ベンフィカ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 ベンフィカ 8 2 2 2 10 10 0 6

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.12.05
28:45
CLグループA
最終節
ベンフィカ 0 - 2 バーゼル
2017.11.22
26:00
CLグループA
第5節
CSKAモスクワ 2 - 0 ベンフィカ
2017.10.31
28:45
CLグループA
第4節
マンチェスター・ユナイテッド 2 - 0 ベンフィカ
2017.10.18
27:45
CLグループA
第3節
ベンフィカ 0 - 1 マンチェスター・ユナイテッド
2017.09.27
27:45
CLグループA
第2節
バーゼル 5 - 0 ベンフィカ

基本データ

正式名称:SLベンフィカ

原語表記:Sport Lisboa e Benfica

ホームタウン:リスボン

チームカラー:赤

関連ニュース

thumb

インテル、“ガビゴル”が古巣サントスへレンタル移籍で復帰間近か!?

▽インテルのブラジル代表FW“ガビゴル”こと、ガブリエウ・バルボサ(21)が古巣であるサントスへの移籍が間近となっているようだ。『フットボール・イタリア』が、ブラジル『globoesporte』の報道をもとに伝えている。 ▽マンチェスター・シティのFWガブリエウ・ジェズスと共にブラジルの次代を担うスターとして名を轟かせたガビゴル。しかし、2016年の夏に移籍金2950万ユーロ(当時のレートで約34億円)で移籍でしたインテルでは、なかなかフィットできず、公式戦10試合の出場に留まっていた。 ▽さらに出場機会を求め、昨夏にレンタル移籍で加入したベンフィカでも指揮官の信頼を勝ち取れず、ここまで公式戦わずか5試合の出場にとどまり、今冬での退団が濃厚となっていた。 ▽『globoesporte』によると、ガビゴルの古巣であるサントスが1年半のレンタル移籍で獲得に近づいているという。なお、サントスはインテルに対してレンタル料150万ユーロ(約2億円)を支払い、ガビゴルが受け取っているサラリーの50%を支払う契約で同意した模様。 ▽しかし、サントスは現在ガビゴルが受け取っている年俸300万ユーロ(約4億円)という高額な給料の支払いは不可能だと判断しており、ガビゴルに減棒を要求。ガビゴル側もこの要望を受け入れる考えだという。 2018.01.17 03:28 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルがベンフィカの元アルゼンチン代表DFリサンドロ・ロペスを買い取りOP付きレンタルで獲得

▽インテルは15日、ベンフィカに所属する元アルゼンチン代表DFリサンドロ・ロペス(28)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。レンタル期間は今季終了までとなっている。なお、買い取る際にかかる移籍金は900万ユーロ(約12億2000万円)とのことだ。 ▽母国のアルセナルで台頭したセンターバックのL・ロペスは、2013年にヘタフェからベンフィカに加入。これまでベンフィカでは公式戦54試合に出場し、6ゴールを記録している。だが、今シーズンここまでは公式戦8試合の出場にとどまっていた。 ▽現在、ブラジル代表DFミランダ、イタリア代表DFダニーロ・ダンブロージオ、元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキアと最終ラインに負傷者が続出中のインテルは、今冬の移籍市場でDFの補強が急務となっていた。 2018.01.16 04:08 Tue
twitterfacebook
thumb

スパレッティ、L・ロペス加入濃厚に満足「素晴らしいディレクター陣がいる」

▽インテルを指揮するルチアーノ・スパレッティ監督が、元アルゼンチン代表DFリサンドロ・ロペスの加入を認め、首脳陣の動きを称賛した。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』などが伝えている。 ▽インテルはこの冬、ベンフィカからリサンドロ・ロペスを獲得する。すでにイタリアに到着しており、正式な発表を待つだけという状況だ。 ▽守備の補強を求めていたスパレッティ監督は、「満足しているよ」とリサンドロ・ロペスの加入を喜び、「我々には素晴らしいディレクター陣がいるんだ」と要望に応えたフロントを称えている。 ▽一方で、バルセロナMFラフィーニャの獲得は難航しているのかもしれない。スパレッティ監督は「まだ何も言えない」と返答するだけだった。 2018.01.16 02:31 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル、ベンフィカの元アルゼンチン代表DFリサンドロ・ロペス獲得に迫る

▽インテルがベンフィカに所属する元アルゼンチン代表DFリサンドロ・ロペス(28)の獲得に迫っているようだ。イタリア『スカイ・スポルト』など複数メディアが伝えている。 ▽現在、ブラジル代表DFミランダ、イタリア代表DFダニーロ・ダンブロージオ、元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキアと最終ラインに負傷者が続出中のインテルは、今冬の移籍市場でDFの補強が急務となっている。 ▽これまでインテルはマンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表DFダレイ・ブリント(27)やゼニトの元イタリア代表DFドメニコ・クリーシト(31)、ミランの元イタリア代表DFガブリエル・パレッタ(31)らの獲得に動いてきた模様だが、なかなか交渉に進展がみられない。 ▽しかし、『スカイ・スポルト』など複数メディアが伝えるところによれば、現在インテルはベンフィカのL・ロペスの獲得に迫っているようだ。 ▽なお、L・ロペスの獲得をあくまで急場しのぎと考えるインテルは、ベンフィカに対して買い取りオプション付きのレンタル移籍での獲得を希望している模様。これに対してベンフィカは、シーズン終了後に買い取り義務が発生する形のレンタル移籍を希望しており、現在両クラブは妥協点を探っているようだ。 ▽また、前述のメディアは移籍金に関して、レンタル料を含めて800万~1250万ユーロ(約10億7000万~16億7000万円)の間になると伝えている。 ▽母国のアルセナルで台頭したセンターバックのL・ロペスは、2013年にベンフィカに加入。だが、ポルトガル屈指の名門で思うように出場機会を得られず、今シーズンここまでは公式戦8試合の出場にとどまっている。 2018.01.12 06:33 Fri
twitterfacebook
thumb

「ネイマール2世」ガブリエウ・バルボサが不名誉な“ビドーネ・ドーロ”を受賞

▽“ガビゴル”ことガブリエウ・バルボサ(21)が、2017年のビドーネ・ドーロ(イタリア語で金のバケツ)を受賞した。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ビドーネ・ドーロとは、バロンドールの裏の意味を持ち、“期待外れ”だった選手に与えられる不名誉な賞。過去には、FWアレシャンドレ・パトやFWディエゴ・ミリート、FWアドリアーノなどが受賞している。 ▽ガブリエウ・バルボサは、2016年夏にサントスから2950万ユーロ(当時のレートで約34億円)でインテルに完全移籍。しかし、なかなかフィットすることができず、セリエAで9試合の出場で1ゴールを記録するにとどまると、今シーズンはベンフィカへとレンタル移籍していた。 ▽サントス時代には10番を背負い、「ネイマール2世」とも称されていた“ガビゴル”。2016年にはリオ・デ・ジャネイロ五輪にも出場し、金メダルを獲得。大きな期待が寄せられてインテルに加入したが、その期待とは大きく異なる不名誉な賞を受賞することとなった。 2018.01.09 20:45 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング