サンダーランド

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 サンダーランド 21 5 6 22 26 59 -33 33

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-29
23:00
プレミアリーグ
第35節
サンダーランド vs ボーンマス
2017-05-06
23:00
プレミアリーグ
第36節
ハル・シティ vs サンダーランド
2017-05-13
23:00
プレミアリーグ
第37節
サンダーランド vs スウォンジー
2017-05-16
27:45
プレミアリーグ
第34節
アーセナル vs サンダーランド
2017-05-21
23:00
プレミアリーグ
第38節
チェルシー vs サンダーランド

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.26
27:45
プレミアリーグ
第28節
ミドルズブラ 1 - 0 サンダーランド
2017.04.15
23:00
プレミアリーグ
第33節
サンダーランド 2 - 2 ウェストハム
2017.04.09
21:30
プレミアリーグ
第32節
サンダーランド 0 - 3 マンチェスター・ユナイテッド
2017.04.04
27:45
プレミアリーグ
第31節
レスター・シティ 2 - 0 サンダーランド
2017.04.01
23:00
プレミアリーグ
第30節
ワトフォード 1 - 0 サンダーランド

基本データ

正式名称:サンダーランドAFC

原語表記:Sunderland Association Football Club

愛称:ブラック・キャッツ

創立:1879年

ホームタウン:サンダーランド

チームカラー:赤、白、黒

関連ニュース

thumb

トッテナムやユナイテッドでプレーしたベルバトフがサンダーランド入りが近づいていたと告白「プレミアに戻ってきたい」

▽かつてトッテナムやマンチェスター・ユナイテッド、フルアムでプレーした元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフ(36)がプレミアリーグ復帰を望んでいるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽CSKAソフィアでプロ生活をスタートさせたベルバトフは、2001年1月にレバークーゼンへと移籍。そこでの活躍が認められ、2006年7月にトッテナムへと移籍。2008年9月にユナイテッドへ加入し、プレミアリーグで2度優勝した。2012年8月にフルアムへ移籍すると、その後はモナコ、PAOKへと移籍。2016年7月に退団して以降はフリーの状態が続いている。 ▽ベルバトフは『スカイ・スポーツ』でプレミアリーグに戻ってくる可能性があったと告白。サンダーランド加入に近づいていたことを明かすも、破談に終わり、今は新たなチームを探していると明かした。 「プレーしたいと思っているし、何人かの監督とも話をした。サンダーランドもその1つだ。でも、結局何も起こらなかった」 「もちろん、僕の人生の現段階ではサッカーしかない」 「僕は友人に会うために戻ってきた。時間があると家に帰って練習し、イングランドに居る時に練習をしている」 「プレミアリーグは全ての選手が来たいと思う場所だ。僕が言ったように、長い間底に関わり、ゴールを決めてタイトルを取れば、再び戻ってきたい気持ちになるよ」 2017.04.17 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

イブラ弾などでユナイテッドが10人のサンダーランドに3発快勝《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは9日、プレミアリーグ第32節でサンダーランドとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 ▽前節エバートン戦を試合終了間際のイブラヒモビッチのPK弾により、辛くも1-1のドローとした6位ユナイテッド(勝ち点54)は、エバートン戦のスタメンから5選手を変更。GKデ・ヘアが招集外となった他、キャリックやラッシュフォードらがベンチスタートとなってポグバが先発に復帰した。 ▽最下位に沈むサンダーランド(勝ち点20)に対し、[4-3-3]を採用したユナイテッドは3トップに右からリンガード、イブラヒモビッチ、ムヒタリャンと配し、中盤アンカーにエレーラ、インサイドにポグバとフェライーニと並べた。そのユナイテッドが立ち上がりからポゼッションして押し込む展開としたが、自陣でタイトな守備に徹するサンダーランドを前にシュートに持ち込むには至らない。 ▽膠着状態が続く中、29分にようやく決定機。リンガードが中央突破を図ってゴール右へコントロールシュート。しかし、GKピックフォードの好守に阻まれた。それでも直後の30分、ボックス手前左でDFを背負ったイブラヒモビッチが中へスライドして右足を一閃。強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。 ▽その後、40分にスローインの流れからボックス内のアニチェベに決定的なシュートを許すも、GKロメロの好守で凌いだユナイテッドは、43分にエレーラに対し足の裏を見せるタックルを見舞ったラーションが一発退場となって数的優位となった。 ▽1-0とリードして迎えた後半開始1分、ユナイテッドが突き放す。ショーのパスを受けてボックス左へ侵入したムヒタリャンが左足でシュート。これがゴール右に決まった。 ▽余裕の展開としたユナイテッドは、ショーが足首をスパイクされて負傷交代するアクシデントに見舞われたものの、危なげなく時間を消化。 ▽敵陣で試合を進め続けたユナイテッドは、89分に途中出場のラッシュフォードがカウンターの流れから3点目を奪って快勝。リーグ戦3試合ぶりの勝利を飾ってチャンピオンズリーグ出場権を争う上位陣を追走している。 2017.04.09 23:24 Sun
twitterfacebook
thumb

好調レスターがシェイクスピア絶妙の采配でサンダーランドを撃破! 途中出場のオルブライトンが2アシスト!!《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは4日、プレミアリーグ第31節でサンダーランドと対戦し、2-0で勝利した。レスターのFW岡崎慎司は、62分までプレーした。 ▽リーグ戦4連勝中の13位レスター(勝ち点33)が、本拠地のキング・パワー・スタジアムに最下位のサンダーランド(勝ち点20)を迎えた一戦。中2日の過密スケジュールにも関わらずレスターのシェイクスピア監督は、直近のストーク・シティ戦(2-0)と同じスタメンで試合に臨んだ。 ▽岡崎とヴァーディを前線に配置した[4-4-2]で試合に臨んだレスターは、3分に最初の決定機を迎える。ドリブルで左サイドを突破したグレイがボックス左深くから折り返すと、ニアに走り込んだ岡崎が左足で合わせたが、これは枠の左に外れた。 ▽その後は互いにフィニッシュまで持ち込めないこう着状態が続く。サンダーランドは31分、バイタルエリア中央でボールを受けたエンドングがミドルシュートから打開を図るが、これはゴール左に逸れる。 ▽攻撃が停滞していたレスターだが、前半終了間際にサンダーランドゴールを脅かす。44分、右FKからのサイドチェンジを左サイドで受けたグレイがカットインからミドルシュート。さらに45分には、自陣からカウンターを仕掛けるとマフレズのパスを受けたグレイがボックス左に持ち込みシュートを放ったが、ボールはゴール右に外れた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、最初のチャンスはサンダーランドに生まれる。58分、ラーションの右FKのこぼれ球をボックス中央で拾ったデフォーが胸トラップからジャンピングボレーシュート。しかし、これはGKシュマイケルが正面でキャッチした。 ▽スコアが動かない中、レスターは62分に岡崎とグレイを下げてスリマニとオルブライトンを投入。すると69分、この交代策が勝ち越しゴールをもたらす。ドリブルで左サイドから仕掛けたオルブライトンのクロスをゴール前のスリマニがヘディングで叩き込み、レスターが待望の先制点を奪った。 ▽先制して勢いに乗るレスターは78分、再びオルブライトンからチャンスが生まれる。左サイドを持ち上がったオルブライトンがボックス中央に早いタイミングでクロスを入れると、これを受けたヴァーディが強烈なシュートをゴール左に突き刺した。 ▽結局、試合はそのまま2-0で終了。見事なシェイクスピア采配でサンダーランドを撃破したレスターが、リーグ戦5連勝を達成した。 2017.04.05 06:01 Wed
twitterfacebook
thumb

今季絶望のサンダーランドFWワットモアが3人の命を救う…オフに船舶事故に遭遇

▽サンダーランドに所属するU-21イングランド代表FWダンカン・ワットモアが、3人の人命救助を行っていたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽昨年12月3日に行われたプレミアリーグ第14節のレスター・シティ戦で十字じん帯を負傷し、今シーズン中の復帰が絶望となっていたワットモア。リハビリを前にチームからオフを与えられていたワットモアは、恋人ともにバルバドスで過ごしていた。 ▽釣りを楽しむためにボートに乗っていたワットモアだったが、双胴船と衝突する事故に遭遇。その際に、3人の高齢の乗客が海に投げ出されていたが、ワットモアが3人を救助したとのことだ。 ▽投げ出された乗客のうち、1人は股関節の置換手術を受けており、1人は泳げず、1人は80歳以上の方だったとのこと。さらに、女性は足から出血していたが、ワットモアは自分が着ていたTシャツを使って止血帯にしていたとのことだ。 2017.04.04 12:17 Tue
twitterfacebook
thumb

FA、女性レポーターへ不適切発言のモイーズ監督を聴取

▽イングランドサッカー協会(FA)は3日、先月のバーンリー戦後に女性レポーターに対して、不適切な発言を行ったサンダーランドのデイビッド・モイーズ監督に対して、聴取を求めたことを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽モイーズ監督は、先月18日に行われたプレミアリーグ第29節のバーンリー戦後にイギリス『BBC』の女性レポーター、ヴィッキ・スパーク氏からインタビューを受けた際、「たとえ、あなたが女性だとしても平手打ちされるかもしれない」と語り、物議を醸していた。 ▽FAはこの不適切な発言に関して、モイーズ監督から発言の意図を聴取することをサンダーランドと同監督に求めた。 ▽『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、スパーク氏は現在リーグ戦最下位に低迷するサンダーランドを率いるモイーズ監督に対して、同クラブのオーナーを務めるエリス・ショートが現地観戦を行ったことで、自身の去就へのプレッシャーを感じたか、との質問を行ったという。 ▽モイーズ監督は「いや、何も感じていない」と返答したものの、この質問が同監督の気に障ったようだ。そして、直後に同監督は「そういった発言はよくないね。ちょっと気を付けた方がいいよ。たとえ、あなたが女性だとしても平手打ちされるかもしれない。だから、今度来るときは気を付けなさい」と、スパーク氏を威圧するような問題発言を行っていた。 ▽モイーズ監督は3日、翌日に行われるレスター・シティ戦に向けた公式会見に参加した際、この一件に関して自身の非を認めている。 「あのとき、少し熱くなってああいったことを言ってしまった。私はあの発言について深く反省している」 「本来、私はそういったタイプの人間ではない。そして、あれが間違いであったことを認める」 「既に私はレポーターと連絡を取り、謝罪を受け入れてもらった。我々の関係は良い方向に向かっている」 2017.04.04 03:25 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング