合はその後、どちらが優勢ともつかない一進一退の攻防に。34分、ややボールが持てる時間の増えてきたレバンテは、バレンシア陣内右サイド浅い位置のバルディが最前線に高精度のフィードを通す。すると、抜け出したロジェールがボックス内左でワントラップして左足でゴール右隅を射抜き、勝ち越し弾とした。 ▽レバンテが2-1でリードして迎えた後半も、バレンシアはなかなか主導権を握ることができない。逆に、ホセ・モラレスのキープやE・ボアテングのフィジカルに苦しみ、度々ピンチに瀕する。 ▽それでも、左サイドからクロスが上がると反応したソレールがボックス内右でDFトーニョ・ガルシアに倒され、PKを獲得。52分、キッカーのパレホがゴール左に豪快に蹴り込み、耐える展開の中でもスコアを振り出しに戻した。 ▽この得点でやや息を吹き返したバレンシアは、最前線でコンビを組むガメイロとロドリゴのカウンターから幾度かゴールに迫るが、詰めの部分で息が合わずネットを揺らすことができない。68分にガメイロに代えてバチュアイを、70分にチェリシェフに代えてフェラン・トーレス投入し、打開を図っていく。 ▽すると76分、ドリブルを仕掛けたフェラン・トレースが倒されると、DFコケにこの日2枚目のイエローカードが提示される。バレンシアは数的優位を手にすることに。 ▽しかし、その後のバレンシアの猛攻もレバンテが決死の守備を見せ、ゴールを許さない。結局、試合は2-2のスコアで終了の笛を聞くことなった。 ▽この結果、バレンシアはまたしても白星の奪取に失敗。開幕3試合連続で未勝利となった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.02 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーFWマジョラル、レバンテへレンタル移籍

▽レバンテは8月31日、レアル・マドリーのU-21スペイン代表FWボルハ・マジョラル(21)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽マジョラルは今季、元フランス代表FWカリム・ベンゼマのバックアッパーとしての役割を期待されていたが、マドリーがリヨンからドミニカ代表FWマリアーノ・ディアス(25)を連れ戻したことで、3番手への降格が有力となった。 ▽そこで、マジョラルに十分な出場機会を与えるため、ベティスやセビージャへのレンタル移籍が報じられていた。 ▽マドリーのカンテラ出身のマジョラルは2015年にトップチームデビュー。その後、2016年にヴォルフスブルクへの1年間のレンタル移籍を経て、2017年に復帰を果たしており、昨季はリーグ戦14試合で3ゴールをマークしていた。 2018.09.01 03:16 Sat
twitterfacebook
thumb

レバンテ、スペイン人右SBが2部ヒムナスティックにレンタル移籍

▽レバンテは28日、スペイン人DFイバン・ロペス(25)がセグンダA(スペイン2部)に所属するヒムナスティック・タラゴナに今シーズン終了までレンタル移籍することを発表した。 ▽レバンテの地元バレンシア出身でクラブ生え抜きの右サイドバックのイバン・ロペスは、2012年にトップチームデビュー。スペインの世代別代表経験もあるラテラルだが、度重なるケガの影響もあり思うように出場機会を得られず。昨シーズンは開幕から3試合連続出場を果たすも、前十字じん帯断裂の重傷を負い、早々にシーズンを終えることになっていた。 2018.08.29 13:33 Wed
twitterfacebook
thumb

ベティス戦で驚異の77M独走弾…30代に入りマラドーナ&メッシ級の衝撃をもたらすレバンテMFモラレス

17日のリーガエスパニョーラ開幕節、ベティスvsレバンテ(0&minus;3)でMFホセ・ルイス・モラレスが見せた衝撃的な活躍が、スペインで話題となっている。<br><br>まさに驚異だった。&ldquo;コマンダンテ(司令官)&rdquo;の異名で知られるモラレスは54分、自チームのGKオイエル・オラサバルのロングキックをハーフウェーライン手前で競り合い、この空中戦に勝利すると、77メートルを独走。DFマルク・バルトラ、MFフランシス・ゲレーロを大きなストライドのドリブルで抜き去り、最後にペナルティーエリア内でMFセルヒオ・カナレスをキックフェイントでかわして、右足アウトサイドのシュートでネットを揺らした。<br><br>その後もモラレスは献身的な守備と迫力満点のドリブルで攻守にわたって存在感を発揮し、94分にはダメ押しとなるチーム3点目も記録。この活躍によってレバンテのキャプテンは、スペインの『ツイッター』でトレンドワード1位に輝くことに。ディエゴ・マラドーナ氏やバルセロナFWリオネル・メッシ級の衝撃的選手とも称された。<br><br>レバンテのエースであり、同チームの最多得点記録も保持する31歳モラレスは、苦労人として知られる。若い頃にはなかなか芽が出ず、レバンテのBチームに加わったのが24歳の頃。同選手は当時について「フットボールにおける最後のチャンスだと思った。もし、成功をつかめなければ、違う仕事に就いていただろう」と振り返る。<br><br>モラレスはレバンテB加入から2年後の2013年に、ついにトップチームデビューを果たす。2013-14シーズンには現ベティスMF乾貴士の古巣となるエイバルにレンタル移籍し、それ以降は自分を拾ってくれたレバンテでプレーし続けている。<br><br>そんなモラレスが脚光を浴び始めたのは30歳を超えてからで、180センチの長身が可能とする大きなストライド、強い体幹、確かな技術から繰り出されるドリブルによって、対戦チームから驚異の存在として恐れられるようになった。2017&minus;18シーズンには10得点8アシストを記録し、スペイン代表に初招集される可能性も騒がれている。<br><br>遅咲きのドリブラーはベティス戦後、自身の独走弾について「良いゴールだった。チームの勝ち点3獲得、目標に近づくために役立った」と、あくまで勝利に貢献する1点であったことを強調する。モラレスとレバンテの契約解除金は2500万ユーロに設定されているが、モラレスは契約を延長することに合意しており、解除金も大幅に引き上げられる予定だ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.08.18 23:30 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング