レアル・マドリー

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 レアル・マドリー 93 29 6 3 106 41 65 38

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-08-28
リーガエスパニョーラ
第2節
レアル・マドリー vs バレンシア
2017-09-11
リーガエスパニョーラ
第3節
レアル・マドリー vs レバンテ
2017-09-18
リーガエスパニョーラ
第4節
レアル・ソシエダ vs レアル・マドリー
2017-09-21
リーガエスパニョーラ
第5節
レアル・マドリー vs ベティス
2017-09-25
リーガエスパニョーラ
第6節
アラベス vs レアル・マドリー

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.08.20
29:15
リーガエスパニョーラ
第1節
デポルティボ 0 - 3 レアル・マドリー
2017.08.08
27:45
UEFAスーパーカップ
レアル・マドリー 2 - 1 マンチェスター・ユナイテッド
2017.07.30
09:05
インターナショナル・チャンピオンズカップ2017(アメリカR)
レアル・マドリー 2 - 3 バルセロナ
2017.07.27
12:35
インターナショナル・チャンピオンズカップ2017(アメリカR)
マンチェスター・シティ 4 - 1 レアル・マドリー
2017.07.24
06:05
インターナショナル・チャンピオンズカップ2017(アメリカR)
レアル・マドリー 1 - 1 マンチェスター・ユナイテッド

基本データ

正式名称:レアル・マドリーCF

原語表記:Real Madrid Castilla Club de Futbol

愛称:メレンゲス(白いお菓子)、マドリディスタス、ブランコス(白)

創立:1930年

ホームタウン:マドリッド

チームカラー:白

関連ニュース

thumb

退場に不満のセルヒオ・ラモス「プレミアを観るべき」

▽リーガエスパニョーラ開幕節で退場処分を受けたレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、判定に対する不満を漏らした。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽20日に行われたデポルティボ・ラ・コルーニャとの試合で、マドリーは3-0と快勝。幸先の良いスタートを切った同クラブであったが、主将を務めていたセルヒオ・ラモスは後半アディショナルタイムに相手選手の頭にヒジ打ちを行ったとして、その日2枚目のイエローカードを提示され退場処分を受けた。 ▽セルヒオ・ラモスは、プレーを止める回数が少ないことで知られるプレミアリーグのレフェリングを引き合いに出し、自身の退場処分に対する苛立ちを露にした。 「あのカードには不満があるけど、レフェリーの判断は尊重するよ」 「(リーガエスパニョーラの)運営も時々イングランドのサッカーを観て、もっとプレーを流すべきだ。ヨーロッパの中でも彼らの判定基準が好みだよ。より寛大だからね」 「(退場処分には)腹が立った。確かに(自身の手が)シェアーの頭に当たったけど、彼を傷つける意図はなかった」 ▽また、セルヒオ・ラモスはマドリーが勝ち続けることを他のクラブが快く思っていないとの持論も明かした。 「多くのタイトルを獲得すると、ライバルたちに反感を抱かれるんだ」 ▽なお、今回の退場でリーガエスパニョーラにおけるレッドカードの最多記録の18回に並んだセルヒオ・ラモスは、次節のバレンシア戦を欠場することになる。 2017.08.22 01:04 Tue
twitterfacebook
thumb

タレントの松田るかさんが“2017-18 WOWOWリーガール”に就任!「リーガダイジェスト!」は今年で10周年!

▽WOWOWは21日、19日に開幕した「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ 2017-18シーズン」の「リーガダイジェスト!」初回放送分の収録を行い、“2017-18 WOWOWリーガール”にタレントとして活躍中の松田るかさんが就任したことを発表した。 ▽WOWOWはこの日、メディア向けのスタジオ収録見学会を実施。新シーズンのリーガ・エスパニョーラを盛り上げるだけでなく、彩る存在として6代目のリーガールに就任した松田さんも、お披露目も兼ねて今回の収録に初登場した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/wowow20170821_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽松田さんは沖縄県出身の21歳。『仮面ライダーエグゼイド』ではヒロイン役の仮野明日那役、ポッピーピポパポ役で出演している。松田さんは、今後、今年で番組放送10周年目を迎える「リーガダイジェスト!」のみならず、ヘタフェに所属する元日本代表MF柴崎岳の最新情報を中心にネット配信する新番組「リーガダイジェストNEXT」などを通じて、彼女ならではの視点からリーガ・エスパニョーラの魅力を伝えていく。 ★「リーガダイジェスト!」 【放送日】8月21日(月)〜 毎週月曜 夜8:00 週末に開催されたリーガの全試合全ゴールをお届けしてきた「リーガダイジェスト!」。10周年を迎える今シーズンは、放送時間を10分拡大し、リーガの魅力によりディープに迫る。 ★「リーガダイジェストNEXT」 【放送日】8月24日(木)〜 毎週木曜 夜8:00 日本人情報や現地最新映像、プレー解説などを中心にお届けするネット配信の新番組! 2017.08.21 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

開幕戦で退場のセルヒオ・ラモスがリーガ最多退場記録に並ぶ

▽レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、リーガエスパニョーラにおけるレッドカードの最多記録に並んだ。 ▽18日に新シーズンの開幕を迎えたリーガエスパニョーラ。マドリーは、アウェイでデポルティボ・ラ・コルーニャと対戦。3-0で勝利したが、セルヒオ・ラモスは後半アディショナルタイムに相手選手をヒジ打ちし、2枚目のイエローカードを受けて退場処分となっていた。 ▽セルヒオ・ラモスは、これによりリーガエスパニョーラで18回目の退場処分となり、かつてバルセロナやアトレティコ・マドリー、セビージャなどでプレーしたパブロ・アルファロ氏、レアル・サラゴサなどでプレーしたシャビ・アグアード氏に並んでしまった。 2017.08.21 12:38 Mon
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ、今月中にもレアル・マドリーとの新契約にサインか

▽レアル・マドリーと元フランス代表FWカリム・ベンゼマ(29)は、今月中にも新契約締結に至るようだ。スペイン『アス』がフランス『Le Journal du Dimanche』の情報を基に伝えた。 ▽2009年夏からレアル・マドリーでプレーするベンゼマが新たに契約を結ぶのは今回で2度目。新契約の期間は2021年6月までとみられ、昇給も見込まれているという。 ▽ベンゼマは、これまで公式戦通算368試合182得点103アシストをマーク。2度のリーガエスパニョーラ、3度のチャンピオンズリーグ優勝を経験するなど数々のトロフィー獲得に貢献してきた。 ▽なお、今シーズンもここまでUEFAスーパカップの1試合、スーペル・コパの2試合、リーガエスパニョーラの1試合に出場。スーペル・コパ2ndレグで今シーズンの公式戦初ゴールを記録している。 2017.08.21 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモス退場も王者レアル・マドリーが鬼門リアソール攻略で快勝スタート《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは20日、リーガエスパニョーラ第1節でデポルティボとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 ▽昨季王者のレアル・マドリーは、4日前に行われたバルセロナとのスーペル・コパ2ndレグを2-0と快勝。UEFAスーパーカップ、スーペル・コパを制して既に今季2つのタイトルを獲得した中、バルセロナ戦のスタメンから4選手を変更。ヴァランやアセンシオがベンチスタートとなって温存されていたイスコやカゼミロ、ベイルらがスタメンとなった。 ▽鬼門リアソールでのデポルティボ戦に向けて、3トップに右からベイル、ベンゼマ、イスコと並べる[4-3-3]で臨んだレアル・マドリーがアグレッシブな入りを見せる。しかし、開始5分にピンチを迎える。 ▽ナチョに競り勝ったアンドネにボックス左に侵入されシュートを打たれた。決定的だったが、GKケイロル・ナバスが好守で凌ぐ。続く8分にもディフェンスライン裏に抜け出たアンドネがGKと一対一となるも、ここもケイロル・ナバスがファインセーブで止めると、20分に先制した。 ▽モドリッチのミドルシュートをGKが弾くと、ルーズボールをベンゼマがフリーのベイルへパス。ベイルは無人のゴールに押し込んだ。さらに26分、ボックス左のマルセロの鋭いグラウンダークロスをファーサイドのカゼミロが押し込んだ。ハーフタイムにかけてはレアル・マドリーが主導権を握ったまま、前半を終えた。 ▽迎えた後半もレアル・マドリーが押し込む展開としたものの、59分にピンチ。左CKの流れからアンドネのヘディングシュートが枠に飛んだが、ゴールライン前のセルヒオ・ラモスがカットした。 ▽ひやりとしたレアル・マドリーは61分にベイルの直接FKでゴールに迫ると、62分に突き放した。ボックス左に侵入したベイルのマイナスの折り返しを、クロースが丁寧にゴールへ流し込んだ。 ▽その後、自陣でのミスパスからギジェルメにバー直撃のシュートを浴びたものの、余裕のレアル・マドリーはイスコに代えてアセンシオを、ベイルに代えてL・バスケスを投入していく。 ▽終盤の88分、カルバハルがPKを献上したものの、キッカーのアンドネのシュートをGKケイロル・ナバスがセーブ。追加タイム2分に競り合いの際にヒジ打ちをしたとしてセルヒオ・ラモスが2枚目のイエローカードを受けて退場となったが、レアル・マドリーが3-0で快勝。鬼門リアソールを攻略し、快勝スタートとしている。 2017.08.21 07:08 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング