ジローナ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
7 ジローナ 20 5 5 5 19 22 -3 15

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-12-17
20:00
リーガエスパニョーラ
第16節
ジローナ vs ヘタフェ
2017-12-21
27:30
リーガエスパニョーラ
第17節
エイバル vs ジローナ
2018-01-08
リーガエスパニョーラ
第18節
バレンシア vs ジローナ
2018-01-15
リーガエスパニョーラ
第19節
ジローナ vs ラス・パルマス
2018-01-22
リーガエスパニョーラ
第20節
アトレティコ・マドリー vs ジローナ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.12.11
29:00
リーガエスパニョーラ
第15節
エスパニョール 0 - 1 ジローナ
2017.12.04
29:00
リーガエスパニョーラ
第14節
ジローナ 2 - 3 アラベス
2017.11.25
26:30
リーガエスパニョーラ
第13節
ベティス 2 - 2 ジローナ
2017.11.17
29:00
リーガエスパニョーラ
第12節
ジローナ 1 - 1 レアル・ソシエダ
2017.11.05
20:00
リーガエスパニョーラ
第11節
レバンテ 1 - 2 ジローナ

基本データ

正式名称:ジローナFC

原語表記:Girona Futbol Club

創立:1930年

ホームタウン:ジローナ

チームカラー:赤

関連ニュース

thumb

アベラルド新体制のアラベスがイバイ・ゴメスが劇的ハットで好調ジローナに逆転勝利! 《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第15節のジローナvsアラベスが4日に行われ、2-3でアラベスが勝利した。 ▽勝てば8位となるジローナが、1日にアベラルド新監督を迎えたで最下位のアラベスをホームに迎えた一戦。5戦無敗と好調なジローナは、この試合でもDFマフェオ、DFモジカをウィングバックとする[3-4-2-1]を採用して臨んだ。 ▽試合の序盤は、ピッチをワイドに使うジローナがやや優勢に侵攻。アラベスはカウンターからの反撃を試みるが、守備に人数を割いているためか最前線までボールが繋がらない。29分には、マフェオが右サイドから上げたアーリークロスから、ボックス内のストゥアーニが高い打点のヘディングシュートを放ったが、ボールはわずかに左に逸れた。 ▽さらに36分、今度は左サイド深くまで侵攻したモジカが弾道の低いクロスを供給。ストゥアーニが足で合わせたシュートは得点とはならなかったが、サイドを有効に使い積極的にアラベスゴールを脅かしていく。 ▽大きな動きをみせないまま折り返した試合は、後半もジローナのペースで進んでいく。すると、60分にジローナの攻撃が実を結ぶ。巧みな動き出しでラインの裏に抜け出したストゥアーニが、ボックス左に侵攻。鋭い切り返しで対峙する相手DFに足をつかせると、そのまま左足を振り抜き、ネットを揺らした。 ▽さらに直後の62分、ジローナは右CKを獲得する。アウトスイングのボールが供給されると、これに合わせたのはファンぺ。ニアでしっかりと頭を振り抜きゴール左下に決め、リードを2点に広げていく。 ▽反撃に出たいアラベスは、71分にドゥアルテを下げてペドラツァを投入。すると72分、そのペドラツァが左サイド深くまで侵攻していく。そのまま中央後方へ折り返すと、イバイ・ゴメスが合わせたシュートは一度GKボノに弾かれたものの、自ら詰めて反撃弾とした。 ▽さらに88分、今度はフリーの状態でペドラツァがボックス右に侵攻。飛び出したボノが倒してしまいレガネスがPKを獲得する。キッカーのイバイ・ゴメスが冷静に決め、同点とした。 ▽試合も終盤に突入し、このまま試合終了かと思われたが、アディショナルタイムに試合が動く。94分、ピッチ中央付近右でボールを持ったムニルがドリブル突破を敢行。相手DFに身体を当てつつボックス手前まで侵攻すると、イバイ・ゴメスにラストパスを送る。これを右足ダイレクトで蹴り込み、逆転に成功した。 ▽直後に試合終了のホイッスル。敵地で好調のジローナを破ったアラベスは、アベラルド新監督の初陣を勝利で飾ると共に順位もマラガを抜いて最下位を脱する結果となっている。 2017.12.05 07:01 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー戦で決勝点決めたポルトゥ「フットボールは公正だった」

29日のリーガエスパニョーラ第10節、ジローナは本拠地モンティリビでのレアル・マドリー戦に2&minus;1で勝利した。逆転弾となる2点目を決めたFWクリスティアン・ポルトゥは、この勝利を「公正」なものとみなしている。<br><br>ポルトゥは試合後、『Beinスポーツ』とのフラッシュインタビューで次のようにコメントしている。<br><br>「前半の僕たちがとても素晴らしいプレーを見せていたことは分かっていた。ボールを2回もポストに当て、説明のしようがない枠外へ飛ぶシュートだってあった。だから、前半の調子でプレーし続ければ報われるはずだったんだよ。やっぱり、フットボールは公正なものだった」<br><br>巧みなヒールシュートによってゴールは決めたポルトゥではあるが、オフサイドポジションにいたことも指摘されている。<br><br>「オフサイドだったかは本当に分からない。ボールだけを見ていたし、自分の位置は分かっていなかった」<br><br>一方でジローナの3バックシステムについて問われると、しっかりと規律を守らなければ機能しないものであると説いた。<br><br>「僕たちのシステムはほかとは異なるものだ。ちゃんと機能させることができなければ、ライバルに狂わされてしまうね」<br><br>提供:goal.com 2017.10.30 11:00 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー撃破を誇るジローナ監督マチン「良いプレーがあればビッグチームを破れると世界中に示した」

29日のリーガエスパニョーラ第10節、ジローナは本拠地モンティリビでのレアル・マドリー戦を2&minus;1で制した。パブロ・マチン監督は、1部昇格組である自チームが獲得した大金星に誇りを感じている様子だ。スペイン『マルカ』と『バングアルディア』がコメントを伝えた。<br><br>3バックシステムで機能的なサッカーを実現し、一部から注目を集め続けていたジローナ。今季ここまで、その良質なパフォーマンスは結果に直結しなかったが(第9節までの成績は2勝3分け4敗)、今回のレアル・マドリー戦で0&minus;1からの逆転勝利という感動的な試合を生み出した。<br><br>マチン監督は試合後、この大金星について次のような感想を述べている。<br><br>「幸福感に満ちていると言ってしまおうか。欧州王者を打ち破ったのだからね。凄まじい仕事を実現した選手たちを称えなければならない。私たちはスペイン、ひいては世界に対して、良いプレーをすればマドリーのようなビッグチームであっても倒せることを示したんだ」<br><br>「マドリーは必死に汗を流すことを常とするチームではなく、私たちは彼らにとってはやりにく試合を実現した。サイドを幅広く使い、彼らに走ることを強要したんだよ。(0&minus;1で迎えた)ハーフタイムには選手たちに対して、私たちがもっと良い結果に値し、同じプレーをし続けれることで勝てると伝えていた。選手たちはこの勝利に値するよ」<br><br>ジローナはアトレティコ・マドリー戦、バルセロナ戦でもそうであったように、この試合でも3バックでのプレーを貫き通した。<br><br>「重厚なチームと、手段が少ない羽のように軽いチームの対戦であることは自覚していた。しかし自分たちであることを捨て去って、後味の悪い思いはしたくないんだ。私たちは世界では知られていないジローナのままでいたかった。今日はこのチームの特徴が、世界中の目に触れたというわけだよ」<br><br>提供:goal.com 2017.10.30 10:25 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシをマンマークで封じたジローナDFマフェオ「監督が指示すればC・ロナウドにも張り付く」

29日のリーガエスパニョーラ第10節、ジローナは本拠地モンティリビにレアル・マドリーを迎える。DFパブロ・マフェオは、レアル・マドリーを相手にして良い結果を手にするためには「100%の集中」が必要であることを説いてる。<br><br>マンチェスター・シティからのレンタルでジローナでプレーするマフェオは、スペイン『マルカ』とのインタビューで次のようにコメントした。<br><br>「レアル・マドリーは世界最高のチームの中でも最も優れたチームだ。彼らを苦しめるためには100%の集中が必要となる。モンティリビが圧力釜になることを期待しているよ」<br><br>「今季のマドリーは不調?&nbsp;どんなチームであっても調子を落とすことがある。でも、彼らはマドリーなんだよ。もし3試合を落としたとすれば、4試合目で3ゴールを記録する。それがスター選手たちが有している機能なわけだ」<br><br>バルセロナ戦(0&minus;3)ではFWリオネル・メッシをマンマークし、その動きをほぼ封じることに成功したマフェオ。ジローナを率いるパブロ・マチン監督はその意図をマフェオとメッシが存在しない「10人対10人の試合」をすることにあったと話していたが、今回のレアル・マドリー戦でマフェオにFWクリスティアーノ・ロナウドをマークさせる可能性も囁かれる。<br><br>マフェオはその可能性について問われ、「必要ならば彼に張り付くよ。監督が指示するならば、何の問題もなく実行させてもらう」と語っている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.29 22:40 Sun
twitterfacebook
thumb

バカンブ2G! 直近2戦5発で新生ビジャレアルを2連勝に導く《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第8節のジローナvsビジャレアルが15日に行われ、1-2でアウェイのビジャレアルが勝利した。 ▽開幕から低迷が続いたビジャレアルは、第6節のヘタフェ戦で4-0の敗北を喫した後にフラン・エスクリバ監督を解任。そして、Bチームからハビエル・カジェハ監督を引き上げて臨んだ前節のエイバル戦に3-0で勝利した。 ▽このまま波に乗りたいビジャレアルは、中盤をダイヤモンドにした[4-4-2]を採用。GKにバルボサを据え、最終ラインに左からジャウメ、ビクトル・ルイス、A・ゴンサレス、ガスパール、中盤の底にはロドリゴ・エルナンデスが入り、中盤左右にトリゲロス、カスティジェホを配置、トップ下をフォルナルスが務める。最前線では、サンソーネと前節ハットトリックの活躍をしたバカンブが2トップを形成し、昇格組ジローナの本拠地に乗り込んだ。 ▽試合が始まると、好調な男が序盤から仕事を果たす。9分、トリゲロスが敵陣中央付近から最終ラインの裏にフライスルーパスを送ると、最前線のバカンブが反応。ボックス内やや右で一対一を迎えると、冷静にニアを抜き先制点を奪った。 ▽さらに20分、カウンターの場面でボールを持ったフォルナルスが、敵陣中央付近から右足アウトでスルーパスを供給する。鋭くカーブしたボールは、DF2人の間を抜いてボックス右のバカンブの下に。再び一対一を迎えたバカンブが、今度はファーに勢いよく蹴り込んで追加点とした。 ▽反撃に出たいジローナは、40分にアダイ・ベニテスが左サイドをドリブル突破してクロスを上げると、飛び込んだストゥアーニが至近距離からヘディングシュート。これはGKバルボサの好守に阻まれたが、直後の左CKから得点が生まれる。CKは一度ブロックされたが、こぼれ球に反応したエスピノーサがボックス内右からダイレクトクロス。ストゥアーニがヒールで合わせ、ネットを揺らした。 ▽得点後、前半中に追いつきたいジローナはクロスを多用して攻め込んだが、ビジャレアルは重心を後ろに置いて対応し、リードを保ったまま試合を折り返す。後半は、ジローナがやや優勢な入りをみせた。得点とはならなかったものの、52分にはストゥアーニがクロスに飛び込みヘディングシュート。ビジャレアルのゴールマウスを脅かしていく。 ▽流れを変えたいビジャレアルは、56分にサンソーネを下げてバッカを投入。すると64分にチャンスが訪れる。カウンターの場面でボックス内フリーとなったバッカが、右足を強振。しかし、これはGKのファインセーブに阻まれた。 ▽その後もお互いに得点を奪えずにいると、ビジャレアルは83分にバカンブを下げてロベルト・ソリアーノを投入。バッカを最前線とする[4-4-1-1]の布陣に変更し、ロベルト・ソリアーノはトップ下の位置に入った。 ▽結局、ジローナはバランスを整えたビジャレアルから得点を奪うことができず。前半のスコアは動かないまま、試合が終了。この結果、バカンブが直近2試合で5得点の大暴れで、ビジャレアルを2連勝に導いた。対するジローナは、6戦勝ちなしとなった。 2017.10.16 01:20 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング