ベネヴェント

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 ベネヴェント 21 6 3 29 33 84 -51 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.05.20
25:00
セリエA
第38節
キエーボ 1 - 0 ベネヴェント
2018.05.12
25:00
セリエA
第37節
ベネヴェント 1 - 0 ジェノア
2018.05.06
22:00
セリエA
第36節
SPAL 2 - 0 ベネヴェント
2018.04.29
22:00
セリエA
第35節
ベネヴェント 3 - 3 ウディネーゼ
2018.04.21
27:45
セリエA
第34節
ミラン 0 - 1 ベネヴェント

基本データ

正式名称:ベネヴェント・カルチョ

原語表記:Benevento Calcio

愛称:ストレゴーニ

創立:2005年

ホームタウン:ベネヴェント

チームカラー:黄と赤

関連ニュース

thumb

ミラン撃破の翌日…ベネヴェントのセリエB降格が決定《セリエA》

▽ベネヴェントのセリエB降格が決まった。 ▽2016-17シーズンのセリエBを5位で昇格プレーオフに回り、クラブ史上初の1部昇格を決めたベネヴェント。だが、冒険を1年で終えることとなった。 ▽ベネヴェントはセリエA第33節終了時点で最下位。21日に敵地で行われた第34節のミラン戦を勝利し、勝ち点17に伸ばして逆転残留に望みを繋いだ。 ▽しかし、翌日にウディネーゼを下した降格圏18位のクロトーネ(勝ち点31)が17位に浮上。4節を残してベネヴェントの1年でのセリエB降格が確定した。 2018.04.23 07:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランを気遣うベネヴェント指揮官「相手は疲れていた」「恥じることはない」

▽現地時間21日のセリエA第34節でベネヴェントはミランに1-0で勝利した。ロベルト・デ・ゼルビ監督は、「ミランの疲労」が勝因の一つと分析している。試合後の会見の様子を『ミランニュース』が伝えた。 ▽この試合で勝利を逃すとセリエB降格が決まる状況だったベネヴェントは、2月に同じ場所でインテルと対戦し、0-2で負けていた。 ▽ただ、デ・ゼルビ監督は「インテル戦の方が内容は良かった」とコメント。「我々が対戦したミランは疲れていた。そこを突くことができたね」と分析している。 ▽さらに指揮官は「ミランは何も恥じることはないと思う。我々はナポリやラツィオを含め、どんな相手も苦しめてきたのだからね」と語り、ベネヴェントがセリエAで立派に戦っていることを強調した。 ▽今季ここまで勝ち点17を獲得しているベネヴェントは、うち4ポイントをミランから獲得した。 2018.04.22 10:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾ、最下位に敗れて怒り心頭「魂がなかった」

▽ミランは現地時間21日、セリエA第34節のベネヴェント戦を0-1で落とした。ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、まさかの敗戦に不満を爆発させている。試合後、『プレミアム・スポルト』にコメントを残した。 ▽第30節のユベントス戦で敗れてから4試合引き分けが続いていたミラン。久々の勝利を取り戻す相手として降格目前の最下位ベネベントは、格好の相手のはずだった。しかし、前半に先制を許すと、最後まで得点を奪うことはできず敗戦。ヨーロッパリーグ出場権獲得も微妙な位置となっている。 ▽ガットゥーゾ監督は「プレーしているときに魂がなかった。こんなみっともない姿勢ではダメだ」と不満を述べた。その一方で選手を擁護し、「まず責任があるのは私だ」とも話している。 ▽22日の結果次第では、6位を維持できないかもしれない。指揮官は、「多くのクラブがヨーロッパリーグ出場を狙っている。大事なのは相手じゃない。自分たちがこういった負けをしないことだ。チームのほぼ全体が、落ち着きのないプレーをしていたよ」と語った。 ▽これで6試合勝利なしのミラン。復調のきっかけはどこにあるのだろうか。 2018.04.22 07:02 Sun
twitterfacebook
thumb

低調ミラン、降格目前の最下位ベネヴェントに敗戦で6戦勝利なし… EL圏外転落の可能性《セリエA》

▽ミランは21日、セリエA第34節でベネヴェントをホームに迎え、0-1で敗れた。 ▽前節トリノ戦を引き分けるのが精いっぱいで4試合連続ドロー中と足踏みが続く6位ミラン(勝ち点54)は、アタランタ(勝ち点52)、サンプドリア(勝ち点51)、フィオレンティーナ(勝ち点51)ら後続に迫られている。最低でもヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得は果たしたいミランは、スソとカリニッチをベンチスタートとし、クトローネとアンドレ・シウバの2トップとするフラットな[4-4-2]で臨んだ。 ▽勝ち点を得られなければ降格が決まる最下位ベネヴェント(勝ち点14)に対し、一進一退の攻防で立ち上がったミランは16分に自らピンチを招く。R・ロドリゲスのバックパスがそのままゴールラインを割りかけたが、GKドンナルンマがぎりぎりで蹴り出した。 ▽新システムが機能しない低調なミランは、29分にまさかの失点を喫する。ヴィオラのスルーパスに抜け出したイエメッロにボックス右に進入され、GKドンナルンマとの一対一を制された。 ▽失点後もサイドから単調なクロスボールを入れるだけのミランだったが、37分にようやく最初のチャンスを生み出す。ケシエの浮き球パスをボックス左で受けたクトローネが胸トラップからシュート。しかし、枠を捉えるには至らなかった。 ▽ゴールレスで迎えた後半開始4分にボリーニを諦めてスソをそのまま右サイドに投入したミランだったが、カタルディの際どいミドルシュートを浴びると、62分にはアンドレ・シウバも諦めてカリニッチを投入した。 ▽それでも一向にギアの上がらないミランは、66分にヴィオラのミドルシュートでけん制される始末。72分には負傷したビリアがプレー続行不可能となり、ロカテッリを投入。3枚の交代枠を使いきってしまった。 ▽流れの悪いミランは73分にようやく決定機。ボックス手前右からのスソのクロスをファーサイドのクトローネがヘッド。しかし、GKプッジョーニのファインセーブに阻まれ、ルーズボールをボナヴェントゥーラが狙ったが、枠を捉えていたシュートはDFにブロックされた。 ▽追うミランは80分に追い風が吹く。ディアバテがボヌッチとの競り合いの際にヒジを入れ、2枚目のイエローカードで退場となった。 ▽終盤にかけて数的優位となったミランが押し込む流れとなったが、7分の追加タイムでもチャンスは作れずに敗戦。降格目前の最下位相手にホームで敗戦する失態を演じ、6戦勝利から見放されることとなった。 2018.04.22 05:41 Sun
twitterfacebook
thumb

ディバラのPK2つ含むハットでユーベが最下位ベネヴェントに競り勝つ《セリエA》

▽ユベントスは7日、セリエA第31節でベネヴェントとアウェイで対戦し、4-2で競り勝った。 ▽前節ミラン戦を3-1と競り勝ち、2位ナポリとのポイント差を再び4に広げた首位ユベントス(勝ち点78)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦をホームで0-3と完敗し、CL敗退が濃厚となった。そんな中、マドリー戦のスタメンから大幅に9選手を変更。ディバラとアレックス・サンドロのみ引き続きスタメンとなった。 ▽最下位ベネヴェント(勝ち点13)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだユベントスは2トップにマンジュキッチとディバラ、両サイドにクアドラードとマテュイディ、中盤センターにピャニッチとマルキジオを並べて、立ち上がりから押し込んでいく展開とする。 ▽右サイドに張ったクアドラードの仕掛けで打開を図るユベントスは、16分に順当に先制する。左サイドのアレックス・サンドロのフィードをファーサイドのクアドラードが丁寧に落とし、ボックス右のディバラがコントロールシュート。完璧にコントロールされたシュートがゴール左上に決まった。 ▽しかし24分、ベネヴェントの反撃を許したユベントスは失点する。ジュリチッチの強烈なミドルシュートはGKシュチェスニーがファインセーブで凌いだものの、こぼれ球をトシュカに狙われると、ルーズボールをゴール前のディアバテに詰められた。 ▽まさかの失点を喫したユベントスは34分に決定機。ロングボールに抜け出したクアドラードがGKと一対一に。しかし、シュートは枠の左に外れてしまった。続く36分にはマンジュキッチがスライディングシュートでゴールに流し込んだが、その前にハンドを取られてノーゴールに。 ▽それでも44分、マルキジオの浮き球パスをボックス左で受けたピャニッチがディムスティに倒され、VARの末にPKと判定された。そして、このPKをディバラがゴール右に決め、ユベントスが1点をリードして前半を終えた。 ▽ディバラの今季20ゴール目で試合を折り返したユベントスだったが後半開始6分、再び試合を振り出しに戻される。左CKからファーサイドのディアバテにヘディングシュートを決められた。 ▽緩い後半の入りをしてしまったユベントスは、58分にクアドラードに代えてドグラス・コスタを投入。さらに63分、マルキジオに代えてイグアインを投入すると、73分にPKを獲得する。イグアインがボックス右でヴィオラに倒された。このPKをディバラがゴール左にシュートを決めてユベントスが三度勝ち越しに成功した。 ▽さらに82分、右サイドからカットインしたドグラス・コスタがボックス手前右から左足を一閃。強烈なシュートがゴール左上に突き刺さった。 ▽これで勝負は決し、ユベントスが4-2で勝利。ディバラのハットトリックなどで辛くもベネヴェントを退け、首位を堅守している。 2018.04.08 00:06 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング