レアル・マドリー

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 レアル・マドリー 76 22 10 6 94 44 50 38

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-08-19
29:15
リーガエスパニョーラ
第1節
レアル・マドリー vs ヘタフェ
2018-08-25
リーガエスパニョーラ
第2節
ジローナ vs レアル・マドリー
2018-09-01
リーガエスパニョーラ
第3節
レアル・マドリー vs レガネス
2018-09-15
リーガエスパニョーラ
第4節
ビルバオ vs レアル・マドリー
2018-09-22
リーガエスパニョーラ
第5節
レアル・マドリー vs エスパニョール

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.08.08
09:05
インターナショナル・チャンピオンズカップ2018
レアル・マドリー 2 - 1 ローマ
2018.08.05
07:05
インターナショナル・チャンピオンズカップ2018
レアル・マドリー 3 - 1 ユベントス
2018.08.01
09:05
インターナショナル・チャンピオンズカップ2018
マンチェスター・ユナイテッド 2 - 1 レアル・マドリー

基本データ

正式名称:レアル・マドリーCF

原語表記:Real Madrid Castilla Club de Futbol

愛称:メレンゲス(白いお菓子)、マドリディスタス、ブランコス(白)

創立:1930年

ホームタウン:マドリッド

チームカラー:白

関連ニュース

thumb

ユベントスがレアル・マドリーに“平手打ち”…ピャニッチへの76億円オファーを拒否

ユベントスは、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチへ届いたレアル・マドリーのオファーを拒否した。イタリア紙『トゥット・スポルト』が14日、「レアルへ平手打ち」との見出しで報じている。<br><br>ユベントスは今夏、総額146億円を投じてレアル・マドリーからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得したが、中盤の要であるピャニッチを放出してまで資金を捻出する意思はないという。ユーベは現在、ボスニア代表MFに対し、年俸650万ユーロ(約8.2億円)の条件で2023年までの契約延長をオファーしており、レアルから仲介者を通して届いた6000万ユーロ(約76億円)のオファーには、「ノー」と即答している。<br><br>ピャニッチはレジスタだけでなく、ウィングハーフ、トップ下をもこなし、マッシミリアーノ・アッレグリ率いるユーベの構想において、重要な役割を占める。ユーベは新契約において、移籍金を8000万ユーロ(約102億円)以上に設定することを検討しており、少なくとも今夏のピャニッチ放出は予定されていない。<br><br>また、28歳のユーベMF本人も、ヴィラル・ペローザでの下部組織とのテストマッチ終了後にツイッターを更新。「今年も皆とヴィラル・ペローザで一緒に過ごせて良かったよ!今年は一緒に偉業を達成できるよう願っている」と綴り、「最後までビアンコネーロ(白黒)ユベントス」とのハッシュタグも添えて、所属クラブへの忠誠を示した。<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.14 19:14 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリー・カスティージャの10番、MFオスカル・ロドリゲスがレガネスにレンタル

▽レガネスは13日、レアル・マドリーからMFオスカル・ロドリゲス(20)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタルい期間は今シーズン一杯となる。 ▽オスカル・ロドリゲスは、2015年7月にマドリーU-18に入団。2017年7月からはカスティージャに所属していた。2017-18シーズンはセグンダB(スペイン3部)で34試合に出場し6ゴール5アシストを記録。UEFAユースリーグでも7試合に出場し4ゴール2アシストを記録していた。 ▽トップチームでは、コパ・デル・レイのラウンド16のフエンラブラダ戦でデビュー。その後は、リーガエスパニョーラのエスパニョール戦、ラス・パルマス戦、セビージャ戦でメンバー入りしていた。 ▽また、世代別のスペイン代表を経験。U-19スペイン代表としては7試合に出場していた。背番号は「27」を付ける。 2018.08.14 11:53 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーがUEFAスーパーカップの招集メンバー29名を発表

▽レアル・マドリーは13日、15日にエストニアで行われるアトレティコ・マドリーとのUEFAスーパーカップに向けた招集メンバー29名を発表した。 ▽チャンピオンズリーグ王者のレアル・マドリーを率いるフレン・ロペテギ新監督は、FWガレス・ベイルやMFルカ・モドリッチ、DFセルヒオ・ラモスら主力を順当に招集。新戦力のGKティボー・クルトワもメンバー入りした。発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆レアル・マドリー招集メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ティボー・クルトワ</span> <span style="font-weight:700;">ケイロル・ナバス</span> <span style="font-weight:700;">フランシスコ・カシージャ</span> <span style="font-weight:700;">リュカ・ジダン・フェルナンデス</span> <span style="font-weight:700;">アンドリー・ルニン</span> <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">マルセロ</span> <span style="font-weight:700;">ダニエル・カルバハル</span> <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ラモス</span> <span style="font-weight:700;">ラファエル・ヴァラン</span> <span style="font-weight:700;">ナチョ・フェルナンデス</span> <span style="font-weight:700;">アルバロ・オドリオソラ・アルザリウス</span> <span style="font-weight:700;">セルヒオ・レギロン</span> <span style="font-weight:700;">ヘスス・バジェホ</span> <span style="font-weight:700;">ハビ・サンチェス</span> <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ロペス</span> <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">トニ・クロース</span> <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span> <span style="font-weight:700;">カゼミロ</span> <span style="font-weight:700;">マルコス・ジョレンテ</span> <span style="font-weight:700;">イスコ</span> <span style="font-weight:700;">ダニ・セバージョス</span> <span style="font-weight:700;">マルコ・アセンシオ</span> <span style="font-weight:700;">フェデリコ・バルベルデ</span> <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">カリム・ベンゼマ</span> <span style="font-weight:700;">ガレス・ベイル</span> <span style="font-weight:700;">ルーカス・バスケス</span> <span style="font-weight:700;">ボルハ・マジョラル</span> <span style="font-weight:700;">ラウール・デ・トマス</span> <span style="font-weight:700;">ヴィニシウス</span> 2018.08.14 00:34 Tue
twitterfacebook
thumb

「重圧は凄まじい。だからこそ、このクラブを愛しているのさ」レアル・マドリーで9年目を迎える9番ベンゼマ

レアル・マドリーで9シーズン目を迎えるFWカリム・ベンゼマは、同クラブで過ごす日々に充実感を得ているようだ。<br><br>2009年夏にリヨンから鳴り物入りでレアル・マドリーに加入したベンゼマ。ストライカーとしてはゴールに奪う意欲が欠けているとファンからは批判にさらされながらも、監督には前線の潤滑油として重用され、常にレギュラーを張ってきた。<br><br>『UEFA.com』とのインタビューに応じたベンゼマは、レアル・マドリーで自身がさらなる成長を果たせたとの見解を示している。<br><br>「僕はいつだって闘ってきた。マドリーでピッチに立ってプレーすること、良いプレーを見せることを目標としてね」<br><br>レアル・マドリーはどこよりも大きな重圧がのしかかるともされるが、ベンゼマはだからこそ同クラブでプレーする価値があると述べた。<br><br>「この数年は多くのタイトルを獲得しているし、チームは黄金期を迎えている。重圧は、それは凄まじいものがある。それと同時に期待だってすごいよね。だからこそ、僕はこのクラブを愛しているのさ」<br><br><br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.13 23:55 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド去ったレアル・マドリー、名物トリデンテは“BBC”から“BBA”へ

今夏の移籍市場でクリスティアーノ・ロナウドをユヴェントスに売却し、名物トリデンテ&ldquo;BBC&rdquo;を解体せざるを得なくなったレアル・マドリーだが、今季新たに&ldquo;BBA&rdquo;が躍動するのかもしれない。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>&ldquo;BBC&rdquo;はMFガレス・ベイル、FWカリム・ベンゼマ、C・ロナウドの頭文字を取ったものだが、&ldquo;BBA&rdquo;はC・ロナウドの代わりにMFマルコ・アセンシオが入ったトリデンテとなる。『マルカ』はこのベイル、ベンゼマ、そして世界最高の選手候補の一人とされる22歳アセンシオのトリデンテが、今季のマドリーを引っ張る可能性を指摘している。<br><br>同紙は&ldquo;BBA&rdquo;が&ldquo;BBC&rdquo;と違い、C・ロナウドのように一人に依存することがないトリデンテであるとの見解も示す。「クリスティアーノ退団で攻撃の選手たちはゴールの責任を分け合うことになる」「クリスティアーノがいないことで、全員が輝き、より自由にプレーできる。自身のプレーを示すための制約はもうない」と、全員が平等に輝けるはずと予想した。<br><br>なお昨季の&ldquo;BBA&rdquo;のゴール数は44得点で、その内訳はアセンシオ11得点、ベイル21得点、ベンゼマ12得点。この44得点は、ちょうどC・ロナウドが昨季に記録したゴール数と同じだ。&ldquo;BBA&rdquo;は果たして、&ldquo;C&rdquo;の穴を埋めることができるのだろうか。<br><br><br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.13 22:30 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング