サンダーランド

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 サンダーランド 20 5 5 18 24 50 -26 28

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-01
23:00
プレミアリーグ
第30節
ワトフォード vs サンダーランド
2017-04-04
27:45
プレミアリーグ
第31節
レスター・シティ vs サンダーランド
2017-04-09
21:30
プレミアリーグ
第32節
サンダーランド vs マンチェスター・ユナイテッド
2017-04-15
23:00
プレミアリーグ
第33節
サンダーランド vs ウェストハム
2017-04-26
27:45
プレミアリーグ
第28節
ミドルズブラ vs サンダーランド

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.18
24:00
プレミアリーグ
第29節
サンダーランド 0 - 0 バーンリー
2017.03.05
25:00
プレミアリーグ
第27節
サンダーランド 0 - 2 マンチェスター・シティ
2017.02.25
24:00
プレミアリーグ
第26節
エバートン 2 - 0 サンダーランド
2017.02.11
24:00
プレミアリーグ
第25節
サンダーランド 0 - 4 サウサンプトン
2017.02.04
24:00
プレミアリーグ
第24節
クリスタル・パレス 0 - 4 サンダーランド

基本データ

正式名称:サンダーランドAFC

原語表記:Sunderland Association Football Club

愛称:ブラック・キャッツ

創立:1879年

ホームタウン:サンダーランド

チームカラー:赤、白、黒

関連ニュース

thumb

デフォー、サンダーランド降格の場合は移籍へ…背景にあるW杯落選の過去

サンダーランドに所属するイングランド代表FWジャーメイン・デフォーは、チームが降格した場合に移籍する意向を示した。『OMNISPORT』が伝えている。<br><br>デフォーは2013年11月以来、約3年半ぶりにイングランド代表に招集された。2016-17シーズンは、プレミアリーグ第29節を終えた時点で最下位に沈むサンダーランドにおいて14得点と孤軍奮闘を続けている。チームは降格の危機に瀕しているが、デフォーは来季以降もトップリーグでのプレーを望んでおり、移籍もやむを得ないとした。<br><br>「現実的になる必要がある。どのチームに所属してもメリットはあるが、トロントにいた時に代表から漏れてW杯に出場できなかった。だからトップレベルでプレーしなければならないと考えている。代表落選の報を聞いた時、現実を受け入れることが難しかった。しかし同時に、対戦相手はプレミアリーグやヨーロッパの他のクラブでプレーしている事実を考えなければならない。僕が落選した理由はそこにあると思っている」<br><br>代表への強い思いを披露したデフォーは、母国をW杯へと導くことができるだろうか。イングランド代表は26日、ロシア・ワールドカップ(W杯)予選でリトアニア代表と対戦する。<br><br>提供:goal.com 2017.03.24 16:20 Fri
twitterfacebook
thumb

アグエロ&L・ザネの2発で最下位撃破! シティが4連勝で3位を死守!《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・シティは5日、プレミアリーグ第27節でサンダーランドとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 ▽現在リーグ3連勝で好調を維持する3位のシティ(勝ち点52)が、最下位に低迷するサンダーランド(勝ち点19)の本拠地スタジアム・オブ・ライトに乗り込んだ一戦。シティは、1日に行われたFAカップ5回戦再試合のハダースフィールド戦から先発メンバーを5人変更。GKブラーボとサバレタ、デ・ブライネらに代えて、GKカバジェロとサーニャ、シルバらを起用した。 ▽中3日とはいえ、最下位相手にポイントロスは避けたいシティは、立ち上がりから敵陣に攻めあがる。しかし、前線の連係がかみ合わず、決定機を作ることができない。すると20分、サンダーランドにゴールを脅かされる。ボリーニのパスを受けたデフォーがボックス手前から右足を振り抜くと、このシュートが左ポストに直撃した。 ▽その後も、サンダーランドにセットプレーからヒヤリとする場面を作られるシティだが、37分にようやくらしさを見せ始める。ヤヤ・トゥーレのスルーパスをボックス左で受けたL・ザネがゴール前に鋭いクロスを供給。シルバがこのボールに飛び込むも、わずかに届かない。 ▽すると42分、シティが均衡を破る。ボックス右でパスを受けたスターリングが相手DFの股を抜く巧みなパスでゴール前にクロスを送ると、ニアサイドに走りこんだアグエロが右足でゴールに流し込み、先制した。 ▽後半に入っても試合を優勢に進めるシティは57分、ボックス右でスターリングのパスを受けたシルバが左足でシュートを放ち、追加点を狙う。すると迎えた59分、ハーフウェイライン付近でフェルナンジーニョのパスを受けたシルバが敵陣中央まで持ち上がると、左サイドにスルーパス。これに反応したL・ザネがボックス左から侵攻し、左足を振り抜くと、右ポスト内側を叩いたボールが、そのままゴールに吸い込まれた。 ▽リードを広げたシティは、78分にデ・ブライネ、82分にノリート、試合終了間際にデルフを投入して試合をクローズ。前半はピンチを招くも、アグエロとL・ザネの2ゴールで4連勝を飾ったシティが、3位を死守している。 2017.03.06 03:30 Mon
twitterfacebook
thumb

スポルティングがウルグアイ代表DFコアテスを完全移籍で獲得…1年前にレンタルで加入

▽スポルティング・リスボンは2日、ウルグアイ代表DFセバスティアン・コアテス(26)の完全移籍加入を発表した。新契約期間は2022年までとなり、契約解除金として4500万ユーロ(約54億7000万円)を設定したことも発表されている。 ▽コアテスは、ウルグアイのナシオナルから2011年8月にリバプールへと加入。その後は、ナシオナル、サンダーランドへのレンタル移籍を経て、2015年7月にサンダーランドへ移籍。2016年1月にスポルティング・リスボンへレンタル移籍で加入した。 ▽今シーズンのコアテスは、ここまでリーグ戦で18試合に出場し3得点を記録。チャンピオンズリーグでもグループステージの全6試合に出場していた。 2017.02.03 16:50 Fri
twitterfacebook
thumb

サンダーランド、アメリカ大学リーグでプレーする20歳のニュージーランド代表DFを獲得

▽サンダーランドは1日、ウィスコンシン大学に在学中のニュージーランド代表DFサム・ブラザートン(20)の加入を発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年半契約。当面はU-23チームでプレーすることになる。 ▽母国ニュージーランドのワンダラーズSCでプロキャリアをスタートしたブラザートンは、2015年にアメリカのウィスコンシン大学に進学。(アメリカの大学スポーツのカンファレンスのひとつである)ビッグ・テン・カンファレンスに所属する同大学のウィスコンシン・バジャーズでプレーする同選手は、昨年10月にはウィスコンシン大学のプレーヤーとして初となるプレーヤー・オブ・ザ・ウィークに選出されるなど、大学サッカー界屈指のスタープレーヤーだ。 ▽また、大学在学中ながらニュージーランド代表では既に通算6試合に出場しており、同国の将来を担う若手センターバックとして期待されている。 2017.02.01 23:52 Wed
twitterfacebook
thumb

攻め手欠いたスパーズが最下位サンダーランド相手に痛恨ドロー…首位チェルシーとの勝ち点差を詰められず《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第23節のサンダーランドvsトッテナムが1月31日にスタジアム・オブ・ライトで行われ、0-0のドローに終わった。 ▽前節、マンチェスター・シティとの上位対決で2点差を追いつきドローに持ち込んだ3位のトッテナムは、直近のFAカップ4回戦でも4部ウィコム・ワンダラーズ相手に大苦戦を強いられながらも、ソン・フンミンの劇的逆転弾で勝ち切り、公式戦9戦無敗(8勝1分け)と好調を継続。迎えた今節は、最下位サンダーランドとのアウェイゲームに臨んだ。ウィコム戦で複数の主力を温存したポチェッティーノ監督は、負傷明けのアルデルヴァイレルト、ケイン、ローズを先発に復帰させ、久々に[4-2-3-1]のシステムを採用。その一方で、体調不良の守護神ロリスがベンチ外となり、控えGKフォルムが起用された。 ▽立ち上がりから相手を押し込むトッテナムは、開始6分に相手DFデナイヤーのパスミスから右サイドのケインがゴール前に際どいクロスを送るが、これはゴール前のソン・フンミンの前でDFのクリアに遭った。 ▽その後も相手を押し込み続けるトッテナムだが、粘り強く中央を固める相手の守備をあと一歩で崩し切れない。すると、デフォーとボリーニの小兵2トップがシンプルに背後を狙う相手の攻撃に苦戦し始めると、23分には連係ミスからボリーニにゴール前へ抜け出されて決定的なシュートを許す。だが、このシュートはGKフォルムが冷静にキャッチした。このピンチの直後の25分にはワニャマが枠の左を狙った強烈なミドルシュートを放つが、これはGKマノーネの好守に阻まれた。 ▽30分過ぎにロッドウェルがデンベレに見舞った危険なアフタータックルをキッカケに荒れ模様の展開となった中、トッテナムにアクシデント発生。相手DFビリー・ジョーンズと交錯したローズが左足を負傷し、38分にベン・デイビスとの負傷交代を強いられた。その後も微妙な判定が続きリズムに乗り切れないトッテナムは、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽迎えた後半、試合の主導権を取り戻したトッテナムは、相手陣内でハーフコートゲームを展開。63分にはボックス右でルーズボールを拾ったウォーカー、64分にはソン・フンミンの左クロスからゴール前のワニャマに決定機も、相手DFのブロックに阻まれるなど、先制点とはならず。 ▽押し込みながらも攻めあぐねるトッテナムは、ソン・フンミン、デンベレを下げてムサ・シッソコ、ヤンセンを投入。だが、この交代策も攻撃を活性化させるまでには至らず。最下位相手に取りこぼしが許されないトッテナムは、最後まで猛攻を仕掛けるも、後半アディショナルタイムの右CKでエリクセンのクロスにエリック・ダイアーが合わせたヘディングシュートは無情にもクロスバーをわずかに越え、試合はゴールレスでタイムアップ。格下相手に痛恨ドローのトッテナムは、首位チェルシーとの勝ち点差を詰めることができなかった。 2017.02.01 06:49 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング