リバプール

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 リバプール 45 13 6 2 49 24 25 21

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-01-21
21:30
プレミアリーグ
第22節
リバプール vs スウォンジー
2017-01-25
29:00
EFLカップ
準決勝第2戦
リバプール vs サウサンプトン
2017-01-31
29:00
プレミアリーグ
第23節
リバプール vs チェルシー
2017-02-04
24:00
プレミアリーグ
第24節
ハル・シティ vs リバプール
2017-02-11
26:30
プレミアリーグ
第25節
リバプール vs トッテナム

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.01.18
28:45
FA杯
3回戦再試合
プリマス 0 - 1 リバプール
2017.01.15
25:00
プレミアリーグ
第21節
マンチェスター・ユナイテッド 1 - 1 リバプール
2017.01.11
28:45
EFLカップ
準決勝第1戦
サウサンプトン 1 - 0 リバプール
2017.01.08
22:30
FA杯
3回戦
リバプール 0 - 0 プリマス
2017.01.02
24:00
プレミアリーグ
第20節
サンダーランド 2 - 2 リバプール

基本データ

正式名称:リバプール FC

原語表記:Liverpool Football Club

愛称:レッズ

創立:1892年

ホームタウン:リバプール

チームカラー:赤

関連ニュース

thumb

チェルシーとリバプールが"ゲンクの俊英"FWレオン・バイリー争奪戦に名乗りか!?

▽チェルシーとリバプールがゲンクに所属するジャマイカの俊英FWレオン・バイリー(19)の今冬での獲得を目論んでいるようだ。イギリス『サン』が報じた。 ▽レオン・バイリーは、2015年にゲンクでプロデビューを果たした。プロ1年目となった2015-16シーズンのリーグ戦では、若干18歳ながらも25試合4ゴール7アシストを記録。同年のベルギー年間最優秀若手選手賞を受賞した。今シーズンもここまでリーグ戦18試合1ゴール6アシストと好調を維持。さらに、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージでも4ゴールを挙げ、チームの決勝トーナメント進出に貢献した。 ▽そのレオン・バイリーに対して、『サン』はチェルシーとリバプールが今夏の獲得を画策しているものの、その他にもローマ、レバークーゼン、エバートン、ボーンマスが熱視線を送っていると主張。さらに、ローマとレバークーゼンがすでに交渉を進めていることから、それを知ったチェルシーとリバプールが早急に獲得に乗り出す可能性があるという。 ▽また、伝えられるところによれば、レオン・バイリー獲得にかかる移籍金は、およそ2000万ポンド(約28億2000万円)。ヨーロッパのトップクラブは、才能溢れる同選手を手中に収めるべく確実に支払うとみられている。 ▽しかし、レオン・バイリーは以前にユナイテッド移籍が噂された際、プレミアリーグでのプレーを夢見ているものの、出場機会が保証されていないクラブへの移籍に難色を示したようだ。 「僕は常にプレミアリーグでプレーすることを夢見ていたんだ。だけど、もしユナイテッドが僕の出場機会を保証することができないのであれば、僕はゲンクに残るよ」 「近い将来で重要なことはたくさんのゲームをこなすことだよ。これが成長するためには不可欠なことなんだ。僕はこのクラブですでに多く前進しているんだ」 2017.01.19 17:58 Thu
twitterfacebook
thumb

出場機会の少ないスタリッジをOBジェラードが擁護「今は辛抱が必要」

FAカップ3回戦の再試合、プリマスvsリバプールの試合は、1-0でリバプールが勝利を収めている。4部相当の相手とはいえ、リバプールは2試合フルタイムで1ゴールしか奪うことができない中、なんとか勝ち上がりを決めた。<br><br>このプリマスとの再試合でリバプールのダニエル・スタリッジは先発出場したものの、ゴールを奪うことができずに76分に途中交代。スタリッジは本領を発揮できていないが、リバプールの元キャプテン、スティーヴン・ジェラードが同選手を擁護している。<br><br>「ダニエルは自分が今満足しているか、不満を抱いているかは分からないが、リバプールは間違いなく彼を必要としている」<br><br>ジェラードはイギリスメディアに対して「彼は(ユルゲン)クロップ監督の下で大きな壁に直面している時期だと思う。出場機会に不満を抱いているかもしれないが、ダニエルには絶対に大きなチャンスが訪れるはず。私がダニエルの立場だったら、辛抱することを決断するだろう。この局面を打開できたら、きっとその先には素晴らしい世界が待っているはずだ」と続け、出番に恵まれていないスタリッジへの期待を公言した。<br><br>スタリッジ本人はイングランド代表招集へのアピールのためにも、ピッチ上に立ち続けることを希望しているが、リーグ戦ではここまで12試合2ゴール。その中でもスタメンでの出場は5試合のみ、フル出場はなしと、出場機会に恵まれているとは言いがたい。<br><br>出場機会を求めているスタリッジには今冬での移籍のうわさも浮上しているが、クラブOBのジェラードは、リバプールでハードワークを続けることの重要性を説いている。<br><br>提供:goal.com 2017.01.19 12:05 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールが4部相手に辛勝! 吉田フル出場で同じく辛勝のセインツはアーセナルの待つ4回戦へ《FAカップ》

▽リバプールは18日、FAカップ3回戦再試合でイングランド4部のプリマス・アーガイルと対戦し、1-0で勝利した。この結果、ウォルバーハンプトンの待つ4回戦進出を決めた。 ▽リバプールは、ホームで行われた前回対戦を若手主体で戦った結果、まさかのゴールレスドローで終えて再試合を強いられた。直近のマンチェスタ・ユナイテッド戦で逃げ切りに失敗し、1-1のドローで終えるなど、公式戦4戦未勝利のチームは、今回の一戦で5試合ぶりの白星を目指した。クロップ監督は、この一戦に向けて負傷明けのコウチーニョを復帰後初先発で起用したほか、スタリッジ、オリジといった主力を起用。それ以外はウッドバーンやエジャリアなど若手を引き続きプレーさせた。 ▽キックオフ直後からフィールドプレーヤー10人がほぼ相手陣内でプレーするなど、相手を押し込んでいくリバプール。だが、自陣に堅固なブロックを敷く相手の守備を崩し切れない。それでも18分、左CKの場面でコウチーニョのニアを狙ったクロスをルーカス・レイバが頭で合わせ、幸先良く先制に成功した。 ▽ここから格下相手にゴールラッシュと行きたいリバプールは、前がかりになって攻めるものの最後の精度を欠いて追加点が遠い。逆に、アルベルト・モレーノのサイドを狙われて幾つかカウンターチャンスを許す。33分には同サイドを崩されて決定的なクロスを許すが、ここは相手FWガリタの前でアーノルドが何とかクリアし、事なきを得た。 ▽前半終盤にかけてはアーノルドの攻め上がりを生かしてチャンスを作ったリバプールだったが、スタリッジやオリジらのフィニッシュワークが決まらず、前半のうちに試合を決めることはできなかった。 ▽迎えた後半もフォックスにファーストシュートを許すなど、流れを掴み切れないリバプールは、失点こそ許さないが、格下相手に試合を掌握できない。流れを変えたいクロップ監督は65分、疲れの見えたコウチーニョを下げて、これがトップチームデビューとなるウェールズ代表MFハリー・ウィルソンを投入。69分には相手GKに果敢にプレッシャーをかけたウィルソンに決定機も、身体を張ってブロックしたボールは枠には飛ばず。さらに71分にはオリジとのパス交換からボックス左のスタリッジがシュートも、ここはGKの好守に阻まれた。 ▽拮抗した展開が続く中、74分にはリバプールにこの試合最大のピンチ。ボックス内でブラッドリーが頭で落としたボールをジャービスにジャンピングボレーで合わせられるが、このシュートは左ポストを直撃し、事なきを得た。冷や汗を欠いたアウェイチームはこの直後にスタリッジを下げてオジョを投入した。 ▽試合終盤にかけてもこう着状態が続く中、86分にはリバプールに絶好の追加点のチャンスが訪れる。ボックス内でA・モレーノが相手DFソンゴに倒されてPKを獲得。だが、キッカーのオリジが左を狙ったシュートはGKマクコーミックに完璧に読まれて痛恨の失敗。それでも、前半のリードを最後まで守り切ったリバプールは、苦しみながらも4回戦進出を決めた。 ▽同日行われたサウサンプトンvsノリッジは、サウサンプトンが1-0で勝利した。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。前回対戦に続きチャンピオンシップ(イングランド2部)のノリッジ相手に苦戦を強いられたサウサンプトンだが、吉田らを中心に無失点を継続して試合終盤を迎えると、後半アディショナルタイム1分にロングが劇的な決勝点を奪い、4回戦への切符を勝ち取った。なお、サウサンプトンは4回戦でアーセナルと対戦することになる。 ▽また、チャンピオンシップ所属チーム同士の対戦となったニューカッスルvsバーミンガムは、ニューカッスルが3-1で勝利している。 2017.01.19 07:16 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、構想外のポルトガル人DFイロリがレディングに完全移籍

▽リバプールは18日、ポルトガル人DFチアゴ・イロリ(23)がチャンピオンシップ(イングランド2部)のレディングに完全移籍したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年半となる。 ▽2013年にスポルティング・リズボンからリバプールに加入したイロリは、ポルトガルの世代別代表でレギュラーを務めてきたものの、リバプールでは思うように出場機会を得ることができず。同クラブ在籍期間にグラナダ、ボルドー、アストン・ビラへのレンタル移籍を繰り返し、リバプールでの公式戦の出場は国内カップ3試合の出場に留まっていた。 2017.01.18 23:10 Wed
twitterfacebook
thumb

シャビ・アロンソ、今季限りで現役引退と報道

▽バイエルンに所属する元スペイン代表MFシャビ・アロンソ(35)が今季限りで現役を引退する可能性が出ている。ドイツ『sportbild』は、シャビ・アロンソがクラブに対して、来季以降のプレーを望んでいないことを表明したと報じている。クラブとの契約は今季限りとなっている。 ▽ソシエダの下部組織からトップチームデビューし評価を高めたシャビ・アロンソは、2004年にリバプール移籍。5シーズンにわたって主力として活躍し、チャンピオンズリーグ制覇などを経験した。その後、レアル・マドリーで5シーズンを過ごした後、2014年にバイエルン入りした。また、スペイン代表として2008年と2012年のユーロ、2010年のワールドカップ優勝を経験した。 2017.01.18 21:37 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング