ベンフィカ

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-11-27
29:00
CLグループE
第5節
バイエルン vs ベンフィカ
2018-12-12
29:00
CLグループE
最終節
ベンフィカ vs AEKアテネ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.11.07
29:00
CLグループE
第4節
ベンフィカ 1 - 1 アヤックス
2018.10.23
28:00
CLグループE
第3節
アヤックス 1 - 0 ベンフィカ
2018.10.02
28:00
CLグループE
第2節
AEKアテネ 2 - 3 ベンフィカ
2018.09.19
28:00
CLグループE
第1節
ベンフィカ 0 - 2 バイエルン

基本データ

正式名称:SLベンフィカ

原語表記:Sport Lisboa e Benfica

ホームタウン:リスボン

チームカラー:赤

関連ニュース

thumb

負傷者続出もベンフィカがホームでアヤックスとドロー… GS逆転突破へ望みをつなぐ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループE第3節のベンフィカvsアヤックスが7日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽敗戦でグループステージ敗退の決まるベンフィカは、0-1と惜敗した前回対戦から先発メンバーを4人変更。セフェロビッチやラファ・シウバ、ピッツィ、コンティに代えてジョナス、セルヴィ、ガブリエウ、ルベン・ジアスを先発で起用した。 ▽一方、ここまでグループステージ無敗のアヤックスは、直近のリーグ戦でも2-0と完勝氏好調を維持。そのアヤックスは、前回対戦から先発メンバーを1人のみ変更。ドルベリに代えてネレスを起用した。 ▽試合が動いたのは29分、右サイドからサルビオがロングスローを供給すると、距離感の目測を誤って飛び出したGKオナナの脇を抜けたボールをファーサイドのジョナスが胸トラップからのボレーシュートでゴールネットを揺らした。 ▽先制を許したアヤックスは、前半アディショナルタイムに決定機。46分、ゴール正面約30mの位置で獲得したFKをシェーネフが直接狙うと、相手GKの弾いたボールをタディッチが押し込むがこれも相手DFがスライディングブロック。さらにこぼれ球に反応したファン・デ・ベークがシュートを狙ったが、このボールはゴール左に逸れた。 ▽迎えた後半、ベンフィカは立て続けにアクシデントに見舞われる。48分、前半に左足を負傷していたサルビオがピッチに座り込み交代を要求。さらに55分には左足内転筋を痛めたジョナスが担架でピッチを後にした。 ▽すると、満身創痍の相手にアヤックスが襲い掛かる。61分、中盤でボールを受けたジイェフが前線にロングフィードを供給。相手DFの間を抜け出したタディッチが、飛び出したGKをかわしゴールエリア左深くからシュートを流し込み、同点弾を奪った。 ▽その後も一進一退の展開が続く中、ベンフィカは後半アディショナルタイムに決定機。95分、ピッツィの右CKでボックス内が混戦となると中央にこぼれたボールをA・アウメイダがシュート。これが相手DFにディフレクトしたこぼれ球をガブリエウが左足で狙ったが、シュートはGKオナナのファインセーブに防がれた。 ▽結局、試合は痛み分けのドローで終了した。この結果、アヤックス決勝トーナメント進出は持ち越し、ベンフィカも逆転突破への望みを繋げた。 2018.11.08 07:29 Thu
twitterfacebook
thumb

広州恒大、今夏レンタルで獲得のブラジル代表MFタリスカの買取オプションを行使!総額2500万ユーロで獲得!!

▽広州恒大がベンフィカからレンタル中のブラジル代表MFアンデルソン・タリスカ(24)の買い取りオプションを行使したようだ。ベンフィカがリスボン証券取引委員会(CMVM)への声明で発表している。 ▽2016年夏にベンフィカからベシクタシュに2年間のレンタルで移籍した攻撃的MFのタリスカは、ロシア・ワールドカップのブラジル代表こそ落選したものの、今シーズンもベシクタシュで主力を張り、公式戦47試合20得点8アシストを記録した。 ▽今夏にレンタル移籍で加入した広州恒大では、ここまでリーグ戦14試合で14ゴール5アシストを記録していた。なお、広州恒大はこれまでのレンタル料580万ユーロ(約7億4000万円)に加え、移籍金1920万ユーロ(約24億5000万円)をベンフィカに支払うこととなる。 2018.10.27 07:50 Sat
twitterfacebook
thumb

アヤックスがマズラウィの劇的AT弾でベンフィカ撃破! 無敗でグループE首位キープ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループE第3節、アヤックスvsベンフィカが23日にヨハン・クライフ・アレナで行われ、ホームのアヤックスが1-0で勝利した。 ▽ここまで1勝1分けでグループE首位に立つアヤックスが1勝1敗で3位のベンフィカをホームで迎え撃った一戦。直近のリーグ戦で3連勝中のホームチームは、デ・リフトやフレンキー・デ・ヨング、ドルベリら期待の若手を起用。一方、直近のリーグ戦でポルトとのリスボン・ダービーを制し国内カップでも3-0の快勝を収めたベンフィカは、主砲jトナスがベンチスタートになったもののほぼベストメンバーを起用した。 ▽両クラブで指揮を執った現オランダ代表監督のクーマン氏が先日引退を発表した教え子のルイゾンと共にスタンド観戦した名門同士の一戦。開始2分にラファ・シウバの強烈なミドルシュートでベンフィカがいきなり決定機を作るなど、試合は立ち上がりからオープンな展開に。 ▽ホームのアヤックスが後方から丁寧に繋ぎながら試合の主導権を握るが、ベンフィカも狙いどころを定めた守備で冷静に対応する。そして、そこから素早いポジティブトランジションを仕掛けてはセフェロビッチやグリマルドがフィニッシュへ繋げていく。 ▽一方、時間の経過と共にボール支配率に加えてフィニッシュの場面を増やしたアヤックスは40分に絶好機。CKの二次攻撃からボックス右のデ・リフトが折り返したボールをゴール前のドルベリが泥臭く合わせる。これがゴール方向に向かうが、ゴールラインぎりぎりでDFコンティにかき出されてしまった。 ▽ゴールレスのまま折り返した試合は前半同様にボールを握るアヤックス、カウンターで応戦するベンフィカという構図の下、拮抗した展開が続く。だが、互いにフィニッシュまで持ち込む場面こそ多いものの、なかなか決定的なシーンを作り出せない。 ▽後半半ばから終盤にかけてはアヤックスが押し込む場面が増えていくが、ファン・デ・ビークのミドルシュートやジイェフの直接FKはことごとく相手GKのセーブに阻まれる。それでも、諦めずに攻め続けるホームチームは試合終了間際に劇的なゴールを奪う。 ▽92分、相手のクリアミスをボックス左で拾ったネレスがそのまま内へ切り込んでマイナスのクロス。これは味方の手前で相手DFのクリアに遭うが、ボックス手前右でこぼれ球に反応したマズラウィの渾身の右足ミドルシュートがゴール前のDFにディフレクトする幸運もありゴール右隅に突き刺さった。そして、試合はこの直後にタイムアップ。伏兵マズラウィの劇的ゴールで勝ち切ったアヤックスがグループステージ無敗継続で首位をキープした。 2018.10.24 06:34 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ戦負傷のゲデス、ポルトガル代表離脱…ベンフィカのラファ・シウバを追加招集《UEFAネーションズリーグ》

▽ポルトガルサッカー連盟(FPF)は8日、バレンシアに所属するFWゴンサロ・ゲデスが負傷により、同国代表を辞退することを発表した。また、ベンフィカに所属するMFラファ・シウバを追加招集することも併せて伝えている。 ▽ゲデスは7日、リーガエスパニョーラ第8節のバルセロナ戦に先発出場。しかし、開始11分で負傷交代していた。バレンシアは8日に診断した結果、左足の内転筋を負傷したことを発表している。 ▽ポルトガル代表は11日にUEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ3の2戦目でポーランド代表と対戦。14日にはスコットランド代表との国際親善試合を戦う。 2018.10.09 14:10 Tue
twitterfacebook
thumb

グループE最注目バイエルンvsアヤックスはドロー!ベンフィカは10人ながらアテネに勝利!《CL》

▽バイエルンは2日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループE第2節でアヤックスとアリアンツ・アレーナで対戦し、1-1で引き分けた。 ▽ベンフィカとの大会初戦を2-0で制したバイエルンは、その後の国内リーグ3試合で1勝1分け1敗と失速。直近2試合を1分け1敗として臨む今節は、敗れたヘルタ・ベルリン戦から3選手を変更。ジュール、レナト・サンチェス、ハメス・ロドリゲスを代えて、フンメルス、ハビ・マルティネス、ミュラーが先発となった。 ▽まずは3分のバイエルン、得意の左足、得意の角度から狙ってGKを強襲。このシュートで得た左CKからドイツ王者は先生に成功する。 ▽4分、CKは一度跳ね返されるものの、右サイドでボールを持ったロッベンのクロスに、残っていたフンメルスが頭で合わせてゴール。早速バイエルンが先制点を奪った。 ▽早々に失点を食らってしまったアヤックスも20分にかけて立て続けにチャンスを演出。ジイェフはボックス手前右から強烈なシュートでGKノイアーに横っ飛びを余儀なくする。すると22分、敵陣右サイドでボールをキープするマズラウィは、相手に囲まれながらも強引にミッシュ地帯を突破。ボックス手前のタディッチとのワンツーでゴール前に侵入したマズラウィはそのままシュートを流し込み、試合を振り出しに戻した。 ▽以降は拮抗した展開に。32分にボックスの外からインサイドステップでコースを狙っていったが惜しくも枠の右。対してアヤックスは、ジイェフがボックス手前中央から左足の強烈ミドルで狙っていくがGKノイアーは簡単にはゴールを許さない。 ▽同点で迎えた後半はアヤックスが良い入りを見せた。49分、左からのクロスをタグリアフィコが合わせるがGKの正面に。バイエルンも55分にボックス手前やや左寄りの絶好の位置でFKを獲得するが、レヴァンドフスキのシュートは壁に激突。 ▽試合終盤も互角の戦いを続ける両者。70分台に両チームにビッグチャンスが訪れた。まずはアヤックス。72分に、味方が頭でゴール前に落としたボールをファン・デ・ベークが押し込みにかかるが、わずかに枠の左へ。バイエルンは77分に、途中出場のハメス・ロドリゲスが、こちらも途中出場のニャブリのクロスに合わせたが、GKオナナがノイアーも顔負けのビッグセーブで決定機を阻止。 ▽後半アディショナルタイムには、アヤックスにFKのラストチャンスが。シェーネのシュートは枠を捉えていたものの、GKノイアーが触ったことでクロスバーを叩く。終了間際には、フンメルスが負傷交代してしまうアクシデントがありつつも、試合はこのまま終了。1-1の痛み分けとなった。 ▽グループEのもう一試合、AEKアテネvsベンフィカは、3-2でベンフィカが勝利した。 ▽開始6分にセフェロビッチのゴールで先制したベンフィカは、15分にはピッツィのクロスに頭で合わせたグリマルドのゴールで早くも2点差に広げた。しかし、前半アディショナルタイムに、ルベン・ジアスがこの試合2枚目のイエローカードを受けて退場に。ベンフィカはリードしながらも、後半丸々10人で戦うことになってしまった。 ▽迎えた後半、嫌な予感が的中してしまう。53分、クロナリディスにゴールを許し早速1点差に縮められると、その10分後の63分には再びクロナリディスの決められ簡単に同点とされてしまった。 ▽しかし、それでも10人で懸命に戦うベンフィカは74分、カウンターからA・セメドのゴールが決まりこれが決勝点に。1人少ないベンフィカがアテネを下し、今大会初勝利を収めた。 2018.10.03 06:20 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング