ウルグアイ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 ウルグアイ 6 2 0 0 2 0 2 2

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-06-25
23:00
ロシア・ワールドカップ グループA
最終節
ウルグアイ vs ロシア

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.06.20
24:00
ロシア・ワールドカップ グループA
第2節
ウルグアイ 1 - 0 サウジアラビア
2018.06.15
21:00
ロシア・ワールドカップ グループA
第1節
エジプト 0 - 1 ウルグアイ

基本データ

正式名称:ウルグアイ代表(2018W杯)

原語表記:Uruguay

愛称:セレステ

ホームタウン:モンテビデオ

チームカラー:水色

関連ニュース

thumb

レーティング:ウルグアイ 1-0 サウジアラビア《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループA第2節、ウルグアイ代表vsサウジアラビア代表が20日にロストフ・アリーナで行われ、1-0でウルグアイが勝利し、グループステージ突破を決めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ウルグアイ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180621_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ムスレラ 5.5 1本ミドルシュートをストップ DF 4 G・バレラ 5.5 守備重視のプレーぶり 2 ホセ・ヒメネス 6.0 対人への強さをしっかり発揮 3 ゴディン 6.0 ミスなく堅実にプレー 22 カセレス 5.5 後半は守備に徹した MF 5 C・サンチェス 6.0 エジプト戦に続き、セットプレーからアシストを記録 (→ナンデス -) 6 ベンタンクール 5.5 後半に縦パスを入れる回数を増やした 15 ヴェシーノ 5.0 エジプト戦同様、ミスパスが多くリズムが出ない要因に (→トレイラ 5.5) ドリブルでの持ち上がりでアクセントを付けにかかる 7 C・ロドリゲス 5.5 縦への突破で打開を試みるも突破はしきれず (→ラクサール 5.0) 見せ場を作れなかった FW 9 スアレス 6.0 代表通算100キャップの節目の試合でゴール 21 カバーニ 5.5 依然としてスアレスとの連係が乏しい 監督 タバレス 5.5 勝つには勝ったが、低調な試合が続く ▽サウジアラビア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180621_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 22 アリ・オワイス 4.5 豪快に被って決勝点献上 DF 6 アル・ブレイク 5.5 対面のC・ロドリゲスとラクサールに対応 3 オサマ・ハウサウィ 5.5 集中した守備を続け、1失点に抑えた 4 アル・ブライヒ 5.5 スアレスとのマッチアップは互角だった 13 アル・シャハラニ 5.0 高い位置を取るも効果は薄かった MF 9 バヘブリ 5.0 29分の決定機は決めたかった (→モハメド・カンノ 5.0) 高さを生かしてヘディングを狙う 7 アル・ファラジ 5.5 左足を使って攻撃を組み立てにかかった 14 オタイフ 5.5 強力2トップへのボールを断った 17 アル・ジャッシム 5.0 ボールには触ったがアクセントは付けられず前半に負傷交代 (→アル・ムガウィ 5.0) 無難なパスワークに終始 18 アル・ドサリ 5.5 中に絞ってアル・シャハラニの攻め上がりを促す。ドリブルでの仕掛けも何度か見せた FW 19 アル・ムワラッド 5.5 スピードを生かしたスペースへの走り込みで打開を狙った (→アル・サハラウィ -) 監督 ピッツィ 5.5 惜敗だが、ゴールが遠かった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! スアレス(ウルグアイ) ▽低調な試合だったが、決勝点を決めたスアレスを選出。メモリアルな試合で結果を残した。 ウルグアイ 1-0 サウジアラビア 【ウルグアイ】 スアレス(前23) 2018.06.21 01:59 Thu
twitterfacebook
thumb

スアレス弾のウルグアイが2連勝でGS突破! 開催国ロシアの突破も決定《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループA第2節、ウルグアイ代表vsサウジアラビア代表が20日にロストフ・アリーナで行われ、1-0でウルグアイが勝利し、グループステージ突破を決めた。 ▽前日の試合で開催国ロシア代表がエジプト代表に勝利したため、ウルグアイが勝利すればウルグアイとロシアのグループステージ突破が決まる一戦。第1節でエジプトに対し、ホセ・ヒメネスの終盤弾で辛勝したウルグアイは、エジプト戦のスタメンから2選手を変更。サイドの両選手を変更し、デ・アラスカエタとナンデスに代えてC・ロドリゲスとC・サンチェスを起用した。 ▽一方、第1節でロシアに0-5と大敗したサウジアラビアは敗れればグループステージ敗退が決まる中、ロシア戦のスタメンから4選手を変更。エースストライカーのアル・サハラウィとGKのアル・マユーフらに代えてアル・ムワラッドやGKアリ・オワイスらを起用した。 ▽勝利が必要なサウジアラビアがポゼッションする展開で立ち上がっていった中、慎重な入りを見せたウルグアイは、スアレス、カバーニがシュートを浴びせて牽制していった。 ▽ウルグアイが自陣に構えてカウンターを狙ったことでゆったりとした試合展開が続く中、23分に先制する。C・サンチェスの左CKからGKアリ・オワイスが豪快に被ったところを、ファーサイドのスアレスがボレーで蹴り込んだ。 ▽ミスから失点したサウジアラビアは26分、バヘブリが左足ミドルでGKムスレラを強襲すると、29分にも左クロスからバヘブリがボレーで狙うも枠を捉えきれない。その後もボールを保持するサウジアラビアだったが、クオリティ不足でシュートにつなげることができなかった。 ▽そのサウジアラビアは41分にはアル・ジャッシムが左足太ももを痛めてプレー続行不可能となり、アル・ムガフィが投入される。結局、ウルグアイが無理せず試合を進めた前半はウルグアイの1点リードで終了した。 ▽迎えた後半、スアレスの直接FKでゴールに迫ったウルグアイが追加点に迫る中、59分に2枚代えを敢行する。C・ロドリゲスとヴェシーノに代えてラクサールとトレイラを投入した。 ▽すると62分にはカバーニの好精度クロスからC・サンチェスがヘディングシュートでゴールに迫れば、69分にはカセレスがFKからヘディングシュートを浴びせた。 ▽なかなか追加点を奪えず、勝負を決めきれないウルグアイだったが、スアレスの1点を守り抜いて逃げ切り。2連勝でグループステージ突破を決めた。なお、ウルグアイが勝利したことでロシアの突破も決まっている。その両国は最終節、首位通過を懸けて直接対決を行う。 2018.06.21 01:58 Thu
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 6月16日は、ロシアW杯参戦のセレステが誇る名守護神のバースデー

◆フェルナンド・ムスレラ 【Profile】 国籍:ウルグアイ 所属:ガラタサライ 誕生日:1986/6/16 ポジション:GK 身長:190㎝ 体重:74kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』6月16日は、ウルグアイ代表GKフェルナンド・ムスレラだ。 ▽母国ウルグアイのモンテビデオ・ワンダラーズでプロキャリアをスタートさせたムスレラは、同国の強豪ナシオナルを経て、2007年にラツィオ入り。2011年からガラタサライに活躍の場を求め、状況判断に優れた飛び出しとハイボール処理を武器に長らく守護神の座に君臨する。 ▽ウルグアイ代表キャリアにおいては、2009年にA代表デビュー。2011年にコパ・アメリカ優勝を経験した。そして、ワールドカップ出場は、今回のロシア大会で3度目。31歳という年齢的にも脂の乗り切った状態で迎える今大会も、“セレステ”の絶対的守護神としての活躍に期待がかかる。 ※誕生日が同じ主な著名人 堂安律(サッカー選手/フローニンヘン) 都倉賢(サッカー選手/北海道コンサドーレ札幌) 丸山祐市(サッカー選手/FC東京) ウルビー・エマヌエルソン(サッカー選手/ユトレヒト) 鮫島彩(サッカー選手/INAC神戸レオネッサ) ほんこん(芸人) 益子卓郎(芸人/U字工事) 藤田寛之(プロゴルファー) 大嶺祐太(プロ野球選手/千葉ロッテマリーンズ) 大松尚逸(プロ野球選手/東京ヤクルトスワローズ) 2018.06.16 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング:エジプト 0-1 ウルグアイ《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループA第1節、エジプト代表vsウルグアイ代表が15日にエカテリンブルク・アリーナで行われ、0-1でウルグアイが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽エジプト採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180615_27_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 23 エル・シェナウィ 6.0 スアレスとの一対一を2度防ぎ、カバーニのボレーシュートを止めた DF 7 ファティ 6.0 正確な配球でビルドアップの起点に。守備も安定 2 ガブル 6.0 ヘガジと共に最終ラインで壁を築く 6 ヘガジ 5.5 何度かスアレスに出し抜かれるも耐える 13 アブデルシャフィ 5.5 相手の攻撃力が乏しかった面もあるが、持ち場をやられることはなかった MF 22 ワルダ 5.5 サラーの代役。よくボールを受けるも打開には至らず (→ソブヒ -) 8 ハメド 5.5 頻繁にボールを受けて試合に絡んだが、後半早々に負傷交代 (→モーシー 5.5) すんなりと試合に入って守備をこなした 19 アブドゥラ・サイード 5.0 トップ下の位置でアクセントを付けるには至らず 17 エルネニー 5.5 攻守に無難なプレー 21 トレゼゲ 5.5 後半に何度か持ち味のスピードを発揮 FW 9 モフセン 5.5 よくボールを受けていたが、ゴディンに潰される (→カハラバ 5.0) モフセン同様、相手CBに厳しいマークを受ける 監督 クーペル 5.5 サラーを起用せず引き分けに持ち込めそうだったが失敗 ▽ウルグアイ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180615_27_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ムスレラ 6.0 クロスボールに対するキャッチングが安定していた DF 4 G・バレラ 5.5 攻撃参加を図るも、アクセントを付けるには至らず 2 ホセ・ヒメネス 6.5 ゴディンと共にモフセンを潰す。最後に値千金の決勝点 3 ゴディン 6.5 モフセンを潰し、自ら攻撃に関与する場面も 22 カセレス 5.5 致し方ないが、攻撃面でのクオリティが不足した MF 8 ナンデス 5.0 本職ボランチのため、攻撃面でのアイデアが乏しかった (→C・サンチェス 5.5) ナンデス同様、攻撃センスを欠いたが、決勝点をアシスト 15 ヴェシーノ 5.0 気の利いたパスを供給できず (→トレイラ -) 6 ベンタンクール 5.5 単調なパス出しが目立った 10 デ・アラスカエタ 5.0 中寄りにポジションを取るも、2トップに関与することができなかった (→C・ロドリゲス 5.5) ドリブル突破を図るも効果は薄かった FW 21 カバーニ 5.5 何度かさすがと思わせるシュートを見せたが、スアレスとの連係が乏しかった 9 スアレス 5.0 身体が重くブレーキに。周りとの連係もなかった 監督 タバレス 5.5 勝利したが、内容は低調 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ホセ・ヒメネス(ウルグアイ) ▽ゴディンもMOMに相応しかったが、最後に決勝点を決めたホセ・ヒメネスを選出。ソリッドな守備を続け、決勝ゴールを叩き込んだ。 エジプト 0-1 ウルグアイ 【ウルグアイ】 ホセ・ヒメネス(後44) 2018.06.15 23:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ホセ・ヒメネスの土壇場弾でウルグアイが白星発進! サラー不出場のエジプトは惜敗《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループA第1節、エジプト代表vsウルグアイ代表が15日にエカテリンブルク・アリーナで行われ、0-1でウルグアイが勝利した。 ▽開催国のロシア代表が前日の開幕戦でサウジアラビア代表を5-0と圧勝したグループA。7大会ぶり出場のエジプトは、チャンピオンズリーグ(CL)決勝で右肩を負傷した大黒柱のサラーがベンチスタートとなった。 ▽一方、グループAの本命と見られるウルグアイは2大エースのスアレスとカバーニが先発。ベストメンバーで臨んだ。 ▽序盤は互角の攻防が展開された。地力に勝るウルグアイが押し込むかと思われたが、2トップに有効なボールが入らず、なかなかシュートチャンスを生み出せない。 ▽対するエジプトは1トップのモフセンにボールを入れていくも、ゴディンとホセ・ヒメネスの屈強な2センターバックに潰され、こちらも有効なシュートを浴びせることができなかった。 ▽堅実なチーム同士の試合らしい潰し合いの序盤を過ぎると23分、ウルグアイはカバーニが可能性のあるボレーシュートを浴びせれば、直後の右CKからルーズとなったボールをボックス左でフリーとなっていたスアレスがシュート。しかし、枠を外して先制とはならない。 ▽前半半ば以降、ウルグアイが押し込む展開を増やしていくも、引き続き2トップにボールが入らず、決定機は生み出せずに前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、開始1分にウルグアイに決定機。カバーニの浮き球パスに抜け出したスアレスがボックス右からシュート。しかし、GKエル・シェナウィの好守に阻まれた。 ▽ひやりとしたエジプトは49分にボランチのハメドが負傷し、モーシーとの交代を余儀なくされた。 ▽引き続きウルグアイが押し込む展開としていたものの、崩せない状況が続いたため、タバレス監督が58分に動く。デ・アラスカエタとナンデスに代えてC・ロドリゲスとC・サンチェスを投入した。 ▽それでも、こう着した展開を打破できずに時間が経過。ようやく73分にカバーニのラストパスを受けたスアレスがボックス内に侵入するも、GKエル・シェナウィの好飛び出しに阻まれてシュートを打ちきれない。 ▽さらに83分、スアレスの落としをペナルティアーク中央のカバーニがボレーシュート。完璧に捉えたシュートが枠の右上を捉えたが、ここもGKエル・シェナウィのビッグセーブに阻まれた。続く88分にはボックス手前左で得たFKをカバーニが直接狙うも、鋭いシュートは右ポストを直撃してしまう。 ▽それでも89分、右サイドで得たFKからC・サンチェスが柔らかいクロスボールを入れると、ホセ・ヒメネスが打点の高いヘッドでゴール右に流し込み、ウルグアイが土壇場で均衡を破った。これが決勝点となってウルグアイが勝利。白星発進としたウルグアイは第2節でサウジアラビアと対戦する。一方、サラーを起用せず惜敗したエジプトはロシアと対戦する。 2018.06.15 23:04 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング