リバプール

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 リバプール 76 22 10 6 78 42 36 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.21
23:00
プレミアリーグ
第38節
リバプール 3 - 0 ミドルズブラ
2017.05.14
22:15
プレミアリーグ
第37節
ウェストハム 0 - 4 リバプール
2017.05.07
21:30
プレミアリーグ
第36節
リバプール 0 - 0 サウサンプトン
2017.05.01
28:00
プレミアリーグ
第35節
ワトフォード 0 - 1 リバプール
2017.04.23
24:30
プレミアリーグ
第34節
リバプール 1 - 2 クリスタル・パレス

基本データ

正式名称:リバプール FC

原語表記:Liverpool Football Club

愛称:レッズ

創立:1892年

ホームタウン:リバプール

チームカラー:赤

関連ニュース

thumb

価値はスアレス<コウチーニョ…リバプール、バルセロナの104億オファー拒否か

▽リバプールに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)にバルセロナ移籍の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽報道によれば、バルセロナは契約延長交渉が進展しない33歳のスペイン代表MFアンドレス・イニエスタに代わるプレーメーカーとして、コウチーニョに白羽の矢。7200万ポンド(約104億4000万円)のオファーを用意しているという。 ▽しかし、『デイリー・メール』は、リバプールが同額に納得しないと報道。コウチーニョに対しては、バルセロナにウルグアイ代表FWルイス・スアレスを手放した際の7500万ポンド(現在のレートで108億円)以上の価値を見込んでいるとのことだ。 ▽リバプールで出色のパフォーマンスを披露するコウチーニョは、昨シーズン中に2022年までの長期の契約延長で合意。以前から度々バルセロナの関心が伝えられてきたが、今回はいかに…。 2017.07.21 08:30 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプールが新加入FWソランケの初ゴールなどでクリスタル・パレスに勝利《プレミアリーグ・アジアトロフィー》

▽19日、プレミアリーグ・アジアトロフィーが香港スタジアムで行われ、リバプールvsクリスタル・パレスは2-0でリバプールが勝利した。 ▽プレミアリーグのクラブがアジアで試合を行う今大会。リバプールはGKシモン・ミニョレがゴールマウスを守り、MFジョーダン・ヘンダーソンやMFアダム・ララナ、FWダニエル・スタリッジ、FWロベルト・フィルミノらが先発出場。新加入のMFモハメド・サラーも先発した。 ▽対するクリスタル・パレスはGKウェイン・ヘネシーがゴールマウスを守り、MFアンドロス・タウンゼンド、MFジェフリー・シュラップ、FWウィルフリード・ザハ、FWクリスティアン・ベンテケらが先発した。 ▽試合は14分、右サイドからタウンゼンドがクロスを上げると、ボックス中央でベンテケがヘッドで落としザハへ。ザハはボックス内左を仕掛けるも、シュートはブロックされる。 ▽16分にはリバプールが決定機。ヘンダーソンが浮き球のパスを送ると、反応したスタリッジがボックス内でバックヒールパス。これを走り込んだララナがシュートも、枠を大きく外す。 ▽また、21分を迎えたタイミングでスタンドのリバプールファンから盛大な拍手が。長年リバプールでプレーし、ラツィオへと移籍したMFルーカス・レイバに敬意を表した拍手だった。 ▽試合はこう着状態のまま後半へ。すると62分、ボックス手前からドミニク・ソランケが強烈なシュート。これがゴール左に決まり、リバプールが先制。チェルシーから加入したソランケは嬉しい初ゴールとなった。 ▽78分には、ボックス内に侵入したフェリペ・コウチーニョがシュート。これはブロックされるも、ディヴォク・オリジが押し込み、リバプールが追加点。そのまま逃げ切り、2-0で勝利しレスター・シティが待つ決勝へ駒を進めた。 リバプール 2-0 クリスタル・パレス 【リバプール】 ソランケ(後17) オリジ(後33) 2017.07.19 23:46 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール在籍10年のルーカス・レイバがラツィオへ完全移籍

▽ラツィオは18日、リバプールの元ブラジル代表MFルーカス・レイバ(30)を獲得したことを発表した。『フットボール・イタリア』によれば移籍金は550万ユーロ(約8億円)とのことだ。契約期間は発表されていない。 ▽2007年夏にグレミオからリバプールに加入したボランチのルーカス・レイバは、在籍10年で公式戦346試合7ゴールを記録。2016-17シーズンは公式戦31試合に出場し、本職でないセンターバックでもプレーした。リバプールを離れることになったルーカス・レイバはリバプールの公式サイトで次のようにコメントしている。 「リバプールというクラブや街は独特だと思う。他のどことも違う。ファンはクラブにとって最も重要な存在で、彼らなしで僕はここまでリバプールに留まることはできなかったと思う」 「僕が困難な状況に直面した際に、彼らがしてくれたサポートに感謝したい。彼らは特別な存在で常に僕の傍に居てくれた。今後もリバプールのことを見守りたい。試合を観にいつか戻ってくると思う」 ▽移籍先のラツィオではボランチを務めていたアルゼンチン代表MFルーカス・ビリアがミランへ移籍していた。 2017.07.19 02:43 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、ハルのスコットランド代表DFロバートソン獲得へ

▽リバプールが、チャンピオンシップ(イングランド2部)のハル・シティに所属するスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソン(23)の獲得に近づいているようだ。イギリス『ガーディアン』が報じた。移籍金は800万ポンド(約11億7000万円)ほどになる見込みだ。 ▽QPRの下部組織出身のロバートソンは、2013年夏にダンディー・ユナイテッドに移籍すると、その翌年の夏にはハルに加入。加入初年度から本職である左サイドバックとウイングバックでレギュラーの座を確保すると、ここまで公式戦115試合に出場し、5ゴール10アシストを記録している。また、2014年3月にはスコットランド代表に初招集され、現在15キャップを数えている。 ▽リバプールの左サイドバックに関しては、スペイン代表DFアルベルト・モレーノが在籍しているが、昨シーズンはユルゲン・クロップ監督の信頼を勝ち取ることができず、リーグ戦の出場はわずか12試合にとどまった。そのため、本来セントラルMFのイングランド代表MFジェームズ・ミルナーがシーズンを通じて左サイドバックを務めていた。 2017.07.15 17:33 Sat
twitterfacebook
thumb

“ジェラード監督”初陣を白星で飾る!

▽リバプールU-18の指揮官を務めるスティーブン・ジェラード監督が、初陣を白星で飾っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2016年11月24日に現役引退を発表したジェラード監督。今年1月にアカデミー時代を過ごし、プロキャリアを歩み始めたリバプールに復帰。同年4月には2017-18シーズンよりリバプールU-18の指揮官に就任することが発表されていた。 ▽ジェラード監督は14日、プレシーズンマッチのバートン・アルビオン戦で初采配となった。試合は立ち上がりからリバプールU-18が得点を重ね、終わってみれば7-0と快勝。ジェラード監督の初陣を白星で飾った。 2017.07.15 09:05 Sat
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング