レアル・マドリー

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 レアル・マドリー 52 16 4 2 57 20 37 22

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-02-26
28:45
リーガエスパニョーラ
第24節
ビジャレアル vs レアル・マドリー
2017-03-01
29:30
リーガエスパニョーラ
第25節
レアル・マドリー vs ラス・パルマス
2017-03-04
24:15
リーガエスパニョーラ
第26節
エイバル vs レアル・マドリー
2017-03-07
28:45
CL決勝トーナメント
ラウンド16・2ndレグ
ナポリ vs レアル・マドリー
2017-03-12
28:45
リーガエスパニョーラ
第27節
レアル・マドリー vs ベティス

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.02.22
26:45
リーガエスパニョーラ
第16節
バレンシア 2 - 1 レアル・マドリー
2017.02.18
24:15
リーガエスパニョーラ
第23節
レアル・マドリー 2 - 0 エスパニョール
2017.02.15
28:45
CL決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ
レアル・マドリー 3 - 1 ナポリ
2017.02.11
28:45
リーガエスパニョーラ
第22節
オサスナ 1 - 3 レアル・マドリー
2017.01.29
28:45
リーガエスパニョーラ
第20節
レアル・マドリー 3 - 0 ソシエダ

基本データ

正式名称:レアル・マドリーCF

原語表記:Real Madrid Castilla Club de Futbol

愛称:メレンゲス(白いお菓子)、マドリディスタス、ブランコス(白)

創立:1930年

ホームタウン:マドリッド

チームカラー:白

関連ニュース

thumb

J・アルバ、イスコの“禁断の移籍”に言及…「良い選手なら常に歓迎」とバルセロナ入りを後押し?

バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバは、同じくスペイン代表でレアル・マドリーに所属するMFイスコがクラブでもチームメイトとなる可能性について言及している。<br><br>24歳のスペイン人テクニシャンは今シーズン、ジネディーヌ・ジダン監督のもとで出場機会を確保するのに苦しんでおり、リーグ戦の先発は11。そのため、移籍を考慮していると伝えられており、新天地の候補にはレアル・マドリーの宿敵であるバルセロナも挙げられてる。かつてバレンシアでともにプレーしていたアルバは「良い選手は常に歓迎」と話し、イスコの&ldquo;禁断の移籍&rdquo;について触れた。<br><br>「イスコとは多くの時間をともに過ごした。バレンシア時代から彼のことを知っているし、実力もわかっている。何が起こるかはじきにわかるだろう」<br><br>イスコは2018年までマドリーとの契約を残し、クラブもフリーでの放出は回避したいと考えているため、今夏の移籍の可能性が取りざたされている。<br><br>提供:goal.com 2017.02.24 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

レアルが公式戦43試合連続で得点を記録…バルサが持つレコードまであと1試合に迫る

レアル・マドリーは22日、未消化となっていたリーガ・エスパニョーラ第16節でバレンシアと対戦した。44分にクリスティアーノ・ロナウドが挙げたゴールによって、連続得点記録試合数が43に伸びた。<br><br>今季ここまで好調を維持していたレアルだが、22日に行われたバレンシア戦では1-2で敗れた。2位バルセロナとの勝ち点差を広げる絶好の機会を逃したレアルだが、前半終了間際にC・ロナウドが得点を挙げた。レアルは昨シーズンの4月30日に行われたレアル・ソシエダ戦から公式戦43試合連続で、少なくとも1点以上を記録し続けている。<br><br>スペインのクラブによる記録は、1944年にバルセロナが記録した44試合連続となっている。レアルはあと1試合でその記録に並ぶ。<br><br>レアル・マドリーは26日、リーガ第24節でビジャ・レアルと対戦する。ビジャレアルは今季ここまでリーグ戦23試合15失点とリーグ最少失点を誇る。レアルは堅守を誇る相手から得点を奪うことができるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.24 02:29 Fri
twitterfacebook
thumb

元レアルのドレンテが衝撃の告白「バルサに2-6で負けたあと夜遊びに行った」

元レアル・マドリーMFロイストン・ドレンテが、衝撃の事実を明かしている。<br><br>先日現役引退を表明したドレンテは、2007年から2010年までレアルに在籍。当時はジョゼップ・グアルディオラ現マンチェスター・シティ監督が率いたバルセロナが黄金期を迎え、スペインでの覇権はレアルではなくバルセロナが握っていた。<br><br>そのなかでも、レアルとバルサのファンの間で強く印象に残っている試合がある。2008-09シーズン、レアルの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われた一戦だ。この試合ではバルセロナが6-2でレアルに圧勝。リーガエスパニョーラ優勝を決定付けた試合である。<br><br>ドレンテはその試合後クラブの&ldquo;禁止事項&rdquo;を破ったことを明かしている。「僕たちはバルセロナに負けたあとナイトクラブに行ったんだ。リフレッシュするためにね」ドレンテはなおも続けた。<br><br>「マドリーでは、夜遊びに出掛けるのはタブーだった。ナイトクラブに行ってもいいけど、負けたらダメ。敗戦した時にサポーターがナイトクラブで選手を見つけたら、絶対に許さなかった」<br><br>「だけど、あのチームには若い選手がたくさんいた。誰とは言わないけれどね。バルセロナ戦後にチームメートから電話があって、『ロイ、行こうぜ』と言われたんだ」<br><br>提供:goal.com 2017.02.23 22:34 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセロ、「バカげた」2失点を嘆く...敗戦の責任は「自分たちにある」

レアル・マドリーは22日のリーガエスパニョーラ第16節延期分、敵地メスタージャでバレンシアに1-2と敗れた。DFマルセロは、序盤の2失点を悔やんでいる。<br><br>レアルは未消化試合を2試合残した状況で2位バルセロナに勝ち点1差で首位に立っていた。しかしながらバレンシア戦では開始早々に2ゴールを献上し、終盤の猛攻も虚しく敗戦。2位との勝ち点差は1のままとなっている。<br><br>マルセロはミックスゾーンで「試合の入り方が悪かった。言い訳はできないよ。(敗戦の)責任は僕たちにある。バカげた2失点を喫してしまった。僕たちは首位のままだけど、何かを変えなければ。ああいった形で試合に入ってはいけない」と悔しさをにじませた。<br><br>一方で、「バレンシアは偉大なチームだ。彼らのホームグラウンド(メスタージャ)では選手、サポーターの両方がプレッシャーをかけてくる」と対戦相手の健闘をたたえた。「同点に持ち込むため、できることはすべてやった。けど僕たちはミスから学ばなくてはいけない」。ブラジル代表DFは次戦に向けて気持ちを切り替えている。<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.23 22:31 Thu
twitterfacebook
thumb

首位マドリーが鬼門メスタージャで低迷するバレンシアに痛恨の敗戦… C・ロナウドのキャリア通算700試合目を勝利で飾れず《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第16節延期分のレアル・マドリーvsバレンシアが22日にメスタージャで行われ、2-1でバレンシアが勝利した。 ▽昨年末に行われたFIFAクラブワールド・カップにレアル・マドリーが出場した関係で、順延となっていた一戦。4日前に行われたエスパニョール戦で主力を一部温存するも、ベイルの復帰弾などで勝利した首位レアル・マドリー(勝ち点52)は、その試合からスタメン6人変更。ベンゼマやモドリッチ、カゼミロら主力がスタメンに復帰。また、この試合がキャリア通算700試合目となるクリスティアーノ・ロナウドもスタメンに名を連ねた。 ▽一方、直近のビルバオ戦で4試合ぶりの白星を飾った15位バレンシア(勝ち点23)は、その試合からシケイラに代えてカンセロを変更した以外は、同じスターティングメンバーを起用した。 ▽試合は開始早々の5分に動く。右サイドを持ち上がったムニルのクロスをボックス内で受けたザザがワントラップから反転シュート。これがゴール左に突き刺さり、バレンシアが先制した。 ▽反撃に出たいマドリーだが、再びスコアを動かしたのはバレンシア。9分、自陣でヴァランからボールを奪ったムニルが縦に素早くボールをつけると、ザザ、ナニと繋ぎ、最後はナニからのパスを、ボックス中央右で受けたオレジャーナがシュート。これがGKケイロル・ナバスの股下を射抜き、ゴールネットを揺らした。 ▽開始10分でまさかの2点ビハインドを負ったマドリーは、圧倒的なポゼッションでバレンシアを押し込む。しかし、スムーズなビルドアップから、アタッキングサードまでボールを運ぶものの、集中した守備陣を前になかなか決定機を作り出せない。 ▽一方、リードするバレンシアだが、38分にアクシデント。左サイドをドリブルで仕掛けたナニが左足を負傷し、シケイラとの交代を余儀なくされた。 ▽このまま前半終了かと思われたが、前半終盤にマドリーが1点を返す。44分、バイタルエリア左でボールを受けたマルセロのクロスをボックス中央のC・ロナウドが頭でゴール左に叩き込んだ。 ▽後半に入ってもマドリーの猛攻に晒されるバレンシアは56分、オレジャーナを下げてソレールを投入。対するマドリーは、62分にハメス・ロドリゲスに代えてベイルをピッチに投入した。 ▽その後は、互いにアタッキングサードで激しくボールを奪い合う肉弾戦の様相を呈する。同点ゴールが遠いマドリーは63分、プレーに精彩を欠いたヴァランを下げて ナチョを投入。さらに76分には、モドリッチに代えてルーカス・バスケスをピッチに送り出した。 ▽すると試合終盤にマドリーがバレンシアゴールに迫る。後半アディショナルタイム2分、左サイドでボールを受けたマルセロが右足でクロスを供給。これに反応したC・ロナウドがヘディングシュートで合わせたが、これはオフサイドの判定を取られる。 ▽最後までゴールを目指したマドリーは、70パーセント近いボール支配率で押し込んだものの、集中したバレンシア守備陣を最後まで崩しきれず。5試合ぶりの敗戦を喫したマドリーは、2位バルセロナとの勝ち点差を広げることはできなかった。 2017.02.23 05:06 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング