ベネヴェント

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 ベネヴェント 1 0 1 15 8 38 -30 16

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-12-17
26:00
セリエA
第17節
ベネヴェント vs SPAL
2017-12-23
23:00
セリエA
第18節
ジェノア vs ベネヴェント
2017-12-30
23:00
セリエA
第19節
ベネヴェント vs キエーボ
2018-01-06
23:00
セリエA
第20節
ベネヴェント vs サンプドリア
2018-01-21
23:00
セリエA
第21節
ボローニャ vs ベネヴェント

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.12.10
23:00
セリエA
第16節
ウディネーゼ 2 - 0 ベネヴェント
2017.12.03
20:30
セリエA
第15節
ベネヴェント 2 - 2 ミラン
2017.11.27
28:45
セリエA
第14節
アタランタ 1 - 0 ベネヴェント
2017.11.19
23:00
セリエA
第13節
ベネヴェント 1 - 2 サッスオーロ
2017.11.05
23:00
セリエA
第12節
ユベントス 2 - 1 ベネヴェント

基本データ

正式名称:ベネヴェント・カルチョ

原語表記:Benevento Calcio

愛称:ストレゴーニ

創立:2005年

ホームタウン:ベネヴェント

チームカラー:黄と赤

関連ニュース

thumb

ミランから同点弾のベネヴェントGK「プールに飛び込むよう。首筋で打った」

ミランから得点を奪ったベネヴェントの守護神GKアルベルト・ブリニョーリが3日、イタリアメディア『プレミアムスポーツ』のテレビ番組に出演し、喜びを語った。<br><br>ベネヴェントは今シーズン開幕後から14連敗を喫し、マンチェスター・ユナイテッドが1930-31シーズンに残した連敗記録を更新して注目を集めた。3日、セリエA第15節では、ジェンナーロ・ガットゥーゾ新監督率いるミランと対戦。1-2でリードを許していたものの、アディショナルタイムにセットプレーから守護神ブリニョーリが起死回生の同点ゴールを挙げた。創立88年で初めてセリエAに昇格したクラブは守護神の得点により記念すべき初ポイントを得ることになった。<br><br>■16年ぶりとなったGKによる得点セリエAにおいてGKによる得点は2001年4月、レッジーナで得点を記録したマッシモ・タイービ以来となる快挙だが、ブリニョーリは得点の瞬間を振り返る。<br><br>「僕はヘディングシュートを練習していないけど、本能的にできた。ゴールシーンを見たけど、プールに飛び込むように苦し紛れに飛んだ。本当に見た目はカッコ悪いね。あのゴールを再現しようと100回ぐらいやってもできないと思う。それでも隅に決めるのは簡単ではないし、シュートはきれいに決まったと思う。目はつぶっていて、首筋で打ったんだ」<br><br>続いて誰からゴール前に上がるよう指示を受けたのかを問われると、「皆から何となく言われて、最後は自分で決めた。失うものは何もなかったし、最後の1分だったから挑戦してみた。すると自分が頭の中で思い描いていたようになったんだ」と述べ、最終的な判断は自分自身で決めたと明かした。<br><br>なおブリニョーリは現在、ユヴェントスからベネヴェントにレンタル加入しており、将来はレンタル元へ復帰したいと考えている。<br><br>「非常に難しいと思うが復帰を目標に設定して頑張っている。挑戦してみて、もし実現したら最高だね。夏にはユーヴェの練習場で(ジャンルイジ)ブッフォンと数週間、一緒に練習できた。驚いたのは休みの日もジムでトレーニングしていたことだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.04 21:19 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン相手に土壇場ゴール記録のベネヴェントGK、「目を閉じて飛び込んだ」

▽ベネヴェントは、3日に行われたセリエA第15節のミラン戦を2-2のドローで終え、開幕からの連敗をストップすると共に、クラブ史上初となるセリエAでの勝ち点を手にした。同試合後、試合終了間際に劇的な同点ゴールを記録したイタリア人GKアルベルト・ブリニョーリが自身の大仕事を振り返った。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。 ▽昨シーズンのセリエA昇格プレーオフを制してクラブ史上初となるセリエA昇格を決めたベネヴェント。しかし、初のセリエAの舞台で戦う今シーズンは開幕から14連敗を喫し、87年前にマンチェスター・ユナイテッドが記録した開幕12連敗という欧州リーグワースト記録を更新する失態を演じていた。 ▽それでも、ジェンナーロ・ガットゥーゾ新監督率いるミランをホームに迎えた一戦では、試合終盤まで1-2の僅差を保ったうえ、相手に退場者が出たことで、試合終了間際に猛攻を仕掛ける展開に。すると95分、相手陣内左サイドでFKを獲得したベネヴェントは、GKブリニョーリを含む全員がゴール前に。そして、キッカーのMFダニーロ・カタルディが蹴り込むと、そのGKブリニョーリが見事なヘディングで合わせ、チームに歴史的な勝ち点1をもたらす値千金のゴールを奪った。 ▽セリエAでは2001年に当時レッジーナに在籍していたイタリア人GKマッシモ・タイービ以来となる、GKによるゴールを記録したブリニョーリは試合後のインタビューでこのゴールシーンを振り返った。 「説明するのは難しいよ。僕はあの場面で相手ゴール前に向かい、ベストを尽くすことだけを考えていたんだ。とにかく、自分を含めて会長や仲間、ファンたちにとって素晴らしいことになったね。ただ、今回の出来事はチームとして手に入れた結果だし、僕が必要以上に自分について語ることはよくないと思う」 「セリエAでプレーすることは夢だった。そして、1-2の状況から改善することをみんなが願っていた。僕たちには失うものはなかった。だから、僕はあの場面で相手ゴール前に向かい、目を閉じて飛び込んだんだ。それはストライカーの動きではなく、あくまでゴールキーパーのダイビングヘッドだったね」 ◆圧巻のダイビングヘッド https://twitter.com/SerieAchannel/status/937312868671868928 2017.12.04 03:55 Mon
twitterfacebook
thumb

開幕全敗ベネヴェント、GK弾で引き分けクラブ史上初のセリエA勝ち点獲得! ミランはガットゥーゾ監督初陣を勝利で飾れず《セリエA》

▽セリエA第15節のベネヴェントvsミランが3日に行われ、2-2の引き分けに終わった。 ▽ミランはこの一戦の前にモンテッラ監督を解任。新監督に就任したクラブのレジェンド“闘犬”と称されるガットゥーゾ監督にとっての初陣となった。 ▽前節終了時点で6勝2分け6敗の7位に沈むなど、批判にさらされているミランにとってはガットゥーゾ監督の下、心機一転を図りたい一戦。巻き返しを図るべく、前節のスタメンからはサパタとアンドレ・シウバを変更。[3-4-3]を採用し、GKにドンナルンマ、3バックにロマニョーリ、ボヌッチ、ムサッキオを起用し、中盤にボリーニ、モントリーボ、ケシエ、R・ロドリゲス、3トップにボナヴェントゥーラ、カリニッチ、スソを配置した。 ▽ミランは試合開始早々の3分にボックス手前でFKを獲得。キッカーを務めたボナヴェントゥーラが直接狙うと、ボールは左ポスト付近に飛んでいく。しかし、これは得点とはならない。 ▽ミランが決定機をものにできずにいると、32分にベネヴェントにチャンスガ訪れる。右サイドを侵攻したダレッサンドロが、精度の高いクロスを供給。走り込んだパリジーニがフリーの状態でヘディングシュートを放ったが、枠を外れた。 ▽38分、ミランは暗雲を晴らすように得点を決め切る。ケシエのクロスに反応したボナヴェントゥーラがヘディングシュートを放つも、相手GKが反応。跳ね返しに合わせたカリニッチのシュートが再びブロックされると、再び反応したボナヴェントゥーラが頭で押し込んだ。 ▽しかしミランのリードで迎えた後半、立ち上がりにベネヴェントが意地をみせる。50分、左CKのこぼれ球にレティツィアが合わせて強烈なシュートを浴びせると、GKドンナルンマがたまらずボックス内にボールを弾いてしまう。プシュカシュが素早く反応し、ネットを揺らした。 ▽ガットゥーゾ監督の初陣を勝利で飾りたいミランは、57分にセットプレーから勝ち越し点を決める。右CKのこぼれ球をボナヴェントゥーラが拾うと、右サイドから高精度なクロスを供給。巧みに動き出したカリニッチが、ほぼフリーの状態で強烈なヘディングシュートを沈めた。 ▽その後、攻撃に出つつもうまく試合をコントロールするミランだったが、75分に相手のカウンターを阻止したロマニョーリにこの試合2枚目の警告。残り時間を10人で戦うことを余儀なくされてしまう。 ▽その後、ややベネヴェントが勢いを保ちミランのゴールに迫っていく。ミランはドンナルンマを中心に守り抜き、試合が終了するかに思われたが、95分にドラマが待っていた。ベネヴェントが敵陣左サイドでFKを獲得すると、GKブリニョーリを含む全員がゴール前に。キッカーのカタルディが蹴り込むと、そのGKブリニョーリがフリーで合わせ、ゴール右隅に沈めた。 ▽直後に試合が終了。ガットゥーゾ監督は目前まで迫っていた初陣での勝利をものにすることができず。ベネヴェントは、クラブ史上初のセリエA参加となっている今シーズン、初めて勝ち点1を獲得。ミランを相手にして開幕からの連敗を「14」でストップし、クラブの歴史に残る一歩を踏み出すこととなった。 2017.12.03 22:39 Sun
twitterfacebook
thumb

イグアインの公式戦4戦連発弾とクアドラード弾でユベントスが最下位ベネヴェントに逆転勝利《セリエA》

▽ユベントスは5日、セリエA第12節でベネヴェントをホームに迎え、2-1で逆転勝利した。 ▽前節ミラン戦を今季最高の出来とも言える内容で快勝した3位ユベントス(勝ち点28)は、5日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のスポルティング・リスボン戦を復調しているイグアインのゴールで何とか引き分けに持ち込んだ。2位を死守して決勝トーナメント進出に近づいた中、スポルティング戦のスタメンから5選手を変更。GKブッフォンやマンジュキッチ、ケディラらに代えてドグラス・コスタやマルキジオ、マテュイディらがスタメンとなった。 ▽ここまで全敗で最下位に沈むベネヴェントに対し、2列目に右からクアドラード、ディバラ、ドグラス・コスタと並べる[4-2-3-1]で臨んだユベントスが、立ち上がりから敵陣で試合を進めていく。そして15分にはボックス左からドグラス・コスタの強烈なシュートがバーを直撃した。 ▽ところが19分、ワンチャンスを決められて失点する。ゴール正面の位置で与えた直接FKをキキレッティにゴール左へ決められた。 ▽まさかの先制を許したユベントスは31分、ディバラのラストパスを受けたボックス右のクアドラードがシュートに持ち込むも、枠の左上に外してしまう。さらに34分、ボックス内に侵入したディバラの右足シュートはGKのセーブに阻まれた。 ▽続く41分にはイグアインのヘッドでの落としをディバラがボレーで合わせる決定機を迎えるも枠の上に外してしまう。そして、前半終了間際のディバラの直接FKはGKにセーブされ、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半も一方的な展開に持ち込んだユベントスは57分に試合を振り出しに戻す。右サイドからのクロスをファーサイドのマテュイディがヘッドで折り返し、イグアインが難しい態勢から左足ボレーで流し込んだ。 ▽続く60分にはクアドラードがGKを強襲する強烈なシュートを浴びせると、ルーズボールをイグアインがシュートに持ち込むもGKにセーブされる。それでも65分、左サイドからのアレックス・サンドロのクロスをクアドラードがヘディングでねじ込み、逆転に成功した。 ▽これが決勝点となってユベントスが薄氷の逆転劇で最下位チームに勝利している。 2017.11.06 01:14 Mon
twitterfacebook
thumb

開幕から全敗の昇格組ベネヴェントで監督交代…バローニ解任でデ・ゼルビ氏を招へい

▽ベネヴェントは23日、マルコ・バローニ監督(54)の解任およびロベルト・デ・ゼルビ氏(39)の招へいを発表した。 ▽バローニ監督の下、昨シーズンのセリエB昇格プレーオフを制してクラブ史上初のセリエA昇格を決めた奇跡のクラブ、ベネヴェント。だが、リーグダントツ最下位の資金力しかない昇格組クラブは、開幕から敗戦を重ねてセリエAワースト記録となる開幕9連敗を喫している。 ▽クラブは奇跡を起こしたバローニ監督の手腕を評価していたものの、逆転での残留に向けて苦渋の決断を下し、パレルモ時代に攻撃的なスタイルで評価を高めていたデ・ゼルビ氏(写真)の招へいに動いた。 2017.10.24 06:15 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング